« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

【あの一枚】 #085 疎開留置車 ’87 #5 北山形にて

ちょっと記憶が曖昧になってきてるのですが、この日は仙台から仙山線で山形に出て、
新庄→小牛田→仙台と一周して1日使い、仙台に2泊していたようです。
ネガを見ていくとどうも最初に出した天童留置車の撮影順序がおかしいんですよね。
雨も降ってないし、やっぱり記憶違いで前日の行程中に撮ったもののようです。

今回はその天童の前に撮った北山形の貨物側線に留置中のものを。

***********************************************************************************************

Scn0036_hr200_27

1987.7.30 奥羽本線 北山形
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

ここはホームに入る前の東側の貨物側線に留置中のため、車窓からこんなカットを撮っただけで終わり。
秋カタ区唯一のオハフ33 1500番台である3504番が一番手前に居た。

手前からオハフ33 3504(青)+オハ47(茶)+オハフ33(茶)+オハフ33(茶)+オハフ33(青)。
奥にはスハフ42 2007(青)をはじめとする編成が居る。
ここも番号のメモが見当たらないのが惜しい。

西の左沢線ホームとの間の側線にも何か居たかと思うが写真は残っていないし記憶も無い。。。

***********************************************************************************************

120/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

【模型】 御料車14号 再製作 #9

忙しくて止まっていた御料車14号を少し進めました。

***********************************************************************************************

Sr0011655

新たな屋根曲げ治具で作った4両目と一緒に、とりあえずハコになっていた2両にディテールを
追加して本当に4両を完成まで持っていく勢い・・・。

***********************************************************************************************

Sr0011658

シル・ヘッダーを貼って扉周りの造作をし、ひと磨きしたあとMr.サフェーサー1000を溶いたものを
全体に吹いて各部の出来具合を見る。

バルサで作った屋根端部の曲面がまだ仕上げきれていないようだ。

***********************************************************************************************

Sr0011659

細かく見ればプラ帯材を貼った隅柱のところのスキマも埋めないとダメだ。

今日はスキマと屋根の凹みに溶きパテ流して、2段雨どいの準備までして終わろう。

***********************************************************************************************

119/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

【あの一枚】 #084 疎開留置車 ’87 #4 山形にて

続けて山形の旧貨物ホーム脇に留置中の救援車です。
しかしまぁ、なんでこんな浅い角度で撮ってるんでしょう・・・。
全く参考にならない写真になってしまっています。

***********************************************************************************************

Scn0036_hr200_25

1987.7.30 奥羽本線 山形
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

山形客貨車区事故救援車 スエ31 14 [秋カタ]。
マユニ31→スエ31の改造車で、手ブレーキの関係からか後位デッキ扉は撤去されてオープンに、
前位デッキは板で塞がれていた。
そういう特徴まで判るようにもうちょっと考えて撮ればいいのに、何やってんだろう。。。

***********************************************************************************************

Scn0036_hr200_26

1987.7.30 奥羽本線 山形
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

山形機関区事故救援車 スエ31 182 [秋カタ]。
スハニ35→マニ35→スエ31の改造車だがマニ35の面影を良く残していた。

どちらもJR化直前に廃車になっており工場送りの前の集合かと思われたが、その後各車
また元の居場所に戻ったようで、どういう扱いだったのか気になるところだ。

おいおい、フィルム2コマ使うならちゃんと1両ずつ撮ろうよ。
中途半端な撮影技術にがっかりするとともに、こんなカットでも撮っておいてよかったとも思ったり・・・。
それを踏まえて、1989年の夏合宿は万全の装備で旧客最後の疎開留置先の山陰へ乗り込んだ。

***********************************************************************************************

118/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

【あの一枚】 #083 疎開留置車 ’87 #3 白石にて

自分の中では東北の疎開留置旧客を見ることが目的だった1987年夏の鉄研合宿ですが、
「乗り鉄」に近い行程で、疎開留置駅で降りて1両ずつ撮影なんて出来ませんでした。
もっとも、フィルムをケチっていたので全て撮れるはずも無いのですが、、、。
今となってはそれが残念でなりません。

今回は白石駅の側線に留置された長編成の様子を。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_17

1987.7.31 東北本線 白石
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

仙台から福島に向かう電車の中から写した白石駅の留置車。
ここには東北で1両残っていたスハ40 2119[仙セン](画像の青色鋼板屋根車)が居たのだが、
やはり1両の形式写真ではなく全部入れてしまっている(泣)

この列には13両繋がれていたが、ハフが青、ハが茶色で、このスハ40だけが青だった。
たしか写真を撮らない先輩に車番をメモってもらったはず・・・。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_18

1987.7.31 東北本線 白石
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

振り向いて仙台方を。
かろうじてスハ40のキノコ妻の様子が見て取れる。
スハ40がボロすぎるのか、茶色のオハ47 2298がキレイに見える。

あー、やっぱり旧型客車好きだわー。

***********************************************************************************************

117/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

【模型】 御料車14号 再製作 #8

やっと時間が出来たので半日模型部屋に入り浸ってました。

なかなか完成しない御料車14号に、経過を見て頂いている方はイライラしてるのではないかと
余計な心配をしたり・・・。
で、また本筋を外れて脇道を全力で進んでしまいました。

やるからには納得いくものを作りたいんです。
一般車上がりとはいえ、側板歪みまくりの御料車はいただけません。
ブラスモデルのような平滑ツルツルの表面はリアリティに欠けるのですが、御料車ならアリでしょう。

***********************************************************************************************

Sr0011646

半日の半分を使って改良型のペーパー屋根曲げ治具Ver.3.2を作った。
黒はスタイリッシュなんですが、3枚合わせだったり、スス払いが面倒だったり、いろいろ不都合が
多いので白のボール紙0.7mmの2枚合わせになっている。

***********************************************************************************************

Sr0011647

内部寸法を若干拡大し、0.3mmケンラン紙を『型』として組み込んであり、点や線ではなく面で
側板と屋根のカタチをキープするようにした。

ケンラン紙にはシアノンSを含浸し、内側にシリコンスプレーを吹いてある。
これにより側板・屋根へのシアノンS含浸時に表面へ回っても固着することなく取り出せる。

このための実験として、曲げテストに使った未組み立て車体にシリコンスプレーをたっぷり吹き、
ティッシュで拭った後にサフェーサーを吹いて研磨、マスキングテープを貼って引き剥がすなど
シリコンスプレーが表面や塗膜に及ぼす影響を調べたが、別段支障は無いようだ。

***********************************************************************************************

Sr0011648

出来上がったペーパー屋根曲げ治具Ver.3.2。
この段階で歪みが無いので、出来上がったものも大丈夫だろう。

***********************************************************************************************

Sr0011649

出来上がると早速使ってみたくなるのが心情で・・・。

今度はクリップで挟んでも大丈夫!

***********************************************************************************************

Sr0011650

屋根と側板のねじれが生じないようにこちら側には当て板を設けた。
直角・平行を正確に出してあるので、ペーパー車体の端をきちんと当てればねじれは出ない。

***********************************************************************************************

Sr0011651

シアノンS含浸で固着したものを取り出して、真ん中にヒノキ帯板を渡して箱にしてみた。
これだけで垂直もバッチリ出ていたのには驚いた。

***********************************************************************************************

Sr0011652

で、勢いに任せてそのまま組み立て、もう1両作ってみたり・・・。
ちゃんとした治具で歪みの無いキレイな車体が出来上がった。

***********************************************************************************************

Sr0011654

御料車14号の山が。。。
真ん中二つが歪み修正に苦心した、パテ・サフェ盛り盛りの車体・・・(汗)

一番上はそんなのお構いなしに組み上げたもの。
下が今回のVer.3.2で仕上げたもの。サフェ1回吹きのみでキレイな表面になった。

えーっと、御紋章付きの本番用でしょ、御紋章無しの回送用でしょ、御紋章付く前の14号に、
進駐軍の1309番「サンアントニオ」で決まりかな。

あ、予算的にTR73をそんなに用意出来ません!

***********************************************************************************************

116/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

【あの一枚】 #082 疎開留置車 ’87 #2 仙台にて

1987年夏の鉄研合宿のネガから、疎開留置車の続きを。

仙台臨海鉄道で運転されたC56の記念列車撮影後、投宿のため仙台に降り立ちました。
そこで旧貨物ホームに留置されていた車両たちを撮っています。
フィルムをケチって全部撮ってないのが悔やまれます・・・。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_13

1987.7.30 東北本線 仙台
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

スハ43 2203[仙セン]。
原型扉車だったので撮った模様・・・。

***********************************************************************************************

Scn0037_hr200_14

1987.7.30 東北本線 仙台
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

スハ42 2120[仙セン]。
1両だけいた茶色を撮った模様・・・。

前後のスハフ42の撮影は見事に割愛されていました(泣)
せっかく撮りやすいところに留置されていたのに。。。

***********************************************************************************************

115/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

【模型】 御料車14号 再製作 #7

時間が無いながら、本スジ以外にいろいろ手を出しています。。。(汗)
今日は注文してあったブツが届いたので、早速どうやって料理するか考え中です。

***********************************************************************************************

Sr0011643

本日届いたブツ2種。

ファイバークラフト紙とアートアセテートフィルム、いわゆるファイバークラフトに使う特殊紙と
アニメ製作用の生セルです。アニメ用セルって結構お値段するんですね。
アニメ動画ではこれを1秒間に何枚も使うんですよね?
量が増えれば安くなるとはいっても、それだけでかなりお金かかるんじゃないでしょうか。。。
それはさておき、もちろんこれは窓ガラス用のテストに使います。

ファイバークラフト紙はコシがものすごく強いのと、繊維が丈夫で破れないのを活かして、
ケント紙では難しい極細のレーザー加工を試してみようと思っています。

***********************************************************************************************

Sr0011644

ダイソーの黒い厚紙をレーザーカットしてシアノンで3枚合わせにし、こんなものが出来ました。

***********************************************************************************************

Sr0011645

従来のペーパー屋根曲げ治具だとどうしてもゆがみが出てしまうので、何両作っても同じように
曲げられるように改良しました。

側板、窓枠、内板を貼り合わせ3x3mmの角棒を貼ったあと、上から落とし込んで側板の裾が
ツメに引っかかって固定されるようになっています。
もう少し改良すればかなり使える治具になるでしょう。

***********************************************************************************************

Sr0011630

これが今回の製作で使用していたダメなトンネル型治具。
フリーの治具をクリップで挟んでいたので側板や屋根に致命的なゆがみが出る場合がありました。

サフェーサー吹くと良ーく見えるようになるので、ある程度進んだところでがっかりします。。。

***********************************************************************************************

114/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

【模型】 御料車14号 再製作 #6

忙しくて記事に出来るほど進んでない御料車14号(再)ですが、これ↓を見ると俄然ヤル気が出ます。

ヤル気が出てもなかなかいじる時間が無いのがもどかしいところです・・・。

***********************************************************************************************

Sr0011357

まるてつ(哲)さんから届いた玉手箱のパーツ袋に入っていた菊の御紋章!

ほんと、これはどうしようか悩んでいたパーツだけに涙が出るほど有難いですね。
ちゃんと中央に向かって窪んでるのがたまりません。
この感じだとCNCフライスに極細エンドミルで削り出し加工?
自分がエッチングで試作したものなんかとは比べ物にならない出来の良さ!

削り加工ができるとこういうのも作れるんだよなぁ。
夏のボーナスでプロクソンのフライスマシ、、、ゲフンゲフン!

***********************************************************************************************

113/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

ふらっと岩舟へ

ちょっと時間があったので岩舟山を見に行ってきました。
震災でかなり崩れたところがある岩舟山ですが、南から見る山はさほど変わっていないようです。

ここへ来ると18年前のロクイチお召しを思い出します。
あれからもう18年ですか・・・。

***********************************************************************************************

Simg_02501

2014.4.22 両毛線 佐野-岩舟
EOSkissDX + 28-70mmF2.8 1/800 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

山を見ながらあの頃の思い出に浸っているといると、ちょうど珍しい電車がやってきた。
TR車無しのE655系5連、複線区間を結構なスピードで走り去った。

これ初めて撮った。もしかして見たのも初めてかもしれない。
今度は晴れた日に違う角度からの岩舟山を見に来たいと思う。

***********************************************************************************************

112/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

【あの一枚】 #081 つわもの共が夢のあと 疎開留置車 ’87

自分のテツ人生のもう一つの原点となる板谷峠と旧型客車。
初めて峠を訪れたのは旧客最末期の1984年10月でした。
親父が自分と弟を連れて山形までの夜行日帰り旅行です。

その帰りに山形から乗った新庄発福島行き428列車のイメージが今でも忘れられないのです。
米沢までが秋カタ[秋12]4両+仙フク[仙31]4両の8両編成、米沢で秋12を切り離して身軽な4両で
スイッチバックを行く列車でした。

そんな旧客列車も翌年3月改正で50系に置き換えられ消滅、大きな駅の片隅や小駅の側線に
疎開留置されてしまいました。
1987年夏の鉄研合宿が東北一週だったため、それらを見られるように行程を考え、プレゼンした
覚えがあります。

今では新幹線が走る標準軌の線路になってしまい、面影もないのでしょう。。。

***********************************************************************************************

Scn0036_hr200_28

1987.7.30 奥羽本線 天童
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

天童駅に疎開留置されていた山形区の旧客を50系普通列車の窓から撮る。
手前からオハ47 2199+オハフ33 2481。
ここの留置車は改正直後の1985年3月15日、回9429レで山形からやってきた4両だった。
すでに2年半が過ぎ、塗装も褪せてきてしまっている。

あの日乗った428レ[秋12]の4両かもしれないと思うと、今でも胸が熱くなる。
あの時の乗車メモはどこへ行ってしまっただろう。
車掌さんに頼んで、無線で駅に購入準備をお願いしたスイッチバック駅の硬券入場券と一緒に
しまってあるのだろうか。。。

***********************************************************************************************

Scn0036_hr200_29

1987.7.30 奥羽本線 天童
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

4両で来たのに、なぜか2両ずつに分割して留置されている。
手前からスハフ42 2161+オハ47 2031。
降りてじっくり撮っている時間は無く、こんな写真しか残せなかったのが悔しい。
この後も神町の側線で長い編成の疎開留置車を撮っている。

その後、大石田に着く頃には大雨となり途中船形で抑止、バス代行に切り替えられてやっと
新庄に着き、帰京のための上り津軽を待った。
→これは翌日のこと。この日は仙台から山形に出て、新庄、小牛田と回って仙台に戻っている。

***********************************************************************************************

111/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

【あの一枚】 #080 スイッチバック最後の夏 板谷にて

今日も時間が無いので貼り逃げです。
最近こんなのばっかりだ・・・。

今年はテツ活動30周年なので、何か特集記事でもやりたいところですが果たしてどうなるでしょう。

***********************************************************************************************

Simg849

あの暑い日のことは今でも一昨日のように覚えている。
板谷峠は自分のテツ活動のもうひとつの原点ともいえる場所。
どうしてもスイッチバック最後の様子を見ておきたかった。

***********************************************************************************************

110/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

スカイツリートレイン

歓迎会で飲んじゃったのでいつもの会社施設に泊まりです。

朝起きて外を見ると、いつもの景色の中に見慣れぬ白いモノが。
急いでコンデジを出して撮ったのがこれです。

***********************************************************************************************

Sr00116351

2014.4.19 東武伊勢崎線 館林付近
RICOH CX3 1/440 f.5.6 ISO:80 W/B:AUTO

館林名物つつじとタヌキの描かれたガスタンクの脇で場内信号機の開通を待つ634型。

土曜日に運転されている太田始発のスカイツリートレインの送り込み回送のようだ。
5番線から出る上り電車の交差支障で、ちょうどいいところに停まってくれた。

さぁ、仕事仕事。。。

***********************************************************************************************

109/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

【模型】 御料車14号 再製作 #5

ここのところテツに仕事に忙しくてなかなか思うように進んでいません。。。
それでもとりあえず、2回サフェーサー研磨して雨どいまで付けて、カタチになり始めています。

***********************************************************************************************

Sr0011633

毎度地味な磨き作業を乗り越えてここまで来ると車両らしくなり楽しさ倍増。

私の場合、一番楽しいのがこのあたりから塗装完了くらいまでだろうか。
その後のインレタとか、一番の苦行・・・転写失敗でモチベーションがダダ下がりとか。
それを乗り越えれば本当に車両として完成間近で、また楽しくなるんだけど。。。

床下は床下で苦戦はしても、ボディほど神経使わないから全然楽だったり。
今回もマイフ97に合わせてパイピングは無しで行く予定。
後でまとめてやっつけよう。

***********************************************************************************************

108/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

久しぶりに朝のロクマル工臨も

二日続けて夜遊び、、、さらに朝まで行って、、、完全に体調は戻ったようです。

***********************************************************************************************

Simg_93491

2014.4.17 両毛線 岩宿 工9691レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1.6sec f.7.1 ISO:400 W/B:AUTO

レールを載せて夜の両毛線を下る工臨が岩宿で上りの最終電車と交換する。

***********************************************************************************************

Simg_93601

2014.4.18 両毛線 岩宿-下新田 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/640 f.4.0 ISO:500 W/B:AUTO

岩舟でレールを降ろし、早朝の両毛線を高崎に戻るロクマル。
すがすがしい朝だったが桐生の街は靄につつまれ、その中に2台?のヘリコプターが低空を飛んでいて
まだ6時になったばかりだというのに大変騒がしかった。

***********************************************************************************************

Simg_93701

2014.4.18 両毛線 国定-岩宿 工9690レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.5.0 ISO:400 W/B:AUTO

久しぶりに撮るロクマル工臨は一灯ライトが近づいてくるあの頃の気持ちを蘇えらせてくれる。

***********************************************************************************************

107/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

久しぶりに夜のロクマル工臨へ

体調が戻ったのをいいことに久しぶりの夜遊びに出ました。
翌日も仕事があるので簡単に籠原停のバルブだけ。

***********************************************************************************************

Simg_93421

2014.4.16 高崎線 籠原 工9990レ
EOS60D + 28-70mmF2.8 1sec f.6.3 ISO:250 W/B:AUTO

籠原1番で発車を待つロクマル+ホキ。
こちら側にほとんど灯りが無いのが残念。

なんで籠原で停車なのかと思ったら乗務員交代があったようだ。
バラスト撒布場所にも行きたかったが、深みにハマると危ないので退散・・・。

***********************************************************************************************

106/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

【模型】 御料車14号 再製作 #4

やっと体調が戻ってきました。

今夜は夜遊びに出かけるのであまり時間が無い、、、また微速前進です。

***********************************************************************************************

Sr0011631

まずはレーザーで大量に切ってあるシル・ヘッダーをMr.セメントSで貼り付け。
補強のために普通のMr.セメントを少し薄めたものを上塗りしてある。

***********************************************************************************************

Sr0011632

続いて扉回りの造作をエバーグリーンのプラ材で表現。
隅柱は1.0x0.5、扉押さえは0.5x0.4を使用、ここもMr.セメントSで固定している。

最後に丸屋根部の木目や凹みにMr.サフェーサー500を塗って、夜遊び出発~。

***********************************************************************************************

105/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

【模型】 御料車14号 再製作 #3

まだ調子が完全ではないので今日もちょっとだけ進めて寝ます。

***********************************************************************************************

Sr0011627

外妻板を貼って丸屋根部を削った。
バルサにシアノンを含浸後、Mr.サフェーサー500を塗って面出しの準備。

***********************************************************************************************

Sr0011629

問題の4位端、、、後から板を貼ったので歪みが出てしまい、最初に塗ったサフェーサーを
ペーパー掛けした後、さらにサフェーサーを塗り重ねた。
どうせなら両側塞いじゃっててくれれば楽なのに・・・。

一つ目の窓は車掌室で通常窓よりも若干奥まった感じにしてある。
屋根のペーパー掛けの時に内妻寄りのステップ側板を押しつぶしてしまった。
扉が塞がれていてもステップはそのまま残っているので再生しなければ。。。

***********************************************************************************************

104/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

【模型】 御料車14号 再製作 #2

なんだか体調悪くて困ります。。。食欲が全く無い。
風邪ひいたなこりゃ。

そんなんで今日もちょっとだけ進めて寝ます。

***********************************************************************************************

Sr0011626

外妻内板を付けて貫通路のフレームを組んだところ。

4位の配線室部分は扉が無いので塞いである。
屋根曲げ箱組み時に邪魔だったので一度切り落としてしまったため、新たに平板を貼った。
段差消しのためにMr.サフェーサー500をたっぷり塗って放置、、、寝よう。

おいおい、記念すべき今年の連続100記事目がこんなのかよ!
早く体調治さないと仕事も趣味も全然前に進めない!

***********************************************************************************************

103/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

【模型】 御料車14号 再製作 #1

休みだったのですが、あまり体調が良くなく作業もはかどりません。。。

消費税対策に売り上げ対策、ミーティングとここのところかなり予定がタイトだったせいでしょうか。
今日は所用で実家へ行く予定でしたが、行かなくて良かったですよ。
こんなんじゃ、帰りの電車の中で気持ち悪くなってたかも知れません。

さて、少しでも進めたいところです。

***********************************************************************************************

Sr0011623

内妻板を付けて合わせ目に溶きパテを塗ったところ。

その前に全体をMr.サフェーサー500を溶いてエアブラシしてある。

***********************************************************************************************

Sr0011624

600番のペーパーでひと磨きした後、バルサでデッキ丸屋根を付けて扉も付けた。

次は外妻? シル・ヘッダー?
その前に4位の扉跡を埋めないと、、、眠いからここまでにしよう。

***********************************************************************************************

102/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

【あの一枚】 #079 早春の渋川にて

ヤバい、仕事の後のミーティングが長引いて、帰ってきたら日付が変わりそう!
ネタ何も用意して無いじゃん・・・。

そんなときの【あの一枚】は2006年春、まだ寒い頃の渋川貨物にPトップが充当されたときのものを。
とりあえずの画像貼り逃げで失礼。。。

***********************************************************************************************

Simg1206

あれー、日付も何も調べてる余裕無いや・・・。
ま、こんな日もあるよね。
ストックは大事だ。

***********************************************************************************************

101/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

【模型】 久しぶりにレーザー稼動! また作り直し・・・

いよいよ模型部屋での作業開始しました。

まず初めに年末まで頑張ってた「インド大統領関西視察列車」の車両たちを完成させたいのですが、
どうにもならないエラーがいくつも発覚しており、それもあって途中で12系エキスポ号に乗り換え
してしまったという経緯があります。

出来るだけ忠実にやりたいので、標記はともかく形態的なエラーはすべて潰しておきたいところ。
御料車14号にエラーがあると気付いてしまい、やる気が一気に萎えました。
せっせと駐留軍接収前のマイロネフ38を作って喜んでいたという恥ずかしさ!
どうしてこうなった?!
ずっと自己流で渡り歩いてきたので・・・
チェックが甘いとかそういう認識があまりなかったのが・・・
反省しています・・・

誰にも指摘されなければそっと切り貼りしてしまったのですが、まるてつ(哲)さんにしっかりツッコミ
入れられてしまったので、潔く作り直しです。

***********************************************************************************************

Sr0011621

今回は屋根板を作ってる暇が無いのでペーパールーフ仕様。
いつもの「超きれいな写真用紙A4」を裏からカットしている。
ちゃんと図面は更新してあるから大丈夫。。。

***********************************************************************************************

Sr0011620

こちらも同じ「超きれいな写真用紙」で妻面関係をカット。

***********************************************************************************************

Sr0011622

久しぶりにやると写真撮るタイミングがつかめないなぁ。
ととあえず今日はここまで出来た。

窓枠には0.09mm孔雀ケントを使用し、新たに作った断面形状維持治具で固定しながら屋根の
カーブをシアノンS含浸で固着させた。
一応側板裾だけ3mm角棒を入れて幕板部はそのまま。真鍮キットのような形になった。

さて、ここからどうなりますやら・・・。

***********************************************************************************************

100/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

クハ183-1529 と さくら

久しぶりに丸一日休みで、模型部屋始動前の掃除を終わらせました。

夕方からはお花見がてら近くの華蔵寺公園へ。
以前C61が展示されていたことで有名ですが、今年3月、その跡に183系がやってきました。
初めてのさくらの季節、ちょっと満開は過ぎてたけれど一枚だけ撮ってきました。

***********************************************************************************************

Simg_93241

2014.4.9 群馬県伊勢崎市 華蔵寺公園
EOS60D + 10-20mmF4-5.6 1/20 f.9.0 ISO:400 W/B:AUTO

時間が遅かったので空は白く、花も満開を過ぎてまばら・・・来年は満開の時に来てみたい。

客室に入れるようになっており、テーブルが新設され休憩できるようになっていた。
運転室にも入れるが、黄色いジャンパーのおばさんがキッチンタイマーを作動させ、5分で交代。
高い運転台だから良く見えるのかと思ったら自分の周りがぜんぜん見えない。。。
やっぱり特急型、高速運転用なのだと改めて思った次第。

***********************************************************************************************

さて、これでやっと模型の方を始動出来そうです。
まるてつ(哲)さんからの資料・素材提供により、工作峠の標高が下がったので大変助かりました。
この場をかりて御礼いたします。
クラブの定例運転会が5月GWに決定したようなのでそれに向けてぼちぼちやらないとね。

今年はまた何か小さい鉄道系ジオラマも作ってみたいところです。
コンテストとかあればモチベーション上がるんですけど。
って、A3版のレンガ庫トラバーサー撮影台が終わってないじゃん!
ハイ、がんばりましょう・・・。

Sp1120623

やっぱりジオラマは写真に撮ったときにどう見えるかが重要だと思う。
こういう景色の中に自分で作った車両を置いてみたい。
もっと言えば置くだけじゃなくて走るジオラマレイアウト?
・・・壮大すぎてカミさんにプレゼン出来ない(笑)

***********************************************************************************************

Sp1120627

あれからもう4年か、、、同じテーマの続編とかも面白そうだなぁ。
やりたいことが増えて困っちゃいます。

***********************************************************************************************

099/365

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

【あの一枚】 #078 次世代コンセプト車両「夢空間」現る

すぐに見つかったので昨日の続きで鉄路に復帰直後の回送を。
と思ったら、YES’89閉幕後の復帰回送ではなく、海浜幕張駅前展示からの復帰回送でした。

このときも塩浜操から鶴見、新鶴見経由で品川に入り、翌日の回客で尾久に回送されています。
データを調べている暇がないのでとりあえず画像の貼り逃げですが・・・。

***********************************************************************************************

Simg855

1990.9.23 東海道貨物線 鶴見-浜川崎
NikonF + 50mmF2 SHR100

田端のPF、1100号機に牽かれて久しぶりのレール上を走る夢空間車両。
両端をヨ8000に挟まれ、まずは鶴見に向かう。

***********************************************************************************************

Simg857

1990.9.23 品鶴線 目黒川(信)-品川
NikonF + 50mmF2 SHR100

鶴見で折り返した編成がまもなく品川に到着する。
晴れてどこも逆光だが、連休に設定してくれた配給輸送でありがたかった。

***********************************************************************************************

Simg858

1990.9.23 品鶴線 目黒川(信)-品川
NikonF + 50mmF2 SHR100

オロネ25 901。

どうしてこうなった、、、窓周りも青にしておけばいいのに。
プラ車体の窓周りを一度切り抜いて、白色プラ板で作った窓のパーツを持ってきた感じ。
もう、そう見えちゃったらそれ以外のものに見えないという・・・。
たまに他の2両のみが連結される列車もあったが、その方が編成として整って見えた。
下手にブルーを残しているのが中途半端な原因だろう。

***********************************************************************************************

Simg859

1990.9.23 品鶴線 目黒川(信)-品川
NikonF + 50mmF2 SHR100

オハフ25 901。

これくらい徹底的にやってくれると外観からも豪華さが伝わってくる。
今までに無い色使いで、丸窓もいいアクセントになっている。

***********************************************************************************************

Simg860

1990.9.23 品鶴線 目黒川(信)-品川
NikonF + 50mmF2 SHR100

オシ25 901。

これは良くぞここまでやったと言える出来だと思う。
独り占めの展望室ではなく、みんなのダイニングルームになってるのがいい。

写真5枚も使ってるのにすげー薄っぺらい記事だなぁ(汗)
翌日の回客はまた。

***********************************************************************************************

098/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

【あの一枚】 #077 デラックススリーパー現る ’89

休みまであと少し、、、今日はこれを。
昨日の122号機で'89年夏にネオパン1600スーパープレストを使っていたのが判明したので、さらに前にも
使ってるんじゃないかと思い探したら、やっぱりありました。
まったくいい加減な記憶です・・・。

さて、そのネガに写っていたのが「デラックススリーパー」の新製回送でした。
未来の寝台列車像を探るために製造された24系「夢空間」のA寝台車オロネ25 901。
日本車輌で作られて塩浜操まで運ばれてきました。

***********************************************************************************************

Sbw0025_1600pr_12

1989.3.13 東海道貨物線 3362レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.8.0 1600SPR

岡山のロクゴ132号機の牽くワム主体の車扱い貨物が夕方の東海道を上る。
どうしようもなく暗かったのでASA1600をAE-1Pに入れていたようだ。
このカマは後年EF67 104に改造されてしまった。

豊川の日本車輌で落成し、豊橋から貨物に併結ということでカマ次位だろうと思っていたら付いてない。
先頭だけ撮ってカメラをしまい始めたら・・・。

***********************************************************************************************

Sbw0025_1600pr_13

1989.3.13 東海道貨物線 3362レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.8.0 1600SPR

最後尾に付いてた・・・。
危なく撮り逃すところだったじゃん!

この後は一旦鉄路から降りてYES’89のJR東日本ブースに展示されることになっていた。
横浜博覧会は結局行かなかったし、活きたレールの上に載ってない車両は魅力半減だと思う。
この車両、内装はすごいのだが、外観が中途半端な感じがしてならない。(全て個人の感想です)

なんていうのか、その、地味な改造車っぽさ?
せっかく新製したんだから、他の2両みたいにもっと大胆にやればよかったのに。
カクカクした窓、それを縁取ったシルバーグレー、他の2両が華やかなだけにチープさを感じる。
従来の青一色でも良かったと思うし、せっかく前年にオリエントエクスプレスが来たのだから
あの感じにすれば・・・パクリって言われるか。

とはいえ、3両揃ってレールの上を走り出したときには、早くロクイチとのジョイントが見たいと思った。
その復帰回送も撮ってるはずなので、探してみよう。

***********************************************************************************************

097/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

【あの一枚】 #076 青いゴハチ牽引の夜行列車 ’89

忙しくてなかなかやりたいことを出来ないのが辛いところですが、まるてつ(哲)さんのところから
自分の持っていない書籍が送られてきたので、これを熟読したくてウズウズしてます。
落ち着いて休めるのはいつになるでしょうか・・・。

さて、毎日更新のためにはそんなことも言ってられないので、何かしら出してこようと思うのですが
今回は「まったく覚えていないゴハチ撮影」があったのでそれを。

メモも撮影記録も無く、ゴハチが写ったモノクロネガがあるだけ。
1990年夏に初めて使ってそれっきりだと思っていたネオパン1600スーパープレストを、実は1年も
前に使っていたことが判明したのですが、18枚中17枚が122号機の連続写真で最後にPFの牽く
銀河52号らしき14系が写ってるだけなので日付やデータが全く判りませんでした。
その前後のネガから当たりをつけて日記を見ていくと「朝122上り」とだけ書いてあったので
やっと日付が判った次第です。

***********************************************************************************************

Sbw0053_1600spr_05

1989.8.5 東海道貨物線 辻堂-藤沢
T90 + 75-200mmF4.5 1600SPR

夜明け前の東海道を長編成の14系を牽いてやってきた青時代の122号機だが、全く詳細が判らない。
ここで撮ってるということはとにかく初電より前、本当に暗いうちに上ってきているのだろう。
どうせチャリなら大船の先、笠間陸橋まで行けばいいのにと今更ながら思う。
10分違えば露出もだいぶ上がってるだろうに。

ネガを見るとここまで固定フレーミングで、この後から正面に合わせて流しているようだ。
なんとかして記録しようとしたようだが、当時このネガからの紙焼きではどうにもならなかった。
どうにもならずに記憶からも消えて・・・。

前後の日記を見てなんとなく思い出した。
夏休みで前日からビデオを見ながら徹夜して、これを撮りに出たんだ。
翌日は雨、夕方遅くに貨物線を下るスジだったが、ここで下りの踊り子と併走で撃沈。。。
成田臨などで14系を牽いてくることはあったが、これだけ長いのは珍しい。

このあと’92年に茶色くなり、個人的には魅力が半減してしまった。

***********************************************************************************************

096/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

【あの一枚】 #075 相模線厚木駅ふれあいフェス 展示車回送 ’86

1986年のゴールデンウイークに開催された厚木駅での車両展示会に、品川からナハフ11、オハフ15、
オハネ25、マニ36が参加しました。

これは相模線全通55周年を記念して5月3、4日に開催されたもので、入場料600円が必要でしたが
記念入場券5枚が付いてきたので実質無料みたいなものです。
これはなかなか上手いやり方だと思いますね。

事前の案内には「24系、14系、マニ36、貨車等を展示」となっていました。
そこに10系が加わり東海道~相模線を回送されるということで大変興味がありましたが、送り込みは
平日だし、展示会は人が多いし、10系の撮影は返しの回送に賭けることにしました。

***********************************************************************************************

Scn0009_hr100_15

1986.5.5 相模線 厚木本屋
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

DE10 531を先頭に発車を待つ珍ドコ?試客? 見た目は完全に工場入出場列車だ。
この時代に旧客が2両も入ったこんな編成を相模線で見られるとは思わなかった。

当時、品川所属のナハフ11は3両あり大宮工場への入出場控え車として現役だった。
かつては大船工場の入出場控え車としてスハフ42と共用で使用されたこともあるようだが、
末期には全てマニ36のサンドイッチになっていたため、東海道線では見たことがなかった。
まさか地元で、自分のカメラで、10系客車を撮れるとは思ってもいなかったのですごく嬉しかった。

この時のメモが見当たらないので詳細が不明だが、前からマニ36 2154、オハネ25 1**、オハフ15 16、
ナハフ11 2021だったと思う。
前々日には雨の中、弟と12系3連の相模線ふれあい号に乗って展示会を見に来ているが、
オハネ25を見た記憶が無く、オハフ15の幕回しと旧客、ワフ、ヨの各部を見て回った覚えがある。
ワフの車掌室の中にはストーブ用の石炭?が残っていた。

***********************************************************************************************

Scn0009_hr100_18

1986.5.5 東海道本線 茅ヶ崎
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

茅ヶ崎からは「相模線ふれあい号」に使用した12系3両を連結し、EF65 1118に牽かれて貨物線を上る。
ロクイチじゃないのが惜しいが、楽しい編成だ。

***********************************************************************************************

Scn0009_hr100_19

1986.5.5 東海道本線 茅ヶ崎
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HR100

ナハフ11 2021の真横写真、これが撮りたかったのだ。
運良く架線柱のスパンに入って障害物無く撮れた、、、茅ヶ崎でナハフ11、感激だ。

ちょっと判りにくいが、蓄電池箱の左にウェバスト暖房用の燃料タンクと本体がある。
その左に見えるのは電気暖房用の高圧ヒューズ箱だろう。
これも写真からは判らないが、右から3つ目~4つ目の窓のところにある座席は外されていて、
ウェバスト暖房の温気ダクトが床下から直接車内に上がり通路を車掌室まで延びている。
これにより営業車両のウェバスト暖房機のような布巻き車外ダクトは存在しない。
このあと夏の品川で初めて車内に入ったときは「んだコレ、邪魔だなぁ」としか思わなかったが・・・。

ここでも時間があったのに、オハネ25の番号は確認してもいないという体たらく。
天気が悪くなってきたので走りは大船先端でお茶を濁して帰ったのでした。

***********************************************************************************************

095/365

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

【この一冊】 #003 国鉄の客車 1950~60

新年度が始まりましたがまだちょっと落ち着かないので、久しぶりに【この一冊】でも。

年明けにこのカテゴリを作ったとき、どうせならば表紙の写真を入れたいと思っていたのですが
よくよく調べると、たとえ表紙を自分で撮影したものであってもそれをウェブ上に載せると著作権の
侵害になるというような見解がありました。
そこで各社に掲載許可を求めたところ、最終的にほぼ全ての出版社さんからOKを頂くことができ
許可を受けた出版社さんの書籍から順に今まで2回ほど記事にしています。

残念ながら許可を頂けなかったのは「JTBパブリッシング」さんでした。
客車好き、国鉄好きにはたまらない書籍が沢山あるのですが、個人には許可を出していない
ということで正式にお断りされてしまいました、、、残念。
ただ、ウェブ上で表紙などの画像を発見しても提訴はしない、ということなので事実上OKなのかな
とも取れるのですが著作権原者が正式にダメだと仰られた以上、表紙の写真は使えないでしょう。

さて、久しぶりの今回は正式に許可を頂けた、鉄道ピクトリアルでおなじみ「電気車研究会」さんの
シリーズから「鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション16 国鉄の客車 1950~60」です。

***********************************************************************************************

R0011105

鉄道ピクトリアル 2009(平成21)年1月号別冊 アーカイブスセレクション16
発行所:株式会社電気車研究会 鉄道図書刊行会
平成21年1月10日発行  特別定価 1,500円

表紙や巻頭のカラーグラフからして自分の好みにストライク。
1950~60年代の鉄道ピクトリアル誌に掲載された国鉄客車に関する記事を再編集してまとめてある。
本格的に模型を始めるまで鉄道ピクトリアルのすごさに気付いていなかったバカチンの私だが、
同誌の何がいいって、記事の掘り下げ方はもちろん、写真のほぼ全てに的確なキャプションが付き、
撮影場所・撮影日・撮影者の情報が添付されていることだ。

時間が無いので写真や図表の目次は今後の追加更新で載せることにして、とりあえず主要記事の
目次を抜き出してみたい。年月とナンバーは元記事掲載の鉄道ピクトリアルの号巻数。

Ⅰ 20系固定編成客車
   1958-8(No.85) 特急「あさかぜ」のデラックス編成
   1958-11(No.88) あさかぜ固定編成客車
   1960-9(No.110) 完成した九州特急のデラックス化
   1963-5(No.144) 特急「みずほ」用客車のデラックス化と日豊線への分割乗入れ
   1968-11(No.216) 特急客車の改造
   「鉄道の話題」20系客車関連記事から

Ⅱ 寝台車・食堂車
   1967-10(No.202) 国鉄寝台車物語
   1967-10(No.202) 42・10からの国鉄寝台客車の配置と運用
   1968-11(No.216) 43・10からの客車運用と配置
   1961-3(No.116)~1961-5(No.118) 食堂車物語

Ⅲ 国鉄客車の技術と展開
   1961-3(No.116) これからの客車
   1964-3(No.155) 客車はどこに残るか
   1961-3(No.116) 最近の改造客車
   1960-1(No.102) 電気暖房装置のついた客車
   1960-8(No.107) 冷房車今昔かたり
   1968-11(No.216) 旅客車の便所について
   1968-11(No.216) 客車の水揚式給水装置について

Ⅳ 客車の興味
   1958-11(No.88) 70系客車のいろいろ
   1958-11(No.88) マロネロ雑記
   1964-1(No.153) 国鉄の客車のいろいろ
   「質問に答える」に見る国鉄客車の興味1950~60
   国鉄客車配置表1964年版

***********************************************************************************************

094/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

【あの一枚】 #074 新鶴見留置の車両から スヤ61 2001

忙しくてネタ考えてる暇が無いので、とりあえずこれでも。

国鉄民営化の直前には車両の大整理があり、試験車など珍車の類いもかなり廃車されました。
それらは疎開留置などを経て各地の大きな操車場跡地で解体処分されることが多かったようです。

今回出してきたスヤ61 2001も1形式2両(2001と※2021)の珍車といえます。⇒1形式1両が正。
車両の説明は省きますが、あの時代にこんな車両、どこで勉強すれば出てくるのでしょうか(笑)
自分的には旧シナ座81系やスロフ62に繋がる冷改グリーン車のプロポーションが好きでした。

※友人より2021は「オヤ61」であるとのご指摘をいただきました。
同じスロフ62を種車としていても内部設備の違いで「オ」級に戻っているようです。
1983年の客車配置表で確認したところやはり「オヤ61 2021(金サワ)」となっておりました。
イメージじゃなく、ちゃんと調べてから書かないとダメですね、ご指摘ありがとうございました。

***********************************************************************************************

Sc0013_hr200_22

1986.8.1 東海道本線 品川 車両展示会
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR200

初めてスヤ61 2001に出会ったのは国鉄最後の夏に行なわれた品川駅の車両展示会。
下り方からDE11 2000番台+DD51 800番台+オヤ31+マニ36+スヤ61で9番線に展示されていた。
停車位置が良くなくてこんな写真しか残せていない。

写真の山側2-4位は側窓が塞がれた程度で、種車のスロフ62から大きな改造はされていない。
海側の1位端には旧型国電から取ってきたような1m幅の側扉が増設されていたが、写真に
撮っていないのは模型をかじる者として失格だ。
この頃は一枚でも多く機関車を撮りたくて、とにかくフィルムをケチっていたのが惜しい。
しかしこんな車両、普段は客車区のどこに隠れていたんだろう。
東海道線の車窓からは死角だったということか。

隣のマニ36の中ではEF57用の80mm「はと」をはじめ旧東京機関区のヘッドマークが展示されていた。

***********************************************************************************************

Sbw0015_tmxs_19

1989.1.22 品鶴線 新鶴見(信)
AE-1P + 75-200mmF4.5 TMXs

時は流れてJR化後の1988年、廃車後も品川で眠っていた貴重な車両たちが解体のために
旧新鶴見操車場へと移送されてきたが、ここでも1年近く放置されていたようだ。
その中にスヤ61 2001がいたので、確認に行ってみた。

新川崎駅から歩いて小倉陸橋を渡ると眼下の解体線に佇む姿を発見。
ずいぶん昔に編成から外され品川客車区に放置されていたナシ20が3両とナハフ11、マニ50、
オヤ31の7両が一緒に来たようで、誰かがいたずらしたのかオヤ31の矢羽が広げられていた。

***********************************************************************************************

Sbw0015_tmxs_26

1989.1.22 品鶴線 新鶴見(信)
AE-1P + 75-200mmF4.5 TMXs

「スイマセーン! 中の車両撮らせてくださーい!」

よく晴れた日だったので床下がつぶれぎみだが、2-4位はきれいに記録できた。

***********************************************************************************************

Sbw0015_tmxs_32

1989.1.22 品鶴線 新鶴見(信)
AE-1P + 75-200mmF4.5 TMXs

きれいに撮れるこちら側ばかりで肝心な1-3位を撮っていない。
曇りの日に改めて来ようと思っていたら、その機会が無いまま現車は解体されてしまった。

撮れる時に撮っておかないと後悔する典型だ。
せめて陸橋からだけでも撮っておくべきだった。

なにしろこの後パック+ミト座がやってくるので気持ちは既にそっちだった、、、残念。
それより、タイトルが【あの一枚】なのに最近は全然一枚じゃない件・・・。

何気なくスヤ61を検索したらko-nomoさんのブログ「やっぱりテツでした」に記事発見!
搬入から間もない頃のようで、オヤ31の矢羽が閉じていますね。
EF62が留置されているときに来てみたかった。。。

Click! ⇒ 「新鶴の留置車両」 <http://blogs.yahoo.co.jp/nh5861/23279962.html>

***********************************************************************************************

093/365

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年4月 2日 (水)

【あの一枚】 #073 165系 急行東海 最終章へ  その17 終 【特集】

消費税関連の作業が立て込んでバタバタです(泣)
急行東海の次の記事ネタ考えてる暇も無く、今回はいよいよ最終日の様子を。

***********************************************************************************************

S165960315301m

1996.3.15 東海道本線 川崎-品川 301M
EOS5 + 85mmF1.8 1/350 f.1.8 XP2

80系準急時代の丸型マークを付けて最後の急行東海運用に就くK3編成。
無常にも天気予報が当たり、朝から厚い雲に覆われて露出が無かった。

この付近が工事徐行区間になっていたか何かでシャッター速度の稼げるここにしたような気がする。
それでもポジでは全く無理な明るさで、残念ながらモノクロでスタートした。
この日、初めてKT君と一緒に一日撮影することになり、新馬場の駅で待ち合わせしている。

***********************************************************************************************

S165960315302m

1996.3.15 東海道本線 辻堂-藤沢 302M
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/500 f.2.8 SRS(2倍増感)

東海2号では若干露出が上がったのでポジの+1増感を入れて待った。
最後は地元で撮っておきたくてナショナル前に来たが、ここが一番スピードが乗るところだ・・・。
ターゲットがファインダーに入ってから1/350のf.3.5だったのを1/500の開放にしている。

御殿山の下で301Mを撮影後、品川に出て常盤軒の品川丼で遅い朝食。
その後平塚まで下って沿線の状況を見たが、どこもそんなに混んでいないようだった。
そういえばこの日は金曜日、学生で本当に良かった。

***********************************************************************************************

S165960315303m

1996.3.15 東海道本線 茅ヶ崎-平塚 303M
EOS5 + 50mmF1.8 1/350 f.2.8 XP2

東海3号は何度もかよった宮田自転車前にて。
茅ヶ崎のマックでお昼を済ませると、ついに雨がぱらついてきたのでどうしようか迷ったが
見慣れた場所で最後を見送りたかったためここまでやって来た。
画像処理で明るくなってはいるが、ネガは薄く、もう露出は限界に近い。

最終となる東海4号にはスペシャルマークが付くという。
どこで撮ろうか考えたが、やっぱり見慣れた大船でバルブしようということになった。

そして・・・。

***********************************************************************************************

下り849M、1分延! 大船バルブ撃沈!

夕方から雨脚は強くなり、ホームの黄色い線のところまで雨が吹き込むくらいだった。
上り2番線の接近案内が流れると同時に下りも接近、これはもうダメな予感。。。
東海4号のライトがカーブの向こうから見えたとき、大勢が待つ3番線には遅れの849M入線。
多くのテツが隣のホームにダッシュしたが自分たちはその場に残り、架線に映るライトで304Mが
下り電車の向こうに停車したことを感じていた。
隣のホームでフラッシュが焚かれているのがわかる。
849Mのドアが閉まると同時くらいに急行東海は発車、最後の最後に見事なまでのカブりだった。
10分前くらいに来て自分たちと同じくこちらに残った中学生は泣いていたが、こればっかりは
どうすることも出来ない。。。いや、泣きたいのは3時間も前から待ってた俺たちの方だ。

こうしてスペシャルマークを拝むこともかなわず最後の304Mの撮影は終了している。
追っかけることもせず、366Mでまた集合する予定で一旦解散することにした。
「どんなマークかちゃんと見たかったね」と別れたのだった。

あっけなく終わった急行東海だったが、その後KT君は応募したJR東海静岡支社主催の
急行東海フォトコンテストで特選をとり、後日そのスペシャルマークが進呈されている。
これにより「どんなマークか」どころか、裏まで見られることとなった。
今回KT君に確認したら、手元に届いて18年、畏れ多くて未だ開封すらしていないらしい(笑)

***********************************************************************************************

S165960315366m

1996.3.15 東海道本線 大船 366M
EOS5 + 80-200mmF2.8 1sec f.6.7 FL-W SRS(2倍増感)

そして再び訪れた雨の大船、何度ここでバルブしただろうか、、、最後の最後もここで。
翌朝の”急行”東海1号は無いが、通常通り366MとしてK1編成が上ってきた。
すでにマークは外され、どことなく祭りの後の寂しさが漂う。

この日は本当に涙雨と言うに相応しい天気だった。
あれから18年が過ぎたが、昨日のことのように思い出される。
みんな大人って、こんなような感情を蓄積しながら歳をとっていくのだろう。

***********************************************************************************************

S165960316323m

1996.3.16 東海道本線 茅ヶ崎-平塚 323M
EOS5 + 85mmF1.8 1/500 f.4.5 SRS(2倍増感)

前夜の雨がウソのように晴れ渡り、朝日を受けて輝く165系11連の323M。
改正当日、前夜発の372Mで上京したK2+K1-1編成は323Mで静岡に戻り、すぐに西富士宮へ
回送されることになっている。
1982年11月改正で153系から引継ぎ、13年半続いた165系K編成による急行東海で通いなれた
馬入川の景色もこれで見納め。
まだ低い朝日に車体を輝かせて、精一杯の自己主張をしているかのように見えた。

さよなら、急行東海。 さよなら、165系。

これが東京口での165系静岡車最後の営業列車となった。
前夜366Mで上ったK1編成もこの後回送で下ったが、静岡に戻ることは無くそのまま西富士宮へ
疎開留置となっている。
また前夜375Mで下ったK3+K2-1は付属編成が大垣-米原間の運用に充当された後、こちらも
静岡には戻れず西浜松へと回送され廃車を待つこととなる。

***********************************************************************************************

2週間以上にわたり続けた165系急行東海の記録ですが、今見返すと同じところでばっかり
撮っていて、なんだかもったいないと感じてしまいますね。
もうちょっと活動範囲を広げられなかったのかな? 根府川とか、函南とか、興津とか。
初めにプランニングした撮影はどうなっちゃったのでしょうか・・・(笑)
まぁ、それでも試験勉強があるのに良く出てたと思います。
おかげさまで試験にも合格し、晴れ晴れした気持ちで大学院生生活を送れることになりました。

で、やっぱり急行型電車、好きだなぁ。
KATOの165系欲しくなっちゃいました。。。
さて、暖かくなってきたし模型再開です!

***********************************************************************************************

092/365

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

【あの一枚】 #072 165系 急行東海 最終章へ  その16 【特集】

3月14日、ダイヤ改正まで残すところあと2日。

***********************************************************************************************

S165960314303m

1996.3.14 東海道本線 茅ヶ崎-平塚 303M
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/1000 f.4.0 SRS

K2編成の東海3号を平塚駅手前の踏切にて。
明日で165系の東海が見られなくなるという実感はまったく無かった。
それくらい沿線は静かなものだったのだ。

***********************************************************************************************

S165960314304m1

1996.3.14 東海道本線 湯河原 304M
EOS5 + 28-70mmF2.8 3sec f.6.7 FL-W SRS

何気なく降りた湯河原駅のホームに、真新しい373系用の停止位置表示があった。
これを見つけたとき、急に165系が居なくなる現実を突きつけられた気がした。
小田原で小田急ホームからのバルブにするか、湯河原で駅の外からバルブするか迷っていたが
これを見てどうしてもここで撮っておきたくなった。

しかし何を勘違いしたか東海4号が11両であることを忘れ、ここはまだ編成の途中だった。
頭の中ではホーム屋根あたりに最後尾が来て、うまいことボケてテールがきれいだろうなんて
出来上がりをイメージしていたのに、停まってドアが開くまで気が付かないという・・・。
ボケてたのは自分だった、、、あーあ、何やってんだか。。。

***********************************************************************************************

S165960314366m

1996.3.14 東海道本線 大船 366M
EOS5 + 80-200mmF2.8 2sec f.6.7 FL-W RDPII

そして、最後の急行東海になるK3編成が366Mで上ってきた。
翌日のスペシャルマーク取り付けに備えて羽型マークは外されている。

またここでKT君と会い、明日一日行動をともにすることを約束し帰路についた。
さぁ最終日、どうやら天気が良くないらしい。

***********************************************************************************************

091/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »