« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-4 御料車14号 その4 »

2013年10月 8日 (火)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-3 御料車14号 その3

何気にこのブログも500記事を数えるに至ったようで、今回が501記事目のようです。
うちで501といえばもちろんPトップ。
ちょうど今朝、両毛線でチキ工臨があったのでネタとしてピッタリと思い、駒形-前橋大島の田んぼまで
行ったのですが、ドン曇りの6時前ということでまったく使えない写真しか撮れませんでした(泣)

ということで御料車14号、続けます。

***********************************************************************************************

R0010482_2

前回デッキ内部のクリーム色塗装を終えたので外妻化粧板を貼る。
扉の側面にパワーエースを塗って仮固定した後、微調整して裏にシアノンを流した。

ここには補強兼のりしろの角棒などを入れていないが、強度は問題なさそうだ。
屋根板の折妻加工を省略し、化粧板とツライチになってるのが判る。

***********************************************************************************************

R0010481_2

シアノンSWの最後の1本が半分を切ったので、どうしようかと思いとりあえず某オクで
「低粘度瞬間接着剤」を検索したらお得な50gのノンブランド品が出てきた。

自作のラジコン飛行機製作にも同じように含浸使用するようで、サーボモーターやバッテリーなど
そっち系の商品に混じって出品されている。

これが問題なく使用できるならコストは約半分になるので、テスト用に早速ポチっとしてみた。

***********************************************************************************************

R0010483_2

続けて外妻の折妻板をパワーエースとシアノンで接着。
微調整の面倒くさい屋根板の加工を省略したため、折妻板との間に隙間ができた。

この隙間を埋めるためにゼリー状瞬間接着剤を盛るが、事前にAAセッター(硬化促進剤)を
塗っておくとあっという間に塞がり、作業性が格段に向上する。
画像は水筆に入れたAAセッターを塗っているところ。

AAセッターや半田付け時のフラックスなど、水筆に入れておくと使い勝手がよい。

***********************************************************************************************

R0010487_3

屋根板を削ってみた。
削り具合の最終調整はキャンバス押さえを貼ってからになる。

***********************************************************************************************

R0010491_2

外妻の隅柱部分の表現のためプラ平棒を貼るので溶きパテを盛って下地を作る。
側板と内妻板のエッジが甘いので、同時に溶きパテを盛って研ぎなおしだ。

***********************************************************************************************

R0010493

「超きれいな光沢紙(0.23mm)」をレーザーカットしたシル・ヘッダー。
非接触切断のためクラフトロボ君よりも直線性は格段に良いようだ。

***********************************************************************************************

R0010494

端をテープで固定して流し込みタイプのMr.セメントSで固定していく。

***********************************************************************************************

R0010495

だいたい固定できたら余分を切って端をシアノン点付けで補強し、帯全体にMr.セメントを
流し込みタイプで少し薄めた液を塗って固定する。

***********************************************************************************************

R0010496

シル・ヘッダー付けが終わったところ。

***********************************************************************************************

R0010498

隅柱部分に0.5x1のプラ平棒をMr.セメントSで貼り、同時にドア押さえも0.4x0.5を貼って表現してある。

***********************************************************************************************

R0010499

作っておいた2段雨どいをMr.セメントSで仮固定した後、屋根側からはシアノンを、幕板側からは
薄めたMr.セメントを流して完全に固定した。

***********************************************************************************************

R0010501

雨どいの余分を切る前の御料車14号と、奥はすでにサフェーサー下地完成のマロネ40、スシ28、マロネ29。
手前は時間差で同時進行しているオロフ32が4面組みあがって屋根を載せるところ。

こうやって見ると、ペース上がってきた感じがする(笑)
あ、まだマロネ40のクーラー蓋付けてないや・・・(汗)

今回はとりあえずここまで。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-4 御料車14号 その4 »

模型」カテゴリの記事

--御料車14号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-3 御料車14号 その3:

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-4 御料車14号 その4 »