« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

【あの一枚】 #272 今年も9月30日を迎えました

もう18年ですか・・・信じられません。

あと何年かしたら、生まれてからヨコ-カル廃止までと、そこから現在までが同じ時間ということに
なるんですよね、、、どう考えても後半の方が流れが速いと感じますが。

***********************************************************************************************

Simg1103

1997.4.16 信越本線 横川
NikonF + 105mmF2.5 SRS

最後の春、山のふもとにも遅い桜の季節がやってきた。
この日はロクニの撮影メインではなく、横川の春を撮りたくて訪れてみた。

ロクニ一辺倒だった碓氷峠晩年、もう少しロクサンにも目を向けていればよかったかな。
でもやっぱり好きなのはロクニ、こればっかりはどうにもならないね。

できればもう一度54号機を屋外に引っ張り出してはもらえないだろうか。。。
太陽の下に佇む青いロクニを気が済むまで撮りたい。
清掃でも塗装でも、喜んで手伝いますけど。

***********************************************************************************************

147/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

【あの一枚】 #271 運ちゃんパンタ! ロクヨン1012号機

あー、早く月末終わってくんないかなぁ。。。

眠くて貼り逃げ。

***********************************************************************************************

Simg136

1990.2.21? 品鶴線 新鶴見(信)
NikonF + 50mmF2 REALA

広大な新鶴見信号所が集約されて機能縮小することになった'90年のダイヤ改正前、
見られなくなってしまう前袋発車を朝から撮るという耐久イベントを決行した。
別に面白くもないカマが次から次へと貨物を牽いて出発してくるのをひたすら撮った中の一枚。

なんかおかしいと思いながらシャッターを押し、目で追うと後ろのパンタが上がっていない。
珍しいのはこれだけだった。
冬場とはいえ、陽を遮るものが何も無い陸橋は顔が焼けて目もやられる。
昼過ぎにはお腹も空き、みんな帰りたいモードになったため降参して撤収した。

最近は「貼り逃げ宣言」出してるのに文章長いなぁ。
まだ余力があるってことか?

***********************************************************************************************

146/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

久しぶりに晴れてPトップ キハ配給

ちょうど休みに当たったキハ配給、久しぶりに朝からカラッと晴れてくれました。

これなら午後も天気は大丈夫だろうということで、掃除・洗濯物干し、買い物まで家のことを全て
片付けて夕方の出区許可を取り付け、18:30に戻る約束で行ってきました。

***********************************************************************************************

Simg_64331

2015.9.28 両毛線 国定-岩宿 単8677レ
EOS60D + 17-70mmF2.8-4 1/800 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

だいぶ汚れてきたようですが・・・昨日のチキ工臨が雨だったのでその影響でしょうか。
しかし、これくらいの方が現役っぽくていいかもしれないですね。

今日は清々しい朝日を浴びて小山に向かいます。

***********************************************************************************************

Simg_64371

2015.9.28 両毛線 国定-岩宿 単8677レ
EOS60D + 17-70mmF2.8-4 1/800 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

単機は後姿が画になる。
次の運転はもうこの辺じゃ露出が厳しいかな。。。

***********************************************************************************************

Simg_64611

2015.9.28 両毛線 桐生付近 配8678レ
EOS60D + 400mmF5.6 テレコン1.5X 1/500 f.5.6 ISO:1250 W/B:AUTO

そして返しの部、まずは水道山の展望台から桐生のガスタンク横を行くPトップを。
1ヶ月遅かったなぁ・・・露出が無さ過ぎてISO1250まで上げたら、なんか良くないね。

***********************************************************************************************

Simg_64661

2015.9.28 両毛線 岩宿-下新田(信) 配8678レ
EOS60D + 17-70mmF2.8-4 1/80 f.4.0 ISO:500 W/B:AUTO

桐生発車の頃には完全に日没を迎えてしまい、夕焼けがキレイなわけでもなく
ただ単に暗い流し撮りになっちゃった。。。

なんかどれも画像がキタナイなぁ、縮小の設定いじったっけ?

***********************************************************************************************

Simg_64821

2015.9.28 両毛線 国定 配8678レ
EOS60D + 17-70mmF2.8-4 1.6sec f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

最後は国定バルブで〆。この時間は藍色の空がキレイ。
スーパームーンとの絡みを期待したけど、どこに出てるのか判りませんでした。

予定通り18:30には家に戻り、今回はちゃんとご飯には間に合っています(笑)

***********************************************************************************************

145/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

【あの一枚】 #270 熊クマ20系創臨の終わり '86

20系ついでに。。。
自分の中で”創臨”というと熊クマの20系を使った九州からの列車が思い出されます。

ハーフカメラを持って飛び回るようになると、いつも昼過ぎに下っていく20系の回送があるのに気づきました。
スジはすでに8111レから7111レになっていたと思います。
PFに牽かれ、テールサインには「みずほ」のような水色で無地の板が入っていました。

そんな20系の創臨ですが、'86年4月に14系寝台に置き換えられることとなり、残り運転3回となった時
雨の大船停を撮りに行っています。

***********************************************************************************************

Scn0006_sr100_04_2

1986.3.19 東海道本線 大船 7111レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/15 f.5.6 HR100

通常、客車列車なら必ず先頭機関車の方に陣取るのだが、この日は熊クマ20系とのお別れのため
最初から最後尾狙いでこちらにスタンバイしている。
こんな天気だったので走りはやらず、停のある大船でゆっくり見送ろうと思ったのだ。

キレイに揃った幕板部のクリームライン、末期はテールサインも水色ではなく白い板になった。
モノクラスではあるものの、10連の長い20系はそれなりに迫力もあった。

あと2回の上京で熊本区の20系使用創臨も幕を閉じる。
私にはこれが最後の記録となった。

***********************************************************************************************

144/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

【あの一枚】 #269 ホリデーパルを石橋で '94

ネタが無い!

先日の記事で20系「ホリデーパル」が出たので続けて・・・。

***********************************************************************************************

Simg5651

1994.8.4 東海道本線 早川-根府川
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/500 f.4.5 XP-2

雨の東海道を下る純正「ホリデーパル」の700番台車8連。
窓の小さいオシ14改造のラウンジカーや電源車は白塗りになると車体が大きく見える。
それでも大好きな20系、こんな天気なのにこれだけを撮るためにここまで来たようだ。。。

カマ込み9両はアングル的にピッタリだ。
残念ながらAE-1Pで一コマ切りのポジは暗すぎてボツになった。

***********************************************************************************************

143/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

【あの一枚】 #268 モジュールレイアウト用の取材ネガから

保存が悪くてネズミのおしっこ被害に遭った親父のネガ、救済スキャン最後の1シートはモノクロでした。

そこに写っていたのは1981年のモジュールレイアウト運転会用のシーナリー取材。
件の「タツノ」工場を撮ったものの他にもいろいろあったので、自分的にグッとくるものをいくつかご紹介します。

***********************************************************************************************

Simg127571

1980.7 東海道本線 大船-戸塚
NikonF + 50mmF2 NEOPAN400

レイアウトのシーナリーに使う工場建物として大船の「タツノ」を取材に来た時のネガから。
工場の建物を撮るついでに周りの線路の状況も撮っていたようです。
主に'84年以降しか記録に残していない自分にとってはどれも貴重なシーンです。

ここでは笠間大橋から駅方面を見ています。
今でも基本的な線形は何も変わりませんが、右の「田立操車場」に黒いトラの編成があるのが見えます。
旧大船駅貨物側線の残り、大船構内という扱いで湘南貨物駅廃止の'85年まで一日2往復の
専用線貨物列車が出入りしていました。

***********************************************************************************************

Simg127621

振り向いて戸塚側を。
高架で本郷台にあがる通路線の左下が貨物上り線、その左が非電化の住友専用線ですね。
専用線もレールが光り、現役であることがうかがえます。

湘南貨物から田立操車場までがDE10(11)、操車場から先は川崎製のD101、D201が活躍していたようです。
一度でいいから見てみたかったですね。

***********************************************************************************************

Simg127701

つまらんカットだなぁ、、、と思いながら拡大すると左端に住友電工専用線の鉄橋が写ってるじゃないですか!
自分の中では”幻の専用線”で、まさか親父のネガにその姿が残ってるとは思いませんでしたよ。

末期の住友専用線は画面中央の住友セメントサイロを抜けたあと、二手に分かれて住友電工行きとセメント用の
二本の留置線がありました。

Image1

国土交通省国土政策局の航空写真画像情報所在検索・案内システム内
http://airphoto.gis.go.jp/aplis/Agreement.jsp の
国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス
http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1 から

1968年の大船付近の様子をお借りしてきました。

まだ横須賀線も根岸線も通路線も無く、東海道線と貨物線の4本と専用線だけが写っています。
ちょうど上りの153系10連+荷電が走っていますね。
線路拡張で用地が削られる前なので住友セメントサイロと本線の間には空間があって、住友電工行きの
線路も独立して敷かれていたことが判ります。

こんな時代にテツしてみたかったです。。。

***********************************************************************************************

Simg127851

そして最後に写っていたのがこちら。。。
辻堂駅を通過する183系の「あまぎ」を撮ったもののようです。

しかし、私はそれよりも画面右側に強く惹かれます。
ワムかワキの後姿と手前に伸びたスミハツ専用線の線路!

貨上1番線から左に分かれて道路を横断し、工場門を抜けて敷地内へ。
当時この道路横断部分には柵が無く、歩道から線路内に入り放題でした。
すぐ間近でDEの推進入換を見ていた記憶もあるのですが、レールに輝きがありませんね。
この'80年はまだ工場も稼働中('81年撤退)のはず、、、鉄道による輸送はもう休止されていたのでしょうか。

工場内はダルマ転轍機で2本に分かれていて、よくトキやチキが留置されていました。
幼稚園の頃、日曜日に忍び込んで貨車の上で遊んだのを思い出します。

***********************************************************************************************

142/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

【あの一枚】 #267 黄昏の旧湘南貨物駅にて

やっと連休が終わったと思ったら、明日からショッピングセンターの20周年誕生祭とか。。。
9月末は半期決算だし、このまま月末まで行っちゃうのかぁ?!

記事にするネタが無い、、、というか考えてる暇がない!
適当に開いたネガから、今日は情景的な一枚を。

***********************************************************************************************

Scn0042_hr400_19

1987.12.26 東海道貨物線 旧湘南貨物
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR400

駅の廃止から2年、本線に繋がるポイントが撤去されただけで、未だに構内はそのまま残っている。
いつも通学の電車内から見ていたのだが、この日は思い立ってチャリで訪れてみた。

誰もいない構内を一通り歩いて仕訳線のところまで戻ったとき、DE11の単機が上りの貨物線をやってきた。
なんとなく現役時代の貨物駅を思い起こさせるシーンに思わずシャッターを切った。

わずか16年(1969.10~1985.12)の営業期間で役目を終えた湘南貨物駅。
その隆盛の時代は驚くほど短く、本当に必要な施設だったのかと疑問に感じることもあった。
でも、チャリで行ける一番近い貨物駅。
何も居ないのは判っていても、近くへ行った際には必ず寄り道して構内を眺めてから帰った。
一時期、貨物線に駅を作るなんて話も聞かれたが、どうなっているんだろう。

***********************************************************************************************

141/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

【模型】 お手本を元に屋根カーブ造形の確認

模型の方は、先日めでたくTOMIXのスロフ62他を入手して、まずは屋根カーブのデータ取りと
データから試作をしてみるという一連の作業が発生しています。

整理されていない親父のネガのスキャンも同時進行で、あっちこっち手をつけた状態のものが
散乱していて自己嫌悪ですが、ひとつずつ片付けましょうか。

しかしEF62の22号機は途中だし、マニ50の完成宣言もまだなのに何やってんだ。。。

***********************************************************************************************

Sr1214494

せっかくスロフ62が手に入ったんだから、これも作りたくなりますよね。
妻面だけ作って検討・・・のつもりがここまでやるとか、物事の優先順位を判ってない人はダメですね。

そして今、中華レーザーがハンコ作り用の高さ設定にしちゃってあるので、久しぶりにカッターと
窓抜き刃で手抜きしました。

***********************************************************************************************

Sr1214497

屋根部分の展開図幅が若干長かったようで、妻面の罫書き線を超えています。
きっちり数値を追い込んだ後でこれも屋根曲げ治具を作らないとダメそうですね。
手で曲げたから左右のチリが合ってない。。。

屋根曲げの試作ならここまで作り込む必要は無いことなど百も承知ですが、やり始めちゃうと
やっぱり楽しいんですよ。
おかげさまで工作手順と、細かいパーツをどこまで自作するかのいい調査が出来ました。

展開図データを修正して、ひとまずスロフ62は終わりにしましょう。

そうだ、次のテストは車体長1/3のショーティーでやろう。

***********************************************************************************************

140/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

【あの一枚】 #266 世紀のイベント 追っかけて大宮

時間が無いので貼り逃げ。。。

早く連休終わってくんないかなぁ。。。

***********************************************************************************************

Scn0052_gx100_14

1988.12.23 東北本線 大宮 9701レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 GX100

バブル真っ只中! 超豪華、世紀のイベントを見届け大宮まで追っかけて来た。
ちょうどD51が離れてゆく。

せっかくのロクイチ登板なんだから、もう少しキレイにしてあげといても良かったんじゃない?
あーぁ、ロクイチ撮りたいなぁ。

***********************************************************************************************

139/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

【あの一枚】 #265 想い出のモジュール式レイアウト

救済スキャンしている親父のネガから懐かしいカットが出てきました。

個人的に懐かしいものはいっぱいありますが、今回はこの二枚を。

***********************************************************************************************

Simg1538

1981.3 横浜伊勢佐木町 日活会館 BIG BOYにて
NikonF + 50mmF2 KS-100

大型模型店「BIG BOY」の2Fで開催した集合式モジュールレイアウトによる運転会の様子から。
一時期ずいぶん(親父に連れられて)かよっていたBIG BOYだが、鉄道模型コーナーははるか昔に
無くなり、店舗自体も10年ほど前に撤退してしまったようだ。

何が想い出かって、BIG BOYもこの運転会も、集合式レイアウトも走ってる青大将も。。。
写っている奥の二つが親父の作ったモジュールだ。
鉄橋の先、線路の向こうの大きな建物は大船にあった「タツノ」の工場をプロトタイプにして作った。
その取材に付き合わされたのまで含めて想い出か。
走ってる青大将編成も親父が作ったものだろう。
ジオラマの中を走るにはちょっとキレイ過ぎるのが自分的には気になるが。

***********************************************************************************************

Simg1536

コラコラ、そこのにーちゃん達、カブリツキ過ぎだろ(笑)

たぶんこれが初めて見たシーナリー付きのジオラマレイアウトだったと思う。
こんなものを見せられちゃったから、お座敷レイアウトでは満足できない子供になっちゃったんだ。
でもこうして見ると、やっぱりシーナリー付きレイアウトはいいなぁ。

BIG BOYというと、行っちゃいけない上階とお正月にお年玉代わりにガンプラをくれたヒゲの
専務(?)が印象深い。
エレベーターで上がって行くと入り口のおばさんに怒られるんだ、なにしろ日活ですから。

***********************************************************************************************

138/365

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

【あの一枚】 #264 白坊主 ホリデーパル上京

ダメだ時間が無い。。。こんな連休、無ければいいのに。
半期決算直前の会社、多いんじゃないのかなぁ。

とりあえず貼り逃げです。

***********************************************************************************************

Sbw0139_xp2_03

1994.5.4 東海道本線 品川
T90 + 80-200mmF2.8 XP-2

20系も終わりが見えてきた頃、白坊主となってしまった下関の「ホリデーパル」本体が上京した。
寝台車を使った異色のジョイフルトレイン(?)だったが、この塗装になって魅力が半減だ。

700番台の基本編成に増結用の塗色変更済み一般車も入れて最大10両編成が組めた。
逆にその白いナハネが臨時急行に紛れ込んでいたりして難儀したりもした。
”BBAの厚化粧”という言葉がピッタリのちょっとかわいそうな最期になってしまったのが惜しい。

***********************************************************************************************

137/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

【あの一枚】 #263 捨てたと思っていたネガから

また今夜も模型やってる時間は無さそう・・・。

先日実家から持ってきたものの中に、今さらどうしようもないモノがあります。
それと、捨てたとばかり思っていた「初めて現像したモノクロフィルム」がロールのまま出てきました。
No.0001とシールされたトライXと、No.の無い(0002のはず)ネオパン400プレストです。

今日は急遽そのフィルムをスキャンして、一枚ご紹介しましょう。
しかしまぁ、捨てたと思っていたので、いつの被写体なのかも記憶にありません。。。

***********************************************************************************************

Sr1214488

まずはコイツら・・・未現像のフィルムが5本ありました。
C-41処理の出来るカラーのインプレッサはともかく、モノクロは道具も無いし現像無理でしょう(泣)
一番左のテクニカルパン2415なんか、もう現像液とか無いんじゃないのかなぁ。
第一、ネガに潜像残ってないかも? うーん、何が写ってたんだろう。。。

たしかテクニカルパンは’89夏の山陰留置旧客の形式写真だったような気がする。
その他は全く予想もできない。
見つけなければ良かったかも、、、なんか諦めがつかないね。

***********************************************************************************************

Simg12127

1988.7 東海道本線 辻堂-藤沢
AE-1P + 75-200mmF4.5 TX

1本目のモノクロは適当に景色を撮っただけという記憶があったのに、しっかりテツもしていた。
PF牽引の「踊り子」や「さくら」、オリエントサルーンも写っている。

その中で、こんな列車があったことすら覚えていなかった211系の七夕号が自分的には新鮮だ。
毎年この時期は期末テストの真っ最中なので、お忍びで撮りに出たのだろう。

フィルム全体にわたって現像ムラがひどいが、ここまで見られる画像になった。
25年以上フィルムケースに入れっぱなしの丸まり具合が尋常ではないものの、捨ててなくて良かった。

***********************************************************************************************

136/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

【あの一枚】 #262 ブルトレのイメージ

今日は久しぶりに模型ネタで行こうかと思っていたのに、帰ってくるのが遅くてアウト。。。

時間が無いので貼り逃げです。

おととい実家から持ってきた(親父の撮った)ネガの救済~スキャンが進行中なので、またそこから
一枚拝借してお茶を濁しましょう。

***********************************************************************************************

Simg11948_2

1981.7.6(※) 東海道本線 辻堂-藤沢
NikonF + 105mmF2.5 F-II100

自分の中のブルトレのイメージというとこれ。
1100番台のPFが銀帯編成を牽いている感じ。

主役は1102号機の牽く10レ「あさかぜ4号」、下り線には静岡のグリーン車無し111系12連739M、
貨物線では茅ヶ崎からのDD13重単1562レが横浜羽沢へと向かう朝の光景。

ネガが黄ばんでて色補正が大変・・・どうにかここまで見られるようにしたが、アングルは大幅に
トリミングさせてもらった。
個人的にはカツカツじゃなくて広くフレーミングされてる方が好きなのだが、あまりにも広すぎた。。。
しかし、別の角度から考えると当時の街並みや自動車も写っており、色々判って楽しい。

今回はディレクターとしてこのようにトリミングして使わせていただくことにする。
ただ、自分が関連しない、他人の撮った写真にキャプションを付けるのは難しい・・・。
この時どんな気持ちでシャッターを押したのかなどの情報が無いので、ただこの画ヅラから
読み取れることの羅列になってしまう。。。

(※)細かい日付は前後に写っているものとDPE明細の日付、天候その他の状況から導いたもので、
メモなどによって確定したものではないことをお断りしておく。

***********************************************************************************************

135/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

【あの一枚】 #261 遠い夏休みの想い出から

昨日、ゲリラ的に実家へ戻り、孫の顔を見せている間に所在不明になっているネガの捜索をしました。

使われなくなって久しい部屋は物置状態で、すべてを段階的に片付けないと探すのも容易ではありません。
とりあえずネガが入っていそうな大きい紙袋を一つだけ持って帰ってきました。

戻ってさっそく中のものを出し始めると、予想通り昔のDPE袋が見えます。
しかし何かがおかしい・・・。

それは、、、

***********************************************************************************************

Sr1214485

入っていた袋の一番カドに接していた部分が大変なことになっています(汗)
どうやらネズミの尿にやられたようです。

予想でしかありませんが、猫は飼ってないし、犬も10年以上前に居なくなっていますし、
第一、飼っていた犬もこんなところで用を足すようなことはありませんでした。
何より、昔は見たことのない”ネズミ取り器”があったのがその証拠でしょう。

最悪です。画像のネガ(2本分)が最大被害物件でネガ本体まで浸みています。
これを救済するという余計な仕事が増えてしまいました。
このネガは親父が同窓会で撮ったもののようで、幸いにも(失礼!)鉄道関連のコマはありません。

結果として紙袋の中にはかなりの本数があり、1980~85年頃の一部が入っていたようです。
ネガ袋などに細かい日付などの記載がないため、写っているものと自分の記憶から撮影順に
ファイルするという仕事もできてしまいました。。。

旅行、お祭り、運動会・・・大半が自分で撮ったものではありませんが、大事な想い出の一部です。
そんな中から、32年前の夏休みの一コマを出してみたいと思います。

***********************************************************************************************

Simg11765

1983.8.15 東海道本線 根府川
NikonF + 50mmF2 KodaColorII 100

夏休みの西伊豆旅行の帰りに、R135の渋滞でゲロゲロになりながらやっと根府川までたどり着いた。
「さくら」の通過に合わせてホームに降りると、荷1034Mが中線に入ってきた。

熱海寄りから親父が撮ったもので、弟は振り返り、自分は荷電の横で停まるのを待っている。
このあとすぐ「さくら」が通過、荷電の先頭でみんなで記念写真を撮って帰ったようだ。
帰りに停まっているクモユニの中を覗いてまわったのを覚えている。

とにかく渋滞がひどく、西伊豆から帰るのに8時間くらいかかった記憶がある。
32年前の夏の想い出。

今見ても景色はほとんど変わらないが、よく見ると上下の副本線がまだ活きている。
国鉄末期、東海道が華やかりし頃の面影が残る最後の時期だったのかもしれない。

***********************************************************************************************

134/365

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

【あの一枚】 #260 オハフ33 2555 大八廻りにて

1998年11月に北海道へと旅立ってしまったJR東日本のオハフ33 2555。
高崎に召集された動態保存用旧型客車の中では一番好きな車輛でした。

***********************************************************************************************

Simg4265

1997.11.20 中央本線 小野-塩尻
EOS630 + 300mmF4 G-400

三等標記がわざとらしいが、ヨレヨレの外板、ガタガタのウインドーシル、これぞ旧客!

D51に牽かれる編成は暖房用蒸気の供給を受けて湯気が漂う。
トンネルを抜けてまだまとわりつく煙も手伝って、とても幻想的なシーンだった。

***********************************************************************************************

133/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

【模型】 嬉しい誤算♪ おいしいカステラ?

先日、清水の舞台から飛び降りたつもりでポチっと押したプラ客車の注文が一部キャンセルされた
事案がありましたが、週末に残りの2両が無事に職場宛で届きました。

***********************************************************************************************

Sr1214453

スロフ62と・・・

Sr1214454

オユ10(冷)。

”何に使うんだ”という声をよそに、とりあえずパーツ取り付けもせずに素(す)の車両を眺めて
あーだこーだと考えております。
一番の目的は屋根カーブと雨どいのデータ取りであります。

いわゆるVC図面から引っ張った数値をCADでデータ化すると、出来上がった屋根のイメージが
既成品のそれと違うということが多々あるので、だったら最初から既製品ベースのデータを作って
スタイルを既製品に合わせた方がいいんじゃないかと思ったからです。
もちろん実車データの反映は大事なのですが、お手本があるのならそれに倣うのもいいかと。。。

現在、通常の丸屋根タイプはKATOのオハフ33やスハ43が在籍しているので、冷改組と10系(座)が
欲しかったというわけです。
ゆくゆくは20系かオロネ10の深屋根と10系(寝)もレパートリーに入れたいところですね。

***********************************************************************************************

そんなわけで、届いた2両は手を付けずにデータ取り車になる予定なんですが、家に帰ると何やら
自分宛の郵便小包が届いているではないですか。
そうね、大きさはちょうど文明堂のカステラ1本くらいでしょうか。
こんな時期にお中元もないですし、カステラより軽い感じ。。。何ですの?
(ネタ的に小包の写真を撮っておかなかったのを悔やんでます)

Sr1214451

中身はまさかの「TOMIX ナハフ10・11(青)」!!
これは文明堂の”特撰五三カステラ桐箱入1B号” 2本分以上の価値のある車両!
手持ちの在籍車両から出してきて、それを「差し上げる」とまで書いてあるじゃないですか!

嬉しいのなんのって、その心遣いに泣けましたね。
ブログでただツマラン情報を垂れ流しているだけなのに、気にかけてくれる人がいるなんて。
記事にしたのはそんなつもりじゃーない、とか言いながら、ひとまず有難くいただきました。

そして翌日、嬉しくてテンションが高かったのでお礼の手紙とうちの庭で採れた巨峰を送り付け、
預かったナハフが福知山区のナハフ11-1番だったので、必ずや福フチ現役末期の極悪(×)
特別(○)仕上げを施してお返しすると誓ったのでした。

***********************************************************************************************

そんなテンションが続く午後、クロネコちゃんがカステラのような包みを持ってやってきました。
もう騙されません、今度こそカステラだろうと。。。

Sr1214452

またやられました! 今度のは完全に新品っぽいです(汗)
何の説明も同封されておらず、新手の送り付け詐欺かと思いましたが、差出人に見覚えがあるし
代引きじゃないし、とりあえず電話で確認すると
「ついでだから買っといた~」・・・ (゜ロ゜;) エェ?
「困ったときはお互い様でしょ~に」・・・ (-_-;) まぁね。
今までお互い様の度合いに7:3、いや8:2くらいの偏寄がみられたのが、これをもらっちゃうと
逆転するんじゃないでしょうか?

で、もう済んだとも言えないし(書いてるし!)、次に会ったときにきちんとお代はお支払いしますので
よろしくです。
しかし、ブログのアラ探しだけじゃなくてそんな気を遣うようになったかァ・・・嬉しいです!(^o^)丿

ともかくも、哲さん、ST君、お心遣いありがとうございます、大変助かりました。
なんか予定が狂っちゃいましたが、こういうオチがあるとは思いませんでした、嬉しい誤算です。
オユ10を非冷にしなかったのも誤算でしたかね。。。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ところでST君、HO(16番・JM)はイイぞ~、旧客はスバラしいぞ~、川を渡ってこっちへおいで~(笑)

***********************************************************************************************

133/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【あの一枚】 #259 追憶のロクヨン 39号機

ついに青いロクヨンが旅立ってしまったようですね。。。

ロクヨンはあまり馴染みのないカマだったので、どこで何番を撮ったのかほとんど覚えていません。
ふと見返したネガのオヤ31回送がロクヨンだったので番号を拡大すると39号機でした。

25年前の春先に品川で撮った1枚です。

***********************************************************************************************

Simg147

1990.2.22 東海道本線 品川
NikonF + 50mmF2 REALA

品川8番で発車を待つ39号機のオヤ31回送。
ネガはリアラを使っているが色再現がとんでもなく悪い。

ロクヨンに関しては語れることが無いので、これにて、お・し・ま・い。

この時はカマよりも後ろのオヤ31に興味があって、早々に編成写真の撮影を終えるとまずは運転士さんに
高円寺で待ち受けることを伝えてライト点灯をお願いし、オヤの様子を見に行ってしまった。
でも、しっかり八王子まで追っかけて相模線経由で帰ったのはヤル気あった証拠?

たぶんロクヨンは数えられるほどしか撮っていないような気がする・・・。

***********************************************************************************************

132/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

【あの一枚】 #258 PF+24系寝台 「さちかぜ」

1986年、国鉄最後の夏は自身の一眼レフデビューから半年ということで、印象深いものがあります。

国鉄も様々なイベントを企画し、東京機関区持ちのヘッドマークは引っ張りだこだったようです。
そんな中で、めったに見られない「さちかぜ」のマークを掲げて本線走行してしまった列車がありました。

***********************************************************************************************

Sc0015_hr200_01

1986.8.6 東海道貨物線 辻堂-藤沢
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

PFのクリーム色に強烈に映えるオレンジのマークは、昭和32年からわずか1年間の運転だった特急「さちかぜ」のもの。
30年の時を超えてPF+24系寝台という組み合わせで蘇った。

これは品川駅が企画したミニブルートレイン体験乗車会の列車で、8/1「はと」、8/2「平和」、
8/6「さちかぜ」が品川-茅ヶ崎 西湘貨物(※)間を貨物線経由で運転されている。
編成はこのために用意された特殊なもので、
カニ+オロネ+オシ+オハ(ロビーカー)+オハネ+オハネ+オハネフ+オハネフ
の8両が使われた。

この時期の撮影会にはよく登場したマークだが、それを掲げて本線を走ったのは「さちかぜ」廃止以来
これが最初で最後だったのではないだろうか。

※記憶が曖昧だったのでちょっと調べたら西湘貨物が正解でした。
なお、往路は高島・根岸線経由。’86夏はこの経路を使うスジが多かった印象です。(9/16追記)

***********************************************************************************************

131/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

片付け中・・・覚書2015/9/13 模型材料・副資材の棚卸し #4

さあ、棚卸しはこれで終わりにして工作に戻りましょう!

最後は各種ジオラマ材料とペーパー建物・車輌用の紙・角材、薬品類などです。

***********************************************************************************************

Sr1214422

またずいぶんゴチャゴチャとありますね。。。
LEDや塗料なんかも一緒のダンボールから出てきましたので、それぞれのカテゴリに追加しておきました。

では、行ってみましょう。

■KATO
・No.5-052 HO単線架線柱 ☆
・No.5-054 HO単線ワイド架線柱 ★
・No.6-511 HO人形シリーズ機関士 ★
・ノッホ パウダー(草色) ☆

■津川洋行
・シナリーパウダー CP-1(春) ★
・シナリーパウダー CP-プロ2(夏の緑) ☆
・シナリーパウダー CP-3(秋の緑) ☆
・シナリーパイル CP-102(夏の緑) ☆

■モーリン
・GR-04 草地(干し草色) ★
・GR-05 草地(枯れ草色) ★
・CS-06 カントリーグラス(茶色) ★
・No.456 ストーン(1/87バラストローカル) ☆
・CR-12 クラッシャブルストーン ☆
・AF-14 クラフトサンド(ベージュ) ☆
・TR-02 リアルサンド(ナチュラル) ☆
・TR-03 リアルサンド(ライトブラウン) ☆
・TR-04 リアルサンド(ブラウン) ☆

■モデルカステン
・ミリタリーピグメント1 ブリックライク ☆
・ミリタリーピグメント2 プラスターライク ☆
・ミリタリーピグメント3 コンクリートライク ☆

■絵の具屋三吉(岩絵の具)
・天然 黄朽葉 ☆
・混粒天然 洗柿(しろ) ☆
・混粒天然 淡肌(しろ) ☆
・水干 朱土(う) ☆
・混粒天然 古蔦 ☆
・水干 別上 上汁黄土(う・末化) ☆
・天然 独逸銀鼠 ☆
・天然 仏蘭西朱土(末化) ☆
・天然 ギリシャ焦茶貮号(末化) ☆
・天然 独逸黄金茶(末化) ☆
・天然 伊太利亜栗茶(末化) ☆
・混粒天然 黒楽 ☆
・水干 草緑 ☆
・天然 黒口稲荷黄土(末化) ☆
・天然 薄口朱土末(う・末化) ☆

■リキテックス
・モデリングペースト ☆
・グロスポリマーメディウム ☆

■ターナー
・グレインペイントNo.1 白 ☆
・グレインペイントNo.4 黒 ☆

■会津砕石
・会津バラスト(M) ★★☆
・会津バラスト(L) ☆

■こばる
・MB-01 プラノイタ 波板 ★☆
・MB-04 プラノイタ トタン屋根(瓦棒) ★

■アースマターズ(ドライ・プリザーブドフラワー)
・山ゴケ(グリーン) ☆
・ペッパーグラス(グリーン) ☆
・アイスランドモス(グリーン) ☆

■フラワーアレンジBonsai
・苔粉(グリーン) ☆
・苔粉(ライトグリーン) ☆

■光栄堂
・ランドスポンジ細目1102(グリーン) ★

***********************************************************************************************

Sr1214431

紙類とスチレンボード、それと1608チップLEDがリールの状態で紙の後ろに落ちてました。。。

■レモン画翠
・スチレンボード1mm ★★★☆☆
・スチレンボード2mm ☆☆
・スチレンボード3mm ☆
・スチレンボード5mm ☆

■紙類
・孔雀ケント90kg(白) A3判 ☆
・ケンランケント135kg(ミルキー) A3判 ☆
・ケンランケント180kg(サクラ) A3判 ☆
・ケンランケント225kg(ミントグリーン) A3判 ☆
・ケンランケント310kg(ナチュラル) A3判 ☆
・ケンランケント400kg(みず) A4判 ☆
・片面強光沢FP 90μ A4判 ☆
・片面強光沢FP 110μ A4判 ☆
・片面強光沢FP 140μ A4判 ☆
・片面強光沢SS 220μ A4判 ☆
・PLUS 超きれいな光沢紙 230μ A4判 ★☆

***********************************************************************************************

Sr1214432

■精密木材類
・ミッドウエスト#8000 0.5x0.5mm ☆
・ミッドウエスト#8002 0.5x1.3mm ★☆
・ミッドウエスト#8003 0.5x1.9mm ☆
・ミッドウエスト#8004 0.5x2.8mm ☆
・川合木工所 ひのき0.5x2.0mm ☆
・川合木工所 ひのき1.0x2.0mm ☆
・川合木工所 ひのき1.5x1.5mm ☆
・川合木工所 ひのき2.0x2.0mm ★★☆
・川合木工所 ひのき2.0x3.0mm ☆
・川合木工所 ひのき2.0x5.0mm ☆
・航空ベニヤ 0.4mm ☆
・航空ベニヤ 0.6mm ☆
・航空ベニヤ 1mm ★★☆
・航空ベニヤ 2mm ★★☆

・その他ノーブランドひのき材
0.5x3、0.5x5、1x1、1x2、1x3、2x2、2x3、2x5、2x10、3x3、3x5、φ3、φ10など

***********************************************************************************************

Sr1214434

■試薬類
・和光純薬 メタクリル酸メチルモノマー ☆
・健栄製薬 燃料用アルコール ★★☆
・小宗化学 ポリエチレングリコール400 ★☆
・関東化学 プロピレングリコール ☆

メタクリル酸メチルモノマーは「プラリペア」の液として、その他は建築模型用の草木を作るのに使います。
植物のプリザービング用、いわゆるプリザーブドフラワー加工の応用です。
これとインクジェット用インクや染料を合わせてジオラマ等に使う枯れない草を作るのです。
建築模型が始まったらこれもご紹介できるかと思いますが、1/50~1/100スケールにはもってこいの
とんでもなくリアルな草が出来上がりますよ。

あとは型取り用のシリコーンとレジン、離型用のシリコンスプレー、接着剤関係がありますがいいでしょう。
以上で模型部屋の物品棚卸しが完了ですかね。

つまらない棚卸しの覚え書きにお付き合いありがとうございました。

***********************************************************************************************

130/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

【あの一枚】 #257 客車「踊り子号」 ’87

ロクイチフリークの方々にはご説明するまでもありませんが、客車「踊り子号」といえば東京機関区のゴハチ
最後の特急運用として14系を使用し1982年の大晦日から運転が始まり、一時期はサロンエクスプレス東京を
使用した「サロン踊り子」を含む3往復のスジが引かれて一日最大2往復が運転されていた列車です。

一番有名なのが東京14時発の「踊り子55号」(最初は53号)、後に59号、99号と番号を変えながらも
主に土曜の午後のお楽しみとして筆者もずいぶん通いました。
運転初期の東京区のゴハチ・PF、その後を継いだ宮原区の間合いではゴハチ150号機も登板しています。
その後東京区の廃止により新鶴見区、JR化後は田端区の受け持ちとなって”とりあえず”残されたものの、
1年後の’88-3改正でひっそりと消えてしまいました。

今夜はJR化後の客車「踊り子号」最末期、ロクイチの登板が見込めなくなったあとの記録から1枚。
今になって判った事実、、、こんなの知らなかった。。。

***********************************************************************************************

Scn0042_hr400_04

1987.12.20 東海道本線 辻堂-藤沢
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR400

JR化後に設定されていた午後の東海道を上る踊り子92号、この日は1103号機の牽引だ。
PFだったためプリントもせず、ネガスキャンしても使うことがないから大きく開いて見たこともなかった1コマ。

よく見ると踊り子マークに「L」の文字が無い、、、知らなかったのは私だけだろうか。。。
特急踊り子号は2002年まで「L特急」指定だったので、この時期に無いのは明らかにおかしい。

これが常時使われていたものなのか、予備か何かでめったに出ないものなのかは不明だが、
2000年12月にロクイチでリバイバル運転された時に取り付けられたマークはこれだったのではないのか?
細部を見るとどちらもマークのフチが金色ペイントで描かれており別パーツとしての段差が無い。
やはりこれで間違いないだろう。

リバイバルのときはマークのレプリカを作ったのかと思っていたが、こうしてPFにも取り付けられていた
「本物」のマークだったのだ。
15年を経て初めて気が付いたことにビックリしてしまった。

***********************************************************************************************

129/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

【あの一枚】 #256 20系2本上京の日に ’91

一番好きなブルートレイン客車は20系。
あの坊主頭と号車・行き先・種別標示の丸い窓が特にグッとくるところです。
写真を撮り始めたとき既に東海道の20系は臨時の「あさかぜ51・52(後に81・82)号」だけでした。
ヘッドマークも無く、創臨の20系と変わらない出で立ちでがっかりしたものです。
それでも20系の運用はよくチェックして撮影に出ていました。

1990年代に入るといよいよ20系は「あさかぜ」や「日本海」などの臨時特急運用に就くことも許されなくなり、
最後まで特急種別で残った列車は残念ながら20系単一編成ではない「カートレイン九州」でした。

もう先は長くないと思われた20系が2本上京し、品川で顔を並べた日があったので撮りに出ています。

***********************************************************************************************

Simg5617

1991.12.3 東海道本線 品川
AE-1P + 80-200mmF2.8 400PR

品川の客操で顔を並べた20系2本。
PF1130号機(?)牽引で10番線に入ってくるのが宮原区の20系10連、右で整備を終えたのが下関区の
20系10連で、2時間差の9113レ、9115レとして品川から下っていく。

すでに幕板部のクリームラインは全滅してしまっているが、古き良き時代の品川を想像してアツくなった。
一番陽が短い時期で走りを撮れなかったのが悔しい。

親父と弟、先輩の4人で1985年改正前の下りの銀河に乗って紀勢線のゴハチを撮りに行ったのが
最初で最後の20系寝台体験だろう。
52センチ幅がどんだけ狭かったのか、全く覚えていない。。。

***********************************************************************************************

128/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付け中・・・覚書2015/9/10 模型材料・副資材の棚卸し #3

金属素材を忘れてました・・・。

真鍮の0.3、0.5mm線くらいならその辺のホームセンターで手に入りますが、洋白や燐青銅は皆無だし
真鍮帯板も見たことがありませんので、やっぱりネットでKSのに頼るしかないんですよね。

***********************************************************************************************

Sr1214421_2

■真鍮
・Eggs 黄銅線 0.3mm ☆
・Eggs 黄銅線 0.5mm ☆
・Eggs 真鍮パイプφ2.6xφ2.0mm ★

・KS 丸線 0.2mm ★☆☆
・KS 丸線 0.3mm ★
・KS 丸線 0.35mm ☆☆
・KS 丸線 0.6mm ☆
・KS 丸線 0.8mm ☆
・KS 丸線 1.0mm ☆

・KS 角線 0.5x0.5mm ★
・KS 角線 0.6x0.6mm ★
・KS 角線 0.7x0.7mm ☆
・KS 角線 0.8x0.8mm ★
・KS 角線 1.0x1.0mm ★

・KS 帯板 0.5x0.2mm ★☆
・KS 帯板 0.6x0.2mm ☆
・KS 帯板 0.7x0.2mm ☆
・KS 帯板 0.8x0.2mm ☆
・KS 帯板 1.0x0.2mm ☆
・KS 帯板 1.2x0.2mm ★
・KS 帯板 1.3x0.2mm ★
・KS 帯板 1.4x0.2mm ★
・KS 帯板 1.5x0.2mm ★
・KS 帯板 1.8x0.2mm ☆
・KS 帯板 2.0x0.2mm ☆
・KS 帯板 2.5x0.2mm ★
・KS 帯板 3.0x0.2mm ★

・KS 帯板 1.0x0.3mm ☆
・KS 帯板 1.2x0.3mm ★

・KS アングル 1.0x1.0mm ★
・KS アングル 1.5x1.5mm ★

・KS 布巻き線 1.0mm ★

・泰豊 薄板 0.1mm ★
・泰豊 薄板 0.2mm ★
・泰豊 薄板 0.3mm ☆
・泰豊 薄板 0.4mm ★
・泰豊 薄板 0.5mm ☆
・泰豊 薄板 1.0mm ★

■洋白
・KS 丸線 0.3mm ☆
・KS 丸線 0.4mm ☆
・KS 丸線 0.6mm ☆

・KS 帯板 0.2x0.15mm ★☆
・KS 帯板 0.3x0.15mm ☆
・KS 帯板 0.4x0.15mm ★☆

・KS 帯板 0.5x0.2mm ★
・KS 帯板 0.8x0.2mm ☆
・KS 帯板 1.0x0.2mm ☆
・KS 帯板 1.5x0.2mm ☆

・KS 帯板 0.8x0.3mm ☆☆

・薄板 0.1mm ★
・薄板 0.2mm ★

■燐青銅
・KS 丸線 0.25mm ☆
・KS 丸線 0.3mm ☆
・KS 丸線 0.4mm ☆
・KS 丸線 0.5mm ☆
・KS 丸線 0.6mm ☆

***********************************************************************************************

127/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

【あの一枚】 #255 テツ人生最初期のネガから 「くつろぎ」

何か記事になるネタが無いかと漁っていたハーフサイズネガから、ゴハチを意識して撮り始める前の
遊びで撮ったネガが見つかりました。
後の通番を付けてのファイリングから外れた、自分的に”神話時代”のネガです。

ゴハチを撮るのにオリンパス・ペンEE-3を与えられる以前、祖父の箪笥に中に小さいカメラがあるのを
見つけてフィルムを詰めてもらい、遊びで何でも撮っていました。
そのカメラの機種などまったく判らなかったのですが、「ハーフ カメラ」に今でも忘れない「自動巻き上げ」を
加えて画像検索したら一発でヒットしました(笑)
それはリコーの「オートハーフ」(最初期)というカメラだったようです。

これまた走る列車を撮るなど不可能に近いカメラですが、奇跡的に上手く撮れているカットがありました。

***********************************************************************************************

Simg7324

1984.2? 東海道本線 辻堂-藤沢 8102レ
リコーオートハーフ (25mmF2.8 1/30? f.?)

見事にテールマークに同調した流し撮り。奇跡といってもいいだろう。
ほかのコマでも被写体ブレも含めたブレがひどいのでスペックにある1/125固定・自動絞りではなく、
1/30固定の手動絞りモードになっているように思うが、その切り替えがどのようになっていたのかなど
まったく判らずにただただシャッターを押していた。
それにハーフサイズなので、普通に構えると縦の構図になってしまう。

前後のコマでは道床に残雪が見え、この「くつろぎ」を牽いているのがPFなので59-2改正後の
早い時期ではないかと予想する。
また、後コマの荷36レと思われる列車に逆光ながら91号機と思われるゴハチが先頭に立っている姿が
写っているからだ。

この「くつろぎ」のスジはもちろん8102レで間違いないだろう。
荷35レのカマ番号でも判別できれば改正前後の絞り込みに有力な情報になるのだが。

ちょっと待った! その後のコマにも2灯シールドビーム機のゴハチが牽く荷36レらしき列車があるのだが
背景のニチイ辻堂店が開店していない。。。
ニチイの開店は1983年5月17日?(※)、くつろぎは1983年6月落成、雪が降るのは冬。。。
そうするとやはり1984年新春で間違いないのだが、なぜニチイの入り口に工事用フェンスが
張られているのだろう・・・今頃になって疑問が湧いてきた。困ったもんだ。

Simg7326

(※)よくよく調べるとニチイ辻堂店の開業は1984年9月19日となっているようで、1983年5月17日は
工事の着工日のようです。それならば辻褄が合います。
しかしどうでもいいですが、開業半年以上前にこんなに完成してましたかね・・・。
毎日見ていましたけど、それがいつなのか、この時代に日記など書いてなくまったくリンクしません。
やっぱり日記を付けるという事は大事ですね。

***********************************************************************************************

126/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

片付け中・・・覚書2015/9/10 模型材料・副資材の棚卸し #2

片付けも終わりが見えてきて、棚卸しは残すところ水性塗料・スプレー関係、紙・プラ、模型材料です。

水性塗料は主にタミヤカラーを使っていますが、近くのスーパーのおもちゃ売り場ではクレオスの
水性ホビーカラーしか扱っていないので急ぎのときに仕入れたものがだんだん増えてきていますね。

模型材料も基本ネットで仕入れていますが、近くの巨大ホームセンター「ジョイフル本田」
通称「ジョイホ」2Fの「ジョイフル2」がホビー系のパラダイスなのでよく利用させてもらっています。
模型分野だけでなく、手芸や紙、フラワー、木工コーナーにも使えるものがいっぱいで、さしずめ
北関東のプチ東急ハンズといったところでしょうか。

***********************************************************************************************

Sr1214419

長年使ってほとんど残っていないものがあったので、新しい方のビンにまとめたりしてだいぶ処分しました。

■タミヤカラー
・X-2 ホワイト ☆
・X-4 ブルー ☆
・X-5 グリーン ★
・X-6 オレンジ ★
・XF-7 フラットレッド ★☆
・X-9 ブラウン ★
・XF-9 ハルレッド ★☆
・X-10 ガンメタル ★☆
・XF-10 フラットブラウン ☆
・XF-15 フラットフレッシュ ☆
・XF-18 ミディアムブルー ★
・XF-20 ミディアムグレイ ☆
・X-21 フラットベース ☆
・XF-21 スカイ ☆
・X-26 クリヤーオレンジ ☆
・X-31 チタンゴールド ★
・X-36 メタリックブラウン ★
・XF-24 ダークシーグレー ★
・XF-55 デッキタン ☆
・XF-57 バフ ☆
・XF-60 ダークイエロー ☆
・XF-68 NATOブラウン ☆
・XF-72 茶色(陸上自衛隊) ★☆
・XF-78 木甲板色 ☆
・XF-79 リノリウム甲板色 ★☆

・X-20A タミヤアクリル溶剤250ml ☆

■水性ホビーカラー
・H-10 カッパー(銅)(光沢) ★
・H-11 つや消しホワイト ☆
・H-12 つや消しブラック ☆
・H-17 ココアブラウン(光沢) ☆
・H-21 グランプリホワイト(光沢) ☆
・H-27 ライトブラウン(タン)(光沢) ★
・H-33 あずき色(光沢) ☆
・H-40 フラットベース ★★
・H-90 クリアーレッド(光沢) ★

■スプレー類
・タミヤカラーミニ(ラッカー) TS-11 マルーン(光沢) ☆
・タミヤ ファインプラサフ(L) ホワイト ☆
・タミヤ ファインプラサフ(L) ライトグレー ★
・Mr.オキサイドレッドサフェーサー1000 ★
・Mr.メタルプライマー ★
・染めQプライマー ☆
・ミッチャクロンマルチ ☆
・プライマーZ(透明) ☆
・プライマーZ(ブラック) ★
・AZ黒染めスプレー ☆
・ジェイズ スエード調(93グレー) ☆
・アサヒペン ストーン調(サンドストーン) ☆
・ロックペイント プラサフ ★★★★★★★★☆

■スプレーのり
・3M スプレーのり55 ☆
・3M スプレーのり77 ☆
・3M スプレーのり111 ★
・コニシ スプレーのりZ-2 ★☆

***********************************************************************************************

Sr1214420

プラ材も初めての在庫チェックです。

■タミヤプラ材
・1mm角棒 ★★☆
・2mm角棒 ★☆
・2mm丸棒 ★☆
・3mm丸棒 ☆
・2mm透明丸棒 ☆
・3mm透明丸棒 ★

・0.1mmプラペーパー(B4白) ★
・0.2mmプラペーパー(B4白) ☆
・0.3mmプラペーパー(B4白) ☆
・0.5mmプラバン(B4白) ★
・1.5mmプラバン(B4白) ★

■エバーグリーンプラ材
・#100 0.25x0.5mm ☆
・#102 0.25x1.0mm ☆
・#110 0.4x0.5mm ☆
・#111 0.4x0.75mm ☆
・#112 0.4x1.0mm ☆
・#120 0.5x0.5mm ★★☆
・#121 0.5x0.75mm ★
・#122 0.5x1.0mm ☆
・#131 0.75x0.75mm ☆
・#132 0.75x1.0mm ☆
・#143 1.0x1.5mm ☆
・#153 1.5x1.5mm ☆
・#211 φ1.0mm ☆
・#219 φ0.64mm ☆
・#223 2.4mm/0.9mmパイプ ☆
・#240 1.0mm半円 ★☆
・#241 1.5mm半円 ☆
・#247 1.0mm四半円 ☆
・#263 2.5mmチャンネル ☆
・#276 4.8mmIビーム ★
・#281 1.5mmH鋼 ☆
・#284 3.2mmH鋼 ☆
・#291 1.5mmアングル ★☆
・#292 2.0mmアングル ★☆
・#8103 0.28x0.84mm ★★★☆

***********************************************************************************************

125/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

【あの一枚】 #254 最後の留置車両@新鶴見 ナハフ11 2018

タイトルが昨日とほとんど変わらなくてスミマセン。

注文をキャンセルされたことを根に持っての連続投稿です・・・ナンチャッテ。

***********************************************************************************************

Sbw0015_tmxs_25

1989.1.22 品鶴線 新鶴見(信)
AE-1P + 75-200mmF4.5 TMXs

・ナハフ11 2018 <南シナ>
昨日のナハフ10に続いてナハフ11に登場してもらった。
基本的に末期の形態としては便洗窓の差くらいだが、こちらは電暖付き、さらにウェバスト暖房装備。
蓄電池箱の左にウェバスト用の燃料タンクが見える。

***********************************************************************************************

Sbw0015_tmxs_21

1989.1.22 品鶴線 新鶴見(信)
AE-1P + 75-200mmF4.5 TMXs

廃車から2年が経とうとするところで鋼板屋根に少し錆びが見えるものの、各部はかなりキレイな状態だった。

一度でいいから10系座席車の軽快な走りを体験してみたかった。。。

***********************************************************************************************

124/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

【あの一枚】 #253 最後の留置車両@西舞鶴 ナハフ10 27

注文していたモノが1品キャンセルになったとメールが入りました。
今後のために、車体・床下などの構成を見たくてプラ完成品の客車を3種オーダーしたのに。
在庫が無いなら注文欄を開けておくなという話ですよ、まったく!

こっちは欲しくて注文入れてるのに、「入荷の予定がないため、ご注文をキャンセルします」で
済んじゃうんだから、ホント、楽な商売ですよね~。
少ない軍資金で最大限の効果を生むように、ポイント倍率や条件、会計時の使用ポイント数など
考えに考え抜いて、時期を見計らってやっと「注文を確定」ボタンを押したんだぞ!
おかげさまで予定がめちゃくちゃですわ!

来ないものは来ないでしょうがないので、当該車両の画像貼って気を紛らわせます。

***********************************************************************************************

Scn0067_hr100_01_2

1989.8.9 舞鶴線 西舞鶴
NikonF + 50mmF2 HR100

ナハフ10 27 <福フチ> 1986.3廃車。
ギリギリ間に合った西舞鶴最後の留置客車編成の端にはナハフ10がつながれていた。
野ざらしにされてから3年が経過し、傷み具合もかなりのものだ。

駅事務所で名前を書き、黄色いヘルメットをしてから留置線へと向かった。
かなり暑い日で汗びしょびしょになりながら各車を撮って回り、髪の毛はペッタンコになっていた。

今回ずいぶん悩んで、コイツの模型を1両、ディテールのサンプルとして導入しようと思ったのに欠品だと。
次に”思い切る”のはいつになるだろうか・・・。

***********************************************************************************************

Scn0067_hr100_09

1989.8.9 舞鶴線 西舞鶴
NikonF + 105mmF2.5 HR100

窓ガラスも割れて痛々しいが、妻面の窓下の塗装が剥がれて下地の旧茶色塗膜と「C 42-3 長野工」の
標記が見えておりハッとさせられた。

ここに居た旧客は
  ナハフ10 27(青)
・オハ35 493(青)
・スハ43 2433(青)
・オハ46 503(青)
・オハ46 2042(青)
・オハフ33 2028(茶)

と救援車が1両。
お隣の東舞鶴は全て廃車回送された後だったので、とにかく間に合ったことに安堵して、後輩と3人
時間を忘れて撮影に励んだのを思い出す。

翌々日には山陰の旧客解体場所である後藤工場へ踏み込む予定になっていた。

***********************************************************************************************

123/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付け中・・・覚書2015/9/7 模型材料・副資材の棚卸し

あわてて発注したりするとMr.カラーの「赤褐色」なんていうマイナーな色が重複したり、
確かに使うんだけどそんなに要らない「クールホワイト」が4本もあったりするので、
この辺も一度棚卸ししておこうと思います。

***********************************************************************************************

Sr1214401_2

まずはMr.カラーに代表されるアクリルラッカー系塗料。

■Mr.カラー ★=未開封品、☆=使いかけ品、特記なしは半光沢
・No.5 ブルー(光沢) ★
・No.9 メタリックゴールド ★
・No.29 艦底色 ★★☆
・No.30 フラットベース ☆
・No.33 つや消しブラック ★
・No.35 明灰白色(三菱系) ★☆
・No.37 RLM75グレーバイオレット ☆
・No.42 マホガニー ☆
・No.43 ウッドブラウン ☆
・No.44 タン ☆
・No.45 セールカラー ★
・No.50 クリアーブルー ☆
・No.59 オレンジ(光沢) ★
・No.62 つや消しホワイト ★
・No.92 セミグロスブラック ★
・No.97 灰色9号(光沢) ☆
・No.101 スモークグレー(光沢) ★
・No.110 キャラクターブルー ☆
・No.128 灰緑色 ★
・No.131 赤褐色 ★★
・No.181 スーパークリアー半光沢 ☆
・No.183 スーパークリアーグレートーン(つや消し) ☆
・No.188 フラットベースあらめ ★★
・No.189 フラットベースなめらか ★☆
・No.324 つや消しライトグレー ★
・No.335 ミディアムシーグレー ★
・No.GX1 クールホワイト(光沢) ★★★☆
・No.GX2 ウイノーブラック(光沢) ★★☆
・No.GX100 スーパークリアーⅢ(光沢) ★★★☆
・No.GX102 ディープクリアレッド ☆
・No.GX109 クリアブラウン ☆
・No.MC218 アルミ ☆
・No.CG22 レッド(2)(光沢) ★
・No.CK2 瓦色 ★
・No.CK3 漆喰色 ★
・No.CK6 畳色 ☆

・Mr.カラーうすめ液特大 ★
・Mr.カラーレベリングうすめ液110ml ★
・Mr.ツールクリーナー改250ml ★☆
・Mr.カラー真溶媒液250ml ★☆
・Mr.カラーラピッドうすめ液特大 ☆

・Mr.溶きパテホワイト ★
・Mr.サフェーサー500 ★
・Mr.サフェーサー1000 ★★
・Mr.ベースホワイト1000 ☆
・Mr.サフェーサー1200 ★

■ガイアカラー
・No.033 純色シアン(光沢) ★
・No.034 純色マゼンタ(光沢) ★ 
・No.035 純色イエロー(光沢) ★
・No.036 純色グリーン(光沢) ★
・No.037 純色バイオレット(光沢) ★
・No.041 クリアーレッド ☆
・No.051 ノーツフレッシュ (光沢) ★
・No.054 ノーツフレッシュオレンジ(光沢) ☆
・No.222 オキサイドレッド ★
・No.1003 青15号 ★★
・No.1004 ぶどう色2号 ★★★★☆
・No.1005 ねずみ色1号 ★
・No.1006 灰色9号 ★
・No.1007 ダークグレー ☆
・No.1008 クリーム1号 ☆
・No.1010 ぶどう色1号 ★☆
・No.1012 赤サビ(つや消し) ★★☆
・No.1021 コンテナブルー ☆

・No.T-01h ガイアカラー薄め液特大 ☆
・No.T-07h モデレイト溶剤特大 ★
・No.T-09m メタリックマスター大 ★

■ファーベ
・#002 床下グレー ★
・#004 とび色2号 ★★
・#007 黄緑6号 ☆
・#011 青20号 ★★
・#017 ねずみ色 ☆
・#022 淡緑5号 ★
・#027 クリーム10号 ★★

■タミヤ
・ラッカー溶剤250ml ★

***********************************************************************************************

続いてエナメルまでやっておきますかね。

■タミヤエナメル
・X-2 ホワイト ☆
・X-4 ブルー ★
・X-7 レッド ★
・X-8 イエロー ★
・X-12 ゴールドリーフ ★
・XF-16 フラットアルミ ☆
・X-18 セミグロスブラック ☆
・X-21 フラットベース ★
・X-24 クリヤーイエロー ☆
・X-31 チタンゴールド ☆
・X-32 チタンシルバー ☆
・XF-63 ジャーマングレー ★

・X-20 エナメル溶剤大 ★☆

以上、溶剤系塗料の在庫でした。
早く寝ないと!

***********************************************************************************************

122/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

【あの一枚】 #252 急行「あさぎり」 最期の春 ’91

また唐突に飛んで、御殿場線乗り入れのSSE3000形「あさぎり」最期の春からのひとコマ。

ダイヤ改正を二日後に控えた風の強い日、後輩のNS君とSSEを撮りに御殿場線へ繰り出しています。
東山北で降りて山北を抜け、駿河小山を抜け、谷峨まで歩いたキッツイ撮影行を思い出しました。

***********************************************************************************************

Simg665_2

1991.3.14 御殿場線 駿河小山-谷峨
NikonF + 105mmF2.5 SHR100

第二酒匂川橋梁を行く急行あさぎり1号。まもなく特急格上げの上、新型車輌に置き換えられる。
急行「あさぎり」は1日4往復が設定され、朝から夕方まで効率よく撮影できた。
この5連接車がピッタリ載る橋梁も、20m車輌では3両が限界だ。

***********************************************************************************************

ほとんど私鉄には興味の無い筆者でも、母方の祖母の家が小田急江ノ島線の六会(日大前)-
湘南台間の線路脇にあるので、小田急だけは身近な存在でした。
もう20年以上行ってないでしょうか、グーグルアースなどで見ると辺りは開発され完全に住宅地に
なってしまっているようです。
家の前の空き地からこんな写真が撮れた頃が懐かしいです。

Sbw0012_400prx2_08

1989.1.2 小田急江ノ島線 六会-湘南台
AE-1P + 75-200mmF4.5 400PR(2倍増感)

9000形とLSE7000形の離合風景。
自分の一眼レフを持ってからは数えるほどしか訪れていないため、ここで残せた写真は少ない。

幼いころにおばあちゃん家に泊まった夜に聞こえるロマンスカー独特の連接車走行音や、
みんなが寝静まった頃六会を出て力行する電車の吊り掛けモーターの音に寂しくなったことを
今でも鮮明に思い出す。

***********************************************************************************************

121/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付け中・・・覚書2015/9/6 模型パーツの棚卸し

パーツの分類が一通り終わったので、棚卸ししておこうと思います。

予想以上に多く、深型2段キャビネットがすでにいっぱいなりそうです・・・。

***********************************************************************************************

Sr1214394

まずは抽斗の中に仕切りを作ります。

素材はダイソーの間仕切りボード(小)。

***********************************************************************************************

Sr1214395

こんな感じになりました。

幅がほぼぴったり3分割出来ているので有難いです。

***********************************************************************************************

Sr1214396

上の段、、、左にはエコーのパーツ、右はフジモデルほかのパーツ。

どうやって分類するか迷った挙句、無難にパーツ番号順になりました。
使いかけのものにはマスキングテープの切れ端を貼って識別してあります。

■エコーモデル ★=完品、☆=使いかけ品
・No.202 屋根用波板 ★★☆
・No.630 締切りコック ★★★★
・No.648 接触器箱セット(B) ☆
・No.667 車掌車用ストーブ煙突上部 ☆
・No.674 貨車用テールライト ★
・No.697 ラグ板 ★
・No.701 客車用水タンク(一般型) ★★☆
・No.702 客車用水タンク(軽量用) ★☆
・No.705 客車用エアータンクセット(一般型) ★★★★★
・No.707 客車用車軸発電機(一般型) ★★★★★
・No.709 客車用ブレーキシリンダー(テコ付・右向) ★☆
・No.711 客車用蓄電池箱(新型) ★
・No.713 客車用電暖装置 ★
・No.716 客車用弁装置箱 ★
・No.717 客車用発電動機 ★
・No.718 客車用燃料タンク ★
・No.719 ディーゼル発電機 ★
・No.720 洗面所流し管 ★★☆
・No.721 トイレ流し管(新型) ★★☆
・No.722 トイレ流し管(旧型) ★
・No.723 ガーランド型ベンチレーター ★
・No.726 客車用ホロ枠セット(Wメタル製) ★★★☆
・No.728 客車用配電盤カバー(B) ★
・No.730 ホロ枠ステー(Wメタル製) ★★★☆
・No.735 客車用床下機器セット(一般型) ★☆☆
・No.744 客車用ジャンパー栓受(旧型電暖用) ★★★☆☆
・No.745 客車用胴受(旧型用) ★★★★★★★☆
・No.747 客車用解放テコ受セット(座付) ★★★
・No.748 客車用妻ハシゴセット ★★☆☆
・No.759 温風暖房器 ★★
・No.762 ジャンパー栓箱 ★☆
・No.995 細密メッシュ(角型0.4mm目) ☆
・No.1025 電機用ドアーハンドル(新型/貫通用) ★★
・No.1027 電機用ドアーハンドル(旧型/貫通用) ★★☆
・No.1028 電機用貫通ドアストッパー ★★★
・No.1046 暖房管キャップ ★
・No.1218 玉付ハンドル(大) ★
・No.1225 暖房管ホース取付口(一般型) ★
・No.1603 ジャンパー栓受(C) ★
・No.1607 貫通渡り板(平妻電車用) ★★
・No.1613 250W前照灯(Wメタル製) ★
・No.1631 ハンドブレーキホイール(中) ★
・No.1625 デフロスター ☆☆
・No.1637 ヒライ器(B) ★★☆
・No.1649 ATS車上子(S型) ★
・No.1650 ATS車上子(S型)用コネクター ★
・No.1659 コロ軸受フタ ★★
・No.1660 消火器収納箱 ★
・No.1673 貨車用票差しセット ★★★
・No.1677 サボ受・票差しセット(客車用・旧) ★★
・No.1678 区名札差しとエンド板セット(洋白製) ☆
・No.1707 客車用車軸発電機(一般型・リブ付) ★
・No.1712 客車用貫通渡り板(旧型用) ★★★★★★☆
・No.1718 客車用端梁セット(43系・片デッキ車用) ★
・No.1719 客車用端梁セット(61系用) ★
・No.1723 客車用テールライト(一般型) ★
・No.1724 客車用テールライト(座付) ★☆
・No.1725 客車用テールライト(改造軽量型用) ★
・No.1726 客車用テール円板セット ★
・No.1727 客車用ドアーハンドル(開戸用/旧型) ★
・No.1730 ドアーハンドル(開戸用/一般型)メッキ付 ★
・No.1735 蒸気トラップ(上配管タイプ) ★
・No.1780 ハンドレールノブ(0.9mm高) ★
・No.2104 客車用妻板(丸屋根用) ★
・No.2613 アンチローリングダンパー(C) ★
・No.2629 尾灯掛 ★
・No.2637 窓ガラス板(クリアー)0.3mm厚 ☆
・No.2641 ジャンパー栓受(床下用/3連閉) ★☆
・No.2655 注水口 ★
・No.2660 郵便マーク入窓ガラスセット ★★
・No.2696 パンタ引込母線 ★★
・No.3601 窓ガラス板(ポリカーボ)0.25mm厚 ★☆
・No.3603 エアーホース ★★☆
・No.3604 アングルコック ★★☆
・No.3606 エアーホース(コックなし) ★
・No.3607 アングルコック(左向) ★
・No.3609 内ばめ式テールライト ★
・No.3610 円板取付式テールライト ★
・No.3611 ホイッスル ★

・No.B-1461s 細密ビスナベM1.4x6mm(sタイプ) ★
・No.B-1481s 細密ビスナベM1.4x8mm(sタイプ) ☆
・No.B-2061s 細密ビスナベM2x6mm(sタイプ) ☆
・No.B-2081s 細密ビスナベM2x8mm(sタイプ) ★
・No.B-2082 細密ビス皿M2x8mm ★

■エンドウ
・#2016 直流避雷器 LA16 ★
・#2518 C'型無線アンテナ(EF63用) ★
・#5821 エアーホース ☆

■KATO
・Z35-5359 オハネフ25 ホロ ★

■IMON
・HO-101 IMONカプラー10P ★☆
・HO-105 IMONカプラー1P ★★
・HO-109 IMONカプラー1P ★
・HO-205 IMONカプラー1P ★
・HO-209 IMONカプラー1P ★
・HO-231 IMONカプラー10P ★
・PA1023 PS17IIホーンシューパンタ ★★
・PA3001 直流碍子 ★★
・PA3101 直流碍子1mmネジ用 ☆
・PA3103 パンタ引込用碍子1mmネジ用 ★
・BD5022 エアーホース右 ★☆

■いさみや
・割ピン0.6mm★
・ガーランドベンチレーター(大)5個 ★

■珊瑚模型
・No.913-1 割ピン極細 ★

■安達製作所
・S542 ブレーキハンドル大 ★

■TOMIX
・HO-S07 GPSアンテナ ★

■天賞堂
・No.1013 EF62・63C'型アンテナセット ★

■フジモデル
・妻ハシゴセット ★
・No.1008 客車屋根上ステップ ★★★☆
・No.1010 (客)キャンバス止め ★
・No.1012 客車用縦樋A(じょうご付) ★★
・No.1014 客車用雨樋(キノコ妻用) ★★
・No.1015 客車用縦樋B(じょうご付折妻用) ★★
・No.1016 (客)新型ステップ①(塗)マニ・スユニ50他 ★
・No.1017 (客)新型ステップ②(塗)マニ30 2007~他 ★
・No.1202 客車用蓄電池箱(2連) ★★
・No.1205 客車用蓄電池箱(新型) ★
・No.1209 客車用冷房装置(KM-3) ★
・No.1210 冷房用発電機(KM-3) ★
・No.1300 出入口標示灯(A) ★
・No.1379 出入口標示灯③(スロ60・マロネ40他) ★
・No.1393 (客)窓保護棒(広) ☆
・No.1394 (客)窓保護棒(小) ★★★
・No.1420 車輌銘板①(日本国有鉄道) ★★☆
・No.1421 車輌銘板②(郵政省) ★
・No.1423 車輌銘板④(JR東日本) ☆
・No.1425 工場銘板①(北海道・東日本) ★★★☆
・No.1426 工場銘板②(西日本・九州) ★★☆
・No.1427 票差しセットA(客車用・旧) ★★★★★★☆☆☆
・No.1428 票差しセットB(客車用・旧) ★★

■KSモデル
・No.852 サボ受けセットA(大・小) ★★★★☆
・No.853 サボ受けセットB(大・小) ★
・No.933 (14)クツズリ(荷物扉用)1800mm(ステンレス網目模様) ★
・No.961 列車無線アンテナ(電話アンテナ) ☆
・No.987 テールケース レンズ付(客車用) ★★
・No.990 テールケース レンズ付(客車マニ50等) ★★

■工房ひろ
・No.0151 製造所銘板セット(日本国有鉄道10、製造所10) ★★☆
・No.0168 省銘板セット(運輸、郵政、逓信、鉄道各4) ★
・No.0210 荷物車妻板セット(窓無・ステップ縦) ★
・No.0510 屋根水槽水口セット ★
・No.0518 等級表示灯(一般型) ★

■日光モデル
・ブレーキ装置セットTR11・23用 ★
・木製床板用センターピン ★15☆
・10.5φスポーク車輪ピボット軸 ★

■ボナファイデプロダクト
・PH-003 EF65 1000番台初期車用前面ステップ ★
・PH-006 新型EL用製造銘板1&ヘッドマークステー ☆
・PH-011 EF58用ヨロイ戸エアフィルター ★
・PH-017 EL用ワイパーセット(KW3・WP35・WP50) ★★★☆
・PH-022 EF58用ナンバープレート ★
・PH-027 EF58用ヘッドライトI(ハチマキタイプ) ★☆
・PH-029 EF58用旧型テールライト ★★
・PH-030 EF58用新型テールライト ★★
・PH-034B 旧型EL用製造銘板(洋白) ★
・PH-035 ベンチレーター台座 ★
・PH-042 EF58用上越型Hゴム窓つらら切りセット ★
・PH-046 EF58用ホイッスルカバー(大型) ★
・PH-044 EF58EG表示灯(旧型タイプ) ★★
・PH-088 EF64 76・77号機用エアフィルター ★
・PH-118 新型国電用作用管ホース止め(φ0.3) ★

■モデル8
・No.7563E パンタ・床下機器用銘板 ★
・No.7567E 国鉄・工場銘板 ★
・No.7568E 製造所銘板 ★

■レボリューションファクトリー
・No.234 割りピン0.35mm ★
・No.235 割りピン0.4mm ★
・No.240 縦型割りピン0.3mm ☆
・No.433 タブレット保護柵 ★
・No.498 割りピン0.6mm ☆
・No.718 製造銘板 川崎 青15号 ☆
・No.2037 客車用サボ受け ★★

■トミモリ
・SUSナベ小M1.0x2 ★☆
・SUSナベ小M1.0x3 ★★
・SUSナベ小M1.4x2 ★☆
・SUSナベ小M1.4x3 ☆
・SUSナベ小M1.4x4 ☆
・SUSナベ小M2x3 ★
・SUSナベ小M2x4 ★

***********************************************************************************************

Sr1214398

下の段、、、ダイソーの仕分けBOXを二つ並べて入れてあります。

TOMIXのガラベンと日光の台車でほぼ占領されていますね。。。
これ以上増えるなら台車は他へ退避させるとか、同じタイプのキャビネットを増備することも
考える必要がありそうです。

■エコーモデル
・P-0503 細密パイプφ0.5xφ0.3 ☆
・P-0604 細密パイプφ0.6xφ0.4 ★
・P-0705 細密パイプφ0.7xφ0.5 ★
・P-0805 細密パイプφ0.8xφ0.5 ★
・P-1210 細密パイプφ1.2xφ1.0 ★

■AXIA
・CP-02 精密肉薄真鍮パイプφ0.2xφ0.1 ★
・CP-03 精密肉薄真鍮パイプφ0.3xφ0.13 ★
・CP-04 精密肉薄真鍮パイプφ0.4xφ0.23 ☆
・CP-05 精密肉薄真鍮パイプφ0.5xφ0.33 ★

■WAVE
・Cパイプ No.2 φ1.1xφ0.93 ★

■TOMIX
・HO-R05 ガーランド型ベンチレーター ★★★★★★★☆☆☆
・HO-R06 ハーフガーランド型ベンチレーター ★★★★★★

■フジモデル
・No.5011 マロネ(マイネ)40用床下機器セット ★
・No.5012 マイネ40(両デッキ用)床下機器セット ★
・No.5013 マロネ40(近代化)床下機器セット ★

■エンドウ
・#5525 キハ181・スハフ14電源用ディーゼル発電機 ★★

■KATO
・1-505D 台車TR47 ★
・1-511D 台車TR23 ★★★
・1-517D 台車TR55 ★★★

■日光モデル
・TR-73 ★★★
・TR-71 ★
・TR-60 ☆
・TR-53 ★
・TR-50 ★★
・TR-47 ★
・TR-34 ★
・TR-23 ★★
・TR-11 ★

■インレタ類
・TOMIXメタル HO-Z68 14系寝台用 ☆
・TOMIXメタル HO-Z92 EF81用 ☆
・TOMIXメタル HO-Z94 14系15形用 ☆
・TOMIXメタル HO-153・154 EF62用 ★★☆

・くろまや 0001 エンド・▼標記 ☆☆
・くろまや 0012 乗降口窓ガラス標記 ★
・くろまや 0015 床下標記(消火器) ★
・くろまや 2114 検査標記 ★
・くろまや 3001 一般型客車形式車番 ★
・くろまや 3002 客車形式記号 ★
・くろまや 3003 客車形式記号 ★
・くろまや 3004 客車形式記号 ☆
・くろまや 3006 旧型客車車輌番号 ☆
・くろまや 3007 12系客車番号 ☆
・くろまや 3101 客車標記文字 ☆
・くろまや 3105 客車定員荷重標記 ☆
・くろまや 3106 旧型客車検査標記 ☆
・くろまや 3110 客車所属標記 ★
・くろまや 3114 客車所属標記 ☆
・くろまや 3115 客車所属標記 ★
・くろまや 3116 客車形式標記汎用 ☆
・くろまや 3117 客車換算標記汎用 ☆
・くろまや 3201 客車デッキ表示 ★
・くろまや 3202 客車一等寝台標記 ☆
・くろまや 4101 電気機関車標記 ☆
・くろまや 4116 EF62床下機器記号 ☆

・BF MH-001 EF58用標記 ★

・IMON L-811 グリーンマーク ☆☆

・RF 2051 体質改善車標記 ☆
・RF 2058 等級標記 ★
・RF 2313 EF62床下標記 ★

・ネコパブ マニ50標記 ★☆ 

**********************************************************************************************

結局昨日一晩では終わらず、今日休みの昼まで掛かりました(汗)
完全に過剰・・・用も無いのに買ったものが多すぎるなぁ。
エクセルに写して金額入れようかと思ったけど、合計金額見たら頭痛がしそうだからやめました。

とりあえずこれで細かいパーツの在庫リストが出来たので、何か買う前にはちゃんと確認したいですね。
KATOのEF58用のパーツはほぼ揃ってるみたいだから、財政非常事態になっても当分遊べそう♪

あとは模型材料、副資材、塗料なんかも棚卸ししておいたほうがいいかもね。
キレイになった机で早く作業再開したいところです。

**********************************************************************************************

120/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

【あの一枚】 #251 京成スカイライナーAE100 甲種 ’90

昨日の「江戸」のシーンを見て思い出したのですが、その後何週間もしない間に「レインボー」の
茅ヶ崎回転を撮ってるはずなのにネガが無いんです。
おぼろげに浮かんでくるのが、たしかその前後に修学旅行があったこと。
そして今、その修学旅行のネガが丸ごと無いということ。

現像上がりの順にナンバリングしているのですが、見ると該当する欠番が無い。
ファイルした時点でごっそり抜けてるという事実が今になって発覚した感じです。
そういえば当時、担任に修学旅行のネガを貸した記憶がある。。。戻ってきたのかな?
少なくとも2本、多ければ36枚撮り3本、実家のアルバムに挟んであるのか?
実家に帰った時に探してみたいと思います。

せっかくネタを見つけたと思ったのに、残念。。。
ということで、今日は甲種でも。

***********************************************************************************************

Simg289

1990.5.27 東海道貨物線 茅ヶ崎
T90 + 80-200mmF2.8 HG200

茅ヶ崎の貨物中線で小休止中の京成スカイライナーAE100形の新製甲種輸送列車。
先頭に立つのは稲沢区のロクゴ67号機だ。

編成モノの輸送では先頭車を中間に組み替えるのが通常だが、AE100の中間車は半永久連結器で
つながれているため、このように編成そのままに狭軌の仮台車を履かせて輸送された。
もちろん両端を「ヨ8000」でガードしているが、先頭の防汚シートは掛けられていないようだ。

中間テストの真っ最中だったが日曜に当たっていたため何かしらの理由をつけて外出している。
夕方のスジで逆光なのが残念だ。
基本、私鉄車両(特に広軌)には興味が無かったので営業運転中の姿を見たことも無い・・・。

***********************************************************************************************

119/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

【あの一枚】 #250 シナ座「江戸」 茅ヶ崎にて ’88

あーもうネタが思いつかない、、、あとはみんな【Side B】か”貨物”じゃないだろうか。。。

今日はとりあえず「江戸」で。

***********************************************************************************************

Scn0050_gx100_02

1988.10.20 東海道本線 茅ヶ崎
AE-1P + 75-200mmF4.5 GX100

茅ヶ崎2番線に到着した「江戸」、相模線からの列車に見えなくもないがこれはちょっと珍しいタイプの運用。

この時は茅ヶ崎から新鶴見~武蔵野線経由で常磐ハワイアンセンターへ行く団体さんだった。
通常、茅ヶ崎での乗降ならば来宮までの回送を設定して東海道ホームで客扱いするのが一般的だが
往路復路とも微妙にラッシュの時間帯に掛かるためか、鶴見での客⇔貨スイッチを使わずに貨物線で
直接茅ヶ崎回転する運用が組まれて、この2番線が客扱いホームとして利用された。

辻堂~川崎間の乗降で茅ヶ崎回転の運用はよく見られたが、このタイプは他に例が無い。

***********************************************************************************************

Scn0050_gx100_03

1988.10.20 東海道本線 茅ヶ崎
AE-1P + 75-200mmF4.5 GX100

牽引機はPF1102号機。
客扱いを終えた編成はそのまま中線へ転線し、機回しして品川への帰投を待つ。

こんな何気ない客車列車の入換シーンも完全に過去のものになろうとしている。

***********************************************************************************************

118/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

【あの一枚】 #249 相模線キハ使用団臨 ’90

キハ特集というわけでもないのですが、東海道線まで進出した相模線のキハが花火号の他にもありました。

詳細は覚えていませんが、ひまわり号か何かで相模線内から来宮まで行っています。
今思えば平塚先端でもいいから東海道線内での走りを撮っておくべきでした。。。

***********************************************************************************************

Simg5331

1990.11.18 東海道本線 茅ヶ崎
T90 + 80-200mmF2.8 TMY

キハ35 165ほか4連の列車が乗客を乗せたまま中線まで転線し出発を待つ。
トイレ対策でキハ35ばかりの編成になっているようだ。

個人的にはタラコ色よりもこちらの方が馴染みがあって好きだ。
自分が見られた期間はタラコ(約4年)もクリーム(約4年)もほとんど変わらないのだが。。。
一番テツしてた時期がこれだから必然的に撮影機会も多かったためだろうか。

***********************************************************************************************

117/365

| | コメント (3) | トラックバック (0)

片付け中・・・覚書2015/9/3  電子部品の棚卸し 

模型机周辺の片付けのつもりが、ちょっと大げさに展開しはじめたら収拾が付かなくなって・・・。
まぁ、こんなことでもなければ一向に片付かない場所ですからちょうどいいと思って進めましょう。

エコーモデルをはじめとしたパーツ類がどんどん増えており、袋にまとめての管理が難しくなっているので
キャビネットを用意したいと思います。
10年も前の電子工作部品ストック用に使っていたものがちょうど良さそうなので流用決定。
まずは入っている電子パーツの棚卸しをしてダンボールへ退避といきましょう。

***********************************************************************************************

Sr1214387

エコーやフジモデルなど、ほとんどのパーツを立てて入れられるのが良くてこれにしました。

***********************************************************************************************

Sr1214389

まずは最大勢力のカーボン抵抗。

■1/4W
・0Ω
・150Ω
・180Ω
・200Ω
・220Ω(RD25SJ)
・240Ω
・330Ω
・390Ω
・560Ω
・620Ω
・820Ω
・2kΩ
・3.3kΩ
・3.3kΩ(RD25SJ)
・8.3kΩ
・10kΩ
・33kΩ
・47kΩ(RD25SJ)
・100kΩ(RD25SJ)
・220kΩ

■1/6W
・220Ω
・1kΩ
・1.5kΩ
・4.7kΩ
・5.6kΩ
・47kΩ
・100kΩ
・680kΩ

***********************************************************************************************

Sr1214390

ダイオード類。

■汎用整流ダイオード
・1000V 1A (1N4007) 約100個
・100V 1A (1N4002) 8個

■汎用高速スイッチングダイオード
・100V 0.2A (1N4148) 約100個

■ブリッジダイオード
・1000V 1.5A (DI1510) 40個
・200V 0.4A (S1YB20) 18個

■定電圧ダイオード
・5.1V 5W (1N5338B) 10個
・5.1V 0.5W (RD5.1E-B2) 18個
・6.2V 0.5W (RD6.2E-B2) 19個
・6.8V 0.4W (RD6.8JS-T1) 20個

■定電流ダイオード
・25V 10mA (E-103) 約50個
・25V 15mA (E-153) 約50個

***********************************************************************************************

Sr1214391

トランジスタ、コンデンサ他。

■トランジスタ
・2SA1015 16個
・2SA1015Y 9個
・2SA1815 20個
・2SA2531 6個

■コンデンサ
・10V 47μF 10個
・25V 10μF 6個
・25V 100μF 3個
・25V 220μF 3個
・50V 10pF (表面実装用) 20個
・50V 0.22μF 3個
・50V 1μF 9個

■汎用オペアンプ
・UA741CN (シングル) 4個
・LM358N (デュアル) 5個

■3端子レギュレータ
・NJM7805 (TO-220F) 4個

■タイマー
・LM555CM 10個

***********************************************************************************************

Sr1214392

スイッチ、リレー、ボリューム、PIC他。

■基板実装用DIPスイッチ
・8P(表面実装用) 2個 
・8P 2個
・4P 3個
・2P 約60個

■基板実装用リレー
・12V G5V-2 6個
・5V G5A-237P

■基板実装用ボリューム
・50kΩ 1個
・5kΩ 5個
・1kΩ 9個

■リセッタブルヒューズ
・60V 0.5A 4個

■セラミックコンデンサ
・50V 0.1μF 10個

■セラロック(コンデンサ内蔵)
・10MHz 3個

■PICマイコン
・PIC16F84A 4個
・PIC12C509A 1個

■端子台
・18P 10個

***********************************************************************************************

Sr1214393

LED類。

■1608サイズ
・SANYO SLC-0B126A-T1 (青) 20個
・不明 (白) 約40個
・不明 約100個
・不明 約20個

■2012サイズ
・パラライト L-C170LBCT (青) 10個
・不明 (白) 約40個

■3216サイズ
・不明 (白) 約40個
・不明 約50個

■3025サイズ
・スタンレー BRPY1204W-1-TR (赤・緑) 約100個

■5mm砲弾
・3.6V 20mA 10000mcd (白) 約20個
・3.6V 20mA 15000mcd 20°(白) 約50個
・3.6V 20mA 20000mcd 20°(白) 約100個
・3.4V 20mA 4000mcd (青) 約50個
・不明 (ピンク) 約30個
・不明 (オレンジ) 約50個
・不明 (電球色) 約100個

■5mm平頭円筒
・3.4V 20mA 1500mcd (白) 約15個
・3.4V 20mA 4000mcd 120°(白) 約50個
・3.4V 20mA 4000mcd (白) 約50個
・不明 (電球色) 約50個

■10mm砲弾
・3.4V 20mA 60000mcd (白) 約30個

■FLUX
・3.6V 60mA 15lm 160°(白) 約20個
・3.6V 30mA 700mcd 160°(白) 約10個
・3.6V 30mA 3000mcd (白) 5個

■3mmFLUX
・3.7V 20mA 1300mcd 70°(白) 約30個
・2.2V 20mA 1800mcd 70°(赤) 約100個

まだどっかで見たなぁ・・・LED。
使う予定も無いからとりあえずまとめてダンボール行きだ。

***********************************************************************************************

で、こんなモノで何やってたかというと、車イジリです(汗)
今でこそメーターが有機ELになっていたり、スモールやテールがLEDだったりしてますが、十数年前はまだ
珍しい部類のものだったんですね。そこで電球をLEDに打ち替えたり、室内灯をLEDで夜でも新聞が
読めるくらい激明るくしたり、メーターのLED化なんてのもやってました。
ミラーウインカーなんていう外車にしか無かったものも作ってみたり、楽しかったですね。

Sp1020648

仲間内では私が作る青いメーターが流行ってました。。。懐かしい。

***********************************************************************************************

Sp10206172

懐かしついでに当時の愛車でも。。。2006年10月、日光にて。

***********************************************************************************************

Sp10206162

一番いじくり回したクルマ・・・今でもどこかで走ってるんでしょうか。
結婚する前に手放して、そのあと一度だけすれ違ったことがありますね。
あの時は感動とビックリとで、隣にカミさんいるのに叫んでました(汗)

クルマ遊びはもう出来ないんだろうなぁ。。。

***********************************************************************************************

116/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

【あの一枚】 #248 茅ヶ崎←→東洋のナポリ キハ30花火号

ネタが無い無いと言いながらもポロポロと出てくるのでとりあえず続いてるテーマ「茅ヶ崎」、
今夜は’86年夏の相模線キハによる熱海花火臨から。

***********************************************************************************************

Scn0017_hr100_13

1986.8.10 東海道本線 茅ヶ崎
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

手作りマークも装着され、花火大会に向けて気分も盛り上がる。
大々的に宣伝されていたわけではないが、浴衣を着た人も結構乗っていた。

このマークステーはやっぱり「アレ」のために作ったやつの流用だろうか。

***********************************************************************************************

Scn0017_hr100_14

この気合の入れようが嬉しいじゃない♪

「2番線停車中の列車は、臨時の花火号熱海行きです。お乗り間違えのないようご注意ください。」

キハで貨物線ぶっ飛ばすなんてオツですね。
冷房なんか付いてないから窓全開だし、隣の人との会話もままならないでしょうに。
だからお互い聞こえるように寄り添っていい感じ? いや、暑くて汗ダラダラ?
しまいには浴衣に結い上げた髪が、風で熱海に着くころにはボッサボサ?
そのせいか、JR化後には運転されませんでした。

***********************************************************************************************

115/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

【あの一枚】 #247 相模線からの14系団臨 ’86

テーマ「茅ヶ崎」、もう少し続けられそうです。

今日は14系。相模線経由で茅ヶ崎に出て貨物線を上って行く列車でした。

***********************************************************************************************

Scn0009_hr100_13

1986.5.4 東海道本線 茅ヶ崎
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

2番線で東京方にPF1116号機を連結し出発準備の整った14系6両。
後ろにはまだ牽いてきたDE10が居るのが見える。

このゴールデンウイークは5月3・4日(土・日)に厚木駅で相模線ふれあいフェスが開催され
構内で車輌の展示会などもあり、前後の展示車回送列車、橋本-茅ヶ崎間を2往復した12系3連の
臨時普通列車、この14系団臨と普段は気動車だけの相模線に連日客車列車が走った。

ずっと天気が悪く、これも駅撮りだけで終わってしまったのが今となってはもったいない。
東海道に出ちゃえば単なるPF+14系ですからね・・・。

***********************************************************************************************

114/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

【あの一枚】 #246 相模線 積シキ3連 ’92

テーマ「茅ヶ崎」で進めている【あの一枚】ですが、なかなか難しいお題でありまして、パッと思いつきません。

今夜は相模線を走った積車の低床シキ3連(シキ550x3?)を出してみたいと思います。
夜の盛りスジかと思ったら米タン輸送や相鉄甲種で使う臨貨スジで運転されました。

***********************************************************************************************

Simg11752

1992.10.24 相模線 茅ヶ崎-北茅ヶ崎
AE-1P + 50mmF1.8 1/250 f.4.0 RDP

最悪の天気の中、自宅からチャリで国道1号線のオーバークロスにやってきた。
こんな天気なので茅ヶ崎停には行かずにここだけで済ませたようだ。
しかしまぁひどいアングル、、、電化されたの忘れてました?

そういえば、この日は土曜日で大学の講義は休みだが、前々日に頭痛とのど痛で初めて休んだ。
この雨の中の撮影行のせいかどうかは判らないが、この後木曜日まで熱とのど痛でぶっ倒れてたんだ。
たしかこの時も相当無理して出てきたような気がする。。。
それでいて結果がこれじゃあ、家で寝てろって話だ。

ところで、どこに運んだんだっけ?
相鉄の変電所だったかなぁ。

***********************************************************************************************

113/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »