« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-8 御料車14号 その8 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-10 御料車14号 その10 »

2013年11月14日 (木)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-9 御料車14号 その9

御料車14号再製作の続きです。

***********************************************************************************************

R0010746

外妻板を作っておこう。

***********************************************************************************************

R0010747

小さいパーツなので同じくペーパーセメントで仮止めしてシアノン含浸で。

デッキ側は作りやすさを考慮して折り構造無しの平板。
あ、折妻面の尾灯用電源栓の位置が左右逆じゃん・・・。

***********************************************************************************************

R0010748

組み立て準備完了。
屋根にはもう一度凹み部分に溶きパテを塗ってある。

***********************************************************************************************

R0010749

組み立ての前にボディを軽くサフェ吹きして、溶きパテを盛ってあった角部のエッジ出しをした。
いつものロックペイントの缶のプラサフではなく、ビンのMr.サフェーサー1000をレべリングうすめ液で
溶いてエアブラシで吹いたので格段に面の状態がいい。
これを維持できれば最終磨き工程がかなり助かる。

この缶プラサフは塗膜が厚くて建築物の模型なんかには重宝していたのだが、今回の車両のように
表面の仕上げ重視の場合、塗装前の最終処理が大変なのだ。

***********************************************************************************************

R0010751

ここも工程を標準化した。
側板から耳状に飛び出した部分はどうしても邪魔になるし、折曲げ角度の維持が難しい。

最初から別体としてヒノキ角棒で組み、屋根板と同じ硬さのものとして一緒に削る方が
きれいにいくという結論になった。
扉が付く奥行きが必要なので2x3mmの平角棒を使用。

***********************************************************************************************

R0010753

マスキングテープで養生して#320のペーパーで一気に削った。
内妻仕切板から屋根端部までを11mmに調整、後退角の削り幅は車端部で側板ツラから2mm。

***********************************************************************************************

R0010754

削って後退角をつけた車端部にデッキ扉を付ける。
扉は側板ツラから2.5mm引っ込めたところにタイトボンドとシアノンで固定。
後退角部分のヒノキ棒はこの後、扉の幅に合わせて切り落とす。

扉の厚みがほぼ0.5mmなので後退角をつけた2x3mmのヒノキ棒のツラと合うようになっている。

***********************************************************************************************

R0010755

とりあえず載せてみて確認を。
左右扉間の外幅は31mm、載せた妻板は31.5mm、ここは妻板の設計を変更しておいた方がいい。

***********************************************************************************************

R0010758

今回も先に内妻仕切板を塗装した。

車内にもとりあえず白いサフェーサーを吹いたので内側からマスキングしてある。
扉も下仕上げが終わっているのでポストイットでマスキング。
妻板接着前にマスキングしちゃダメじゃん・・・。

***********************************************************************************************

R0010759

扉のマスキングを一旦外して外妻化粧板をタイトボンドとシアノンで接着。

***********************************************************************************************

R0010760

折妻板の裏にエバーグリーンの0.75x1.0mmプラ棒で出入り口のフレームを構成。
タミヤの1x1mmプラ棒よりも柔らかくて切りやすい。
これもタイトボンドとシアノン使用。

***********************************************************************************************

R0010761

組みあがった折妻板をゼリー状瞬間を塗って位置決めしながら接着し、上の隙間からシアノンを流した。

***********************************************************************************************

R0010763

隙間にAAセッターを塗り、プラ棒の切れ端を詰めてゼリー状瞬間を盛っていく。
これで丸屋根の整形に入れる。

結構なハイペースでここまで来たが、今までで一番キレイに出来てる気がするのは皮肉なもんだ。

とりあえずここまで。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-8 御料車14号 その8 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-10 御料車14号 その10 »

模型」カテゴリの記事

--御料車14号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-9 御料車14号 その9:

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-8 御料車14号 その8 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-10 御料車14号 その10 »