« 【あの一枚】 #266 世紀のイベント 追っかけて大宮 | トップページ | 【あの一枚】 #267 黄昏の旧湘南貨物駅にて »

2015年9月23日 (水)

【模型】 お手本を元に屋根カーブ造形の確認

模型の方は、先日めでたくTOMIXのスロフ62他を入手して、まずは屋根カーブのデータ取りと
データから試作をしてみるという一連の作業が発生しています。

整理されていない親父のネガのスキャンも同時進行で、あっちこっち手をつけた状態のものが
散乱していて自己嫌悪ですが、ひとつずつ片付けましょうか。

しかしEF62の22号機は途中だし、マニ50の完成宣言もまだなのに何やってんだ。。。

***********************************************************************************************

Sr1214494

せっかくスロフ62が手に入ったんだから、これも作りたくなりますよね。
妻面だけ作って検討・・・のつもりがここまでやるとか、物事の優先順位を判ってない人はダメですね。

そして今、中華レーザーがハンコ作り用の高さ設定にしちゃってあるので、久しぶりにカッターと
窓抜き刃で手抜きしました。

***********************************************************************************************

Sr1214497

屋根部分の展開図幅が若干長かったようで、妻面の罫書き線を超えています。
きっちり数値を追い込んだ後でこれも屋根曲げ治具を作らないとダメそうですね。
手で曲げたから左右のチリが合ってない。。。

屋根曲げの試作ならここまで作り込む必要は無いことなど百も承知ですが、やり始めちゃうと
やっぱり楽しいんですよ。
おかげさまで工作手順と、細かいパーツをどこまで自作するかのいい調査が出来ました。

展開図データを修正して、ひとまずスロフ62は終わりにしましょう。

そうだ、次のテストは車体長1/3のショーティーでやろう。

***********************************************************************************************

140/365

|

« 【あの一枚】 #266 世紀のイベント 追っかけて大宮 | トップページ | 【あの一枚】 #267 黄昏の旧湘南貨物駅にて »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 お手本を元に屋根カーブ造形の確認:

« 【あの一枚】 #266 世紀のイベント 追っかけて大宮 | トップページ | 【あの一枚】 #267 黄昏の旧湘南貨物駅にて »