« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

【あの一枚】 #100 初めて自分の一眼レフカメラで撮ったPF

なんと、【あの一枚】カテゴリの100回目となったようです。

初心に返って、「初めてシリーズ」から「初めて自分の一眼レフカメラで撮ったPF」ということで・・・。

***********************************************************************************************

Scn0001_hr100_09

1986.2.11 東北本線 尾久 回1451レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

初めての遠出は上野・尾久(田端)へ、同級生のKBT君と。
昼過ぎに上野に着いて特急など撮り、田端から歩いて操車場と機関区を見て回った。
初めて一眼レフで撮った機関車はEF81!

歩いて尾久まで出ると、新鶴見区のPFに牽かれて出発を待つマニ36 2128を発見。
あまり興味をそそられない1106号機だが、とりあえず一枚撮ったのが初めてのPFだ。
地元でも毎日のようにPFに牽かれたマニ36サンドイッチの大船試客を見ているので、別段珍しくも無く
マニ36の形式写真も撮っていないのが今となっては残念・・・。

こんなかたちで、初めて撮ったPFは1106号機だった。

***********************************************************************************************

151/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

【あの一枚】 #099 PF1022+1019号機 北斗星トマムスキーHM付重単

なんだかPFに偏った記事が続いてますが、北斗星トマムスキーつながりでこんな重単を。

***********************************************************************************************

Simg678_2

1991.3.15 東北本線 大宮 単8402レ
NikonF + 50mmF2 1/60 f.5.6 SHR100

多客臨で下ったカマを田端へ戻すために設定されたもので、北斗星トマムスキーに使用された
1022号機が後ろになったためヘッドマークが見える状態でやってきた。

もちろんこの時もこれを撮るのが目的じゃないのだが、とりあえず撮っておいてよかった。
同じ赤PFでも、今なお現役で活躍する1118号機よりかつての1019号機の方が好きなのは
最初に見たときのインパクトからだろうか。

***********************************************************************************************

150/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

【模型】 御料車14号 再製作 #22  自作インレタ

スタンピングリーフを使ったデカールレタリングは実践されている方もいるようですが、
デカールベースの無いインレタを作っている方は居ないようなのでやってみました。

昨日、画像が貼れなくなったので再編集して再掲してみます。

使うものは
・スタンピングリーフ
・超きれいな写真用紙
・PVA洗濯のり
・メラミンスポンジ
・アプリケーションシート
・レーザープリンタorコピー機
・ラミネーター
・アイロン
といったところでしょうか。

***********************************************************************************************

Sr0012125

超きれいな写真用紙にメラミンスポンジでPVAを薄く延ばして塗り、よく乾燥させる。
レタリングする文字を用紙のPVA面にレーザープリンタで印字する。

画像は印字した用紙。

***********************************************************************************************

Sr0012126

必要な文字を切り出しスタンピングリーフを重ねる。

***********************************************************************************************

Sr0012127

重ねたものを折ったコピー用紙の間に挟んでラミネーターに通す。

***********************************************************************************************

Sr0012129

温度調節が出来るものは最大温度で2~3回通す。これはアイロンでも代用可能。

***********************************************************************************************

Sr0012128

成功するとこんな感じ。
なんとなく下の文字が判る。

***********************************************************************************************

Sr0012130

よく冷ましてからスタンピングリーフをめくれば文字に箔が固着している。
PVAの塗ってある用紙に少しでも湿気・水分があると、画像のように余計な部分に箔が転写されてしまう。
これは後できれいにする。

***********************************************************************************************

Sr0012131

スタンピングリーフの転写が終わった用紙。
この状態ではコート紙の上にPVAの薄膜があり、その上にトナーの文字と箔が付いている。

***********************************************************************************************

Sr0012132

こちらは抜け殻。
上手く抜ければこれも使い道が出来そう。

***********************************************************************************************

Sr0012136

アプリケーションシートを貼った状態。
アプリケーションシートは透明な弱粘着シートで、カッティングシート文字などを貼るのに用いる。

***********************************************************************************************

Sr0012139

アプリケーションシートを貼ったら水の中に投入。
10分もすれば紙側から水が浸みてPVAが溶け始め、30分後には勝手に剥がれている。

***********************************************************************************************

Sr0012140

15分後、ちょっとめくってみたら既に転写されていた。
これを水で洗いPVAを完全に流して乾燥させる。

***********************************************************************************************

Sr0012143

出来上がり品。
前処理が悪く、周りに余計な箔があるので、マスキングテープを貼って剥がす。
あまり強く剥がすと文字まで剥がれてしまう。

***********************************************************************************************

Sr0012144

アプリケーションシートから必要な文字を切り出し、転写したい場所に貼り付ける。

***********************************************************************************************

Sr0012145

シリコン製の薄い鍋敷きをあてがい、アイロンを弱~中温で文字部分に当てる。
台所から失敬したものは黒で下が見えない・・・透明なシリコンシートがあるといいかも。

***********************************************************************************************

Sr0012146

いよいよアプリケーションシートを剥がすと文字は車体に!

***********************************************************************************************

Sr0012148

ちょっと原版が汚かったので出来上がりも汚いが、こんな感じになる。

トナー層が有るので文字はインレタと同じくらいの厚みか、それより少し薄い感じ。

***********************************************************************************************

Sr0012150

シリコンシートを挟まずにアイロンを当てると・・・。
熱が伝わりすぎてアプリケーションシートの形が塗装に残ったり、塗装面を汚したりするようだ。

これはシリコンシートではなくコピー紙1枚挟んでアイロンを当てたため、紙が塗装にくっついて
剥がれなくなってしまった状態。
シリコンシートがあれば多少アイロンの温度が高くても大丈夫だろう。

アイロン転写についてはもう少し技術面を突き詰めていきたい。
実験ではトナー層無しの極薄文字転写も可能な感じ。
なかなか面白い技術と思われるが、いかがだろうか。

***********************************************************************************************

149/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

【模型】 御料車14号 再製作 #21

まとまった時間を模型に充てられない今日この頃です。
実験がひと段落して目途がついたので、ここまでを記事にしておきたいと思います。

***********************************************************************************************

Sr0012091

先日からOHPシートやいろいろな紙にポリビニルアルコール(PVA)を塗って実験しているのは
スタンピングリーフによる箔押しで御料車の番号や一般車の標記類を表現してみようというもの。

いくつもの違う紙に塗っては乾かし、レーザープリンタに通してスタンピングリーフの箔押し。
結果、いつも車体を作るのに使っている「超きれいな写真用紙」が上手くいくようだ。

他の紙は表面にキャストコートがされていないのでPVAを吸い込んでしまい、後の場面で
必要な処理が出来ないのだ。

画像はA4を半分に切り、メラミンスポンジでPVAを塗って乾燥中の「超きれいな写真用紙」
「エプソン スーパーファイン用紙」。

***********************************************************************************************

Sr0012094

レーザープリンタでテスト用の文字を印刷。
PVAの上にも問題なく印刷出来ている。

これはエプソンのスーパーファイン紙に印刷したものだったか・・・?
文字濃度が若干薄い、設定ミスの紙を撮影したもののようだ。
本番は黒の濃度を最大に設定して印刷している。

スヤ51 1やマニ36 2001は、なんか適当に打ち込んでみたもの。。。

***********************************************************************************************

Sr0012095

これは「超きれいな写真用紙」の本番印刷を切り出したのもの。
かなり黒が濃く、いい感じ。

***********************************************************************************************

Sr0012100

捨て紙にスタンピングリーフと切り取ったテスト紙を挟み、ラミネーターに通す。

***********************************************************************************************

Sr0012101

温度設定ができるラミネーターに最高温度で3回通した。

***********************************************************************************************

Sr0012103

上手くいくとこんな感じに仕上がる。
失敗するとスタンピングリーフにシワが寄って使い物にならない。

***********************************************************************************************

Sr0012105

これはラミネーター1回通しの失敗の画像。
ラミネーター1回通しだと熱が足りなくて箔が付かない部分があったり、3回通してもよく冷まさない
うちに剥がすと同じように欠ける部分が出たりするようだ。

これをアプリケーションシート(カッティングシートなどを貼るときに一旦移し取る透明な粘着シート)に
移し取り、車体へ再転写する。

***********************************************************************************************

あれ? また画像が貼り付けられない!
23:30過ぎるとダメなのか? なんだそれ!

とにかく、原理だけ書くと、、、
PVAを塗った紙にレーザープリンタで文字を印刷し、そこにスタンピングリーフを熱で転写。(上の画像まで)
これはトナーが接着剤代わりになって、トナーの部分だけに箔を固着するため。

出来上がったものにアプリケーションシートを貼って水に漬け紙を剥がす。
キャストコート紙でも30分も放置すれば水がしみ込んで勝手に剥がれている。
これはPVAが水に溶ける性質をもつため。
また、箔+トナー部分はアプリケーションシートに粘着しているためそちら側に残る。

出来上がった箔付きアプリケーションシートから必要な文字を切り出し、車体に貼り付け。
アプリケーションシートは水で洗っても粘着力が残り、透明なので貼り付け位置が見える。

台所食卓用品の薄いシリコン鍋敷きを貼り付け部分にあてがいアイロンを低温で当てる。
冷めたらアプリケーションシートを剥がせば完成。
これはトナーが接着剤となって車体塗装面に固着するため。

これで透明デカール地の無い、インスタントレタリングのような仕上がりとなる。
たぶん初めての方法じゃないかと思うんだけど・・・。

画像が無いとサッパリわかんねー!

次は熱を使わない転写の実験結果を。
その前に今回の全画像か。

***********************************************************************************************

148/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

【あの一枚】 #098 PF1018号機 北斗星トマムスキー 横浜にて

こんなのも撮ってたんだなぁ・・・(遠い目)。

今思えば横須賀線に寝台特急が走ってたわけで、回送とはいえ保土ヶ谷まで入ってたわけで、
律儀に専用マークまで付いてたわけで、ほぼ初期型PFの独壇場だったわけで。。。

オイシイじゃん!コレ!

当時はガン無視決め込んで、横浜で停だけ撮ってオシマイ。
この手の列車の走りの写真は、、、たぶんありません、なんとももったいない話です。

***********************************************************************************************

Simg176

1990.2.19 横須賀線 横浜 9007レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/125 f.4.5 HG200

1018号機に牽かれ、横浜9番で客扱い中の北斗星トマムスキー号。
しっかりと食堂車まで入ったブルトレ編成でマークも付き、これが山貨経由で保土ヶ谷まで入って
いたのだから、今ならば撮りたい場所はたくさん思いつく。
年によっては逗子まで入ってたではないか!

東海道では見慣れない初期型PFが珍しくて撮ったであろう1枚、絶対ヨドバシ行ったついでだ。
まったく覚えていない撮影だが、今までのネガ・ポジからPFだけピックアップしたらどのくらいの
機体を網羅してるのだろうか。
撮影済みPFのデータベースなんて考えたことも無かった(笑)

え? やらないよぉ、、、たぶん。

***********************************************************************************************

147/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

【あの一枚】 #097 ク5000の返空を牽く1065号機 山手にて

何の脈略も無く、「ああ、こんなの撮ってたんだ・・・」と、目に留まった写真を出してみます。

今回は、日産の自動車輸送列車の返空を牽く元祖試験塗色機の山手駅通過シーンです。

***********************************************************************************************

Simg1008

1990.11.23 根岸線 山手 6659レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/350 f.3.5 SHR100

トンネルを抜けて山手のホームを通過する1065号機牽引の6659レ。
トリコロールで揃った長編成のク5000が見事だ。

1065もク5000も好きなのだが、真面目に撮らないうちに1996年4月をもってク5000による宇都宮タ-
横浜本牧間の自動車輸送は終了してしまった。
今これを見て「よく撮ってあったなぁ」と自分で感心している。

根岸線の駅の中で一番好きな山手、すぐそこに見えるトンネル出口と、対向式のホーム上屋間を
つなぐ梁がこの駅らしさを出していると思う。
あ、それなら石川町も同じだ・・・でも、ここ山手のちょっと都会から外れた感じが好き。

***********************************************************************************************

146/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

【あの一枚】 #096 PF+ヌマ座「いこい」 浜車号Ⅰ

60.3改正以降の国鉄最末期、ヌマ座は新鶴見区のPF送り込みによる牽引になることが多く、
あまり写欲のそそられる対象ではありませんでした。

そんな中でも浜松車掌区の団臨にはマークが付き、一味違ったシーンを見ることができました。

***********************************************************************************************

Scn0027_hr200_06

1987.2.14 東海道本線 辻堂付近 9322レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 HR200

1109号機に牽かれて辻堂駅を通過したヌマ座「いこい」の浜松車掌区号Ⅰ。
手作り感満載のオリジナルマークが浜車号の魅力だった。

この年は2回運転され、2本目は1102号機が牽引している。

***********************************************************************************************

145/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

【模型】 御料車14号 再製作 #20

模型の方は、、、実験に熱中していて本体がなかなか進みません・・・。

そんな中で、屋根上の加工を終えたので記事にしてみます。

***********************************************************************************************

Sr0011793

余計な穴を埋めて、部分的にスエード調を吹いたところ。

***********************************************************************************************

Sr0011794

屋根上ステップはフジモデル。
はんだ付けが面倒なので今回は瞬間接着剤で組んでみる。

***********************************************************************************************

Sr0011795

黒染め中・・・。

***********************************************************************************************

Sr0011796

屋根への接着も瞬間で。
黒染めした0.3mmの真鍮線を曲げて。ハシゴの上の手すりも付けた。

別塗りしてあるガラベンを木工用ボンドで付ければ屋根上は完成だ。

***********************************************************************************************

あれ? 急に画像の挿入が出来ない、、、ブラウザ変えても出来ない・・・なんだこれ?
終わりかよ! なんて日だ!

144/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

Pトップ+マニ50+ロクマル 桐生へ

久しぶりに両毛線で大きなネタがありました。
E655系などとも絡んで、どうやって休みを取るか考えた末、E655系は見送り。。。
22日が遅番出勤、23日を休みにしてロクマル・Pトップ祭りのみの参加です。

しかし今日の人出はすごかったですね。
メインに据えた岩宿手前の築堤アングルでは直前の散歩人乱入でどうにもならず、
急いで横へずれた結果何とも中途半端なものになってしまいました・・・。

では順を追って。

***********************************************************************************************

Simg_94171

2014.5.22 両毛線 伊勢崎-国定 試9691レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

まずは超近場での定番アングルで。
この時期になるとイセコマは側面に光が回らないのでこちらにしたが、結局この天気。。。

KT君、TH君ほか久しぶりに見る重鎮たちの姿も。
錚々たる面々のみなさん、桐生まで追っかけて、思川経由で小山に抜けるのでしょうか?

***********************************************************************************************

Simg_94201

2014.5.22 両毛線 国定 試9691レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

国定停は中線なのでケツ撃ちしか撮れなかったが、とりあえずロクマル側を押さえておいた。

***********************************************************************************************

Simg_94281

2014.5.22 両毛線 国定-岩宿 試9691レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1250 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

二発目を浄水場バックで。ここでも薄雲にやられた。
ロクマルも両パン上がっているのがいい。
これにて撤収、仕事行かないと。。。

***********************************************************************************************

Simg_94421

2014.5.23 両毛線 下新田-桐生 入換
EOS60D + 400mmF5.6 1/400 f.5.6 ISO:800 W/B:AUTO

センターからの入出線をやってきたPトップ先頭のプッシュプル編成。
直前にわたらせ渓谷鐵道の気動車が手前の本線を走り去り、ちょっと焦った。

***********************************************************************************************

Simg_19041

2014.5.23 両毛線 下新田-桐生 入換
EOSkissDX + 70-200mmF2.8 1/500 f.4.0 ISO:400 W/B:AUTO

完全に山の影になってしまったが、ここを走るPトップは珍しい。

***********************************************************************************************

Simg_94481

2014.5.23 両毛線 岩宿-下新田 試9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

問題の岩宿築堤。。。画面が切れたすぐ左におじさんが早足で線路に向かって歩いている。
最高の光線だったのだが、あたふたしてバックの処理に失敗・・・(泣)
70mmだともう一本手前のスパンで抜くことは出来なかった。

***********************************************************************************************

Simg_94651

2014.5.23 両毛線 国定-岩宿 試9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.3.2 ISO:400 W/B:AUTO

いつもの早朝工臨だと正面に陽が当たることのないカーブで初めて順光のロクマルを撮った。
この時期、Pトップのキハ出場スジをここでやってみたいのだが、なかなか休みが合わない。

***********************************************************************************************

Simg_19261

2014.5.23 両毛線 伊勢崎-国定 試9690レ
EOSkissDX + 70-200mmF2.8 1/500 f.3.5 ISO:400 W/B:AUTO

岩宿築堤がやられたのでもう一度同じようなアングルで撮っておきたかったのだが、
ここの架線柱スパンでは3両入らない(泣)
光線も日没ギリギリだ。

***********************************************************************************************

Simg_94791

2014.5.23 両毛線 伊勢崎-国定 試9690レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/800 f.4.0 ISO:800 W/B:AUTO

広角にしても3両入らない・・・(泣)

***********************************************************************************************

Simg_94821

2014.5.23 両毛線 伊勢崎-国定 試9690レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/800 f.4.0 ISO:800 W/B:AUTO

一連の撮影の中で初めて走りのケツ撃ちが出来た。
でもやっぱり3両が入らない・・・。

***********************************************************************************************

Simg_94921

2014.5.23 両毛線 伊勢崎-駒形 試9690レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/640 f.5.0 ISO:500 W/B:AUTO

最後はちょうど日が沈んでシルエットになった榛名山バックのPトップケツ撃ちで〆。
来年もぜひマニ50同伴で、カマの前後を入れ替えた編成で運転していただきたいところだ。

***********************************************************************************************

143/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

【あの一枚】 #095 大船 ロクロク甲種カブリ!

時間が無いのでこんな一枚を。

***********************************************************************************************

Sbw0044_400prx2_20

1989.7.7 東海道貨物線 大船 9888レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/1500 f.11 400PR(2倍増感)

運良く期末テストの期間中にロクロク牽引でやってきた211系3000番台と205系の混成15両甲種。
午前中でテストが終わり、帰り際に大船先端に寄って狙ったものの見事下りのロクロクにカブられた。

画面の中にロクロク2両と211系2本。。。
今となってはこれはこれで楽しい感じだが、当時のガッカリ感はかなりのものだった。

ko-nomoさんのブログ『やっぱりテツでした』では新鶴見を行く同列車の様子が紹介されています。
ちゃんと後ろの205系まできれいに見えていて、カマ込み16両の長い編成が見事に記録されています。

Click!⇒ 89-7 長編成甲種 (http://blogs.yahoo.co.jp/nh5861/25192802.html

***********************************************************************************************

142/365

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年5月21日 (水)

【あの一枚】 #094 国鉄末期のPF試客 #4

こんな中途半端な写真もありました。。。

***********************************************************************************************

Scn0025_hr100_06

1987.1.17 東海道貨物線 辻堂-藤沢 試6962レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR100

土曜の午後、ロクイチ牽引ではない踊り子59号を撮りに行ったついでの1枚。
フィルムの巻き上げをしてなくてシャッターが切れず、先頭のPFは写せなかった。
おかげでマニ36もよく写って怪我の功名といったところか。

手前からマニ36 2001 + オハネ25 + マニ36 2128。
キャンバス屋根がかなりボロくなってきている白色ガラスの2001番。
後ろのマニ36は便所窓が上折れ白色ガラスの2128番で判りやすい。
あさかぜ1・4号、出雲1・4号の車両が順次グレードアップされて金帯になってゆく時期だ。

***********************************************************************************************

141/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

【模型】 御料車14号 再製作 #19

いろんなことを掛け持ちで上手くまとまらない今日この頃ですが、一番の原因は野球写真の編集でしょうか。
だいたい5月29日からの展示に間に合うのかも不安ですね。。。
今日は会議が一つ終わったので、とりあえず肩の荷が軽くなった感じです。

それはいいとして、趣味は趣味で少しでも進めていきたいと思います。

***********************************************************************************************

Sr0011774

こんなものを出してきて、また実験中。

大好きな”ダイソー”の洗濯のりと詰め替え用のプリンターインク。
洗濯のりは『PVA』、ポリビニルアルコール100%のもの。

PVAは洗濯のりとしてはもちろん、シャボン玉を割れにくくするのに使ったり、夏休みになると
自由研究でスライムを作るのによく問い合わせがある。
スライムに使う『ホウ砂』は医薬品なのでうちで扱っているがPVAはダイソーので十分。
切手の裏の糊もPVAだ。

水以外には溶けない不思議な合成樹脂である『PVA』を使って遊んでみたい。

***********************************************************************************************

Sr0011775

紙でも何でもいいのだが、プリンターに通せるもので、PVAを塗ったときに丸まらないことを考え
OHPフィルムを出してきた。

建築模型ではこれに直接”窓枠”を印刷し、紙やプラ、薄木を貼り込んで窓に仕立てる。
高透明ではあるがインクジェット用のベースが引かれているので、より精細さを求める鉄道模型には
ちょっと使いにくい。
今度はレーザープリンタを導入したのでレーザー用のOHPフィルムも試してみようか。

***********************************************************************************************

Sr0011776

続いて持ってきたのが台所の下にあったメラミンスポンジ、いわゆる”激落ち君”みたいなもの。
もちろんこれもダイソーだ。

***********************************************************************************************

Sr0011778

まずは試しに0.09mmの孔雀ケント紙に塗ってみた。

もういきなり水分を吸ってシワになり始めている。
これでは乾燥後の紙の平滑性は期待できない。

***********************************************************************************************

Sr0011779

こちらはOHPフィルム。
見事キレイにPVAがのびて超薄膜を形成している。

他に筆塗りやドブ漬けもしてみたが、塗膜の厚さのムラがひどくて使えなさそうだった。
完全乾燥するため放置。。。

***********************************************************************************************

Sr0011780

その間にベンチレーターを屋根と同じMr.カラーのNo.37で塗装しておいた。
屋根に余計な取付け穴が一ヶ所あるので、裏からテープで塞いで溶きパテで埋めた。

結局どちらも完全乾燥待ちで放置のため、今日はおしまい。。。

***********************************************************************************************

140/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

【あの一枚】 #093 国鉄末期のPF試客 #3

撮ったことも忘れていたPF試客があったので出してみます。
ネガを見ると、ロクイチ+江戸を撮りに馬入まで行ったついでのようです。

***********************************************************************************************

Sc0010_hr100_23

1986.6.3 東海道貨物線 茅ヶ崎-平塚 試6962レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 HR100

1113号機に牽かれ、マニ36にハネ3両を挟んだこの当時としては長めの編成。
しかしまぁ、ずいぶんな所で・・・。

ここまで角度が浅いとマニ36の番号を特定することは困難だ。
1両目など中央部分にモロ架線柱。。。窓の配置はスハ32を種車とした2128、2142、2154番で、
便所窓が上折れタイプではないので2128番は除外できそう。
そうすると2142か2154だが、便所窓が白色ガラスではなさそうなので2154番と思われる。
最後尾のマニは鋼板屋根の2209番と中央側窓が3個の2037番が除外できるが、それ以上の
絞込みは難しい。

***********************************************************************************************

139/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

【模型】 御料車14号 再製作 #18

今日は屋根キャンバスのつなぎ目とベンチレーターの加工を。

***********************************************************************************************

Sr0011767

今回も1mm弱に切り出したマスキングテープでつなぎ目を表現し、上からMr.セメントを塗った。

1-3位の屋根上には小さい空調点検蓋(?)が付く。
兄弟車である元スイロネ37 2⇒マロネ58の場合はマロネ40のような大型の点検蓋になっていた。

***********************************************************************************************

Sr0011768

屋根色グレーを作るのが面倒だったので既存色からMr.カラーのNo.37を吹くことにした。

***********************************************************************************************

Sr0011769

RML75グレーバイオレット、初めて使う色だが、ジェイズのスエード調ダークグレーに近いようだ。

で、マスキングテープを剥がすとき、一ヶ所縦トイが取れた・・・(泣)

***********************************************************************************************

Sr0011770

例によってTOMIXのガーランドベンチレーターに0.25x0.5のプラ帯板で取付け足を表現中。

***********************************************************************************************

Sr0011771

合計16個、1時間近くかかってやっと加工完了。
このロットのガラベンはあまり出来がよくないようで、横のH型部分がつぶれているものが多くある。

***********************************************************************************************

Sr0011772

塗装する前に載せてみた。
あれ? 1個多い?! 手前から3つ目は要らないね。

実物に倣って屋根色と近似色にするか、模型的に明るいグレーにするか・・・。
やっぱりここは近似色にしておこうかと思う。

***********************************************************************************************

Sr0011773

ところで、先日の金文字の結果は、、、もうちょっと研究が必要な感じ。
箔がきれいに密着していないのか、ちょうど文字の端に未転写部分が出た。
アイロンだけじゃなくラミネーターも試してみよう。

***********************************************************************************************

138/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

【模型】 御料車14号 再製作 #17

仕上げのウレタンクリアを吹いて二日放置したので、屋根の塗装にかかります。

***********************************************************************************************

Sr0011755

いきなり塗装完了。
今回も下地にジェイズのスエード調を吹いた。
この塗料は減りが早い、、、高いのに、、、。

***********************************************************************************************

Sr0011758

なんか泡吹いてるし・・・。
ここの下地に何があったっけ? サフェーサー? 下塗り艦底色? 上塗りクリア? ウレタン?
とにかく同時に吹いた2両のうちこれだけに発生している。
缶の攪拌が足りなくて溶剤が多かったのかな?

ま、乾いたらちょっとペーパー掛けてどうにかなるべ。

***********************************************************************************************

Sr0011764

よく見るといろいろ不具合がある(泣)

***********************************************************************************************

Sr0011760

今回はウレタン吹いてから触ってないのに、指紋っぽい跡が一ヶ所あった。
2000番のフィルムで磨くしかないか。

***********************************************************************************************

Sr0011765

とりあえず塗りあがった2両。

上がダメな屋根曲げ治具で作ったもの、下が新しい治具で作ったもの。
側板から屋根の立ち上がり方が違うのが判る。
もちろん下が正解で、上は張上げ屋根のようなカーブになってしまっている・・・。
が、単体では気にならないようだ。

続けて屋根上とステップをやっておきたい。

***********************************************************************************************

137/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

【あの一枚】 #092 国鉄末期のPF試客 #2

PF牽引の大船試客が出たので続けてみたいと思います。
とは言ってもPFなので全然撮っていませんから、今思えばもったいない話です。

***********************************************************************************************

Scn0023_ca100_03

1986.11.8 東海道貨物線 辻堂-藤沢 試6962レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 CA100

1107号機に牽かれて貨物線を上る試客編成。
手前からマニ36 2209+オハネ24+マニ36 2154。

当時品川区には6両のマニ36が在籍し、中でも2209は絞り折妻鋼板屋根車で目立っていた。
そのため’85年3月の下田お召の時のマニ5両訓練運転では御料車の代わりか、はたまた
たまたまなのか、編成の真ん中に据えられていた。

***********************************************************************************************

136/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

【模型】 御料車14号 再製作 #16

今日は仕上げのウレタンクリアを塗りました。

***********************************************************************************************

Sr0011754

愛用のZEST 2液性ウレタンクリヤー。
トルエン含有なのであまりよろしくないが、塗りやすさと仕上がりはいい。

スポイドで主液40滴:硬化剤4滴、それに薄め液を加えて6mlにすると1両余裕で塗れる。

***********************************************************************************************

Sr0011753

2両ウレタンクリア仕上げ完了。
絶対に触らない! 今回は絶対に触らない! この場から離れてもう寝る!

昨日の下塗りになんとなくムラがあるのを見つけてしまったが、クリアでテカテカにすれば
反射で気にならない?
塗料を垂らしたり車体に飛ばしたり、慌ててやるとロクかことがない・・・。
どうにかうまくいっていることを願う。。。

***********************************************************************************************

135/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

【模型】 御料車14号 再製作 #15

今日は年に何回もない定休日!
仕事のことを気にせずにいろいろ出来ます。

模型の方は妻板に電話線用ジャンパー栓を付けたらいよいよ最終サフェーサー仕上げです。
さらに続けて下塗りと、上塗りのカラードクリアまでやっちゃいましょう。

***********************************************************************************************

Sr0011739_3

妻板中段に0.5mmのペーパーを丸抜きした電話用ジャンパー栓受けを付けて最後のサフェーサー吹き。

栓受けは1.0φ、ちょっとオーバー目にしてみた。

***********************************************************************************************

Sr0011742_2

下塗りに何色を使ったか覚えていなかったので過去のブログ記事を見たら艦底色だった。

そうだ、この艦底色にはフラットベースが混ぜてあり、サフェーサーのようにマットになるので
最後の最後にキズやヘコミの確認ができるようにしてあったんだ。

***********************************************************************************************

Sr0011743_2

下塗り一丁上がり。

よく見ると二段雨どいの上段にペーパーの毛羽立ちが目立っていた(泣)
軽く磨いて再度艦底色を吹こう。

***********************************************************************************************

Sr0011746_2

今回も上塗りはディープクリアレッドとクリアブラウン1:1。

***********************************************************************************************

Sr0011747_2

あぁーーっ!!!!
吹き初めにエアブラシを振ったら塗料がカップから飛んでこのザマ!

とりあえずよく乾かして磨くしかないか。。。

***********************************************************************************************

Sr0011748_2

軽く磨いて再々度艦底色を吹く。

***********************************************************************************************

Sr0011749_2

結局どうにもならず、部分的にサフェーサーからやり直し。
ちょっとモチベーション下がるけど、深紅色漆塗りの出来上がりを想像して頑張ろう。

***********************************************************************************************

Sr0011750_2

カラードクリアの上塗り完了。
とりあえずどうにかリカバリできたようだが、まだ光の加減で吹き寄せの柱部分にデコボコが見える。

***********************************************************************************************

Sr0011751

よし、2両上塗りまで終了!
腰板部分の反射に生地完成車体が写っている。

一日放置で完全乾燥し、仕上げのウレタンクリアへと進みたい。
今回はカサカサ廃車体にならないように十分気を付けないと!

昨日・今日と、記事書いてる途中にブラウザがシャットダウンして最初から書き直しっていうのを
やられてるので、いつものスレイプニル2じゃなくてIEで書いている。
最後の画像まで来て消えたんじゃシャレにならない!

***********************************************************************************************

134/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

【模型】 御料車14号 再製作 #14

パーツが届いたのでやっと先に進めます。

***********************************************************************************************

Sr0011734

すっ飛んでいった24Vジャンパー栓箱と黒染めしておいたハシゴを付けて、だいぶ様になってきた。

***********************************************************************************************

Sr0011735

御料車14号になったスイロネ37 1の端梁にこいつがあるのかどうか疑問だが、当時の供奉車には
あるようなのでこれも付けておこう。

この車内放送用12Vジャンパー栓箱は端梁セットのもので、単体では販売されていないようなので
紙とプラ棒でこんなようなものを作って貼った。

***********************************************************************************************

Sr0011736

完全にオーバースケール、、、エコーのパーツから採寸したんだけど。
ディテールも無くちょっとアレな感じ満点。。。
サフェーサー吹いてみて、明らかにおかしかったら撤去しよう。

***********************************************************************************************

Sr0011737

その前にシールプライマーをホワイトメタル部分に吹いた。
薄めずに吹いたら軽くクモの巣状になってしまい焦った。
ツールクリーナーで倍に薄め、クモの巣を溶かすようにして吹き直し。

次はいよいよ最後のサフェーサー吹きだ。
あ、妻板中央の電話線用の栓がまだ付いてない!
まるてつ(哲)さんからの玉手箱に入ってた銀河モデルのN用ジャンパー栓受けを使うか?
ん~、なんかもったいないからプラ棒の輪切りでいっか。

***********************************************************************************************

133/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

【模型】 御料車14号 再製作 #13

パーツ注文中、、、取付時に紛失して足りなくなったジャンパー栓箱をはじめ、これから使うであろう
各種パーツが届くまで、あーじゃないこーじゃないと言いながらなんかいろいろやってます。

***********************************************************************************************

Sr0011725

自分の用事で会社のコピー機ばかり使ってるとよくないので、自宅にレーザープリンタを導入した。
たまたま寄ったPCデポにて未使用機がアウトレット超特価で置いてあったので速攻お持ち帰り。
これからいろいろいじってみて特性を見極めようと思う。
エプソンのインクジェットはちょっと使わないとすぐにノズルが詰まってクリーニングが必要になり
不経済だしイライラするし、まだ2年だけど交代していただくことにした。
模型で使ってる8年も前のキヤノンのインクジェットではそんなこと一度もないんだけど。。。

コピー機からの出力は長手方向がほんの僅かだが圧縮されてしまうので、正確な寸法出力が
必要な模型にはすごく使いづらいのだが、レーザープリンタはどうなのだろうか。
いつだかマイフ97のテスト車を作ってるとき、インクジェット機出力の外板にコピー機出力の
窓枠板を貼り込んだらビミョ~にずれてて痛い目にあった。
それ以来コピー機での側板出力はしていない、、、というより中華レーザーカッター導入で
窓を”手抜き”することが無くなってしまった。

***********************************************************************************************

Sr0011726

さっそくパソコンにつないで解像度のチェックをしてみた。

まるてつ(哲)さんから借りた資料本「御料車物語」にある御料車用の番号文字をコーレルドローで
一文字ずつアウトライン化してあるので、サイズを変えてテストプリント。

***********************************************************************************************

Sr0011727

1/80で使うのはこれくらいの大きさ。
実はこれで金文字を作ろうとしている。

真鍮の薄板をエッチングして妻面に埋め込むというまるてつ(哲)さんのアイデアがあるのだが、
どうやって埋め込む&どうやって磨き出す、の方法が思いつかなくて止まってしまった。
クリアレッドブラウンを上掛けする車体塗装では通常の磨き出しが出来ないのだ。

やはり、埋め込むのではなく茶色下塗り表面に貼って、その上にクリアレッドブラウンを掛けて
真鍮板の厚み分を磨き出すしかないだろうか。

***********************************************************************************************

Sr0011728

そんなこんなで、コレが使えないかとテスト中。。。
デカール方式? インレタ方式? とにかく思いつくものは何でも試してみたい。

***********************************************************************************************

Sr0011732

さぁ、文字よ金色になれ~。

***********************************************************************************************

Sr0011733

上からクッキングペーパーを当ててアイロンを滑らせる。。。結果はいかに。

***********************************************************************************************

132/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

【あの一枚】 #091 国鉄末期のPF試客 #1 旧東海道下り線にて

古くは浜松区、59.2改正以降は東京区のゴハチが充当されていたこともある大船工場の客車検修
入出場列車の試6961-試6962レ、いわゆる大船試客ですが、その記録はあまり見かけません。
どちらかというと大船工場に出入りする旧型国電などの方が撮影対象とされていたようです。

今回はそんな大船試客の記録から一枚。

***********************************************************************************************

Scn0009_hr100_28

1986.5.9 東海道本線 大船付近
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/500 f.5.6 HR100

大船7番を出て東海道線に合流するための旧東海道下り線を行くPF牽引の試6961レ。
もうちょっとキレイに撮れると思ったら、かなり障害物が多かった・・・。

東京区のゴハチ牽引時代にもハーフカメラで一度撮りに来たことがあるが、ネガが見当たらない。
以前はほぼ毎日運転だったこの列車もJR化前になると毎日運転ではなくなり、撮りにくくなってしまった。

最終的には大船工場の客車検修が無くなり、スジだけは残ったものの控え車のマニ36も無く
ごく稀に品川-茅ヶ崎間を貨物線で往復するだけのつまらないものになってしまう。
そんな中、1990年代に入るとPFとロクイチの共通運用になったりもして、あの日々を髣髴とさせる
ゴハチ充当を期待したが、一度も登板することなくスジは消えた。
ただ一度だけ、御料車の試運転となった大崎始終着の試9961-試9962レを除いて・・・。

***********************************************************************************************

131/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

【あの一枚】 #090 ロクニのいた夜 茅ヶ崎’90

自分の撮りテツ人生が30周年ということは東海道スジからの事実上のゴハチ撤退からも30年。
本当に”ついこのあいだのような気持ち”ですが、この間にゴハチもロクニもロクゴ500番でさえも
居なくなり、走っている車両は大きく変わってしまいました。
そんな自分の”気持ちのもって行き場所”が過去の写真とデータの整理であり、模型だと思っています。

さて、ブログの上のほうに、なんか商品の紹介みたいなのが出てるんですが、私の場合、いつもここに
TOMIXのEF62が掲載されていて困っています(笑)
誰がチェックしたんだ! 使った覚えの無いプリンタのインクとか、妖怪ウォッチとか!

本当に困っているんです、EF62がこっち見てるんですよ。。。

***********************************************************************************************

Simg919

1990.11.11 東海道貨物線 茅ヶ崎 回9826レ
T90 + 80-200mmF2.8 HR200

この時はレインボーのお供で大船までの客扱い、折り返しで茅ヶ崎までやってきた。
傾斜したフロントウインドーが独特の美しい横顔を作り上げる。
アンテナ関係のパーツが残念だが、アバタもエクボ、あまり気にならなかった。

客車急行の能登が電車化されるまでの命となった41号機、2次型の丸テール車だ。
今初めて気が付いたが、機械室の明かりは全部の窓に漏れるわけではないようだ。

久しぶりに横川の54号機に会いたくなってきた・・・。

***********************************************************************************************

130/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

【あの一枚】 #089 クハ115 ウインドーウォッシャー付き初期車

超忙しいので貼り逃げ。。。

また今年も5月恒例の野球撮影がやってきてしまいました。
3つの高校の総当り戦。公式試合ではないので背番号が無く、誰が誰だか見分けがつきません。
顔は日焼け止めを塗ってどうにかなりますが、眼がどうにもなりません!

***********************************************************************************************

Sbw0006_400prx2_22

1988.12.15 東北本線 上野
AE-1P + 75-200mmF4.5 400PR(2倍増感)

デカ目の初期車に変な箱が付いていたので撮ってみた一枚。
オリエントエクスプレスの撮影でやってきた上野にて。

***********************************************************************************************

129/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

薫風のロクマル+ホキ工臨

両毛線の工臨を撮るにはいい季節になりました。
家を出る時間からすでに空が明るいのは気分的にすごく楽ですね。
すがすがしい空気の中で1灯ライトを待つ時間は格別です。

***********************************************************************************************

Simg_93821

2014.5.8 両毛線 下新田-岩宿 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/640 f.4.5 ISO:640 W/B:AUTO

前回のチキ工臨に続き桐生の山バックで、日の出を迎えた直後の光線がロクマルを照らす。

***********************************************************************************************

Simg_93921

2014.5.8 両毛線 伊勢崎-駒形 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

太陽があがってくるとイセ-コマは光線状態が厳しいので正面がちに。。。

***********************************************************************************************

Simg_94031

2014.5.8 両毛線 駒形-前橋大島 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

最後は複線区間にて。
深夜の現場から追っかけの皆さんも、お疲れ様でした!

***********************************************************************************************

128/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

【あの一枚】 #088 ここまで来てカブるか・・・ スカ線EF62サロン

1990年代に入ると機関車運用の効率化により田端のロクニが東海道・横須賀線方面まで顔を
出すようになり、かつての下関ロクニの間合い団臨を髣髴とさせるシーンが展開されました。
他にも長野ロクヨンの通し運用や静岡ロクヨンの上京など、数年前までは考えられないカマ回しが
見られるようになり、その中でもEF62はよくチェックしてました。

東海道のゴハチを追いやったカマという印象で語られることの多いロクニですが、逆にゴハチの
あとを継いだカマということで、今でも自分の中では貫通タイプ機関車の中で一番好きです。

***********************************************************************************************

S62549011239722

1990.11.23 横須賀線 東戸塚-保土ヶ谷 9722レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/500 f.4.5 SHR100

朝のスカ線を上っていくスジだったので、キレイに日が当たる狩場のカーブに陣取った。
両方の駅から遠く、保土ヶ谷から30分くらいかけて歩いて来たのに・・・。

東海道線の築堤に隠れて上り列車は接近直前まで判らないので緊張しながら待っていた。
下りのスカ線がやってきて、さあこれが抜けたらいよいよかと思った瞬間、カーブの向こうから
ロクニが顔を見せたのだ。
とりあえずカブらないうちに1コマ切るも、置きピンのポイントがずっとこっちなのでしょうがなく待ち、
影にやられてしまいながらこんなシーンを残した。

今でも横川でその姿を見ることができる54号機。
この時はまだ、数年後に血眼になって追いかける日が来るとは思ってもいなかった。

***********************************************************************************************

127/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

【模型】 いにしえの自由型電関

昨日の運転会のモジュール設営時にまるてつ(哲)さんから懐かしい逸品を受け取りました。

30有余年前に改築前の実家の居間でエンドウの金属道床レールを敷いて運転会と称した遊びを
やっていた時以来のご対面です。

***********************************************************************************************

Sr0011723

あー懐かしや・・・。
カツミ ED58型、だいぶ経年劣化しているが当時の思い出がよみがえる。

生意気に61号機だったのか!
61号機にしちゃったのはどうかと思うが、このフリースタイルは大変秀逸だと思う。
ヒゲもちゃんとED機に相応しく横一本になっているし、EF58には無いPS17タイプのパンタを載せている。

***********************************************************************************************

Sr0011721

台車もED70用のDT104タイプのように見える。
ベーカー連結器が30年の時の流れを感じさせるが、これは足回りだけ整備してこのまま動態保存がいい。

たしか一緒にカツミのナハ10形タイプの客車とエンドウのレールバスタイプの気動車があったと思うが、
それらも実家に健在なのだろうか?

アリイのプラ機関車・客車・電車は・・・捨てちゃっただろうな。。。
今度実家に行ったときには物置と化した部屋で捜索活動してみよう。

***********************************************************************************************

126/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

【模型】 御料車14号 再製作 #12

今日はGW唯一の休みで、ちょっと実家方面へ行ってきました。

早朝の地震で交通機関に何かあると嫌だなと思いながらも予定通りに家を出て9時に藤沢着。
初めてクラブの運転会の設営を手伝いました。
カミさんは先に辻堂で買い物をするということで昼前にモールで待ち合わせてランチ、そのあと
実家に寄ってもう一度運転会会場に戻るつもりが、実家でゆっくりし過ぎてタイムアウト・・・。
夕方から群馬での予定があるため湘南新宿ラインでそのまま帰宅となりました。

***********************************************************************************************

Sr0011678

実に良く出来たシステムで、モジュール同士を結ぶジャンパーケーブルが無いので
大変スッキリした印象。

***********************************************************************************************

Sr0011684

こちらは13mmゲージのモジュール組み立て中。
個人的には、レイアウト作るなら13mmがいいなぁ。

***********************************************************************************************

Sr0011689

コントローラーの接続が終わり、この後DD51単機2本で各レーンの試運転を行なっていた。
一番列車の運転を見てから出るつもりだったが、モールの飲食店が混む前にランチを済ませて
おこうと思い、11時前に一度退散することにした。
その後実家で話しに花が咲いてしまい、会場に戻って来れなかった・・・。

編成で走っている車両を見られなかったのは残念だったが、開場前のレイアウト設営に参加
できたのはいい経験になった。

***********************************************************************************************

Sr0011720

夜は模型の続きを。

妻面の小物をどんどん進める。
ホロ吊り、銘板2枚、胴受けにジャンパー栓箱まで付いた。

見ての通り、ジャンパー栓箱1個紛失!
ヤスリで裏を整形中に飛んでいった・・・。
アァッ、、、在庫がアリマセーン!!

***********************************************************************************************

125/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

【模型】 御料車14号 再製作 #11

まだまだ細かいものが続きます。

***********************************************************************************************

Sr0011675

エコーの妻ハシゴを半田で組んで黒染め中。

どうも半田が回りすぎてボテっとした感じになるのは、コテに取る半田の量が多すぎるのだろう。
1mmφくらいの電子工作用ではなく、もっと細い糸半田を用意した方が良さそうだ。

***********************************************************************************************

Sr0011676

「なんでもやってみる」の一環で、尾灯掛のペーパー化をテスト中。

いつもの「超きれいな写真用紙0.23mm」にシアノンS含浸したものを裏からレーザーカットしているが、
これだけ並べてカットするとレーザーの入る箇所が違うので、個々にバラつきがある。
丸い頭の部分を一筆でカットされたものは出来が良い。
逆に頭の部分でカットが分割されているものは、なんとなく「欠け」が見られる。

出来の良いものを切り取り、さらにシアノンS追加でカタチにしてみた。

***********************************************************************************************

Sr0011677

脚部分の幅をもう少し詰めれば大きさ的には大丈夫そうだ。

歩留まりが良くないのは改良研究するとして、これで細かい帯板の半田付けから解放されそう。
調子に乗ってハシゴも雨どい縦管も全部ペーパー化してみちゃうとか?

***********************************************************************************************

124/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

【あの一枚】 #087 クハ115 インフレ番号初期車

時間が無いので貼り逃げです。

何の脈略も無く、静岡運転所にいたクハ115-6200を先頭にするN5編成を。

***********************************************************************************************

Simg692

東海道本線 国府津
NikonF + 50mmF2 FL-W IMP50

丸窓、大目玉の初期車にC-AU711を載せられ、+6000番されてクハ115-6200になった。
誰も居ない夕暮れの国府津にて。

***********************************************************************************************

123/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

【模型】 御料車14号 再製作 #10

生地完成間近で細かい作業が続きます。
他の用事の合間を見てチョコチョコとやってますが、なかなか大きな前進がありません・・・。

***********************************************************************************************

Sr0011671

全てに雨どいを貼り終わり、妻面のキャンバス押さえと雨どい漏斗部分までやってあるので
手すりを付ける。

側板の手すりはレーザーで穴あけしてあるので0.35mmのピンバイスでさらえばすぐに取り付け
できるのだが、妻側の隅柱の手すりは位置出しして穴あけしなくてはならない。
ここをどうにか簡単に済ます方法はないかと考えてみたが、後からプラ帯を貼る以上、事前の
穴あけなど出来るわけも無く、やっぱりこの方法にせざるを得ない。。。

***********************************************************************************************

Sr0011672

こんな作業に2時間も費やし、どうにか全部の手すりが付いた。
没頭していると楽しいのか苦痛なのか判らない、、、たまに「何やってるんだろう」と思うことも。。。

***********************************************************************************************

Sr0011674

流れで雨どい縦管もやっつけた。
今回はちゃんと半田付けで縦管と押さえを付けている。

押さえの脚を貫通させたいところだが、扉位置との関係が微妙で穴あけせずにゼリー状の
瞬間接着剤で固めたので扱い注意物件になってしまった。

***********************************************************************************************

122/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

【あの一枚】 #086 疎開留置車 ’87 #6 福島にて

そろそろこのシリーズもネタが尽きそうです・・・。
5日間の合宿旅行で36枚撮りフィルム3本しかないんですから、ケチり具合がわかるってもんです。

今回は最終日の移動中に福島で撮ったものを。

福島に近づく頃から天気が急に悪くなってその後一日雨、3年ぶりの板谷峠スイッチバックも車外に
出ることなく、窓から適当に撮って終わってます。
さらに2度目の北山形、天童、神町も撮らずじまい、、、いや、大雨で撮れないという(汗)
ついに舟形芦沢で抑止が掛かり、さんざん待たされた挙句にバス代行でやっと新庄に着いたのでした。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_20

1987.7.31 東北本線 福島
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

仙フクの留置車がホーム横の遠い側線に留置されていた。
こういう場面に弱いHR200、粒子ザラザラでどうにもならない。

手前からオハフ46 2023+オハ46  2285+オハ46・・・。
同じ青だが、旧型客車はこれくらい色の差があった方がリアルだと思う。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_21

1987.7.31 東北本線 福島
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

オハフ33 2584。
なぜこのアングル・・・。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_22

1987.7.31 東北本線 福島
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

オハ47 2208、峠に向かう50系の車窓から一枚。
どんどん天気が悪くなることも知らず、3年ぶりのスイッチバックに心躍らせていたのでした。

***********************************************************************************************

121/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »