« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #2 スシ28 151 その0 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2 »

2013年10月 5日 (土)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-1 御料車14号 その1

9月の半期決算と10月からのシステム変更でバタバタしていたのとは別に、前回の記事をアップしてから
PCの調子が悪く、すったもんだの挙句、面倒だったので中古のコアi5機を買ってしまいました。

しかしこれがまた・・・。

結局、使用中に何の前兆もなく突然電源が落ちるのは電源部やマザーボードの問題ではなく、
俗にkp41エラーといわれるwindows7のシステム上の問題だと判ったのは新しいPCが来てからでした(泣)
まぁ、i5になったし、中華レーザー機につないでる古いceleronノートの置き換え需要と考えればいいか。

で、新しく来たi5機がまた曲者でして、中古ですがもちろんHDDは新品、メモリも32bit最大の4GB搭載、
文句は無いんですがwin7がSP1じゃない。。。
なので更新プログラムの導入を繰り返さないといけないのは判るんですが、肝心のSP1が入らないの。
何をやっても入らない。。。

起ち上げるたびにシステム構成で時間を取られ、導入失敗するもんだから元に戻すとかでまた時間がかかる。
本当に捨ててやろうかと思ったのですが、ここは意地でも解決して「何でも屋」としてのスキルアップを
しておこう思い、困ったときのOS再インストールではなく、根本の原因追求をしました。

結果、SP1導入時にドライバ関係が3つも引っかかっていたのでそれをコマンドプロンプトから上書きし
晴れてSP1の導入に成功して、元通りのPC生活を送れるようになりました。

その間、前回のスシ28 151、マロネ40 11に加えてマロネ29 114もサフェーサー下地の構体まで
完成してしまったので、昨日から始めた御料車14号の様子をお伝えしようと思います。

***********************************************************************************************

R0010443

まずは0.23mmの「超きれいな光沢紙」に外板・補強板・内妻・外妻・扉を切り出した。

ヘッドの移動速度は15mm、データはスジ彫り(折れ線)・開口部・外枠と3つのレイヤーで構成され、
それぞれ出力が12%、16.2%、16.2%を基本に裏からカットしている。

***********************************************************************************************

R0010444

カットが終わってまずやるのがススはらい。
結構な量が出る。

***********************************************************************************************

R0010446

続いてオモテ面のすす払い。
キャストコートのオモテ面は細い毛のような切りカスがライン上に残っているので、
しっかり落とさないと後が大変になる。

***********************************************************************************************

R0010447

スス払いが終わったA4の0.23mmと窓枠レイヤー用の0.09mm強光沢紙。

***********************************************************************************************

R0010448

A4紙から切り離す前に窓の周囲に裏からシアノン含浸。

***********************************************************************************************

R0010449

シアノンが乾いたらゲートの切り離し。

***********************************************************************************************

R0010452

切り離した外板裏にスプレーのり55をひと吹きして窓枠レイヤーとの接着へ。
今回の窓枠レイヤーのように薄いものを貼り付けるときはスプレーのり77では強力すぎて
曲がり・シワなどのトラブルに対応できないので、即失敗につながる可能性が高い。

***********************************************************************************************

R0010453

貼り合わせた外板と窓枠の裏面スリットからシアノン含浸。

***********************************************************************************************

R0010454

スリットの後、窓の開口部にも含浸させた。

***********************************************************************************************

R0010455

続いて補強板の接着。
開口部の高さがかなり大きいが、エコーの窓ガラス板(ポリカーボネート)が無加工で収まるように
設定してある。

***********************************************************************************************

R0010457

補強板まで貼り終えた状態で厚みは0.65弱といったところだが強度は十分だ。
側構体の紙貼りはこれで終了。

***********************************************************************************************

R0010458

内妻板作りに移ろう。

***********************************************************************************************

R0010459

切り出した内妻用パーツ。
デッキ部化粧板・扉枠・扉ガラスの下の板部分を兼ねた補強板の3枚で構成している。

***********************************************************************************************

R0010456

こういう小さい紙パーツ同士の初期接着にはミツワのペーパーセメントを薄めて使っている。
サッとひと塗りすると、ちょうどポストイット程度の接着力になり、商品缶にも記載があるように
全くそりや伸縮を起こさないのが有難い。

木工用ボンドは水分による伸縮が出るし、紙と紙だとセットタイムが速くて貼り直しが出来ないことや
接着後のシアノン含浸が効かないことなどが薄紙接着時のデメリットとなる。
もちろん角棒などの初期接着には重宝するのだが。

***********************************************************************************************

R0010461

3層接着で製作した内妻仕切り。
最下層にデッキステップの側壁を組み込んでおいた。

***********************************************************************************************

R0010463

続いて裏側に2x2、1x2のヒノキ棒でのりしろを兼ねたフレームを接着。

***********************************************************************************************

R0010462

角棒の初期接着に使用したのがこの「パワーエース 速乾クリア」だ。
中身はほぼ木工用ボンドなのだが、新しく見つけたので試しに使っている。
これの長所?  う~ん、特徴的なキャップ、、、かなぁ・・・。

***********************************************************************************************

R0010464

完成した内妻を取り付けるためのマージンをとって、側板の上下に3x3のヒノキ棒を接着。
下の位置は車体裾からの2mm上げている。

***********************************************************************************************

R0010465

若干の幅調整をして接着に備える。

***********************************************************************************************

R0010466

ここも木工用ボンド「パワーエース」で初期接着。
L型に組んだところで直角を出し、シアノンを流して固定した。

***********************************************************************************************

R0010468

箱型に組んで直角を出す。
接合面歪んでるよ・・・シアノン流す前に調整しないと。

とりあえずここまで。。。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #2 スシ28 151 その0 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2 »

模型」カテゴリの記事

--御料車14号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-1 御料車14号 その1:

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #2 スシ28 151 その0 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2 »