« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-1 御料車14号 その1 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-3 御料車14号 その3 »

2013年10月 6日 (日)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2

御料車14号の続きです。

***********************************************************************************************

R0010469

側板中央付近の合計厚みを測り、製作中の手掛け兼補強板を角棒間に渡す。

***********************************************************************************************

R0010470

ここはシアノン点付けで仮止め。
完成時には内装設置のため取り外す。

***********************************************************************************************

R0010471

この段階で屋根板をパワーエースを用いて接着し、固まり始めたところで微妙な位置ズレを
直しながらシアノンを流して固着した。

細部の状態を見るために1回目のサフェーサーを吹いてあるが、デッキドア上の幕板部分は
まだ接着していない。

***********************************************************************************************

R0010472

デッキドア上の後退角に合わせて2x2mmの角棒で補強を入れ、幕板部を接着後、
屋根板と側板との隙間やデッキ部の縦の合わせ目にクレオスのMr.溶きパテを盛る。

***********************************************************************************************

R0010473

パテの乾燥待ちの間にデッキ扉を作っておこう。

これもペーパーセメントで初期接着し、シアノン含浸で強度を出す。

***********************************************************************************************

R0010474

さらに折れ妻をきれいに固定するための基準となるデッキ側化粧板を製作。
同じくペーパーセメントとシアノンで板にする。

***********************************************************************************************

R0010475

上が貼り合せた化粧板で、デッキ側レイヤーにはステップ用側壁を組み込んだ。
下は折れ妻板で、開口部周りに1x1(上・左右)、1x0.75(下)のプラ棒を貼ってある。

***********************************************************************************************

R0010476

側板ツラから2.5mm引っ込んだところにデッキ扉を接着。

扉の裏にはあらかじめ、下に蹴込みのスペーサーとなる0.5x3平棒、接着のりしろと補強を兼ねた
1x1角棒をパワーエースとシアノンで貼ってある。

扉自体の接着もパワーエースでだいたいの位置を決めた後、微調整してシアノンで固定した。

***********************************************************************************************

R0010477

屋根板はあえて妻板の折れ部分を省いてデッキ化粧板とツライチになるように仕上げてあり
後から隙間に木工用瞬間接着剤を流して埋める。

***********************************************************************************************

R0010478

ここで、あとから塗るのが大変になるデッキ内部をクリーム色に塗っておこうと思う。

濃いノーツフレッシュオレンジをメインに明るいノーツフレッシュを少し足した。
旧型客車のデッキはみな同じクリーム(薄茶)色だと思うが、優等車の方がより濃いような気がするのは
何かの思い込みバイアスによるものだろうか。

***********************************************************************************************

R0010479

エアブラシ塗装が終わったら保護のためA4版のポストイットを切り出して化粧板を覆った。
この後何度もサフェーサーが吹かれるための措置だが、袋小路になったデッキ部分を再塗装
することは容易でないのでこんなことになっている。

この編成が終わったら窓やデッキ扉の開いた客車も作ってみたい。

とりあえずここまで。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-1 御料車14号 その1 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-3 御料車14号 その3 »

模型」カテゴリの記事

--御料車14号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-2 御料車14号 その2:

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-1 御料車14号 その1 | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #3-3 御料車14号 その3 »