« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

年末のごあいさつ 2013

バタバタしてるうちに年を越してしまいそうなので、今年最後の記事を書いておこうと思います。

***********************************************************************************************

60501

模型を始めて新しい世界を体験し、刺激の多い一年でした。
いまだに一編成も出来上がっていないのが悲しいところです。

先日、軽井沢に行った帰り、10年ぶりくらいに横川の鉄道文化村に寄ってみました。
寒空の下、カミさんを車の中に残しコンデジだけ持って展示車輌を見てきたのですが、
どの車輌もかつて搬入のためキレイに整備されたことなど嘘のようにくたびれ、
操車場の片隅に放置されて朽ちていくのを待っている廃車体のようでした。

オハユニ61などは屋根布がめくれ上がって屋根板が露出し、雨どいも腐って剥げ落ちて
本当に見るに耐えない状態です。
今となってはみな貴重な車輌ですから、どうにかならないものかと思うのですが、
何も出来ない自分に無念さがこみ上げました。

一通り模型の資料になりそうなところをカメラに収め、一番綺麗だったこのEF60 501の
顔を撮って、カミさんの待つ車に戻りました。
今までとは違う視点で車輌を見て、寸法を測り、床下にももぐり、約1時間居た中で
部分写真じゃないのはこれだけとか、、、人間、変われば変わるものです(笑)

何も出来ないながらも、せめて年に何回かはここの車輌たちに会いに行ってあげようと
思ったのでした。

***********************************************************************************************

来年の目標、毎日更新!

絶ーーーっ対、無理!?
毎日やってる皆さん、本当にすごいと思います。
達成するためには何か対策しないと、行き当たりばったりじゃあ絶対に行き詰るね。
一週間の記事をカテゴリ別にパターン化しちゃえばいいのかな?
わからん! 時間が無い! とりあえず見切り発車・・・?

どうする? 前言撤回か!?

ともあれ、今年も一年、お付き合いいただきありがとうございました。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その10

IPA入浴3日経過の車体は全く変化無しです・・・こんなもんだったっけ?
それはおいといて、改造中の方をどんどんやらないと年明けちゃうよ~。

***********************************************************************************************

R0010931

ファーべのねずみ色はちょっとイメージに合わなかったので、ガイアのダークグレーと白を1:1で
混合したかなり明るいものを屋根上用に作った。

屋根板にはスエード調を下地に吹き、軽いざらつきを表現してある。

***********************************************************************************************

R0010936

続いて床下を加工したいところだが、ディーゼルエンジン一式は100番台仕様のまま汚物タンクのみ
撤去することで手を打ちたい。

竜華の12系は汚物処理を行う施設がないので、旧客同様垂れ流しだ。

***********************************************************************************************

R0010937

0.09mmの強光沢紙にこんな図面を刻んだ。

シールされた窓ガラスの表現に使いたい。

***********************************************************************************************

R0010938

車掌室窓をマスキングし、まずは扉窓と便洗窓に青を吹き、乾いたところでマスキング。
続いてユニット窓部分にアルミシルバーを吹いた。

そこにレーザーカットして青を吹いたものをMr.セメントで貼り付けていく。

***********************************************************************************************

R0010939

窓を入れてみた。
床下はエンジンユニットをグレーに、その他はブラックを塗りなおした。

KATO12系の窓は上下の段差も的確に表現されているのだが彫りが深すぎる。
今回は0.1mm程度の紙が入ることで見栄えも良くなった。

***********************************************************************************************

R0010944

残っていた中央の山の内側を青くして図柄のレタリング準備完了。
ちょっと山の枠の白が太い感じ?

そうか、走行中は文字も図柄も貼り出さないからこのままでもいいんだ!
って、それじゃあ手抜き過ぎるよなぁ。。。

***********************************************************************************************

R0010946

どうにもならんほど汚い車輪。さすがジャンク!
マイナスドライバーで出来るだけこそぎ落としてからマジックリンを吹きかけて漬けおき洗浄する。

***********************************************************************************************

R0010943

塗装した台車に洗浄した車輪を入れ、上下合体!
あぁー、当時のワクワク感がよみがえる~。

・・・たしか下回りは再塗装してなくて汚かったような・・・。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その9

今後のためにちょっとテストしておきたいのがKATO12系塗装のIPA剥離。
カミさんにパスタ保存用のタッパーを買ってきてもらい、早速実験開始です。

***********************************************************************************************

R0010926_2

ダイソー大好き。
何をするにも、とりあえず105円でどうにかならないか最初に見てみたいお店だ。

***********************************************************************************************

R0010927

ハダカにしたボディが2輌ちょうど入った。

***********************************************************************************************

R0010928

これまたダイソーのガソリン車用水抜き剤(5年前に買ったもので、今でもあるのかは?)が4本入った。

***********************************************************************************************

R0010929

2名さまご入浴となったところで、屋根の塗装準備をしよう。
ファーベの#017 ねずみ色を出してきた。
明るめの灰色だが、白色顔料の沈殿がひどく5分以上攪拌してやっと色が安定した。
うーん、12系の屋根・クーラー・ベンチレーターにはちょっとイエロー味が強いかな。

やめた。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その8

続けてまた同じスハフのマスキングするのが嫌だったので、気分転換に中央4号車の
オハ12 8をやっちゃいます。

***********************************************************************************************

R0010916

まずは車体中央に正三角形を。

あー、今見ると底辺がわずかに曲がってるのが判るなぁ。

***********************************************************************************************

R0010917

続いて太いほうのラインをマスキング。

***********************************************************************************************

R0010922

続けて下のライン、最後に若干細いラインを貼って片面完了。
両面やるのに1時間近くかかってるし。。。

***********************************************************************************************

R0010923

塗りあがり~。

***********************************************************************************************

R0010924

わりときれいに行ってるのに、三角形の底辺に段差が見える(泣)
ちょっとこれはどうにも出来ない・・・え? 塗りなおし? う~ん。。。

***********************************************************************************************

R0010925

反対側は吹込みがぁ~。

それに塗りわけラインがガタガタになってる(泣)
塗り終わったところでご飯呼ばれて、マスキング剥がさずに1時間近く放置しちゃったのが原因だろう。
やっぱり塗ったらすぐ剥がさないとダメだ。

あーあ、テンション下がるなぁ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その7

12月も半分過ぎてしまいました・・・。
サイエンストレイン7輌、下地処理に超てこずってます。
やっぱりIPAでさっぱりさせた方が格段に楽かもしれません(泣)

それでもなんとか1輌やっつけてみたんですが、白帯のマスキングから青吹いて完成まで
3時間とか、マジきついです。
で、ちょっと休んでブログ書き。。。

***********************************************************************************************

Sr0010907

地の青はファーべの#011 青20号にクリアブルーを5%ほど加えた。
自分の中のイメージとしてサイエンストレインの青は深みがあるような感じがするのだ。
本当ならばコンテナブルーのような淡い青の上にクリアブルーを吹いてみたいところだが、
今回は7輌もあるのでこれで簡単に済ませる。

***********************************************************************************************

Sr0010905

擦っても擦っても浮き出す帯の跡・・・。
次にやる改造はIPA必須だな。

***********************************************************************************************

Sr0010908

とりあえず窓埋め無しの中間車4輌の塗装完了。

***********************************************************************************************

Sr0010909

試しにマスキングを始めたら塗装がテープに付いてペリっと剥がれた(汗)
ちゃんと脱脂してないのが原因だ。

しょうがないので、もう一度そこだけサフェーサーを吹いて下地のやり直し。

***********************************************************************************************

Sr0010910

もう1輌のスハフをマスキング開始。

***********************************************************************************************

Sr0010911

1-3位はこんな感じ。

***********************************************************************************************

Sr0010912

2-4位もマスキング完了。
この車輌は形式番号のところが帯に食い込む7号車のスハフ12 16にしてみた。

いよいよ青塗装開始だ。

***********************************************************************************************

Sr0010913

どうだろコレ。
ちょっとホコリを巻き込んでるところがあるので、1500番で磨いてもう一度青を吹こう。

***********************************************************************************************

Sr0010914

緊張のマスキング外しを終えて図柄が出てきた。
何箇所か吹き込みが見られるが、概ね良好のようだ。

あ、上の帯一本剥がしてないや。。。

***********************************************************************************************

Sr0010915

こちら側は手前の帯の雨どい付近が脱脂不足で下地ごと剥がれた(泣)
タッチアップで誤魔化そう。

帯入れが終わると給油口の位置が高すぎることがわかる。
本来は白帯の中に収まる位置なのだ。

さて、タッチアップが先か次のスハフが先か・・・。
とりあえず作業に戻ろう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その6

軽加工といっても、7輌もまとまるとなかなか進みません。
本当ならば改造前にIPAプールに入れてスッキリさせたいところですが、そんな時間はありません。
だいたいIPAに入れてどのくらいで剥離できるかデータ取ってないですし、以前同じKATOのEF58を
IPAに漬けたときは1週間くらいかかった記憶がありますから怖くて・・・。
そんなんで今回はそのまま、白帯は出来るだけ削ってますがやっぱり浮いてきてます(泣)

***********************************************************************************************

Sr0010893

中間車共通の掴み棒設置のための点打ち中。

***********************************************************************************************

Sr0010895

すべてのオハ12に掴み棒を設置完了。
一度サフェーサーを吹いて軽く磨いてあるので、再度サフェーサー処理して最終下地としたい。

***********************************************************************************************

Sr0010901

スハフの3位、2個目の窓下にレーザー加工したルーバーを設置。
大きさを調整して0.09mmの強光沢紙にスジ彫り加工し、カッターで切り出したものを
Mr.セメントSで貼り付けてみた。

***********************************************************************************************

Sr0010902

うん、わりとイイ感じ。

***********************************************************************************************

Sr0010896

下塗り用としてクールホワイトにクリーム10号を数滴加えたものを吹いてみる。

***********************************************************************************************

Sr0010904

横着して白デザインがあるところ周辺のみを塗装・・・。
若干凹みが見える部分に塗料を筆塗りしてある。
これを処理して、全体を1500番のペーパースポンジで研げばいよいよ本塗りだ。

***********************************************************************************************

Sr0010903

塗りあがったルーバー部分はこんな感じ。
いや、これは予想以上にいい!
こんなことなら窓埋めもツライチ処理に紙の窓枠貼りで良かったのに・・・。

せっかくキレイに塗れた白、完全乾燥するように今夜はこれ以上触らずに寝よう。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その5

サイエンストレインを続けているところですが、同時に”インド~”関係のスクラッチパーツを
どうやって作るのが一番いいのか考え、試行錯誤しています。
パテの乾燥待ちなどに手元の中華レーザー加工機を活用できないかテストしていますが、
菊の御紋章など、あの曲線と曲面からなるカタチを2Dで再現しようとするとデータが膨大に・・・。
試しにシングルレイヤーで縁取り線だけレーザー処理したら、それだけで10分以上!
途中でじれったくなってレーザー強度を上げたらプラ板が溶け始めました↓(泣)

R0010892

やはりプラ板などの熱に弱い素材はレーザーが効くか効かないかの最低レベルで加工しないと
まったく予定外のカタチになってしまうようです。。。

あとは真鍮板エッチングとか、箔転写、シルクスクリーンプリントかな。
ま、それなりのものを作るには地道にテストするしかないようです。

ということでサイエンストレイン続けます。

***********************************************************************************************

R0010888

残りの中間車2両を選定し加工する。
箱はそれなりの中古だが、インレタを入れただけのようで車輪の汚れも無く大変きれいだ。

***********************************************************************************************

R0010887

オハ12の出入り口付近の共通加工。
掴み棒のスリット(車輌中央寄りのみ)と扉の手掛け穴を溶きパテで埋めている。
乾燥後に平刀で削ってもう一度パテ塗りし、二度目の削りを終えたらMr.サフェーサー500で整える。

***********************************************************************************************

R0010889

総勢7輌、種車が揃った。
しっかりと変身してもらおう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その4

今週中にサイエンストレインを片付けたいところ。
車体の加工を続けます。

***********************************************************************************************

R0010873

機関吸気口の枠を作っているところ。

強粘着のシール用紙を使用し枠の内側をレーザーで切ってシアノン含浸。
外枠をカッターで切り出し、R部分を仕上げる。

***********************************************************************************************

R0010875

こんな感じに出来上がった。
枠は0.7mm程度だが、シアノン含浸してあるので形が崩れることはない。

***********************************************************************************************

R0010876

シール用紙で作ったルーバー枠を貼ってみた。
ルーバーの素材が透明プラ板に変わってるのは加工の都合。。。

実は途中でルーバー全体のサイズが大きすぎることがわかり、彫り込んだ穴を埋めるために
プラ板をはめたのだが、どうせならプラでルーバーが出来ないかと考えて加工してみたものだ。

上手くいくことは判ったがいかんせんサイズが大きいので、ここは予定通りシールを剥がして
溶きパテでツライチまで埋め戻すことにした。

***********************************************************************************************

R0010877

ボディを彫り込むのが面倒になりはじめ、極薄0.09mmの強光沢紙に枠まで含むルーバーを
レーザーで作ってみた。

これならサフェーサー仕上げしたボディに貼るだけでお手軽ルーバーが出来そう。
ただ彫りが浅いのでイメージ通りにいくのかどうか・・・。

***********************************************************************************************

R0010878

こちらはオハフ13(左)とスハフ12(右)の前位便洗妻面比較。
スハフのテールライトを削ったところだが、修繕票挿しと銘板位置に若干の差が見られる。

どうすんの?

***********************************************************************************************

R0010880

続いてスハフの給油口移設へ。

両サイドとも車掌室側から5個目の窓下に持ってくるべく加工中。
画鋲で点打ちし、0.3mm~0.8mm~2mmとピンバイスで拡大し、最後に丸ヤスリの直径
約2.5mmにした。

***********************************************************************************************

R0010882

裏をマスキングテープで塞ぎ、溶きパテを盛って半乾燥したところで楊枝のうしろで突いて整形した。

完全乾燥するとパテが引けて裏に隙間が出来るので、マスキングテープを剥がしてシアノンを流す。

***********************************************************************************************

R0010883

最後に1.4と0.8の丸キリくずをシアノンで貼ればなんとなく給油口の完成。
既存の給油口はずいぶん小さく控えめな造形だが、これくらいの方がイメージに近い。

***********************************************************************************************

R0010884

全体をアルコールで脱脂した後、Mr.サフェーサー1000を吹いて面のチェックをしている。

***********************************************************************************************

R0010885

12系の帯色はクリーム10号。
ファーベにそのものズバリがあるが、どうも黄色味が強いような気がする。
これでもかというほど攪拌しても、だ。
青地に細いラインで入ると白に近く見えるのだろうか?

***********************************************************************************************

R0010886

そのファーベ#027をちょっと吹いてみた。

やっぱり黄色い。。。カメラのホワイトバランスのせいだけではない。
これは白をベースに調色するしかなさそうだ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その3

サイエンストレインの種車となったスハフ12は0番台なので、車体腰板部の吸気口ルーバー位置が
このモデルの100番台と異なるため移設する準備をしてます。

***********************************************************************************************

Sr0010866

3位側でいうと出入り口から2個目の窓の右下、こんな感じ。

***********************************************************************************************

Sr0010867

マスキングテープを切り抜いたら、彫刻刀の平刀で0.3mmほど彫り下げる。
プラだとこういう加工が出来るからありがたい。
このとき、切り抜きはプラに食い込むくらいの強い力加減で、彫り進めた彫刻刀の刃が止まる
ようにしてあるので、四辺とも中から線に向かって彫り最後に真ん中を彫って平らにするのがいい。

***********************************************************************************************

Sr0010868

だいたい彫り終えたら彫刻刀の刃を立てて引っ掻くように削って面をならす。
何も考えないで彫ったら角のRを付けるの忘れてる・・・(汗)

***********************************************************************************************

Sr0010870

仕上げがまだだがこんな感じ。右上は切り込み過ぎだ。。。

***********************************************************************************************

Sr0010871_3ここで0.15mm厚のコート紙にルーバーの試作を。

レーザー加工で0.3mmから0.5mmまで0.05mmピッチで5種作ってみた。
0.3mmは完全に全面が焼かれてスジが残っていない。
ルーバーのスジ数と見た目から0.35mmピッチがいいようだ。

***********************************************************************************************

Sr0010872

彫り込んだ穴に入るように大きさを調整したルーバー部分を切り出し、シール用紙でボディのツラに
縁取りを作る予定。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その2

菊の御紋章の製作案がいくつか浮かんだものの、材料の準備があるのでまだ手付かずです。
大型ベンチレーターはKATOのEF58のやつを拝借するって案も浮かんだんですが、肝心のゴハチが
どうにもならなくなるので却下。
欠損パーツとして発注できるのかな?

とりあえずサイエンストレインを続けます。

***********************************************************************************************

R0010841

中間の4号車になるオハ12も分解して窓埋め位置にマーク。

***********************************************************************************************

R0010842

開口部に合わせて11.5x13.5mmに切った白色1mmプラ板をはめ込み、裏からMr.セメントで固定。
接着剤が乾いたところで裏にシアノンを流して補強した。

ツライチ接着だと歪みで凹んだ場合に後が大変なので、ほんのわずかに飛び出させてある。
乾燥後にこれを削って既存の窓枠とツライチにもっていく。

***********************************************************************************************

R0010855

で、削り終わった状態。

窓枠のモールドに合わせてマスキングテープを貼ると、テープの厚みでちょうど段差が無くなり
ペーパーがけしやすくてありがたい。

***********************************************************************************************

R0010856

サフェーサー1000を吹いて表面の状態を確認後、窓埋め接合部にサフェーサー500を塗って
つなぎ目のラインを消す準備中。

***********************************************************************************************

R0010857

再度窓枠ラインにマスキングしてペーパーがけしたところ。

こういったユニット窓のメクラ埋めの場合、窓枠部まで開口部を広げて、ピッタリに加工したプラ板を
段差分だけ出してハメ込むというのが定石のようだが、きれいに仕上げる自信が無いのでこうなった。
一旦全部ツライチにして窓枠の大きさに切ったシール用紙を貼るという案もあったが、材質の違いが
塗装の下地に響きそうなのでやめた。

***********************************************************************************************

R0010858

続いてスハフの吸気部と給油口を移設したいので一旦ツライチに加工。
出っ張ったモールドを削り、サフェーサー500を塗ってルーバーラインを埋める。

ちょっと窓のプラ板の飛び出し量が大きすぎて削るの大変そうだ・・・。

***********************************************************************************************

R0010860

スハフを種車にするとルーバーと給油口移設が面倒なので、どうせ新たにルーバーと給油口を
作るならもう1輌はそれらが無いオハフを種車にすることにした。

これもジャンクの1輌で、オハフは目指すジョイトレ種車に使い道がないのでちょうどいい。
もちろん下回りはスハフから持ってこないといけないのだが、他のきれいなスハフのボディが
手元に残った方が気分的にいいだろう。

***********************************************************************************************

R0010861_2

で、オハフも改造開始。
顔横のパーティングラインを処理し、貫通扉に貼り付いた渡り板も削ってみた。

***********************************************************************************************

R0010863

オハフ、最初のツライチ削りが終わったところ。
この後サフェーサー1000を吹き、窓枠とプラ板の境目にサフェーサー500を塗って接合ラインの
凸凹を消す。

***********************************************************************************************

R0010865

とりあえず3輌の窓加工が終了。

サイエンストレインに使われた竜華区の車両は12系の試作を兼ねた先行完成車で、
1972(昭和47)年に量産車化工事を受けているものの、後の登場車輌とはいくつか差がある。
細かいが出入り口のつかみ棒が後付けで、オハの車輌中央側には車体への掘り込みが無い。
またスハフの0番台は便洗側妻面に尾灯が無く、こちらを編成端に向けることはできない。

スハフに関しては0番台と100番台で床下配置が異なるが、これをどうするか検討中。
お手軽加工を目標とした改造なのだが、性格上床下はそのままと行くかどうか。
窓埋めと塗装変更にレタリングだけの超お手軽加工でもよかったのにこれだ。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その1

”インド~”編成のボディがほぼ完成したところで、お手軽プラ客車改造の

Cosmo_2 サイエンストレイン エキスポ号

に着手しようと思います、、、えーっとインドの下回りがまだ、、、まあ大丈夫でしょう、たぶん。

どちらかというと、スシ28の大型ガラベンや御料車14号の菊の御紋章をどうやって作るかという案を
練っている間に、何も考えず手を動かせる作業をやってしまおう、みたいな感じで始めました。

***********************************************************************************************

R0010844

まずはスハフ12を出してきた。
ジャンク品を安く落札した中の1輌で、とにかく汚い・・・(失礼)。

で、KATOのスハフ12は100番台なんだよなぁ。

***********************************************************************************************

R0010843

あぁ、、、クーラーとベンチレーターが銀色に塗ってあるけど、成型品を脱脂せずそのまま塗ったようで
無残に剥がれて大変なことになってる。

***********************************************************************************************

R0010845

エンジンにスミ入れしてあるけど、どうやら油性ペンのよう。。。
中途半端に開いた窓もどうにかしないと。

って、オハ12 344 !!!

***********************************************************************************************

R0010846_2

車体側面をこじるように広げると、窓下のツメが外れて上下が分離した。

こっち側はスハフになってる。。。

***********************************************************************************************

R0010847

室内灯装備車だったのでこれも外し・・・。

***********************************************************************************************

R0010848

便洗側の窓ガラスを外したら屋根の突起が見えるので、これを外して屋根を少し浮かせたら
そのまま妻側に引っ張ると屋根が脱離。

***********************************************************************************************

R0010850

窓ガラスを外したらテールライトユニットを引っこ抜き、、、。

***********************************************************************************************

R0010851

天井の反射板をマイナスドライバーでこじって外す。

***********************************************************************************************

R0010853

反射用のアルミテープは剥がしにくかったのでそのまま。
車掌室側のホロ枠と窓ガラスを外せば全てのボディーパーツが分離完了。

ここをやるの忘れて、すでに窓にヤスリがけ始めてるので削り粉が。。。

***********************************************************************************************

R0010852

とりあえず養生を兼ねてマスキングテープを貼り、埋める窓に印を付けてヤスリがけ。
今回はユニット窓枠のモールドをそのまま使用するつもりで開口部のR部分をおおまかに
直角になるように削った。

窓埋めは両端スハフの車掌室寄り3個と中央4号車の真ん中3個で都合18個。
これが終われば大きな改造は終わったようなもの?

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-16 御料車14号 その16

さあ追い込み、追い込みですよ~。
1月第二日曜日に向けて、少なくとも1編成は完成させないと!

まずは”インド編成(略しすぎ・・・)”の旧客残り5両のボディをやっつけたいところです。

***********************************************************************************************
R0010837
丸屋根にキャンバスのつなぎ目を表現してジェイズのスエード調を吹いた後、各車色味を変えて仕上げたところ。

左からスシ28(スエード調グレーそのまま)、マロネ29(ガイアのダークグレー上塗り)、オロフ32(クレオスのブラックに
クリーム1号を数滴加えて上塗り)、御料車14号(タミヤアクリルのライトグレーをシャバシャバにして上塗り)。
それぞれにはフラットベースを添加して完全にツヤを消している。

***********************************************************************************************
R0010839
TOMIXのガーランド型ベンチレーターをタイトボンドで接着したところ。
こちらもそれぞれ色味を変えて、半ツヤで仕上げている。

で、食堂車の大型ガラベンが見つからない。
ここはスクラッチしかないのか(悩)

***********************************************************************************************
あとは屋根に手すり植えて、窓セル入れて、妻面にホロとツナギ箱付けて・・・。
ちょっと気分転換に”あっち”にも手を付けようかね。。。

昔からそう、自分のことは良く判ってる。
テスト前になると部屋の片付けとか始めちゃうタイプ(笑) ここではちょっと違うか。

いくつかやることがあるのに、ひとつを突き詰めちゃうとそれだけでタイムオーバーになって残りが疎かになるパターンだ。
だからケツに火が点いた段階でいくつか掛け持ちした方が、結果としては上手くいくことが多い。
たぶん「ひとつを完全に終わらせてから次!」より、やることが全部視野に入ってた方がペース配分しやすいんだろう。

ま、趣味なんだし楽しくやりましょう、ってことで。

***********************************************************************************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »