« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

【特集】 惜別 EF62 #0 プロローグ 

9月1日の関東大震災編に続いて2ヶ月連続となりますが、9月30日碓氷峠終焉のタイミングで

『惜別 EF62』

をやってみようと思います。 あの一枚や製作中の模型も挟みながらボチボチと・・・。

Sr0012816

ブログを始めてからというもの、いつかはこの特集を組んで自分の記憶と記録をまとめておきたいと考えていました。
昔作ったロクニのアルバムを見返しながら当時の気持ちを思い出し、同じタイトルでやろうと決めた次第です。

碓氷峠廃止の1997年から中途半端な17年ですが、EF62が東海道に現れてからはちょうど30年になります。
そうか、、、そうすると自分のテツ活動開始からも30年の節目なんですね。
ロクイチ一本で来た20年(+10年)だった気がしてますが、こうして見るとロクニも結構やってたみたいで。。。(汗)

ロクニを通していろいろな方々と知り合いましたが、みなさん今どうしていらっしゃるんでしょうか?
さらには名前も連絡先も知らないけど、撮影に行くと必ず会う人たちも。
みんなロクニが大好きでしたよね。 で、ほとんど峠区間には出没しないという(笑)

さて、峠の本務機という特殊な用途のために生まれ、峠とともに生涯を終えた機関車EF62。
東海道沿線で育った自分には縁もゆかりも無いはずだったのに、ある日突然やってきて、、、
大好きだったゴハチを追いやった憎きカマだったはずなのに、その姿が忘れられなくなり、、、
最期の最後まで見届けてしまった、貫通扉付き機関車の中で一番好きなカマがEF62。
今でも横川の庫の中で大切に保管されているのは幸いです。

どうぞしばらくの間つまらない思い出話にお付き合いください。

***********************************************************************************************

273/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #14

今夜も細かい作業が続きます。
時間が無いのでちょっとだけ。。。

***********************************************************************************************

Sr0012811

こんなものも用意してみたんですが、ロクニにはこのストッパーの土台は高すぎます。

そこで、リューターで削り始めたら、あっという間にスッ飛んで行かれましたわ(泣)
事前に黒染めしてあって、床の色とほぼ同じ・・・探すことは困難です。
1個残ってもどうにもなりません、、、開封2分で300円パァー、、、合掌!

***********************************************************************************************

Sr0012812

しょうがないので0.28x0.84mmのプラ帯板と0.35mmの真鍮線で「ソレラシキモノ」をでっちあげです。

黒染めも面倒だったので、真鍮の塗装下地処理としてシアノンSを塗りました。

***********************************************************************************************

Sr0012813

このへんのパーツと一緒に青15号を吹きました。
放熱器モニターが青なら、たぶんランボードとパンタ台も青だろう、、、と。

ホント、突き詰めていくと屋根上&床下って厄介です(悩)
でもそれが楽しかったりして(笑)

***********************************************************************************************

272/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #13

いよいよ、前面警戒色クリーム1号の塗装に入りたいと思います。

机の上に出ている都合上、続きで11号機から。。。

***********************************************************************************************

Sr0012806_2

一回目は軽くクリーム色エリアの確認程度に吹いてみるつもりで。

角のRは半径0.6mmでレーザーカットしたシール用紙を貼っていますが、たぶんダメでしょう。
あとでRの修正は覚悟しています。

***********************************************************************************************

Sr0012807

こんな感じになりましたが、テスト吹きどころじゃなくガッツリ吹いちゃいました・・・(汗)

***********************************************************************************************

Sr0012808

おや? 思ったほど酷くないですね、、、これは後が楽です、ラッキー!

ここで乾燥タイムをしっかり取って、1200番のサンドスポンジでマスキングの段差を水砥ぎします。

***********************************************************************************************

Sr0012809

水砥ぎを終えて、一度クリヤーを被せておきます。

これはクリヤー吹いた後ですね。
砥ぐのにベタベタ触ってたらもう銀差しが剥がれてきてます(汗)

***********************************************************************************************

Sr0012810

ボディのクリヤーが十分乾燥したところで青に塗ってあった扉を付けて、塗り分けラインに合わせてマスキング、
クリーム色を塗装してクリヤーまで仕上げました。

***********************************************************************************************

Sr0012803

待ち時間にスカートの加工を考えてます。

11号機はこの網目ステップではなく一枚板状のもの。
とりあえず引っこ抜いて、別に作ったものを付けたいと思います。

***********************************************************************************************

Sr0012805

板状のものを直接スカートに接着するのは強度的にヤバいので、引っこ抜いて開いた穴に
0.5x1.0mmのプラ棒を差し込んで土台にしてみます。

土台の先端は薄く加工しましょうかね。
ステップ本体は0.2mmのプラ板か、お得意のペーパーレーザー加工で作る予定。。。

これじゃあ54号機より先に11号機が竣工しちゃうなぁ。

***********************************************************************************************

271/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

Pトップ+チキ 工臨

一番いい時期の工臨なんですが、まだ草刈がされてなかったのが残念・・・。
KT君、みなさん、朝早くからお疲れ様でした。

さぁ、仕事仕事~。。。

***********************************************************************************************

Simg_00081

2014.9.27 両毛線 岩宿-下新田 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/640 f.5.0 ISO:400 W/B:AUTO

ちょうどいい具合に陽が昇り始めたのに、チキ2両が草の中へ・・・。
この時期はスズメバチとか怖いから藪漕ぎ・草刈りは遠慮したいところ。

***********************************************************************************************

Simg_00181

2014.9.27 両毛線 国定-岩宿 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.4.5 ISO:400 W/B:AUTO

いつものパターンでカーブを切り取って終了。
KT君はイセ-コマ間に合ったのかな?

***********************************************************************************************

270/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #12

ここのところ毎日少しずつでも進められているので、調子がいい感じです。

が、ミス発覚!
パンタの向きが違うとコメントいただきました・・・(汗)
キチンと調べもせずに思い込みだけでやるとこうなります。。。

まずはそこから。

***********************************************************************************************

Sr0012790

問題のパンタです。

パンタ台枠のバネの間に付くシリンダーが前後方向と左右方向にあるのですが、車端側に左右方向の
ものが来るのが本来のPS17の使い方です。
よって、関節の赤色も反対側になります。

***********************************************************************************************

Sr0012792

車端側に横向きシリンダーと関節の赤、これが正解。。。
たかかさん、その節はありがとうございました。

ついでにランボードも側面をペーパー掛けして、黒、銀と塗りなおしです。

***********************************************************************************************

Sr0012793

一回目のクリアー塗装に備えて区名札差しを磨き出しておこうと思います。

***********************************************************************************************

Sr0012795

クリアー吹き完了、これでクリーム色を入れられます。

***********************************************************************************************

Sr0012796

細かいパーツ、たぶん今回一番小さいんじゃないでしょうか、コレ。
EG表示灯のレンズです。
クリヤーイエローが無いので、純色イエローを塗ってその上にスモーククリヤーを掛けます。

いや、やっぱりクリヤーイエローを準備するべきか・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012797

これも細かい。。。

とりあえずMr.メタルカラーのアルミで大雑把に銀色入れて、水性のブラックで修正します。

***********************************************************************************************

Sr0012798

ハイ、これも修正です。

やっぱり放熱器モニターも青だと思います。
なかなか確証的な写真が無いのですが、モニターのHゴムが黒というのを考えると、どの写真も
モニター本体とHゴムの素材が違うとはいえ同じ黒色とは思えないんです。

***********************************************************************************************

Sr0012800

区名札差しの磨き出し、EG表示灯本体の取り付け完了!

あ、時間だ、、、夜遊びに行かないと。。。

***********************************************************************************************

269/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #11

今日も少し進めて寝ましょう。。。

***********************************************************************************************

Sr0012759

昨日せっかく組んだパンタをまたバラしてます。

どうやら取付け脚は銀でその下の碍子との間に挟まる絶縁スペーサーが黒みたい。。。
このプラパンタではそんな細かい工作は無理!
取付け脚はおとなしく銀にしておきましょう。

***********************************************************************************************

Sr0012760

ランボードの側面を銀にします。

***********************************************************************************************

Sr0012761

とりあえず再組み立て、、、ランボードの銀は目立たないなぁ・・・。
光の加減なんだろうけど。。。

EG表示灯は光らせたいんで後付けにします。
54号機の、先に付けたら中に塗料が入って、もううまく光らないっぽいです(泣)

***********************************************************************************************

Sr0012762

現在、屋根上はこんなことになってます。
FRP製モニターは真ん中が黒に近いグレーみたいなんです、お召し整備の11号機。
放熱器モニターは青じゃなくて黒でいいと思うんだけどなぁ。
ちょっと自信なくなってきた。。。

ランボードは成型のままだから縁がガタガタで、銀を塗るとラインが汚いんだよね。
これは一度ペーパー掛けした方がいいか。

あとは避雷器配線と高圧引込み母線だ。
こんなパンタだし、パンタ部分の引出し母線は省略しようと思います。
この申し訳程度のモールドで我慢しよう。。。

***********************************************************************************************

268/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #10

今日も細かいパーツの仕上げです。

***********************************************************************************************

Sr0012747

ボナのPH-044 EF58EG表示灯(旧型タイプ)を整形して黒染めしました。

***********************************************************************************************

Sr0012748

昨日避雷器に吹いたロックペイントの缶のプラサフは粒子が荒いので、今日はタミヤの
ファインサフェーサーL(ホワイト)を吹いてます。

***********************************************************************************************

Sr0012749

続いて貫通扉の整形とサフェーサー仕上げ。

田端機を種車にしているのでヘッドマークステーの削り落としと、ドアノブの削り落としです。

***********************************************************************************************

Sr0012750

11号機もとりあえずこのいただけないパンタを使うつもりです。

全体にプライマーZを吹いてからMr.メタルカラー MC218 アルミでお化粧します。

***********************************************************************************************

Sr0012751

エナメル系で取り付け脚を黒に、外向き関節部を赤に塗ってあります。

パンタシュー部分はツールクリーナーに浸した綿棒で落としておきました。

***********************************************************************************************

Sr0012753

あーあ、碍子が割れた・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012754

とりあえず3台目のロクニからパンタ部分を取ってきました・・・(汗)

***********************************************************************************************

Sr0012755

そのままでは白すぎる碍子を串刺しにしてプライマーZ、クリーム10号と吹きました。

***********************************************************************************************

Sr0012756

ここまで来ると、ちょっと組んでみたくなりますよね。

***********************************************************************************************

Sr0012758

全体として悪くは無いんですが、やっぱりパンタシュー周りが不恰好ですね(泣)

とりあえず早く仕上げまでもっていきたいところです。

***********************************************************************************************

267/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #9

いまだに前面警戒色が塗れていないロクニです。。。

避雷器が届いたので設置準備しました。

***********************************************************************************************

Sr0012739

避雷器はエコーのNo.1637 ヒライ器(B)、これがLA15Bです。
そして製造銘板はボナファイデじゃなくてレボリューションファクトリーの「川崎 青15号」にしました。

***********************************************************************************************

Sr0012740

さっそくマッハのメタル用シールプライマーを吹いてグレーにしたかったのですが・・・

***********************************************************************************************

Sr0012741

ハイ、台座折損・・・(汗)

片側の台座が曲がってたからちょっと直したらポロッと、、、二つとも。
アタマ来て右のは取付ボスごと削り取ってやりました!

これじゃ、台座を用意しないとダメか・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012742

面倒なので新しいの出してきて、屋根のRに合わせて台座を斜めに削りました。

予備含めてで3セット買っておいて良かったよ。。。

***********************************************************************************************

Sr0012743

仮装着の図。

台座を斜めに削ったから垂直OKです。

***********************************************************************************************

Sr0012744

今回は黒染めして、缶のプラサフ吹いて、Mr.カラーの明灰白色+フラットベース・・・ん?

間違えた、、、これは54号機じゃなくて11号機用、色褪せてないグレーにしないとダメじゃん。

***********************************************************************************************

Sr0012745_2

ということで、ファーベのねずみ色にMr.カラーのスーパークリアー半光沢を吹きます。

***********************************************************************************************

Sr0012746

置いてみました、いい感じです。
でもホワイトメタルだからなんか表面が粗いなぁ。

その他、ホイッスルカバーのパーティングラインを削ったり、旧横軽無線アンテナ台座を
1mm丸プラ棒と1.4mmの丸キリくずでそれらしい形にしてみたり。

それだけで夜は更けて行くのでした、、、寝よう。

***********************************************************************************************

266/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

【あの一枚】 #155 PF1001号機牽引 東急8500系甲種 '86

ついにネタ切れ? 貨物のPFに手を出す感じでしょうか・・・。

***********************************************************************************************

Scn0038_srv100_00

1987.8.7 東海道貨物線 辻堂-藤沢 9986レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.4.5 SRV100

東急8500系の中間車4両を牽引して新鶴見に向かう1001号機。
初めて1001号機を意識して撮ったのがこの時だったと思う。
逆光だったので絞り開放、周辺部の画像流れがひどくピントも甘い。

それよりも、この場所でまったく自動車無しのクリアーな編成写真が撮れてることに驚き。
踏切の向こうから撮るつもりでいたら下りの貨物がカブリそうだったので、急いで移動してきた。
当時はまだフェンスが無かったんだなぁ、、、と思ったら右奥から建植始まってるし。。。

***********************************************************************************************

265/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

【あの一枚】 #154 ロクマル(白)+やぎくぎ併結 '90

これから秋の多客臨で忙しくなるのに、ロクマルは一向に本線に戻って来ませんね。
この秋、高崎のカマ回しはギリギリではないでしょうか。
今のところ全ての予定はクリアしているようですが。。。

***********************************************************************************************

Simg339

1990.7.23 武蔵野線 新座 9744レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/750 f.4.5 HG200

今見ると周りの景色がずいぶんさっぱりしている。
逆光の時間だが、やすらぎ+くつろぎの12連がきれいに収まった。

この頃はまだロクマルやPトップが新鶴見に顔を出すのは珍しく、なるべく武蔵野線内で撮りたかった。
と言っても、どこも逆光で、結局お手軽な新座先端でお茶を濁してしまった。

***********************************************************************************************

264/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

【あの一枚】 #153 チキに載る貨物は・・・?

1987年の東北一周鉄研合宿の道中で、貴重なフィルムを使って残したこの一枚。
今もって何だか判りません・・・。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_10

1987.7.29 東北本線 陸前山王
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

貨物列車の一端に連結されたチキ6000に載るこの物体は一体なんだろう。
何かのスロープっぽい踏み板がありますし、中央にはタイヤも見える。
油圧で上下しそうな、、、やっぱりスロープか。

色がク5000のような感じから、自動車積み込み線の末端で使うスロープ?
でも畳める必要は無いのでは?
そうか! 1段目と2段目! 両方に対応したものかも!
そういえば陸前山王でも自動車の扱いがあったような気がする。
不要になってどこかに送られるのだろうか。。。

わざわざ貴重なフィルムを1コマ使って、何がしたかったのだろう。
とりあえず撮って、後から調べる予定だったのかも?
27年経った今でも判らないとか・・・。

***********************************************************************************************

263/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

茶釜ロクヨン C61出場配給 と Pトップ 旧客回送

休みだったので一日テツしてきました。
EB君、KT君も参戦ということで、久しぶりに3人つるんで回りました。
EB君は遠いところお疲れ様でした。

途中、自車のトラブルでご迷惑をお掛けしましたが、どうにかKT君の車で最後まで出来たので助かりましたよ。
結局、バッテリーがもうダメだったようで、手持ちのにつなぎ直したらあっさり直りました(笑)
やっぱり通勤距離が長いとバッテリーのヘタりも早いんですね・・・(汗)

***********************************************************************************************

Simg_99191

2014.9.19 高崎線 岡部-本庄 配9793レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/1600 f.8.0 ISO:400 W/B:AUTO

まずはロクヨン1031号機牽引、横浜線205系H22編成の譲渡配給から。
本当に久しぶりのオカ-ポン築堤アングル。。。10年ぶりくらい? そんなことないか。
朝の高崎線下り、晴れるとここも光線が厳しいなぁ。

***********************************************************************************************

Simg_99281

2014.9.19 高崎線 北鴻巣-吹上 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.8.0 ISO:400 W/B:AUTO

続いて茶釜牽引のC61出場配給へ。
北鴻巣の田んぼ、ここも10年以上来てなかった感じ?
バックは完全に住宅地になってしまった。

しかし珍しい時間帯のSL回送だよね。

***********************************************************************************************

Simg_99341

2014.9.19 高崎線 岡部-本庄 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

2発目は定番、オカ-ポン鉄橋。
初めての組み合わせとあって、結構な人出で・・・。
ここは曇ってくれてちょうどいいくらい?

***********************************************************************************************

Simg_99441

2014.9.19 高崎線 神保原-新町 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

3発目は神流川手前のS字で。
もうコメントも無い。。。

***********************************************************************************************

Simg_99491

2014.9.19 高崎線 北鴻巣-吹上 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

シメは高崎の機走線の戻りで。
メシは戻る途中の吉野家で。
EBI君居なければオカ-ポン鉄橋だけ撮って帰ってるよ、絶対。

***********************************************************************************************

Simg_99821

2014.9.19 高崎線 岡部-本庄 回9891レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.4.5 ISO:400 W/B:AUTO

最後にPトップの旧客回送を本日2度目のオカ-ポン鉄橋で。
1本前のPF貨物は晴れてたのに、本番はガッツリ曇った。。。

ちょっと中途半端なアングルだったかな、もうちょっとサイドにすればよかった。
また次回に期待ですね。

皆さんお疲れ様でした。

***********************************************************************************************

Simg_99601

Pトップが来る前に土手を降りて遊んでました。
なんだか「日本の秋」って感じで、すごく癒されました。
北鴻巣に放置した故障車のことなんかまったく忘れて・・・。

***********************************************************************************************

262/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

【あの一枚】 #152 クハ165-1 高崎にて

送別会で遅くなってギリギリ、貼り逃げです。。。

***********************************************************************************************

Sbw0026_npf_06

1989.1.30 高崎線 高崎
AE-1P + 75-200mmF4.5 NP-F

夜の高崎で見つけたクハ165のトップナンバー。
上沼垂の峠越え運用で高崎に顔を出していた。

***********************************************************************************************

261/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #8

11号機を進めているところですが、足りないパーツが出てきました。。。

***********************************************************************************************

Sr0012733

まずは青15号の仕上げ前に各種小物を取り付けです。

エコーのNo.1029信号炎管、No.3612カバー付ホイッスル。
パンタ作用管と旧横軽無線のケーブル管を0.3mmの真鍮線で作りました。

***********************************************************************************************

Sr0012734

黒染め完了・・・と、ここで気づく。。。

1次形は避雷器が端に寄ってるからパンタ作用管はクランクが無いんじゃないか?
ハイ、やっぱりクランク無しでした、作り直し。

***********************************************************************************************

Sr0012735

ということで、諸々、取り付け準備完了です。

避雷器LA15Bが無いのでエンドウのLA16を置いてみました。
こんなの何に使うつもりで買ってあったんだろう・・・。

あー、よく見るとホイッスルカバーにパーティングラインあるなぁ。

***********************************************************************************************

Sr0012737

在ると思ってた製造銘板、「川崎」が無いので青15号の仕上げは持ち越しです。
これは後からきれいに付ける自信が無い。。。エンド板は小さいから大丈夫だと思うんだけど。

そんなんで、後回しの予定だった側扉の手すりを作って先に装着しちゃいます。
フロント窓下はステンレス磨き出しだからやっぱり洋白線を塗装後に付けた方がいいでしょう。
クリーム塗装に掛かる入換え用手すりも後付けです。

ということで、パーツ発注しないと!
LA15Bはエコー、製造銘板はボナにしますか。

***********************************************************************************************

260/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

【あの一枚】 #151 茶色いゴハチと「くつろぎ」 大宮にて

大宮工場(あえてこう呼びたい)の一般公開の閉幕後には機関車の入換があるので、毎回楽しみでした。

***********************************************************************************************

Simg3708

1998.10.24 大宮車両所にて
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/20 f.4.5 T400-CN

一見150号機のようにも見える茶色いゴハチは、この年の展示に合わせて茶色くなった125号機。
青大将の93号機と繋がれて整備棟の裏に押し込まれてきたところをとらえた。

ナンバーが無かったり、握り棒が無かったり不完全な状態だったが、パックが青に戻った時には
青、茶、青大将、ロクイチと堂々4種類のゴハチが見られたのだ。
そんな125号機も残念ながら2001年にあっけなく解体されてしまった。

***********************************************************************************************

259/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

【あの一枚】 #150 9月の夜 横川にて

なんだか久しぶりな【あの一枚】です。

***********************************************************************************************

Simg3923

1997.9.27 信越本線 横川 横川機関区
NikonF + 105mmF2.5 10sec f.8.0 REALA FL-W

AM4:05、上り「能登」の仕業を終えて機関区に戻ってきたマーク付きの10号機+15号機のペア。

朝晩涼しくなり秋の気配が近づいてくると、この横川の夜を思い出す。
「浪漫」を使用した団臨が大変早い時間に峠を降りてくるため、珍しくこんな時間に横川にいた。
KT君と高崎線の最終で高崎まで出て、続行の「能登」で小諸ターン。
未明の横川で時間を潰し、始発で松井田のR18号俯瞰へと向かった。
スッキリ晴れとはいかなかったが、松井田の大築堤を行くロクニ+浪漫を撮ることができた。

あれから17年・・・この10号機は今も横川の庫の中でその姿を見ることができる。

***********************************************************************************************

258/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #7

ロクニの前面警戒色を早く塗りたいので、54号機と11号機の足並みを揃えるため、頑張って1次形の
フィルターを嵌め込んで塗装まで終わらせました。

***********************************************************************************************

Sr0012724

1次形のテールは小判型なので、エコーのNo.3610 円板取付式テールライトを埋め込みます。

***********************************************************************************************

Sr0012725

既存のテール穴を2mmのドリル刃でもんだ後、丸ヤスリの直径2.4mmのところにテープを巻いて
その位置まで削り広げています。

***********************************************************************************************

Sr0012727

エコーのテールを黒染め後、シアノンSで固定し1回目のサフェーサーを吹いてあります。

作業中に破損した短縮水切りを再生し、側窓のRを整形中。

***********************************************************************************************

Sr0012728

今回の11号機はお召整備機ということで、ガイアの青15号をそのまま希釈して使用します。

まずは下塗り、フラットベースを少し入れて色付サフェーサーのような感じに。
もう一度面出しして上塗りします。

***********************************************************************************************

Sr0012731

54号機との比較を。

やっぱり色が付くといいですね。1次形フィルターもまぁ及第点です。
でもなんだか11号機の方が薄く見えるのは、下の反射のせいでしょうか?
肉眼だと54号機は超色褪せ機なんですけど・・・。

11号機の手すり関係は後付けの予定です。

***********************************************************************************************

257/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #11

名もなきカメラマンの記録から、、、いよいよ最後のページになりました。

こんな脱線した特集を組んで90年も前のネガからいくつか写真をご紹介してきたわけですが、
今回改めてネガを並べ直し、その撮影過程が明らかになってくると新しい発見もありました。
その場の真実を一瞬で記録する”写真”は本当に素晴らしいものだと思います。
カメラはもちろん、フィルムだってそう簡単に手に入るものではなかったでしょうに、こうして記録を
残してくれたことにまず感謝する次第です。

そして、その記録された写真に映る世界と、様々な文献に残る事実の記録を繋ぎ合わせたとき、
この関東大震災という未曽有の大災害が自分の中でより身近なものに思えてきました。
2006年に96歳で亡くなった横浜生まれ鎌倉育ちの祖父にもっとこの当時の話をきいておけば
よかったと今さらながら大変後悔しています。
大震災や戦争は「怖いもの」としか思っていなかった自分に腹が立ちます。

資料に残らない一人一人の記憶は、誰かに伝えなければそれで終わってしまうのです。
この特集をやって、自分がこの半生で見てきたものをきちんと伝えられるように整理しておきたい
と思うようになりました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが最終回は完全に”お尋ね写真”です。
明確な場所の答えが出せないけどすごく気になる写真。。。
どなたかご存知ではありませんか?

***********************************************************************************************

Simg3887

大正12年9月

震災直後の様子をとらえたものと思われます。
今まさに火の手が街を包み込もうとしているようです。
これに繋がるネガは同じようなアングルの1枚だけです。

そんなに高くない丘に挟まれたところには平屋の民家、丘の上には洋風の建物・・・
この感じ、横浜・山手だと思いますが。。。
山手において地震では倒壊せず、後の火災によって消失した丘の上の洋風の大きな建物というと学校
横浜千歳縫裁女学校(後の横浜女学院)
横浜共立女学校(後の横浜共立学園)
横浜紅蘭女学校(後の横浜雙葉学園)
横浜第三中学校(後の横浜緑ヶ丘高校)

場所的にそんなに深い谷ではないようだし、妙香寺から見た紅蘭女学校附属初等科のような
感じがするのですが、私にはまったく確証的なヒントが見つけられません。
この地形と延焼地図から拾っていくしかなさそうです。

見る人が見れば簡単にどこだか判るのでしょうけど・・・。

***********************************************************************************************

Simg3885

大正12年9月9日

続いて9月9日のネガから、これも丘と建物の感じから横浜・山手界隈だと思うのですが、
なかなか確証的な位置が見つかりません。

中央には大変特徴的な洋館が無傷で残っています。
その左、遠くには教会の屋根のような尖塔が見えますね。
手前の瓦礫、樹木のある土地と、洋館の間には谷があります。

ネガを見たときには大神宮山の「ヴィラ・サクソニア」かと思ったのですが、ちょっと様式が違いますね。
それにしても、手前の住居が並んでいたであろう土地は見事に何も無くなっていますね。

***********************************************************************************************

Simg3844

大正12年9月9日

さらに近づいて撮影しています。
本当に立派な洋館で、尖塔部分には何か避雷針のようなものも立っています。

右手には上の写真から続く道が谷に沿ってV字の坂になっているようです。
丘の上は周りにも建物が残っており、谷が焼けつくされたのとは対照的な状況です。
洋館の下の崖には火炎に煽られたような黒い模様が続いています。
画面下で横に続く石垣は手前が道路だったのでしょうか。

これだけ立派な洋館が残ったのですから、何かしらの手がかりが掴めても良さそうなものですが、
今のところ正解に辿りつけていません。

鋭意調査中ですが、皆様の中で何かご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

こんな感じで終わるのは大変不本意ですが、これにて特集「名もなきカメラマンの記録から」を
終了させていただきます。
お付き合いいただきありがとうございました。
今後もこれらを始めとする撮影場所不明ネガの調査は続けていきます。

***********************************************************************************************

256/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #10 

名もなきカメラマンの記録、最後2回にわたり街の様子をいくつかご紹介してみたいと思います

これまでご紹介した鉄道関連の写真はどれも「現在の姿を知ってる場所」の惨状でしたが、
場所の記載があってもさすがに当時の街並みだけではどこだかすぐに判らないものもあります。
私なりに判る範囲の解説をしてみますので、もし詳しい場所が判る方がいらっしゃったら、
是非ご教授ください。

***********************************************************************************************

S9

大正12年9月12日 星の井

第1回目の江ノ電沿線のネガの他にもう1セット9月12日の日付で鎌倉のものがあります。
その中で街の様子を割りあい広く写したものがこの「星の井」です。

これはもうズバリで鎌倉坂ノ下、星の井近辺ですが、道が左にカーブしながら坂を登っていくところ、
正面の山の中腹に潰れた建物、太陽が画面左から照らしていることなどから、
御霊神社入り口の力餅屋の前あたりから極楽寺坂方向を見たものだと思われます。

道の先を拡大すると・・・

S91

道が左に折れるあたりではお母さんがたらいで何か洗っているようです。
その先、潰れた建物の手前の坂を二人降りてきていますね。
この潰れた建物は当時の虚空蔵堂だと思われます。

戻って左手の郵便ポストあたりを拡大すると・・・

S92

ポストの左に何やら看板らしきものの一部分が見えますが、残念ながら判読できません。

***********************************************************************************************

Simg3862

大正12年9月

続いては9月17日の一連の平塚のネガの前コマです。
最初ネガが繋がった時はこれも平塚で駅の北東、当時の国道1号線(現在の旧道)の馬入川手前かと
思っていたのですが、よく見ると道の上には路面電車の架空電線のようなものが張られている
ではありませんか。。。平塚に路面電車はありません。

中央あたりを拡大してみると・・・。

Simg38621

道路のはるか向こうには三角屋根の大きな建物、道を行くトラックは警察か軍のものでしょうか。
やはり路面電車の架線が張られていますね。
そして、手前の右手に棒のようなものを持った人が着ている半纏の背中にあるのは当時の
東京市のマークのようにも見えます・・・。

これで一気に平塚という選択肢は消えてしまったような気が。。。
いったいこれはどこでしょうか、平塚に来る前に撮った東京?横浜?
皆目見当も付きません。

***********************************************************************************************

Simg38531

大正12年9月19日 小田原

根府川・真鶴を回った帰りに通った小田原の街の様子です。
場所の特定は難しいかと思われましたが、画面上にヒントが散らばっていて、思いがけず判明しました。

画面奥で道路を跨ぐガーダー橋、右下に見えるレールのようなもの、そして最大のヒントは
ガードの上に見える樹木でした。

この当時、小田原界隈で築堤上を走り、ガードで道を跨ぐのは熱海線しかありません。
そして道路に埋もれるようにして敷かれた軌条、左の電柱には架線吊りのビームが出ているのも
見えますので、電化されている市内(当時は町だったから町内?)電車の線路でしょう。
最終的に場所の特定を確実なものにしたのがガードの上に見える樹木、光圓寺の大イチョウでした。
よってここは小田原電気鉄道の早川口(軽便鉄道前)電停付近で間違いありません。

熱海線開通までは写真の左後ろにある路地を入ったところに熱海鉄道(熱海軌道組合)の
小田原駅があって、このあたりは乗り換え客で相当賑わっていたようです。
そして現在でも国道1号線を跨ぐ東海道線のガードの向こうに大きなイチョウの木が見えます。

Simage911

~グーグルマップ ストリートビューより~
こんなことにグーグルマップが役立つとは思いませんでした。
まさにこの場所であります。

そして当時の写真で個人的に一番気になったのが道路右の店舗・・・

Simg38532

道の右側を拡大するといくつもの看板が見えます。

右書きの「親切☆第一 クスリはホシ」、浅田飴に救命丸、アルボースとくれば間違いなく薬屋ですね。

小田原というとこの写真の後方500mほどのところに、今でも「ういろう」と「小西本店」という
老舗の超有名な薬屋がありますが、こんな大衆的な薬屋さんも近くで頑張っていたと思うと、
同じ業界の人間として熱いものがこみ上げます。
救命丸の看板に隠れて屋号が判読できないのが残念です。
最後の一文字は見えるのですが解読出来ません。。。
「変体かな」にしては整い過ぎている感じもしますね。
店舗の被害も少なそうなので、震災時も街の人々の健康と衛生に一役買ったものと思います。

手前には「和洋建築用・・・」という看板が見えていますが、どうやら1階が潰れて2階がそのまま
上に載っているようですね。ご家族は無事だったのでしょうか。
こちらも残念ながら屋号の判読は出来ません。

諦めて記事をアップした後、もう一度調査したところお名前が判明しました!
薬屋さんは剣持さん、建材屋さんが武井さん。。。
が、慌ててアップしたので間違っていたようです・・・。
ガードから22軒目の薬屋剣持さん、隣のノコギリ屋武井さん、ちょっと位置的に遠すぎる。

あ、もっとガード寄りにもう一軒薬屋さんがあるじゃないですか!
ということで、仕切り直し。
調査の元になった図を載せられないのがもどかしいところです。
この薬屋さんはガードから9軒目の 小島さん というお宅のようです。

見つけた大正8年の市街図では薬屋さんの隣がせんべい屋石井さんと手荷物取扱所になっていて、
その隣が大工の牧岡さん。4年でせんべい屋さんが建材屋さんになるかなぁ。
いや、前年の熱海線の開通でここ早川口を始終着としていた軽便が無くなったわけだから、
乗り換え客目当てのお土産屋とか手荷物扱所なんかは商売を変えた可能性もあるよなぁ。

でもまぁ、この薬屋さんは位置的にも「小島さん」で間違いないでしょう!
・・・だから何だ、と言われてしまえばそれまでですが、自分の中ではすごく嬉しいんです。
なんだかちょっとだけこの写真の世界に近づけた気がするんです。

***********************************************************************************************

255/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #9

名もなきカメラマンの記録、まもなく根府川に到達しますが、はっきり言って被害が大きすぎて
ネガに残された写真も何が何だか全く判りません。。。
被災状況の詳細は「鉄道震害調査書」に任せるとして、ネガに日付と場所の記載があるものから
いくつかご紹介したいと思います。

***********************************************************************************************

Simg3895

大正12年9月18日 熱海線 早川-根府川 根ノ上隧道

石橋の鉄橋を通って石橋山隧道を抜けたあとに現れるのが根ノ上隧道です。
これは小田原側の様子で、上を通っていた県道もろとも崩壊し坑口を半分埋めています。
このあたりではレールは上り線側だけ敷設されていたようですね。

現在の東海道線もこのルートを通っていますが、ここにトンネルはありません。
震災後、復旧工事でトンネル修復を諦め、山を削って切通しに変更されているのです。
その痕跡はトンネルだった場所の退避坑がある側壁として今でも見ることが出来ます。

***********************************************************************************************

Simg3867

大正12年9月18日 米神付近

海側の集落端から熱海線の築堤方向を見たものです。
地震と同時に発生した山津波によって米神集落は壊滅状態、かろうじて画面中央を横切る
熱海線の築堤が確認できるだけで、手前の民家は土砂と水没で跡形も無くなっています。

国府津から小田原、根府川へと被災地を記録しながら10キロも移動してきて日没が近いのでしょうか、
ネガに残った画像は大きく手ブレしてしまっています。

この米神と根府川の山津波の被害については 「未曾有の大災害と地震学 -関東大震災-
(古今書院刊)」に詳細があります。

***********************************************************************************************

Simg3892

大正12年9月19日 根府川

在るはずのものが無いので、どこだか判らない写真になってしまっていますが、根府川駅近くの
岩泉寺のあたりから鉄橋のあった方向を撮ったもののようです。

ここも山津波で白糸川沿いの集落と熱海線の鉄橋が被災しています。
開通1年たらずで巨大な鉄橋が橋脚もろとも丸々消えたことになります。

駅があった場所には近づけなかったのでしょうか、ネガがありません。
また、このあたりで鉄道に関するものの痕跡はネガに無く、残念ながらこれだけです。

***********************************************************************************************

Simg3850

大正12年9月19日 熱海線 真鶴付近

一連の熱海線のネガの最後にあるのがこれです。
当時の終点、真鶴駅手前の築堤上で小田原方を見たもののようで、瀧門寺のあたりだと思われます。
記入された数字は10と1/2マイルでしょうか、国府津起点からちょうど17キロ弱で一致します。

ここは駅に近く、すでに複線が敷かれていたようです。
驚くのがこの区間の築堤の崩壊の様子で、下り線の道床がそのままの形で滑り落ちています。
右側、滑り落ちた築堤上に枕木の跡がはっきり見て取れます。
たいした重機も無いこの時代、出来上がったばかりの築堤はまだ土が締まっておらず、いとも簡単に
崩れてしまったのでしょう。

もしこの震災がなければ翌13年度には熱海まで開通し、横須賀線と同時に電車運転が開始されていた
かもしれないというのは歴史のもしも。
そしてそれは戦後の80系湘南電車登場まで待たされることになるのです。

***********************************************************************************************

これで9回続いた鉄道関連のネガを終わりにしたいと思いますが、最後に2ページ分だけ
街の様子などをご紹介して「名もなきカメラマンの記録から」を完とさせていただく予定です。

***********************************************************************************************

254/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #20

完成に向けて54号機の避雷器周辺をちょっといじりました。

***********************************************************************************************

Sr0012668

付属の避雷器配管を利用するべく、仮付けしてみたら先端が避雷器カバーに乗っかってしまいました。
それになんだか太い。。。

***********************************************************************************************

Sr0012672_2

ということで、先端を切り落とし、0.3mmの穴をあけて真鍮線を挿しました。
初めてパワーエースが役に立ちそうですね。
軟プラ+金属はダメ? でも今のところ接着出来ています。。。

***********************************************************************************************

Sr0012671

こんな感じになる予定。
プラ部分にはプライマーZを吹いてあるので、このまま黒染めスプレーしちゃいます。

***********************************************************************************************

Sr0012694

避雷器配管も完成し、パンタ装着。
止まっていたスカートも各ジャンパー栓などをエポキシで付けて明灰白色を吹きました。

さぁ、やっと54号機のゴールが見えてきたぞ~。

***********************************************************************************************

253/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #8

名もなきカメラマンの記録、石橋山隧道を抜けて玉川橋梁へやってきました。
現在でも「石橋の鉄橋」として有名なカーブしたガーダー橋の被災状況です。

***********************************************************************************************

Simg3857_2

大正12年9月18日 熱海線 早川-根府川 玉川橋梁

まずは小田原側石橋山隧道出口付近からの全体像です。
下り線のガーダーが熱海方を軸に落下しているのが判ります。

***********************************************************************************************

Simg3894

大正12年9月18日 熱海線 早川-根府川 玉川橋梁

被害の少なかった上り線の上を歩いて途中まで来たようです。
ここでも下り線はまだ使用されておらず、レールは敷かれていても脱輪保護レールや渡り板などの
補強となるものが無かったため、簡単に動いて落下してしまったということです。

下の民家は大丈夫だったのでしょうか。。。

***********************************************************************************************

Simg3856

大正12年9月18日 熱海線 早川-根府川 玉川橋梁

振り返って小田原側を撮っています。
下り線のレールが虚しく空を跨いでいますね。
このあたりの民家はまだ藁葺きが主体のようです。

一番上の写真やこれなど、100年近くの時が流れても「石橋」であることがすぐ判るというのは
ある意味凄いと思います。

次は米神を通って被害甚大な根府川に向かいます。

***********************************************************************************************

252/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #7

名もなきカメラマンの記録、今回は小田原駅と早川方面の様子をご紹介します。

***********************************************************************************************

Simg3861

大正12年9月18日 小田原

下りホームの中ほどから熱海方を見た様子です。
ホーム上屋はことごとく崩れ落ち、上りホームでは停車中の客車に覆いかぶさっています。
「鉄道震害調査書」によれば、小田原ではタンク機1両、テンダー機2両、客車6両、貨車32両が
被災しているとのこと。
その客車6両がここに写る一連のナハ22000形と思われ、手前から車掌室の付いたナハフ、
車掌室の無いナハ、2連窓で間隔一定に見えるのはナロ?、・・・と繋がっているようです。

また、洗濯物が干されるなど、なんとなく生活感のあるホームですが、留置された客車の中で
被災民が生活しているものと思われます。

ここではまだ電化の足音は聞こえていないようです。

***********************************************************************************************

Simg3847

大正12年9月18日 早川-根府川 不動山隧道熱海口

次は早川駅を通り越して、最初のトンネル「不動山隧道」を熱海側から撮っています。
ネガにある”5と1/2”は国府津起点からここまでの熱海線の距離、5.5マイル=約8.8kmに一致しています。

美しい複線用のトンネルには上り線側のみにレールが敷かれているようです。
内部のアーチに大きな破綻は見られませんが、こちら側の坑口はポータルに亀裂が入り
迫石に沿って破断してしまっています。
路盤の瓦礫は山側の擁壁が崩れたものでしょう。

この後は石橋のカーブ鉄橋として有名な、玉川橋梁へと続きます。

***********************************************************************************************

251/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #19

このへんで54号機の記事を挟んでおきましょうかね。

と言っても、避雷器やっつけただけですが・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012639

付属パーツの避雷器、LA17です。
田端のロクニ 54号機はPFと同じLA15Nですから、もっとずんぐりで上下にリブ、切欠きは前後方向です。
※末期は41、46、49号機がこのLA17になっていました。

これはどうやらEF63の流用のようですね、列車無線アンテナも。

***********************************************************************************************

Sr0012654

問題の避雷器なんですが、右側がロクニの付属のダメパーツです。
※ダメではなく、ツルシの製品仕様で付けられる番号が46号機限定になります。
 同じヘッドマークステー付でも、43号機は54号機と同じLA15Nです。

今回欲しいのが左、KATOのEF65 1000から引っこ抜いてきました。

***********************************************************************************************

Sr0012658

ランナー伸ばし線を穴に突っ込んでシアノンSで固定です。

***********************************************************************************************

Sr0012659

仮装着の図。。。やっぱコレだね♪

***********************************************************************************************

Sr0012660

イメージはOK、プライマーZ吹いて塗装しておきます。

さあ、涼しくなってきたし、前面警戒色をマスキングして仕上げに向かいましょうかね!

***********************************************************************************************

250/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #6

名もなきカメラマンの記録、今回は鴨宮駅を過ぎて酒匂川橋梁の現場から小田原駅構内です。

***********************************************************************************************

Simg3886

大正12年9月18日 鴨宮-小田原 酒匂川橋梁

川に墜落して横倒しになった2号トラスを小田原側から撮影しています。
足場の問題もあるとはいえ、やはり専門の写真家ではなくサンデーカメラマンなりのアングルでしょうか。
もちろん貴重なフィルムですからバンバン撮るなんてことは出来なかったと思いますが。

***********************************************************************************************

Simg3897

大正12年9月18日 鴨宮-小田原 酒匂川橋梁

アングルをちょっと右に移動して横倒しになった2号トラスの底辺と1号トラス方向の様子です。
橋台や橋脚の被害は軽微でしたが、震動で下流側にトラスが移動し、2号トラスは落下して
上流側に倒れたということです。
この区間ではすでに複線の線路が敷かれていましたが、まだ上り線を使った単線運転でした。

***********************************************************************************************

Simg3851

大正12年9月18日 小田原

小田原駅構内の東端付近で国府津方を見た様子です。
築堤が大きく沈下し、留置中だった蒸気機関車「58684」が飲み込まれて転覆しています。

熱海線建設時に国府津駅の裏山から削りだした赤土によって築かれた小田原駅構内の築堤は
年月が浅いため締まっておらず、このように甚大な被害を出したということです。

***********************************************************************************************

249/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #5

筆休めに模型を挟んで、名もなきカメラマンの記録の5回目です。
平塚の翌日は国府津から小田原、熱海線方面へとかなりの距離を移動したようです。

ここでも鉄道が関係するネガからいくつかご紹介してみましょう。

***********************************************************************************************

Simg3852

大正12年9月18日 国府津

国府津駅西方から熱海線の小田原方面を見たところです。
光線の状態から、午前中早い時間の撮影のようですね。

波打った複線の線路と中央には倒れた場内信号機が見えますが、この時はまだ単線使用だったようです。
まっすぐだった築堤は大きく崩れ原型を留めていません。
熱海線の築堤は全体に竣工から年月浅く、各地で大崩壊の被害が出たそうです。

***********************************************************************************************

Simg3893

大正12年9月18日 国府津

橋台が崩壊して橋げたが落ちた江戸尻川橋梁の様子です。
築堤も大きく崩れ、橋げた上の枕木から外れたレールが宙を跨いでいるのが判ります。

再掲載ですが、鉄道の被災状況は「鉄道震害調査書 大正12年」に詳細があります。
国立国会図書館 近代デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/
「鉄道震害調査書 大正12年」 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1175815

***********************************************************************************************

Simg3854

大正12年9月18日 鴨宮

ネガに場所と日付の記載が無いですが、続いて現れるのが酒匂川橋梁なので、その手前の
鴨宮駅と判断した次第です。
拡大しても鴨宮駅の確証となるものは何もありませんが、前方の山並みと前方線路が左に
カーブして行く線形から間違いないものと思います。
鴨宮駅舎倒壊、跨線橋被害軽微という「鉄道震害調査書」の記述にも一致します。
6月1日に酒匂川信号所から駅になったばかりでした。

ここで注目したいのが構内の様子で、なんとすでに上下線とも架線が張られています。
電化時には一方向に架線の吊架を進めるのではなく、あちこちの駅から工事を始めて全体を
繋げるという方法をとると早いのは判りますが、横浜-国府津間の電化完成が大正14年12月13日、
熱海線の小田原までの電化が大正15年2月1日で、まだ盲腸線だった熱海線の小駅がこの時
すでに電化準備完了していたとは驚きです。
ちなみにこの当時の辻堂駅は下り線だけ架線が張られていたようです。

***********************************************************************************************

248/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #6

たまには「もうひとつのロクニ」でも。

レジン複製で一応の目途がついている1次形フィルターは、微細な気泡発生という思わぬトラブルで途中
暗礁に乗り上げましたが、どうやら原因は今回初めて使った安い型取り用シリコーンゴムにあるようです。

というのも、最近倉庫で見つけた古くて固まりかけのシリコーンゴムを使って無理やり型取りしたところ、
微細気泡無くレジン複製出来たのです。
安いシリコーンは硬化後もドリップが多く、手に付くとそこらじゅうがツルツルしてしまい、今後何かしら
トラブルの元になりそうなので、おいとま願おうかと思います。

で、古いのでは流動性がほとんど無くキレイな型が出来ないので、新しいのを手配中です。
結局、安いのを買ってかなりの遠回りになってしまいました(泣)

***********************************************************************************************

Sr0012643

台車をバラして動輪も分解、洗浄の後、軸部分に木工用ボンドでマスキング中。。。

***********************************************************************************************

Sr0012645

今回、動輪の裏には黒染めスプレーを使ってみました。
黒染めといってもグラファイトの微細粒子を特殊なバインダーで定着させているだけのようです。
でもこれで済むなら簡単でいいですね、、、塗膜の強度とか未知数ですが・・・。

表は従来通り、ミッチャクロンを吹いてウイノーブラックです。

***********************************************************************************************

Sr0012644

台車枠などプラパーツもプライマーZを吹いてウイノーブラックです。

***********************************************************************************************

Sr0012646

木工用ボンドのマスキングを取って組み上げました。
黒染めスプレー、悪くないようですね。
これから傷が付いてどうなるか、ってところでしょうか。

後ろに銀色パーツが見えてますが、ぶっちゃけコイツにはお召装備の11号機になってもらう予定です。

***********************************************************************************************

Sr0012651

今回使うカラーは銀塗装部分にMr.メタルカラーのMC218番アルミ、磨き出し部分にタミヤエナメルの
X-32番チタンシルバーを使いました。

銀塗装はタイヤ側面や各部縁取り、ドア手すり、連結器などですが、本当は水性のタミヤアクリルか
Mr.ホビーカラーを使いたいところ、手持ちがありませんでした。
チタンシルバーは磨き出しのブレーキ引き棒に塗ります。
今の予定ではステンレス正面手すりは洋白線を使うつもりです。

***********************************************************************************************

Sr0012649

ピンバイスにポスカ用の替え芯を挟んで、吸わせながらタイヤ側面に塗っていきます。
水性じゃないからちょっと怖いですが・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012650

とりあえず塗り終わって、台車を組んでみました。
タイヤ側面とブレーキ引き棒の色味の違いは完全に自己満足ですね(笑)
画像ではほとんど差が判りませんが、実際言われても判らないくらいです、、、アァッーー!

この後、ブレーキシリンダーなどの小物パーツの銀差しが大変そう・・・。

***********************************************************************************************

247/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #4

名もなきカメラマンの記録、平塚の続きです。

平塚側から馬入川橋梁の被災状況を撮った後、一度駅方面に向かい近隣の状況を撮っています。
途中でフィルムが変わっているようでネガ自体がうまく繋がっていませんが、同じ17日の記録です。

***********************************************************************************************

S24

大正12年9月17日 平塚

次のフィルムの最初はこのネガで、日付と場所の記載が無く、繋げてみて初めて判った次第です。
最初は小田原付近の様子かと思ったのですが、後のコマと繋がると再び17日の馬入川が出てくるので
同じ日の平塚付近と判断しました。

画面の左端で大きく右カーブして馬入川橋梁に繋がる付近だと思われます。
線路際の建物は完全に倒壊していて原型を留めていません。
中央奥には大きな倉庫のような建物が残っていますが、小屋組みのトラスが落ちて崩壊寸前でしょうか。

***********************************************************************************************

S22

大正12年9月17日 馬入川

上り線の平塚方橋台上から茅ヶ崎方を見た様子です。
左上遠くに見える人道橋は木造の橋脚が残るだけになってしまっています。

二つ目のガーダーの右側にはナベトロのような台車があちこちに散乱し、その側板には右書きで
「宮代」の文字が見えます。

こんな状況で重機もないのに2週間で単線仮復旧させてしまう技術、根性は恐ろしいものです。
まさに人海戦術といった工事現場だったのでしょう。

***********************************************************************************************

246/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #3

名もなきカメラマンの記録から、しばらく続けていきたいと思います。
#1、#2と鎌倉~江の島方面を撮り歩いたネガから出してみましたが、この地域の写真なのに
どうしてもネガの切り口の状態がどこにも繋がらないものが2点残りました。

他の地域のネガも繋げてみると3コマとか2コマで、どこにも繋がらないコマ連があるので、
もしかすると核心部分はどこかに提供してしまった後の残りなのかも知れません。

続いてのネガは稲村ケ崎(霊山ヶ崎)の崩落現場から始まり平塚に向かっています。

***********************************************************************************************

S23

大正12年9月17日 馬入川

最初に出てくる鉄道関係は、東海道線で最大の被害となった馬入川橋梁です。
規模的には根府川が被害甚大ですが、当時まだ熱海線と呼ばれていました。

茅ヶ崎方上流方向から上り線の第四橋脚付近を写したものと思われます。
馬入川橋梁では上下線ガーダー合計56連のうち、47基が落ちたと記録されています。
落ちずに残ったガーダーは全て茅ヶ崎方のものでした。

鉄道の被災状況は「鉄道震害調査書 大正12年」に詳細があります。
国立国会図書館 近代デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/
「鉄道震害調査書 大正12年」 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1175815

***********************************************************************************************

S21

大正12年9月17日 馬入川

どうにか川を渡って平塚側に来たようです。
たくさんの人夫が現場に入っているのが判ります。
「鉄道震害調査書」によると、この日は復旧工事の着工日だったようです。
遠く左上の川の中には人道橋の残骸も見えます。

復旧は下り線の橋脚基礎を使用し、馬入川人道橋を架け替えるために用意してあった木材を橋脚に流用、
落ちたガーダーを引き上げて10月1日に単線開通したということです。

工事着手日に合わせてここに来ているということは、何らかの関係者だったのかもしれません。

***********************************************************************************************

245-2/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #2

名もなきカメラマンの記録から、次のコマでは振り向いて江ノ電の線路越しに倒壊した鈴木療養所、
さらに西へ歩いて山本橋から鵠沼方面へ出たようです。

***********************************************************************************************

S10

大正12年9月12日 片瀬 七里ヶ浜

#1の「七里ヶ浜」の右手後ろを写したアングルで、ちょうど鈴木療養所が見えます。
竹垣の手前が江ノ電の線路で、崩れた民家と蔵の背後、高い位置の建物が鈴木療養所の
渡り廊下と病棟でしょう。

「鎌倉震災誌」には全壊したとありますが、鈴木病院のホームページ”鈴木病院の歴史”によれば、
二階建ての本館は残ったということです。

***********************************************************************************************

S11

大正12年9月12日 鵠沼

どうしてもこのネガに書かれた「鵠沼」が判読出来ずに、最初はずいぶんと悩みました。
ネガのつなぎ合わせが終わった時に、隣のコマに「クゲヌマ」とあったため、無理やり読めた次第です。
”鵠”の字の”牛”が見えて下の”口”は見えず、”鳥”の四つ点は一本棒になっているということでしょう。
”沼”はどうにか”刀”の部分が判るので、さんずいは縦棒に変わり、”口”はほとんど横棒ですね。

その右の字が判別不能で”N”と”E”と数字が見えるのですが、位置情報としては不適切なようです。

さて、写真は交換設備があることから、鵠沼駅を藤沢側から見たものと思われます。
傾いた電柱の奥にホーム上屋が見えています。
しかし手前のポイント付近の屈曲は凄まじいですね、30度近く折れた感じでしょうか。

境川橋梁の写真は無く、どうしてこのアングルになったのか疑問もありますが、やはりこの屈曲部に
眼を奪われたのかも知れません。
この後”クゲヌマ”と書かれた、倒壊した家屋の写真で一連の6コマを終えています。

***********************************************************************************************

245-1/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

【関東大震災】 名もなきカメラマンの記録から #1

今年も9月1日がやってきました。

検索で「大震災」と打ち込むと3.11の東日本大震災が多くヒットします。
画像はもちろん動画も数多くあり、発生時点から時系列で辿っていくことさえ出来ます。
ケータイやデジカメが発達したことで誰もがカメラマンになって、全世界に発信することも可能です。

そんな情報化社会とは無縁な今から91年前のカメラがまだ超高級品だった時代、後に関東大震災と
呼ばれる未曽有の天変地異を貴重なフィルムに記録した名もなきサンデーカメラマンがいました。
私が所蔵する当時のネガから鉄道に関係しそうなものをご紹介してみたいと思います。

ブローニー版のネガは一コマずつバラバラになってしまっているため、ネガに記された日付と被写体、
ネガの切り口の具合から順番に並べてみたのですが、日付・場所の記入が無いものも多く、
とてつもなく大変な作業でした。
並べ終わるとネガに写った景色から、その行動の様子がわかって興味深いです。

まずは日付と場所が確認できる最初のネガから。。。

***********************************************************************************************

S2

大正12年9月12日 行合橋

震災の当日はどこにいたのか判りませんが、ネガを見ると震災後は横浜にいたようです。
自宅と思われる家を写した後に出てくるのがこのコマで、現在の江ノ電の七里ヶ浜付近、
行合川にかかる行合橋の東詰から江ノ電の橋梁を写したものです。

線路は大きく波打ち、左側の橋台は隆起しているのでしょうか、ひときわ高くなっています。
背後の丘陵は表層が滑って木々が変な方向に延びているように見えますね。
画面左端の白い杭のところに見えるのは県道の行合橋の橋げたでしょうか。
手前の地面には大きな亀裂も見えます。

現在も江ノ電のこの線形は変わっていませんが、周りは見る影もありません。

***********************************************************************************************

S3

大正12年9月12日 七里ヶ浜

続いて行合橋から江の島方面に歩いてきたようです。
次のコマは当時の日坂電停、現在の鎌倉高校前駅付近で腰越方向を撮ったものです。
江ノ電の線路は瓦礫で埋まっているようにも見えます。
中央の洋風の建物は当時の恵風園でしょうか、若干海側に傾きながらも残っています。
「鎌倉震災誌」には、写真の右手後ろにある鈴木療養所(後の鈴木病院)は全壊したとの記録があります。

道路の路盤には亀裂が走り、護岸も崩れていますね。
稲村ケ崎を挟んだ東側一帯では大変な被害が出たと書かれてます。
このあたりは海嘯(津波)の影響は受けなかったのでしょうか。

「鎌倉震災誌」は昭和5年に鎌倉町役場が出版した関東大震災の記録本で、鎌倉一帯の大変リアルな
被災状況を伝えています。
現在この貴重な記録は国会図書館のデジタルコレクションで閲覧することが出来ます。

国立国会図書館 近代デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/
「鎌倉震災誌」 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464097

***********************************************************************************************

244/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »