« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

高崎線開業130周年記念号 

世間が夏休みに入って売り出しやらイベントやらでなかなか時間が取れない中、久しぶりに自分都合の
公休を取って、早朝からテツ→昼はBBQ→夕方テツ→夜はうちのショッピングセンターの納涼祭の司会
と予定のみっちり詰まった一日を過ごしました・・・って最後は仕事じゃん!

***********************************************************************************************

Img_49571_2
2013.7.28 高崎線 熊谷タ 回9734レ
EOS60D + 400mmF5.6 1/250 f5.6 ISO500 W/B:AUTO

雲の切れ間から差し始めた朝陽を受けて、Pトップ牽引の12系が尾久を目指す。
上野発着の奥利根号が無くなってから、この回送スジで送り込まれるのは久々ではないだろうか。

神保原-新町でやる予定で家を出たものの、厚い雲が空を覆っていたためどんどん南に下って
時間ギリギリにたどり着いたのがここだった。
本線と出発線を分ける黄色いホチキスが12系の車体裾に写って、在りし日のシナ座「江戸」のように見える。

***********************************************************************************************

Img_49621_2
2013.7.28 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 28-70mmF2.8 1/500 f.5.6 ISO500 W/B:AUTO

電車の入出区が重なる朝の忙しい時間、わずかな隙間を縫って列車出発の1時間以上前から入換が始まった。
今回のマークは211系に付けられているものと同じだろうか。

***********************************************************************************************

Img_49671_2
2013.7.28 高崎線 高崎付近 入換
EOS60D + 400mmF5.6 1/800 f5.6 ISO250 W/B:AUTO

こちら側も同じマーク。
丸く縁取った白黒模様の鉄道路線地図記号風のラインからE-233系らしき車輌が顔を出す様は
昔のヨドバシカメラのCMを連想させた。

***********************************************************************************************

Img_49701
2013.7.13 高崎線 新町-倉賀野 

目的列車の前に現れた157系風塗装の185系「あかぎ」。
見るのは2回目、撮るのは初めて。
これはアリかな。

***********************************************************************************************

Img_49761
2013.7.28 高崎線 新町-倉賀野 9830レ
EOS60D + 70-200mmF2.8 1/1000 f5.6 ISO250 W/B:AUTO

ロクヨン1001を先頭に高崎線を上る130周年記念号。

高機区の500番台を追いかけていた21世紀初頭以来10年ぶりにここを訪れたが、周りの樹木が伸びて
若干雰囲気が変わっていた。

JR化後しばらくしてからは人員の問題からか、線路周辺の雑草除去などがなおざりにされている
と感じるのは私だけだろうか。。。

***********************************************************************************************

Img_49811
2013.7.28 高崎線 新町-倉賀野

上りの130周年号撮影後、お手軽に200mほど移動し下りのPトップ12系団臨に備える。
ここもかつては良く訪れた場所だが、こちらは何も変わっていなくてひと安心。
アングルを決めて現れたのは今や貴重な211系、マーク付きの編成だった。

***********************************************************************************************

Img_49901
2013.7.28 高崎線 新町-倉賀野 9735レ
EOS60D + 300mmF4 1/500 f7.1 ISO400 W/B:AUTO

午前中の高崎線下りは晴れてしまうとどこも厳しい。
こちらも高崎線開業130周年を記念して運転された団体列車だが、Pトップにあのマークが
付かなくてよかった。

しかしなぜ最近のマークにはグラデーションを使いたがるのか。
完全に外注? 色ベタでいいからセンス良く見やすいものにならないだろうか。
なんか、こう、マーク単体での出来栄え自己満足に感じてしまう。
ちなみに、マーク縁の橙色部分には「130th Anniversary Ueno-Kumagaya」の文字が小さな字で回っている。
これもデザイン的なもので読んでもらうつもりはまったく無いようだ。

***********************************************************************************************

Img_49981_2
2013.7.28 高崎線 新町-倉賀野 9831レ
EOS60D + 300mmF4 1/640 f4.5 ISO640 W/B:AUTO

午後の部は一転、夕立スタートになった。
強くなり始めた雨をついてロクヨン37号機先頭で高崎を目指す130周年記念号。

***********************************************************************************************

Img_50111
2013.7.28 高崎線 新町-倉賀野 9736レ
EOS60D + 300mmF4 1/500 f5.0 ISO400 W/B:AUTO

夕立がやんでギラギラとした陽射しと流れる雲の作る影が交互に来る中、列車通過時は都合よく
曇ってくれた。晴れたらとんでもない逆光状態だ。

終わってみれば全部カーブの写真になってしまった。
それもPトップは同じ右向きばっかり・・・。

他の用事を優先するあまり、本チャンはみんなこの界隈で済ませるという体たらく。
それでも撮れただけよしとしようか。
次のテツは何になるだろう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

【模型】 激光生活 #3-2  中華レーザーソフト実践 その2

ここで、私のメイン工作となるペーパー用のレーザー加工までの流れをまとめてみます。
あくまでも私流のものですので、もっといい方法がいくらでもあるのかもしれません。

使うソフトは設計にJW CAD、データの受け渡しにCorelDRAW X6、レーザー加工にCorelLASER 2013.2です。
基本的には設計・作図はWin7・Quad機かWinXP・Duo機で行い、JK-K3020用に用意したWinXP・Celeron機に
DXFで出力したデータを移して加工します。

あ、今のところ、付属のWinsealXPとLaserDRAWの出番は有りそうもないです(汗)

では、先日のブロック塀をもう一度作ってみたいと思います。

***********************************************************************************************

Image16

まずはブロックの原型を描きます。
四角形ツールでも複線ツールでも、目的のものが出来れば構いません。

私は縮尺を1/80にして実物原寸入力でやってます。
このブロックの場合は横410mm、縦205mmにしてあります。

***********************************************************************************************

Image17

次に、ブロック1個分を外に拡大して透かしブロックを描きます。

***********************************************************************************************

Image18

修正した透かしブロックをコピーし、入れたいところにペースト。

***********************************************************************************************

Image19

すべてを選択した後、整理ツールで重複整理、連結整理をかけ、ダブった線が無いようにします。

***********************************************************************************************

Image110

裏表で重ねるため余白を付けて位置決めピンの穴を描きます。

***********************************************************************************************

Image111_2

コピーし、、、。

***********************************************************************************************

Image113

基準となる左上にマーキングをして、いらない線を消します。

上は切抜き用、下はスジボリ用のため、下の余白を消去し、これから上の縦横線を消すところ。

***********************************************************************************************

Image115

出来上がったら一旦原版をJWWファイルとして保存し、その後DXFファイル保存するために
縮尺の変更をします。

1/80サイズの原寸で出力するため、図寸固定の1/1でOKします。

***********************************************************************************************

Image120

そしてDXFファイルで保存。
これをCorelDRAWに読み込みます。

***********************************************************************************************

Image117

CorelLaserのショートカットからCorelDRAWが起動したら、「開く」で作成したDXFファイルを指定し、、、。

***********************************************************************************************

Image118

メートル法、スケーリング1:1でOKを押せば、、、。

***********************************************************************************************

Image121

CorelDRAW上に原寸大の図形が出ます。

***********************************************************************************************

Image122

最初にスジボリするため、上の図を消去。

***********************************************************************************************

Image125

CuttingボタンからCorelLaserに入り、、、。

***********************************************************************************************

Image124_2

あらかじめテストしておいたヘッドスピードと出力%でスタートすればスジボリ完成です。
あ、画像が切り抜き図形のになってますね(汗)

***********************************************************************************************

Image123

戻る矢印で両方の図が見える状態に戻し、続いて今度は下の図を消去。
カット図をCorelLaserに送ります。

両方の図の左上にチェック用のトンボを入れてあるのでこれが自動的に左上になります。
これにより加工台での位置調整は必要ありませんので、材料はテープで固定しておくだけでOK。

***********************************************************************************************

R0010348

こんな感じに仕上がりました。

レーザー出力を絞ったので抜けてないように見えますが、ちょっと押せばきれいにはがれます。

**********************************************************************************************

最安値機のJK-K3020ですが、基本的には出力設定の違いの数だけレイヤーを用意すれば、
すべてこの方法で加工できるはずです。

でも、いろいろなペーパーを思ったように加工するにはまだまだデータの蓄積が必要ですね(汗)

ナニゲにほかの素材も試してみたいところ・・・(笑)

いや、停まってる模型を早期完成させるのが先か(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8

どうにか加工台の1段目を完成しました。
ピント調節機構がないので、台面を上下出来るのは最低限の機能として必要でしょう。

***********************************************************************************************

R0010330

結局、100mmのボルトではヘッドの移動に支障してしまうため、90mmを使用しました。
これで使用上問題はないのですがボルトに余裕がありませんので、次にバラす時にはもう一度100mmの
ボルトに変えて、裏にワッシャーを入れて支障しないギリギリになるように調整したいと思います。

***********************************************************************************************

R0010331

フレーム撤去の際にB鏡をはずしてしまったため、こんなにズレて、、、再度調整が必要です。
B鏡を中心にエリア各部でのレーザーの当たり方を見て、最大限に収束させました。

***********************************************************************************************

R0010332

今回初めてヘッドを分解し、C鏡とレンズの清掃を行いました。

***********************************************************************************************

R0010334

ミラーを外した後、こんなんやってヘッドを外しました。

***********************************************************************************************

R0010335

ものすごく汚れていたレンズのレーザー進入面。
いままでの調整時に入った紙の焼けかすでしょうか。

***********************************************************************************************

R0010337

対物面も指紋がべったりだったので、キムワイプで念入りに清掃しました。

このレンズは焦点距離2インチのもので、レンズ中心から50.8mmが焦点です。
焦点深度は±0.1インチ、焦点から2.54mm上下までの範囲できれいに加工できることになります。
これにより5mmのアクリルがカットできるという根拠になっているのでしょう。
しかしそれは厚みの中心にピッタリ焦点が合っていることが条件です。
もちろん焦点深度から外れていてもカットはできるのでしょうが、レーザー幅が広がるため切削力も弱まり
切り口もかなり斜めになりそう・・・そのためにも加工台が動いたほうがいいと思います。

***********************************************************************************************

R0010347

どうにか完成した加工台の1段目。
2段目はこの上にパンチングメタルの吸引台を載せる予定。

純正の加工台は印材保持エリアに挟んで加工するのがデフォルトのため、台の上に載せて加工すると
焦点深度ギリギリ、、、これでは無理があると判断して加工台を自作することにしたのです。

***********************************************************************************************

各部の調整が終わったところで、レーザー出力とヘッドの移動速度の違いによるペーパーカットの
仕上がりの差をみてみることにします。

まずはCorelLaserを起動し、CorelDRAWで簡単な図形を描きます。

11

今回は縦横10mmの四角形の角を半径2mmで落としたものを使います。
四角形ツールで適当な形を描き、サイズの入力マスで大きさを10mmに直しました。

***********************************************************************************************

12_2

角を丸く落とすためにこのボタンを押し、2mmずつにしました。

***********************************************************************************************

13

ベクター図形のカットを行うため、輪郭線を一番細い「極細線」にしておきます。

***********************************************************************************************

15

こんな図形ができあがっているはずです。

***********************************************************************************************

14_2

あとはカッティングのボタンを押して、レーザー出力値とヘッドスピード、切削位置を決めればOK。

***********************************************************************************************

16

カッティングボタンを押してこの画面が開いたら

①スタイルをカッティングにして
②カッティング位置を決めて
③ヘッドスピードを決めて
④カット開始

カッティング位置は図形の左上のくる位置になります。
CorelDRAW上でどの位置に描いても、選んだ図形の左上がこの位置にきます。
ですから、毎回X軸の数値を変えるだけできれいに横に並んだカットができます。

ヘッドスピードは速すぎても筐体が揺れる(切削物を固定してないとズレる)し、遅いと焦げるし、
適当なところを探す必要があります。
今回は20mm/sを中心にテストしました。

***********************************************************************************************

17

0.26mmのケンランを使用し、15mmずつ横に移動しながらレーザー出力を変えてやってみました。

15mm/sでは13.8%でほぼ抜き、14%で完全に抜けました。
逆に9.5%以下ではレーザーが出ません(汗)
通常のスジボリ程度なら10%くらいがいいかもしれませんね。

今回メインとなる20mm/sでは14.8%でほぼ抜き、15%で完全に抜けました。
30mm/sでは16.3%からほぼ抜き、16.8%で完全に抜けてます。

このように、使用する素材ごとにデータを取っておこうと思います。

***********************************************************************************************

R0010346

ちなみに、今回の設定では10mm角の図形が9.77mmで抜かれ、枠がほぼ10mmでした。

***********************************************************************************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

【模型】 激光生活 #2-7  中華レーザー加工機の調整 その7

やっと代替のレーザー管が届きました!
EMSで発送してくれたようですが遅すぎです(泣)

その他、調整用の材料も用意できたので、ここで加工台をいじっておきましょうかね。

***********************************************************************************************

Sr0010299

ガラス管だけあって、かなり厳重に梱包されています。
おかげで、たった太さ10センチ、長さ70センチばかりのものが縦横30センチ、
長さ1メートルにもふかされて大変嵩張ってます(汗)

ちょっと邪魔だけど、このまま保管しましょうか。

***********************************************************************************************

加工エリアの調整に入る前に、少しだけレーザー遊びしてみました。

レーザー描画の解像度は1000dpiで十分なものですが、紙やアクリルのカットとなると
カットされる幅が加工精度に影響してきます。
簡単な四角形を描き、寸法通りにカットして測ると実寸より0.2mm小さくなっていました。
両側0.1mmずつが削られた計算になります。
これは簡単にカットできるレーザーパワーで動かしたときのものですが、カット可能な
最小のパワーでゆっくりカットすればもう少し詰められるのかもしれません。

しかしこの0.1mmという誤差は1/80の模型世界では大きく、人間の目の「なんかおかしい」
と感じるギリギリのところでアウトでしょう。
この誤差を寸法に付加したものをデータとして作成しなければいけないということです。

習作としてこんなもの↓を出力してみました。

Sr0010300

1/80サイズのコンクリートブロック塀です。
縦横のラインがもう少し細い方がいいですね。
出力を絞って移動速度を落とせばもう少し細くなりそうです。

今までの手抜きやクラフトロボでは到底ムリなことを、いとも簡単にやってのけました(笑)
これで1/50以上の大きな建築模型はもちろん、1/80のジオラマにしても今まで省略
していた「透かしブロック」を本当に抜けた状態で表現できます。
調整前でカット面がかなり焦げていますが、十分な精度でしょう。

スジボリレイヤーとカットレイヤーに分けて処理しました。
左右の丸い穴が開いた糊しろのような部分は、裏表を貼り重ねて両面を表現する
ための位置合わせ用で画鋲の針の太さの穴を開けてあります。

***********************************************************************************************

Sr0010301

さて、また分解です。
この使えない加工台を撤去します。

**********************************************************************************************

Sr0010302

加工台枠自体はきちんと直角が出ているようです。

***********************************************************************************************

Sr0010305

こいつを使って新たに加工台を作りたいと思います。
いわゆるアルミメッシュですが、まずはこれで1段目を。

***********************************************************************************************

Sr0010306

大きさ的にはこんなものでしょうか。

***********************************************************************************************

Sr0010307

用意した小物類。
今回、加工台を手動で上下できるようにします。

アルミアングル買ってくるの忘れた・・・(泣)
すぐに行ってこよう。

***********************************************************************************************

Sr0010309

本日二度目のホームセンターで買ったアルミのアングルを切り出しました。

***********************************************************************************************

Sr0010310

こんな感じに入る予定です。

ボルト穴を新たに開けないとダメですね。

***********************************************************************************************

Sr0010311

超アクロバット(汗)
一人でやるのは結構キツい・・・。

万が一があったら、怪我&6万円がパー!
どうにかやりきりました。。。

***********************************************************************************************

Sr0010312

何もないところでボルトを入れてバネを入れて、フレームを入れて、蝶ネジで締めました。
うん、いいんじゃないですか?

***********************************************************************************************

Sr0010313

こんな感じになってます。

ちょっとバネレートが弱いなぁ、ボルトも80mmじゃ短いかも(汗)
暑い中、またまた近所のホームセンターまで買出しかぁ?

***********************************************************************************************

Sr0010314

アルミメッシュも設置。
らしくなってきましたね。

でも一回全部外さないと本体のフレームが入りませんから。。。

***********************************************************************************************

Sr0010316

一度バラして本体を戻した後、加工台フレームを再度組み上げました。

しかーし! やっぱりボルトが短くて加工面が下過ぎます!
ついでにバネももう少し硬いのにしますか。

とりあえず今日はここまで。
100mmのボルトと太目のバネを用意します。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6

さて、中華レーザー加工機JK-K3020を無事に始動できましたので、使用に向けて整備ならびに
データ収集を始めたいと思います。

まずはJK-K3020専用にノートパソコンを用意しました。

***********************************************************************************************

R0010240

用意したといっても、カミさんが以前使っていたVAIOの古いやつを引っ張り出してきただけですが。
ソフト類はWinXPでも動くのでこのままいきます。

しかしメモリが256MBとか・・・有り得ん!
CorelDRAWは1GBを要求しますよ(汗)

何やるにも遅いのなんの。。。イライラしますね。

***********************************************************************************************

R0010257

激安の1GBメモリを足しましょう。
この機種は合計1,280MBまでメモリ認識するのでちょうどいいです。

***********************************************************************************************

R0010258

裏を開けてさっそく設置しました。

***********************************************************************************************

R0010260

ちゃんと1.25GBになってます。
これで体感的にもかなり違いますね。

メモリ代2,200円、送料込みでも3,000円弱で十分使い物になるならよかったよかった。

***********************************************************************************************

R0010253

続いて破損しているガラス管部分の補修です。

欠けた接続部にチューブを挿すだけでは、どうしてもチビチビと水漏れが起きるので、この部分全体を
エポキシ接着剤で固めてしまいます。

これで完全に水漏れは止まりました。

***********************************************************************************************

R0010261

最後に、関税1,000円をコンビニで払って、いろいろあったこの中華レーザー加工機の輸入劇も幕引きです。
ちなみに、インヴォイスでは中古レーザープリンター$100となっていましたけど・・・(笑)

あとは代替レーザー管が届けばいいんですが、遅いですねぇ、船便ですかねぇ。

そうそう、今回の取引きについてAliexpressの取引評価に☆2つ(☆5つ中)をつけて

レーザー管が壊れてたよ。到着から1週間経つけどまだ運転できないし。
でも満足いく対応してくれたから、このトラブルはもうすぐ解消するね。
ちゃんと運転できたら本当に満足すると思うよ。

みたいなことを書いたら、先方からのメールで

新しいレーザー管は届いたでしょうか?
レーザー管を交換していただければ必ず動きますよ。
その時にはぜひ評価を☆5つに変更してください。
いくらかをキャッシュバックしたいと思います。

と来ました。

いくらかをキャッシュバック~? え、お金もらえるの~?
これってデフォルト? なんていい会社なんだろう(笑)
って、完全にカネで操られてるなぁ・・・壊れてるの送ってきたの向こうなんだけど。
ゴネて訳分からないメール送りまくって、タダでもう一台手に入れるくらいしないとダメだったのかなぁ。
ま、そんなこと出来るようなタマじゃないんですけどね。

今回の件では自分、よくやったと思いますよ。
最初にも書いたように、結果良ければいいでしょう。
予算の7万円以内で納まってますし、いろいろ勉強にもなりましたしね。

また中華機器を買っちゃいそうです(笑)
次は3Dプリン・・・ゴニョゴニョ、、、ゲフンゲフン!

***********************************************************************************************

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

【模型】 激光生活 #2-5  中華レーザー加工機の調整 その5

☆ 祝 中華レーザー加工機 稼動! ☆

やっと原因を突き止め、これで晴れてレーザー加工機としての第一歩を踏み出せます!

X軸、Y軸のベルトテンションや加工台、各鏡の最終調整などはまだですが、初めてレーザーマーキングに
成功しました! いやー嬉しい、マジで嬉しい。
だって、6万ナニガシをドブに捨てるような結末だったら目も当てられない・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010252

完全にベルトが脱調してズレてますが、四角と丸の基本図形はキレイに描けてます。

***********************************************************************************************

さて、今回これだけ苦労してやっとここまで来たのには英語・中国語の読解力うんぬん以前に
中華製品のクオリティーが大いに関係しているようです。

結果としてレーザーが出なかった原因は

電源基板のレーザー管プロテクトスイッチ用端子が短絡していなかった

ことです。
要するに、上位機種では水冷管の流れをチェックしたり、エアーブロアの作動をチェックしたりする機能が
付いているものがあるようなんですが、このJK-K3020は最安価仕様のためそんなものはありません。

スイッチが無いのだからそこはジャンパー線なりなんなりで短絡していなければ、電源基板は
異常ありと判断しレーザー発振をしない、と。

まあ見てくださいよ↓(笑)

Sr0010178

デフォルトでこれです(笑)
G端子をP+端子に寄り添うように曲げてあります!
中華系電子工業ではこうして短絡させるのでしょうか?

普通は右のソケットと同じハーネスにケーブルを輪にして短絡させないかな・・・。
中華クオリティー恐るべし!!!!

***********************************************************************************************

手動スイッチでレーザーは出る。
レーザー発振のパイロットランプも点灯する。
PCからの信号でヘッドもちゃんと動く。

じゃあ何が悪いんだョ!

ということで電源の製造会社のホームページに行って、該当する機種の詳細を見て、、、、
と思ったら商品紹介しか無いし!
しょうがないので類似機種の詳細を探したら電源容量のデカいのが概念図付きでありました。

そこを見ると似たような配列の端子図があり、その中にWP(ウォーターポンプ?)というのがあって
「レーザー管の破損を防ぐために水流・通風管理や温度対策に使用する」みたいなことが書いてありました。

ほぉぅ、レーザーの発振ストップするんだ、、、これか、、、それなら話が通る。

やってみようじゃないの!

で、使ったのがコレ↓

Sr0010248

古いHDDなんかから引っこ抜いて溜めてあったジャンパーピンです。

***********************************************************************************************

Sr0010249

ピッタリ! こんなとこで役に立つとは思いませんでしたよ(笑)

***********************************************************************************************

ということでめでたく全ての機能が使えるようになりました。
これでやっと本当のスタートラインです。

この機械で快適なホビーライフを送れると信じて、さらなる勉強をしていきたいと思います。

ってゆーか、自分の感覚では考えられないようなことが平気で行われてることに唖然とし、
到底完成品とは呼べないような代物を平気で出荷することに驚いてしまいました。
中華パワーこえぇ~(笑)

スタートライン前の最後にこの画像↓を貼って締めたいと思います。

Sr0010256

工場の人、「S生産」のハンコの意味が判ってないで押してるようです(笑)

***********************************************************************************************

Sr0010254

これ以上は何も言いませんけど。。。

***********************************************************************************************

まだ代替レーザー管が届きません。
向こうを発った知らせは来てるんですが・・・。

今の壊れたレーザー管を補修して使って、新しく届くのを予備にしましょうかね。

***********************************************************************************************

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

【模型】 激光生活 #2-4  中華レーザー加工機の調整 その4

新しいレーザー管はまだ届きません。。。

当分の間、壊れたレーザー管で練習といきますかね。
じゃあまずはレーザー進路の調整しておきましょうか。

***********************************************************************************************

Sr0010210

A鏡=レーザー管から出たレーザーを加工エリアの方に曲げる鏡です。

***********************************************************************************************

Sr0010211

B鏡=加工エリアに入ってきたレーザーを加工部に曲げる鏡です。

***********************************************************************************************

Sr0010212

C鏡=B鏡から来たレーザーを加工面に落とす鏡で、レーザー収束レンズも入ってます。

***********************************************************************************************

Sr0010216

鏡の角度を調整するのに8mmのレンチが必要でした。

***********************************************************************************************

Sr0010213

レーザー進路のチェックにはシール用紙の余りを持ってきました。
これを小さく切って鏡の前に貼り付けてレーザー照射し、どこに当たってるかを見ました。

***********************************************************************************************

Sr0010217

各鏡に付いている調節ノブをロックするナットを8mmレンチで緩めます。

***********************************************************************************************

Sr0010218

A鏡のデフォルト状態・・・ほぼ真ん中に近いです。
まぁこれだけ近いですからね(汗)

***********************************************************************************************

Sr0010219

そのままB鏡に当てると、かなり左上にずれてました。

***********************************************************************************************

Sr0010221

A鏡を調整してだんだん真ん中に近付いてきています。

***********************************************************************************************

Sr0010223

A鏡をだいたい決めたところで、B鏡をそのままにC鏡に当ててみました。
完全に鏡の穴から逸脱しています(汗)

***********************************************************************************************

Sr0010224

B鏡を調整しながら、だいたいいい所まで仕上げます。

ちなみにここは加工エリアの一番遠い右下の角です。

***********************************************************************************************

Sr0010227

とりあえず一番遠くで調整が終わったところです。
ここから左下、右上、左上とC鏡を動かして各部でのレーザーのあたり方を見ます。

***********************************************************************************************

Sr0010229

各角部でのレーザー通過位置を1枚の紙に当ててみたもの。
練習段階だからこんなもんでいいかな?

本番を始めるまでにもう少し収束するように調整しましょうかね。

***********************************************************************************************

TEXTボタンではレーザー出てますが、相変わらずレーザーテストスイッチでは
うんともすんとも言いません・・・。

PCを繋いでソフトを立ち上げてもダメ・・・。
ソフトで簡単な図形を描いてカットスタートしても、ヘッドが動くだけで肝心なレーザーが
全く出てません(泣)
もちろん基板の”L”ランプは点灯してるんですけどねぇ。

何が悪いのか、、、設定か、接続か、ソフトか、ひとつずつ潰していくしかないか。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

【模型】 激光生活 #3-1  中華レーザーソフト実践 その1

レーザー出力の目処がついたところで、使用するソフトの勉強を始めました。

自分の使い方からいくと、CADから吐き出したDXFファイルを読めればほぼ解決するので
必然的にメインのソフトはCorel Laserになると思います。

***********************************************************************************************

Image17

まずは付属のDVDをデスクトップにコピーして開いてみました。

上のフォルダから

・coreldraw --- ジンクーレーザー社のロゴ画像データだけで、プログラムファイルは入ってません。
・Fonts --- 中国語のTrueTypeフォントが53個入ってます。
・Manufacturer --- ここもジンクー社のロゴだけ。
・SysData --- 印章テンプレートのデータとiniファイル。Japanese.iniもありますが中身は空でした・・・。
・激光彫刻機駆動 --- 何かセットアップファイルが入っていますがよく判りません。
・字庫 --- ここにも中国語TrueTypeフォントが1000個超、入ってます(汗)
・相関視頻 --- 関連する動画ですね。機器取扱いに関する動画(中国語)が10本入ってます。
・彫刻機安装視頻 --- 機器の設置とソフトのインストールに関する動画が4本入ってます。
・彫刻機軟件 --- ソフトウェアのインストールファイルが3本と圧縮ファイルが1本入ってます。
・図庫 --- マージャン牌の図案や企業ロゴ、ピクトグラムなどの素材が大量に入ってます。
・軟件操作視頻 --- ソフトの操作に関する動画が16本入ってます。

フォルダの下にもPDFファイルで取扱い説明がいくつかありますが、もちろん全部中国語です(汗)

***********************************************************************************************

Image18

「彫刻機軟件(彫刻機ソフト)」を開くと4つのファイルが現れます。

上から
・CorelDraw12 簡体中国語版(圧縮ファイル)
・CorelLaser 2013.02
・LaserDRW 神州易刻
・WinsealXP 2013.02

一番上は圧縮ファイルになっていますから、WinRARなどの圧縮・解凍ソフトで解凍しないと使えません。
なんでこんなものが入っているかというと、CorelLaserが単独では使えず、CorelDrawが必要になるからです。

しかしこのCorelDraw12はWin2000用のようで、XPや7にはエラーが出てインストール出来ませんでした(泣)
最新版のCorelDraw16(CorelDrawX6)を入れて連携が取れることを確認しましたので、問題はなさそうです。

***********************************************************************************************

Image19

付属DVDの製作者である「李輝宇的軟件店http://www.3wcad.com/」のダウンロードページに行くと
上記のようなものがあり、各ソフトの内容が中国語で確認できました。

3兄弟はみなWin2000、XP、VISTA、7、8にOKで、それぞれ32bit、64bit両方に対応しているようです。
ちなみに、CorelLaserの方はCorelDraw11~現行版までが対応と書いてありますね。
試したところ、CorelDrawがインストールされていないとCorelLaser自体がインストールできませんでした。

***********************************************************************************************

Image20

ソフトのインストールはどれもこの表示から始まり、あとは通常のインストール手順と変わりません。

***********************************************************************************************

Image212

最初に「日本語」を選んでおけばインストール画面は全て日本語で進みます。

***********************************************************************************************

Image21

ソフト起動時のロゴなど。

インストールが終了しソフトを立ち上げるとこれが表示されてから作業画面になります。
下の方に「多国語言版」とありますが、中国語と英語しか入ってません。
(日本語・韓国語のiniファイルはあるものの、中身が空で使い物にならない・・・)
日本語化するには自分で対応するコトバを書き込んでiniファイルを完成させないとダメですね。

ちなみに、2枚重なった上側の「激光彫刻系統」のロゴは全てのソフトの起動時に出てきます。
WinsealXPって書いてあるんですけどね(汗) さすが中華クオリティー。

***********************************************************************************************

Image23

インストールが無事に終わるとこのショートカット現れます。

***********************************************************************************************

Image22

CorelDrawに関してはコーレル社の体験版ダウンロードページhttp://corel.e-frontier.co.jp/products/trial/から
最新版を入手できるので、これを入れてCorelLaserとの連携を確認することが出来ます。

***********************************************************************************************

Image24

CorelLaserのショートカットをダブルクリックすればCorelDrawが自動的に立ち上がります。
これでDXFファイルを読む準備ができました。

WinsealXPとLaserDRWは画像メインでDXFなどのベクターファイルは読めません。
まだ実践的なことが判りませんが、うまく使い分けていくしかないんですかね?

***********************************************************************************************

2014.10.19 参考までに自分のCorelLaserの設定を載せてみます。

Sr0012873

***********************************************************************************************

Sr0012874

***********************************************************************************************

Sr0012876

これで楕円が25mmのスピードで切れました。

***********************************************************************************************

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

【模型】 激光生活 #2-3  中華レーザー加工機の調整 その3

代替品のレーザー管はまだ到着しません・・・。

それでは、壊れたレーザー管で試運転といきますか!

***********************************************************************************************

Sr0010207

日本でパソコンやプリンタなどに良く使われる電源コードを持ってきました。
これでOKのはずです。

***********************************************************************************************

Sr0010206

アース線には2mm径の単芯を使えと書かれていたので代わりになるものを探したところ、
ジャンク箱に1mm径くらいのベル線(インターホン配線とかに使うやつ)があったので
これを2本まとめてからクーラーコンセントのアース端子に割り込ませました。

***********************************************************************************************

Sr0010192

ウィ~ン・・・・電源投入するとヘッドが待機位置に自動で帰位しました!
電源BOXのPOWERランプも点灯!

壊れたガラス管からの水冷も順調にいっています。

***********************************************************************************************

Sr0010209

激光開関(レーザーON/OFF)のボタンで電流指示の数字がついたり消えたり。
AMPER EMETER? EMETERって何だ? まぁメーターだろうな。

さて、この値が何を表しているのか、、、激光調節のところが+-%になっているので
電流値そのものではなくて、こいつが持つ能力の何%出力するかを決めるようです。

じゃあアンペアメーターじゃないぢゃん! ま、いっか。

***********************************************************************************************

Sr0010208

テストスイッチがありますね。
激光測試(レーザーテスト)というんだからコレを押せばレーザーが出るんでしょう?

んじゃ失礼して、、、ポチっと!

***********************************************************************************************

Sr0010140_3

シーン・・・・。

なんで?

***********************************************************************************************

Sr0010193

テストボタンを押すと、ちゃんとPOWERの横の赤いLランプが点灯するんですよ。
コレたぶんレーザー出力のパイロットランプですよね?

なのに、どうして?

・・・ん!?

***********************************************************************************************

Sr0010176

オイ! ここ1本切れてるけどいいのか!?

で、すぐにメールで確認したらこれがデフォルトらしいです。。。

***********************************************************************************************

Sr0010179

じゃあオマエか!?

この怪しげな接続部分、、、どうせ代替品が来たら外すんだ。
今外したって同じだろう。

***********************************************************************************************

Sr0010186

チューブを取ってシリコンを剥がしていくと、、、何コレ?

ガラス管から生えた銅軸に高圧ラインの撚り線が巻きつけてあります。

***********************************************************************************************

Sr0010187

ハァ? どうなってんのよ?
ちょっと引っ張ったらすっぽ抜けたんですけど!

それに、出てる銅芯の部分がやけに黒くね?

***********************************************************************************************

Sr0010195

えぇーと、、、この銅芯の表面は全く通電しないんですけど(汗)

チェッカーに”1”が出てるから抵抗値∞!

***********************************************************************************************

Sr0010190

線は新たに剥き直して、銅芯はペーパーで磨きました。
今度は抵抗値がほぼゼロになったので通電しそうです。

***********************************************************************************************

Sr0010191

マイナス側も一度外して同じように処理しました。

***********************************************************************************************

Sr0010194

せっかくだから半田付けしようと思ったんですが、銅芯の熱容量が大きすぎるのか、
半田ごてが弱すぎるのか、はたまた銅芯の表面がいけないのか、全く半田が乗りません!
だからあんな固定方法だったんだなぁ?

しょうがないので元のように銅芯に巻き付けました。
いよいよテストです!

ポチっとな!

***********************************************************************************************

Sr0010140_4

シーン・・・・・・・。

なんなんだよオイ!
2万ボルト出てないんじゃないの?

***********************************************************************************************

Sr0010201

もう頭来て電源BOX分解しちゃいました!
このあと基板を外して裏の半田剥がれのチェックをしたんですが、大丈夫そうだし・・・。

なんなんだよもうっ!

ってゆーかさあ、テストボタン押して高電圧部分がブーンとか言わないのおかしいよね?

もしかして・・・・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010178

気になってたんだけど、Lランプの横の”TEXT”って何だよ?
もしかしてこれが”TEST”ボタンなんじゃねーの?

電源BOXを元に戻し、コンセントをつないで恐る恐るサインペンの先で押してみると・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010202

一瞬 ”ジ”って音がして、作業スペースからわずかに煙が上がりました。
見てみると、置いておいた紙に穴が開いてるではありませんか!

やっぱり”TEXT”が”TEST”だったんだ・・・(泣)
っていうことは、レーザーテストのボタンはパソコンに繋がないと作用しないんだな!
(正常であれば操作盤のTest Swichでレーザー出ます)

いやぁ、これでなんとか前に進めそうだ(大汗)

***********************************************************************************************

Sr0010204

暗くして写真を撮ってみました。

見事にレーザーが出てますよ!
通水部のガラス管は破損してますが、使えないことは無いようです。

***********************************************************************************************

Sr0010205

2万ボルトは怖いので端子部分にチューブを被せて木工用ボンドを注入。
元のようにシールドしておきました。

これでいよいよ始動できますぜ、旦那!(誰?)
図らずも格安で予備のレーザー管を用意できたしネ、、、テヘペロ(笑)

次はちょっとソフトの方をいじってみたいと思います。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

【模型】 激光生活 #2-2  中華レーザー加工機の調整 その2

駆動部分の調整が終わったので、加工台をペーパー加工仕様に改造しておきたいんですが
楽天で買ったブツがまだ届かないので後回しにします。

やっぱり早く遊んでみたいですよね、一般的な感情として。
試運転しちゃマズいかな・・・レーザー管が爆発したりしないよね(汗)

ということで、、、

***********************************************************************************************

R0010152

まずは壊れたガラス管部分をどうにかする必要があるので、レーザー管自体を外してみます。

***********************************************************************************************

R0010153

固定金具の2本のネジを外してフリー状態になりました。

ガラス管から伸びている通水チューブをレーザー管の方に引っ張って、動かせるようにしますが
高圧リード線のマージンが少ないので完全に取り外せるほど動きませんでした(汗)

しょうがないので設置状態のまま加工します。

***********************************************************************************************

R0010155

これですよ、問題の破損部分は。
指で押さえてあてがってみると完全に離れてしまっています。

要するに、ここの硬いシリコンチューブが長すぎたんでしょう。
無理やり入れたもんだから外側に押す力が強くて、わずかな衝撃で割れたと・・・。

***********************************************************************************************

R0010156

障害部分を取り除きます。

引っ張っても外れなかったので切って除去することにしました。

***********************************************************************************************

R0010157

剥がれるように割れてますね。
見やすいように曲がり口の上まであったチューブを切って除去してあります。

***********************************************************************************************

R0010158

こちら側は問題ないようです。

***********************************************************************************************

R0010159

割れ口は破片の欠損無くピッタリくっつくようですが、仮に補修で固定できたとしてもこの狭い間隔、
さらには口同士がオフセットしていて一直線じゃないなど、チューブを押し込むのは至難の業・・・。

なら、無理に直さなくてもいんじゃね?

***********************************************************************************************

R0010164

こんなのどうよ(笑)

わずかに残った本体側の破損部分に、長めに切ったチューブをはめて、クルンと回せばチューブが
つぶれることなく繋げそうです。

このチューブは、本体から出てくる先っぽを切りました。

***********************************************************************************************

R0010165

ちょっと不恰好ですがどうにか繋がってるようです。

ただ、通水したら水圧で抜けるだろうから何かしら対策が必要でしょうね。

***********************************************************************************************

R0010166

恐る恐る水中ポンプを水に沈め、緊張の瞬間です・・・。

水が循環しはじめました。

***********************************************************************************************

R0010168

仮設部分も大丈夫のようです?

!!!このあとすぐスッポ抜けて水浸し・・・(泣)

破損している接続部分ではシールできそうも無いので、本体とチューブが重なる部分をガムテープで
止めて、抜ける方向に動かないようにしてみました。

***********************************************************************************************

R0010169

三重構造になっているガラス管の真ん中の層を水が流れていきます。

***********************************************************************************************

R0010170

反対側もかなりのオフセットで接続されていますが今のところ大丈夫そう(汗)

***********************************************************************************************

水冷もうまくいってるようだし、じゃあ電源入れちゃおうかな~(笑)

あ、電源コード持ってこないと、、、どっかに昔のパソコンから外しておいたやつがあると思ったけど・・・。
無ければ今のパソコンかプリンターからちょっと拝借しておこうか。

で、アース線も必要か・・・。
店じゃないからコンセントにアース端子無いし!
そうだ、エアコン用のコンセントにあったような気がする、そこまで繋ごう。

***********************************************************************************************

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

【模型】 激光生活 #1-5  中華レーザー加工機到着 その5

壊れたレーザー管をどうするか、の続きです。

***********************************************************************************************

Image14

いつも思うのがこの画面・・・常に自動でサインイン出来ないものか・・・。

いや、そこじゃなくて、

パスワードをお忘れか。

ずいぶんワイルドな言い回し! さすがアリババ様!(笑)

いや、そんだけなんですけど・・・。

***********************************************************************************************

梱包開封時の写真と壊れたレーザー管の写真を送ったら、ベンダーからこんな返信がありました。

内容としては、

 輸送中の梱包は大丈夫のようですね。
 残念ですが、すでにレーザー管は壊れていたのでしょう。
 こちらから新しい機械を送らなくてはいけませんね。
 しかし、そのためには壊れた機械を送り返していただき、工場に提出しなくてはなりません。
 返送は実費でお願いしており、お客様に必要以上の金銭的負担をおかけすることとなります。 

 そこでお客様に、当社から新しいレーザー管をお買い求めいただくことを提案させていただきます。
 もちろんそれは50%OFFで提供させて頂きますので返送料よりも安いです。
 お客様もご存知のように、この商品は総額600ドルと大変安く、利益がほとんどありません。
 OKという返事をいただくことで、双方にとって最善の解決方法になることを望みます。
 早めにお返事をいただけるとありがたいです。

みたいな。

こちらとしては、流水管が破損してるとはいえレーザー管が1本手元に残って新しいレーザー管を
安く手に入れられるので全然OKな提案です。
まぁ、本当は無償で交換してもらえるのが一番いいんですが・・・。

値段が安いことを引き合いに出されたのにはちょっとカチンと来ましたが、こちらも早く使いたいし、
ここは一つ向こうの出方を見る返信を打って、その答えを待ってからOKすることにしました。

以下がその内容で、

Image15_2

 最終的にはそちらの提案を受け入れる準備が整っています。
 その価格は総額の50%引きですか、それとも商品代金の50%引きですか?
 もしそちらの対応が誠意に満ちたものならば、私は喜んでその提案を受け入れます。
 この商品はとても安く、利益が薄いことを理解しております。
 私も商売人なのでそちらの気持ちも理解しております。
 しかし、届いた商品が使い物にならなかったこちらの気持ちも判ってください。
 少しでも早くこの機械を動かしたいのです。
 新しいレーザー管の購入方法を教えてください。

みたいな。

***********************************************************************************************

そしたらさっそく来ました。

 ご理解いただき有難うございます。
 こちらからは総額の50%引きで提案させていただきます。
 この提案で受け入れていただけるならば下記のページにアクセスし、購入していただきたいのですが
 お支払いはその表示の限りではありません。
 こちらで50%引きした金額をご請求させていただきます。
 よろしいでしょうか?

と。 まぁ、この答えを引き出したかったので、これでしょうがないでしょうよ。
ゴネればいいのかもしれないけど、英語力が・・・。

なので、こう送り返してやりました。

Image16

 さっそくの返信有難うございます。
 OK、わかりました。
 そちらの素晴らしい提案に動かされました。
 すぐに行動しますよ。
 この行動は双方の満足につながりますか?
 そちらが満足ならば、こちらも満足です。
 そして、機械が動き始めたとき、私は本当に満足するでしょう。

みたいな。

***********************************************************************************************

返って来たメールは・・・

 誠に有難うございます。
 すぐに新しいレーザー管を送ります。
 もちろん機械は動きますよ!

というもので、一応の決着がつきました。

最初の予算が7~8万円。
激安の6万円弱で買ったらトラブルも一緒についてきて、7千円弱の追加。
一応予算内には収まってますのでよしとしますか。

しかし、これが届いてやっとスタートラインです(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

【模型】 激光生活 #2-1  中華レーザー加工機の調整 その1

壊れたレーザー管に関しては何も出来ない今、本体の掃除と調整をしておきます。

***********************************************************************************************

R0010092

とにかく金属の切り屑がすごいのでこれをどうにかしましょうか。
アルミならまだしも、ボディの鉄とか混じってたら完全に錆びますね。

しっかしキタナイ加工面だなぁ、、、手ぇ突っ込んだらイッパツだ。。。

***********************************************************************************************

R0010118

一応アナウンス通り、加工台はA4がぴったり載る30x20cmが確保されているようです。

しかしちょっと待て・・・目の錯覚か?

***********************************************************************************************

R0010094

オイ、曲がってるよコレ!

このスライドバー、絶対X軸とY軸が直角じゃない!

***********************************************************************************************

R0010124

本当に手のかかる子です・・・。

まず加工台を外しました。
台面上のネジ4本で簡単に外れます。

***********************************************************************************************

R0010125

もう一回確認、、、確かに曲がって付いている。
これじゃあXEONのメインボードも、ドイツの駆動部も意味無いような・・・。

***********************************************************************************************

R0010126

10ミリのスパナを持ってきて駆動部のフレームを外します。
これもなんだか強引に取り付けたようで、まわりは傷だらけでした。

***********************************************************************************************

R0010121

排気部が邪魔なので撤去しておきます。
ネジが1本付いてないですね(汗)

・・・わかりました!
構造上、この位置にネジ止め出来ないんです!
だって、裏にナット固定してないんだもの。

この3箇所だって脱着容易じゃないですよ(汗)
ネジを緩めた瞬間、裏のナットも回り出すんですから・・・。

***********************************************************************************************

R0010128

恐々レーザー管の脇からスパナを入れてナットが回らないように押さえながら外しました。
ナットは一度中に落としてドライバーの磁気でくっつけて拾ってます。

ま、これで無事に排気口が取れました。

***********************************************************************************************

R0010129

ボディに固定しているボルトを4本外して駆動部のフレームを抜きました。

Y軸上のミラーは外さないとダメみたいです。

***********************************************************************************************

R0010136

接続場所を忘れないように撮った写真。
一番右のFFケーブルがX軸用、黄白青赤の4PがY軸用です。

***********************************************************************************************

R0010130

空っぽになった加工部。まずは掃除です。

開口部を対角線に使わないとモーターが当たってフレームが出ません。

***********************************************************************************************

R0010131

ヘキサレンチでX軸のレールを固定しているネジを外します。

下のプラスネジ2個はX軸駆動ベルトのテンション用。
最終的にはこれも外します。

***********************************************************************************************

R0010132

ネジを外してX軸のレールとY軸の右ガイドが分離したところです。

このガイドは下に見えるベルトに固定されています。
Y軸用の同期シャフトとこのベルトの噛み合わせがずれて固定されているために左右の平行が狂っているのです。

右端のテンションネジを緩めて噛み合わせを外し、正しい位置まで目測で送りました。

***********************************************************************************************

R0010133

外してしまったX軸のテンションを戻すのが大変・・・(汗)

***********************************************************************************************

R0010137_2

フレームを戻したところ。
X軸レールがY軸とほぼ直角になりました。
レーザーが稼動し始めたらもう少し精密にやろうと思います。

そのときは右下のY軸モーターから出る延長ロッドの接続を外し、左右の位置を微調整するつもりです。

***********************************************************************************************

早くレーザー発光(発振?)させたいんですけど!

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

【模型】 激光生活 #1-4  中華レーザー加工機到着 その4

Sr0010143

ええ、壊れてましたよ。。。

こんなことは万が一にもあって欲しくなかったんですが、これも価格のうちでしょう。
たった600ドルでこんな素晴らしい試練を与えてくれるアリババ様に感謝しなくては!

***********************************************************************************************

さて、まずはこの状況を報告して、どうするかを交渉しないといけませんね(汗)

下手な英語でクレームを書いて、画像と共にメッセージセンターから送信しました。

Simage11_3

英語は得意でないのでネイティブが見たら「え?」っていうレベルかもしれませんが、
とにかくこちらの状況と言い分を伝えられればいいんです。

内容としては
 本日受け取りました。
 でも、ガラス管が破損していました。
 そのガラス管の状況を撮った写真を添付しました。
 出来るだけ早くこのレーザー管を交換してほしいです。
 どうしたらいいか、どのくらいの期間で交換可能か教えてください。
 返事を待ってます。
 お手数おかけしてすみません。

みたいな文章になってると思います。

そうしたら返事が
 壊れた管と梱包の写真をもっと送ってもらえますか?
 エアーバッグの空気は抜けてなかったですか?
 当社のEメールはこちらです。

というものだったので、先の到着から梱包解体、中身のチェックの写真を全部送りました。
やっぱり写真に残しておいて正解ですよ。
まさかこんなことに使うとは思いませんでしたが・・・(汗)

その時に送ったメールがこちらです。

Simage12_2

 お世話になります。
 梱包を解いたときに写真を撮りました。
 リクエストされた写真を添付しましたので見てください。
 外側に損傷は見られませんでした。
 それと、内側のエアバッグは完全な状態でした。
 梱包に問題は無かったので除去して、品物を屋内に運び込みました。
 そして品物と付属品を確認しました。

こんな感じの文章です。メール作法的にあってるかどうかは分かりません。
英語力が無いのでセンテンスが短いですね。。。
しかし、中学英語程度の単語で適当につないでも、ちゃんと理解してくれてるようです。

***********************************************************************************************

その後はまた交渉中・・・。

結局、安~い買い物ですから、こんな特典も付きやすいんでしょう。
日本製の高い機器には「安心安全安泰の料金」が含まれてるということなんですよね。

そんな素晴らしい特典を身をもって体験中ですが、やっぱり無いものは無い。
ちょっと手を出すと大変かなと思っても、安いモノに走る事だってあります。
だって、6万円でレーザー加工機で遊べる(かも)んですよ?!
いつ買うか、、、今ですよね?

ま、結果良ければ全て良しで丸く収まってくれればいいんです。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

Pトップ工臨 久々のテツです

中華レーザーの方はいろいろ難題が山積し一つずつ片付けているところですが、
ちょうどPトップのチキ工臨に休みが当たったので行ってきました。

***********************************************************************************************

Simg_49231

久しぶりに水上工臨に充当された501号機。
田端の撮影会絡みで再塗装された連結器とスノープラウがまだきれいだ。

***********************************************************************************************

Simg_49281

深い緑に囲まれたカーブをゆっくりとやってくる。

***********************************************************************************************

Simg_49321

チキが積車なので2枚目はなるべく上から撮っておきたかった。

***********************************************************************************************

Simg_98481

水上でチキを側線に押し込んだ501号機が単機で帰る準備中。

***********************************************************************************************

この後、雨が強くなったのでセブンイレブンに寄ってトイレ&食糧補給してたら
タッチの差で単機行っちゃいました・・・。
意気消沈で追っかけず、そのまま高速乗ってお帰りモードです。

でも元気なPトップを見られてよかった。
次は月末かな。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【模型】 激光生活 #1-3  中華レーザー加工機到着 その3

中華レーザー加工機到着です。

Sr0010084

西濃運輸扱いのFedex便で来ました。

もっとゴツい木箱にでも入ってくるのかと思ったら案外シンプルでほっとしましたよ。

***********************************************************************************************

Sr0010086

オープン!

中はエアバッグシートに包まれています。

***********************************************************************************************

Sr0010087_2

確かに110V仕様で作ってくれたようです。

***********************************************************************************************

Sr0010088

いやまさか、こんなものが気軽に買える日が来るとは思いませんでした。

これぞ”中華レーザー加工機”って感じの青/白ツートンです。
重さは30キロあるか無いかで、一人でも持てなくはないですね。

***********************************************************************************************

Sr0010089

ひとまず部屋の中に入れて各部の確認と付属品のチェックです。

すでに商品画像と異なるところがあります(汗)
操作パネルがデジタルになっていますね。

***********************************************************************************************

Sr0010090

加工部をパカっと開けると中から排気ファンや水中ポンプが現れました。

このゆる~い感じ、嫌な予感がしないでもないです。。。

***********************************************************************************************

Sr0010097

全ての付属品を並べてみました。

エアーポンプは?
いや、そもそもエアブロー管が付いてないタイプ?(悩)

***********************************************************************************************

Sr0010093

本体を動かすとカラカラと音がするので、期待通り(?)ボルトやナットが落ちてるのかと
思ったらコレ、たぶん水中ポンプの出口に付けるものですね。

切り子はすごいですが、ボルト・ナットなどの脱落・混入はありませんでした(笑)

***********************************************************************************************

Sr0010091

はい、新品です!

***********************************************************************************************

Sr0010100_2

嫌な予感その1。。。

このあと曲がりを直そうと思ったら根元から折れました(笑)
まぁ、このプラグは日本では使わないヤツですからいいんですけど。。。

***********************************************************************************************

Sr0010107_2

電源部のパネルを開けてみたらプラパイプが入ってました!
排気ファンから窓にもっていくためのパイプですね。

***********************************************************************************************

Sr0010110

一番左のスイッチは使われていません(汗)

***********************************************************************************************

Sr0010095

一番左は赤外線ポインタのスイッチみたいです。
確かに、この機種には装備されていませんね。

あ、機種名が書いてありました。
JK-K3020、一番有名な激安中華レーザーじゃないでしょうか。
わりと速いペースで操作部等のモデルチェンジがされているようです。

***********************************************************************************************

Sr0010096

商品画像では電球が付いてましたが、LEDランプになってます。

***********************************************************************************************

Sr0010098

冷却水循環用の水中ポンプもちゃんと110V仕様です。

60Hzものなので50Hzでは効率が落ちますね・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010099

こちら排気ファン、これも110V、60Hzですね。

まぁ問題は無いと思いますが、どうするかあとで考えましょう。

***********************************************************************************************

Sr0010111

メインボードです。

本当に日本製なんでしょうか? あ、パーツが日本製でしたっけ?
でもXEONって書いてありますね。あのXEONですかね。

***********************************************************************************************

Sr0010112_3

一番大事な40Wレーザー管です。

実は大変なことが起きています・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010148_2

オイ!!!!!!

***********************************************************************************************

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

【模型】 激光生活 #1-2  中華レーザー加工機到着 その2

中華レーザー加工機発注までの続きです。

***********************************************************************************************Image03

変な日本語が煩わしいので英語表記にしました。
私が選んだ”安い”機種ですが、中華レーザー加工機によくある”ナントカ3020”とかの型番が見当たりません。

***********************************************************************************************

以下、商品説明欄から全文抜粋してみました。適宜”<<”でツッコミ入れてます。

200*300mm Mini CO2 Laser Engraver Engraving Cutting Machine
3020 Laser with USB Sport Support WinsealXP 2013 <<Sportって何だ?(笑)
Pls Note if you want buy this machine with 110v power,we suggest you buy 220v machine and a 500w Power transformer.Casue 110v machine just change the power to 110v while the water pump,air pump and fan are seperate still 220v.

<<表題には書いてないですが、購入後に申し出れば110V仕様で作ってくれるようです。

Item specifications:

  • Communication Interface: USB Port or parallel port( you can choose as your demands) <<USB仕様がいいので一応購入後に伝えます
    • FDA Compliant: Yes
    • CE Certification: Yes
    • ISO9001 Quality Certification: Yes
    • Laser Type: CO2 Gas
    • Tube Trigger Volt: 20KV
    • Tube Operating Volt: 15KV
    • Current: 18~22mA
    • Engraving Area: 12x8in.(30x20cm)  <<これが一番重要
    • Maximum Item Size to Engrave: 10.25W x 8.75L x 2.85H in.
    • Laser Tube (life hours): 1000-1300 Hours <<本当かどうか判りませんが
    • Laser Power: 40W
    • Engraving Speed: 0-180mm/s (0-7 in./s)
    • Cutting Speed: 0-18mm/s (0-0.7 in./s)
    • Minimum Shaping Character: 1 X 1mm (0.04 X0.04)in. <<まあ普通です
    • Resolution Ratio: 0.026mm / 0.001 in. (1000dpi)  <<十分でしょう
    • Power Supply:110V/60Hz for USA, Canada, Japan etc. 220V~250V for other countries all over the world. Please tell us what voltage you want after you buy this item. <<110Vで使えるようです
    • Resetting Positioning: ?0.01mm (0.0004 in.)
    • Motor Type: Stepper Motor
    • Software Supported: WinsealXP 2013,CorelLASER,LaserDRW <<中華レーザーソフト三兄弟が使えます
    • Power Consumption: ?250W
    • Operating Temperature: 32-113F (0-45C)
    • Graphic Format Supported: PLT/DXF/BMP/JPG/GIF/PGN/TIF <<DXFファイル読めます
    • Water Cooling: Water Pump include
    • Recommended Spare Parts/Consumables: Laser Tube, Focal lens, Reflection lens
    • Product Dimensions:31.4 X 19.6 X 9.8in.(800x500x250mm)
    • Product Weight: 32Kg/67lb (shipping 38kg/80lb)
    • One year warranty <<安いけど1年保障ついてるようです

Why our product better than other similar product?

This machine integrates the newest light, machine and electricity mechanical movement to design this hign precise and high speed three generation modal CO2 LASER Engraver.   

1.USB Port to Computer.
2.WinsealXP 2013 Software Included. WinsealXP 2013 can be employeed in both carving and cutting works.
3. Adopt Japan imported mainboard and chip which can control the engraving more precise. 
<<日本から輸入したメインボードとチップセット使用ですが、日本製とは書いてないですね
4. Adopt Germany imported bearing and high accuracy stepping belt which not only make the engraving more precise, also make the machine life time twice to three times than ordinary CO2 LASER Engraver.
<<駆動部はドイツからのものですね、ドイツ製でしょうか
5. Additionally built the micro-active switch to enable the machine do not light when canopy is open which enhance security.
6. The reinforced and thickened machine body make transportation absolutely to be safer and longer life time.
<<いくらボディが補強されてても駆動部の立て付けが悪いと工作精度が下がりますけど
7. Built the heat dispersed fan to reduce all electronic component's temperature. Thus lengthen electronic component's life and the higher technical volatility.
8. High Precision Stepping motor makes engraving more precise.
<<モーター自体は中国製でしょうね
9. This machine supports any kind of model printer, the scanner.Be compatible with TIF international standard fonts and PLT / DXF / BMP / JPG / GIF / PGN and TIF

と、まぁ見てみましたが、安くてもなかなかイイ線いってるようです。 問題はOSに何を要求してくるか。。。WindowsXPかWindows7が使えればいいので大丈夫でしょう。 (説明に書いてないですが、結果的にはWindowsXP、7、8で使えます)

***********************************************************************************************

Image04

で、ここのボタンを押せば次の画面で↓

***********************************************************************************************

Image05

運送費まで含めた支払い総額と、購入ボタンが現れます。
登録時に日本を選択しておけば自動的に日本までの輸送で表示されます。

何気に、表題に110Vの表記が加わってますが・・・。

***********************************************************************************************

Image06

で、ここを押すと↓

***********************************************************************************************

Image07

その他に選べる運送会社のデリバリータイムと料金が見られます。
ここではFedexIEが一番安いですが、どこもそんなには変わらないですね。

ん? 私のときよりも40ドル近く上がってるなぁ・・・(汗)

***********************************************************************************************

Image08

で、購入を決めたらBUYボタンを押せばこの画面になり、さらにPlace Orderボタンから通常の
ネットショッピングと同じようにクレジットカード番号などの入力をして決済。。。
決済の完了まで丸1日掛かります(汗) もちろんページを閉じても問題ないです。

このキャプチャ画面は実際に自分が買う時のもので、トータルプライスが600米ドルでした。
6万円でお釣りがくるレーザー加工機!
いい買い物をしました!

***********************************************************************************************

Image09_2

Place Orderボタンを押す前にメッセージ欄に希望の仕様を書いておけばOKです。
ここで忘れても、オーダー完了後の画面にもメッセージ欄があるので大丈夫。
私はそっちで希望を伝えました。ログインしてメッセージセンターを開くと送ったメッセージが見られます。
スレッド方式に自分のメッセージと相手の返信が並ぶようになっていて画像も添付できます。

自分はこれをCNC化する予定も無いのでパラレルポートではなくUSBで、電源はもちろん110Vです。

今回は
I would like the USB port and the 110V power.
とだけ書いて送りました。

するとすぐに
ok
とだけメッセージが来てビックリ!

嬉しくなって
Thank you very much. I just can't wait for it to arrive.
と送ったら
will ship out soon.
と返ってきました(笑)

これであとは到着を待つだけ。
6/20にオーダー、決済完了が6/21、そこから製造に入って6/29に向こうを発って、7/1受取りでした。

***********************************************************************************************

Image10_2

そのあとはオーダーディテールの画面で逐一状況が確認できるので安心でした。

次は到着後のお話し・・・苦戦中です(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

【模型】 激光生活 #1-1  中華レーザー加工機到着 その1

Sr0010084

ついに海を越えて待望のレーザー加工機が到着しました!

機器を調整して、さらに操作をマスターするまでの道のりは長そうですが、ここに記録を
残してゆきたいと思います。
しかしその前にとんでもない落とし穴がありました・・・(汗)
それも含めて全てを公開しますので、何かの役に立てば幸いです。

ちょっと模型製作の方が疎かになりそうで怖い。。。

***********************************************************************************************

事のきっかけは「アリババ.com」で仕事関係のものを取引きしたときに、何気なく見た
広告だったと思います。

常々、趣味でレーザー加工機を使えればいいのになぁ、と思っていたのでそこに出ていた
価格を見てビックリしました。
(会員登録してあると価格が見れる。2013年11月でアリババ自体が終了するようです。)

問屋やメーカーが商品を掲載しているのでとてつもなく安いんです。
ただし、卸売りですから1個から買えないものも多く存在します。
あるメーカーに価格交渉したら
「日本の個人なら、日本の代理店を紹介するからそっちで買って」
みたいなことを言われて、そこで価格を確認したのですが、同じ機種が3倍の価格でした(泣)
もちろん、日本人の代理店なので日本語も通じるし、アフターもバッチリみたいですが
なにしろ安く上げたいビンボーモデラーなので、却下となりました。

そこで、個人でも通販感覚で買えるサイト
「アリエクスプレスジャパンhttp://ja.aliexpress.com/
に移って「レーザー彫刻機」で検索。

英語サイトを日本語翻訳したものなので、たまに変な日本語がありますが、
まあ雰囲気は十分に伝わります。

で、一発目にこんなの↓が出ます。

Simage01_2

コレ見てまたビックリですよ。

卸売り価格と変わらないのがあるじゃん!

ここからチェックしまくりです。
なにしろ向こうの商品ですから、いったいどんなカラクリがあるのか十分に
検討・確認する必要があります。

今回私が条件にしたのが

・最低でもA4用紙大を加工できる大きさ(もちろんペーパー模型のため)
・アクリル板も5mm程度まで加工できるパワーがあること
・日本で問題なく使えること
・加工ソフトが判りやすいこと
・CADから出したDXFファイルを直接読んで加工できること
・安いこと(笑)

多くの掲載品から、まずは加工可能サイズで選んで一つ一つ内容を確認。
どれも全く同じに見えるのに、書いてあることが全然違うんです・・・。
要するに外見一緒で、メーカーごとに中身が少しずつ違うみたいなんです。
さすが中国、って思いました(笑)

そんな中で私が選んだのが、結局一番最初に出てきたヤツ↓でした。

Image02

商品価格が473.02米ドル=約46,355円!(6/20頃)

問題は送料です。
だいたい2万円を見ておけば範囲内だと思うんですが、会社によって運送方法がまちまちで、
国際佐川(飛脚国際輸送便)とか使われると跳ね上がります(泣)

***********************************************************************************************

次は機械の内容と、注文までを書いてみます。

っていうかこんな記事、需要あんのか?(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »