« 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8 | トップページ | 高崎線開業130周年記念号  »

【模型】 激光生活 #3-2  中華レーザーソフト実践 その2

ここで、私のメイン工作となるペーパー用のレーザー加工までの流れをまとめてみます。
あくまでも私流のものですので、もっといい方法がいくらでもあるのかもしれません。

使うソフトは設計にJW CAD、データの受け渡しにCorelDRAW X6、レーザー加工にCorelLASER 2013.2です。
基本的には設計・作図はWin7・Quad機かWinXP・Duo機で行い、JK-K3020用に用意したWinXP・Celeron機に
DXFで出力したデータを移して加工します。

あ、今のところ、付属のWinsealXPとLaserDRAWの出番は有りそうもないです(汗)

では、先日のブロック塀をもう一度作ってみたいと思います。

***********************************************************************************************

Image16

まずはブロックの原型を描きます。
四角形ツールでも複線ツールでも、目的のものが出来れば構いません。

私は縮尺を1/80にして実物原寸入力でやってます。
このブロックの場合は横410mm、縦205mmにしてあります。

***********************************************************************************************

Image17

次に、ブロック1個分を外に拡大して透かしブロックを描きます。

***********************************************************************************************

Image18

修正した透かしブロックをコピーし、入れたいところにペースト。

***********************************************************************************************

Image19

すべてを選択した後、整理ツールで重複整理、連結整理をかけ、ダブった線が無いようにします。

***********************************************************************************************

Image110

裏表で重ねるため余白を付けて位置決めピンの穴を描きます。

***********************************************************************************************

Image111_2

コピーし、、、。

***********************************************************************************************

Image113

基準となる左上にマーキングをして、いらない線を消します。

上は切抜き用、下はスジボリ用のため、下の余白を消去し、これから上の縦横線を消すところ。

***********************************************************************************************

Image115

出来上がったら一旦原版をJWWファイルとして保存し、その後DXFファイル保存するために
縮尺の変更をします。

1/80サイズの原寸で出力するため、図寸固定の1/1でOKします。

***********************************************************************************************

Image120

そしてDXFファイルで保存。
これをCorelDRAWに読み込みます。

***********************************************************************************************

Image117

CorelLaserのショートカットからCorelDRAWが起動したら、「開く」で作成したDXFファイルを指定し、、、。

***********************************************************************************************

Image118

メートル法、スケーリング1:1でOKを押せば、、、。

***********************************************************************************************

Image121

CorelDRAW上に原寸大の図形が出ます。

***********************************************************************************************

Image122

最初にスジボリするため、上の図を消去。

***********************************************************************************************

Image125

CuttingボタンからCorelLaserに入り、、、。

***********************************************************************************************

Image124_2

あらかじめテストしておいたヘッドスピードと出力%でスタートすればスジボリ完成です。
あ、画像が切り抜き図形のになってますね(汗)

***********************************************************************************************

Image123

戻る矢印で両方の図が見える状態に戻し、続いて今度は下の図を消去。
カット図をCorelLaserに送ります。

両方の図の左上にチェック用のトンボを入れてあるのでこれが自動的に左上になります。
これにより加工台での位置調整は必要ありませんので、材料はテープで固定しておくだけでOK。

***********************************************************************************************

R0010348

こんな感じに仕上がりました。

レーザー出力を絞ったので抜けてないように見えますが、ちょっと押せばきれいにはがれます。

**********************************************************************************************

最安値機のJK-K3020ですが、基本的には出力設定の違いの数だけレイヤーを用意すれば、
すべてこの方法で加工できるはずです。

でも、いろいろなペーパーを思ったように加工するにはまだまだデータの蓄積が必要ですね(汗)

ナニゲにほかの素材も試してみたいところ・・・(笑)

いや、停まってる模型を早期完成させるのが先か(汗)

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8 | トップページ | 高崎線開業130周年記念号  »

激光生活 中華レーザー加工機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292480/52551065

この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 激光生活 #3-2  中華レーザーソフト実践 その2:

« 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8 | トップページ | 高崎線開業130周年記念号  »