« 【あの一枚】 #262 ブルトレのイメージ | トップページ | 【あの一枚】 #264 白坊主 ホリデーパル上京 »

2015年9月19日 (土)

【あの一枚】 #263 捨てたと思っていたネガから

また今夜も模型やってる時間は無さそう・・・。

先日実家から持ってきたものの中に、今さらどうしようもないモノがあります。
それと、捨てたとばかり思っていた「初めて現像したモノクロフィルム」がロールのまま出てきました。
No.0001とシールされたトライXと、No.の無い(0002のはず)ネオパン400プレストです。

今日は急遽そのフィルムをスキャンして、一枚ご紹介しましょう。
しかしまぁ、捨てたと思っていたので、いつの被写体なのかも記憶にありません。。。

***********************************************************************************************

Sr1214488

まずはコイツら・・・未現像のフィルムが5本ありました。
C-41処理の出来るカラーのインプレッサはともかく、モノクロは道具も無いし現像無理でしょう(泣)
一番左のテクニカルパン2415なんか、もう現像液とか無いんじゃないのかなぁ。
第一、ネガに潜像残ってないかも? うーん、何が写ってたんだろう。。。

たしかテクニカルパンは’89夏の山陰留置旧客の形式写真だったような気がする。
その他は全く予想もできない。
見つけなければ良かったかも、、、なんか諦めがつかないね。

***********************************************************************************************

Simg12127

1988.7 東海道本線 辻堂-藤沢
AE-1P + 75-200mmF4.5 TX

1本目のモノクロは適当に景色を撮っただけという記憶があったのに、しっかりテツもしていた。
PF牽引の「踊り子」や「さくら」、オリエントサルーンも写っている。

その中で、こんな列車があったことすら覚えていなかった211系の七夕号が自分的には新鮮だ。
毎年この時期は期末テストの真っ最中なので、お忍びで撮りに出たのだろう。

フィルム全体にわたって現像ムラがひどいが、ここまで見られる画像になった。
25年以上フィルムケースに入れっぱなしの丸まり具合が尋常ではないものの、捨ててなくて良かった。

***********************************************************************************************

136/365

|

« 【あの一枚】 #262 ブルトレのイメージ | トップページ | 【あの一枚】 #264 白坊主 ホリデーパル上京 »

1988年」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

【あの一枚】 思い出の写真から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【あの一枚】 #263 捨てたと思っていたネガから:

« 【あの一枚】 #262 ブルトレのイメージ | トップページ | 【あの一枚】 #264 白坊主 ホリデーパル上京 »