« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

【あの一枚】 #042 辻堂駅西口跨線橋から さよなら113系

2月最後、跨線橋からのラストは逆アングルで。
そういえばPF出してなかったな、、、ロクヨンはまだ見つからないし。
また今度、ネタに困ったら出してみましょうか。

さて、この時期になると8年前(もう?!)に去っていった東京口の113系を思い出します。
生まれたときから当たり前のように走っていた電車、どこに行くにも利用した一番身近な存在だったと思います。
一人で電車に乗るようになる前、家族で電車を待っていて153系なんかが来ると、中に押し込まれて
降りれなくなるんじゃないかと本気で怖くなったことが一度や二度ではありません。
その点、113系は車内から出口の様子が見えるので子供心には安心して乗れる電車でした。

そんな113系のお別れには、たった一度、撮影行ではなく地元方面での用事で実家に泊まった夜に
時間に合わせて駅まで行ってきました。

***********************************************************************************************

Sps7779_rdpiii_05

2006.3.8 東海道本線 辻堂 956M
EOS5 + 70-200mmF2.8 1sec f.3.5 RDPⅢ

ダイヤ改正を10日後に控えたこの日、実家に泊まる用事が出来て夜の辻堂駅に行ってみた。
撮影目的の帰省ではなかったが、113系の最後を捕らえるべくカメラは持っていった。
このあと20日近くまで休みがない自分はこれで113系の営業運転とはお別れだ。
運がよければ翌朝、群馬に帰る道中にもう一本見られるかどうか。

滑り込んできた編成はよりによってK47か、、、1000'じゃ東海道線じゃない。
明日どうにか時間を合わせて違う編成をカメラに収めて帰りたいと思った。

***********************************************************************************************

059/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

【あの一枚】 #041 辻堂駅西口跨線橋から 185系 踊り子号

早いもので2月ももうすぐ終わりですか。
跨線橋ネタからずいぶん逸脱した記事が多くて東海道線の基本形式も出し切れてない状態です(汗)

とりあえずこれは出しておかないといけないでしょう。
目に付いたポジ、光線状態良くないけど・・・。

***********************************************************************************************

Sps9999_rdpii_10

1996.3.2 東海道本線 辻堂 3024M
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/750 f.4.0 RDPⅡ

C7編成を先頭に辻堂駅を通過する185系踊り子号。
登場から15年が経とうとしている頃の記録だが、この時からさらに18年になるのは驚きだ。

ある形式だけに傾倒していくと他のものが疎かになって、後々気がついたときに残念なことになる
ということが今頃わかり始めた。
夢中になって追いかけているときは”それ”だけで大満足のはずなのに・・・。
全部は出来なくても、周りにあるものくらいは同じように撮ってあげればよかった。

なんて、そんなこと言い出したらキリが無いか。

***********************************************************************************************

058/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

【あの一枚】 #040 辻堂駅西口跨線橋から リゾート踊り子号

跨線橋アングルではいろんなものを撮ってるのですが、何かのネタのついでじゃなければ
絶対撮らないようなものもあります。

そんな中から今回はこれを。
たぶんこの電車、この1枚しか撮ったことないんじゃないかな・・・。

***********************************************************************************************

Sbw0140_xp2_12

1994.5.22 東海道本線 辻堂 8020M
T90 + 80-200mmF2.8 1/1000 f.4.0 XP2

伊豆急2100系の東海道東京口乗り入れは1988年から行われているが、1985年の第一編成登場時には
伊豆急で車両の名前の募集があり、クラスの仲間でそれぞれ応募した。
結果、採用にはならなかったものの試乗招待券をいただきみんなで乗りに行ったことを覚えている。

そんな経緯もあり2100系はわりと好きな車両なのだが、1993年にデビューしたアルファリゾート21は
こんな変な外観で全く写欲が沸かなかった。
なんだろう、もうちょっとこう、虫っぽくなく、鉄道車両らしくならかったものだろうか。。。

***********************************************************************************************

057/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

【あの一枚】 #039 辻堂駅西口跨線橋から ユーロ色EF65牽引のナコ展

やっと探していたものが一つ見つかりました。
予想を裏切りカラーネガファイルから発見・・・そうすると他のもネガの中にあるのかな?
フィルムの途中入換えをやってると、ファイルと撮影順が前後しててワケ分からなくなります(汗)

***********************************************************************************************

Scn0118_shr100_35

1991.2.17 東海道本線 辻堂 9132レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/750 f.4.0 SHR100

風の強い日曜日、初代ユーロ色EF65の105号機がナコ展を牽いて東海道を上る。
105号機は1987年11月に塗色変更され、一時期は112号機とユーロ色ロクゴ2両体制で活躍した。
東海からの団臨は午後か明け方に上ってくるものばかりで、必ず前面が影になってしまう。

貫通扉のない一般型ロクゴにも似合う、実に爽やかな塗り分けだと思う。
なんで最初から用意されていなかったのか不思議なくらいだ。

***********************************************************************************************

056/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

【あの一枚】 #038 異種重連 専貨5872レ 米タン付の巻

ダイヤ改正6日目、やっと米タン付きの重連5872レを撮れました。
茶ガマや21号機、116号機の試験塗色機で走りが撮れなかったのが残念です。

***********************************************************************************************

Scn0088_hg200_04

1990.3.15 東海道貨物線 茅ヶ崎 入換
T90 + 80-200mmF2.8 1/180 f.4.0 HG200

まもなく入換信号機が斜め点灯に変わり、DE込みの米タン編成を持って入換えが始まる。
進路構成は0番が点灯、一旦旧プライブリコ専用線に通じる引き上げ線に向かう。

なかなか面白い入換えだったが、自分たち以外に撮影している人に会ったことがなかった。

***********************************************************************************************

Scn0088_hg200_06

1990.3.15 東海道貨物線 茅ヶ崎 5872レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/60 f.5.6 HG200

中線に戻り出発を待つEF65 117号機。
米タン付きだとカマが手前まで来るので撮りやすかった。
米タンの運転頻度が高ければこの運行形態も続いたかもしれない、、、残念。

翌年、相模線は電化され米タンもDE11牽引で細々と残ったが1998年にスジが廃止されている。
1994年に中線をつぶして貨物線用のライナーホームが出来てからは、どのように米タンの
受け渡しをしていたのだろう。
一度くらい見に行けばよかった。。。

***********************************************************************************************

055/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

【あの一枚】 #037 異種重連 専貨5872レ 20号機の巻

今日は初めて狙って異種重連の5872レを撮ったときの様子を。

ダイヤ改正4日目、茅ヶ崎停車の貨物がDE11を付けて重連になることが判ったので、早速
チャリで入換~据付けを撮りに行く計画を立てました。
なんてことない普通のロクゴ一般だったのですが、地元ではEL+DLの重連貨物は珍しいですから。

***********************************************************************************************

Sbw0079_tys_37

1990.3.13 東海道貨物線 大船 5873レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/750 f.8.0 TMYs

昼下がりの大船駅を下る西湘貨物行き5873レ。
これを見ておくと茅ヶ崎停車貨物のカマが判るということで、一応確認。
廃車復活組の20番か、とりあえず撮っておいた方がいいかな。

***********************************************************************************************

Sbw0079_tys_02_2

1990.3.13 東海道貨物線 茅ヶ崎 5872レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/60 f.5.6 TMYs

この日も米タン無し。
明るくも暗くもない中途半端な時間の撮影で、これじゃ何番だか判らない。。。

夏になって走行を撮るのが楽しみだったが、あっという間に無くなった。

***********************************************************************************************

054/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

【あの一枚】 #036 異種重連 専貨5872レ 茶釜の巻

昨日の記事の中で出た茅ヶ崎停車の貨物列車から、期間限定で登場した重連の様子を
いくつか挙げてみようと思います。

1990(平成2)年3月10日のダイヤ改正で生まれ、一ヶ月ももたずに消えていったEF65[稲]+DE11[品]の
重連牽引専貨で、もともとは別々だった専貨と横浜羽沢行きの入換用DL単機スジを合わせたものです。
どうせ解結するんだから一緒に持ってってよ、ということだったようですが、相模線の米タンは運転日が少なくなっており、DE11を繋げるためだけに入換えするのは効率的ではないと判断して
早々にやめてしまったのでしょう。

改正後すぐに見つけ、時間があると撮りに行ったのですが、春休みはバイト、新学年が始まると鉄研。
見に行かれない日が続いたあと、いつの間にか解消されてしまっていました。

***********************************************************************************************

 

Simg095

1990.3.23 東海道貨物線 茅ヶ崎 入換
T90 + 80-200mmF2.8 1/350 f.4.0 HR200

DE11をお迎えに来る茶ガマを相模線ホームから狙った。
この日は米タンは無し。
誘導要員を2人も使ってわざわざ入換作業だ。

***********************************************************************************************

Scn0089_hg200_06

1990.3.23 東海道貨物線 茅ヶ崎 5872レ
T90 + 80-200mmF2.8 X2テレコン 1/45 f.4.0 HR200

入換を終えて中線で発車を待つ5872レ。
米タンが無いと先頭が奥に行ってしまいテレコンが必要だった。
春分の日を迎えたばかりで、17:49発車の頃には走りの撮影は出来ない。

さて、この編成のどこかにタキ55000がいるはずだが。。。

***********************************************************************************************

053/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

【あの一枚】 #035 3軸ボギーの大型タンク車 茅ヶ崎にて

根岸でたまたま入換中のタキ55033を見てから、動いているタキ55000に出会うことはありませんでした。

そして1年が過ぎ、次に出会ったのは地元東海道線の貨物でした。
1990年3月23日、茅ヶ崎停車の上り貨物 5872レに組み込まれているのを見たのです。
当日は稲沢の茶釜 EF65 9号機が充当されており、茅ヶ崎でカマ次にDE11を連結するので
仲間内で撮影に行っていました。
駅の外でひとしきり撮って17:49の発車を見送ったそのとき、編成の中にタキ55000がいたのです。
もう暗くて写真は撮れませんでしたが、咄嗟に、ビデオカメラを持っていたKM君に大声で
「タキ撮って!撮って!」と言ってしまったのを覚えています。
それが何番だったのか記憶にありませんが、タキ55000が東海道へ来ていることに驚いたものです。

で、意外にも早く次のチャンスが巡ってきました。。。

***********************************************************************************************

Scn0089_hg200_11

1990.3.27 東海道貨物線 茅ヶ崎 5871レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.8.0 HG200

茅ヶ崎の中線に停車中の5871レに組み込まれていたタキ55032。
なんとその左もタキ55037で2両繋がっており、電車から見つけた時は本当にビックリした。

この時は鉄研の合宿で伊豆に行く途中、みんなと電車で待ち合わせ、乗って一駅で飛び降りたかたちだ。
見つけてしまったら撮らないわけにはいかないだろう。撮影組のOT、KJ、NS君が一緒に降りたと思う。
この後には午後に伊東発のパック+ミト座があるのだが、その前にちょっと寄り道させてもらった。

***********************************************************************************************

Scn0089_hg200_13

1990.3.27 東海道貨物線 茅ヶ崎 5871レ
T90 + 35-70mmF3.5-4.5 1/500 f.8.0 HG200

こちらは架線柱のスパンにうまく収まったタキ55037。
レンズがダメでピントがどこにも来ていない(泣)

今思えば、、、なんで当時気がつかなかったのかと恨めしいのだが、この5871レは相模貨物行き。
相模貨物に着いたタキは折り返し平塚の専用線に入るのではないのか?!
それに、夕方の5872レはその返しではないか!
一週間の間に関連する運用で2回も見るということは、この時期恒常的に平塚の専用線に入っていた
と考えて間違いないだろう。

取り卸し先が編成作業に対応しておらず、わざわざバラして抜き取りを行うので、使いにくい
タキ55000を持っていっても大丈夫、ということだろう。
他に相模貨物で継承の石油専貨なんてあったかな?
下曽我はセメントだし、鴨宮は無蓋車で西湘貨物扱いだろうし、やっぱり平塚だ。
あぁ~なんてこった、、、この巨大タンク車があのひなびた専用線に入っていたなんて・・・。
考えただけでもヤバい。

どちらにしても、タキ55000はこの年の夏には全車除籍されてしまうので、最後のチャンスだったのだろう。
もう少し貨車にも興味を持っていたら良かったのにと、いつもの後悔だ。

***********************************************************************************************

052/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

【あの一枚】 #034 3軸ボギーの大型タンク車 根岸にて

今日は石油輸送ついでに、ギリギリ現役時代に間に合った3軸ボギー大型タンク車の写真を。

機関車と貨車を一度に撮れる根岸駅詣でをするようになって、行き帰りの電車の中から3軸ボギー
を履いた長いタンク車を見つけました。
いつも根岸駅構内の磯子寄り引上げ線に3両くらいで繋がれていたのです。
車番までは控えていなかったので出入りがあるのか用途廃止なのか分からず、こんなのが
走ってるところを見てみたいものだと思っていました。

貨車の動向など判らず、まして運用など、よっぽど限定的な貨車しか判りません。
留置されているのは駅の外からキレイに撮れる場所ではなく、形式写真も撮れません。
それでも車窓から撮っておくべきでした。

あるとき、構内のタンク車の入換えでホームの方に現れたのです。

***********************************************************************************************

Sbw0031_400prx2_16

1989.3.29 根岸線 根岸
T90 + 75-200mmF4.5 1/1000 f8.0

普通のタンク車に挟まれて姿を見せたタキ55033。このとき初めて動いているタキ55000を見た。
工場構内を行ったりきたりしてる長いタンク車を見つけて、出荷で出てくるのを待ったが叶わず・・・。
どうにか入換中の姿をとらえたが、望遠で圧縮されていて独特の威圧感が再現できていない。
しかし、よっぽど嬉しかったようで手帳に「55033の3軸撮れた」と書いてあるから日付もすぐ判った。

3両まとまっていないということは通常の運用に入っている車両ということか?
これが編成に入ると取り卸し作業の間隔が大きく狂うような気がするが、、、。
それで現場が使いにくかったのだろうか。

貨車のことはよく判らないが、タキ9800・9900に通じる異径タンクの長いボディが3軸ボギーの
TR78を履いた台枠に載る姿は一種異様でもありレトロでもあり、今でも好きな貨車だ。

この大型タンク車が運用に就いている姿を偶然見つけるのは1年も先の話になる。

***********************************************************************************************

051/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

【あの一枚】 #033 平塚駅にて 平塚油槽所専用線

平塚油槽所専用線の貨物を初めて撮ったのは1989年の正月明け。
この当時、前年秋からモノクロフィルムの自家現像を始め、それまでフィルムがもったいなくて
なかなか撮れなかったものを撮ろうと思い、貨車の形式写真を集めるのがマイブームでした。
ゆっくり貨車が撮れるところ・・・茅ヶ崎、平塚、根岸、鶴見、塩浜(操)、、、近所から攻めて、
停まってる貨車を撮りまくりました。

そんな行動の中で訪れたのが専用線のある平塚だったのです。
ただ、基本的に1箇所への石油輸送のみなのでいつ行っても同じようなタキばかり。
何度か行ったら飽きてしまい、次第に色々なカマが出入りする根岸に張り付くようになりました。
ちょっと駅を出て専用線の走りを、なんて考えなかったのが痛いところです。

***********************************************************************************************

Sbw0012_400prx2_13

1989.1.5 東海道本線 平塚 入換
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/1000 f.8.0 400PR(2倍増感)

DE11の2002号機を先頭に平塚駅に戻ってきた専用線の貨物。
いつも同じような黒いタキを数両に車掌車を連ねて出入りしていた。
末期には緑のタキ43000に変わっていたが、一度も撮らずに終わってしまった。

長閑な河原の専用線を行く姿を記録できなかったのが本当に残念だ。

***********************************************************************************************

Sbw0013_tmxs_38

1989.1.5 東海道本線 平塚 5897レ
T70 + 35-70mmF3.5-4.5 1/125 f.8.0 TMXs

ヨ8000が好きだったようで、甲種、貨物、留置、どこに行っても見つけると撮っていた。

***********************************************************************************************

Sbw0013_tmxs_49

1989.1.6 東海道本線 平塚 5897レ
T70 + 35-70mmF3.5-4.5 1/125 f.8.0 TMXs

車掌車は相模貨物に常駐して同じものを使いまわしているのかと思っていたが、二日連続で
行ってみたら違うの(※)が付いていた。

(※)よくよく調べると、ヨを含む編成ごと向こうに置いて、予め組成されている前日の編成を持ってくる
という運用形態だったので二日続けて見に行けば違うヨが付いていて当たり前なわけだ。

全検出たてで大変きれいな状態のヨ8263。
上のヨ8183は標記類が古いままで、64-6が期限になっている。

昭和64年1月6日撮影、翌日は初めて経験する日本全体が特別な日となった。

***********************************************************************************************

050/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

【あの一枚】 #032 馬入川橋梁西詰にて 平塚油槽所専用線

専用線ってワクワクします。
辻堂駅のカントク専用線、スミハツ専用線が無くなってから、一番近いのが平塚でした。
小学校のころから馬入橋の下り方に撮影に行くたび、堤防の下に延びる草生した線路を見て
何が走ってくるのか興味がありました。

大船にも1985年までセメント専用線がありましたが、駅から遠いので見に行ったことはありません。
平塚の専用線も1996年に廃止となり、いつでも行けると思って行動に移さなかったのが悔やまれます。
そんな数少ない記録の中から、初めて堤防下を走る貨物を撮ったときの写真を。

***********************************************************************************************

Sbw0067_tmys_15_3

1989.11.23 平塚油槽所専用線 入換
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.8.0 TMYs

この日はパックのミト座が貨物線を上ってくる日。
祝日に当たったので午後からみんなで馬入橋近辺で過ごしている。

14時を過ぎた頃、車掌車を先頭に推進運転の貨物がやってきた。
まったくノーマークだったのでこんなカットしか残せていない・・・。
今度ちゃんと撮りに来ようと思ってそれきりになってしまったのが残念だ。

ノートにはこの時のデータが汚い字で書き添えられている。
DE11 2004 [品] + タキ6両 + ヨ 入A204
データによれば
 入A204 茅ヶ崎-単1265-相模貨物-5898-平塚 構内入換1356-1440
 入A205 平塚-5897-相模貨物-単1266-茅ヶ崎

もっとちゃんと撮りに行けばよかったと、今更ながらの後悔。

***********************************************************************************************

049/365
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

【あの一枚】 #031 辻堂駅西口跨線橋から 113系「快速アクティー」

今日も雪かきでくたくた・・・。
とりあえずの一枚で。

***********************************************************************************************

Sps9992_rd_15_2

1996.2.18 東海道本線 辻堂 3758M
NikonF + 105mmF2.5 1/500 f.2.8-4.0 RD

この日も朝から雪。。。
ブルトレ狙いで訪れた跨線橋で113系の快速アクティをとらえた。

***********************************************************************************************

048/365

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

【あの一枚】 #030 辻堂駅西口跨線橋から EF66 42 「はやぶさ」

時間がないので貼り逃げ・・・。

***********************************************************************************************

Sps99991_rdpii_09

1996.1.20 東海道本線 辻堂 6レ
EOS5 + 80-20mmF2.8 1/750 f.2.8 RDPⅡ

雪が舞う中、カッ飛んで辻堂駅を通過する42号機牽引のはやぶさ。

***********************************************************************************************

047/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

【あの一枚】 #029 モーターカー工臨

また雪で帰れなくなったので、何の脈略も無いずいぶん前に下書きしておいた記事を使います。
早番で帰るつもりでいたのですが、国道まで出たらずーーーーっと繋がってましたよ(泣)
前回、事故の影響で1時間の距離を帰るのに6時間かかったとか話を聞くとヤバいでしょう。
わき道を使って行けばいいのでしょうが、神経すり減らしていつ着くか判らない道のりを帰るのは
得策ではないと判断しました。

さて、記事に戻りましょう。
30年のテツ人生の中で唯一、モーターカーが貨車を牽いて真っ昼間の本線を行く姿を捉えた
貴重な一枚なんですがカメラに難アリ(腕の問題は棚上げ中)のため、シャープさに欠ける
もったいない写真になっております。

***********************************************************************************************

Shf01_hr100_10ab

1984.8 東海道貨物線 辻堂-藤沢
オリンパス ペンEE-3 HR100

よく辻堂駅貨物側線に留置されていた大船保線区のTMC200軌道モーターカーが牽くチキ5200の2連。
ナショナルの前であさかぜ52号を撮った帰りに踏み切り待ちしていたら現れたのがこれだった。
どこから来たのだろう? とうの昔に藤沢の貨物側線は無いから湘南貨物??
で、どこへ行くのだろう? まぁ、辻堂の側線だろうな。

踏み切り前では「プワ~ン」と警笛を鳴らしていたような気がする。
このタイプの車両は車軸が絶縁されていて、信号や踏み切りの検知に掛からないと思うのだが
しっかりと遮断機が降りて警報機が鳴っていた。
あ、、、通常車軸のチキがつながってるからこれで検知されるわけだ、、、。

30km/hくらいで走っていたのでチャリで追いかければ入換も見られたかもしれないのに行っていない。
もうちょっと色々興味を持って撮っておけばよかった。

今回、初めてハーフネガの画像を通常と同じサイズにしてみたがやはり粗くてダメだ。

***********************************************************************************************

046/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

【あの一枚】 #028 チタ211系 N4 「愛される鉄道へ」

他のものを探していて211系のネタモノを見つけました。
これで手持ちの211系ネタは最後になるでしょうか。

#022 チタ211系 N1 「愛される鉄道へ」の別バージョンで、両端のマークは色が違ってました。

***********************************************************************************************

Scn0029_hr100_22_2

1987.3.21 東海道本線 辻堂-藤沢 769M
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR100

クハ210-4以下のN4編成にも「62/4・1 愛される鉄道へ」のマークが付いていたようだ。
列車番号表示が白地に黒文字なので大変見にくい。

しかし、これぞ編成美、やっぱり国鉄らしい車輌だ。

***********************************************************************************************

Scn0029_hr100_23

1987.3.21 東海道本線 辻堂-藤沢 769M
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR100

珍しくちゃんと後ろも撮っていた。
ファインダーを覗き、マークの色が違っていたからシャッターを押したのだろう。
横着しないで上り列車として戻ってくるのを待て、って話だ。

***********************************************************************************************

045/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

【あの一枚】 #027 チタ211系 2階建グリーン車試乗列車 変N22

211系ネタもそろそろ在庫が無くなるので今月のテーマである辻堂駅西口跨線橋に戻ろうと
思うのですが、確かに撮った覚えのあるネタのネガが見つからなくて困っています。

夢か幻か、ネガスリーブごと紛失か、はたまたポジで撮ってドアンダーの捨てコマになったか・・・。
順番通りにファイルしてるネガの紛失はまず無いだろうから、ポジで撮ってコマをバラして、何かに
使おうと思って出してから戻ってないってパターンなのかも(汗)
もう少し探してみようかな。

さて、今回はロクイチネタ(品川駅展示 ’89 #2)のところでちょっと触れている1989年5月の
品川駅展示会に絡んで品川-新宿間に運転された211系変則編成の「快速」列車です。

***********************************************************************************************

Scn0051_hr400_24

1989.5.3 山手貨物線 恵比寿 9494M
T90 + 75-200mmF4.5 1/750 f.8.0 HR400

ミニN22とでも言おうか、クハに2Fサロが続いた見慣れない編成で客扱い運転した試乗会号。
違和感アリアリだが、こんな付属編成があっても面白かったのではないだろうか。
もっとも、普通車定員が減るので苦情殺到だろうが・・・。

***********************************************************************************************

044/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

【あの一枚】 #026 チタ211系川崎重工車 公式試運転

もういっちょ、211系を。

当時、新車が到着すると翌一日かけて検査し、その後公式試運転が行われるのが一般的でした。
2Fサロ組み込み第二編成が川崎重工から輸送されてきた後、公式試運転がちょうど日曜日に
当たったので記録することが出来ました。

営業編成では1991年増備のN31、N32が登場するまで2Fサロは4号車に1両のみの体制が続いており、
当時ダブルで組み込まれて走行するシーンが見られたのは公式試運転のときだけでした。

***********************************************************************************************

Sbw0020_400prx2_20

1989.2.26 東海道貨物線 辻堂-藤沢 試9*51M
T90 + 75-200mmF4.5 1/1000 f.8.0 400PR(2倍増感)

オールロングシートの第3陣、川重製で後のN23となる編成が公式試運転で貨物線を下る。

***********************************************************************************************

Sbw0020_400prx2_21

1989.2.26 東海道貨物線 辻堂-藤沢 試9*51M
T90 + 75-200mmF4.5 1/1000 f.8.0 400PR(2倍増感)

中膨れの2Fサロは撮影する側からすると編成美を乱す存在ではあったが、当時はもの珍しさから
通学の帰りなど友達と必要以上に通り抜けしたりして遊ばせてもらった。

***********************************************************************************************

Sbw0020_400prx2_23

1989.2.26 東海道貨物線 辻堂-藤沢 試9*51M
T90 + 75-200mmF4.5 1/1000 f.8.0 400PR(2倍増感)

上り方にはまだホロが取り付けられたままで、東京口では珍しい顔つきになっている。
茅ヶ崎まで行って折り返してくるはずだが、返しの様子がネガに無い。
待っていたような記憶があるのでカラーに替えて撮ったのだろうか。

***********************************************************************************************

043/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

【あの一枚】 #025 チタ211系 2階建てグリーン車登場

先日大雪のなか運転されたカナロコ団臨のいろいろな報告ブログを見て、関東地方とは思えない
雪景色の中をゆく国鉄色機関車の姿に鳥肌が立つような感動を覚えました。
復路は途中大宮で運転打ち切りになってしまったようですが、リスクを押して催行を決断した
現場の判断にあっぱれでしょう。休みを取ってなかったのが本当に悔やまれます、、、。

さて、こちらのブログは211系が続いてますが、ついでなのでもう少し出してみたいと思います。

***********************************************************************************************

Sbw0020_400prx2_05

1989.2.18 東海道貨物線 辻堂-茅ヶ崎 9860レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 400PR(2倍増感)

2Fサロ2両が組み込まれた211系の甲種を牽いて雨の東海道を品川に向かうPF1036号機。
日車製の増備第一陣、後のN21となるオールロングシートのトップ編成だ。
最後尾には2階建てグリーン車登場の記念マークが掲出されていた。

オールロングシート+2Fサロ2両という編成で品川に送られ、サロ1両を従来の編成と交換して
4号車に2Fサロを1両組み込んだ編成が2つ出来るという算段だった。
この増備第一編成は4号車のサロ212-1が抜かれてN1編成へ、5号車のサロ213-1は方転のうえ
4号車となり、N1編成から来たサロ210-1を5号車としてN21編成が完成した。

***********************************************************************************************

Sbw0020_400prx2_17

1989.2.25 田町電車区
T90 + 35-70mmF3.5-4.5 1/60 f.5.6 400PR(2倍増感)

田町区で編成から抜かれ方転を待つサロ213-1。
甲種到着後、本線での公式試運転を経て編成の組み換えが実施された。

あまり写欲の沸かなかった211系だが、さすがに在来線初の2階建て車両の登場には興味が
あったようで、現場のご厚意により先輩と二人だけの見学会を実施していただいたのも懐かしい。

ちなみに、甲種編成から抜かれたもう一両のサロ212-1はN1編成の4号車に組み込まれ、22日の
793Mから営業運転を開始している。

***********************************************************************************************

042/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

【あの一枚】 #024 チタ211系 N2 「ミステリアス トレイン号」

道路も日陰以外はきれいに溶けていて、意外と早く帰って来られました。
さて今日も211系ネタの続きでいきましょうか。
こないだから探してる跨線橋ネタのネガが見つからないっていうのもあるんですが。

ということで、ケツ切れのどうしようもない画像ですが、もうひとつ211系のマーク付き
列車を挙げておきたいと思います。

***********************************************************************************************

Sc0010_hr100_20

1986.6.1 東海道本線 辻堂 9544M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR100

沖電気の団臨として当日2本運転されたうちの1本は211系を使ったものだった。
犬のマスコットが探偵の格好をして列車に跨る図案のマークも用意されている。

ちなみにもう一本はEF65 1115牽引の12系6連で、こちらにも同じ図案の丸型マークが付けられていた。

***********************************************************************************************

041/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

【あの一枚】 #023 シマ211系 「快速 湘南ビーチ号」

やっぱり大雪で帰れませんでした(泣)
会社が所有する施設に泊まり、朝起きたら窓の外にはこんな光景が広がっていました。

Sr00112851

朝の雪かきは大変でしたが、太陽が出ているのでどんどん溶けてくれて助かります。
今日は帰って家でしっかり寝たい・・・。

***********************************************************************************************

さて、211系が出たので、ここで立て続けにネタにしておこうかと思います。
今回は、1987・1988年に運転された夏臨の「快速 湘南ビーチ号」です。
湘南・新宿ラインで新前橋区の211系が東海道方面に顔を出すようになるはるか昔に、
東海道を走っていたことがあったのです。

この運転で特筆されるのは初めて211系を指定席列車として使用したことでしょうか。
新前橋区のA編成(セミクロス)5両+B編成(ロング)5両の10両編成でA編成が指定席でした。
高崎-小田原間の往復で現在の湘南・新宿ラインのさきがけともいえる運転区間でしたが、
山貨から品川へ寄って東海道へスイッチバックするいかにも国鉄的な運転形態です。

***********************************************************************************************

Scn0038_srv100_08

1987.8.9 東海道本線 茅ヶ崎-平塚 9724M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f5.6 SRV100

指定席のA12編成を先頭に夕方の東海道を上る湘南ビーチ号。
田町車の10連に見えるが正面窓上がブラックではなくグレーなので新前橋車であることがわかる。
これに関しては本来ブラック仕上げのパネルが褪色してグレーになっているということだが、
当時はなぜか新前橋車ばかりの現象だったような気がする。
165系タイプの立派なマークが付けられたが、正面幕が「快速」じゃないのが惜しかった。
首都圏の211系多客臨で指定席の設定があったのはこの列車が最初で最後だろう。

ko-nomoさんのブログ「やっぱりテツでした」では横浜停車の様子が紹介されている。
Click⇒ 湘南ビーチ in 1987 <
http://blogs.yahoo.co.jp/nh5861/26322560.html>

***********************************************************************************************

040/365

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2014年2月 8日 (土)

【あの一枚】 #022 チタ211系 N1 「愛される鉄道へ」

大雪で帰って来られないとまずいので2月8日分の予約更新ネタを。

昨日に続き何か211系のネタが無いか探したところ、第一編成のマーク付きが出てきました。

***********************************************************************************************

Scn0024_hr200_20

1987.1.4 東海道本線 辻堂-藤沢 820M
AE-1P + 75-200mmF4.5 HR100

分割民営化を4月に控え、新年から211系にタマゴをかたどったマークが付けられた。
たしか2編成に付いていたと思うが、定かではない。
こんなことでもなければカメラを向けることの無かった211系・・・なくなってわかる大切さ。

「62/4・1 愛される鉄道へ」
国鉄は愛されていなかったのか?
俺は今でも愛しているぞ?!

***********************************************************************************************

039/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

【あの一枚】 #021 辻堂駅西口跨線橋から チタ211系 N6

関東地方も明日は朝方から雪ということで、車通勤も大変なことになりそうです。
で、降り過ぎるとお客さんが来ないから商売上がったり。
駐車場の雪かきもしないといけないし、昔のように嬉しくもなんともありません・・・。

今回は数少ない211系の記録の中から雪の辻堂を行く姿を。

***********************************************************************************************

Sec2119602338m

1996.1.20 東海道本線 辻堂 338M
EOS5 + 80-20mmF2.8 1/750 f.2.8 RDPⅡ

土曜日、朝起きると雪。
この頃は雪が降ると必ずカメラを持って線路端に出かけた。
普段は撮らない電車もこの時ばかりは絶好の被写体になる。
それでもネガ・ポジに残っている211系が少ないのは、まだまだ”新しい電車”だったからだろう。

あ! ちょうど貨物線の乗り越しポイント撤去が始まったところだ。
ついに旧貨物側線の保線基地としての用途も廃止されレールが剥がされた。
大好きだった辻堂駅がついに変わり始めたのだ。

***********************************************************************************************

038/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

【模型】 いさみや ガーランドベンチレーター

本日、東京出張のついでに初めて二子玉川の「いさみや」へ行ってきました。

1ヶ月半ほど前に旧型食堂車の厨房用大型ベンチレーターがいさみやさんにあるという情報を
いただいたので、買いに行く機会をうかがっていたところにちょうどいい出張が出来たかたちです。

***********************************************************************************************

Sdsc_0574

毎年この時期に帝国ホテルで開催される某社のシンポジウムなんですが、すげーお金掛かってて
なんだか恐縮してしまいます、、、いや、うちらの売り上げで開催されてるんだからいいのか。

竹中平蔵さんの講演会を聴いて、懇親会でおいしい料理を食べて、、、気持ちは二子玉川でしたが・・・。
講演会ではこの先の経済動向を読むという話の中で、東海道-東北・高崎ライン完成と品川・田端
(尾久のこと?)の操車場機能集約で品川地区の再開発を進める話が出て、興味深く聴きました。

***********************************************************************************************

Sdsc_0577

二子玉川へは有楽町から有楽町線-永田町-半蔵門線-直通-二子玉川で行ったのですが
駅の変わりように唖然としてしまいました。

どこ?ここは。

二子玉川、いったいいつ以来になるのか・・・調べてみたら”1987年9月23日”と出ました。
東急好きの先輩たちとコレ↓を撮りに来たようです。

Scn0039_hr100_22

8500の5連を使った「スターライトエクスプレス号」で、これは大井町-こどもの国の往復のための
前回送らしいですが、逆側には幌枠が付いていて見慣れない顔つきをしていました。

もう26年以上前のことになるんですね・・・(汗)

***********************************************************************************************

Sdsc_0581

駅は大きく変わってしまいましたが道を一本渡ると、なんだか安心する景色が広がっていますね。

おぉー、初いさみや!

ご主人に「旧型食堂車の大きいベンチレーター」が欲しい旨お話したところ、「これで大丈夫かな?」と
バラ売りのケースからホワイトメタルのベンチレーターを出してくれました。
1個50円なり。
普段ネットでは見られないパーツ類を目に焼き付けて、お店を後にしたのでした。

***********************************************************************************************

で、家に帰ってカトーのガラベンと比べてみたのが

Sr0011239

これなんですが、どうでしょう。

カトーのものよりも若干、、、一回りくらい大きいでしょうか。
悩みどころですが、これで手を打つか、スクラッチでもっと大きいのを作るか・・・。
とりあえず屋根に載せて具合を見てみることにしましょう。

この時期は寒いので暖房の無い模型部屋はご無沙汰でして、少し暖かくなったら模型再開
しようと思っています。

***********************************************************************************************

037/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

【あの一枚】 #020 辻堂駅西口跨線橋から シス113系 T13

今回この”辻堂駅西口跨線橋から”をテーマに記事を書こうと決めてから、いったいいつ撮った写真が
一番古いのかを見ていったところ、予想した'92年よりかなり前のショットが出てきてビックリしました。

まったく覚えていないのですが、夕方貨物線を下るヌマ座「いこい」を撮りに行った帰りに跨線橋を
渡って家に戻る途中、たまたま来た電車を撮ったようです。
ハマるより前に、既にここで撮影していたことが判明しました(汗)

***********************************************************************************************

Sbw0044_400prx2_18

1989.6.26 東海道本線 辻堂 890M
T90 + 75-200mmF4.5 1/350 f.5.6 400PR(2倍増感)

静岡運転所の付属T13編成を先頭に辻堂駅に進入の890M。
T編成のポイントはやはり貫通幌の存在だろう。
東日本所属の東海道線東京口113系では基本-付属間の貫通接続を行わないため、すべての
先頭車に幌は無かったが、静岡運転所のローカルには貫通接続をする運用があったため
すべての東京寄り先頭車に幌が付いていて良いアクセントになった。

と、メインの被写体のキャプションを付けたところで、自分的に気になるのは113系よりも
画面右上に写る貨物線のポイントだ。
この頃はまだ通常のポイントで、渡り線としての機能が生きている。
ここ何日かでアップしたものはすでに渡り線としての機能を失い、保線車輌用の乗り越し
ポイントに変わってしまっていた。

ここに貨物下り線への渡りがあるということは、側線から直に下り線に出発できたということだろうか。
親父が撮った過去の写真を見ても、貨物牽引機で入換えをして中線から出るのしか写ってないのだが、
もしかして専用線入換用のディーゼル機関車を茅ヶ崎に返すためだけにあった渡り線?
東京方には渡り線が無いので、下り列車は直接側線には入れない。
うーん、わからない、でも知りたい、今度親父に聞いてみようか。

***********************************************************************************************

036/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

【あの一枚】 #019 辻堂駅西口跨線橋から EF58 157+ナコ展

西口跨線橋での撮影にハマっていた頃は、めったに来ない東海のゴハチ 157号機でさえ
編成写真を捨ててここで撮っていたことからも、ハマり具合が判ります。

まぁ、この時は午後で光線良くない時間に客線を上ってくるので撮るところが無いっていうのも
あったのでしょうが・・・。

***********************************************************************************************

Sbw0140_xp2_13

1994.5.22 東海道本線 辻堂 9114レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/1000 f.4.0 XP2

ここで青いゴハチが撮れるとは思ってもいなかったので、逆光などものともせず1時間以上前から
場所取り(笑)しながら列車を待った。
ちょっとぐらい曇ってくれないかなと空に願ったりもしたが、大変いい天気の日曜日だった。

あと3年早くいいカメラを持ってテツを始めていたら、こんなところで撮って喜ぶようなネタでもない。
いつの時代のテツも、誰もが思う「もう○年早く生まれていたら・・・」を言い始めたらキリが無い。

弥勒寺前踏切を行く同列車の様子が ko-nomoさんのブログ 「やっぱりテツでした」の過去記事で
紹介されている。
Click!⇒ 
1994、藤沢でイゴナナ <http://blogs.yahoo.co.jp/nh5861/25033121.html> 

やっぱりゴハチは下から撮ったほうがカッコイイ。

***********************************************************************************************

035/365

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年2月 3日 (月)

【模型】 パワーパックを手に入れた!

先日、寒川神社へ厄除けに行った帰りに実家へ寄って、親父にパワーパックをもらいました。
かねてからパワーパックが無いことをアナウンスしたおいたので、すんなりと頂くことができ、
よかったよかった。

で、出てきたのが↓コレ。

Sr0011226

なんでしょうコレは・・・。
イメージしていたのと全然違うんですけど?
どうせカツミだかエンドウだかの大昔のレオスタット式のやつが出てくると思ってたのですが?

***********************************************************************************************

Sr0011227

どこにも何も書いてないのでまったく判りません・・・。

親父に聞いたら、昔、電気に詳しい大学の友人に作ってもらったらしいです。

***********************************************************************************************

Sr0011228

長いこと放置されていたようでかなり埃をかぶってしまっています。

左中段にパワーON-OFFスイッチ、その横にはMAXスピードとインテンシティーのダイアルがあります。
上段は表示部で、下段には前進・後進切り替えとアクセル、ブレーキですか。

中央に大きくパルスコントローラーとレタリングされていますので、いわゆるPWM方式のものと
考えればいいのでしょうか。
今のところDCCなどの電気的にまずい車輌は無いので、PWMでも十分使えるはずです。

***********************************************************************************************

Sr0011229

本日休みだったので初の試運転。
2m弱の直線を行ったり来たりだけですが、我が家の中古DE10が初めて走行しました。

いろいろいじってみてMAXスピードダイアルとインテンシティダイアルの使い方が読めてきました。
これら二つをいじることで、どんな加速グラフにするかが決まるということでしょう。

最初はわからずダイアルを両方とも中間にしてアクセルONにしたところ、徐々に動き出し
だんだん加速したのでアクセルOFFからブレーキ作動させたのですが停まらず、もう少しで
高さ75cmのテーブルから床にダイブするところでした・・・(汗)
自分が椅子から落ちそうになりながらレールエンドに近づくDE10を掴みましたが、いくら中古
とはいえ初走行でオシャカでは目も当てられません!

電車は急に停まれない

を身をもって体験しました。

この場合、アクセルOFF時には擬似的な惰行状態を作り出しているということでしょうか。
明らかにレオスタット式のヴォリュームOFFとは違いますね。

***********************************************************************************************

Sr0011234

掃除も兼ねてBOXを開けてみました。

NECの大きなトランジスタと3000MFDのコンデンサが目立つ基板が出てきました。
自作ということらしいですが、ユニバーサル基板を使わず自分でパターンを書いて焼いた
生基板のようで、かなりやり手のお友達がいたのですね。

***********************************************************************************************

Sr0011235

パネル裏もきれいにまとまっています。
一番右のリセットランプは配線されていないようです。
どんな時に点灯させる予定だったのでしょう。

***********************************************************************************************

Sr0011238

最後にパネルを磨いて輝きを取り戻しました。

パワーランプが切れているようなので近いうちに交換したいと思います。

***********************************************************************************************

034/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

【あの一枚】 #018 辻堂駅西口跨線橋から EF66 40 「富士」

昨日から始めた”辻堂駅西口跨線橋から”のテーマですが、これこそ同じアングルのつまらない画像
ばっかりになってしまいそうなので、適度に全く違うネタを入れながらいきたいと思います。

まだ2回目なので大丈夫でしょうか?

***********************************************************************************************

Sbw0140_xp2_01

1994.5.21 東海道本線 辻堂 4レ
AE-1P + 80-200mmF2.8 1/1000 f.5.6 XP2

下関の最若番40号機の牽く「富士」が東京を目指して東海道を駆ける。
子供の頃から慣れ親しんだ7・8レの列車番号が前年のダイヤ改正で3・4レに変わっていた。

この跨線橋から順光で撮れるのは午前中の客線上り列車。
そうすると必然的にブルトレが狙い目になるのだが、当時は何も考えずに撮っていたので
カマ番号違いのマーク集めとか全く視野に入れていなかったのが今になって悔やまれる。
当時はまだすべての寝台列車が健在で、やろうと思えばいくらでも出来たはずだ。

通路に自転車を停めてカメラを構えていると必ず「何か珍しいのが来るんですか?」なんて
声を掛けられることが多かった。
最初のうちは「いや、特に珍しいのは来ないんですけど・・・」なんて適当に答えていたのだが
それもだんだん面倒になりカメラは鞄の中へ、自転車に腰掛けて本を読み、ホームの接近案内が
鳴ってターゲットが見え始めたらおもむろにカメラを出して撮る、みたいなスタイルになった。

そのうちそれさえ面倒になり、ピンポイントでブルトレ通過の5分前に家を出るようになる。
ちょっと出遅れて跨線橋のスロープを登ってるときに通過されたことも一度や二度でない。

***********************************************************************************************

033/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

【あの一枚】 #017 辻堂駅西口跨線橋から 165系急行「東海」

どうにか1ヶ月終えて、毎日更新も日常のルーチンになってきました。
今月はどんなテーマで行こうか定まっていませんが、まずはやっぱり辻堂駅絡みで・・・。

幼い頃に祖母に連れられてよく電車を見に来た辻堂駅西口跨線橋。
金網越しに行き交う電車を飽きもせずずーっと見ていました。
そんなことを思い出して、一時期ここからの撮影にハマっていたことがあります。

'90年代の中ごろ、ふと通りかかった懐かしの跨線橋で、小さな子供がお母さんに連れられて
昔の自分と同じように電車を見ていました。
それまでまったく気にもしなかったのですが、跨線橋の金網壁を構成する太い鉄の柱と
改札口前のスレート壁を支える柱になっているH鋼のつなぎ目に5センチくらいの隙間があって、
子供はそこを覗き込んでいたんです。
自然と自分の目もその隙間に行くと、線路がきれいに見下ろせるじゃないですか。。。

日を改め、カメラを持って”スキマ”チェックに訪れました。
大口径ズームを入れることは出来ませんでしたが、Nikonの105mmがちょうどピッタリハマり
画角もちょうどいいので、暇があると撮りに行くようになったのです。

そんな定点撮影のような記録から、いくつか出してみたいと思います。

***********************************************************************************************

Sps9999_rdpii_12

1996.3.2 東海道本線 辻堂 302M
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/750 f.2.8 RD

特急格上げに伴う373系置き換えを2週間後に控え、前日からマークが取り付けられた165系。
大好きだった153系なきあとの急行型の顔として頑張ってきた彼らを送るため、こちらもずいぶん
精力的に撮影に出かけた。

いずれその様子もまとめてみたい。

***********************************************************************************************

032/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »