« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #3

側フィルター悩み中。。。

***********************************************************************************************

Sr0012489

材料が無くて型取りが出来ないので、試作品と同じ方法で2個目を作っています。

厚紙に0.6mm間隔で22+3本のスジを引いて、そのわずかに掘られたスジにプラ帯板の角を
落としながら重ねていく方法です。

プリンタで出力した線に沿って貼るとか、0.6mmφの真鍮線並べてそれをガイドに貼るとか、
いろいろ試しましたがどれも並行を保ちながら24本貼りきるのは不可能です・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012491

こうしてアップで見るとレーザーの線自体が等間隔ではないのが良く判りますね(汗)

台紙にはスプレーのりを吹いて、切り出したプラ帯板を並べるだけで仮固定できるようにしてあります。

***********************************************************************************************

Sr0012493

とりあえず2個分並べきった・・・。

ここにMr.セメントSを万遍なく流してこのまま固めます。

***********************************************************************************************

Sr0012496

乾燥したら切り出し、1mm厚のプラ板を台座としてMr.セメントSで貼りこみ。。。

***********************************************************************************************

Sr0012497

こんな感じ、、、見た目わりと良いんですが、ここからはめ込みパーツに仕上げるのが大変(泣)

***********************************************************************************************

Sr0012498

ああぁー、どっかでズレてるなぁ。
え? 本数が違う? 1個目とレーザー台紙が違うのか?
1個ずつ作るからダメなんだろうな。
一番上と一番下のフィンの感じは右(テスト1個目)の方がいいんじゃないかな。

もうこれは、長ーーーい1本で片側8個分を作って切り出すしかないかな・・・(泣)

あと二晩くらい悩んでみようか、、、その間に型取りシリコーン発注しないと。。。

***********************************************************************************************

212/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #2

時間のある時に少しでも進めておきたいところです。

***********************************************************************************************

Sr0012484

運転席・助手席窓の加工をしています。
1.0x0.5のプラ帯板を一回り大きいHゴム窓の方へはめ込んで接着し、窓の大きさをそろえます。

***********************************************************************************************

Sr0012485

Mr.セメントSを流したらカーブ部分が割れてしまいました(泣)
どちらにしても段差消しにMr.サフェーサー500を塗るので大丈夫でしょう。

プラ帯板を重ねて作った1次形フィルターを嵌めて様子をみてます。
水切り短縮は接合位置が悪いですね。
帯板の厚さ間違えてるっぽいし・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012487

窓はサフェーサーが乾いたところで面出しして窓桟を切り、ペーパーで仕上げてあります。

今、フィルターの量産が悩みの種です。
型取りしてレジン複製か、試作品と同じように手作業で16枚分作るか。。。
あぁー、古いの捨てちゃったからシリコーンゴムが無いや。
”おゆまる”じゃあ16個複製は厳しいだろうしなぁ。

***********************************************************************************************

Sr0012488

屋根上の雨どいを1次形仕様に直しました。

使用したプラ帯板は0.5x0.4mm。
既存部分を測って0.4mm厚にしましたが、角が取れてないので厚く見えますね。

とりあえずここまで、、、フィルターパーツ、どうしよう(悩)

***********************************************************************************************

211/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様改) もうひとつのロクニへ #1

昨日から手を付け始めた”もうひとつのロクニ”を進めたので記録しておきたいと思います。

種車は2台目のJR田端仕様(TOMIX HO-154)。
なぜって、こっちの方が市場に余ってそうだから。。。
破損とか失敗とか、何かあった時には買い直すぞ、、、と。

そんなゆるい感じですが、至って真面目に改造に取り組んでます。

***********************************************************************************************

Sr0012434

要らないところの穴埋め中です。
ホイッスル穴、C'アンテナ穴、側面扉下のステップ、避雷器台座と穴を埋めました。

パイピング、モールド手すり、旧ホイッスル台座、ドアハンドル、外ハメ式テールも削り落としてあります。

***********************************************************************************************

Sr0012445

一番の大仕事、側面フィルターの撤去中。
すでに助手席側水切りの短縮、側扉下のボディ裾短縮、電暖表示灯用穴の拡大をしてあります。

まぁ、ぶっちゃけ、こいつは1次形になってもらおうってことです。
待てば製品で出るのかも知れませんが、欲しいんだから改造しなきゃしょうがない。
いつやるか、、、今ですよね? ってゆーか、旧客編成終わってないですよね、自分?
こんなんでいいんでしょうか・・・?

せめて趣味ぐらい、やりたいことやって楽しみたいと思うんです(笑)

***********************************************************************************************

Sr0012447

で、ピンバイスで開けた穴をつなぐように彫刻刀を入れています。

どうせ二段階で穴を開けるんだから、まずは切り取りラインのギリギリを狙う必要は無いでしょう。
最初からギリギリを狙って穴あけするとだいたい失敗するパターンです(汗)
フィルター部にはボディ側面との僅かな段差があるので、それを残した方が後の切り取りが楽ですから。

***********************************************************************************************

Sr0012448

わりとすんなり抜けましたが、ピンバイス回しと彫刻刀で親指にマメが出来そうなくらい痛いです(泣)

ちょっと休憩、、、とりあえずここまでにして別の趣味に移ります。。。

***********************************************************************************************

210/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #9

何かと忙しい月末になってますが、雨が降らずに済んだ館林手筒花火大会とか何年ぶりでしょうか。
毎年毎年、夕立のような雨に降られて、見る方もやる方もかわいそうです。

さて、54号機も少しずつ進行中・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012432

1エンド側のスカート整形中に黒染めを終えたジャンパー栓受とホースを差し込んでみました。
こうしてアップで見るとジャンパー栓受上部がウマくないですね、、、再整形です(汗)

***********************************************************************************************

Sr0012433

まだ1台目が終わってないのに2台目着手とか。。。
こちらは難易度の高い施工内容になりそうですが、2マンエンがパァーにならないよう祈ります。。。

***********************************************************************************************

209/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

【あの一枚】 #130 EF65 9(茶)+ワム 

今日はなんとなく茶色いのでも出してみようか。。。

***********************************************************************************************

Scn0076_shr100_10

1989.11.18 東海道貨物線 辻堂-藤沢 3461レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 SHR100

途中にタキを挟んだ長いワムの編成を牽いて引地川ナショナル前を行く9号機。
わりと好きなカマだったが、追っかけるほど入れ込んではいなかった。
この時は斜光線がキレイな時間の3461レ充当が判っていたので、このためだけにやってきた。

ピカピカのカマよりもこれくらいの方がいかにも現役っぽくていい。
茶65+茶ワムかぁ・・・模型化には、なかなかいいかも。。。

***********************************************************************************************

208/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

【あの一枚】 #129 なんてことはない PF+なごやか '89

なんとなくPFの番号ツブシっぽくなり始めてる【あの一枚】ですが、特に意識してやってるわけではありません。
あえて貨物は出してませんけど。。。

まぁ、やり始めても1010番とか、1011番とか、撮った覚えがないので成立しなさそうです。

***********************************************************************************************

Sbw0020_400prx2_08

1989.2.19 東海道貨物線 辻堂 9103レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/750 f.11 400PR(2倍増感)

1015号機の牽くオク座「なごやか」を辻堂先端で撮る。
ここで撮った団臨はほとんどが何かのついで。
どこかへ出かける電車待ちの時に、貨物の時間じゃないのに遠くにPFが見えてとりあえずカメラ出す、みたいな。

午後の貨物線下りが意外とキレイに撮れるので、昼過ぎの貨物を良く撮ったのも懐かしい。
今では当時のホーム先端までは行かれなくなっているだろう。
それにホーム拡張に伴う線路の移設があったから、だいぶ変わったはずだ。

今度帰省したときにはホーム先端からの眺望を確認してみたい。

***********************************************************************************************

207/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #8

下回りを分解して塗装し付属パーツの取付を終わらせました。

台車の構造がよくわからず、分解に1時間近くかかっちゃいましたよ。
で、良く出来た台車だと感動してます。

***********************************************************************************************

Sr0012417

あーだこーだと考えた末、1時間近くかけてやっと分解に成功しました。

ギアケースのフタにある突起が台車側面パーツから伸びる取り付け腕のダボ穴に噛んで
側面パーツの脱落防止になってるのには感動!

***********************************************************************************************

Sr0012419

バラせるところまでバラしました。

***********************************************************************************************

Sr0012418

動輪もバラして塗装の準備です。

バラしたパーツと車輪は洗剤での洗浄に回します。

***********************************************************************************************

Sr0012421

洗浄~乾燥が終わって塗装です。

車輪は厚紙にレーザーでピッタリの穴を開けて差し込んであります。

***********************************************************************************************

Sr0012423_2

プラと金属(メッキ)混合なので、おなじみミッチャクロンマルチで下処理しました。

ミッチャクロン、悪くはないんだけどなんかベタベタが残るんだよね。
すぐに上塗りしちゃえば関係ないのかもしれないけど。。。
あと、スプレー粒子が大きい感じ?

***********************************************************************************************

Sr0012422

通常、PS・PPなどのプラの時はこのプライマーZを使ってます。
実は今回、途中で中身が切れました・・・(泣)
模型用でスプレー粒子が細かく、吹く時に首振りしないでピンポイントにスプレーできるのと、
塗膜が薄く、仕上がりがツヤ消しになるのが特に気に入っています。

でも高いので軟プラ以外には使えません。。。
ABSには塗料が載るので普通のMr.サフェーサーで十分ですからね。

プライマーが乾いたらウイノーブラックにフラットべースとウッドブラウンを少々加えた
”若干白茶けたほぼツヤ消し黒”の「全検上がりじゃない台車色」を吹きます。

***********************************************************************************************

Sr0012424

黒を塗り終わったら軽く汚しておきます。

みなさんいろいろな汚し液を使ってらっしゃいますが、私はタミヤアクリル派。
台車はXF-79 リノリウム甲板色あたりが使いやすいです。

うすめ液でごく薄くしたところに岩絵の具の粉を加えて混ぜ、小筆で台車や周辺パーツに塗ります。
今回はこの4つを耳かき1杯くらい混ぜています。

***********************************************************************************************

Sr0012427

個人的には、基本的な汚しはエアブラシでは出来ないと考えています。
汚しやウエザリングでエアブラシを使うのは最後のトーン調整だけ。

人それぞれ、いろいろなやり方があるので正解は無いとは思うのですが、鉄道もジオラマも建築も、
模型の場合は「いかに本物のように見せるか」がすべてではないでしょうか?

ウエザリング大賛成派の個人的意見としては、買ってきたままのピカピカボディにエアブラシで
フワ~っと汚しじゃあ、あまりにもリアリティに欠けるのです。
中にはそういう車両もあっていいとは思いますが、なんでもかんでも下地処理もしないで
”汚し色”を吹けばウエザリング完成とか、雑誌なんかで紹介されているのには違和感を覚えます。
せめてツヤ消しクリヤーでも吹いてからやってほしいな・・・と。

話が逸れました。。。

***********************************************************************************************

Sr0012430

ホコリが付いてますが、とりあえず組み上げて足回り完成でしょうか。

この感じはエアブラシでは絶対に出せません。
エアブラシを使うのは最後、完成したボディが載って全体のトーンを整える時だけ。
パンタ汚れも基本、筆でいきたいところです。

***********************************************************************************************

206/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #7

今日はメタル系各部品の黒染めをしてボディに接着し始めました。

***********************************************************************************************

Sr0012410

スペーサーを挟んで手すりを固定中。
手すりもφ0.3mmで洋白線を使っています。
0.4の方が良かったかな、、、ちょっと貧弱な感じもしますね。

移設されたホイッスルの空気管も付けました。

***********************************************************************************************

Sr0012411

逆サイドも。
あ、区名札差しは黒染め忘れてるじゃん。。。

電暖表示灯も固定し、レンズの代わりに妻楊枝を切って挿し込んであります。
せっかく点灯できるので、サフェーサーで潰れないように。

前面の手すりと扉のノブ、C'アンテナ関係は再塗装後の接着ということで、次は下回りの
部品を付けて台車の塗装準備といきたいところです。

***********************************************************************************************

205/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

【あの一枚】 #128 スリーイレブン号 ’99.11.11

今日は自分にとってすごく印象の薄い撮影の一つ、平成11年11月11日に運転された「スリーイレブン号」。

日付的に11が3つ並ぶから、、、という理由で記念に運転された良く判らない列車でした。

とりあえず休みが取れたので撮りに出ていますが、何故か後閑-上牧の築堤で一発のみ。
免許を取って初めての車が納車され、この日実家に取りに行くための休みでした。
夕方までに実家に帰るから往路のみなんでしょうが、なんで後閑-上牧なのかがいまだに良く判りません。

***********************************************************************************************

Simg2957

1999.11.11 上越線 後閑-上牧 9733レ
EOS5 + 85mmF1.8 1/750 f5.6 T400-CN

EF64 1001+EF60 19+EF65 501+12系6両という世にも不思議な三重連牽引列車。
たしか奥利根スジでの上野-水上往復だったと思う。
返しのPトップ先頭が撮れないのは惜しいが、またどうしようもないマークが付けられていて、
アップにしなくて良かったという思いが強かった。

結局、最初で最後の組み合わせとなったので撮っておいて良かったのだが、印象は薄い。
なにしろこの後、後閑から延々と普電で辻堂まで行けば初めての愛車が待ってるんだから。
親父の模型仲間のTNさんに中古を探してもらい半年待ったR32スカイラインの珍車HNR32。
Type-Mにアテーサを積んだ4駆GTS-4の4ドアHTだった。。。ド・ノーマルで32万円也。
本当はGT-Rが、、、というわけでもなく、ひねくれ者なので4ドアのGT-Rを作るべくこれを選んだ。
5年計画で貯金してRB26DETに積み換える予定も、4年目に事故でサヨウナラ。
エンジン貯金はそのまま次の車になりましたとさ。。。

***********************************************************************************************

204/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #6

スカート周りがだいたいOKなので、今日はボディーに戻ります。

***********************************************************************************************

Sr0012392

おごっちゃったボナのEG表示灯です。
ゴハチよりも先に他で使うとは思ってもいませんでした。

高いだけあって出来は最高ですね。

***********************************************************************************************

Sr0012393

本体にアクリル削り出しの取付け脚兼導光材、ここに写ってない表示灯レンズで構成されています。

***********************************************************************************************

Sr0012395

取付け脚は四角ですか・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012396

既存の取付け穴の間にピンを打ち、0.3→0.6→1.0→1.2とピンバイスで穴をあけてみます。

***********************************************************************************************

Sr0012398

結局入らないので、三角ヤスリの先端で丸い穴を四角っぽく整形しました。

***********************************************************************************************

Sr0012399

OKですね、すごくいい感じ。
高いだけのことはあります。

***********************************************************************************************

Sr0012402

黒染めしてからエポキシで接着する予定です。

***********************************************************************************************

Sr0012403

穴はMr.サフェーサーで埋めておきました。

***********************************************************************************************

Sr0012404

続いてコイツをどうにかしたいです。

***********************************************************************************************

Sr0012405

脚を全て切って台座だけになるように削っています。

***********************************************************************************************

Sr0012407

すごい行程が飛んでますが、0.2x0.5の帯板で脚を作り直してエポキシで接着しました。
既存の取付け穴に挿し込んで様子見てます。
やっぱりプラそのままより線が細くなってリアルですね。

ロスト製をおごった信号煙管を挿して、旧横軽アンテナの台座も付け終わっています。
この台座と逆J字の配線管ですが、実物位置だと管の取付け穴がライトの真上に来てしまい
接着した脚が導光材に干渉するので少し左にオフセットしました。

***********************************************************************************************

Sr0012408

2エンド側はエアホースも5本となるのでなかなか賑やかになりそうです。

***********************************************************************************************

Sr0012409

これどうするかな。。。
大きさ的にNゲージ用のパンタ碍子が使える?

***********************************************************************************************

203/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #5

あんまり時間無いですが、ちょっとずつ前進してます。。。

***********************************************************************************************

Sr0012382

エアホース類と、右側の電暖用KE3ジャンパ栓受けをやっつけました。
一番右のKE77の栓押さえ腕を落とした2エンド側の想定で全部のコックにホースが付いています。
エアホースは既存の穴に挿しただけですが、KE3はスカートを掘って斜めに埋め込んでみました。

カプラーは客車に合わせてIMONの101を付けてみる予定です。

***********************************************************************************************

202/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

【あの一枚】 #127 EF65 509 三色更新 辻堂にて

今回はPトップ以外の500番台を初めて出してみます。

しかし、なぜ509?! それも更新機?!
実は自分的には500番台メインではなくて、辻堂駅構内の変遷の一部としての採用です。

***********************************************************************************************

Sg400_11

1994.11.23 東海道貨物線 辻堂 単1680レ
NikonF + 105mmF2.5 1/500 f.5.6 G-400

被写体は、当時御殿場線の下曽我まで入っていた高機区EF65の新鶴見への戻し単機。

国鉄最後の'86.11改正で一度湘南地区から去ったかに思えた500番台だったが、新鶴見区の5両は
時折PFの運用に入って湘南地区の小運用をこなすことがあったのは幸いであった。
'88.3改正で新鶴見区の500番台に下曽我運用が登場するも、PFが充当されることが多かったようだ。
このとき高機区500番台にも東海道運用が組まれ、以来一日一往復、牽引列車を変えながら
昔通いなれた道を行く500番台の姿が見られることになったのだ。

それはいいとして、貨物側線が用途廃止となり架線撤去を終了した後の辻堂駅の記録。
すでに中線は架線もレールも無い。
流行のライナーホームでも作るのかと思ったが、一向にそのような話は聞かれなかった。
まさか10余年経って中線部分にレールが復活して列車が走るようになるとは思ってもみなかった。
今では駅の構造も変わり、側線部分は道路用地として削られ、つまらない駅になってしまった。

***********************************************************************************************

201/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #4

時間があったので片側だけスカート加工しました。

***********************************************************************************************

Sr0012375

バラしたスカート。

***********************************************************************************************

Sr0012377

これはモールドされてるジャンパ栓を削り落とすのが大変そうだ。。。

***********************************************************************************************

Sr0012376

しかしこのKE3開放ジャンパ栓受け(栓収め)はナイなぁ。

***********************************************************************************************

Sr0012378

エコーの2641、電車用のKE76タイプは大きさも大丈夫のようですね。

***********************************************************************************************

Sr0012379

ホワイトメタルと違って硬いのでルーターに切断砥石を装着して削ってます。
これは栓のステーがあるので削りしろとしてちょうどいい感じです。

***********************************************************************************************

Sr0012380

とりあえず装着してみたところ。
54号機仕様ということで、連結器左右2個ずつのKE63Hを全てKE77に変更です。
右の2個目は栓の固定用の腕がありませんので、実物同様落としてあります。
栓の裏に表現されたジャンパーラインを伸ばしてスカートに開けた0.6mmの穴に挿して固定してます。

一番右のKE3はカタチもいいしこのままでもいいかな、なんて思い未施工ですが。。。
でも裏が透けてないのが気に入らないから、たぶんやっつけちゃう・・・。

これだけでもずいぶん見栄えがいいような気がしますね。
明日は時間があったらホースとコックを付けてみようかな。

***********************************************************************************************

200/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

【あの一枚】 #126 EF65 1118+夢空間+EF58 61+DE11 1901

ついこの間のような感覚ですが、もうすぐ15年が経とうとしているスペシャルトレインでも。

魅惑の大船工場引き込み線での撮影後、富士見町の跨線橋へやってきました。
入換を終えて列車の仕立てをしています。
天気が悪かったのが惜しいです。

***********************************************************************************************

Simg3719_2

1999.9.4 横須賀線 大船南部信号所 回9728レ
EOS5 + 28-70mmF2.8 1/250 f.2.8 XP2

レインボー色になって2年目の1118号機、こんなにきちんと向き合ったのは初めてだったかもしれない。

この頃はすでにモノクロの自家現像をやらなくなり、カラー現像処理の出来る色素型モノクロフィルム
イルフォードのXP2を常用していた。
ISO400の実効感度だったが、ちょっと多めに露出をかけると暗部までキレイに写り、粒子の
細かさも魅力だった。

***********************************************************************************************

199/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #3

ここのところちょっと忙しくて模型をいじってる暇がないのですが、発注していたパーツが
届いたので見てみました。

***********************************************************************************************

Sr0012367

やっぱり IMON のパンタ買っちゃった・・・(汗)

今までが客車のパーツばっかりだったから、また違った悩みが出てきますね。
パンタ以外は1つずつしか写ってないですが、どれもみんな複数個購入だったりします。
簡単にEF62がもう一台買える金額になってしまいビックリ!

***********************************************************************************************

Sr0012374

まぁ、一度見てみたかったということから、1両分の2個だけ取り寄せてみました。
やっぱり繊細で、見た目はスバラシイ出来だと思います。

これを載せちゃうと、ほかの部分の細密度のバランスが難しいかもしれないですね。

***********************************************************************************************

Sr0012371

スカート周りで懸案だったジャンパー栓受け関係を解決するべく、試しにこいつらを取り寄せです。

電暖用にエコーの744、客車用ジャンパー栓受(旧型電暖用)。
KE77に見立てられそうなエコーの2641、ジャンパー栓受(床下用/3連閉)。

***********************************************************************************************

Sr0012364

エコーの744、この電暖用KE3は客車の端梁に付ける用のステーが一緒になってますが、フタの形状は
同じなので使えますね。

左が開放栓受け(栓収め)、右が栓受けになります。

***********************************************************************************************

Sr0012365

エコーの2641、電車用の3連/閉です。
これは113系なんかに使われてるKE76がプロトタイプだと思われますが、栓受け自体の形状は
今回欲しいKE77と同じだと思われます。

本当はKE77ズバリがあればいいのですが、ニワモケイとか初心者には難しいミッションです(泣)
別に機関車用じゃなくても形状が同じならいいので、どうにかこれらを使ってチャレンジしてみます。

***********************************************************************************************

Sr0012366

こちらはエコーの1603、ジャンパー栓受(C)。
101系とかのKE58をプロトタイプにしているような感じです。

これはKE63として使えそうですね。
ロクニに使うにはKE63Hとして本体の下にヒーターの突起を増設しないとダメですが・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012369

このへんのパーツも試しに取り寄せてみました。

さすがにロストは出来がいいですね。

***********************************************************************************************

Sr0012370

これも初めての感じ?

客車用にエンドウとIMONのエアーホースを買ったことがあったっけ。

***********************************************************************************************

Sr0012368

あーあ奢っちゃったなぁ、、、ボナのパーツ。。。
でもこのEG表示灯、点灯出来るんだよなぁ。

ワイパーくらいはいいでしょう。

***********************************************************************************************

Sr0012373

ATS-Sの車上子も取り寄せてみたけど、装着しても台車ちゃんと回るのかなぁ・・・。
あ、ATSのケーブルカプラーが無いや。 ま、いいか。

パーツもだいたい揃ったし、時間が出来たらスカート周りやらないと。

***********************************************************************************************

198/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

【あの一枚】 #125 EF65 1024 やすらぎ運用充当 逗子機回し

”だから何?”って言われそうな、誰も撮らない高崎常駐PF+やすらぎの逗子入線でも。

時は1995年春、Pトップが活発に動き、東海道・横須賀・伊東線まで通し運用で現れるようになったので
逗子での入換え風景を撮っておきたいと考え、本番前にPFのやすらぎで練習撮影した一コマです。
そんな理由でもなければ絶対に撮りに来ないネタですよ。

***********************************************************************************************

Simg2272

1995.3.4 横須賀線 逗子 入換
NikonF + 50mmF2 1/250 f.4.0-5.6 XP2

逗子の下り1番は架線が高くてパンタがキレイに上がるから好きだった。

なんだか汚いPFが機回しでやすらぎに近づいて来る。
翌週はPトップが充当されるということで今日はその下見だ。

こんなシーンでも今見返すと懐かしい。。。

***********************************************************************************************

197/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

【あの一枚】 #124 EF65 1111+14系 「元気が大好き4チャンネル」

今日は一気に戻って1986年のネガから、PF+14系のマーク付き団臨でも。

この団臨自体が何なんだか全く覚えていませんが、小学校時代の同級生と江ノ電800形の
運用終了が近かったので撮りに行く時に藤沢のホームから適当に撮ってます。
マークが付くとは思ってもいなかったようで、完全に”ついで”ですね。

***********************************************************************************************

Scn0008_hr100_24

1986.4.27 東海道貨物線 藤沢
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

なんともいえない変なマークを掲げて貨物線を上る1111号機牽引の「元気が大好き4チャンネル号」。
列車の詳細、データ等、一切不明・・・調べる気にもなりません(汗)

すぐに江ノ電に向かい、さよならマークの付いた「チョコ電」800形を捕らえるも、天気が崩れて
予定したアングルでの撮影は諦めて終始駅撮りに。。。
夕方には極楽寺車庫に取り込まれてしまいました。

***********************************************************************************************

196/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

【あの一枚】 #123 EF81 95+セメントホキ

スキャンしているネガの年代がだんだん新しくなってくると、写真としてプリントしないで必要なコマだけを
スキャナで読み込んでデジタルで使うようになっているので、本当に撮った印象の無いコマが多くあり
逆に見ていて新鮮さを感じているところです。

今日はそんな埋もれた記録の中から、言い訳できない一枚を。
興味ないのに?わざわざ撮りに行ってる証拠写真が出てきました。

***********************************************************************************************

Simg3477

2000.6.20 高崎線 北鴻巣-吹上 4662レ
EOS5 + 50mmF1.8 1/1000 f.4.0 S-400

この頃は車を手に入れて半年、休みだろうが仕事だろうが時間があれば高機区の特急色500番台を
追っかけまわしていたので、それなりの量の記録とともにワケわからないくらいの”ついで写真”があって、
見ていると楽しい。

そんな中でどう見ても”ついで”じゃない=前後に特急色が写ってないコマを見つけた。
熊タから水戸に向かう早朝のセメント4662レにパイチキューゴが入ることが判って出かけたようだ。
全くそっち方面のアンテナは張ってなかったのが、前日が休みで夕方の下り単機を吹/行で
見かけて欲が出たというのが正解だろう。

一番日の出が早い時期、仕事前の500番台早朝練習でよく訪れた北鴻巣のカーブにて。

***********************************************************************************************

195/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

【あの一枚】 #122 EF65 1052牽引 ミト座’88

今日も暑かった・・・まだ7月だっていうのに、二日続けて38度、36度とこられると体調崩しそうです。

暑くなってくると思い出すのがこの組み合わせ、、、PF+ミト座です。
まぁ、スキ好んで撮りに出てるわけじゃないんですけど、一応ミト座ということで。。。

***********************************************************************************************

Sbw000c_npss2_10

1988.5.22 東海道貨物線 辻堂-藤沢 9313レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 NP-SS

この日の牽引機は田端の異端児1052号機。
なんだか薄~い感じのカマだと感じるのはなんでだろう。
僚機1053番など「センゴミ」とまで言われて・・・。
正面の吸気口スリットが無いのと、スノープローが無いこと、切抜き文字がそうさせてる
のかもしれない。
でも、自分としては同じ品川常駐機でも1100番台が来るよりは全然良かった。

この後同機は’89年10月に故障で本所に戻された時に、EF62に搭載されていたPS22Bを譲り受け、
より薄い感じになって戻ってきた。
これにより片エンドだけPS22を載せていたEF62 41、54号機はめでたく両方PS17に戻っている。

***********************************************************************************************

194/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

【あの一枚】 #121 総武快速-横須賀線113系15連 西船橋にて

もうすぐ千葉方面で24系を使った団臨が走るとのことですが、休めないのでWEB鑑賞会の予定。
Pトップじゃなくてよかった・・・(ロクヨン1001と聞いての個人的な感想です)。

大学-大学院時代の6年間、学校の近くに下宿するまで毎日のように使っていた総武快速線ですが、
そこを走る列車をほとんど撮ったことが無い?!
魅力的な貨物も多かったのに、本格的に撮りだしたのは卒業後というやるせない状況でした。

'98年のネガをスキャンし始めると、貨物撮影時のピン電としてこんな魅力的なコマが出てきました。

***********************************************************************************************

Simg3187

1998.8.24 総武本線 西船橋
EOS5 + 500mmF7.2 1/500 f.8.0 RC400

鉄仮面改造されてはいるものの、見事な編成美を魅せる総武快速-横須賀線の113系。

通学時代にも途中下車して貨物とかもっと撮っておけばよかった・・・。
黄色い電車? 撮ったことも無い(汗)
定期券は使える、新鶴見・新小岩はチェック出来る、、、高機区の500番台を撮影するには
もってこいの状況だったのに”勉強が忙しくて”ロクイチやるのが精いっぱいでした?
電車に乗っちゃうと、行き帰り以外の何か違う行動をするのが億劫になる感じ。
行動パターンを崩したくない、みたいな。

でも、今思うと本当にもったいない(泣)

***********************************************************************************************

193/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #2 

台風の影響で大変な被害が出ているところもあるようですが、こちらはまだ静かです。
11日の朝が最接近とか、、、出勤出来るんでしょうか・・・。
何事も無いことを祈ります。

さて、ロクニの続き、出来るときには少しでも進めておきたいところです。

***********************************************************************************************

Sr0012347

こんなのも出してきました。
ドアーハンドルは使うつもり無かったのですが、いかんせんモールドがショボいので大盤振る舞いです。
ドアーハンドルとエンド板の接着は塗装完成後ですね。
区名札差しは付けちゃいましょう。

***********************************************************************************************

Sr0012349

屋根上の手すりや配管を金属線に換えました。
それぞれ太さを変えて・・・と思ったのですが、見た目の印象から全てφ0.3mmになりました。

初めて既製品のワリピンを使ってます。いさみやの0.4mm用です。
なんだかんだで結構パーツ金額行きそうな勢いです(汗)

***********************************************************************************************

Sr0012350

C'アンテナ用の取付け穴は一度埋めて平滑にした後、0.14mm厚のプラ板から0.8mm幅に切り出した
ものを貼って、ステーの土台に見立てています。

こうして見ると扉左の旧C'アンテナ用のステー穴がずれてますね。
配線管の出口もちょっと上過ぎたようです。

***********************************************************************************************

Sr0012355

旧C'アンテナステーの造形です。とりあえず差してみました。
配線管は少し下に開け直しています。

配線管と取り付け脚部分はφ0.4mmの真鍮線、取付部は0.2x0.8mmの洋白帯板から作っています。
ハンダが取りきれてないのが良く判りますね。
これらも整形後黒染めして塗装し、ボディ塗装完成後に接着でしょうか。

この感じだとC'アンテナ自体も作ることになりそうです。。。

***********************************************************************************************

192/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

【模型】 TOMIX EF62(JR田端仕様) 54号機へ #1 

初めて買った新品の機関車が、走らせもしないうちに工作台の上で彫刻刀とヤスリの餌食です。。。

まずは先日バラした田端仕様の1台を使って末期の54号機になってもらいましょうか。

***********************************************************************************************

Sr0012333

さてどこから手をつけますか。。。

***********************************************************************************************

Sr0012334

おでこのパーティングラインとモールド表現の手すりを削り取って、新たに手すり用の穴を開けてます。

***********************************************************************************************

Sr0012335

面横のパーティングラインを削って、窓の周りの歪みを取り、水切りを短縮、ドアノブを削りました。

水切りはエバーグリーンの0.28x0.84mmプラ帯板を用い、φ1.0mmの真鍮線を型にして丸みを
作って切り出したものをMr.セメントSで固定してあります。
つなぎ目にあたる所にはMr.サフェーサー500を盛って、固着後に削りだす予定です。

***********************************************************************************************

Sr0012337

乾燥待ちの間に貫通ドアの加工中。

要らないマークステーを削り取ってペーパー掛けしてます。
ドアノブを削り取りたいところですが、この窪みの中で上手くいくかどうか・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012339

陥没している貫通ドア窓を浮き上がらせるべく、窓パーツの横の厚みを削り取ってます。

***********************************************************************************************

Sr0012338

貫通ドアのの方も、窓部分のモールドの厚みを半分くらいに削りました。

***********************************************************************************************

Sr0012342

これでやっとHゴムが浮き出てきていい感じになりそうです。

***********************************************************************************************

Sr0012343

FRPモニター屋根のモールドを削ってφ0.25mm燐青銅線で吊り環を表現しました。
環はφ0.6mmの真鍮線に巻きつけて作っています。

0.3mmの穴を隣接して2か所開けましたが、こうして見ると0.6mmの大きな穴を1か所にして
そこにφ0.25mmの脚を2本通した方が形状的にはよかったようです・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012344

こちらは吊り環の形と向きが違います。
これもφ0.25mm燐青銅線をφ0.6mmの真鍮線に巻きつけて成型しました。

このあと一度外して黒染めしてから接着します。

***********************************************************************************************

Sr0012345

黒染めした吊り環を接着中。

位置決めしたらMr.セメントSを流して仮固定し、乾いたところでエポキシを盛りました。
この後、余分な脚を切ればとりあえず出来上がりでしょうか。

***********************************************************************************************

Sr0012346

ボディに戻って、短縮した水切りの整形が終わり、旧汽笛部分から移設した汽笛へ空気管を
出すために穴を開けました。
こうして見ると穴が真ん中じゃないですね。

ついでにパンタへ向かう作用管のモールドも削ってしまいました。

さてお昼だ。
午後は台風前に庭のぶどうの固定しないと。。。

***********************************************************************************************

191/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

【あの一枚】 #120 EF66 10号機牽引 「スーパーライナー」 

国鉄最後のダイヤ改正となった'86.11から、EF66牽引の東海道・山陽の高速フレートライナー6本に
「スーパーライナー」の愛称が付けられ、専用のヘッドマークも用意されました。
JR化後も続いていましたがEF66 100番台の登場で共通運用になったものの、同機の独特なマーク
取り付け方法が敬遠されたのか、100番台がマークを取り付て走っているのを見たことがありません。
結局、100番台のマーク付き列車を撮ることなく、スーパーライナー自体のマーク取付が終了しました。

夏場には地元で上り3本が撮影可能で、よく夕方の54レを狙っていたのが懐かしいです。
今考えれば、東海道を昼間上ってくるんだからもっと西でも撮っておけばよかった・・・。
今日はそんな54レスーパーライナーの中から1枚。

***********************************************************************************************

Sbw000c_npss2_16_2

1988.6 東海道貨物線 辻堂 54レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 NP-SS

コンテナ満載の54レ スーパーライナーの先頭に立つのは若番10号機。
地元では夏場しか撮れないスジで、晴れれば正面逆光、曇れば露出無し、薄曇りでキレイに撮れたのは
そんなに多くない。

***********************************************************************************************

190/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

【あの一枚】 #119 EF64 35+ユーロライナー 川崎にて

今も昔も、新しいモノを手に入れるとすぐにでも使ってみたくなるわけで、この時は中古の500mmレンズを
買って懸案だった藤沢中線での並びを撮った後に、他にこのレンズはどこで使えるのかを見極めるため、
いろいろやってた中の一枚です。

今でこそAPS-Cサイズのデジタル一眼があるので300mmを超える超望遠の世界も気軽に踏み込める
画角になりましたが、当時は400mmだって一般的ではなかったような気がします。
そんな中での500mm、、、カーブ外から面縦ドカンのアングルしか思い付きません!

買ったからには、どうにか有効に活用しようと定期券の使える辻堂-津田沼間をロケハンして
いくつかアングルを見つけたのでした。

***********************************************************************************************

Simg2694

1994.5.28 東海道本線 川崎
EOS5 + 500mmF7.2 400PR

標識類が少々うるさいが、編成はキレイに入る川崎先端で珍しくロクヨン牽引のユーロを。

まずは十八番の辻堂駅西口跨線橋アングルで撮影後、続行の普電で抜いて川崎先端へ。
今もその辻堂のポジが見つからなくて困っている。

開放F値が大きいのでポジで使うにはちょっと無理があったが、標準レンズから見たらそれこそ
針の穴を通すような狭小アングルの開拓に威力を発揮してくれた。

***********************************************************************************************

189/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

【模型】 EF62 形態分類表 まとめ

先日貼りつけた「EF62 形態分類表」にはスカート周りの項目を入れていなかったので追加しました。

とは言っても、基本は有るものの時期により形態の変化が見られるので、最終増備車の53・54号機
のみの形態として備考に追加するだけに留めようと思いましたが、やっぱり変形機が居たという・・・。

連結器両側に2個ずつ並ぶジャンパ栓受は本体の下にヒーター部分が飛び出した形のKE63H
(TOMIX EF62の仕様)ですが、最終増備車の53・54号機はKE63の後継タイプで締め付け腕式の
脱落防止機構をもつKE77Aが採用されていました。
末期にはこのKE77Aに交換されている機体が存在していたのです。
具体的には41号機の2エンド左の2個、49号機の1エンド右の2個です。
※さらに51号機の1個だけが交換されているのが確認できました。

また、連結器の両側に2本ずつあるエアコックについても、運用が限定的でエンド転換することの
ない篠ノ井区・高二区のEF62の基本は1エンド左2本、2エンド右2本にEF63と接続用のホースが
取り付けられていました。
下関への転属組はKE3電暖用ジャンパー栓収めを移設されたのと同時に、もう使うことのない
このホースは撤去されています。

そして末期、田端に残った6両は2エンド左の空いていたコックにもホースが付けられ、4本のホースを
ぶら下げた賑やかなスカート周りになっていました。

以上と若干の備考を付け加えて表を貼っておきたいと思います。

※2015.4.3付で最新版の表に置き換えました。
項目が増えて見難いので、画像のほかに元の表データをPDFにしてみました。

EF62 号機別形態分類表 国鉄末期 PDF ⇒ http://ef58176.cocolog-nifty.com/EF62_bunrui_0403.pdf

***********************************************************************************************

62a1_2

62b1_2

画像では見にくいのでPDF版をどうぞ。
EF62 号機別形態分類表 国鉄末期 PDF ⇒ http://ef58176.cocolog-nifty.com/EF62_bunrui_0403.pdf

***********************************************************************************************

188/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

【あの一枚】 #118 EF66+EF200+EF65+コキ車 異種三重連貨物 その2

先日出したEF66+EF200+EF65の三重連が牽引する8753レですが、こんなのも撮っていたようです。

***********************************************************************************************

Simg3134

1993.9.2 品鶴線 新鶴見(信) 8753レ
T90 + 35-70mmF3.5-4.5 XP2

夏が終わり、すでにバルブの時間になってしまった三重連貨物。
この日は学校帰りの車窓から機関区を見たとき、塗色変更機の20番がEF200と重連で留置されて
いるのが判ったので、帰宅後わざわざカメラ一式と三脚、脚立を持ってやってきた。

大学に通うようになると毎日新鶴見をチェック出来たので、こんな組み合わせも狙わず撮れた。
反面、何に入るか判っても時間的に撮れないこともあり痛し痒しといったところだった。

先日から探している1993年のノートが見当たらない、、、。
あまり撮影に出ていないとはいえ、データが判らないのは困る。

***********************************************************************************************

187/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

【模型】 TOMIX EF62 分解

走行試験もしないうちに分解開始です。
まずは54号機になってもらうべく、田端仕様の1台をバラバラにしました。

***********************************************************************************************

Sr0012314

さすがに新品をバラすのには抵抗がありますが、最大公約数的な大量生産品に興味はないので
手を加えて自分好みの1両になってもらいましょう。

***********************************************************************************************

Sr0012317

あっという間にバラバラなんですが、初めてのフロントガラス撤去に手間取りました。
ヒヤッとしますが、ここまで曲げないと外れないんですね・・・。
でも、この作りのおかげで実感的なフロント周りが実現しているんですね。

***********************************************************************************************

Sr0012318

はい、バーラバラ。。。

肩口の明り取り窓はHゴムが車体側にあり、きっちりサイズのパーツがはめ込まれていました。

***********************************************************************************************

Sr0012325

面横のパーティングラインを削ったりするので塗装はやり直しになります。
で、IPAに浸かってもらうかどうしようか考え中・・・。

***********************************************************************************************

186/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

【あの一枚】 #117 EF66 901+フレート 大船先端にて

ヒサシの無いロクロクが無骨な感じで好きです。
ヒサシ付きはどこかスタイリッシュな感じがして、貨物には似合わないような気がします。

今日は大船先端でダベっているときに現れた901号機の貨物でも。

***********************************************************************************************

Sbw0045_tmy_08

1989.7.11 東海道貨物線 大船 5066レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.6.7 TMY

カメラを三脚にセットしたまま話に花が咲く、情報交換の場だった東海道上りホームの藤沢方先端。
貨物が来たのでファインダーを覗くと試作機の901号機だった。
モノクロフィルムが装填されているときは貨物も惰性で一コマだけ切ることが多かった。
そんなコマが後になって貴重なシーンになるのだから、やっぱり何でも撮っておくべきだ。

この時はたしか、単1984レで上ってくるEF66 20を撮ってお昼までここで時間をつぶしていた。
その後は大船軒でソバを食べてから、いつもの根岸詣でだ。

***********************************************************************************************

185/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

Pトップ牽引 C61+旧客配給

福島プレDC号で使われたC61と旧客が今朝高崎に戻ってきました。
適度に曇ったので10年ぶりにオカポン鉄橋へ。

***********************************************************************************************

Simg_98911

2014.7.3 高崎線 岡部-本庄 配9751レ?
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.5.6 ISO:640 W/B:AUTO

伴走車のオヤ12がちょっと残念な編成だが、大事な役目の車両だからしょうがない。

10年ぶりに訪れた河原の土手は何も変わっていなかった。
ここに来るとロクイチや500番台を追った日々を思い出す。

***********************************************************************************************

184/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

【模型】 検品なう #3 アクラスCH-1108-2 EF64 7次JR貨物2色更新

EF62、EF62と来て3台目ですが、、、なんでコレなのか、自分でも良く判りません。。。
たぶん向かうであろう方向は見えてるんですが、なんであえて更新色なのか。
ずいぶん前のポチっと購入なので、全然覚えていないという。
もしかするとこれが一番安かったとか?

ちなみに今日届いた4台目は(も)EF62です。
ボーナスも出ていないのに、そんなにロクニを増備してどうするのかと・・・。
KATOのゴハチだってPFだってそのまま眠ってるっていうのに。

まぁ、モチベーション維持の特効薬っていうことで!
とりあえずEF64検品します。

***********************************************************************************************

Sr0012306

うーーーん、、、なんでこれなんだろう。。。
しっくりも来なければワクワクもしないこの感じ。
模型としての出来はすごく良さそうですが、この色に拒否感があるというか何というか。

パンタグラフがかなり繊細で、上げるのが怖かったです。

ちょっと全然アレな形式なんで、正直なところどこを見ていいか判りません!

***********************************************************************************************

Sr0012310

判らないなりに、ここだけはチェックしました。
EF64再リリースの核心部分、ボディーと台車の幅です。

発売の案内にも書かれているように、きちっとした寸法に収まっているようです。

***********************************************************************************************

Sr0012307

しかしヘッドマークステーがとんでもないことになってますね。
ここは直らなかったんでしょうか。

なんとなく正面裾部分の塗装がおかしいですね。
あ、細かいところだとライトの下、ヒサシに穴が無いです。

ロクヨン0番台のスカートって側面の回り込みこんなもんでしたかね。
見る角度の問題かな。

***********************************************************************************************

Sr0012303

それにしても、これはないですね。
厚みのないただのメタリックなインレタですよね。

やっぱりTOMIXのメタルインレタを使うのが一番いいんでしょうか。

***********************************************************************************************

Sr0012312

あ? あらま!パンタの枠組みが逆ですよ!
PS17は上枠が「N」、下枠が「M」の字にならないと!

どうすんの、これ・・・。

TOMIXのもシューが厚くて不恰好だなぁ。。。
でもIMONパンタはおごれないよなぁ、、、ナニナニ、
PS17Ⅱ(14x17)、TOMIX・アクラス対応、1個 3000エン超えですか!
安いプラ機関車にパンタだけで7000エン弱とは、狂気の沙汰だと・・・。

しっかし、いただけないなぁ、アクラス!
付いてるモノ付いてれば棒の向きなんかどっちでもイイじゃん、なんて?

初めてなんでよくわからないんですが、こんなもんスか?

***********************************************************************************************

Sr0012313

横から見るとこれだよ。。。
通電走行前に架線事故ですか?!

TOMIX EF62の約1.5倍の値段は、このモデルのどこに払ったんだろう。。。
EF64に興味があるとか無いとかの問題じゃなくて、模型として基本的にダメじゃない?

1. リコール要請。
2. こまけぇこたぁイイんだよ。
3. 放出。

さあ、どうする?

***********************************************************************************************

183/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

【模型】 検品なう #2 TOMIX(HO-153) EF62 (篠ノ井機関区)

続いてもう1台のEF62、篠ノ井機関区仕様を見てみました。

***********************************************************************************************

Sr0012286

国鉄時代の篠ノ井機関区所属車ということで、C'アンテナの取付穴とヘッドマークステーはありません。
ざっくりと2次車ということですが、テールランプケースに円板が付かない丸型なので正確には
29~54号機までの2次車後期型に該当する形態ですね。
1次車(1~24号機)と2次車前期(25~28号機)はテール円板設置のために小判型でした。

やはりこちらもプラ製機関車のウイークポイントであるHゴム窓の陥没が貫通扉に見られます。
ここはいじくる時にひと手間掛けたいところです。

***********************************************************************************************

Sr0012282

2位側窓下に誘導アンテナ箱が設置されているので、概ね1977~78年以降の形態ですね。

篠ノ井区に在籍したことのある2次車のうち 38、40、43~51 の11両が助手席側の
水切りを延長されています。
よって、同じ篠ノ井区の2次車でも 52、53、54号機は水切りが短い ので該当しません。
もしこれらの3両や高二区のロクニ2次車にする場合は水切りを短縮する必要がありますね。

***********************************************************************************************

Sr0012287

手前が青屋根の篠ノ井区仕様、奥が黒屋根のJR田端仕様です。
避雷器カバーの形状が違っているのが判ります。

オデコの左に開いているホイッスルと信号煙管の取付穴ですが、小さい縦二つのホイッスル穴が
信号煙管と並んで前方にあるのが篠ノ井区仕様の特徴です。

基本、避雷器が中央に設置されるようになった2次型はホイッスルが助手席Hゴム窓の直上に
なっていましたが、長野工場改造ということで1次型と同じような位置に前方移動され、さらに
10センチほどのゲタを履いて嵩上げされています。
これだと未改造のまま高二区に転属となった 38号機は除外 されますが、製品の時代設定が
1980年代ですから、それ以前に転属になっている同機はもともと該当しないですね。

***********************************************************************************************

Sr0012289

左が篠ノ井区仕様、右がJR田端所仕様です。

このアングルだと

・テールランプ形状の違い
・貫通扉のマークステーの有無
・C'アンテナ用の穴の有無
・避雷器形状の違い

が両車の違いといえるでしょうか。

また、製品にデフロスターの表現が無いので、熱線入りガラス装備車という位置付けで考えた時には、
最後までデフロスター装備だった 44、49、50号機 は除外 されます。

以上をまとめると、製品吊るしの状態で付けられるナンバーは
40、43、45、46、47、48、51号機 の7両になるということです。
まぁ、こんなことに拘ってる人はそんなに居ないと思いますが・・・。

それよりも、今回のTOMIXの公式案内としてリリースされている写真が2次型初期の25号機
というのが個人的には一番ダメだと思いますよ。
篠ノ井区でもなければJR田端所でもない、どっちつかずの2次型初期車ですから。
「※写真は実車です」って、見りゃわかるつーの!

***********************************************************************************************

182/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »