« 【模型】 激光生活 #2-7  中華レーザー加工機の調整 その7 | トップページ | 【模型】 激光生活 #3-2  中華レーザーソフト実践 その2 »

【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8

どうにか加工台の1段目を完成しました。
ピント調節機構がないので、台面を上下出来るのは最低限の機能として必要でしょう。

***********************************************************************************************

R0010330

結局、100mmのボルトではヘッドの移動に支障してしまうため、90mmを使用しました。
これで使用上問題はないのですがボルトに余裕がありませんので、次にバラす時にはもう一度100mmの
ボルトに変えて、裏にワッシャーを入れて支障しないギリギリになるように調整したいと思います。

***********************************************************************************************

R0010331

フレーム撤去の際にB鏡をはずしてしまったため、こんなにズレて、、、再度調整が必要です。
B鏡を中心にエリア各部でのレーザーの当たり方を見て、最大限に収束させました。

***********************************************************************************************

R0010332

今回初めてヘッドを分解し、C鏡とレンズの清掃を行いました。

***********************************************************************************************

R0010334

ミラーを外した後、こんなんやってヘッドを外しました。

***********************************************************************************************

R0010335

ものすごく汚れていたレンズのレーザー進入面。
いままでの調整時に入った紙の焼けかすでしょうか。

***********************************************************************************************

R0010337

対物面も指紋がべったりだったので、キムワイプで念入りに清掃しました。

このレンズは焦点距離2インチのもので、レンズ中心から50.8mmが焦点です。
焦点深度は±0.1インチ、焦点から2.54mm上下までの範囲できれいに加工できることになります。
これにより5mmのアクリルがカットできるという根拠になっているのでしょう。
しかしそれは厚みの中心にピッタリ焦点が合っていることが条件です。
もちろん焦点深度から外れていてもカットはできるのでしょうが、レーザー幅が広がるため切削力も弱まり
切り口もかなり斜めになりそう・・・そのためにも加工台が動いたほうがいいと思います。

***********************************************************************************************

R0010347

どうにか完成した加工台の1段目。
2段目はこの上にパンチングメタルの吸引台を載せる予定。

純正の加工台は印材保持エリアに挟んで加工するのがデフォルトのため、台の上に載せて加工すると
焦点深度ギリギリ、、、これでは無理があると判断して加工台を自作することにしたのです。

***********************************************************************************************

各部の調整が終わったところで、レーザー出力とヘッドの移動速度の違いによるペーパーカットの
仕上がりの差をみてみることにします。

まずはCorelLaserを起動し、CorelDRAWで簡単な図形を描きます。

11

今回は縦横10mmの四角形の角を半径2mmで落としたものを使います。
四角形ツールで適当な形を描き、サイズの入力マスで大きさを10mmに直しました。

***********************************************************************************************

12_2

角を丸く落とすためにこのボタンを押し、2mmずつにしました。

***********************************************************************************************

13

ベクター図形のカットを行うため、輪郭線を一番細い「極細線」にしておきます。

***********************************************************************************************

15

こんな図形ができあがっているはずです。

***********************************************************************************************

14_2

あとはカッティングのボタンを押して、レーザー出力値とヘッドスピード、切削位置を決めればOK。

***********************************************************************************************

16

カッティングボタンを押してこの画面が開いたら

①スタイルをカッティングにして
②カッティング位置を決めて
③ヘッドスピードを決めて
④カット開始

カッティング位置は図形の左上のくる位置になります。
CorelDRAW上でどの位置に描いても、選んだ図形の左上がこの位置にきます。
ですから、毎回X軸の数値を変えるだけできれいに横に並んだカットができます。

ヘッドスピードは速すぎても筐体が揺れる(切削物を固定してないとズレる)し、遅いと焦げるし、
適当なところを探す必要があります。
今回は20mm/sを中心にテストしました。

***********************************************************************************************

17

0.26mmのケンランを使用し、15mmずつ横に移動しながらレーザー出力を変えてやってみました。

15mm/sでは13.8%でほぼ抜き、14%で完全に抜けました。
逆に9.5%以下ではレーザーが出ません(汗)
通常のスジボリ程度なら10%くらいがいいかもしれませんね。

今回メインとなる20mm/sでは14.8%でほぼ抜き、15%で完全に抜けました。
30mm/sでは16.3%からほぼ抜き、16.8%で完全に抜けてます。

このように、使用する素材ごとにデータを取っておこうと思います。

***********************************************************************************************

R0010346

ちなみに、今回の設定では10mm角の図形が9.77mmで抜かれ、枠がほぼ10mmでした。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 激光生活 #2-7  中華レーザー加工機の調整 その7 | トップページ | 【模型】 激光生活 #3-2  中華レーザーソフト実践 その2 »

激光生活 中華レーザー加工機」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ^_^
なるほど先端も外して掃除できるんですね!しりませんでした(´Д` )
今日は飲んでしまったので♪( ´θ`)ノ
明日でも仕事終わったら再度チャレンジしてみます。

moshidrawはイラレのファイルが取り込めるので使用してますが、英語版なんで私にはかなり難しいです。

台良い感じですねー^_^
加工範囲もだいぶ広がったんじゃないですか?
早く思い通りに使いたいです!

投稿: hiro | 2013年7月19日 (金) 23時10分

>hiroさん、こんばんは。

moshiDrawはaiファイルが読めるんですね。
ハンコ系のソフトは全部使えないとしても、Draw系ソフトはどれも特徴があって、本体選択時の指標になりそうですね。

おかげさまで加工台はA4が余裕で載る大きさになりました。
これはアクリルやプラ板用の台にする予定です。
週明けから本命のペーパー用を作りたいと思います!

投稿: HP10SH | 2013年7月20日 (土) 22時59分

CorelDRAW X6でも動作したんですね。
うちのPCはWindows XPなのですが、CorelDRAW X6(体験版)をインストールしてCorelLaserを起動してもCorelDRAWがインストールされていませんとなってしまって、仕方なくCD-ROMに付属の中国語版のを使ってます。中国語が読めなくて大変です。(^^;
先日eBayで落札した英語版のCorelDRAW 12が届いたので、あとでインストールしようと思ってます。

CADデータはDraftSightで作成するので、CorelDRAWは.dwgファイルを開くためだけにしか使ってないんですけどね。

投稿: kazu | 2013年7月21日 (日) 11時29分

>kazuさん
うちもXPにCorelDRAW16の体験版をムニャムニャして使ってますが、CorelLASERのプラグインは正常に起動してますよ。
同じくCADからのDXFファイルを開くためだけなんですが・・・。

逆に付属の中国語版12をXPにインストールできたんですか?!
最初試したときにインストールでOSが違うとはじかれたので、てっきりWin2000までしか対応してないのかと思いました。
そういえば試したのはWin7と、それのXPモードですね(汗)
純XPなら大丈夫ということでしょうかね。

投稿: HP10SH | 2013年7月21日 (日) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292480/52518846

この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8:

« 【模型】 激光生活 #2-7  中華レーザー加工機の調整 その7 | トップページ | 【模型】 激光生活 #3-2  中華レーザーソフト実践 その2 »