« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

【あの一枚】 #016 167系8連 田町電車区試運転

今月いっぱいで一旦やめようと思っている辻堂駅構内シリーズ?ですが、最後に何を出そうか・・・。
で、やっぱり急行型で締めくくりたいと思います。
そういえば、通勤型電車の試運転を1枚も出してなかったですね(汗)

どうせネタが尽きるので、またいつかこのシリーズの続きをやってみましょう。

***********************************************************************************************

Scn0029_hr100_09

1987.3.13 東海道貨物線 辻堂 試6854M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/15 f.8.0 HR100

田町区からの試運転でやってきた167系8連。
ちょっと邪魔なチキが停まっているが、わざわざしゃがんだ高さに三脚を立てて撮っている。
どんな意図があってこんなアングルにしたのかは覚えていないが、今となってはこんなものまで
懐かしい記録となってしまった。

分割民営化までまもなく半月となった頃の様子だが、何がどう変わるのか全くピンと来ていなかった。
フィルムの一枚一枚を惜しみながら撮っていたあの頃、、、1989年2月にT90を導入するまで、
走りはもちろん、停車でさえもほとんど一枚きりの一発勝負撮影だったのも懐かしい。
デジタルになった今では考えられない撮影姿勢だが、楽しみも大きかったような気がする。

絶対に戻れない時間を、記憶だけではなく、記録に残しておくことの重要性を今強く感じている。

***********************************************************************************************

031/365

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

踊り子59号 ’86春 #3

ハーフサイズカメラを持ち始めた小学生のころから「藤沢のカーブ」とか「ヤマタケカーブ」とか
呼びながら何度となく訪れた弥勒寺前踏切。もう15年以上行ってないでしょうか。
1996(平成8)年2月20日に踏切が廃止されて久しいですが、今でも午前中の客線上り列車は
昔と変わらず綺麗に撮れるようですね。

ただ、みなさんのブログなどにアップされている写真を見ると、昔とは明らかに異なる様子のものが
盛大に写っているのが気になりました。バックの藤沢のビル群ではありません。
それは路盤に生えた草・・・最盛期はバラストを覆い隠し、レール間にまで生えています。
昔ではありえなかった状況、、、ひどいと低木が繁茂しているところさえあるようです。
この状態が鉄道の運行に支障するのかどうかは別として、なんとなく今の会社の鉄道に対する
気持ちみたいなものが現れているような気がして残念です。

と、ここまで書いて、現状写真ではなく「昔は良かった」系のものを。

***********************************************************************************************

Scn0005_hr100_32

1986.3.8 東海道本線 藤沢-大船 9027レ
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/500 f.5.6 HR100

春のやわらかい日差しを浴びながら藤沢のカーブを行くロクイチ牽引の踊り子59号。
自分の一眼レフを手にして初めてここで撮ったロクイチだ。
この頃はまだ上空を遮るバイパスも無く、カーブの内側には藁葺き屋根の民家が残っていた。

学校が終わってお昼を食べると、みんなで連れ立ってチャリで弥勒寺前踏切りへ。
線路沿いに敷かれたケーブルを通すコンクリート樋に座り、夕方まで列車を見送った。
本当に日常のひとコマで、この時も自分たちの他には数えるほどしか居なかった。

翌年春にはロクイチの踊り子59号への充当が終了し、東海道を午後に下ることも稀になり
結局これが弥勒寺を下る唯一のロクイチ写真になってしまった。

1986.3.8 品川-回9027-東京-9027-伊東-回9526-品川

       9027レはマーク掲出。 
       客車は南シナ 14系ハ・ハフ8両。

***********************************************************************************************

030/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

【あの一枚】 #016 辻堂中線折返し 新鶴見区台検試運転

辻堂中線関連でまだ採り上げていないものがあったので、ここで出しておきたいと思います。

1985年に湘南貨物駅が廃止になったことで、そこを折返し地点にしていた大井工場の試運転列車が
辻堂まで延長されたのは今までの記事で書いた通りなのですが、同じく新鶴見機関区の
台検試運転も辻堂までやって来るようになりました。

しかしこちらは毎日運転ではないので、ホーム事務室の掲示板に翌日の運転情報が書かれても
学生には大変撮りにくいものでした。
それでも何回かは予期せぬ時に出くわして見るテツしてるのですが、単なるPFなのでカメラを取りに
戻るほどのことはないとスルーしてしまっていたのは残念です。

それでも探したら1枚見つけました。
今思えば、試験塗色機の1059、1065号機もこれで来ていたということですから、なおさら残念です。

***********************************************************************************************

Sbw0011_tmxs_08_3

1988.12.26 東海道貨物線 辻堂 試単6992レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.5.6 TMXs

カマが停車中であることが判るように、踏み切りを渡る車を入れて撮っている。
現像ムラが出てしまっているが、車体裾やスノープラウにチョークで書かれたメモから台検試運転
であることも判るだろう。
近年のようにヘッドマークも無く、基本ただのPF単機なのであまり写欲をそそられることもなかったが
ちゃんと撮っていれば面白い題材だったかもしれない。

この時はオリエントエクスプレス'88の最終運行が終わり、下松へ戻る前の最後の品川展示に
行くためにカメラを持っていたから撮れたのだが、この1枚だけ撮ってすぐに電車に乗ったようだ。

***********************************************************************************************

029/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

【あの一枚】 #015 辻堂中線停車の甲種輸送 臨貨9594レ

試運転ネタじゃないもので辻堂中線絡みのものを探したらこんなのがありました。

俗に言う甲種回送の茅ヶ崎から本郷台折り返しで逗子に向かうスジなんですが、1989年3月改正で
茅ヶ崎発車が2時間繰り上がり辻堂中線で時間調整するようになったんです。
翌年の改正には元の時間に戻っているので、一年間だけの設定でした。
しかも、逗子へ向かうものは京浜急行・都営・京成向けと東急車輛への入場車ぐらいなものなので、
運転されたのは数えるほどしかなかったようです。
学生の身には大変撮りづらいスジでしたが、一度だけ保護者会か何かに当たり、フィルムに収める
ことが出来ました。

***********************************************************************************************

Sbw0046_400pr_12

1989.6.26 東海道貨物線 辻堂 9594レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.11 400PR

DE11 2001に牽かれるのは・・・ナンだコレ・・・(汗)
調べたら京成3600形の3678編成のようだ。
光線状態も良くないのでこれだけ撮って大船先端に移動している。

古くは大船の貨物側線を中継地点として東海道を上下していた東急車輛入出場のスジは
大船駅の配線変更と根岸線の開業により本郷台を折り返し地点とする
逗子→(横須賀線)→大船→(根岸線)→本郷台→(通路線)→大船→(貨物線下り)
または逆の経路で湘南貨物駅を中継地点としていたが、1985年の湘南貨物駅の廃止からは
茅ヶ崎が中継地点となっていたため、北に向かう(または北から来る)甲種は辻堂で2回見る
ことが出来た。
それも、茅ヶ崎-逗子間は入換機の送り込み・引き上げを兼ねたDL牽引だったため、DLとELと
2種類のカマが楽しめたのだ。

しかし、根岸線→高島線→品鶴線のラインを利用するようになり新鶴見(信)が中継地点に
なると、茅ヶ崎もただの通過地点になってしまった。
80年代最後の年、この頃がいろんな意味で面白かった最後の時期だったのかもしれない。

***********************************************************************************************

028/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

【あの一枚】 #014 211系N53+N51編成 試運転

東海道線東京口から211系が消えてまもなく2年になりますね。
自分の鉄道趣味とともに年を重ねたのが185系なら、211系は撮りテツ人生の同い歳でしょうか。
登場当時は新車が珍しくて意識的にハーフサイズのフィルムに焼き付けたこともあるのですが、
全く画一的な編成に飽きてしまい、一眼レフを手にしてからは見向きもしなかったという・・・。
そんなこんなで、あまりにも当たり前の存在過ぎてほとんど記録していないのが残念です。

今回は数少ない211系の記録の中から、これを出してきました。
といっても毎度の試運転ですが。
あと少しだけ試運転ネタで行かせてください、、、月末まで?(笑)

***********************************************************************************************

Scn0033_hr200_19_2

1987.6. 東海道貨物線 辻堂 試6854M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f8.0 HR200

185系B3編成試運転(【あの一枚】 #008)に続き田町区から来る夕方の試運転だが、211系の
付属編成2組、通常では見られないグリーン車無しの10連というのに惹かれて撮ったようだ。

このN53編成は運用離脱後の疎開を経て2013年2月18日、長野に向けて旅立つ最後の
田町区211となった。
末期はシングルアームパンタ化、強化スカート化されて国鉄っぽさが削がれてはいたものの、
113系に続いて地元で親しんだ形式が見られなくなったのは寂しいものがある。

113系のように編成ごとに変化があるわけでなく、小田急9000系のようなパンダ顔。。。
あまり興味をそそられる対象ではなかったが地元の風景に溶け込んだ姿は、やはり大好きな
国鉄の車両であることを再確認させられた。

20年後のE233系・・・うーん、全く興味無いだろうなぁ。

***********************************************************************************************
027/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

C58 239 盛岡へ

高崎での試運転を終えたC58 239が、予定通り盛岡に向けて旅立ちました。
昼間には一足先に客車(?)が郡山から盛岡に向かっているので、明後日には初めての
顔合わせが行われるのではないでしょうか。

自分的には”ちょっと遠いところ”の感じがしないでもないですが、機会を作って会いに
行ってみたいと思います。
家族旅行の流れで、、、というのは虫が良すぎるでしょうか。

***********************************************************************************************

Simg_84331_2

2014.1.25 高崎線 岡部
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/2 f7.1 ISO:400 W/B:AUTO

いつもと変わり映えしない岡部バルブだが、マットに仕上がったC58がいつものSL回送と
違った感じに見えるだろうか。
配属先でも元気に頑張ってほしい。

***********************************************************************************************

026/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

【あの一枚】 #013 田町区185系A3編成 バラ試運転

登場から30余年を過ぎ、185系もいよいよ最終章に入ってしまいました。
思えば趣味としての鉄道への興味の始まりが185系新製投入による153系の置き換えからでした。
以来、そんなに興味を持って追いかけた存在ではありませんが、自分の鉄道趣味人生と同い年の
”幼馴染”ともいえる車両が役目を終えるということはやはり寂しいものがありますね。

【あの一枚】を始めてから意識して185系の写ったコマを見てるのですが、やっぱりメインとして
撮ったことは無く、何かのついでばかりなのが今更ながら悲しいです。

今回はそんな中から、全検で編成をバラされたA3編成東京方3両の試運転の様子を。

***********************************************************************************************

Scn0022_ca100_12

1986.10.31 東海道貨物線 辻堂 試6862M
AE-1P + 75-200mmF2.8 1/250 f8.0 CA100

初めての全般検査を終えて出場試運転で辻堂にやってきたクハ185-105以下3連+クモヤ。
大井工場(大崎)から品川に寄らず品鶴線でダイレクトに来るので通常とは向きが逆になっている。
愛称幕も外されて手書きの「試運転」が掲示されていた。

登場当時は斬新なスタイルだと思ったりもしたが、その後現れた251系などと比べたら十分
国鉄らしい車両だと思う。

***********************************************************************************************

025/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

【あの一枚】 #012 辻堂折返し始発 オク座団臨 

完全に忘れてたもののひとつに、こんな団臨がありました。
辻堂駅旅行友の会。周辺何駅かの合同ではなく、辻堂駅単独の企画です。

通常、辻堂から乗車の上り団臨なら来宮折り返しの回送を設定して、8:30頃のスジで客線を
上っていくのが多かったのですが、たった一度だけ、7時から7時半頃まで貨物上り本線を塞いで
そこから乗車というとんでもない設定の団臨があったのです。

しかも、茅ヶ崎折り返しではなく辻堂中線に停車~機回し、推進で上り本線の茅ヶ崎方に出た後、
出発信号機手前まで移動して据え付け・・・いくら客線がラッシュに入る時間とはいえ、なんで
ホームの無い本線上で客扱いなの? なんで貨上1番の側線を使わないの?
絶対これは施行されない、どうせ直前にいつものパターンに変更なんだろうと思っていたら、
本当にやっちゃったので驚いたものです。

ただ、牽引機がロクイチじゃなかったし、かなり暗い曇りだったので全くいい加減なカットしか
残していないのが、今となっては悔やまれます。

***********************************************************************************************

Scn0039_hr100_27

1987.10.3 東海道貨物線 辻堂 入換
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/125 f5.6 HR100

回9821レ辻堂着6:44だったか、、、で、7時前に行ったら本当に入換えやってる・・・。
全然露出がなかったので気合を入れて張り込むことはせず、通学途中にちょっと寄っただけ。
あれ? 江戸で予定されてたはずだけど。。。

ともかく、6時40分の52レから8時過ぎの3360レまで上りの貨物が無いので出来た芸当だ。

***********************************************************************************************

Scn0039_hr100_31

1987.10.3 東海道貨物線 辻堂 9822レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f5.6 HR100

貨物上り本線停車中のオク座。
3号車、4号車に仮設の階段を据え付け乗客を迎える準備中。
積み込み品もかなりあるようだ。
あ、今わかった、側線を使わなかったのは出発信号機が無いからだ。

こんなレアな光景、もう少し真面目に撮っておけばよかった・・・。
せめて正面に回って編成写真だけでも撮っておけばいいのに。
踏切からだって面白い画が撮れるし。

これだけ撮っていつもの時間の電車に乗って学校に向かったのでした。。。残念。

***********************************************************************************************

024/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

天賞堂模型部58周年記念号

本線上を走るロクイチを最後に撮ったのがこの列車でした。

この時は、その後まさか御料車庫に幽閉されるなんて思いもせず、次はいつ会えるかな
なんて悠長なこと考えていたのですが・・・終わりはあっけなくやってくるんですね。

***********************************************************************************************

S610611231

2006.11.23 高崎線 籠原付近 9813レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/1000 f.6.7 S-400

金帯24系7両を牽引し、往年の「彗星」を模した重厚感のあるマークを掲げて逆光の
高崎線を下るロクイチ。
どうせ晴れだからと、こんなお手軽に済ませてしまったのが今となっては悔やまれる。

最晩年はロクイチと向き合う時間も少なく、”お別れ単機”にも行かれなかった。
今さら何もできず、どうがんばってもこれが最後の記録になってしまうのだ。
これを出してしまうと全てが終わってしまうような気がして、なかなか記事に出来なかった
のだが、気持ちの変化?で一旦区切りをつけておこうという思いに至った。

手の届かないところに行ってしまってから今年で6年になる。

関連するロクイチの動き

2006.11.23 品川-9813-高崎-9812-上野-推回-尾久

        高崎では入区。団体は上信電鉄のデキ牽引特別列車で下仁田往復。

        客車は東オク24系25形 ハネ・ハネフ・カニ7両

***********************************************************************************************

023/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

C58 239 信越線試運転 ゆうづる風マーク付

休みだったので行ってきました。
晴れてはいたものの雲も多く、撮影地によっては影に泣かされたところもありました。

***********************************************************************************************

Simg_83801_2

2014.1.22 信越線 群馬八幡-安中 試9135レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.7.1 ISO:250 W/B:AUTO

マークが付いているということできれいな順光になるここを選んだが、煙が手前に流れてしまった。

***********************************************************************************************

Simg_83851

2014.1.22 信越線 安中-磯部 試9135レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1250 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

2発目は安中-磯部の田んぼにしたが、アングルも光線もなんだか中途半端。。。

***********************************************************************************************

Simg_83941

2014.1.22 信越線 安中-磯部 試9134レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.5.6 ISO:400 W/B:AUTO

DD51 888先頭の返し1発目は完全に雲にやられた。
せっかくの妙義山バックが・・・。

***********************************************************************************************

Simg_84051

2014.1.22 信越線 群馬八幡-安中 試9134レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

八幡の田んぼまで戻って返しの2発目だが、編成長の目算に失敗してこのざま。
どうにかC58には掛かっていないがどうしようもなく窮屈な感じがする。

これにて高崎での試運転は終了となったC58 239。
たまにはこっちに戻ってきて旧客編成でも牽いて欲しいところだ。

***********************************************************************************************

Simg_84171

2014.1.22 上越線 八木原-渋川 配9772レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f.6.3 ISO:400 W/B:AUTO

おまけで横浜線用のE233配給をいただく。
晴れたり曇ったり、、、少し奥の踏み切りで線路のあっちとこっちを行ったり来たりしたが、
直前にスッキリ晴れたので急いでここに陣取ったら列車が見えたところで影ってきた。。。

とりあえずの記録ということで。

***********************************************************************************************

022/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

【この一冊】 RM LIBRARY 95 特別職用車 

今回は「インド大統領 関西視察特別列車」の模型製作でメインとなるマイフ97 1の資料として
決定版ともいえるこちらの書籍を出してみます。
これが無かったら、その資料集めは困難を極めたことでしょう。

***********************************************************************************************

R0011103

RM LIBRARY No.95  特別職用車 -占領の落とし子 薄命の歴史-

著者:藤井曄・藤田吾郎  発行所:株式会社 ネコ・パブリッシング
ISBN:978-4-7770-5202-8  定価:1000円+税  2007年7月1日初版発行

それまでマイフ97についての知識というのは、「EF58ものがたり 下(交友社)」の特別列車運転記録に
記されたマイフを含む編成を端緒として、1998年の鉄道ファン誌にカラー写真が1枚掲載されたのが
自分にとっての唯一の情報だった。
それも、編成表については「マイテ」の誤植だと思い込んでいた始末・・・。
それがカラー写真で掲載され、大きな窓を持つ見事な密閉型展望車であることに驚いた。

もともと旧型客車好きなので、それから事あるごとに情報を探し、2004年の鉄道ピクトリアル誌
特集オハ35系(Ⅰ)で再びマイフ97の写真に出会う。
その頃には特別職用車という言葉も覚え、どんなラインナップがあるのかくらいは知るところまで
来たが、その全貌はまだ暗い闇の中に漂っているようだった。

そして発表されたこの書籍により、目の前がパッと明るくなったのは言うまでも無い。
模型製作の資料としても申し分なく、よくぞ撮っておいてくれた、と先人に感謝したい。

以下に資料となる写真・図表の詳細を列記しておきたい。

***********************************************************************************************

表紙 マヤ38 51 2-4位 1955 尾久 三谷烈弌
P.1 オヤ31 21 前位妻面 1991.9.7 門司港 藤田吾郎
P.2-3 スヤ32 1 1-3位 1974.9 札幌運転所 葛英一
P.4 スヤ1 2-4位 1950.9.24 尾久 伊藤昭
P.5 特別職用車一覧表 ※誤植あり
P.5 スヤ1 標記部分
P.6 スヤ511 1-3位 1950 大井工 JNR1標記あり
P.6 スヤ51 車内
P.7 スヤ1 1-3位 1950.4 品川 宮澤孝一
P.7 スヤ1 2-4位 1950.9.23 尾久 中村夙雄
P.7 スヤ1 1-3位 1952.1.1 尾久 伊藤昭
P.8 スイ461 1-3位 1952.12.6 尾久 伊藤昭
P.8 マイフ971 1-3位 1957.12.31 尾久 江本廣一
P.8 マヤ51 1形式図 ※スヤ誤植、屋根形状違い
P.9 マイフ97 1 車内 1960.3.20 星晃 テレビ受信機試験中
P.9 マイフ97 1 1-3位 1960.3.20 星晃
P.9 マイフ97 1 屋根上 1960.3.20 星晃 テレビ受信用アンテナ等
P.9 マイフ97 1形式図 ※屋根形態違い
P.10 ARC特別列車編成表
P.10 スヤ51 1車歴表
P.10 マロフ97 1 1-3位 1962.6.7 品川 吉野仁 淡緑帯、「1」標記
P.11 マヤ2 2-4位 1950頃
P.11 スイテ37030 1-3位 1938頃
P.11 マヤ2 1-3位 ◆不鮮明
P.12 スイテ471 1-3位 1949.8 尾久 菅野浩和
P.12 マイ471 2-4位 1952.12.6 尾久 伊藤昭
P.12 マイ98 1 2-4位 1955.9.3 尾久 小池潤 冷房装置あり
P.12 スイテ47 1形式図
P.13 スイテ47 1平面図 原型・一次改造後・二次改造後
P.13 マヤ47 1車歴表
P.13 マイ98 1 1-3位 鈴木靖人
P.14 マヤ38 51 2-4位 1950.11.23 尾久
P.14 マヤ3751 2-4位 1953.1.26 大阪 奥野利夫 展望妻にライト2基あり
P.15 マヤ38 51 1-3位 1956.5.3 尾久 江本廣一
P.16 マイネロ37平面図 原型・一次改造後・二次改造後
P.16 マヤ3(マヤ57 1)平面図
P.16 マヤ38 51平面図
P.17 マヤ38 51 1-3位 1961.2.1 青森 星晃
P.17 マヤ38 51 車内 1961.2.1 星晃 試験中
P.17 マヤ57 1車歴表
P.17 マヤ38 51 2-4位 1966.1.5 尾久 小池潤
P.18 スヤ4 1-3位 1950.9.15 尾久 菅野浩和 ◆不鮮明
P.18 スヤ4 2-4位 1951頃 ◆不鮮明
P.19 スイネ391 1-3位 1949.5.28 尾久
P.19 スヤ39 1車歴表
P.19 スイ481 2-4位 1952.12.6 尾久 伊藤昭
P.20 スイ99 1 2-4位 鈴木靖人
P.20 スイネ39 1平面図 改造前・改造後 ※原型図はスシ37700
P.20 スヤ39 1平面図
P.21 スヘ30平面図 改造前・改造後
P.21 スヘ31 11平面図
P.21 スヤ5(スヤ34 1)平面図
P.22 スヤ5 2-4位 1950.9.15 尾久 菅野浩和
P.22 スヤ5 2-4位 1950.9.24 尾久 中村夙雄
P.23 スヤ5 2-4位 1952.1.1 尾久 伊藤昭
P.23 スヤ34 2車歴表
P.23 スハ33 26 2-4位 鈴木靖人 座席車復元後
P.24 スヤ6 2-4位 1955.9.24 尾久 伊藤昭
P.24 スヤ6 2-4位
P.25 マイロネフ37292 2-4位
P.25 スイロネフ38形式図
P.25 スヤ48 1平面図
P.26 マイロネフ38 1 2-4位 鈴木靖人
P.26 マイロネフ59 1 2-4位 1955.9.24 尾久 鈴木靖人
P.27 マイロネフ59 1 1-3位 1956.1.30 尾久 鈴木靖人 車掌室撤去後
P.27 スヤ48 1車歴表
P.27 マロネフ59 1 1-3位 1990.12.23 交通科学館 藤田吾郎
P.27 スヤ51 11車歴表
P.28 スロハ32・スミ36 2・スイネ32 21平面図
P.29 スヤ21 1-3位 1952.1.1 尾久 伊藤昭
P.29 スヤ21 1-3位 1950.9.15 尾久 菅野浩和
P.29 スヤ51 11形式図
P.30 スヤ21 2-4位 1952.3.21 高崎 長谷川弘和
P.30 スミ2702(軍) 1-3位
P.31 スヤ51 12車歴表
P.31 スミ2702(軍) 車内
P.31 スヤ51 12形式図
P.32 スミ36平面図 改造前・改造後
P.33 スヤ23 2-4位 1950.8.23 宮原操 奥野利夫
P.33 スヤ23 車内 1950.8.23 宮原操 奥野利夫
P.34 スヤ23 2-4位 1950.10.15 宮原操 瀬古龍雄
P.34 スロハ32 105 2-4位 1963.8.15 岩見沢 吉野仁 座席車復元後
P.34 スヤ51 13車歴表
P.34 スヤ23(スヤ51 13)形式図
P.35 スロハ32 105 2-4位 鈴木靖人 座席車復元後
P.35 スヤ51 14車歴表
P.35 スヤ24(スヤ51 14)形式図
P.36 スハニ32・オロ41 1・オイネ31 21平面図
P.36 スヤ51 15平面図 ※形式図
P.37 スヤ51 15車歴表
P.37 スヤ51 16車歴表
P.37 スヘフ30・スヘ31 13平面図
P.38 スヤ26 2-4位 1950.1.30 博多 江本廣一
P.38 オヤ31 21 1-3位 1958.3.29 鳥栖 佐竹保雄
P.38 オヤ31 21 1-3位 1991.9.7 門司港 藤田吾郎
P.39 スヤ51 16形式図
P.39 オヤ31 21形式図
P.40 スハ32・オミ42 2平面図
P.40 スヤ51 17形式図
P.41 スヤ51 17車歴表
P.41 オヤ28 1-3位 1950.9.15 仙台 菅野浩和
P.42 オヤ28 1-3位 1952.3.16 仙台 瀬古龍雄
P.42 オヤ50 11車歴表
P.42 オロ31 2 2-4位 鈴木靖人 座席車復元後
P.43 オロ31・オイ30 1・オイネ33 1平面図
P.43 オヤ50 11形式図
P.44 スヤ32 1 1-3位 1956.9.12 室蘭 佐竹保雄
P.45 スハ32・オイ31 15・オイネ31 51平面図
P.45 スヤ51 18平面図 当初図
P.45 スヤ51 18形式図 車内改造後
P.46 スヤ32 1 2-4位 1965頃 鈴木靖人
P.46 スヤ32 1・2形式図
P.47 スヤ32 1 2-4位 1971.6.6 伊藤威信
P.47 スヤ51 18車歴表
P.48 スハ32・スイネ34 1平面図
P.48 スヤ34 1平面図 会議室移設前
P.48 スヤ34 1形式図 車内改造後
P.49 スイネ34 1 2-4位 ◆不鮮明
P.49 スヤ32 1 1-3位 1956.9.15 旭川 佐竹保雄
P.49 スヤ32 2 1-3位 1962.7 旭川 葛英一
P.50 スヤ32 2 2-4位 1974.10.7 旭川 富樫俊介 車内改造後
P.50 スヤ34 1車歴表
P.50 ナハ23875 1-3位 1955.8.10 長町操 江本廣一
P.51 マヤ38 51 1-2位妻面 鈴木靖人
P.52-54 渉輸送実績一覧表
P.55 各特別職用車のその後
P.56 マイフ97 1 2-4位 1958.5.17 米原 筏井満喜夫

***********************************************************************************************

021/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

【あの一枚】 #011 辻堂駅取り卸し 特大変圧器輸送 シキ370B

いくら探しても無いものは無い、、、。
日記に残っているのは「夜 シキ370B」の文字だけ。
カマのお迎えを撮ったのか撮ってないのかも覚えてないという・・・。

そんな訳で、シキ290Bの翌週はシキ370Bだったんですが、肝心の列車写真がありません(汗)

***********************************************************************************************

Scn0075_hr100_14

1989.10.29 東海道貨物線 辻堂
NikonF + 50mmF2 HR100

ホームの明かりに照らされて側線に佇むシキ370B。
前回のシキ290Bの時より20mほど東京方に留置されている。
変圧器を降ろしてから移動させたのだろうか。

***********************************************************************************************

Sbw0073_tmx_05

1989.10.29 東海道貨物線 辻堂
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 TMX

この日は前回と違い晴れていたので、駅を出てシキの周りで遊んでいたようだ。
ちょっとここで変圧器を降ろしたとは考えにくい、、、。
ここまで押し込んであるということは、貨上2番にモーターカーか何かの出入りがあって
接触限界をクリアするためにみんなで押したのだろうか。

***********************************************************************************************

Sbw0073_tmx_04

1989.10.29 東海道貨物線 辻堂
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 TMX

珍しくこんなシーンもおさえていたようだ。
三菱ふそうのボンネット型シュナーベルトレーラーで両端にトラクターがついていた。
こんなものを見るのは初めてだったので、誰も居ないのをいいことにぐるりと覗いて回った。
日通の色をしていたが、どこにも丸通マークは無かったように思う。

日記によれば25日にトラクタが来て、27日にシュナーベル梁を組み立てていたらしい。
今思えばコイツが動いているのを見てみたかった。
しかし、ここからどこへ持っていったのだろう。。。

そういえば、小さい頃は働く車が大好きだった。

***********************************************************************************************

020/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

【あの一枚】 #010 辻堂駅取り卸し 特大変圧器輸送 その2

昨日の特大シキ290Bに続き、翌週のシキ370Bを、、、と思ったのですが、カマ牽引の図が無い。
もしかすると入換~発車の時間が深夜にずれてたのかもしれません。

というわけで、まずは昨日の追補としてシキ290Bの様子を。

***********************************************************************************************

Scn0076_shr100_08

1989.10.22 東海道貨物線 辻堂
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 SHR100

これは昼間の様子。貨上3番線に突っ込んで作業したことがわかる。
すでに変圧器の取り卸しは終わっており、夜中の移送を待っている。

このフィルムは逆輸入で安く売っていたものを使ったのだが、他のASA100フィルムより
保存性というか再現性というか、出てくる画像があまりよろしくないようだ。

***********************************************************************************************

Sbw0065_npsss_06

1989.10.22 東海道貨物線 辻堂
AE-1P + 75-200mmF4.5 NP-SSs

どうやらこの日はちゃんと入換えから撮っていたようだ。
モノクロをチェックしていなかったので完全に忘れていた。

側線に機関車が入るのは、この時初めて見たのだと思う。
こんな一大事なのに誰も撮っていなかったような気がする。
夢中になって回りが見えていなかっただけだろうか。。。

もう少し翌週のシキ370Bのコマを探してみよう。

***********************************************************************************************

019/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

【あの一枚】 #009 辻堂駅取り卸し 特大変圧器輸送 シキ290B

まったくメモが残ってないけど、しっかりネガには残ってるシキ290Bによる変圧器輸送の
返空を出してきました。

どこから来たのか、どこに運んでいったのか、今となっては全く覚えていません。
忘れたときのためにメモを残すのに、それがどこにあるのかがわからないという・・・。
幸い日記にシキ290を撮影したことが書いてあったので、辛うじて日付けは判明しました。

***********************************************************************************************

Scn0075_hr100_02

1989.10.22 東海道貨物線 辻堂
NikonF + 105mmF2.5 HR100

珍しく貨物中線で下り向きに出発を待つのは(ロ)シキ290Bの返空列車。
明電舎ということで沼津から来て沼津に帰るのだと思うが、変圧器の行き先は、江ノ電?

***********************************************************************************************

Scn0075_hr100_06

1989.10.22 東海道貨物線 辻堂
NikonF + 50mmF2 HR100

ずらっと並んだ台車・車輪が特大貨物車の魅力だろう。
個人的には積荷が無いほうが貨車っぽくて好きかもしれない。

生きた側線を持っていて、大きな道路に出られるスペースがあったからこそ辻堂が
取り卸し場所に選ばれたということだろう。

このときは2週続けて輸送が行われた。

***********************************************************************************************

018/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

C58 239 信越線試運転

安中鉄橋でも下見しようと思って高崎I.Cから下道で行ったら、18号で事故渋滞・・・。
事故処理の横を通った時にはもうC58は安中に停車するところでした。
高崎から安中まで50分近くかかって、もう完全にやる気無しモードですよ。
何も考えずに走って、結局横川駅まで行っちゃいました。

それでも試運転到着10分前(汗)
ホームは途中に柵があって先端まで行かれないのを忘れて入場、柵を見つけて即退場。。。
外の道からやるという、完全ノープランで散々な撮影行でした。
今回はまぁ、とりあえずの記録ということで。

***********************************************************************************************

Simg_83461

2014.1.17 信越線 横川 試9135レ
EOS60D + 400mmF5.6 1/640 f5.6 ISO:400 W/B:AUTO

最後の坂を登って横川駅構内にやってきたC58 239。
これも試運転ならではの編成だ。

***********************************************************************************************

Simg_83701

2014.1.17 信越線 群馬八幡-安中 試9134レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f8.0 ISO:400 W/B:AUTO

DD51 895を先頭に高崎へ戻る。

次回はもう少しちゃんと撮ろう。

***********************************************************************************************

017/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

C58 239 上越線試運転

時間が取れたので仕事前にちょっとそこまで・・・。

***********************************************************************************************

Simg_83191

2014.1.16 上越線 群馬総社-八木原 試9733レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 テレコン1.5X 1/500 f5.0 ISO:400 W/B:AUTO

C58が方転されて上り方についている上越線での試運転。
Pトップは終始逆光だが、返しでC58と雪山を絡められるということでここに陣取った。

***********************************************************************************************

Simg_83271

2014.1.16 上越線 群馬総社-八木原 試9738レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 テレコン1.5X 1/640 f8.0 ISO:400 W/B:AUTO

11時を回って雪の武尊山は霞み始めているが、盛岡常駐になってしまうとそうそうこの
タイミングでのC58 239は望めないだろうから、いい記録を残せたと思う。

次は信越線、どんなシーンが残せるだろうか。

***********************************************************************************************

016/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

【あの一枚】 #008 185系B3編成 試運転 

もういっそのこと【あの一枚】じゃなくて【地元で一枚】にするべきじゃないかと思ったり思わなかったり。

撮ったことも忘れるような、今まで日の目も見なかったコマに出てきてもらおうということから
始めた【あの一枚】ですが、やっぱり地元で何気なく撮ったものに目が行ってしまいます。

今回は夕方の田町電車区試運転を。

***********************************************************************************************

Scn0001_hr100_23

1986.2.12 東海道貨物線 辻堂 試6856M
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/4 f.8.0

1985(昭和60)年3月改正で新幹線リレー号が廃止になり、新前橋区から田町区に転属してきた
第一陣4編成のうちのひとつ、B3編成。この頃はまだ横帯塗装での活躍であった。

この日はたしか学校が休みで、東海道を上ってくるEF62牽引のカヌ座を撮りに行った帰りに
停まっているのを見つけて撮ったのだと思う。

***********************************************************************************************

Scn0001_hr100_24

1986.2.12 東海道貨物線 辻堂 試6856M
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1sec f.8.0

駅を出て帰り際に外からもう一枚。
とうきゅうストアのデカい看板も懐かしい。

午前の大井工場試運転はほぼ毎日運転で短い編成やバラ車輌でクモヤ付き、お昼と午後のは
あまり運転されてるのを見たことがないが、夕方は田町区の検査上がりで品川から編成モノが来た。
辻堂到着が17:06、夏場はまだまだ明るい時間だが、冬場は日が暮れて雰囲気が良かった。

***********************************************************************************************

015/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

【あの一枚】 #007 貨物線抑止の夜

今回は試運転ネタをはずしながらも、辻堂駅周辺での一枚を。

期末テストが終わって実質的な夏休みが始まったその日、後輩たちと一日中撮り歩いて
辻堂駅に戻ってくると、上りの貨物が踏み切り手前の出発信号機で停まってました。
先頭のカマを見ると稲沢の異端児、PS22パンタの120号機ではありませんか。
何で停まってるのか判らないままバルブ開始、、、面に全然光が無いと思いながらも何コマか切って
家に戻り、早速現像したのでした。

***********************************************************************************************

Sbw0045_tmy_16

1989.7.11 東海道貨物線 辻堂
T90 + 35-70mmF3.5-4.5 20sec f8.0 TMX

側線からのポイント上に停車し、出発信号の開通を待つ120号機牽引の貨物列車。
いつから停まっているのか、なぜ停まっているのか全く見当も付かなかったが、信号が赤
だったので余裕を持ってバルブしていたのを思い出す。

途中の踏切事故ならば電車も止まっているはずなので、信号故障か何かだったのだろうか。
抑止がかかってもあまりここで停まっている貨物を見たことが無い。

漆黒の空から街の明かりまで、このT-MAX100というフィルムはとても美しいグラデーションを
出してくれるモノクロフィルムだ。
オーソドックスなトライXやネオパン400プレストよりも高価ではあったが、シリーズのT-MAX400
とともに大変お世話になった。

最初の頃こそT-MAX専用現像液を使っていたが、フィルムも現像液も高いので、すぐにフジの
ミクロファイン現像液に切り替えている。
夏場は液温が上がりすぎるので、現像時間の調整のため希釈現像を多用していた。

***********************************************************************************************

014/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

【模型】 湘南会の新年運転会でエキスポ号試運転

ついに12系サイエンストレインエキスポ号が走りました!
やっぱり走ってナンボでしょうか(カマは親父のEF66でしたが・・・)。
うちではKATOの直線しかなくパワーパックも無いので、つなげて手で往復させるだけしか
出来なかったのですが、ようやく長いエンドレスを走らせることが出来ました。

こうなると「インド~編成」も早く仕上げてエンドレスを周回させてあげたいですね。

お世話になった皆様、招待してくれた親父様、このたびはありがとうございました。

***********************************************************************************************

Sr0011174

親父のEF66 47に牽かれて発車準備の整ったサイエンストレインエキスポ号。
本物では実現しなかった組み合わせだが、これはこれでカッコイイかもしれない。
早くロクイチに牽かせてみたいが、いつになるのか。。。

ちなみに、駅での展示ではなく次の開催地に向けて運行中ということで、エキスポ’85や
コスモ星丸のレタリングは無し。まぁ、悪く言えば間に合わなかったとも言うんですが。

***********************************************************************************************

Sr0011183

とりあえず、分解・加工した12系を元通り組み直しただけなので走り自体は快調そのもの。
スハフのテールもちゃんと点灯していた。

今回わかったこと・・・・コレ、地味だ!
もっと派手なお座敷かなんかにすればよかったかな。
それに、お道具箱に6両しか収まらないから効率悪い。
収納・持ち運び方法も含めてこれからの課題だな。

あ、実家からパワーパック持ってくればよかった!

***********************************************************************************************

013/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

【あの一枚】 #006 国鉄欧風電車完成 出場試運転 

なんだかテーマみたいなものが決まってきちゃった感じがしないでもない【あの一枚】です(汗)
辻堂中線の試運転がマイブーム(死語?)なので、もう少し続けていきましょう。

いや、そんなに電車(EC)好きなわけじゃないんですよ、基本的に機関車+客車が好きなので。
でも普段見られない電車とか珍編成が辻堂駅に居るって、なんだかワクワクするんです。

今日は165系つながりでパノラマエクスプレスアルプス第一編成の出場試運転を。

***********************************************************************************************

Scn0028_hr100_20

1987.3.16 東海道貨物線 辻堂 試6862M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f8.0 HR100

急行電車用の大きなヘッドマークを模した特製マークを掲げた編成を跨線橋から見る。
多くの関係者が外に出て、いつになく賑やかだ。左のおじさん、そこは危ないよ。
あまり撮らない構図だが、線路の様子や周りが判っておもしろい。

先頭は編成が組まれるとそう簡単には拝むことが出来ない中間運転台のクモロ165だ。
「なのはな」に続けて番号が振られている。

***********************************************************************************************

Scn0028_hr100_22

1987.3.16 東海道貨物線 辻堂 試6862M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f8.0 HR100

外に出ていた関係者が全員乗り込んでまもなく出発だ。
この第一編成は幕張区の「51」編成クハ165-192+モハ164-850+クモハ165-127を種車として
改造されており、【あの一枚】#001から何気に幕張165でつながっている。

2月7日に東急車輛から編成両端のクロ165展望車となる2両の車輌構体が出場し、クモヤに
サンドされて大井工場に運び込まれた後、車内工事・儀装工事・車体塗装が行われこの日の
出場試運転となった。
パノラマエクスプレスアルプスは183系との併結運転ができるような構造になっていたが、
実際にそのような使い方をされたことはなかったようだ。

続けて出場の第二編成は1986年11月改正で松本区から三鷹区に転属してきた編成で、
展望車をクロで統一したため、編成を方転しクモロ165が向かい合うかたちで組成される。

***********************************************************************************************

012/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

【この一冊】 初めて自分で買った鉄道雑誌

また新しいカテゴリを増やしてしまいました・・・。

うちの本棚にあるものを出してくるだけなんですが、アマゾンなどにあるような紹介記事を書いても
しょうがないので、基本的には自分用のメモ的な内容を載せて模型作りの資料をすぐに探せるような
感じの構成にしたいと思います。
もちろん、内容を複写で載せるわけにはいかないので、何ページに何の図、何の写真、といった
目次的なものだけですが。
意外と的確な資料を探すのって大変なんですよね、、、。

今回は初めて自分で買った鉄道雑誌を。

***********************************************************************************************

R0011092

鉄道ファン 1984年1月号 第24巻第1号/ 通巻273号 発行所:株式会社 交友社
特集:機関車EF58  特別定価980円

親父の定期購読書とは別に初めて自分で買った鉄道雑誌がこれ。
買ったといっても、'84年になり荷物列車のEF62置き換えが終わった後、ハーフサイズの
オリンパス ペン・EE-3を自分のカメラとしたのと同時に古本として入手したものだ。
当時のゴハチバイブルとでも言えよう、伊藤久巳氏による「EF58の現状」レポートは穴が開くほど
読み返した。基礎的な知識はここから学んだといっても過言ではないだろう。

'83年11月に発売された本誌には稼動する8区のうち定期運用を持つ6区の運用表が載っており、
半年遅れで自分のカメラに収められなかったことがすごく悔しかった。
そんな中で、もう一両の茶色、60号機が解体されているシーンを見開きで目にしたときには
何ともいえないやるせなさを感じた。

ロクイチ好きとしては、'83年10月のあかぎ国体お召に向けた整備の様子がレポートされているのが
興味深く、端梁の握り棒に116号機のステンレス製を召し上げてお召し用にしていることなど
「へぇ~」と唸らせられるものが多かった。
レポートの最後に湘南貨物駅の山崎1番線で発車を待つお召回送のバルブ写真があるのだが、
この写真のロクイチと供奉車460号の間に男性の顔のようなものが写っていて、心霊写真だ!
と仲間内で話題になったが、皆さんにはどう見えたのだろうか。

折込みグラビアに東機で旗を掲げた姿を大判カメラで収めたものがあり、細部まで磨き込まれた
足回りの美しさには溜め息がでるばかりだった。
それと同時に、年月を重ねた1エンド前面は貫禄という言葉がピッタリな、いい表情をしている。

あれから30年、ゴハチはもちろん、鉄道を取り巻く状況も大きく変わってしまったが、
”どうにか線路の繋がった所”にいるロクイチにもう一度本線を走る機会をあげて欲しい。
ロクイチこそが、わが青春のシンボルなのだ。

***********************************************************************************************

■資料

1983(昭和57)年10月現在
・区所別EF58稼動機番号表(休車除く) P.19

1983(昭和57)年11月改正
・宇都宮運転所EF58運用表 P.25
・東京機関区EF58運用表 P.26
・浜松機関区EF58運用表 P.26
・宮原機関区EF58運用表 P.28
・米原機関区EF58運用表 P.31
・竜華機関区EF58運用表 P.31

1983(昭和57)年10月14、16日施行
・あかぎ国体お召 EF58 61運用表 P.54
 

***********************************************************************************************

011/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

【あの一枚】 #005 国鉄お座敷電車完成 出場試運転

昨日のアメトレに続いて辻堂中線の試運転から、1986年に幕張区165系を改造して誕生した
元祖お座敷電車「なのはな」の第一編成完成出場試運転2日目の様子を出してみます。

デカ目原型ライトの東海顔(新湘南顔?)は好きです。どんな色でも似合うと思います。
もっとも、一番好きなのは153系などの低運転台型ですが・・・。

***********************************************************************************************

Scn0005_hr100_19

1986.3.5 東海道貨物線 辻堂 試6862M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f8.0 HR100

大井工場で改造中だった初のお座敷電車が完成し、前日に続き試運転で辻堂までやってきた。
クハ165-199+モハ164-857+クモハ165-134を種車にしたクロ165-1+モロ164-1+クモロ165-1の第一編成
(後のS1編成)で、この時初めてクモロという形式が誕生したと記憶している。

この頃はまだ165系の地域カラーは無く、明るい地色と渋い色使いは派手すぎず好感が持てた。
「なのはな」は配属直後から東海道方面にもよく顔を出し、いい被写体となった。

ちなみにこの日は品川区の新鋭12系お座敷客車「江戸」の試乗会列車が運転された日で、
ロクイチの牽く下り試乗列車が藤沢-辻堂間で貨物線を走る試運転電車を追い抜いている。
山側から撮ってたら【あの一枚】#002のようなことになっていたかもしれない(汗)

Scn0005_hr100_16

***********************************************************************************************

010/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

【あの一枚】 #004 辻堂中線のPF牽引アメリカントレイン

【あの1枚】を始めてから、デジタル化してないネガ・ポジがずいぶんあるのが
目に付くようになりました。

ゴハチ・ロクゴ500・ロクニといった、過去にホームページなどで使ったものや、
このブログで使うためにスキャンしたスリーブ以外はデジタル化作業が途中で
やりっぱなしになっているのです。ネガは生ものだから早くやれって話しです。

最初のうちは良かったんですよ。
36コマ、7スリーブをスキャンしてもほとんど違う絵面が出てくるから楽しいし。
そのうちT90が導入されてモードラを使うようになると同じような連続写真が
多くなって、7スリーブ30分以上かけて使うのは5コマだけとかあるし・・・。
かといって低い解像度でデジタル化してもしょうがないし・・・。
そういうネガはVコマだけスキャンしておけばいいかもしれないなぁ。

どっちにしても日々劣化が進むから早いに越したことはないのは確かですね。

さて、今日はそんな未デジタル化ネガから、フィルムの途中交換に失敗して
光線斑が出て、当時プリントさえしなかったネタをフォトショップでグリグリと
いじくってどうにか見られるようにしてみました。

***********************************************************************************************

Scn0062_hrii100_18

1989.7.21 東海道貨物線 辻堂
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 HRII100

1108号機を先頭に辻堂駅貨物中線で折り返し停車中のPFプッシュプルアメトレ編成。
たしかこれは検査後の試運転で、翌日からの巡業再開に備えて大井工場の午後便スジに乗せて
行われたものだったと思う。

湘南貨物駅が廃止された後、大井工場の電車試運転が辻堂まで延長され、午前・午後・夕方の
3本のスジを使ってやってくるようになったが、客車については大船工場の試運転スジがあるので
基本それを使って行われていたため、これはかなりレアなケースではないだろうか。
それに加えて専用機のEF60 19がいたので、PFがアメトレ編成を牽引したのも試運転時だけだろう。
なぜこのスジで来たのかは覚えていないが、地元辻堂駅にアメトレが停まっている光景は
大変刺激の強いものだった。

***********************************************************************************************

Scn0062_hrii100_22

1989.7.21 東海道貨物線 辻堂
AE-1P + 70-200mmF4.5 HRII100

下り方にはゾロ目の1111号機がついていた。出発信号機が青に変わってまもなく出発である。
とにかくここに停まっているということが嬉しくて、走りを無視してずっと見ていたのが懐かしい。

全くの余談だが、明治に東海道本線が開通し辻堂信号所を経て停車場として開業したのが大正5年、
その後大正14年の国府津電化や藤沢-茅ヶ崎間3線化を経て昭和3年に平塚までの複々線化が完成したことで
戦前にはすでにこのような形態の駅になっていたようだ。
島式ホームの旅客線に中線と側線を持った貨物線があり、側線からは専用線も延びていた。

物心ついた頃には貨物輸送も衰退しており、唯一上りの貨物1本が中線に停車して、専用線の
トキ車やチキ車を茅ヶ崎から来たディーゼル機関車が入換えしていたのを覚えている。
その工場が撤退したことで入換えは無くなり、中線停車のスジだけが59.2改正まで残っていた。

自分にとってこの貨物中線は鉄道が賑やかだったころの辻堂駅の象徴のようなもので、
1990年代後半に駅が棒線化されて中線用の場内信号機や出発信号機が横を向き、
入換信号機に×印が付けられたときにはすごく悲しかった。
それでもレールは残っていたのでいつかは復活してほしいと思っていたのだが、2010年の
旅客ホーム拡張により中線は貨物下り線に転用されてあっけなく消滅してしまった。

今では大きなショッピングモールも建ち、この頃のちょっとのんびりした駅の面影は全く無い。
駅も街も変化していくものというのは判っているが、自分はこんな辻堂が好きだった。

***********************************************************************************************

009/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その12

年末にIPA入浴させた車輌のことを書いてなかったので、今日はそれを。

結果的に、落ちが悪かったのは温度が低すぎたのが原因でした。
以前、KATOのEF58を剥離したときは2週間近かかったのですが、それも晩秋のころで
室温は20度なかったと思います。だから時間が掛かったんでしょう。
今回、5日目から居間の蓄熱暖房機の上にタッパーを乗せて、40度近くまで加温しました。
そしたら一発! 暖かいIPAに漬けたら20分で剥離が出来るまでになりましたよ。

***********************************************************************************************

Sr0010930

4日目、塗装には変化無しだがインレタがキレイに剥がれていた。
スポンジで無理に擦ればどうにか白帯が剥がれる程度、、、このとき室温・液温17度。

***********************************************************************************************

Sr0010947

5日目、温度を上げたIPAに入れたら筆で簡単に白帯が剥離できた。
この時の液温は指を入れると暖かい感じ、40度くらいか。

***********************************************************************************************

Sr0010948

筆だけで白帯は完全に無くなった。
この後、激落ち君のメラミンスポンジで擦ると青もだんだん剥がれ、30分ほどで丸裸に。
ただ、液温が下がってくると効率が落ちるようだ。

***********************************************************************************************

Sr0010950

と、なんだかんだでこれだけ剥離してしまった。

模型部屋に持っていかず、暖かい居間でやるのがいいようだ。
ただ、IPAが揮発して部屋は大変なことになっていた。
うちはオール電化で裸火は無いが、スイッチや静電気の火花なども含めて危険なので
換気だけはきちんとしておきたい。

***********************************************************************************************

R0010951

途中の事故画像。。。
手抜きして加温しながら2昼夜漬け込んだEF58は劣化が進んだとみえて、歯ブラシで擦った
だけで薄いパーツが崩壊した。

放置せずに、加温したIPAに漬けたら手早く剥離しないとダメだ。
いい勉強になった。補修しなきゃ。

***********************************************************************************************

008/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

Pトップ C58 239 出場配給

めでたく2台目の復活C58が本線上に復帰しましたね。
SLにはあんまり執着がないのですが、本年初Pトップとあって仕事前に行ってきました。

***********************************************************************************************

Img_82911

2014.1.7 高崎線 熊谷貨タ 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/640 f5.6 ISO:400 W/B:AUTO

日の出直後の光を浴びて熊タの乗り越しを行く。

面に掛かったケーブルが邪魔だが、この時期にしか撮れない光景のためここにした。
周りに何もない跨線橋はとんでもなく寒い。

***********************************************************************************************

Img_82951

2014.1.7 高崎線 熊谷貨タ 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f4.5 ISO:400 W/B:AUTO

久しぶりに会ったPトップ、元気でなにより。

***********************************************************************************************

Img_83051

2014.1.7 高崎線 深谷-岡部 配9749レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f7.1 ISO:400 W/B:AUTO

朝の高崎線下りはどこも厳しい。
とりあえず岡部の手前で撮って仕事に向かう。

高崎界隈での試運転が楽しみだ。

***********************************************************************************************

007/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

【あの一枚】 #003 レアな185系?

先日、【あの一枚】のネタを探すのに1986年のネガアルバムをひっくり返していたら、夏の熱海
花火大会関連の185系団臨が目に付いて、そういえば毎年絵入りのマークを掲出して走ってたなぁ
なんて懐かしくなったのですが、ただの団体表示の7連はプリントもせずに存在も忘れていました。

しかし、185系も終焉が近いし、今後のために取り込むだけ取り込んでおこうかとスキャンしたら
とんでもない編成だったんです。

***********************************************************************************************

Sc0013_hr200_101_3

1986.7 東海道本線 辻堂-藤沢 9315M
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/1000 f8.0 HR200

今になって判明したチタA4編成の7両バージョン団臨。
通常10両のA編成が、サロ1両とモハユニット1組を抜かれB編成のような姿で運用に就いていた。

たしかに新前橋から来たB編成も3本ストライプに変更されていたので遠目には違和感無いが、
マーク下の吸気口タイフォン部が田町の0番台だ。
A編成の短縮バージョンはお召しの時くらいしかみられないだろう。
こんなものが日常的に存在していたのか、B編成が足りなくて急遽作ったものなのか、電車に
疎い私には判らないがレアなものであることは間違いなさそうだ。

この日は2本の185系団臨が熱海に向けて運転されていた。
登場から5年、まだまだ若き日の185系だ。

***********************************************************************************************

006/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

ミステリートレイン ’91

超~久しぶりにロクイチネタを引っ張り出してきました。
これももうすぐ23年前の出来事になろうとしているんですね。
ロクイチ撮りたい!

***********************************************************************************************

S619103219301

1991.3.21 東海道本線 新子安 9301レ
T90 + 80-200mmF2.8 1/500 f2.8 400PR

春分の日の祝日、ドン曇りの下をやってきたロクイチ牽引のミステリートレイン。
毎年春分の日に運転されていた列車だが、ようやくロクイチの登板となった。
前年暮れの一泊運用に続き東海区間まで出張し、回送で菊川まで運転されている。

本当ならば三島-沼津間の黄瀬川真横アングルで富士山と絡めて撮りたいところだったが、
この天気で予定は大幅に変更となった。
追っかけようかとも思ったのだが、どんどん露出が落ちる感じだったので、横浜でヨドバシと
ゲーセンに寄って帰宅、返しは撮らずじまいだ。

この後、4月にオク座を牽いたくらいで小回運用ばっかりのまま夏を迎える。
高3になると同時にテツ自粛のため、ちょうど良かったのかもしれない。

関連するロクイチの動き

1991.3.21 品川-9301-静岡-回9441-菊川-回9446-静岡-9304-品川

       客車は東シナ サロンエクスプレス東京

ko-nomoさんのブログ『やっぱりテツでした』 で相模湾をバックに石橋を行く同列車の
様子が紹介されています。新子安より露出があるようですね。
Click! ⇒ 
ロクイチミステリー in 1991 (http://blogs.yahoo.co.jp/nh5861/32802262.html)

***********************************************************************************************

005/365

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2014年1月 4日 (土)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その11

さて、こちらも早いうちに仕上げに入りたいと思います。
足りないインレタを発注しないと!

***********************************************************************************************

Sr0011152

汚物処理タンクを切り飛ばしてエコーの便所流し管(新型)をエポキシで接着。
向こう側の洗面所流し管は1mmのプラ棒を立ててみた。

***********************************************************************************************

Sr0011153

ホワイトメタルの便所流し管と車輪にシールプライマーを吹いて、台車も一緒にウイノーブラックでひと吹き。
これだけでもずいぶんプラっぽさが消える。
下地にはつや消しの透明プラサフを吹いているので塗装剥がれは大丈夫だろう。

乾いたら組み立てて編成にしてみたい。

***********************************************************************************************

004/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

【あの一枚】 #002 初めて自分で現像した白黒フィルムから

「初めてモノ」が記事にしやすいということで、今回は初めて自分で現像した白黒フィルムから何か
出してみようと思います。
1本目、2本目は鉄道ではなく景色などを適当に撮ってテスト現像したもので、ネガ自体が残って
無いので、実質3本目になりますがBW0003_400PR_24_03、こんな1枚を出してみましょう。

***********************************************************************************************

Sbw003_400pr_03

1988.11.19 東海道本線 辻堂-藤沢
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/1000 f8.0 400PR(2倍増感)

2週連続でロクイチ牽引のやすらぎが土曜の午後の東海道を下った大事な日ですが、
地元で思いっきりカブられてます(泣)
ゆっくりと客線を来る9547レの横をEF65 20牽引のフレートライナーがぐんぐん追い上げ
こんな感じにロクイチが消えて行きました・・・。

いろんな所で逆方向の電車なんかにカブられることはあっても、併走からフェードアウト
なんてことはこれっきりのこと。
この時ほどEF65一般型を憎んだことは無かったんじゃないかと思います。
でも、側面は影だし、この時間に貨物があるの知ってるわけですから、こんなところで
撮ってる自分が悪いんですよ、、、しょうがない。

しかしまぁ、今見てもあのときの焦燥感というかやるせなさ?みたいなものが蘇りますね。
ロクイチは本当にゆっくりで、やすらぎのケツはド逆光の太陽とともにしっかり写ってます。
9547レがあと30秒早く来てればどうにか撮れたのに、ってガックリしながら帰りましたよ。

'88.11.20 スーパープロドール 20℃ 5分45秒
どおりでザラっとしてるわけだ、2倍増感して使ってる、、、。
この頃は「CAPA」と「カメラマン」なんていうカメラ写真雑誌を毎月買ってたなぁ。
自家現像のための実験データなんかも載ってたりして参考にしてた。
今じゃデジタルカメラのためのレビューしか無いんだろうな、たまには読んでみるか。
いや、ああいう雑誌見るとカメラ欲しくなるからダメだ。。。

***********************************************************************************************

003/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

【あの一枚】 #001 初めて自分の一眼レフカメラで撮った写真

ぶどう色の車輌と最近の模型の話題だけでは到底毎日更新など出来ないので、いくつか新たな
カテゴリを作ろうと思います。
さっそく今日は新カテゴリ【あの一枚】と題して、過去のストックからひとつの記事にしてみました。

***********************************************************************************************

165860200d_21

1986.2.11 東海道本線 辻堂-藤沢
AE-1P + 35-70mmF3.5-4.5 1/500 f5.6 HR100

CN0001_HR100_24_02 というネガナンバーがついているこの165系の写真、これが初めての
自分の一眼レフカメラとなったAE-1プログラムで撮影した最初の写真です。
ド・アンダーのネガからここまで補正しましたが、シャドー部がどうにもなりません。
ドン曇りにASA100を詰めて、暗いズームで1/500切ってればしょうがないというもの。

中学受験を終えた1986年2月上旬に35-70mmF3.5-4.5とのセットで進学祝いとして買ってもらいました。
このとき初めてフィルムを通し、線路際に立ったこと・・・まったく覚えていません(汗)
これ以前からでもゴハチの撮影はほぼ全部覚えているんですが・・・。
とにかく、曇っていようが何だろうが新しいカメラで早く何か撮ってみたかったのでしょう。

さて、この165系、一発目にしてはなかなか珍しいものをとらえていますね。
まず目に付くのが東海道では見られない前面のマークステーでしょうか。
この房総用のマークステーと貫通扉窓にある編成番号札から幕張区の車輌であることが判ります。
拡大すると編成番号は「53」と読めるのでクハ165-201を先頭とした編成とその仲間の6連で
房総から東海道方面に団臨として来たようです。

この頃、幕張区の165系は15両中、6両がお座敷電車「なのはな」に改造のため大井工場に入場中。
残りの9両が「51」から「53」の3編成として波動輸送に使用されていました。
そしてこの「53」編成は3月の改正で「R2」編成と名前を変え、後に鉄仮面改造を受けながら
幕張区最後の165系3両(1986年11月に三鷹区から転入の169系3両が最後まで一緒に居たが)
として1996年に終焉を迎えるまで同区で活躍するのです。
また、もしもこの写真のうしろの3両がクハ165-192を先頭とする「51」編成だとしたら、翌年の
パノラマエクスプレスアルプスへの改造を経て、現在でも富士急で最後の活躍が見られる
ということは驚きです。

***********************************************************************************************

002/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

新年のご挨拶 2014

2014001

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

***********************************************************************************************

また新しい一年が始まりました。
個人的には平常運行で単なるシフト勤務の二日目に過ぎないんですが、
世間ではクリスマスに続き盛り上がっております。

さて、今年はどんな年になるでしょう。
災害が少なく、平穏に過ごせればいいなと思います。
テツ業界は事実上のブルトレ全廃などが大きな話題になるのでしょうか。
自分は今年いよいよ本厄らしいので、きちんと厄除けにいってくるつもりです。

皆さん健康に過ごせますように。。。

***********************************************************************************************

001/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »