« 【あの一枚】 #014 211系N53+N51編成 試運転 | トップページ | 【あの一枚】 #016 辻堂中線折返し 新鶴見区台検試運転 »

2014年1月28日 (火)

【あの一枚】 #015 辻堂中線停車の甲種輸送 臨貨9594レ

試運転ネタじゃないもので辻堂中線絡みのものを探したらこんなのがありました。

俗に言う甲種回送の茅ヶ崎から本郷台折り返しで逗子に向かうスジなんですが、1989年3月改正で
茅ヶ崎発車が2時間繰り上がり辻堂中線で時間調整するようになったんです。
翌年の改正には元の時間に戻っているので、一年間だけの設定でした。
しかも、逗子へ向かうものは京浜急行・都営・京成向けと東急車輛への入場車ぐらいなものなので、
運転されたのは数えるほどしかなかったようです。
学生の身には大変撮りづらいスジでしたが、一度だけ保護者会か何かに当たり、フィルムに収める
ことが出来ました。

***********************************************************************************************

Sbw0046_400pr_12

1989.6.26 東海道貨物線 辻堂 9594レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/500 f.11 400PR

DE11 2001に牽かれるのは・・・ナンだコレ・・・(汗)
調べたら京成3600形の3678編成のようだ。
光線状態も良くないのでこれだけ撮って大船先端に移動している。

古くは大船の貨物側線を中継地点として東海道を上下していた東急車輛入出場のスジは
大船駅の配線変更と根岸線の開業により本郷台を折り返し地点とする
逗子→(横須賀線)→大船→(根岸線)→本郷台→(通路線)→大船→(貨物線下り)
または逆の経路で湘南貨物駅を中継地点としていたが、1985年の湘南貨物駅の廃止からは
茅ヶ崎が中継地点となっていたため、北に向かう(または北から来る)甲種は辻堂で2回見る
ことが出来た。
それも、茅ヶ崎-逗子間は入換機の送り込み・引き上げを兼ねたDL牽引だったため、DLとELと
2種類のカマが楽しめたのだ。

しかし、根岸線→高島線→品鶴線のラインを利用するようになり新鶴見(信)が中継地点に
なると、茅ヶ崎もただの通過地点になってしまった。
80年代最後の年、この頃がいろんな意味で面白かった最後の時期だったのかもしれない。

***********************************************************************************************

028/365

|

« 【あの一枚】 #014 211系N53+N51編成 試運転 | トップページ | 【あの一枚】 #016 辻堂中線折返し 新鶴見区台検試運転 »

1989年」カテゴリの記事

【あの一枚】 思い出の写真から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【あの一枚】 #015 辻堂中線停車の甲種輸送 臨貨9594レ:

« 【あの一枚】 #014 211系N53+N51編成 試運転 | トップページ | 【あの一枚】 #016 辻堂中線折返し 新鶴見区台検試運転 »