« 【あの一枚】 #028 チタ211系 N4 「愛される鉄道へ」 | トップページ | 【あの一枚】 #030 辻堂駅西口跨線橋から EF66 42 「はやぶさ」 »

2014年2月15日 (土)

【あの一枚】 #029 モーターカー工臨

また雪で帰れなくなったので、何の脈略も無いずいぶん前に下書きしておいた記事を使います。
早番で帰るつもりでいたのですが、国道まで出たらずーーーーっと繋がってましたよ(泣)
前回、事故の影響で1時間の距離を帰るのに6時間かかったとか話を聞くとヤバいでしょう。
わき道を使って行けばいいのでしょうが、神経すり減らしていつ着くか判らない道のりを帰るのは
得策ではないと判断しました。

さて、記事に戻りましょう。
30年のテツ人生の中で唯一、モーターカーが貨車を牽いて真っ昼間の本線を行く姿を捉えた
貴重な一枚なんですがカメラに難アリ(腕の問題は棚上げ中)のため、シャープさに欠ける
もったいない写真になっております。

***********************************************************************************************

Shf01_hr100_10ab

1984.8 東海道貨物線 辻堂-藤沢
オリンパス ペンEE-3 HR100

よく辻堂駅貨物側線に留置されていた大船保線区のTMC200軌道モーターカーが牽くチキ5200の2連。
ナショナルの前であさかぜ52号を撮った帰りに踏み切り待ちしていたら現れたのがこれだった。
どこから来たのだろう? とうの昔に藤沢の貨物側線は無いから湘南貨物??
で、どこへ行くのだろう? まぁ、辻堂の側線だろうな。

踏み切り前では「プワ~ン」と警笛を鳴らしていたような気がする。
このタイプの車両は車軸が絶縁されていて、信号や踏み切りの検知に掛からないと思うのだが
しっかりと遮断機が降りて警報機が鳴っていた。
あ、、、通常車軸のチキがつながってるからこれで検知されるわけだ、、、。

30km/hくらいで走っていたのでチャリで追いかければ入換も見られたかもしれないのに行っていない。
もうちょっと色々興味を持って撮っておけばよかった。

今回、初めてハーフネガの画像を通常と同じサイズにしてみたがやはり粗くてダメだ。

***********************************************************************************************

046/365

|

« 【あの一枚】 #028 チタ211系 N4 「愛される鉄道へ」 | トップページ | 【あの一枚】 #030 辻堂駅西口跨線橋から EF66 42 「はやぶさ」 »

1984年」カテゴリの記事

【あの一枚】 思い出の写真から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【あの一枚】 #029 モーターカー工臨:

« 【あの一枚】 #028 チタ211系 N4 「愛される鉄道へ」 | トップページ | 【あの一枚】 #030 辻堂駅西口跨線橋から EF66 42 「はやぶさ」 »