« 【特集】 Blue Blue Stars ☆ EF65 500番台を追った日々 #070 | トップページ | 2016年 今年もお世話になりました »

2016年10月11日 (火)

関東合運2016 無事に終了

転職・旅行・モジュール作りとバタバタだった1ヶ月を乗り越えて、どうにか関東合運を無事に終えることが出来ました。

夏前からチョコチョコと始めていたモジュール作りも、カタチになったのはここ一週間というギリギリのスケジュール。
本当なら8月末で退職して9月は丸々休みになる予定が、20日まで引っ張られた挙句に4日間の家族旅行と転職準備。
10月1日からの新しい職場は昼ご飯の1時間(実質40分くらいか)以外座ってる暇も無い、ほぼイチから覚える仕事で
時間中に他のことを考える余裕も無く、焦りだけが募る一週間でした。
最終的には「穴を開ける訳にはいかない」という使命感だけでモジュールを完成させたような状況です。

とりあえず無事に終わったのでホッとしています。
片付けに行かれず、モジュールの撤収作業をお願いしてしまったNH師匠には感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

今回も会場では話に花が咲いてしまい、ほとんど写真を撮ってないのですが、開場前に何枚かスマホで撮った写真があるので出してみます。

***********************************************************************************************

Simg_1017

無事に連結されて大きなレイアウトの一部となった我がモジュール。
予定の仕様とは大きく異なり使った建物は3棟、奥の小山は植樹が間に合わず、「古墳」ということになってもらいました(汗)

4区画用意した土地は傾斜地のため融通がきかずに結局1区画を空き地として整備。
本当ならばセカチュウ(ドラマ版)の写真館が建つ予定だったのですがパースが合わず、少しずつ縮尺を変えて
3バージョン作るも両隣との兼ね合いからお蔵入りとなっています。

線路手前のわずかなスペースがどうしても気に入らず、車両主体のモジュールではないということをメインに据えて
少し嵩上げした上で万年塀を立てて、線路敷きを完全に沈ませました。
どういうこと?と聞かれたりもしましたが、そいういことです。

エンドウのレールはともかく、2台のクルマと郵便ポスト以外全てスクラッチというのが一応のウリです。
ランドマークとなるような大きな樹木も含めて電柱や人形・小物など細かいところまで手が回らなかったのが残念でした。。。

***********************************************************************************************

Simage1

左から見た坂道と建物。
雑草などの植栽は終わったものの、小物類が何も無いのでサッパリし過ぎていますね。

古墳の右は道路を挟んで古い2階家の駄菓子店、漫画「だがしかし」に出てくる主人公の家「シカダ駄菓子店」です。
アニメ版に出てくる看板のスタイルをそのまま使っています。
店の前が寂しかったので、前夜にエコーの郵便ポストを塗って配置してみました。

美観が問題になったエンドウのレールもレール・枕木の塗装と会津バラスト散布でかなりイメージが良くなっていると思います。
わがまま言って隣との接続レールも半分バラスト処理させてもらいました。

***********************************************************************************************

Simg_1020

真ん中の一棟は「頭文字D」でおなじみの「藤原豆腐店」。
実写映画で使われたロケ地の建物をそのままカタチにしました。
ハチロクが無いのでここにもスカイラインを配置しましたが、よく見るとこれサイドミラーが無いですね。

看板部分はケント紙で骨組みを作った上にアニメのセル画用の透明セルを使って表現してます。
セルをレーザープリンタに通して文字を印字したあと裏から色を吹けば出来上がり。
アルミの枠はインクジェット用のメタルシールの細切りです。
2階の窓の一番右には昔よく見た「ウインドウクーラー」が入るのですが、本体が間に合いませんでした。

道路のアスファルトはモデリングペーストで下地を作った後にグレインペイントの黒を塗り、その上に
水性アクリルと岩絵の具をシャバシャバにしたもので黒さを消してホコリっぽさを表現しています。

***********************************************************************************************

どうにかおかしくない程度までは仕上げて持って行くことが出来ましたが、どうだったんでしょう。
それでも景色の中を走る車両はひと味違う感じがしました。
自分の目指すところはやっぱりこっちなんだろうなぁ。。。

ちょっとジオラマ熱が再燃しそうです。
それと城北さんのDCCによる音とギミック、、、あれはヤバい。
お世話になっているHOさん、今度弟子として入門させてください!

***********************************************************************************************

266/365

|

« 【特集】 Blue Blue Stars ☆ EF65 500番台を追った日々 #070 | トップページ | 2016年 今年もお世話になりました »

模型」カテゴリの記事

地面系工作」カテゴリの記事

関東合運2016用モジュール」カテゴリの記事

コメント

今回は素晴らしいモジュールをありがとうございました。あまりに大きなレイアウトとなってしまっただけに、作り込まれた細部が目立たなかったかも知れませんが、見る人見ればわかる!でした。個人的には架線柱が欲しかったですが・・・。
また機会がありましたら是非ご参加ください。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: OER3001 | 2016年10月11日 (火) 17:07

>OER3001さん
先日はありがとうございました!

納得のいくまで作り込んだ完成版には程遠いものでしたが、初めて作ったモジュールが無事に繋がって列車が行き来する様子はなんとも言えない楽しさが溢れていました。
架線柱・樹木・人形まではやりたかったのですが・・・間に合いませんでした。

今回参加して、やっぱり模型の車両も風景の中を走らせてあげたいとの思いを強くした次第であります。

保管の問題が出てきますが、機会があったらまた作ってみたいと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: HP10SH(管理人) | 2016年10月11日 (火) 21:23

ようこそ沼へ。(笑)
懇切丁寧に説明しますので、いつでもお声掛け下さい。

投稿: ho | 2016年10月12日 (水) 17:19

>hoさん、こんばんは。
先日はお世話になりました!

いつも一番気になるのが城北さんのブースです。
今回はDCCの真髄を拝見することが出来て、またやりたいことが増えてしまいました。。。
仕事・子供と大変な時期なんですが、この先マニ44の予約キットも届くでしょうし、手持ちのカマにも手を入れて行きたいところですし、ホントに時間が欲しいです。

先日、音・光・連結器と一連のギミックを拝見し我が鉄道のDCC化を決意しましたので、ご教授のほど、よろしくお願い致します!
DCCの本は持っているので基本的な解釈は出来ていると思いますが、実践的なことは全く判りません。
近いうちにお伺いのメールをさせていただきたいと思いますので、お手すきの時にでもお返事いただければ幸いです。

投稿: HP10SH(管理人) | 2016年10月12日 (水) 19:06

こんにちは。ブログの再開をお待ちしておりました!
モジュールの完成、おめでとうございます。お忙しい中、大変だったでしょうが、その分魅力的に仕上がっていますね!
線路を沈ませるアイデアには驚きました。こうすると車両を違った角度から見せる事になるので、建物・車両共に新たな魅力発見も多いのではないかと思います。
そして、普段見ることの無い万年塀の裏側、この感じ大好きです!

機会がありましたら、是非現物を拝見させて頂きたいです!

投稿: 神戸重工業 | 2016年10月14日 (金) 08:07

>神戸重工業さん、ご無沙汰しております。
コメント有難うございます!

完成と言うには程遠い中途半端なものですが、パッと見おかしくない程度までは仕上げました。
手元に戻ってきたらじっくりと続きをやって、初めてのモジュールを一つ完成させたいと思います。
どこかでお目に掛ける機会があれば、見てやってください。

まだ仕事に慣れてなくてブログ再開はもう少し先になりそうですが、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: HP10SH(管理人) | 2016年10月14日 (金) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東合運2016 無事に終了:

« 【特集】 Blue Blue Stars ☆ EF65 500番台を追った日々 #070 | トップページ | 2016年 今年もお世話になりました »