« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月21日 (水)

【模型】 とりあえず車輌が出来たから地面作ろう その18

前回の記事で「暑いけど頑張って模型やろう」的なことを書いたのは大きな間違いだ。

マジで暑すぎてヤバい!

毎日毎日、夜になっても模型机の温度計が35℃とか、去年はそんなことなかったと思うんだけど・・・。
寝るときもクーラー無しでは無理、もう2週間くらいつけなかった日は無いような状態(汗)
確実に今年はおかしい。これからの夏はずっとこんなんじゃないだろうなぁ。
やっぱり模型スペースにも空調設置しておくべきだったかな。

でもまぁ、少しずつでも進めないと終わらないのでやって行きましょう。

***********************************************************************************************

R0010399

レンガ庫に入る線路3線をコード70のレールで敷設して、レンガ壁の土台になる部分を作った。

庫内はレンガ敷きか、コンクリ打ちか、ちょっと資料を当たってみよう。
一応レール面とツライチの床にするため、紙を重ねて底上げの準備をしている。

ありゃ~、庫の外がずいぶんやる気の無い地面になっちゃったなぁ(汗)
粘土じゃなくて溶いたモデリングペーストを使ったのが原因だ・・・あとで直さないと。

***********************************************************************************************

R0010403

対岸にもレール敷設。
レールが突き出した部分には何か桁を渡さないと危険だね、、、こんなのありえない。

素掘りのトラバーサエリアは通常こんなに深くない、っていうのが後から判った(泣)
大井工機部のも、ほんの少し掘ったところにレール敷いてトラバーサを載せ、車輌はかなりの段差を
無理やり登って行き来していたみたいだし。

ま、今回は大井工のスケールモデルじゃないし、雰囲気重視ってことで!

しかし暑いなぁ。。。

***********************************************************************************************

R0010396

久しぶりに塗料の追加購入、今回はこのへんのメンツに集まってもらった。
今までクレオスの薄め液(大)を使っていたが、エアブラシがメインになってくると洗浄用に消費が早い。
どうせ量使うんだし、ちょっとでも安いのを用意しておこうと思う。
実際に塗料を薄めるのにはすでにガイアノーツのモデレート薄め液【特大】を使っている。

赤サビ色が思いのほかレンガにちょうどよかったので追加。
ならばオキサイドレッドもいけるだろうと踏んでビンとスプレーサフェーサーを仕入れてみた。

最近ではフラットベースにも「なめらか」とか「あらめ」とか、以前なら自分でタルクやベビーパウダーを
足したりして調整していたのに、そんな商品が出てきたのは嬉しい。
しかし、そうすると今までのフラットベースはコレで言うとどこに位置付けられるのだろう?
「あらめ」はちゃんと0.3mmのエアブラシ通るのかな・・・(汗)

クリアレッドとクリアブラウンは御料車14号の漆塗装のテストに使ってみる。
畳色とクリーム系は客車内の色に。

***********************************************************************************************

R0010393

ここで一つレーザーでのテストカットをしてみた。
あれ? 13番が無いし! ナンバリングミス(汗)

0.5mmのケンランケントを使い、積層屋根を作ってみようと思う。
屋根カーブに合わせて等高線状に切り出して接着したら、屋根にならないだろうか。

***********************************************************************************************

R0010394

うーん、なんかちょっと違うような・・・。
妻端をもっとこっちに寄せないとダメなのかな。

***********************************************************************************************

R0010395

全部重ねるとこんな感じ。
やっぱり妻端の隅にボリュームが無さ過ぎるんだろう。

こりゃ木製屋根の方が簡単だわ・・・とりあえずテストで一つ作ったら終わりかな。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

【模型】 とりあえず車輌が出来たから地面作ろう その17

ちょっと忙しくしてたらもう8月も半分終わっちゃいました(汗)
やっと落ち着いて休みが取れそうです。

で、レーザーに夢中で止まってしまっている地面系工作を再開します。
一度途中まで作ったレンガ庫ですが、レーザー加工機導入で工作精度が上がったので
さらにいいものを、ということで再度作りはじめました。

***********************************************************************************************

Sr0010382

久しぶりにやるとどういうタイミングで写真を撮ったらいいかわからなくなります(汗)

いきなりこんな状態の写真ですが、構造体は3mm厚のスチレンボード、レンガテクスチャには
0.22mmの強光沢紙(写真用紙)を使っています。

いろいろ試してみたんですが、レーザー加工に今までのパウチ紙は使えませんでした。
レーザーの熱でスジボリの縁が盛り上がってしまい、岩絵具で目地をすり込むときに
余計な部分にも残ってしまうことが判りました。

そこで手持ちのケンランケント紙をはじめカレンダーやPOP用のコート紙、写真用紙など
試したところ、写真用紙が一番キレイにスジボリできることが判明。
いつもの調子でレンガテクスチャに仕上げました。

***********************************************************************************************

Sr0010390

クラフトロボ君ゴメン、、、1/80だとやっぱりレーザーの方がいいわ。

刃による一点切り込みに岩絵具の目地を入れるより、レーザーである程度幅のある
目地彫りに岩絵具を入れた方が確実に見栄えがいい。
目地の白さはもちろん、経年で目地が削られて凹んだ(ように見える)部分のディテールは
今までの中で一番だと思う。

***********************************************************************************************

Sr0010389

ロボ作レンガ(左)とレーザー作レンガ(右)を並べてみよう。

この圧倒的な質感の違いに唖然とする。
以前はロボ作で十分満足していたのが嘘のようだ・・・。
レーザー作は本物のレンガ造り、ロボ作は今風のレンガ調タイル貼りといった感じだろうか。

ちなみに、写真用紙はツルツルなのでレーザーで目地を彫って切り出した後
サフェーサーを遠くから吹きつけてザラ感を出し、その上にレンガ色を載せた。
目地にはおなじみ岩絵具をすり込み、ボンド水溶液を塗って定着させてある。

***********************************************************************************************

Sr0010384

レーザーで切り出したスチレンボードにレンガテクスチャを貼りこんだところ。
窓のアーチ部分もきれいにキマって気持ちがいい。

***********************************************************************************************

Sr0010383

そのアーチ窓の桟も0.26mmのケンランからレーザーで切り出してみた。
さすがに破綻が無い・・・カッター手抜きじゃ絶対に(自分は)真似できない。

なんだか自分が上手くなったような錯覚に陥るが、道具が優れているだけで
自分の技術はもうこれ以上上達しないのかもしれない(泣)

さて、クーラーが無い私の作業スペースは暑いけど、逃げずに模型もやっていこう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

【模型】 激光生活 #2-9  中華レーザー加工機の調整 その9

なんだかんだ忙しい日々を乗り切って、やっと自由になる休みにありつけました。
やりたいことがあるのに時間を作れないのは精神衛生上よろしくないですね。

いよいよ中華レーザー加工機の調整も最終段階です。
ペーパー加工用の吸引テーブルを製作し、筐体も大改造しました。

***********************************************************************************************

R0010355

久しぶりに筐体を立たせて裏から寸法取りしてます。

***********************************************************************************************

R0010356

縦横20cmの四角を描いた後、屋外で物騒な工具を持ち出して底板を切断してます。

***********************************************************************************************

R0010357

ものすごい火花を散らしながら、へっぴり腰でどうにか切り込みを入れて抜き落とし成功。

***********************************************************************************************

R0010358

補強のバーも点溶接部分をサンダーで削って落としました。

***********************************************************************************************

R0010359

開口部のバリ取りまで終わったところ。

***********************************************************************************************

R0010360

装備はそのままサンダーを使ったので切子が中に溜まって掃除が大変でした(泣)

***********************************************************************************************

R0010362

掃除が終わったら涼しい室内へ。

この開口部はこうなります。
名づけて「底面排気型吸引テーブル化改造」。

添付の排気用ファンはわりと強力なシロッコファンなのでこれを利用して、排気と吸引を兼ねて
使用し、背面に飛び出るファンを下に持ってきてスペースも節約させようという魂胆です。

***********************************************************************************************

R0010364

下から見るとこうなってます。

排気は右に出して窓へ持ってく予定。
この改造のためにイレクターパイプを使って30cm弱のかさ上げ台を作りました。

***********************************************************************************************

R0010365

樹脂製のファンなので、レーザーを浴びたら一発でダメになりそう、、、ということで
アルミシールテープで覆ってみました。

***********************************************************************************************

R0010367

ベニヤの端材を使って30cm四方、高さ6cmのマスを作り、上下に隙間テープを貼ってあります。

なんとなくベニヤの側面にもアルミテープを貼ったけど、意味無い感じ・・・。

***********************************************************************************************

R0010369

テーブルは2mm厚のパンチングアルミです。

下の隙間テープにレーザーが当たらないようにテーブルの縁にもアルミテープを貼ってます。

***********************************************************************************************

R0010371

試運転したところ、ファンの回転部に貼ったアルミテープのせいで軸のバランスが狂い、すごい振動が
出てしまったので回転部のアルミテープはすべて剥がし、何か別の対策をすることに。。。

***********************************************************************************************

R0010372

アルミテープで覆った5mm厚のMDF板を少し浮かせて回転部の上に渡してみました。
これで直接レーザーが当たることは無さそうです。

***********************************************************************************************

R0010374

開口部と補強バーを撤去した部分にアルミテープを貼って錆びを防ぎます。

***********************************************************************************************

R0010375

ファンと筐体の接触部にも隙間テープを貼って、振動対策しました。

***********************************************************************************************

R0010376

囲いを入れて。。。

***********************************************************************************************

R0010377

テーブルを載せて。。。

***********************************************************************************************

R0010378

両側をアングルで押さえてネジ止めすれば完成!

***********************************************************************************************

R0010379

レンズ中心から50.8mmに設定してます。

これだと蝶ネジがヘッドに当たるので、蝶ネジをやめて普通のナットに変更しました。

***********************************************************************************************

R0010380

ほぼ一日かけてようやく完成!

ファンを回してテーブルの上に紙を載せると、パスッと吸い付いて動きません!
A4以下のサイズでも十分吸い付いてくれました。

これにて調整は終了、データを取りながらどんどん加工していきたいと思います。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »