« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #19

やっと週末から先日撮った中学サッカーの写真展が始まり、またすぐ秋の野球撮影が迫っているので、
ロクニ2台の竣工はまだ先になりそうです・・・。

空いた時間に少しでも進めておきたいところ。
とりあえず2台分の貫通ドアを仕上げました。

***********************************************************************************************

Sr0012907

11号機の扉をボディに合わせて塗りわけ完了。

はめ込むときに頭がつっかえるので若干削ってみた。

***********************************************************************************************

Sr0012911

手前11号機用、奥が54号機用。

11号機のはクリーム色を厚塗りしすぎてエッジがだれてるなぁ。
窓部分は表面も厚み部分もあらかじめ1000番のペーパーでよく均してからブルーを吹いた。
前回試しにガラスを入れたときに窓エッジのブルー層が剥がれる事故を起こしているので。。。

***********************************************************************************************

Sr0012913

イイネイイネ、雰囲気出てきたよ~♪

2エンド助手席下のATSマークが上下逆さに転写されてるのは秘密・・・。
もうどうにもなりません。

***********************************************************************************************

304/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

EL&SLシルク両毛号 試運転 #3

本日、3回目の試運転も晴天に恵まれたので、昨日よりちょっと頑張ってみました。
復路SLは完全に放棄・・・家のPCの不具合の原因追究です。

***********************************************************************************************

Simg_13481_2

2014.10.30 両毛線 駒形-前橋大島 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1250 f.6.3 ISO:250 W/B:AUTO

まもなく刈り入れの始まる田んぼを横目に複線区間を行く試9631レ。
編成と架線柱のスパンを気にしていたら上を向き過ぎた。

どうやら本番は天気が悪そうだ・・・。

***********************************************************************************************

S501

2014.10.30 両毛線 伊勢崎-駒形 試9631レ
EOS60D + 400mmF5.6 1/1000 f.5.6 テレコンX1.5 ISO:400 W/B:AUTO

今日もここで別アングルを模索。
でもやっぱり「90」の標識がどうにもならない(泣)
柵越しの撮影なのでライトに線引きが出てしまった。

アングル的にはもう少し右に寄ったらいいのかな。
「90」は車体に掛からなくなりそうだけど、そうするとクネクネのバランスが良くないね。
これがベストなんだろうけど、せめて「90」が裏向きだったらなぁ。

どうすればいいんだろう。。。
そうか、ここで撮らなければいいのか(爆)

***********************************************************************************************

Simg_13631_5

2014.10.30 両毛線 下新田(信)-桐生 試9631レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/800 f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

最後は桐生手前のカーブにて。
伊勢崎を過ぎると正面に陽が当たらないから、どこでやっても一緒だろう。
今回は鉄橋出口の通路が出入り禁止になったのでこれといった見どころが無い。

返しのSLはやらずに、帰ってPC調整だ。。。結果こうして快適に戻ったからよかった。
半日分の撮影画像データをSDカードからPCへコピーするのに1時間とか、おかしいだろ!
USB1.1とか2.0とか、そういう問題じゃない。
フォトショップでの画像調整もワンステップごとにものすごく時間がかかってイライラする。

PIO病を疑ってみたがIDEなんかとっくに使ってないし、設定もDMAになってるし・・・。
最終的に突き止めた原因はSATAのケーブル。
古いものでもないのに中で一部断線か接触不良を起こしているようだ。
IDEのコネクタほど神経質にならなくていいかと思ってたのに、見事に裏切られた。

さぁ、本番どうする?

***********************************************************************************************

303/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

EL&SLシルク両毛号 試運転 #2

2回目の試運転はPトップがお供です。
仕事前にちょこっとだけ・・・。

***********************************************************************************************

Simg_13111

2014.10.29 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 50mmF1.8 1/800 f.5.6 ISO:125 W/B:AUTO

毎度おなじみ出区の機走線から。

***********************************************************************************************

Simg_13151

2014.10.29 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 50mmF1.8 1/640 f.5.6 ISO:125 W/B:AUTO

これもいつも通りだ・・・。

***********************************************************************************************

Simg_13381

2014.10.29 両毛線 伊勢崎-駒形 試9631レ
EOS60D + 400mmF5.6 1/1000 f.5.6 テレコンX1.5 ISO:640 W/B:AUTO

桃の木川を越えてS字を描きながら緩やかな築堤を駆け下りるPトップ。
珍しくアングル内にテツが居なかったのでここに決めた。
でも”イイトコロ”にBOXと標識、バックに家があってこんなまとめ方になってしまう。
本当ならばもう少しアタマがカクンとカーブに乗ったほうがいいのだが・・・。

Simg_13221

「ここしかない!」って場所に90の標識があるんだよね・・・。(400mm)
手前まで引っ張るとカマの上に洗濯物がはためく素敵なシーンになりそう。。。

すでに定番イセ-コマでは田んぼに臨時駐車場が開設されて路上駐車は出来なくなっていた。
すぐに仕事に向かいたいので車にもインターにも近いここで仕留めて、後ろ髪を引かれながらも出勤。。。
今日はしょうがない、次頑張りますかね。

***********************************************************************************************

302/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

【特集】 惜別 EF62 #18

1996年のジョイフルトレインをもう一回やって、いよいよ’97年へと参りましょうか。

***********************************************************************************************

Sg400_04

1996.10.1 信越本線 御代田-平原 9313レ
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/500 f.4.5 G-400

珍しく盛岡の「ふれあいみちのく」が入線して46号機が牽引したが残念ながらドン曇り。
もしものためにカラーネガも使って3台体制で臨んだ。

二日前には同じく46号機の「レインボー」を撮りにここへ来ている・・・。
御代田からも結構歩くのによくやってたなぁ。

***********************************************************************************************

Simg5941

1996.10.10 信越本線 平原 9312レ
EOS630 + 50mmF1.4 1/750 f.5.6 XP-2

体育の日で休みの木曜日、高崎で鳥めし弁当を買って平原駅前(?)のあぜ道で優雅にお昼ご飯。
薄い雲がかかったりしていたが、43号機牽引の「江戸」が通過するころには完全に晴れてしまった。

テツじゃない同級生が50mmF1.4を貸してくれたので、撮影行に持参して使ってみた。
やっぱりしっかりした作りでF1.8のプラ鏡筒レンズとはひと味違うと感心。
でも購入には至らず、レンズを買うなら1本でも多くフィルムに回したいというのが本音だった。

***********************************************************************************************

Simg5955_2

1996.10.14 東北本線 日暮里 推回9341レ
EOS630 + 50mmF1.8 1/500 f.4.5 XP-2

鉄道の日、旧客6両+12系2両のレトロ編成を使用した「レトロトレイン碓氷峠号」が運転された。
46号機に押された推回が上野を目指す。12系を隠すためにここへ陣取った。

天気が良くなかったので近場の駅撮りだけで済ませる予定が・・・。

***********************************************************************************************

Simg6054

1996.10.14 信越本線 松井田-西松井田 9341レ
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/500 f.4.0 G-400

雨まで降ってきたのに松井田の河原に居るってどういうこと?

大宮と宮原の停で遊んだあと帰ろうとしたら高崎線下りが抑止中、途中大宮で下りの「あさま」がちょうど停まってたから乗っちゃったという寸法・・・って、どんな寸法だ。
せっかくここまで来たのに返しはやらずに帰るとか、ちょっと何考えてたか判らない。

***********************************************************************************************

これでだいたいジョイトレ関連は全種出たでしょうか。
あとは’97年の「オリエントサルーン」と「緑のカヌ座」くらい?
この後も年内に「なごやか」や「江戸」、「レインボー」を撮っていますが、同じような画ヅラ並べてもしょうがないので、これにて’96年は終~了~。

それまで撮れずに泣いたジョイトレネタは数知れず・・・。
46号機の新・旧「サワ座」、49号機は「ユーロ」に茶色くなった「ミト座」も牽いてますね。
54号機の真っ赤な「旅路」はキレイに晴れたって聞いた、ショック(泣)
逆に工臨はあんまり興味なかったかも、、、53号機のホキくらいしか撮ってないや。
新幹線レール輸送くらい行っておけばよかったな。。。

***********************************************************************************************

301/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

EL&SLシルク両毛号 試運転 #1

今年も両毛線SL運行が近いということで、本日1回目の試運転がありました。
1年おきに伊勢崎発SL、桐生発SL、伊勢崎着SL、桐生・・・ときてますが今回も桐生発SLで行われるようですね。

それよりも、長いこと休眠状態だったロクマルが久しぶりに運用に就くのが嬉しくもあり、大丈夫なのかと
心配でもあり・・・でも無事にひと仕事終えたようでよかったです。

***********************************************************************************************

Simg_12661

2014.10.27 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/800 f.6.3 ISO:125 W/B:AUTO

午前9時ちょうど、構内にC61の汽笛が響き入換が始まった。
しばらくするとロクマル先頭の重単が機走線に姿を現した。

***********************************************************************************************

Simg_12721

2014.10.27 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/640 f.6.3 ISO:125 W/B:AUTO

相変わらず黒光りするC61とは対照的に、夏の間ずっと奥の留置線で寝ていたロクマルはちょっと色褪せているようにも見える。

***********************************************************************************************

Simg_12831_2

2014.10.27 両毛線 伊勢崎-駒形 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.6.3 ISO:200 W/B:AUTO

このスジでのロクマル先頭は初めて、結構な人出の定番イセ-コマを行く試9631レ。
新しい架線柱の建植が始まり、無粋な太い架線柱がところどころに見える。

***********************************************************************************************

Simg_12871_3

2014.10.27 両毛線 国定 試9631レ
EOS60D + 400mmF5.6 1/1250 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

今回も国定通過を構内はずれの跨線橋から狙ってみた。

***********************************************************************************************

Simg_12931_2

2014.10.27 両毛線 岩宿-下新田(信) 試9632レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/800 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

ロクマル先頭のイセ-コマがキレイに撮れたのであとは消化試合みたいなものだ。
煙を期待して岩宿の築堤で待つもスカ・・・雲も切れなかった。

予定した桐生の折り返し時間が短か過ぎたようで、復路の運転は伊勢崎まで30分ほど繰り下げの時刻に変更されている。

※時刻変更は復路です。なんで往路って打っちゃったんだろう・・・失礼しました。

さて、もういいや帰ろう。

Simg_13011

帰るついでに家から一番近い踏切で。。。ダメだこりゃ。

***********************************************************************************************

300/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

【特集】 惜別 EF62 #17

そして碓氷峠も残すところ1年となり、こちらも自然と気合いが入ります。
とはいっても、やはり学業優先、この夏休みが明けると大学の研究室を離れて築地のがんセンター研究所に出向となりました。
研究・実験内容はハードでしたが、テツ的にはいいところに拠点ができました。

今回は’96年夏のジョイフルトレインの中からいくつか出してみます。
ポジを探す時間が無いのでモノクロで。。。

***********************************************************************************************

Simg5842

1996.8.8 高崎線 行田-熊谷 9315レ
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/500 f.3.5 XP-2

上野を早朝に出るスジで高崎線を下る43号機牽引の「浪漫」。
この時は船橋の下宿を2時頃出て津田沼まで歩き、総武緩行線の始発で高崎線始発へと乗り継いだ。
地元辻堂からでは到底間に合わないスジだった。

前年秋に登場した長野区の14系「浪漫」だが、なかなかロクニとの組み合わせを撮る機会が無く、やっとここで押さえることが出来た。

***********************************************************************************************

Simg5843

1996.8.22 信越本線 平原
EOS5 + 50mmF1.8 1/750 f.6.7 XP-2

「やすらぎ」を牽いて平原駅進入の54号機。
順光になることのない場所だが、駅から30秒のお手軽撮影地として何度か訪れている。

***********************************************************************************************

Simg5901_2

1996.9.14 信越本線 群馬八幡-安中
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/750 f.4.5 XP-2

安中の鉄橋を渡る46号機牽引の「レインボー」。
軽井沢折り返しのスジだったのでこの後2時間ほどで戻ってくる。

***********************************************************************************************

Simg5921

1996.9.23 信越本線 松井田-西松井田 9117レ
EOS5 + 50mmF1.8 1/750 f.8.0 XP-2

残念ながら薄い雲に太陽が遮られてしまった46号機牽引の「なごやか」。
碓氷川沿いの大築堤を見上げるコンクリート堤防の上は照り返しでものすごく暑かった。

この列車もすぐに軽井沢で折り返し高崎滞泊となる。
軽井沢から草津・榛名方面に抜ける観光で帰りは渋川あたりから乗るのだろう。
こういうスジだと上下2回撮れるのでありがたかった。

***********************************************************************************************

299/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

【特集】 惜別 EF62 #16

バラバラのポジと格闘しながら’96年の記事を進めていますが、今思うとなんでコマを切り離しちゃったんだろう・・・。

中学時代、最初に使ったコダックEPNがマウント仕上げだったことからでしょうか。
ライトボックスの上でルーペを覗いて気に入ったコマをストックしていくのをカッコ良く思っていたフシもありますね。
もちろんそれもアリでしょう。
しかし今となっては、自分にとってこのマウント保存はまったくメリットがありません。

マウントにデータを記入していなかったのが最大のミスなのですが、コマ番号は見えない、窓でかなりトリミングされる、なによりもバラすと一連のものを探すのがえらく大変です。
使えるコマも、使えないコマも、ネガのようにスリーブで繋がっていてくれた方がよっぽど管理しやすいですね。
’97年からはスリーブのまま残っているのでかなり楽なはずです。。。
ポジで撮る量が圧倒的に増えてマウントするのが面倒になったというのが今になって幸いしてますね(苦笑)

***********************************************************************************************

Simg5797

1996.8.3 信越本線 御代田-平原 回9337レ
EOS5 + 50mmF1.8 1/1000 f.5.6 XP-2

12系7両の先頭に立ち御代田のカーブを行く46号機。
この年の夏は子供たちの林間学校臨で、12系・14系が連日新宿・上野-長野間を往復していた。
こちらもその動きに合わせて予定を組み、ほぼ一日おきに長野へ・・・。

***********************************************************************************************

Simg1233

1996.8.3 信越本線 軽井沢 回9348レ
EOS630 + 28-70mmF2.8 1sec f.5.6 SRS

子供たちを長野で降ろした後は豊野回転で高崎に戻った。
軽井沢名物の霧に包まれて幻想的な夕暮れの中、ロクサンが連結される。

***********************************************************************************************

Simg1238_3

1996.8.5 信越本線 軽井沢-中軽井沢 9338レ
EOS630 28-70mmF2.8 1/750 f.5.6 SRS

夏姿の浅間山をバックに中軽井沢を過ぎる46号機牽引の9338レ。
この日がロクニ撮影効率最高日、短時間に3台すべての牽引する列車を撮影できるのだ。

まずは中軽井沢で自転車を借りてここへ。。。12:14通過、トップライトで下回りがツブれぎみだが無事に撮れた。
歩きだと次の撮影に間に合わない。

***********************************************************************************************

S

1996.8.5 信越本線 信濃追分-御代田 9334レ
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/500 f.4.5 SRS

2本目も上りで、43号機牽引の14系7両が12:49信濃追分を通過。
中軽井沢の駅まで速攻で戻り、満員の普電を一駅乗って駅の先の橋にやってきた。

うーん、この時間だともう正面には日が当たらないんだなぁ。。。

***********************************************************************************************

Simg6032

1996.8.5 信越本線 信濃追分-御代田 9337レ
NikonF + 105mmF2.5 1/1000 f.4.0 RDPⅡ

3本目は下りを牽く54号機が追分カーブを13:21通過。
列車は12系6両に14系2両が併結された変則編成だった。

ここも思ったほど光線状態が良くない。
広角で山と編成を入れたアングルは側面真っ黒だ・・・(泣)
これなら最初から御代田-平原で3本迎えた方が良かったかもしれない。。。
汗だくになって駅へ戻り、54号機を追いかけて豊野まで行く。

こうして3本のロクニを撮ったが、ジョイフルトレインではないため誰にも会うことはなかった。

***********************************************************************************************

298/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

【特集】 惜別 EF62 #15

’96年に入ると卒業試験の準備や3月改正で特急格上げになる165系「急行東海」の追い込みで忙しくなりましたが、時間を見つけては重い腰を上げて信越線まで小旅行していました。
まだ峠を含めて沿線は静かなもので、一部の顔見知りを除いてロクニを狙うテツに会ったことはほとんど無かったような気がします。

卒業後は無事に大学院へと進み、この時期に2年間”学生タイム”を延長できたのは本当に幸いでした。
しかし今、’95年から’96年にかけてのポジはバラバラ、データは散り散り・・・記録と記憶を繋ぎ合わせるのがえらく大変な作業です。

***********************************************************************************************

Simg2519

1996.1.7 信越本線 信濃追分-御代田
EOS5 + 85mmF1.8 XP-2

冬枯れの林をバックに追分のカーブを行く46号機牽引の「くつろぎ」。
ポジも一緒に撮っているのだが見つからなかった、、、やっぱりバラすと最悪だ。

この時は下りの「くつろぎ」と上りの「やすらぎ」が近い時間にあり、すぐに丘を降りて線路際へ向かった。

***********************************************************************************************

Simg6025

1996.1.7 信越本線 信濃追分-御代田
EOS5 + 80-200mmF2.8 RDPⅡ(2倍増感)

「くつろぎ」のあとは54号機牽引の「やすらぎ」。
丘の向こう側まで行く時間も無く、線路際でカーブを狙ったが完全に影の中だった。
まだこの辺りの地理に詳しくなく、丘の上から下のカーブまでかなり遠回りして辿りついている。

***********************************************************************************************

Simg6031

1996.1.29 信越本線 群馬八幡-安中 9313レ
NikonF + 105mmF2.5 1/1000 f.4.5 RDPⅡ

43号機の牽く長い14系編成が峠を目指す。

これだけを撮りに辻堂から3時間以上かけてここまで来ていたのだから、我ながら恐れ入る。

***********************************************************************************************

Simg6028

1996.2.9 高崎線 吹上-行田
NikonF + 50mmF2 RDPⅡ

金曜日の午後、シュプール号用のロクニが高崎から田端に送り込まれる。
前パンが降りてしまっているが、入換後に上げ忘れて出てきてしまったのだろうか。

この時期は全機、尾灯掛けがなぜかクリーム色に塗られていた。

***********************************************************************************************

297/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #18

今夜も続けて細部の仕上げ中。。。

***********************************************************************************************

Sr0012899

まずはボディについたテープ跡を消しておきます。

#2000の研磨スポンジです。耐水ペーパーは折り目や台紙のフチで深く削れることがあるので使いません。
これも#2000といはいえ、ピンピンの状態では結構削れるので、使い古しの3Mの#1500で傷消しします。

***********************************************************************************************

Sr0012900

デフロスターも準備しておきます。

***********************************************************************************************

Sr0012901

これも黒染めしてグレーのポスカで塗りました。

塗りたいのは表面じゃなくて中と外のサイドなんですが、面倒なので適当に塗ってます・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012902

フロントガラスのフチにも黒マジックで色入れしました。

デフロスターの表面も黒ポスカで再度塗ってあります。

***********************************************************************************************

Sr0012903

側ドアに金色化したドアノブを装着、裏からMr.セメントSで仮止め中。
0.5mmのピンバイスでさらって挿そうと思ったら入れにくかったので、ちょっと太いけど0.6mmで再度さらって挿しています。
0.55mmのピンバイス刃も欲しいところ。
このあと向きを調整して裏にエポキシを塗ります。

やっとここまで来たけど、全検標記のインレタが若干曲がってて残念・・・(泣)
こればっかりは上手くいく自信が無いのでもう諦めます。。。

***********************************************************************************************

296/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #17

側面ナンバーの下にテープ跡が付いてしまいガッカリの前回ですが、最終クリア仕上げまでにどうにかすればいいやという感じで現在放置です。

その間にやらなければいけないことが残っています。
未装着の手すり類を金属線材で作り、装着までしておかなければなりません。

***********************************************************************************************

Sr0012891

正面の入換用手すりは0.35mmの真鍮線を使用しました。

***********************************************************************************************

Sr0012892

2両分+予備で10本作り、まずは黒染めです。。。第1液で表面を活性化中。

先日、NH師匠から聞かれたのですが、私の黒染めは塗装下地作りの意味が大きいです。
個人的にはメタル用のプライマーよりも確実と感じています。
何よりも厚みや線径にほとんど変化が無いのがいいんです。
もちろん、塗料が剥がれたときに金キラ下地が見えるのを防ぐ意味もあります。

***********************************************************************************************

Sr0012893

第2液で黒染め中。
常温1分ほどで真っ黒です。

第2液の中に第1液を垂らしてしまい銅が析出しています、、、でもまだまだ使えますよ。
「黒染めカラス」の銅・真鍮用200mLと活性化液を購入しましたが、この程度のパーツ染めだと一生使えるんじゃないでしょうか(笑)

黒染めの原理など興味無いかもしれませんが、ちょっとだけウンチクでも。。。

真鍮など銅合金の黒染めでは、表面に黒い2価の酸化銅(Ⅱ)=CuOを析出させます。
Cu2Oという1価の酸化銅(Ⅰ)もありますがこちらは赤褐色です。

模型でよく使う真鍮は銅と亜鉛、洋白は銅とニッケルに亜鉛が混ざって出来た置換型の固溶体です。
銅を中心とした原子配列のところどころが亜鉛やニッケルに置き換わってひとつの金属(合金)になっています。

その表面に酸化銅(Ⅱ)を析出させるのですが、そのとき表面にある亜鉛が邪魔をします。
銅合金用の黒染め剤で半田がうまく染まらないのはこのためです。
この表面の亜鉛原子を溶かして除去するのが活性化剤なんですが、表面に出ている原子だけ溶かすので実用上の厚みの変化はありません。
もちろん銅もゆっくりと溶かしますので、漬け過ぎると亜鉛と銅がどんどん溶けて素材が一回り小さくなってしまいますよ。
これを応用して、0.4mmよりもちょっとだけ細い線材が欲しい・・・なんて時には0.4mm線を活性化液でソフトエッチングして0.38mmとかにしたりも出来ます。

黒染め時に油や塗料の付着などは論外ですが、活性化剤で前処理することで極めて簡単に、きれいに仕上がりますよ。
しかし、同じ真鍮でもいわゆる「快削材」は鉛が含まれているので上手く染めるのは難しいです。

そして、析出した酸化銅(Ⅱ)は合金表面に超微細な凸凹をつくり、これが塗料の喰い付きを良くするアンカー効果をもたらします。
余分に析出した酸化銅(Ⅱ)がススのように表面に残るので、塗装前には軽く拭いて除去してやる必要がありますね。
また、黒染めした後はすぐに塗装しないと表面に赤褐色の酸化銅(Ⅰ)が出来て喰いつきが悪くなりますので注意が必要です。

師匠、自分はこんな感じの理屈で真鍮線や真鍮ロストパーツを黒染めしてから使ってます。
長々とスミマセン。。。

***********************************************************************************************

Sr0012895

そんなこんなで、黒染め完了した手すりをクリーム1号で塗装です。

***********************************************************************************************

Sr0012897

径はぴったり!
裏からMr.セメントSを流して無事に手すりの装着が終わりました。

1ヶ所、差し込みすぎて戻したら穴の周りのクリーム色が剥げた・・・。
タッチアップしてごまかしてあります(汗)

***********************************************************************************************

Sr0012898

あれ?! 「2」が無くなってる!

あーあ、クリア仕上げしてないうちにベタベタ触ってたからどっか行っちゃったよ。。。
ショックでか!

っていうか、この角度だとテープ跡がほとんど判らないね。

***********************************************************************************************

295/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

【特集】 惜別 EF62 #14

1995年は独り暮らしへの引っ越しがあったり、撮影メモ帳の移り変わりがあったりして、記録を追うのが大変です。
先手先手を打っておかないと記事になりません。

ネガ・ポジと撮影メモ、スキャンした画像に日記まで、すべての情報が一元化されていればどうっていうことないんでしょうけど。。。とりあえず、日付の判明しているものだけ出してみます。

***********************************************************************************************

Simg6023

1995.2.11 高崎線 高崎 9317レ
NikonF + 50mmF2 1sec f.4.0 RDP

14系5両の「シュプール野沢号」の先頭に立つのは46号機。
前年まで「シュプール信越号」との併結だったが、この年は信越が489系に変更されて短い編成の単独運転になってしまった。
高崎でのカマ交換が無いので2分ほどの停車で峠に向かう。

***********************************************************************************************

Simg2553

1995.2.11 高崎線 高崎 9719レ・9319レ
T90 + 35-70mmF2.8 XP-2

カマ交換を済ませて発車を待つ54号機牽引の「シュプールレインボー信越号」の隣に、平から越後湯沢に向かう「上越スキー号」が入線、深夜のホームはディーゼル発電機の音で賑やかだ。

これらの列車が発車するとお待ちかね、中線にロクイチ+EF55の奥利根回送が入って来るのだ。

***********************************************************************************************

Simg6024

1995.11.2 高崎線 吹上-行田 試6991レ
EOS5 28-70mmF2.8 1/750 f.3.5 RDPII

PF1026号機の試客次位無動で高崎に向かう54号機。
次にいつ撮れるか判らないということで、こんな何気ない列車を撮りに出たのが原因か・・・。
これを境に、ロクニの追っかけが本格化していくのだった。

***********************************************************************************************

294/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

【あの一枚】 #157 最後の一コマ No.E

なんだか忙しくて頭が痛いので、あの一枚に逃げて寝ます。。。

***********************************************************************************************

Simg3323

1997.9.21 東北本線 浦和-北浦和 9347レ
EOS5 + 300mmF4 1/350 f.4.5 G-400

少しでも解像度のいい単レンズ300mmを付けて待った「さよなら碓氷峠号」だったが、京浜東北線の南行にカブられた。
それでもとりあえずシャッターを押し、36枚撮りフィルムの残り3コマを使う予定だった。
「どうせ自動で巻き戻すんだから」と終わりまで押し続けたら、「36」の次の最後の一コマ「E」に12系8両が抜けた画が写っていた。

カツカツで当時プリントもしていなかったが、こうして日の目をみることが出来た。
忘れもしない、山田線お召試運転用のDD51x2+旧客がEF81 95の牽引で東北へ旅立った雨の日曜日。
このあと大宮から特急「あさま」で軽井沢まで飛び、晴天の下で43号機のレインボー、54号機の浪漫を撮っている。

***********************************************************************************************

293/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #16

先日、54号機のインレタを入れようと思ったら「JR東日本」の銘板が無いことに気づいて、
発注しないままそれっきりになってしまったので、また11号機が一歩先に進んでしまいそうです。

***********************************************************************************************

Sr0012880

レボリューションファクトリーの製造銘板「川崎」青15号を使います。
当該は下の製造番号入りタイプ。

これ切り出しにくいですね・・・(悩)
銘板とランナーの境目にエッチングラインが入ってない。
いや、入ってるんだけど銘板の掘り込みと同じ面だから浅い。
TOMIX純正はちゃんと深く入ってますよ。

***********************************************************************************************

Sr0012881

で、バリを削ったらフチまでいっちゃった~(泣)
これはナシです。

***********************************************************************************************

Sr0012882

続いて正面のナンバー貼りましょうか。

一箇所に「1」を二つ使うので、全部で「1」が8個必要なんですが・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012883

ま、どうにかいいんじゃないでしょうか。

おでこの銀差しも塗りなおしました。

***********************************************************************************************

Sr0012885

予備でこんなものを出してきました。

数字がいっぱいあるので安心です。
実は「1」を二個、すでにどこかへすっ飛ばしてます(笑)

***********************************************************************************************

Sr0012886

今度はマスキングテープに無理やり転写してます。

この作業で「1」をすっ飛ばしました。。。

***********************************************************************************************

Sr0012888

エナメルのゴールドとMr.カラーのクリアブラウンを出してきました。

これを混ぜてうす汚れたゴールドを作ります。

***********************************************************************************************

Sr0012887

画像だとちょっと色が明るい感じですが、メタル文字を真鍮色にしてます。

文字を#1500のペーパーで足付けしてから、エナメル+ラッカー混合液をレべリング薄め液で溶いて吹きました。

***********************************************************************************************

Sr0012889

真鍮色文字は側面のナンバーになります。

これだけ拡大すると文字の曲がりが良く判りますね・・・。
銘板の下に「T」マーク (に見立てた、客車換算標記の「ロ」) を入れてあります。
ちょっと小さかったか。。。何かちょうどいいもの無いかな。

銘板のフチが黒マジックで汚れてますね。
バリを削った後に目隠しで塗ったマジックです。

***********************************************************************************************

Sr0012890

アァーーッ! マスキングテープの跡が残ったー!

おいおいおいおい、どういうコトだこれは?
「T」マーク入れたあとクリア吹いて、乾燥なら充分したはずだけど?

マジかこれ・・・#2000で磨かないとダメだ。。。やっちまった。

ゴールはもうすぐそこなんだけど、なかなかすんなりいかないなぁ。

***********************************************************************************************

292/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

【特集】 惜別 EF62 #13

何かとキツい大学生活でしたが当時は若さでどうにかなってた感じでしょうか。
3年生になる頃にはだいぶ講義にも空きが出来るようになりましたが、たかだか3時間程度の空き時間なので家に帰るわけにもテツするわけにもいかず、日記を見ると”昼間っから麻雀”のパターンが多かったようです(汗)

さて、ロクニの方も’93-3改正で定期運用の急行能登が電車化されたことにより余剰が生じ、49・53号機の2台が落ちて残るは41・43・46・54号機ですが、41号機は予備=事実上の部品取り車なので実働は3台。
こうして最終組となる3台の奮闘が始まります。

***********************************************************************************************

Simg6012

1993.3.17 高崎線 吹上 601レ
T90 + 50mmF1.8 RDP FL-W

吹上で4015M「新特急あかぎ5号」退避のため運転停車中の601レ「急行能登」。
客車による下り最終「能登」は41号機が牽引した。
今日でこの運用も終了だ。

この後、41号機は冬前に一線を退いたものの車籍は残り、碓氷峠終焉間際の1997年8月2日付で廃車となっている。
ちなみに49号機は1993.11.1付、53号機が1993.12.1付で廃車となった。

***********************************************************************************************

Simg6035

1994.1.6 信越本線 横川-軽井沢 9343レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/500 f.4.0 RDP

やすらぎ5両のブライダルトレイン「HASEGAWA号」をマーク付で牽引するのは43号機。
ロクニフリークで知らない人はいないHSG氏の記念列車で、最寄駅の鴻巣から軽井沢の教会へと向かった。
その後、ロクニが好き過ぎて安中に居を構えることになったのは有名な話。。。

テツ友ご一行様が乗る4・5両目が大変なことになっている。

***********************************************************************************************

Simg6034

1994.1.6 信越本線 軽井沢-中軽井沢 9344レ
T90 + 50mmF1.8 1/500 f.4.5 RDP

冬の斜光線を受けて軽井沢へ回送中のHASEGAWA号。
浅間は影ってしまったが、スポットライトにやすらぎの白が映える。

中軽井沢で折り返したが、一駅間乗客はいないので窓が開くこともなく安心して撮影できた。

***********************************************************************************************

Simg2419

1995.6.24 信越本線 安中-磯部 9303レ
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/1000 f.8.0 XP-2

田植えの終わった田んぼを横目に峠へ向かう54号機牽引のサロン東京。
遠くからでもわかる色褪せたボディとFRPモニター屋根の黒、まさに末期の54号機らしい出で立ちだ。

***********************************************************************************************

291/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

【特集】 惜別 EF62 #12

大学生というと、バイトでお金を貯めて自由な時間を満喫できる=バリバリとテツできるなんていうイメージがあったのですが、入ってみたらトンデモナイ。

通学に掛かる片道2時間半はしょうがないにしても、基礎課程の1年は朝から夕方までみっちり講義が詰まったうえ週6時間の実験とそのレポート作成、2年からは専門科目が入ってさらに大変になるという、思い描いていた”バリ鉄大学生”とは程遠い毎日でした。
3年になれば国家試験を見据えたカリキュラムも入り、テツは開店休業状態。。。
そして4年になった時、ついに学校の近くに下宿してやっと自由な時間が取れるようになったのでした。
1~2年生の間はロクイチさえまともに撮れない時期もあり、ロクニまで手が回らなかったというのは今思うと大変残念です。

今回はそんな中でどうにか撮ったロクニの姿を。

***********************************************************************************************

Simg6006

1992.8.14 信越本線 長野 8602レ
AE-1P + 50mmF1.8 10sec f.8.0 RDP FL-W

12系6両の能登82号牽引で長野停車中の41号機。

夏休みを使って行う薬草園の管理や生薬学の宿題として標本にする薬用植物採集などもあり、本当に忙しい大学生活だったが、ロクニの稼働が最高潮に達するお盆を狙って夜の長野でバルブ大会をすることにした。

***********************************************************************************************

Simg6007

1992.8.14 信越本線 長野 602レ
T90 + 50mmF1.8 20sec f.9.5 RDP FL-W

その日、上りの能登は53号機の牽引だった。
やっぱり2時を過ぎるとこちらのホームの照明は消されてしまう。

下り能登1:06発、上り能登82号1:26発、下り能登81号1:53発、上り能登2:30発、と効率よく撮って待合室で仮眠。
翌日は峠で半日過ごし、本日5台目のロクニ牽引の信州84号を撮って帰る予定だ。

***********************************************************************************************

Simg6038

1993.3.16 信越本線 脇野田-南高田 4380レ
T90 + 50mmF1.8 1/350 f.3.5 RDP

能登の間合いで二本木貨物を牽引する46号機。
前日夜、高崎でバルブしながら301M「妙高」を待ち、長野から脇野田へと向かった。

一度目は雨で駅撮り、二度目は沿線に出るも吹雪で×、初めてまともに撮った二本木貨物だが、すでに雪は少なく、拍子抜けだった。
編成に黄色いタキが入っていないのが残念。

***********************************************************************************************

Simg6015

1993.3.16 信越本線 戸倉-屋代 試9335レ
T90 + 50mmF1.8 1/350 f.3.5 RDP

貨物を撮ったら速攻で戻り、戸倉で54号機牽引の白マヤことマヤ34 2002の軌道検測を狙った。
なかなか予定が合わず、やっと撮る機会に恵まれたが天気に恵まれなかった・・・。

翌日はダイヤ改正前最終日、この改正で急行能登が電車化されてロクニは6台中3台がお役御免となる。

※白マヤは2005番じゃなくて2002番だと至急電が来ました(笑)
謹んで訂正させていただきますよ、ありがとさんです。

***********************************************************************************************

290/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

【特集】 惜別 EF62 #11

高校3年生となる’91年4月から半年ちょっとのテツ自粛と大事な試験を終え、晴れて自由の身になった11月、復帰第一戦が試験翌日の「とれいん200号記念列車」で、どちらかが一日ずれていたらロクイチ+パック重連牽引の旧客が撮れずに泣くところでした。

リハビリが必要なほど休テツしていなかった(?)ので、カメラも快調そのもの。
高校生活最後の5ヶ月は自粛分を取り戻すように動き回っていたのを思い出します。

そんな高校生活最後のロクニを。

***********************************************************************************************

Simg6010

1991.12.1 信越本線 群馬八幡 9331レ
AE-1P + 80-200mmF2.8 RVP

旧客5両のブライダル列車を牽いて峠を目指す9331レが群馬八幡で特急退避中。
往路は宮原-高崎間にロクイチが充当されていたため、もちろんメインはそちら。
普電でのんびり追いかけてたら、歩いて駅の先の田んぼまで行く予定がこんな停しか撮れなかった。。。

碓氷峠の旧客列車廃止後初めての旧客編成による客扱い列車となっただけに、歯がゆい思いをしたが
あさまに乗って横川まで先行し丸山まで行くという選択肢もあっただろうに。

***********************************************************************************************

Simg6008

1991.12.1 信越本線 横川-軽井沢 9334レ
AE-1P + 80-200mmF2.8 RVP

ピカピカのロクサン19号機にマークが付くということで、珍しく峠区間に繰り出している。
雲と山影が心配だったが、通過時にはどうにか光が差してくれた。
自分の中では数少ないロクサンとの三重連の記録である。

***********************************************************************************************

Simg6004

1992.3.6 信越本線 長野 9602レ
T90 + 50mmF1.8 15sec f.6.7 RDP FL-W

宮原区の「あすか」を牽いて深夜の長野4番に停車中の41号機。
高岡から立川までの夜行団臨だったが、なぜか信越・高崎・武蔵野回りで中央線に入っている。
おかげで実現した最初で最後のロクニ+あすかの組み合わせだが、撮れるところが無い。
長野の停車に賭けてみたものの、やっぱりこちらのホームの照明は消えてしまった。
この狭い空間にロクニフリークが15人くらいいただろうか。

上下の能登も含め3台のロクニがバルブできた。

***********************************************************************************************

Simg6003

1992.3.6 信越本線 新井 4380レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/90 f.6.7 RDP

あすかを撮って長野でマルヨのあとは初めて二本木貨物を見に行った。
雨が止まず傘も無いため新井で停の面タテだけ撮って終了、なんとも残念な結果に終わっている。

***********************************************************************************************

289/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #15

先日、関東合運 2014 に顔を出したものの、今回は我が師匠であるNHさんのゴハチ・ロクニアルバムを
見るのが目的で、ほとんど会場や模型の写真を撮っていないので1記事分のネタをみすみす逃した感じです。

台風接近で繰り上げ閉会になってしまったため2時間弱の滞在でしたが、自分的には大変濃い時間となりました。
師匠との模型話の中で、雑誌でよくお名前を拝見している大御所のKOさんをご紹介いただいたり、帰り際には
地鉄ジオラマのMS先生に初めてお会いできたり、良い刺激いっぱいの時間でした。

さて、そんなモチベーション高めな今のうちにウチのロクニも仕上げまで持っていきたいところ。
一番苦手なインレタ関係を進めます。

***********************************************************************************************

Sr0012835

まずは11号機の床下機器へのインレタ転写です。

師匠とKOさんとの話の中でヒントをいただいたので早速試してみると・・・たしかに切らずにあてがっただけで
ほぼ位置決めが出来る仕様のようですね。

このまま上手く転写する自信が無かったのでとりあえずいつものように切り出してやると、、、

***********************************************************************************************

Sr0012837

見事に失敗です・・・斜めって、かすれて、最悪。

テンション下がりますがこれをどうするかはちょっと置いといて、次に進みましょう。

***********************************************************************************************

Sr0012839

ここも苦痛だなぁ・・・微妙に曲がってるし。

電暖表示灯上、肩口のパンタシュー位置△も入れました。
これはくろまやさんのNo.4101電気機関車標記インレタにあるものではなく、No.0001エンド・▽標記インレタの
少し小さい△印を使用しています。

***********************************************************************************************

Sr0012840

続いて青15号を吹いて削り出しておいたエンド標記板をMr.セメントSで接着。

***********************************************************************************************

Sr0012841

このへんのものもそろそろ準備しましょうか。

ロクニでは25号機までがこの旧型ドアーハンドルを使用していたようです。

***********************************************************************************************

Sr0012843

ホワイトメタル 洋白ロストワックスで銀色なので、金になってもらうべくクリヤーイエローを吹きます。

下地処理として、黒染め前に使う洗浄活性剤に漬けました。

***********************************************************************************************

Sr0012844

二度吹きして無事に金色になりました。

ボディーにインレタ保護のクリア吹いて、乾燥待ちの間に54号機のインレタだ・・・。
ほんと苦行だこれ。。。

***********************************************************************************************

288/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

【あの一枚】 #156 盛夏の豊野にて

ヤバーい、時間が無ーい!
早く帰れる予定だったから何も用意してなかった・・・。

ということで【特集】と【あの一枚】のコラボで、特集本体の中ではスペースの都合で出せない”メインじゃないカット”から。

***********************************************************************************************

Simg5809_3

1996.8.3 信越本線 豊野 入換
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/750 f.8.0 XP-2

回9337レで12系7両を牽いて豊野に着いた46号機が機回しを始めた。
蝉しぐれをかき消すくらいのブロワー音を残して12系から離れてゆく。
誰もいない暑いホームで一人、入換を見ていたあの夏・・・贅沢なひととき。

辻堂5:27発---23:10辻堂帰着、丸々一日かけてこれ(ら)を撮りに来たということだ。
ジャンボリーの季節は毎日のように長野へ日帰り旅行だった。

***********************************************************************************************

287/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

【特集】 惜別 EF62 #10

せっかく地元でロクニに再会したのに、翌’91年は大学に向けた勉強のためまたテツ自粛・・・。
せめて3月いっぱいまではやろうと決めて、ゴハチにロクニに500番台に、後輩たちを連れて飛び回っていました。

今回はそんな1991年の中からいくつか出してみます。

***********************************************************************************************

Simg6036

1991.1.6 成田線 木下 9847レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/250 f.8.0 TMYs

成田臨の12系を牽引して成田線入線の54号機。
この時はパックの白樺もあり、そちらを優先したのでこんな駅停撮影に終わってしまった。

ATS-P搭載が完了してテールが外ハメ式になっている。
臨時入場での工事のため外板は汚れたままで、エンドの標記部分のみ塗り直されている。

***********************************************************************************************

Simg576

1991.1.27 東海道貨物線 辻堂-藤沢 回9835レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/500 f.5.6 SHR100

地元東海道で白樺+12系の先頭に立つ46号機。
広域運用のおかげでこんな姿を見ることが出来たのは本当に嬉しかった。

こちらもすでにATS-P改造が済んでテールライトが変わっている。

***********************************************************************************************

Simg594

1991.2.11 東海道本線 藤沢-大船
T90 + 80-200mmF2.8 1/500 f.4.5 SHR100

極め付けはこれ、「サロン佐渡」込み7両のカヌ座フル編成を牽いて弥勒寺前を行く43号機。

カヌ座自体が珍しいのにロクニまで一緒に来てしまうとは・・・。
この時、ヘッドライトが点いていなかったので思わず手を振りながら「ライト~」と叫んだら、通じたのか直前に点灯してくれた。

43号機は’89年にヘッドマークステーが取り付けられてから次の全検までの間、両エンドとも上のマーク掛けが青く塗られていて、遠くからでも46号機との判別が出来た。

***********************************************************************************************

Simg5515

1991.5.25 横須賀線 大船 回9721レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 TMYs

逗子回転で小諸に向かう「なごやか」オク座のプッシュプルについた46号機。
パンタ台の取付け脚が薄いグレーに塗られているのが確認できる。

中間テストで1時間遅い登校となったためどうにか撮れた、、、自粛中のハズだが?

***********************************************************************************************

286/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

【特集】 惜別 EF62 #9

そして1990年、機関車運用の効率化が推進され、今まで東京口では見られなかった静岡や高崎のEF64とともに田端のロクニも地元に顔を出すようになりました。
いわゆる「通し運用」で、それまで新鶴見で30分も停車してPFにカマ交換していたものを、3分程度の停車でそのまま東海道・横須賀線へと入って来るのです。
近年では”通し”どころか”機回し”さえしないプッシュプルが主体ですから、時代は変わりましたね。

こうして地元でロクニと再会を果たしたことで、’86-11改正のとき不完全燃焼を起こしていた気持ちに火が着いたのです(笑)
今回はその通し運用の中からいくつか出してみたいと思います。

***********************************************************************************************

Simg5318

1990.11.7 品鶴線 新鶴見(信) 9343レ
T90 + 80-200mmF2.8 TMYs

夕暮れの新鶴見で出発を待つ43号機牽引のタカ座B「くつろぎ」。

この時は通しじゃなく新鶴見からの担当だったような気がするが、学校からだと時間的にここがギリギリ。
いや、この日は修学旅行の代休で授業は無かったような・・・。

隣に少し見えるヒサシ付きの500番台も気になる。。。

***********************************************************************************************

Simg894

1990.11.7 品鶴線 新鶴見(信) 入換
AE-1P + 80-200mmF2.8 SHR100

やっぱり新鶴見でカマ換えだったようで、カラーネガを確認したら機留線から出てきたロクニを流し撮っていた。

***********************************************************************************************

Simg918

1990.11.11 東海道貨物線 茅ヶ崎 回9826レ
T90 + 80-200mmF2.8 4sec f.5.6 SHR100

上田から大船までの客扱いで茅ヶ崎回転のレインボーが41号機の通しだった。
大船停車のため、武蔵野線経由で新鶴見に出た列車は鶴見で客線に亘っている。

この時はPトップのやすらぎ、ロクヨン1001のくつろぎなどが高崎線であり、レインボーも大宮から大船、茅ヶ崎と帰りがてら追っかけてみた。

***********************************************************************************************

Simg5342

1990.11.23 横須賀線 東戸塚 回9725レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/500 f.4.5 TMYs

PFの牽引で横須賀まで回送されるサロン東京の後ろにぶら下がった54号機。
以前、【あの一枚】でスカ線にカブられたロクニを出したことがあったが、これはその前回送だ。

カメラのスイッチ入れ忘れでベストポイントを逃したのを覚えている(泣)

***********************************************************************************************

285/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

【特集】 惜別 EF62 #8

国鉄最後のダイヤ改正となった1986年11月1日、全国の路線から荷物列車が消えました。
マニ50もワキ8500も、車齢の若いマニ44さえも、そしてそれらを牽いていた下関のロクニも、一夜にして不要となったのです。
最後の列車で上京してきたカマたちは下関に戻る運用を失い品川に集められた後、新鶴見の留置線へと送られました。

こうしてロクニの東海道での活躍は2年と7ヶ月という短期間で終了してしまったのです。
篠ノ井組は残ったものの、その後のJR化で田端所に移りついに稼働機は6両になってしまいます。
これがまた地元からだと撮りづらいスジしかなくて、能登はほとんど撮れていないんですよ。

今回は、そんな時代に撮ったロクニを。

***********************************************************************************************

Scn0039_hr100_08

1987.9.15 山手貨物線 目黒-恵比寿 9335レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 HR100

東海道から品川経由で長野に帰る「白樺」の先頭に立った46号機を長者丸で迎えた。
たぶんこれが下関ロクニとお別れしてから初めて撮ったロクニだったと思う。

当時まだ品川や新鶴見まで出張してくる運用は少なく、狙うのは大変だった。

***********************************************************************************************

Scn0054_ca100_22

1988.2.5 信越本線 小諸 601レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 BULB f.5.6 SHR100

41号機の牽く下り急行能登が深夜の小諸駅に停車中。
変な状態のマークステーのようなモノが見えるが何だろう。

毎年やっていた鉄研冬のマルヨ撮影会で信州方面へ行くことになり、マルヨ場所に小諸駅が選ばれた。
信越線下り最終の長野行き185系快速で真冬の小諸駅に降り立ち、温かい本屋待合室で仮眠しながら一番電車を待った。

***********************************************************************************************

Scn0055_shr100_03

1989.2.5 信越本線 小諸 回8338レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 BULB f.5.6 SHR100

運良くこの時は東サロの回送が長野-品川で運転されていて、長時間停車でバルブができた。
こちらはマークステーが付いてなんだか扉の色がおかしい43号機だが、C'アンテナ装着前で、ATS-P化もされておらず、まだ原型丸型のテールランプが美しい。

***********************************************************************************************

Simg2151

1990.8.25 東北本線 上野 602レ、1003M
T90 + 35-70mmF3.5-4.5 TMYs

上野駅地上ホームでスーパーひたち3号の651系と並ぶ46号機牽引の急行能登。
C'アンテナが装着されたがATS-P化はまだ行われていない’90年夏の様子だ。

大好きなロクニだったが、板谷峠への行きがけの駄賃に撮ってあった一コマで、こんな気合の入った撮影行でも無い限り「能登」だけを撮りに来るようなことはなかった。

もっと積極的に追っかければよかったのだが「能登」はちょっと撮りにくく、団臨などは高崎でのカマ交換も多くて、高校生が撮りに出るにはちょっと遠かった。

***********************************************************************************************

284/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

Pトップ キハ110入場配給

気持ちよく晴れたのでちょっと早起きしてみました。

***********************************************************************************************

Simg_00731

2014.10.10 両毛線 国定-伊勢崎 配8677レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/1000 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

この時期はちょうど陽が昇ってくるいい時間で、消えかけた月と鳥も写り込んだ。

***********************************************************************************************

Simg_20451

2014.10.10 両毛線 国定-伊勢崎 配8677レ
EOSkissDX + 70-200mmF2.8 1/100 f.6.3 ISO:100 W/B:AUTO

なんともすがすがしいきれいな光線だったので珍しくもう一台で流してみた。
後ろのキハには消えてもらって・・・やっぱりPトップかっこいい。

***********************************************************************************************

283/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

【特集】 惜別 EF62 #7

AE-1プログラムを手に入れて半年を過ぎたころ、そんなに騒がれることもなく荷物列車が終焉を迎えました。
カメラの扱いには慣れたもののテクニック的なところがまだまだだったので、納得のいく写真がなかなか残せていないのはしょうがないと諦めています。
しかし、ネガによっては劣化で救いようのないイエロー成分の崩壊が進んでいるのは残念です。

さて、この特集記事ですが’86年だけで10回近くも使ってると、全部終わる頃には年が明けてしまいそうですよ。
この辺で第一部の荷物列車を終わりにしてどんどん進めたいところです。

***********************************************************************************************

Cn0018_hr200_07

1986.8.30 東海道貨物線 藤沢-大船 荷32レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6-8.0 HR100

31号機牽引の荷32レが弥勒寺前を行く。
なんとなくナンバーがおかしいが、影の具合からそう見えるだけで字の大きさが違うわけではない。

荷物列車がぴったり収まるこの画角が好きで何度も訪れた禁断のアングル。
踏切の中州で撮影するのは褒められたことではないが、当時はまだうるさく言われることもなかった。

***********************************************************************************************

C0021_hr100_05

1986.10.12 東海道貨物線 辻堂-茅ヶ崎 荷31レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

ここもよく訪れたテニスコート前、まだ海側のマンションが建つ前のようだ。
荷31レの時間ではまだ正面に陽が回らないのだが、バックに人工物がほとんど入らないので気に入っていた。

セイタカアワダチソウの黄色い花が遠くに揺れる秋の日曜日。

***********************************************************************************************

C0021_hr100_16

1986.10.19 東海道貨物線 汐留 荷31レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/30 f.5.6 HR100

荷物列車廃止を目前にして初めて汐留駅を訪れると24号機に牽かれた荷31レが待機していた。
大きな屋根とカーブした広いホーム、、、独特の雰囲気だったことをよく覚えている。

横浜まで通学定期があったのだから、ちょっと足を延ばしてバルブにでも来られただろうに。。。
当時の自分、行動力無さ過ぎで泣けてくる(哀)

***********************************************************************************************

Cn0022_ca100_05

1986.10.26 東海道本線 藤沢-大船 荷33レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.4.5 CA100

10月から郵便車が無くなって5両の短い編成になってしまった荷33レの先頭に立つのは13号機。
最後の日曜日は朝から自転車で沿線を行ったり来たりして荷36レまで撮影したのだが、巻き損じから荷31レと荷34レのコマがカブって終了(泣)
その間に他の列車を1枚も撮ってないというのがなんとも・・・。

最終の31日は金曜日、中学生にはどうにもならない。
このあと28号機牽引の荷36レを撮って自分の荷物列車撮影は幕を閉じた。
中学1年生なりに頑張った最後の半年だったが、ゴハチの時のような焦りもなく、すーっと終わってしまった感じがする。
この中途半端な別れが、後の田端ロクニの追っかけの原動力となっているのかもしれない。

***********************************************************************************************

同じような写真ばかり並べてもしょうがないので、これで東海道のロクニを終わりたいと思います。
今思い出しても、この”1回目のさよなら”はそんなに感傷的になるようなものではなかったのですが、いざ無くなってみると妙にあのジョイント音が恋しいんですよね。
もう二度と地元でロクニを見ることは出来ないという事実を突き付けられたのは、新鶴見のヤードにずらっと並べられた廃車の下関ロクニを見つけた時でした。
なんだか悲しくてカメラを向けることができませんでした。
一度くらいは会いに行っておけばよかったと、今でも後悔しています。

そして時は流れ・・・・・・。

***********************************************************************************************

282/365

続きを読む "【特集】 惜別 EF62 #7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

【特集】 惜別 EF62 #6

毎日走っている荷物列車ですが、基本、平日・土曜は学校があるので撮れても夕方の荷35レだけです。
それも曇ってればパス、、、今思えばなんてもったいない。

結構な回数撮影したり、学校帰りの浜松行き電車から見たりしていましたが、荷35レでイレギュラーなカマに出会うことはありませんでした。
もっとも、下りの場合は品川に運用上36時間待機のロクニがいるので、カマ故障があっても予備を使えるんですよね。

今回は荷35レからいくつか出してみます。

***********************************************************************************************

Sc0010_hr100_01_2

1986.5.17 東海道貨物線 辻堂-藤沢 荷35レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

夏場に向かいやっと山側に陽が回り始めた引地川でナンバー位置の低い36号機を狙った。
残念ながら架線ビームの影をナンバーに引っ掛けている。
撮影した瞬間には判らなかったがガッカリだ。

***********************************************************************************************

C0012_hr200_09

1986.6.22 東海道貨物線 茅ヶ崎-平塚 荷35レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR200

馬入川橋梁を下る15号機牽引の荷35レ。
一番陽の長い時期、ブルトレとPF牽引の踊り子56号を撮りに来た中での一枚。

***********************************************************************************************

Cn0020_hr100_10

1986.9.27 東海道貨物線 辻堂-藤沢 荷35レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/60 f.5.6 HR100

この日も21号機の次位にはスユ15 2001が付いた。
もう露出は限界、流さないとどうにもならない状況だった。
それでもカマと郵便車を記録したくてこんな写真が出来上がった。

***********************************************************************************************

Cn0016_hr100_07

1986.8.8 東海道本線 名古屋 荷35レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 BULB f.5.6 HR100

唯一地元じゃないところで撮った荷35レだろうか。
ロクイチ牽引のお座敷アルプスから始まる信州~名古屋回り乗り鉄の最終乗継地で、銀河52号を待つ間に荷32レ、荷35レをバルブした。

バルブもカッコイイ。。。
もっといろんなところで撮っておけばよかったなぁ。

***********************************************************************************************

281/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #21

久しぶりに模型の方を。

11号機に掛かりっきりでずっと放置だった54号機に前面警戒色クリーム1号を入れました。

***********************************************************************************************

Sr0012817

一回目のクリームは位置の確認と下地処理のため、角のRは省略します。

***********************************************************************************************

Sr0012818

またガッツリ吹いてるし・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012819

やっぱり下の青がツヤ消しだから境界線がザラザラした感じになってるようです。

このあと一度クリヤーを吹いてもう一度平滑な下地を作り、クリームの仕上げをしてから
角のRと境界線を青で吹き直します。
青をツヤ消しにするんじゃなかったなぁ・・・やりにくいったらありゃしない。

最終クリームの仕上げと同時に扉、縦の手すりとアンテナ台座も塗る予定。

***********************************************************************************************

Sr0012821

こうして並べると色味の違いが良く判ります。

さあいよいよ両機とも最終段階でしょうか。
ナンバーとインレタの準備もしないとだめですね。

あれ、テールと電暖表示灯の点灯化は・・・?

***********************************************************************************************

280/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

【特集】 惜別 EF62 #5

中学一年生・・・あの頃、もう少しスレていればカバンの中にカメラを忍ばせて、帰りに東戸塚で荷35レを撮ったり、土曜日なら客線の荷33レだって新子安とかで撮ったり出来たのに。。。
マジメ過ぎたんでしょうね、鉄研の集まりが無い日はどこにも寄らずに帰宅してましたから。

それでも当時としては精一杯いろいろやってたつもりです。
で、「こうやったらどう写るんだろう」っていうテスト撮影にロクニの荷物列車使って大後悔とか。
今みたいにすぐ画像が確認できるわけじゃないですからね、1ヶ月近くあとになってDPE上がりに泣くわけですよ。
ひどいとラボの判断でプリントもされてない(笑)
ちゃんと撮っておけばよかった、、、という思いを残したままお別れの日を迎え、今まで当たり前のように走っていた荷物列車が無くなりました。

今回から、荷物列車を追った半年間の記録をいくつか出してみたいと思います。

***********************************************************************************************

C0011_hr100_22

1986.6.15 東海道貨物線 辻堂-茅ヶ崎 荷32レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

TOTOカーブを行く27号機牽引の荷32レ。
これを見ておくと夕方の荷35レのカマが判るということで、休みの日はよく撮った。

当時は夏場なら朝から夕方まで上下7本のロクニが撮影できたのだ。

***********************************************************************************************

C0011_hr100_02

1986.6.2 東海道貨物線 辻堂-茅ヶ崎 荷35レ
AE-1P 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 HR100

上の27号機の逆アングルで下りを撮る。曇ったらズーム伸ばしてほぼ正面だ。
これは登ってるな、、、クルクルパー(踏切支障報知用特殊発光信号機)の柱のハシゴ。。。

しまった! カマ次がスユ15 2001だった!
当時唯一残っていたカマボコ屋根の郵便車で、オユ12非冷房車と同じ車体を持つ。
同じ門司区の他の車両はオユ14を基本とした低屋根非冷房車で、この2001号だけ異彩を放っていた。
客車運用が判らなかったのでコイツに出会えるかどうかは完全に賭けだった。

***********************************************************************************************

Cn0020_hr100_14

1986.9.28 東海道本線 辻堂-茅ヶ崎 荷33
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

そのクルクルパーの柱から、ハシゴに登らず撮った客線下りの荷33レを牽く18号機。
ゴハチからロクニに代わった’84-2改正以降も10両以上あった荷33レの編成だが、’85-3改正ではついに6両以下になってしまった。

そしてあと二日、9月末で荷物列車廃止より一足早く郵便輸送が廃止となる。
それによりどの列車も編成はさらに短くなり、終焉に向けたカウントダウンが始まったようだった。

***********************************************************************************************

Scn0020_hr100_06

1986.9.23 東海道貨物線 辻堂-藤沢 荷35レ
AE-1P 75-200mmF4.5 1/125 f.5.6 HR100

荷35レの辻堂通過は17:11、、、9月も下旬に入り、晴れていても露出は限界に。
ブレるなと願い、ズームを伸ばしてなるべく遠くでシャッターを切っている。

こうして地元で最後にとらえた荷35レの編成写真は、前面手すり変形機の22号機にスユ15 2001が付いてどうにかブレずに写っていた。
右端に薄ーーく浜松行の113系のオレンジと緑が写っている・・・くわばらくわばら。。。

***********************************************************************************************

279/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

【特集】 惜別 EF62 #4

真面目な中学生当時はロクニの追っかけといっても”地元で撮れるものを撮る”程度のゆる~い活動でしたが、定期的に走る荷物列車は大変撮りやすく、特に’85-3改正から1時間ばかり時刻の繰り下がった荷35レは学校から帰ってからでも間に合うため一番撮ったスジだと思います。
休みの日には朝の上り荷32レを見ておけば荷35レで下るカマを現車確認できるのも助かっていました。

***********************************************************************************************

【下関運転所 EF62 荷物列車運用 '85-3改正】

A31 下関1059-荷32-1530広島1714-荷39-2142下関

A32 下関719-荷30-1841大阪1850-単5334-1859宮原操2042-単4031-2053大阪2120-荷4031-2341米原(ヨ)318-荷4032-510大阪540-回4030-550宮原操

A33 宮原操1008-単5431-1016大阪1033-荷39-1325岡山1346-荷2047-1439宇野1553-単2048-1653岡山(ヨ)

A34 岡山819-単2045-921宇野1248-荷2046-1345岡山1407-荷39-1655広島(ヨ)

A35 広島645-荷1030-1506大阪1535-回1030-1609向日町2228-回1031-2300大阪2330-(ヨ)荷1031-530広島

A36 広島1549-(ヨ)荷32-1010汐留1030-単133-1036品川

A37 品川1504-単134-1510汐留1602-(ヨ)荷35-1046下関

A38 下関2025-(ヨ)荷36-1518汐留1532-単137-1538品川

A39 品川2254-単138-2300汐留2330-(ヨ)荷39-1007大阪1022-単5331-1034宮原操1301-単4033-1313大阪1334-荷4033-1605米原

A40 米原1935-荷4034-2133大阪2209-回4034-2226宮原操(ヨ)

A41 宮原操1759-単5232-1810大阪1910-(ヨ)荷30-530汐留550-単131-601品川

A42 品川1201-単132-1207汐留1240-(ヨ)荷33-941下関

A43 下関1800-(ヨ)荷34-1239汐留1252-単135-1258品川

A44 品川1813-単136-1819汐留1912-(ヨ)荷37-1350下関

A45 下関004-荷38-2103汐留2150-単139-2156品川(ヨ)(ヨ)

A46 品川1004-単2031-1707岐阜1805-(ヨ)荷2030-129横浜羽沢142-単2030-328品川801-単130-807汐留924-(ヨ)荷31-620下関

***********************************************************************************************

Cn0005_hr100_22

1986.3.5 東海道貨物線 辻堂 単2031レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/250 f.A HR100

下関ロクニの荷物運用の中でもちょっと異端な列車、単2031レで辻堂通過の25号機。
’85-3改正で荷2031レが廃止され荷物列車の上下本数に差が出てしまったため、下りは品川-岐阜間を延々と単機回送されていた。

***********************************************************************************************

C0011_hr100_17

1986.6.8 東海道貨物線 辻堂-茅ヶ崎 単2031レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

全検出場直後でまだきれいな14号機が単機で下る。
運転時刻の近い荷31レあたりを重連にしてくれてもよかったのに。

単機だから・・・と、ほとんど手を出していないのが悔やまれる。
今思えば、単機だからこそ撮れるシーンがいくらでもあったはずだ。

***********************************************************************************************

278/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

EL&SL みなかみ物語号

朝の高崎線下りは本当に厳しいです。

マーク無しPトップが牽引するオイシイ編成がほぼ全区間ド逆光で終了。
ばんえつ客車はまったく色が出ません。
これだったら今日は早番にして返しの回送バルブの方が良かったか・・・。

***********************************************************************************************

Simg_00301

2014.10.4 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 50mmF1.8II 1/320 f.3.2 ISO:800 W/B:AUTO

茶色いロクヨン37号機と重連で客車のお迎えに向かうPトップ。
雲が多くて暗いけど、これが撮れたからいいか。

***********************************************************************************************

Simg_00321

2014.10.4 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 50mmF1.8II 1/320 f.3.2 ISO:800 W/B:AUTO

振り向いて37号機を。

***********************************************************************************************

Simg_00421_3

2014.10.4 高崎線 神保原-新町 回9842レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.4.5 ISO:400 W/B:AUTO

上尾への回送を神保原で。
時変がかかっていたのか、遅れてやってきたため鉄橋飛び出しアングルでは下りの貨物が
もろにカブってしまったようだ。
脚立を持って行かなかったので、グラウンドレベルだと草がうるさい。

***********************************************************************************************

Simg_00591

2014.10.4 高崎線 岡部-本庄 9735レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/100 f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

雲がド逆光の日差しを遮ってくれたものの、空の明るさが反射して客車の色は全くわからない。
特徴ある展望車が付いているのが唯一の救いだろうか。

***********************************************************************************************

Simg_00611

2014.10.4 高崎線 岡部-本庄 9735レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/100 f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

引いてもう一枚。。。こちらの方がまだマシ?
でも紅白鉄塔が残念、どっちもどっちだ。

またやってくれるかな?

***********************************************************************************************

277/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

【特集】 惜別 EF62 #3

やっとカメラに慣れた頃、11月改正での荷物列車廃止が発表されました。

「終わり」を突き付けられると、それまではほぼ何かの”ついで”だったのに一転、荷物列車だけを狙いに出るようになりました。
そうすると「81系でも、ロクニじゃあなぁ」とか「PFよりはマシ」とか生意気なことを言っていたのが、ちゃんと撮ってみて「ロクニって悪くないじゃん」に変わってたんです。

PFだと何でも”すました感じ”になるのに、ロクニだとゴハチのような”一生懸命に走ってる感じ”がひしひしと伝わってくる・・・ような気がするんです。
ゴハチが無くなって、自分の中で何か追いかける対象を探していたというのもあるんでしょうね。

そんな中で、今回は団臨などを。

***********************************************************************************************

Cn0005_hr100_25

1986.3.8 東海道貨物線 辻堂-藤沢 9323レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/250 f.8.0 HR100

土曜日、学校からダッシュで帰って撮りに来た30号機牽引のシナ座。
慌てていて後ろがカツカツ、シャッター速度が1/250のためなんとなくブレてる感じもする。

この日は品川区に新しく登場した12系和式「江戸」の一般向けお披露目試乗会の復路行程、品川-回9521-伊東-9522-品川があったが、ロクイチはそれに入らず「踊り子59号」の運用に就いた。
そして週明けから「江戸」が本格的に稼働を始め、まもなく旧シナ座も終わりの時を迎える。

***********************************************************************************************

Cn0006_sr100_02

1986.3.17 東海道本線 辻堂-藤沢 8102レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/500 f.8.0 SR100

ロクニが入ったということで、普段は見向きもしない「くつろぎ」の復路を撮りに出た。
まだ陽が低い時期の午後の東海道上りは厳しい。
学習したのか珍しく1/500で切っているが、絞り過ぎで潰れてしまった・・・残念。

品川間合いの団臨運用に充当されるとそれはそれで嬉しかったのだが、荷物列車で運用を追っているカマがズレるから困った。

***********************************************************************************************

Cn0008_hr100_21

1986.4.27 東海道本線 戸塚-横浜 9116レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/500 f.5.6 HR100

広セキの20系8連を牽いて東戸塚のカーブをやってきたのはナンバー位置が低い36号機。
いつもの熊クマ20系10両による創臨は夕方の回6348レが多く、朝の東海道でロクニの牽く20系は珍しい。

4月から通学定期を手に入れて簡単に東戸塚にも来られるようになった。
それでも真面目な中学1年生、まだ”カバンにカメラ”は出来ず撮りに出るのは日曜日だけ。

***********************************************************************************************

C0010_hr100_07

1986.5.17 東海道本線 藤沢-大船 9312レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 HR100

珍しく14系の先頭に立って弥勒寺前を行く18号機。
こういうアングルだとシャッター速度が稼げるため、曇りの日は望遠ズームを伸ばすことが多かった。

この日は朝からブルトレ狙いでこのあたりをウロウロし、相模線キハの配給や、まだ珍しかった165系和式「なのはな」などを撮っている。

 

***********************************************************************************************

C0013_hr200_01

1986.7.14 東海道本線 辻堂-藤沢 9102レ?
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 HR200

雨の東海道を品川へ急ぐ29号機。下関のロクニと江戸の組み合わせは新鮮に映る。
このあと9月にも38号機が静岡往復で江戸を牽引している。

この時期、他にも東京口では36号機のカヌ座や22号機のミト座などがあったが、東海道でよく見るジョイトレでも「東サロ」を牽引しているのは見たことが無い。
全部の運用を見ているわけではないし、情報が無いだけで人知れず上下していたのかもしれないが、地元でロクニ+東サロ、、、撮ってみたかった。

***********************************************************************************************

276/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

【特集】 惜別 EF62 #2

【特集】として始めてはみたものの、どんな体裁で何回くらい続けるかなど全くのノープランですが、とりあえず続けてみます。

***********************************************************************************************

 1984年5月からハーフサイズのオリンパスペン・EE3を使って写真を撮るようになり、だいたい1ヶ月に2本程度の12枚撮りフィルム(ハーフだから24枚ちょい撮れる)を消化していた。
なにぶん小学生の身、フィルムの調達から現像プリントまですべてが親父まかせ・・・。

ちょっと遠かったが辻堂駅西口のなじみの写真屋さん「四ツ葉写真店」にツケでDPEしてもらっていた。今だったら親父のツケなのをいいことにバンバンDPEしてもらうところだが、当時は遠慮も入っての2本=約50コマ/月だった感じだろうか。

そんなんだから、ゴハチ以外にも多くの団臨があるし自由に使えるコマなんて無いも同然。
よって電車はもちろん貨物も荷物もほとんど撮ってないという残念な結果になっている。
まあ、画質がアレだから残ってる写真も残念なのばっかりだが。
それでも自分にはこれしか無いわけで、すべてが大切な思い出になっている。

ハーフサイズの最後にもう1枚だけ。。。

Simg5793

1985.6.27 東海道本線 辻堂-藤沢 8105レ
オリンパスペン・EE3 HR200

東京・宮原両区のゴハチが居なくなった’85-3改正以降、中学受験を控えて丸1年のテツ自粛中。
そんな折、久々に81系ミハ座が上京したのでフィルム入れっぱなしのカメラを持ってちょっとだけ撮影に出た。
なんでこんなところで撮ったのか覚えていないが当然カマは下関のロクニ、28号機の牽引だった。
おや? こいつもまだ電暖ジャンパー栓収めが原型だ。

もしかしてこれがミハ座最後の上京だったのではないだろうか?
同編成は翌’86年1月の運用をもって現役を引退し、14系和式「みやび」に道を譲っている。

***********************************************************************************************

中学合格を機に初めての一眼レフを与えられ、やっとまともな写真が撮れる機材が手に入ったわけだが、中学生の哀しさ、まだDPEは親父頼みで、バンバン撮るなんてことは出来なかった・・・撮れる枚数もフルサイズで半分になってしまったわけだし。。。
そんな中、初めて撮ったロクニがコレ。

Scn0005_hr100_02

1986.2.24 東海道本線 辻堂-藤沢 9334レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/125 f.5.6 HR100

ひどいアングル、動態ブレで流れる27号機、、、かぶりつきで標準ズームは分が悪い。
一眼レフを手にして3週間弱、夕方の東海道を上る81系シナ座を線路際で待った。

曇り空に合わせてシャッター速度をここまで下げればどうにもならない。
フィルムの初めの方だと撮影してから写真でブレていることが確認できるまで早くても3週間くらいかかる計算だ。
最初の半年はこんな失敗が多くロクイチさえもブレブレ、、、曇りの日が嫌だった。

こちらの81系もあと1ヶ月で新鋭の12系和式「江戸」にバトンタッチして水戸区に移る。

***********************************************************************************************

Cn0009_hr100_29

1986.5.8 東海道貨物線 辻堂-藤沢 荷35レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

113系の浜松行きと並走して貨物線を下る19号機牽引の荷35レ。
誕生日にかこつけて導入した望遠ズームの記念すべき初ショットだ。

この頃にはもうカメラの扱いにも慣れてフィルム装填ミスは無くなったが、巻き忘れやシャッター速度選択のミスは相変わらずで、上がりを見て泣いたことは数知れない。。。
しかしまぁ、暗いズームに低感度フィルムじゃどうしようもない。
大事なネタの日は晴れてくれるのを祈るしかなかった。

***********************************************************************************************

275/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

【特集】 惜別 EF62 #1

惜別 EF62

Simg4201_2

1997年9月30日

 ついに最期の瞬間が来た・・・。
碓氷峠が在る限り安泰を約束されていた彼等に、その使命を終える日が来たのである。 

 思えば13年前(アルバム製作時の1997年から)、東海道・山陽線の荷物列車全面EG化が実施された’84-2改正で彼らの一部が峠を降り、海岸線を走るようになる。
初めて聞くC-C配置独特のジョイント音、側面にずらりと並んだ大きなエアフィルター、傾斜のついたフロントウインドー・・・。
その全てが強烈に、そして確実に心のフィルムに焼きついた。

 当時、ロクニはゴハチを淘汰していったカマとして悪者扱いされることが多かった。
そんな彼らを記録することは少なく、もっぱら東海道線・東京口に残った3輌のゴハチを追いかけていたことを思い出す。
そして’85年3月12日、ロクイチのお召列車牽引を最後に東京区のゴハチも幕を降ろし、品川・宮原両区に残る81系和式にはEG装置をもつ下関のロクニが充当されることになった。
荷物列車の削減により運用に余裕が出来たためである。
それでも8輌、9輌といった長い編成の荷物列車が東海道を上下しており、その先頭に立つロクニにはゴハチとはまた違う魅力があった。 

 1986年2月、それまでのハーフサイズカメラから念願の一眼レフを手にした筆者はゴハチを撮るかたわら、東海道のロクニも撮影するようになる。
’84年2月ダイヤ改正からの2ヶ月間を目の当たりにしたゴハチファンにとって山から降りてきたロクニは、どうしても受け入れ難い存在であったに違いない。
しかし、本来の役目を捨ててまでゴハチの後を継いでくれた彼らに、最後まで声援を送りたいと思った。

荷物列車の廃止が発表されたのは、そのあとすぐのことだった。

上のイメージ写真は最後の営業列車牽引となった’97年11月9日、EL&SL奥利根号を牽いて上野に着いた43号機が推進回送として尾久に向けて発車するところ。

***********************************************************************************************

Simg57831_2

1984.11.8 東海道貨物線 辻堂-藤沢 荷35レ
オリンパスペン・EE3 HR100

手元に残るハーフサイズネガの中で一番最初に現れるロクニの荷物列車。
15号機牽引の荷35レだ。もっと前にも撮っているはずだが、ネガが見当たらない。
久しぶりにハーフネガをスキャンしてみたが新しいスキャナとフォトショップでもこの程度が限界、それでもわりと良く撮れている部類に入るだろう。

周囲をよく見ると、この付近にもまだ木製架線柱が残っている。
夏場、撮影のために寄りかかると背中にコールタールがべっとり付いたのを思い出す。
この後、急速にコンクリート柱に植え替えられ、一眼レフを持つ頃には木製架線柱は残っていなかった。

***********************************************************************************************

Simg57881

1985.3.24 東海道貨物線 辻堂 9322レ
オリンパスペン・EE3 HR100

こちらはひどい、、、朝の貨物線を上るヌマ座「いこい」を牽引しているのは17号機。
シャッター速度も選べないこんなカメラでよくもまぁ撮っていたものだ。

17号機は’85年に入っても電暖ジャンパー栓収めが移設改造されていなかったのか。
こんな写真では撮ったうちに入らないが、下関ロクニの改造前の姿は撮影できていないと思っていただけに、ちょっと意外だ。

しかしこんなブレブレ写真ばかり並べてもしょうがないので、次からは初めての一眼レフとなるキヤノンAE-1プログラムを手に入れてからの写真に飛ぼうと思う。

***********************************************************************************************

274/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »