« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

SL・ELいせさき号 2013 試運転 #2

今日はわりといい天気だったので、イセ-コマ定番と下増田の鉄橋でやってきました。

本番はどうしようかな・・・。

***********************************************************************************************

Simg_67901_3

2013.10.31 両毛線 伊勢崎-駒形 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f8.0 ISO320 W/B:AUTO

ちょっと霞んでいるものの、いい天気の中をやってきたC61だが煙が寝てしまったのが残念。

***********************************************************************************************

Simg_80331

2013.10.31 両毛線 伊勢崎-駒形 試9632レ
EOS kissDX + 400mmF5.6 テレコン1.5X 1/1000 f5.6 ISO400 W/B:AUTO

もうちょっと右に寄れればいいのだが、対岸に場所取りの置きゲバがあってこの辺が限界・・・。
結局誰も現れなかったが本番用の場所取りなのだろうか?

対岸に道路の整備が始まったようで街路樹が植えられたため、ここもかなりアングルの制限が
出来てしまった。

***********************************************************************************************

Simg_68031

2013.10.31 両毛線 伊勢崎-駒形 試9632レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f6.3 ISO320 W/B:AUTO

手持ちの60Dでは引き付けて。
ここでもギリギリ、面に光が回っているようだ。

さて、本番どうするかなぁ・・・。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

SL・ELいせさき号 2013 試運転 #1

今年も11月3日にC61の両毛詣でが実施されるということで試運転がありました。
もう慣れたもの、なのかどうかはわかりませんが2回だけ予定されているようです。

一昨年と異なり今回は下りがSL、客車が12系というバリエーションの変化が楽しめるのですが、
いかんせん撮る場所が無いです・・・。

本番はまた”スバラシイ”ヘッドマークが付くんでしょうね~。

***********************************************************************************************

Img_67651

2013.10.29 両毛線 駒形-前橋大島 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f5.6 ISO400 W/B:AUTO

晴れたり曇ったりの天気のなか、複線区間を行く試9631レ。
なんだか信越線と変わらない画になってしまったが、晴れれば光線状態は良い。

***********************************************************************************************

Img_67711

2013.10.29 両毛線 駒形-前橋大島 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f5.6 ISO400 W/B:AUTO

今回、D51の不調に続きPトップもダウンしてしまい急遽ロクマルが登板したが、客車を牽いて
両毛線を走るのは何年ぶりになるのだろう。
もしかすると2008年にEF81とのPPで走った「ゆとり」のさよなら列車以来?

***********************************************************************************************

Img_67761

2013.10.29 両毛線 伊勢崎-駒形 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f5.6 ISO400 W/B:AUTO

続いて、定番イセコマはやめて高速バックで。
あーあ、トラックがモロだ・・・。

***********************************************************************************************

Img_67801

2013.10.29 両毛線 伊勢崎-駒形 試9631レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/800 f5.6 ISO400 W/B:AUTO

とりあえず今日はここまで撮って終了、EL先頭は次回におあずけだ。
仕事行かないと~。

次回どうするかな・・・スカッと晴れればもう少しきちんとC61メインに据えてもいいかも。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

関東合同運転会 2013 ちょこっと見てきました

模型を始めて半年、親父に誘われて埼玉県民活動センターで行われた関東合同運転会を見てきました。

運転会なんぞに出向くのは、、、忘れもしない1988年12月3日の薬事センター忘年運転会以来でしょう。
何で忘れないかって、二日目の日曜日にオリエントエクスプレスが東海道を上って来たからです。
最後に顔を出したクラブの会合は1991年3月15日夜、これはダイヤ改正前日で、相模線のキハに
お名残乗車後、ロクイチの20系回客を撮りに行ってるので忘れません。

20ウン年ぶりにお会いする方々は懐かしさいっぱいでした。
特に、私をロクイチ偏食テツの道に引きずり込んだ張本人ともいえるNHさん。
10年ほど前にクリエイティブ・モア刊 『 荷物車・郵便車の世界 《 昭和50年代のマニ・オユの記録 》 』 の
著者名にお名前を見つけたときは「ついに来たか!」と思いました。
個人的にはゴハチの記録を綴った本も出してほしいところです。

さて、雑誌で過去の関東合運の様子は見てはいたものの、体育館会場の実際大きさといい、メンバーの
熱気といい、行って初めてわかるすごい状態(笑)

全体の様子はほかの方のブログにお任せするとして、バシバシ撮った写真の中から私的に気になる
ものを何枚か載せてみたいと思います。

***********************************************************************************************

R0010508

メインとなる体育館会場を上から見るとその規模の大きさに驚く。

今回は5クラブ相互乗り入れということで連絡線がかなり延びてるのと同時に、今回の課題である
ヨンサントウ直前の急行「雲仙・西海」編成収容用のヤードが新設されたようだ。

***********************************************************************************************

R0010513

雲仙・西海用ヤードを上から覗く。
公式資料によれば雲仙が5編成、西海が4編成となっていたが、最終的には雲仙+西海として
8編成を組めるだけの車両が集まったようだ。

ちょっと屋根がキレイ過ぎるが、旧客好きにはたまらない光景。。。

***********************************************************************************************

R0010521

特徴的なのが西海編成のマニM32。
「米専荷1」 コメ専用の荷物車・・・なワケ無く、もちろん米軍用の荷物や郵便を運ぶための荷物車。

ものものしく塞がれた窓と屋根の給水ハッチがチャームポイント。

***********************************************************************************************

R0010537

個人的に気になったのがこちら、城北鉄道クラブさんのところで見つけた御料車14号。

まさに今私が製作中の車両だが、こんな風に仕上げることができるのだろうか・・・。

***********************************************************************************************

R0010525

驚かされたのがこちら、相模大野模型クラブ、IDさんのプラ板スクラッチによる
ジョイフルトレイン展望車各種。

KATOの12系が種車のようだが、側板丸ごとスクラッチして仕上げられたというからびっくり!
こんなの見せられたらモチベーション上がりまくり!

***********************************************************************************************

R0010541

最後は雲仙・西海の牽引機を。
東海道・山陽、関門、九州と揃った。
あ、九州末端部は蒸気?
ヨンサントウ直前なら本州の蒸気は要らないよね。

***********************************************************************************************

ほかの人の作品を直に見るのは初めてだったので大変参考になりました。
自分もここに並べて引けをとらないようなモノを作りたいとの思いを新たにした次第です。

で、1月の新年運転会には2編成、間に合うの???

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-4 御料車14号 その4

表題に偽りアリ・・・。

御料車14号ボディもサフェーサー生地まで完成して最後のオロフ32をやってるところですが、
工程を記録していないのに新カテ記事を立ち上げるのもなんなので、ここに便乗ということで。

***********************************************************************************************

R0010502

前回の記事ときに箱組みまでしておいたので、屋根を載せて妻面の造作中。
屋根と妻板の隙間にはAAセッターを塗ってゼリー状瞬間接着剤を盛っていったが、これだけ広いと
何がしかの平角棒を一本入れたほうが効率が良かったかもしれない。

屋根接着後、ちょっと幅の広い屋根板を調整していたら側板の耳(デッキ上幕板)がヨレヨレに
なってしまったので、全部撤去して2x3のヒノキ棒で新たに作った。

***********************************************************************************************

R0010503

そして気づく間違い。。。。。。

デッキ扉を左右反対に貼ってる(泣)
設計上、ドアノブ穴が車体中央寄りに来ないとうまくないのだ。

ここまで来ると貼り直しは出来ない。
どうにかごまかして行くしかないな。

***********************************************************************************************

R0010504

失敗は次への教訓としていこう。

とりあえずマイフ97以降の5両がまもなくボディ塗装というところまで来た。
後退角のついたデッキ扉部分の工事方法の標準化ができたことが大きいが、
やればわりと早く片付くものだとわかったことが一番の収穫かもしれない。

で、ついでにゲテモノを調理中・・・(爆)

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-3 御料車14号 その3

何気にこのブログも500記事を数えるに至ったようで、今回が501記事目のようです。
うちで501といえばもちろんPトップ。
ちょうど今朝、両毛線でチキ工臨があったのでネタとしてピッタリと思い、駒形-前橋大島の田んぼまで
行ったのですが、ドン曇りの6時前ということでまったく使えない写真しか撮れませんでした(泣)

ということで御料車14号、続けます。

***********************************************************************************************

R0010482_2

前回デッキ内部のクリーム色塗装を終えたので外妻化粧板を貼る。
扉の側面にパワーエースを塗って仮固定した後、微調整して裏にシアノンを流した。

ここには補強兼のりしろの角棒などを入れていないが、強度は問題なさそうだ。
屋根板の折妻加工を省略し、化粧板とツライチになってるのが判る。

***********************************************************************************************

R0010481_2

シアノンSWの最後の1本が半分を切ったので、どうしようかと思いとりあえず某オクで
「低粘度瞬間接着剤」を検索したらお得な50gのノンブランド品が出てきた。

自作のラジコン飛行機製作にも同じように含浸使用するようで、サーボモーターやバッテリーなど
そっち系の商品に混じって出品されている。

これが問題なく使用できるならコストは約半分になるので、テスト用に早速ポチっとしてみた。

***********************************************************************************************

R0010483_2

続けて外妻の折妻板をパワーエースとシアノンで接着。
微調整の面倒くさい屋根板の加工を省略したため、折妻板との間に隙間ができた。

この隙間を埋めるためにゼリー状瞬間接着剤を盛るが、事前にAAセッター(硬化促進剤)を
塗っておくとあっという間に塞がり、作業性が格段に向上する。
画像は水筆に入れたAAセッターを塗っているところ。

AAセッターや半田付け時のフラックスなど、水筆に入れておくと使い勝手がよい。

***********************************************************************************************

R0010487_3

屋根板を削ってみた。
削り具合の最終調整はキャンバス押さえを貼ってからになる。

***********************************************************************************************

R0010491_2

外妻の隅柱部分の表現のためプラ平棒を貼るので溶きパテを盛って下地を作る。
側板と内妻板のエッジが甘いので、同時に溶きパテを盛って研ぎなおしだ。

***********************************************************************************************

R0010493

「超きれいな光沢紙(0.23mm)」をレーザーカットしたシル・ヘッダー。
非接触切断のためクラフトロボ君よりも直線性は格段に良いようだ。

***********************************************************************************************

R0010494

端をテープで固定して流し込みタイプのMr.セメントSで固定していく。

***********************************************************************************************

R0010495

だいたい固定できたら余分を切って端をシアノン点付けで補強し、帯全体にMr.セメントを
流し込みタイプで少し薄めた液を塗って固定する。

***********************************************************************************************

R0010496

シル・ヘッダー付けが終わったところ。

***********************************************************************************************

R0010498

隅柱部分に0.5x1のプラ平棒をMr.セメントSで貼り、同時にドア押さえも0.4x0.5を貼って表現してある。

***********************************************************************************************

R0010499

作っておいた2段雨どいをMr.セメントSで仮固定した後、屋根側からはシアノンを、幕板側からは
薄めたMr.セメントを流して完全に固定した。

***********************************************************************************************

R0010501

雨どいの余分を切る前の御料車14号と、奥はすでにサフェーサー下地完成のマロネ40、スシ28、マロネ29。
手前は時間差で同時進行しているオロフ32が4面組みあがって屋根を載せるところ。

こうやって見ると、ペース上がってきた感じがする(笑)
あ、まだマロネ40のクーラー蓋付けてないや・・・(汗)

今回はとりあえずここまで。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2

御料車14号の続きです。

***********************************************************************************************

R0010469

側板中央付近の合計厚みを測り、製作中の手掛け兼補強板を角棒間に渡す。

***********************************************************************************************

R0010470

ここはシアノン点付けで仮止め。
完成時には内装設置のため取り外す。

***********************************************************************************************

R0010471

この段階で屋根板をパワーエースを用いて接着し、固まり始めたところで微妙な位置ズレを
直しながらシアノンを流して固着した。

細部の状態を見るために1回目のサフェーサーを吹いてあるが、デッキドア上の幕板部分は
まだ接着していない。

***********************************************************************************************

R0010472

デッキドア上の後退角に合わせて2x2mmの角棒で補強を入れ、幕板部を接着後、
屋根板と側板との隙間やデッキ部の縦の合わせ目にクレオスのMr.溶きパテを盛る。

***********************************************************************************************

R0010473

パテの乾燥待ちの間にデッキ扉を作っておこう。

これもペーパーセメントで初期接着し、シアノン含浸で強度を出す。

***********************************************************************************************

R0010474

さらに折れ妻をきれいに固定するための基準となるデッキ側化粧板を製作。
同じくペーパーセメントとシアノンで板にする。

***********************************************************************************************

R0010475

上が貼り合せた化粧板で、デッキ側レイヤーにはステップ用側壁を組み込んだ。
下は折れ妻板で、開口部周りに1x1(上・左右)、1x0.75(下)のプラ棒を貼ってある。

***********************************************************************************************

R0010476

側板ツラから2.5mm引っ込んだところにデッキ扉を接着。

扉の裏にはあらかじめ、下に蹴込みのスペーサーとなる0.5x3平棒、接着のりしろと補強を兼ねた
1x1角棒をパワーエースとシアノンで貼ってある。

扉自体の接着もパワーエースでだいたいの位置を決めた後、微調整してシアノンで固定した。

***********************************************************************************************

R0010477

屋根板はあえて妻板の折れ部分を省いてデッキ化粧板とツライチになるように仕上げてあり
後から隙間に木工用瞬間接着剤を流して埋める。

***********************************************************************************************

R0010478

ここで、あとから塗るのが大変になるデッキ内部をクリーム色に塗っておこうと思う。

濃いノーツフレッシュオレンジをメインに明るいノーツフレッシュを少し足した。
旧型客車のデッキはみな同じクリーム(薄茶)色だと思うが、優等車の方がより濃いような気がするのは
何かの思い込みバイアスによるものだろうか。

***********************************************************************************************

R0010479

エアブラシ塗装が終わったら保護のためA4版のポストイットを切り出して化粧板を覆った。
この後何度もサフェーサーが吹かれるための措置だが、袋小路になったデッキ部分を再塗装
することは容易でないのでこんなことになっている。

この編成が終わったら窓やデッキ扉の開いた客車も作ってみたい。

とりあえずここまで。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-1 御料車14号 その1

9月の半期決算と10月からのシステム変更でバタバタしていたのとは別に、前回の記事をアップしてから
PCの調子が悪く、すったもんだの挙句、面倒だったので中古のコアi5機を買ってしまいました。

しかしこれがまた・・・。

結局、使用中に何の前兆もなく突然電源が落ちるのは電源部やマザーボードの問題ではなく、
俗にkp41エラーといわれるwindows7のシステム上の問題だと判ったのは新しいPCが来てからでした(泣)
まぁ、i5になったし、中華レーザー機につないでる古いceleronノートの置き換え需要と考えればいいか。

で、新しく来たi5機がまた曲者でして、中古ですがもちろんHDDは新品、メモリも32bit最大の4GB搭載、
文句は無いんですがwin7がSP1じゃない。。。
なので更新プログラムの導入を繰り返さないといけないのは判るんですが、肝心のSP1が入らないの。
何をやっても入らない。。。

起ち上げるたびにシステム構成で時間を取られ、導入失敗するもんだから元に戻すとかでまた時間がかかる。
本当に捨ててやろうかと思ったのですが、ここは意地でも解決して「何でも屋」としてのスキルアップを
しておこう思い、困ったときのOS再インストールではなく、根本の原因追求をしました。

結果、SP1導入時にドライバ関係が3つも引っかかっていたのでそれをコマンドプロンプトから上書きし
晴れてSP1の導入に成功して、元通りのPC生活を送れるようになりました。

その間、前回のスシ28 151、マロネ40 11に加えてマロネ29 114もサフェーサー下地の構体まで
完成してしまったので、昨日から始めた御料車14号の様子をお伝えしようと思います。

***********************************************************************************************

R0010443

まずは0.23mmの「超きれいな光沢紙」に外板・補強板・内妻・外妻・扉を切り出した。

ヘッドの移動速度は15mm、データはスジ彫り(折れ線)・開口部・外枠と3つのレイヤーで構成され、
それぞれ出力が12%、16.2%、16.2%を基本に裏からカットしている。

***********************************************************************************************

R0010444

カットが終わってまずやるのがススはらい。
結構な量が出る。

***********************************************************************************************

R0010446

続いてオモテ面のすす払い。
キャストコートのオモテ面は細い毛のような切りカスがライン上に残っているので、
しっかり落とさないと後が大変になる。

***********************************************************************************************

R0010447

スス払いが終わったA4の0.23mmと窓枠レイヤー用の0.09mm強光沢紙。

***********************************************************************************************

R0010448

A4紙から切り離す前に窓の周囲に裏からシアノン含浸。

***********************************************************************************************

R0010449

シアノンが乾いたらゲートの切り離し。

***********************************************************************************************

R0010452

切り離した外板裏にスプレーのり55をひと吹きして窓枠レイヤーとの接着へ。
今回の窓枠レイヤーのように薄いものを貼り付けるときはスプレーのり77では強力すぎて
曲がり・シワなどのトラブルに対応できないので、即失敗につながる可能性が高い。

***********************************************************************************************

R0010453

貼り合わせた外板と窓枠の裏面スリットからシアノン含浸。

***********************************************************************************************

R0010454

スリットの後、窓の開口部にも含浸させた。

***********************************************************************************************

R0010455

続いて補強板の接着。
開口部の高さがかなり大きいが、エコーの窓ガラス板(ポリカーボネート)が無加工で収まるように
設定してある。

***********************************************************************************************

R0010457

補強板まで貼り終えた状態で厚みは0.65弱といったところだが強度は十分だ。
側構体の紙貼りはこれで終了。

***********************************************************************************************

R0010458

内妻板作りに移ろう。

***********************************************************************************************

R0010459

切り出した内妻用パーツ。
デッキ部化粧板・扉枠・扉ガラスの下の板部分を兼ねた補強板の3枚で構成している。

***********************************************************************************************

R0010456

こういう小さい紙パーツ同士の初期接着にはミツワのペーパーセメントを薄めて使っている。
サッとひと塗りすると、ちょうどポストイット程度の接着力になり、商品缶にも記載があるように
全くそりや伸縮を起こさないのが有難い。

木工用ボンドは水分による伸縮が出るし、紙と紙だとセットタイムが速くて貼り直しが出来ないことや
接着後のシアノン含浸が効かないことなどが薄紙接着時のデメリットとなる。
もちろん角棒などの初期接着には重宝するのだが。

***********************************************************************************************

R0010461

3層接着で製作した内妻仕切り。
最下層にデッキステップの側壁を組み込んでおいた。

***********************************************************************************************

R0010463

続いて裏側に2x2、1x2のヒノキ棒でのりしろを兼ねたフレームを接着。

***********************************************************************************************

R0010462

角棒の初期接着に使用したのがこの「パワーエース 速乾クリア」だ。
中身はほぼ木工用ボンドなのだが、新しく見つけたので試しに使っている。
これの長所?  う~ん、特徴的なキャップ、、、かなぁ・・・。

***********************************************************************************************

R0010464

完成した内妻を取り付けるためのマージンをとって、側板の上下に3x3のヒノキ棒を接着。
下の位置は車体裾からの2mm上げている。

***********************************************************************************************

R0010465

若干の幅調整をして接着に備える。

***********************************************************************************************

R0010466

ここも木工用ボンド「パワーエース」で初期接着。
L型に組んだところで直角を出し、シアノンを流して固定した。

***********************************************************************************************

R0010468

箱型に組んで直角を出す。
接合面歪んでるよ・・・シアノン流す前に調整しないと。

とりあえずここまで。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »