« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

【あの一枚】 #510 107号機+セメント返空  【秩父デキ】

長瀞はバルブでしか行かない駅だったけど、黒谷は朝から晩まで満遍なくお世話になりました。
西側から見ると駅が一段高いところにあって、すごく開放的で明るい感じがするんだよね。

***********************************************************************************************

Sp10105471

2005.3.16 秩父鉄道 黒谷付近
Panasonic FZ-20 1/1000 f.4.0 ISO:80 W/B:SUNNY

107号機牽引のセメント返空301レが黒谷を通過。
側面の光が薄かったので線路に寄ってしゃがんでみた。
歪んだヒサシが強調されるアングルで、バックが空に抜けて気持ちいい。

***********************************************************************************************

178/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

【あの一枚】 #509 107号機 夜の和銅黒谷にて  【秩父デキ】

別にバルブ関連で続けるつもりも無いけど、目についたので同じ黒谷の夜の107号機でも。

***********************************************************************************************

Simg_0570

2009.3.19 秩父鉄道 和銅黒谷
EOSkissDX + 70-200mmF2.8 4sec f.5.0 ISO:100 W/B:AUTO

昨日の記事と同じく7107レの黒谷バルブだが、3月なので完全に闇の中だ。
室内灯の点灯を期待したものの終始暗いままで終了、対向電のライトだけが光源となる。
2008年4月1日から駅名が和銅黒谷となり、駅舎がレトロ風に改装された。

***********************************************************************************************

177/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

【あの一枚】 #508 107号機 夕暮れの黒谷にて  【秩父デキ】

休みを全てデキ撮影に費やしていた当時は、特に何も無くてもとりあえず武川と広瀬を見て
100番台が出払っていると、すれ違う貨物を確認しながら奥地まで向かいました。
途中でヒサシ付きを見つけてロックオン、追っかけ体制に入ります。

***********************************************************************************************

S10704081871073

2004.8.18 秩父鉄道 黒谷
EOS10D + 70-200mmF2.8

前パンで鉱石列車の返空を牽く107号機を追っかけて夏の一日が終わる。
どれだけ暑かったのかもう覚えていないが、蝉の声と電車のブレーキのにおいを思い出した。
7107レ、黒谷18:31-49、まもなく上下電車と三杯交換して終着武州原谷を目指す。

***********************************************************************************************

176/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

【あの一枚】 #507 507号機 PP甲種充当   【秩父デキ】

ついに507まで来てしまいました。。。508号機というのは有りませんのでご注意ください。

さて、そろそろ何かネタ考えないとヤバいなぁ。

***********************************************************************************************

Simg_39171

2013.3.21 秩父鉄道 大麻生
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/640 f.8.0 ISO:200 W/B:AUTO

野田線用60000系電車の甲種に充当された507号機。
羽生行きは何故か片パンでがっかり、、、やる気も起きずここまでで終了とした。
後ろは無動の503号機だが、三ヶ尻線内は両パン上げて先頭に立っていただけに残念。

***********************************************************************************************

175/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

【あの一枚】 #506 506号機 鉱石バルブ   【秩父デキ】

にわかに始めた番号ネタですが、もう終わりが見えてきました。。。

今回の506号機は、こんな機会でもなければ出すことも無いであろう長瀞バルブから。

***********************************************************************************************

S50604081971084

2004.8.19 秩父鉄道 長瀞
EOS10D + 70-200mmF2.8

長瀞バルブにハマっていた当時に一番撮った7108レ。
停車は20:19-31で約10分が持ち時間だ。

本当に真っ暗でピント合わせも大変な現場だったが、長時間露出を掛けるとこんな画が撮れた。
当時のカメラ(CFカード)は露光時間と同じくらいの記録時間がかかり、一コマ切るのに大変時間がかかった。
これも元データが見つからず撮影データが判らない・・・ノートを見ればいいのだが。。。

***********************************************************************************************

174/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #7

ジオラマ用植物作成の続きです。
調整したプリザービング原液に染料・プリンタインクを入れてプリザービング処理をしたいと思います。

机がすごいことになるので古新聞などでの養生は必須です。。。

***********************************************************************************************

処理の前に、昨日の記事に「使ってる植物はなんですか?」という質問をいただきました。
そういえばネコジャラシは書いたけど、他のものに名前が無いですね・・・(汗)

Sr1214109

タッパーに大量に保存してあるのはこちら、夕霧草を使って作ったものです。
花屋さんで切り花として売ってます。
いくつも色の種類があるようなのですが、近所のホームセンターで売ってるのは「夕霧草グリーン」のみ。
どうせプリザービングしてしまうので色は関係ないんですけどね。。。
写真の状態が販売単位の1本で、200円くらいです。
1/35~1/100スケールに合うくらいのジオラマ植物が山のように採れます(笑)

ちなみに、模型の樹木や枝として使うのではなく、地面に生えている雑草系の植物として使ったり、
別に用意した裸の枝に付けて樹木を作ったりしてますね。
手間は掛かりますが、この値段でリアルな樹木が5、6本作れるのは魅力ですよ。
樹木製作の方はまた改めて。

***********************************************************************************************

Sr1214947

これはペッパーグラス(胡椒草)を使って作ったものです。
最近は植物自体が手に入らないので、自分で種から栽培したりしてます(汗)

緑の葉っぱに見える部分は元々小さな花弁で、小さな白い花がとても可憐な植物です。
種から育てると今流行のスプラウトとして、サラダなどで食べられます(笑)

その他、その辺に生えているコケ類や名前の判らない雑草をプリザービングして使っています。
フラワーアレンジメントのために自家プリザービングをする人はいても、ジオラマ模型のために
やる人は・・・居ないだろうなぁ。リアルを追求するジオラマにはもってこいなんですけどねぇ。

さて、植物の紹介が終わったところで、プリザービングに参りましょう。

***********************************************************************************************

Sr1214108

採ってきたネコジャラシですが、このようにフサフサが開いて種が見えるものよりも、下にある
若くて閉じたものの方がジオラマ用植物としては利用価値が高いと思います。

ネコジャラシは穂の部分だけを切ってプリザービング液に漬けます。
模型用の小さい植物だとだいたい丸一日くらい置けば完成ですが、そのまま長いこと放置しても大丈夫。
逆に短かすぎると水分の置換が終わらず、ドライフラワーみたいにポロポロ崩れちゃいます。

***********************************************************************************************

Sr12141101

夕霧草はビンに入るくらいの塊として切り出してプリザービングします。

買ってきた植物は一度水切りして半日くらい水を吸わせてから処理するとピンピンの状態になりますよ。

***********************************************************************************************

Sr1214118

試しに色の入っていないプリザービング原液に入れてみました。
入れた直後は植物から泡が出てきます。

***********************************************************************************************

Sr1214120

20分後にはこの通り、葉緑素が溶出して液がグリーンになりました。

染料を入れていないので出来上がりは葉緑素が抜けた植物自体の色、薄いベージュになります。

***********************************************************************************************

Sr1214113

今回もう一つは濃い目のグリーンにするのでプリンタインクを使います。
ただ、濃い目といっても夏の緑ではなく、春先の緑なので、どっちかというと黄色に振ったグリーンで。

***********************************************************************************************

Sr1214114

葉緑素が溶け出したプリザービング原液(左奥)とプリンタインクで調整したプリザービング液。
どちらも昨日調整したPEG20%弱の原液を使用しています。

この中に植物を漬けて、何日か放置すればプリザービング完了です。

***********************************************************************************************

173/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #6

休みの日は子供を保育園に送った後、1時間でも2時間でも寝ていたいところですが、誰にも邪魔されないうちに
やっておかないといけないことが山ほどありますよ。

外は雨だし、今回はジオラマモジュール用の植物を用意したいと思います。
以前から建築模型用にストックはしてあるので、まずは増産の準備から。

薬品を使いますので、もしこの方法をトレースする場合は十分にご注意ください。
使用する薬品は直接人体に影響の有るような毒劇物ではありませんが、アルコール類は引火の恐れがあります。
基本的にはダイソーやホームセンター、薬品は薬局で手に入るものだけを使っています。

では、初公開の模型用植物作成をどうぞ。

***********************************************************************************************

Sr1214918

出してきたのはジオラマ植物作成セット。
これとダイソーの詰め替え用インクジェットプリンタインク、ジャムの空き瓶など。

***********************************************************************************************

Sr1214919

まずは使用する薬品類です。

・プロピレングリコール(PG)
・ポリエチレングリコール400(PEG)
・燃料用アルコール

何に使うかというと、実際の植物を枯らさずにある程度の形を保たせたまま着色する、いわゆる
プリザーブドフラワーの技術の応用です。

燃料用アルコールはアルコールランプに用いるもので、コーヒーのサイホンを沸かすのに使うため
コーヒー豆を売っているお店で「ネンコール」という商品を扱っていたりします。
内容成分はほぼメタノールで、塗装剥離でおなじみのイソプロパノールが少々といった感じ。
作用としては植物の水分と色素を溶出させるのが目的です。

プロピレングリコール(PG)とポリエチレングリコール(PEG)は不揮発性の保湿剤で、植物中の水分と
置き換わり、その形を保って長持ちさせるのが目的です。
化粧品などにPGと書かれていたらこれです。
PEGはマクロゴールという名称の医薬品として下剤に使ったりもします。

PEGは粘度によって種類があり、プリザービングで使うのは400か200がいいと思います。
数字が小さいと常温でサラサラの液体、大きいとバターのように固体になります。
今回の400はメープルシロップくらいの粘稠度です。
固体のPEGを熱して溶かし、木材の水分を置換することで腐らないようにする加工技術もありますね。

PGとPEG、どちらも毒性は極めて低いです。興味のある方は調べてみてください。
薬局で試薬として購入できますよ。

***********************************************************************************************

Sr1214921

今回のモジュールは春先の季節設定で、ピンピンの若葉や青々と茂った葉っぱではないので保湿剤は少な目。
アルコール420mlにPEGを80mlで500ml調整したいと思います。
市販のプリザーブドフラワーのようなほぼ完全な植物の状態をキープするにはPEGを30%以上の
濃度にするのがいいようです。

アルコールは引火性があります。作業中は火気に十分注意してください。

***********************************************************************************************

Sr1214923

今回はPEGを使いましたが、普通にドラッグストアで入手できるグリセリンを使ってもだいたい
同じようなことが出来ます(ちょっと出来上がりのクオリティーが低いかも・・・)。
PGの出番がありませんがPEGと同等に扱えます。

燃料用アルコール(メタノール+イソプロパノール)もプロピレングリコール(PG)もポリエチレングリコール(PEG)も
水と任意に混ざる性質があるので、植物中の水分は浸透圧の関係でプリザービング液の方に移動し、
代わって水分が抜けたところにプリザービング液が入ります。
またこの時、メタノールの効果で葉緑素が溶出されて液は緑色に、植物は緑色が抜けます。
プリザービング液に染料を入れてあればその色に染まるというわけです。

PEG濃度が高ければ、より元の植物に近い質感のプリザーブド処理になりますが、高すぎてもダメなようです。
自分が試したのは50%くらいまでで、それ以上は未知の領域、、、テストが必要でしょう。

***********************************************************************************************

Sr1214926

アルコールとPEGを混和して500mlとし、空瓶に入れました。
これがプリザーブド処理の原液になりますが、その前にひと働きしてもらいましょう。

***********************************************************************************************

Sr1214929

以前プリザーブド処理しておいたものを出してきました。
かれこれ半年から1年近くこんな状態で放置してあります。

***********************************************************************************************

Sr1214930

引き上げると・・・うっすらグリーンに染まっています。
売っているライケンやターフのように元からあんまり濃くしてしまうとジオラマでは浮いてしまいますので、
ごく自然な薄い黄色~緑色になるように作っておくのがいいと思います。

***********************************************************************************************

Sr1214928

先ほど作ったプリザーブド処理原液をビンに入れ。。。

***********************************************************************************************

Sr1214931

取り出した処理済植物を軽くすすぎます。
こうしてだんだんと液に色が付いていくので、すすぎ液として使った後、ある程度色が濃くなったら
染料を入れて本番のプリザーブド処理液として使うと無駄が出ません。

***********************************************************************************************

Sr1214927

染料にはインクジェットプリンタ用のインクの他、この「クラフト染料」を使っています。
クラフト染料は塩基性の染料のため、他の染料に比べて色の保存性がいいんです。
これらを適宜混ぜたりしながら適当な色を作っています。

発色性自体はプリンタインクの方がいいようですので、濃い緑の植物を作る時にはインクで
やることが多いですね。

***********************************************************************************************

Sr1214934

こちらはおなじみのネコジャラシ(エノコログサ)。
ネコジャラシの季節は今からですので、こちらの方はすでにほぼ1年漬かっておられました。。。

プリザーブド処理液は使いまわせますが、植物の水分が出て濃度が下がるので、PEGを足さないと
ドライフラワーのようになってしまいますので注意です。
どこでどれくらい足すかは、、、勘ですかね(汗)

***********************************************************************************************

Sr1214935

いくつか度引き上げたところ。
ペーパータオルのようなものの上に広げ、余分な液を落とします。

PEGの性質上、ドライフラワーのように完全乾燥はしませんので、液を落としたら日陰に置いて
アルコールが飛ぶまで放置します。

作業中、乾燥中は火気に十分注意してください。

***********************************************************************************************

Sr1214939

自家プリザーブド処理で作っておいた秋から冬・早春用の各種植物。
PEG10%くらいの原液を用い、半分ドライフラワーのようになっています。

下の白っぽいのと薄茶色っぽいのは染料無しの原液のみでプリザービングしたものです。
アルコールの作用で葉緑素が抜けるため、植物体自身の色になります。
これに染料や塗料を使って後付けで着色することも出来ますので面白いですよ。

***********************************************************************************************

Sr1214940

これはPEG濃度20%で作ったもので、形はわりと元の状態に近い感じです。
ちょっと白っぽく見えますが、これに着色するとリアルですよ。
濃い色で全部染めちゃうとオモチャっぽくなるんですよね。

***********************************************************************************************

Sr1214943

これはPEG10%。染料も少ないのでちょっと枯れ草ですね。

***********************************************************************************************

Sr1214944

PEG無しの燃料用アルコール+プリンタインクで作ったものは葉っぱがチリチリで色が濃いです。
これはこれで枯れ草の他、樹木の枝葉として使い道があります。

***********************************************************************************************

Sr1214946

夏用の濃い緑色のもの。
プリンタインク+PEG40%で作ったものです。

***********************************************************************************************

Sr1214945

ネコジャラシはPEG濃度を変えてもほとんど見た目が変わりません。
ただPEG無しだと乾燥してパラパラと崩れちゃうので、最低でもPEG20%くらいがいいと思います。

おすすめはちょうど今の時期、出始めの頃のネコジャラシで、「種の見えない若いもの」が
後々使うのに重宝します。
使う時、種を取るのが面倒なんですよ、これ。

雨が止んでるので、子供のお迎えついでにちょっとネコジャラシ採取に出かけてきま~す!

***********************************************************************************************

172/365

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

【あの一枚】 #505 505号機 鉱石牽引   【秩父デキ】

記事ネタ考えてる暇ないので、とりあえずデキで引っ張ります。

今回505・・・もうすぐ終わっちゃうなぁ。。。

***********************************************************************************************

Sp1010684

2005.4.6 秩父鉄道 三ヶ尻-武川
Panasonic FZ-20 1/640 f.4.0 ISO:80 W/B:SUNNY

どーってことのない、青時代の505号機牽引の7204レ。
ライトも点いてなきゃパンタも片方、、、草が伸び始める前で足元がスッキリしてるくらいしか取柄がない。

デキを撮り始めて1年が過ぎた頃で、とりあえず一通りのことをやり終え気持ちに余裕が出来た。
ちょっと飽きた感じもあり、色々”遊び”に走るようになるのもこの頃だった。

***********************************************************************************************

171/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

【あの一枚】 #504 504号機 雪晴れ単機  【秩父デキ】

デキ502・503・504って続くと、501記事目にデキじゃなくてPトップを持ってきたのが微妙に気持ち悪くなるね。。。
でも他に504絡みのネタの持ち合わせが無い(ロクゴは後のために取っておきたい)ので、やっぱりデキです。

***********************************************************************************************

Simg_3441

2011.2.15 秩父鉄道 波久礼-樋口
EOSkissDX + 300mmF4 1/500 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

雪の翌朝、302レ単機でヤマを降りてきた504号機。
秩父地方は20cmほど積もったのだろう、屋根上がすごいことになっている。
休みに当たったのだが秩鉄沿線の道路状況が判らず、二の足を踏んでいたら出遅れた。

***********************************************************************************************

170/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

【この一冊】 THE LAST RUNNERS

【この一冊】 こんなカテゴリを作ってあったの、完全に忘れてますよね。。。

久しぶりの今回は、言わずと知れた「ネタ的ゴハチ本」の先駆け「ラストランナーズ」の初版です。
その後、88年に第2版、91年には89号機を上野9番で面撮りしたモノクロ表紙の第3版も出ました。

***********************************************************************************************

R0011096

THE LAST RUNNERS (Vol.1)
発行所:草原社
昭和62年2月1日発行  定価 2,900円

もう何も語ることはないでしょう。
このシリーズを持って撮影地を訪れた方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
かく言う自分も、土地勘の無いガキ鉄時代の東北・高崎線方面はよくお世話になりました。

たしか昭和62年の年明けに親父がどっかの模型屋に行ったついでに買ってきたんだと思います。
それこそ穴が開くほど読みましたし、アングルの参考にさせてもらった撮影地は数知れません。
なにより、写真に付けられたデータと的確なキャプションに感銘を受け、今の自分のブログ記事の
書き方に多大な影響を及ぼしていることは明白です。
こんな写真を撮りたい、こんなふうに見せたい、本当にそれだけ「グッ」とくる内容だったということです。

そして数々の写真は、鉄道写真の大御所やRGGの商業作品は少なく、ファンが本当に好きで
撮影したものが多く使われているということも大変に新鮮でありました。
巻頭カラーページを除けば全てがモノクロ構成の紙面ですが、それでも十分に楽しめましたし、
本を覗き込んだ母親に「こんな白黒写真を撮ってみたいなぁ」なんて言った遠い日を思い出します。
ラストランナーズを真似て「THE LAST NUMBERS 残されたものたち」なんていう自前のアルバムを
作ったりもしました。。。どんだけ影響を受けてるんだっていう話です(笑)

ロクイチメインで撮影していると同じような顔ぶれが一緒になることが多く、ラストランナーズでも
お名前を拝見する方々と三脚を並べたことも忘れられません。
自分が超望遠系に手を出し始めると、交流があるわけでもないのに申し合わせたかのように
「茶釜」のTFさんと一緒の撮影地になったり、ロクゴ500番台にのめり込んでいた時にはヒガハス直近に
ご自宅があるTYさんと交流を持たせていただいたり、全てをテツに注ぎ込んでいた頃が懐かしいです。

私の「ネタ鉄」の原点がこのラストランナーズだと言っても過言ではないでしょう。
こんな記事を書いていたらもう一度全てのシリーズを読み返したくなりました。。。
今夜は夜更かしになりそうです。

***********************************************************************************************

169/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

【あの一枚】 #503 503号機 甲種充当  【秩父デキ】

503号機のベストショット・・・パッと思いつかないなぁ。
結局晴れ舞台の甲種牽引に逃げるといういつものパターンでお茶を濁します。

***********************************************************************************************

Simg_1029

2010.1.25 秩父鉄道 永田-小前田
EOSkissDX + 85mmF1.8 1/640 f.4.5 ISO:100 W/B:AUTO

寄居行きの甲種は三ヶ尻-武川間しか正面に陽が当たらないのでどこでやってもこんな感じ。
両パン期間というのが唯一のポイントだろうか。

100番台以外はいつ何処でどんなものを撮ったかほとんど記憶に無いので、探すのが大変。
フィルム時代はスキャンしてファイル名にカマ番号と日付・列番を入れておいたからまだいいけど、
デジタル画像は撮ったまんまだからどうにもならない・・・(困)
一度整理しないとダメだな。

***********************************************************************************************

168/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

【あの一枚】 #502 502号機 PP甲種充当  【秩父デキ】

【あの一枚】の502記事目は、今注目の(?)デキ502の過去画像です。
ロクゴの502号機を探す暇が無いというのが本当のところかもしれません。。。

***********************************************************************************************

Sp1070125

2009.1.13 秩父鉄道 大麻生-明戸
Panasonic FZ-30 1/640 f.4.0 ISO:80 W/B:AUTO

502号機と507号機によるプッシュプル甲種が明戸の直線を行く。
こんなとこで撮るヤツ居ないよ・・・。
PP甲種ももう飽きて、どうせ細目釜だし、超望遠で山を引きつけて適当に撮った感じ。
まぁ、本命のEOSの方は中望遠でもう少しまともに撮ってあったと思うんだけど。

今じゃ色が変わって一躍スターか、、、。
しかし大ネタの時には出てきて欲しくないなぁ。
青には青じゃないとね。

***********************************************************************************************

167/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

人工知能で白黒写真をカラーに???

たまにはちょっと本線からそれてみましょうか。

Scolorized001

1999年のお召しの前回送ですが、モノクロネガからの画像をカラー処理したものです。
ちょっと違和感はありますが「ため色」の再現も上手くいった感じでしょうか。
風景の中の緑色系の再現は得意なようです。

***********************************************************************************************

これはツイッターなどでも話題になっているWEB上でのモノクロ→カラー変換サービス(無料!)。
サイトから自分のPC上のモノクロ画像を指定すると自動でカラー画像に変換してくれます。

siggraph2016_colorization <http://colorize.dev.kaisou.misosi.ru/>

S1606171

画面内の青い「画像を選択」のボタンから目的の画像ファイルを指定すればOK。

画像のアップロードサイズは8MBまでとなっており、かなり大きなものもいけそうですね。

***********************************************************************************************

操作を進めると以下の画面になり、そこからシェアや保存が出来るようになっています。

S1606172_3

最終画面では、元画像→グレースケール化画像→カラー化画像と表示されます。

1989年3月11日のオカポン築堤がかなりリアルに再現されました。
やっぱり黄色~緑色系の再現に優れるようですね。

で、小一時間こんなことやって遊んでしまいました。。。
以下、何枚か貼ってみます。

***********************************************************************************************

Scolorized002

雰囲気は判りますけど、115系のオレンジが全然ですね。
元画像が汚いのはしょうがないですけど。

***********************************************************************************************

Scolorized005

これもイイ線いってますが、DD51の朱色がダメです。
まぁ、元がモノクロ世界みたいなもんですからね。。。***********************************************************************************************

S1606176

こりゃ全くもってダメみたいですね。
青と茶色のオハなんですが、ただ単にモノクロ写真が経年劣化した感じでしょうか。

どういうのが変換に向いてるんですかねぇ。

***********************************************************************************************

Scolorized004

うーん、車両の青が全くダメで、なんか茶色いPF+12系みたいにも見えますよ。
やっぱり緑は上手く再現してますね。

これを使えばモノクロ写真のロクニの屋根の色が青なのか黒なのかとか、いろいろ不明だったものが
再現出来るかと思ったんですが、そんなに甘くなかったです、はい。
更なる技術革新を期待してしまいます。

以上、モノクロ画像のお手軽カラー化遊びでした。

***********************************************************************************************

166/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

【あの一枚】 #501 Pトップ+12系 雪の大崎 '98

記念すべき501回目の【あの一枚】なので、ここはデキではなくPトップの方の501号機にしましょうか。
なんか久しぶりのJRネタです。。。

***********************************************************************************************

Simg13009

1998.2. 山手貨物線 大崎
EOS5 + 50mmF1.8II 1/350 f.2.8 XP-2

雪の日、Pトップが鎌倉臨の12系を牽いて山貨にやってきた。
今後山貨は大きく変わって、通る団臨も減ることが予想される。
こんな姿を拝めることは無くなるだろうと思いあえて大崎を選択してみた。

上がってきたネガをプリントしてがっかり・・・降る雪が多すぎで画面が汚い。
それに、この頃のXP-2はネガ像が薄くコントラストの調節も容易じゃなかった。
多めに露出を掛けるようにしていたのに、シャドー部にほとんど像が無いのだ。
乳剤ロットの問題だったのだろうか???
それに嫌気が差して、XP-2からコダックのカラー現像用モノクロフィルム「T400-CN」に乗り換えた。

しかし、その後すぐ社会人になり自家モノクロDPEは開店休業。
フィルムスキャナの導入によって自家デジタル処理が出来るようになったので、全てカラーでの
撮影になってモノクロを卒業した。
T-MAXの技術を使ったT400-CNはちょっと軟調ではあったが、今でもXP-2よりT400-CNの方が
ハンドリングしやすいフィルムだと思っている。

久しぶりのPトップ記事だったのにフィルムの話しになっちゃった。。。

***********************************************************************************************

165/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

【あの一枚】 #500 106号機+ヲキ 永田田んぼ  【秩父デキ】

これといって特長の無いアングルだけど、意外と気に入っていた永田の田んぼです。

***********************************************************************************************

S1060407267104

2004.7.26 秩父鉄道 武川-永田
EOS10D + 70-200mmF2.8 1/800 f.7.1 ISO:200 W/B:AUTO

106号機が鉱石を牽く在りし日の姿。
なんてことない日常のひとコマだが、終わりは突然やって来た。
撮れる時には撮っておく・・・一番大事なことかもしれない。

***********************************************************************************************

164/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

【あの一枚】 #499 105号機+ホキ 黒田カーブ  【秩父デキ】

100番台の石炭ホキが原谷まで入ると追っかけちゃうよね~。

***********************************************************************************************

S1053050405111

2004.5.11 秩父鉄道 永田-小前田
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/750 f.6.7 S-400

熊谷工場のメンテナンス期間に原谷まで運転されていた石炭列車。
往きの積車は10両、帰りは空車20両の長大編成が見られた。

***********************************************************************************************

163/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

【あの一枚】 #498 102号機+ホキ 籠原カーブ  【秩父デキ】

効率とか運用とかあれこれ考えてないで、時間が有ったら昔みたいにデキ撮りに行けばいいんだよね。
行ってるうちに100番台だけじゃなく300も500もどんどん溜まってくんだから。

***********************************************************************************************

S102040525705

2004.5.25 秩父鉄道 熊谷タ-三ヶ尻
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/750 f.6.7 S-400

当時は熊タ-三ヶ尻間の運行で撮る場所が限られていた石炭列車。
熊谷工場が休みに入ると原谷まで行って嬉しかったのが懐かしい。

***********************************************************************************************

162/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #5

とりあえず元になるモジュールボードが出来たので、次の休みからシーナリーの工作に着手したいところです。
まずはなんとなく設計図というか完成予想図的なものを作っておきたいと思います。

でも工作が始まると、どんどん現場合わせで変更になって、完成予想図と最終的に出来上がったものが
まったく別物のようになってしまうのはよくあることですよね? ですよねぇっ???

これまで頭の中にぼんやりと描いた風景を目に見えるパースにしていくのは楽しい作業です。
ただ、ちょっと予定よりも奥行きが足りないので、建物関係は丸一棟ではなくオモテだけ。
あまりにもオモチャ的な線路敷きと、手前の空間をどう処理するかが問題です。

***********************************************************************************************

S16061201

モジュールの模式図です。
黒い部分が線路敷とそれに付帯する部分、上の半分弱が道路と分譲地となります。

まず、線路に沿って道路を通し、メイン道路は途中で曲げました。
これにより分譲できる土地は、大きく区画Aと区画Bに分かれます。

メイン道路の幅は実物換算で約4m、1/80では50mmくらい、区画Aの前は実物換算で約2m、
1/80では26mmくらいで自動車通行止め道路の予定です。

線路は東西に走っているものとし、手前が南、奥が北、右が東で左が西です。
実物換算で区画Aは20mX7mくらい、区画Bは37mX5mといったところ。
区画Aは単一の敷地、区画Bは実物換算の間口3間くらいで6区画の分譲を予定しています。

***********************************************************************************************

年代設定は1973年、季節は春。
手前の線路は複線電化の幹線で、わりと早い時代に電化された主要幹線。
シーンは駅の西200m程度、商店が並ぶ商業地から住宅地に変わるあたり。
古くからあるAにより、線路沿いの道が迂回させられているという設定。

平地では面白くないので、レベルの線路に対し、土地は右から左に向かっての緩~い片勾配がいいかな。
見せ場を作るために線路は浅い掘割のようなカタチにして、土地全体を一段上げましょうか。
なんとなく、Aを中心とした小さな丘の裾野部分に昔鉄道が通された、みたいな風景。。。

頭の中はこんな感じです。
こんな感じなんですが、うまくまとまるかどうかは判りませんので、あくまでも予定です。
次は区画Bの分譲をしていきたいと思います。

***********************************************************************************************

161/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

【あの一枚】 #497 102号機+ヲキ 原谷通過   【秩父デキ】

なかなかデキ撮りに行く機会が無いなぁ。
個人的には100番台だけでいいんだけど。
300番台とか追っかける日が来るんだろうか・・・。

***********************************************************************************************

Simg_0509

2008.12.22 秩父鉄道 武州原谷
EOSkissDX + 70-200mmF2.8 1/640 f.3.5 ISO:100 W/B:AUTO

基本カツカツ写真は好きじゃないんだけど、置きピン位置を気にしてたらパンタがギリギリ。。。
連写の遅いkissDXでは基本1枚切り。
それに、使い始めの頃は画質悪化が怖くてISO100以上を使えなかった。
おかげでピントうすうす、6x7判のような仕上がりになっている。

***********************************************************************************************

160/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #4

どうにか子供の熱が下がったので無事に登園、モジュールボードの工作が進みました。

と、その前に、、、前回の画像を見ていて気が付いたのですが・・・。

***********************************************************************************************

1606101

2枚ある上のボードの脚が曲がって付いてる!!!

現物をよ~く見ると、脚の板の切り口が直角じゃない。。。
直角じゃない切り口をボードに当ててクランプで締めたもんだから、そのまま曲がって接着されました(泣)

カットマシンの不具合か?
これと対になっていた面はどこいった?
ちょっとよく判りませんが、チェックミスと作業の不注意でしょうね。
ハイ、1枚終了! 2枚作っといて良かったよ!(強がり

***********************************************************************************************

Sr1214902

ちゃんと出来てるボードを持ち出し、ペーパー掛けと爪付きナット設置、塗装までやります。

***********************************************************************************************

Sr1214903

え? 下穴径が7mmだと?
そんな中途半端なドリル刃持ってないよ!

しょうがないから3mm→6mmと開けてグリグリやるしかないね(汗)

***********************************************************************************************

Sr1214904

途中で写真撮るの忘れてますが、全面ブラック塗装とナットの装着を完了です。

***********************************************************************************************

Sr1214905

まぁいいんじゃないでしょうか。
どんな風に土地が開拓されていくのか楽しみです。

***********************************************************************************************

Sr1214906

エンドウの直線レールもどうにか手に入れました。
ボード2枚分だから6本x2で12本です。

***********************************************************************************************

Sr1214910

なんじゃこりゃぁあああ~!
こんなもんが1本400円もすんのかぁぁああ?!

そうすると見た目じゃなく、よっぽど性能がいいんだろう、、、じゃなきゃ絶対ボッタクリだ。
KATOのレールの方がよっぽ(以下略

***********************************************************************************************

Sr1214907

ボード上に設置するのはこの位置。

ちょ、、、ちょっと待ってよ、すでに用地の半分埋まってるじゃん!

***********************************************************************************************

Sr1214908

線路の敷地分を考えたら、分譲出来るのは120mmくらい?
実物換算で10m無いってことだ。。。

これは困った。
もう映画のセットよろしく、レリーフのように建物のオモテ面だけ作るしかないね。

***********************************************************************************************

Sr1214909

で、どうやってレールを固定するのか、、、ここの丸穴をもんで貫通させてビス止めってことか?
まぁ、その辺はどうにでもなるからいいか。

思った以上に用地が狭い、、、どうすんべぇ(汗)
切り口を変えてかなり割り切ったものにするしかないね。

んじゃ、いっちょやりますか!
映画のセットみたいなオモテだけのジオラマモジュール!(笑)

***********************************************************************************************

159/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

【あの一枚】 #496 104号機+ヲキ 武川停   【秩父デキ】

また子供が発熱です、、、明日の休みは一日子守りで終わりそうです。。。

***********************************************************************************************

Sp1010899

2007.7.19 秩父鉄道 武川
Panasonic FZ-30 1/400 f.3.5 ISO:80 W/B:SUNNY

発車を待つ104号機牽引の7204レを道路からネオ一眼の超望遠で狙うが陽炎がひどい。
翌日の5重連イベント充当機の確認に訪れた広瀬に100番台が居なかったので、武川も確認に来た。

武川留置線で寝てるのは500番台ばかり、、、すると100番台はことごとく貨物充当か。。。
せっかくの5重連は残念なカマのオンパレードということだ。

結果として広瀬の通電試験線に居た102号機が引っ張り出されて5重連の熊谷方についたものの、
不具合から復路先頭を飾ることなく折り返しの秩父で解放され、302号機にバトンタッチとなった。

***********************************************************************************************

158/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

【あの一枚】 #495 107号機+ごみコキ   【秩父デキ】

あれ? これ出したことあったかな・・・と思って過去記事を確認したらこれじゃなかったので出してみます。

ちなみにこれじゃない記事は↓こちら。
【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #2 【秩父デキ】
<http://ef58176.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2-bad0.html>

***********************************************************************************************

S107040916703

2004.9.16 秩父鉄道 熊谷タ-三ヶ尻
EOS10D + 28-70mmF2.8 1/750 f.4.5 ISO:100 W/B:AUTO C-PLフィルター

EOSのデジタル機を使い始めて2ヶ月の頃、どうも解像度が良くない気がしていろいろ試したが
サーキュラーPLフィルターの装着で一応の解決をみた。
しかしやっぱり色調に若干の偏りが見られるのでその後しばらくして付けなくなってしまった。
72mm径だと1枚一万円を超えるフィルターを何枚も用意出来なくて、付け替えるのが面倒になった
っていうのもあったような気がする。

今でもEOS10Dをスポーツ撮影で使うが、解像度に関しては問題が無いのであれは何だったんだろう。

***********************************************************************************************

157/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #3

先日のファルカタ材で作ったモジュールボードが反ってアウトだったので、シナベニヤで作り直しました。
9mm厚のシナベニヤは900X900で3400円もするんですね・・・サイズ半分でもいいんですが。

職場近くのホームセンターはカットがセルフサービスなので、カットまでしてきました。
たしか機械に付いてるメジャーが狂ってるような記憶があったので、まず確認のために端の切り落とし。
やっぱり切り上がりが2mm近く短いので、いきなり本番じゃなくて良かったですよ。

***********************************************************************************************

Sr1214896

ベニヤの直角が出ていないと危ないので、テストカットした面を下にして新たに直角を出してから
各パーツの切り出しを行なっています。

元が900x900mmあるので300mmのボード2枚と脚になる26mm幅が4枚、余裕で取れました。
エントリーは1枚ですが、2枚同時進行で良い方を提出するというカタチになりそうです。

***********************************************************************************************

Sr1214897

また例によってタイトボンドで脚の接着です。
元々ベニヤが微妙に反っているため、クランプ押さえが必須ですね。

***********************************************************************************************

Sr1214898

どうにか2枚分、両側に脚を付けてペーパー掛けから塗装を・・・というところで雨ですよ。

***********************************************************************************************

Sr1214900

微妙に反っているので、ほぼ水平の出ている脱衣所の床で雑誌を重石にして矯正してます。

現在こんな大物を製作出来る場所の余裕が無い模型部屋の整理・掃除をする予定だったのですが、
ここに持ってきたウヤ情とJトレインをパラパラと読み始めたらあっという間に子供を迎えに行く
時間になっちゃいました。。。

雨も降ってるし、ペーパー掛けと塗装は次の休みかな。
その前に連結用の金具固定穴を開けて爪付きナットを埋め込んでおかないとね。

***********************************************************************************************

156/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

【あの一枚】 #494 503号機 東武10000系甲種  【秩父デキ】

2011年から東武電車は新製甲種だけでなく本線と東上線用の編成移動もデキが牽引するようになりました。
8000系については従来通り自力回送となっていたようです。

今日は東上線10030系の4連最終編成11461Fの本線向け転属回送でも。

***********************************************************************************************

Simg_0858

2012.7.31 秩父鉄道 永田-小前田
EOS60D + 50mmF1.8II 1/1000 f.5.6 ISO:200 W/B:AUTO

珍しく4両と短い編成の先頭に立つのは503号機。
100番台ではなかったのでもう一発撮って深追いせずに帰宅となった。
細目の宇宙人(301~502号機)だったらここ一発だけで帰ってるだろう。

***********************************************************************************************

155/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

【あの一枚】 #493 青い505号機とヲキ   【秩父デキ】

「6月5日だからロクゴ特集が始まるかと思った~」と、言われて初めて気づく体たらく。。。
そういえばツイッターとかでも「6月5日はロクゴの日」とかやってるよね。

残念ながら全く用意しておりませんっ!

***********************************************************************************************

Sp1070069

2008.12.12 秩父鉄道 武川
Panasonic FZ-30 1/640 f.4.0 ISO:80 W/B:AUTO

機待線にヲキ留置中。
302レで原谷から戻ってきた検査明け試運転のヲキを204レで一旦広瀬に戻すための継承待ちだが、
このように武川切りだったり、そのまま熊タまで行って705レで帰ってきたり、いまいちよく判らない運用だった。

今はどうしてるんだろう。。。

***********************************************************************************************

154/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #2

4日は横浜から郡山への旧客を撮るために休みを入れておいたものの、牽引機がロクヨンセン
ということで全く食指が動かず、一日子供と遊んでいました。
午前中はカミさん仕事なので独りで子守り、気分転換に子供とホームセンターへ買い物です。

モジュールに使う金具類を揃えておこうと企画書を読み直したところ、モジュール側に取り付ける
ナットが「鬼目ナット」ではなくて「爪付きナット」じゃないですか。。。
今回13mm厚の板を使ってしまったため、鬼目ナットの倍以上大きい爪付きナットでは取り付ける
スペースが無いかもしれませんね(汗)

爪付きナットの取り付け位置中心は上面から22mm、端から20mm。
計測だけでもしてみようと、先日作ったモジュール板を引っ張り出してきたのですが・・・。

***********************************************************************************************

Sr1214892

ハイ終了! すでに短手側に反ってます!
あーあ、ファルカタ材なんかで作るんじゃなかったなぁ。。。

これはカラーボックスの下に敷くスノコとして再利用します、、、トホホ。

***********************************************************************************************

Sr1214895

とりあえずモジュール規格の金具類をカインズホームで買ってきました。

必要なのは
・M5の蝶ボルト(4個)
・M5の爪付きナット(4個)
1/4x1のUプレート(2個)

蝶ボルトは3個入りなので2袋、爪付きナットは6個入りなので1袋、Uプレートはバラです。
金具類は500円でお釣りが来たのですが、9mmのシナベニアは定尺の半分でも結構するんですね~。
3000円しか持って行かなかったので買えませんでしたよ(泣)

また出直します。。。

***********************************************************************************************

154/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

【あの一枚】 #492 501+506号機 重単   【秩父デキ】

やることいっぱいあって困っちゃうなぁ。。。

***********************************************************************************************

Simg_0656

2009.4.3 秩父鉄道 大麻生-明戸 単205レ
EOSkissDX + 50mmF1.8II 1/1250 f.2.0 ISO:100 W/B:AUTO

どーってことない500番台の重単だったので、しゃがんで空バックに抜いてみた。
なんだか勢いの無い菜の花だし、右の紅白鉄塔の処理も適当だなぁ。

***********************************************************************************************

153/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

【模型】 関東合運2016用モジュール製作 #1

ここんとこいろいろあって1ヶ月以上ストップしている模型いじり。。。

個人的な車両は出来る時にやるでいいとして、そろそろ関東合運2016用の課題製作の方を始めないと
「出来ませんでした」では済まないので大変ですよ。
アタマの中での構想・妄想は幾度となくやっているので、とにかく手を動かす準備ですね。

まずは用地確保から。

***********************************************************************************************

S746_2

モジュールの寸法は746mmx300mm、エンドウの250mm直線レール3本分の長さです。
その両端は隣との接続用にエンドウの250mm直線レール1/2本分を開けて、2本を設置するのが
今回のモジュールの規格になっています。
設置位置は手前からレール中心で60mm、さらに60mmのところにもう一本で複線です。

そうするとシーナリーを設置できるのは実質上側の150mm以内ということになりそうです。
うーん、実物換算12mか、、、6m道路を通したら奥行き6m分しか無いじゃん。
線路際からいきなり建物じゃあ、見せ場が作れないんだよねぇ。
1枚きりのモジュールを田んぼとか畑で埋めるんじゃあ作る意味無いし。。。

ちょっと無理があるなぁ、アタマの中ではもう少し余裕があったんだけどなぁ。
実物換算12mで何を表現すればいいのか、もう一度練り直しですね。
それにこれ、走行性確保のためエンドウの直線レールには手を付けられないんでしょう? 
ジオラマの中で浮いちゃうよなぁ、線路が。 しょうがないか。

ま、とりあえずエントリーしちゃったし、やれるだけやってみますか。

***********************************************************************************************

Sr1214885

持ってきたのは倉庫で眠ってた厚さ13mmのファルカタ材。
軽いし作業性がいいのがメリットですけど、問題は塗装で反らないかどうか。。。

***********************************************************************************************

Sr1214886

ちゃちゃっと切り出して板に脚を付けました。
タイトボンド接着だけで十分でしょう。

***********************************************************************************************

Sr1214887

基礎モジュール板の出来上がりです。
このあと軽くペーパーがけして、シーナリー設置作業開始前に全面を黒く塗ってしまう予定。
そこで反りが出たら諦めてシナベニアで作り直します。

それに心配なのが、厚めの板を使ってしまったので接続用のUボルトプレートを固定するための
鬼目ナットが規定位置に付けられるのかどうかということ。
これは黒く塗る前にM5の鬼目ナットを調達してきた方が良さそうですね。

ところで、エンドウの直線ってどこで売ってるんだろう。。。

***********************************************************************************************

152/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

【あの一枚】 #491 507・502号機 PP甲種   【秩父デキ】

ついに、やっと、とうとう、10月から新しい職に就くことが決定しました!
長年お世話になった館林を去る日が来るのは、感慨深いものがあります。
自分が居なくなった後も、店は人手に渡ってそのまま続けるようですが、大丈夫でしょうか?

まったくクスリ関係を手がけたことの無い人が、やっていけますかねぇ。
まず営業時間を全てカバーする資格者をそろえないと開設許可からして下りませんけど。
ちょっと簡単に考えすぎのような気がします。そんなに甘くないですよ、この業界。
それに、新たな店の許可申請手続き準備は私がすることではないと思いますが?
どうなってるんでしょうねぇ、、、まぁ暇だからいいんですけど。

実質、この歳にして初めての転職ということになります。
日曜日が休みとか、やっと普通の人の生活ができるようになる予定です。
今度は調剤中心の職場、何がどう変わるのか、楽しみでもあり不安でもあり。。。
で、趣味活動がしやすくなるのは間違い無さそうです(笑)

***********************************************************************************************

Scn67_003_02

2009.1.13 秩父鉄道 三ヶ尻-武川
PENTAX 67 135mmF2.8 1/1000 f.4.0 NS-160

初めて出してきた6x7判撮影の甲種、それなりに高精細なのだが空にシャッタームラみたいな
影が見えるのが気になって、その後ネタ撮影では出番が無くなった。
それに、この正方形に近いフレームが自分には合わないような気がする。

うーん、今後フィルムを入れて6x7を使う場面が有るんだろうか。。。
フレームはともかく、シャッタームラはどうにかしないとなぁ。

***********************************************************************************************

151/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

【あの一枚】 #490 107号機+ヲキ1両   【秩父デキ】

あぁー時間が無いー。。。

***********************************************************************************************

S1073071

2008.3 秩父鉄道 永田-小前田 303レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/750 f5.6 S-400

貼り逃げ~。

***********************************************************************************************

150/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »