« 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #8 | トップページ | 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #10 »

2015年6月22日 (月)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #9

自家製レジンフィルタを接着して1次形ボディがカタチになりはじめました。

助手席側の短縮水きり加工、屋根上の加工などが終わっています。
1回目のサフェーサーを吹いてボディ表面のチェックまで。

***********************************************************************************************

Sr1214082

屋根上の水切り形状が違うので0.4x0.5mmのプラ帯板でスクラッチ。
車体中央部が薄くなっているので、この後削ります。

***********************************************************************************************

Sr1214083

続けて助手席側水切りの短縮加工。

0.28x0.84mmのプラ帯板で形状を作り接着しています。
あまり短いと加工が難しいので扉の右ラインで切断して接続させました。

***********************************************************************************************

Sr1214085

サフェーサーを吹いた後、ホイッスル部分の穴あけとカバー台座の表現です。
台座は0.4x0.5mmプラ帯板を細かく刻んで接着してあります。

***********************************************************************************************

Sr1214086

今後のために1次形の屋根上穴あけ位置の記録を。。。
2エンド側はこれに旧アンテナ用の穴が加わりますね。

・エコーのホイッスル穴(0.5mm)は中央寄りの屋根上手すりの上穴のラインで、屋根上水切りの角の真下。
・エコー信号炎管(1.0mm)はホイッスルと同じラインで、パンタ下FRP屋根用凹みモールドの角の真下。
・エコーの避雷器用の穴(2mm)は左ライトの中心真上で、凹みモールドと水切りラインの中間。
・パンタ作用管出口(0.3mm)は信号炎管穴右ラインに合わせて、水切りと信号炎管穴の中間。
・作用管支え(0.5mm割ピン)は作用管出口の横ラインで、左ライトの右端の真上と、車体中央、さらに
FRP屋根用の凹みモールドと水きりの中間で、左手すりの下側の穴の真上ライン。
・旧アンテナ用ケーブル出口は水きりと左ライトの先端の中間ラインで、左ライトの中心真上。

**********************************************************************************************

085/365

|

« 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #8 | トップページ | 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #10 »

模型」カテゴリの記事

--EF62 22(荷レ末期仕様)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #9:

« 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #8 | トップページ | 【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様)改 22号機 #10 »