« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-7 御料車14号 その7 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-9 御料車14号 その9 »

2013年11月13日 (水)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-8 御料車14号 その8

再製作の御料車14号、休みを半日使って一気にカタチにしました。

***********************************************************************************************

Sr00107201

今回は塗装前最終段階での仕上げ簡略化を狙って、できるだけ下地を荒らさずにやりたい。
さて、どこまで進むかな。。。

***********************************************************************************************

R0010724_2

まずは0.23mmの超きれいな写真用紙から切り出した側板の窓周りにシアノン含浸から。

***********************************************************************************************

R0010725

0.09mm強光沢紙の窓枠レイヤーをスプレーのりで貼り付けてシアノン含浸。

***********************************************************************************************

R0010726

さらに裏打ちに0.23mmを貼り付け、シアノン含浸へ。

***********************************************************************************************

R0010728

続けて3mmヒノキ角棒をタイトボンドで貼る。
前回使った新発売の木工用ボンド「スーパーエース」は硬化後に柔軟性が残るので、
使い慣れたタイトボンドに戻した。
タイトボンドは瞬間接着剤にも劣らないカッチカチに固まるので、切削やペーパー掛けが捗る。

***********************************************************************************************

R0010729

アルミアングルで直角とツライチを出しながら貼り、最後はシアノンを流して補強。
車端は内妻仕切り板を貼るために約3mm空けてある。

***********************************************************************************************

R0010730

腰部分は裾から2mm上げで貼り付け、同じくシアノンで補強。

***********************************************************************************************

R0010731_2

側板の角棒固着待ちの間に内妻仕切り板を作る。
このくらいの大きさのものにはスプレーのりは使わず、仮止め用にペーパーセメントを塗って
シアノン含浸で重ねていく。

***********************************************************************************************

R0010733

出来上がった内妻仕切り板の裏に2x2mmと2x1mmのヒノキ棒でフレームを作る。
前回の仕上がりをフィードバックして側柱は下まで貫通させず、床板上で収まるようにした。

***********************************************************************************************

R0010734

側板の厚みを測り、組み立て時の合計厚みが35mmになるように仕切板の幅を調整。

***********************************************************************************************

R0010735

側板と仕切板をタイトボンドで組み、シアノンを流して固定。

***********************************************************************************************

R0010736

このあたりの組み上げはパワーエース使用時よりも格段に速い。
やっぱりタイトボンドがいい。

***********************************************************************************************

R0010737

裾中央に補強を入れ、用意しておいた屋根板に貼り付ければもう箱になる。

***********************************************************************************************

R0010740

屋根板は缶サフェ吹きしてあるものの七分仕上げなので、箱組み後にペーパー掛けして
凹み部分や屋根と幕板の隙間には大まかに溶きパテホワイトを塗る。

確かに使いやすいが、サフェーサーではなくパテなので乾くのに時間がかかるのが難点か。

***********************************************************************************************

R0010741

その間に扉を組み立てておく。
小さいパーツなのでペーパーセメントで仮止めしてシアノン含浸。

***********************************************************************************************

R0010743

車体側にのりしろ兼補強の1.5mm角棒を、裾にはステップ蹴込みのスペーサーとして
0.5x2mmの平棒を貼った。

***********************************************************************************************

R0010745

今までの仕上がりから、どうしても奥まった扉の表面仕上げに難点があったので今回はパーツの
時点で仕上げしておこうと考えた。

***********************************************************************************************

R0010738

溶きパテホワイトが乾いたところでひと磨きし、今度は溶きパテ500を屋根に筆塗りする。
これはサフェーサーなので凹みを埋めるような極端な厚塗りをしなければ乾きは速い。

とりあえずここまで。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-7 御料車14号 その7 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-9 御料車14号 その9 »

模型」カテゴリの記事

--御料車14号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-8 御料車14号 その8:

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-7 御料車14号 その7 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-9 御料車14号 その9 »