« 【あの一枚】 #104 雪の田浦米タン 1059号機 | トップページ | 【あの一枚】 #105 本当に何気ないPFくつろぎ »

2014年6月11日 (水)

【模型】 自作インレタ実験室 #6  車体への転写(熱転写)

以前の記事(【模型】 御料車14号 再製作 #22  自作インレタ)でアイロンを使った熱転写の
様子を書きましたが、アイロン自体が重く取り回しが大変なこと、大きすぎて転写位置へ上手く
当てるのが容易ではないこと、シリコンシートを間に挟むことなど、方法自体に無理があったので
もっと簡単に出来るように改良しました。

しかし、熱源としてはアイロンが一番良さそうなのでそのまま使っています。

***********************************************************************************************

まずはスタンピングリーフを使ったインレタの準備ですが、マット白箔・錆金箔とも、
【模型】 自作インレタ実験室 #3  箔押し文字の取り出し
の方法でアプリケーションシートに移し取っておきました。

Sr0012219

今、一番の課題である御料車14号の車体に書かれた番号「十四」を切り出しました。

ここでアイロンに代わる熱スタンプの道具を作ります。

***********************************************************************************************

Sr0012214

ダイソーのシリコンケーキ型です。
平滑で厚みがあるシリコンシートなら何でもいいと思うのですが、案外そういう商品が無いという・・・。

今回はこれの底部分を使いました。

***********************************************************************************************

Sr0012215

続いて柄が丸い割り箸(祝い箸)の中間部分をキレイに切りました。

***********************************************************************************************

Sr0012216

それにちょうど合うポンチを選び・・・。

***********************************************************************************************

Sr0012217

シリコンケーキ型の底部分を抜きました。

***********************************************************************************************

Sr0012218

その丸く切り出されたシリコン片を両面テープで箸の先に接着。
シリコンなので完全にはくっ付きません。
両面テープの粘り気で辛うじて留まっているような感じです。

これが熱スタンプ用の道具となります。

***********************************************************************************************

Sr0012220

スタンピングリーフで作ったインレタを車体に貼ります。
とりあえずテストなのでこんなところに貼ってます。

アプリケーションシートに粘着性があるので位置決めは楽です。

***********************************************************************************************

Sr0012221

位置決めが出来たところで、先ほど割り箸とシリコン片で作ったスタンプツールをアイロンに
押し付け、シリコンに蓄熱します。押し付けた時間は10秒ほど。

少しでも蓄熱量を多くしたいのでアイロンは「高温」設定にしてあります。

***********************************************************************************************

Sr0012222

アイロンから離したらそのまま文字の上にスタンプ。
そっと押し付けて3秒ほど待ちます。
念のためアイロン10秒、スタンプ3秒を2回やってみました。

シリコン片は両面テープで辛うじてくっ付いているだけなので注意が必要です。
ここの部分を改良したいところです。

***********************************************************************************************

Sr0012223

アプリケーションシートをそっとめくってみて、文字のちぎれなどが無ければそのまま剥がします。

文字のちぎれがあるときはシートを戻して、その場所メインで再スタンプ。
この「十四」の場合、シリコンスタンプ面の大きさより小さかったので、一発成功!

他にも条件を変えてスタンプしてみましたが、熱量が足りないと箔がちぎれることが多いのですが、
逆にアイロンに押し付ける時間を長くしても転写に影響はありませんでした。
シリコン片に蓄えられる熱量は決まっているということでしょう。

***********************************************************************************************

Sr0012224

出来上がり状態。

インレタ原版が汚なかったので周りに金箔の破片が残っていますが、基本的にはこのような
工程で熱による転写が出来ます。

これはどれだけ原版をキレイに作れるかで仕上がりが決まってきそうですね。

***********************************************************************************************

Sr0012225

関係ないですが車体表面の仕上げが汚いのが良く判ります。。。
この車体はインレタ実験に供されたマイフ97の塗装テスト車です。

ちなみに、熱による塗装面の変化を見るため、蓄熱したシリコンスタンプを直接車体に当て
グリグリと10秒ほど押し付けたところ、表面のクリアが変質し、そこだけ光沢が無くなりました。
よって、スタンプの当てすぎには注意が必要かもしれません。

***********************************************************************************************

Sr0012226

ちょっと剥げてますが、マット白箔のスタンピングリーフを使ったインレタだとこんな感じ。

どちらにしても、原版の出来がそのまま影響するので、どれだけキレイな原版を作れるかに
かかっているということでしょう。

これで熱スタンプによる転写は道筋が出来上がりました。
しかし、インスタントじゃないからインレタじゃないですよね。。。

***********************************************************************************************

テストの中で抜け殻でそのままスタンプしてみたのですが、なんと上手く転写出来てしまいました。
トナー層が無いのに接着するということは、塗装面が熱で接着性を帯びるということ?
それとも・・・。
実際のところ錆金箔もマット白箔も塗装面にしっかり転写されています。極薄です。
マット白箔のみ可能というのであれば箔の顔料層のバインダ樹脂が熱で溶けているとも考えられる
のですが。これはやはり抜け殻の研究もしないといけませんね。

まずは熱スタンプによる転写のテスト報告でした。
次は熱を使わないウエット転写のテスト報告です。

***********************************************************************************************

162/365

|

« 【あの一枚】 #104 雪の田浦米タン 1059号機 | トップページ | 【あの一枚】 #105 本当に何気ないPFくつろぎ »

模型」カテゴリの記事

インレタ実験室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 自作インレタ実験室 #6  車体への転写(熱転写):

« 【あの一枚】 #104 雪の田浦米タン 1059号機 | トップページ | 【あの一枚】 #105 本当に何気ないPFくつろぎ »