« 【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6 | トップページ | 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8 »

2013年7月16日 (火)

【模型】 激光生活 #2-7  中華レーザー加工機の調整 その7

やっと代替のレーザー管が届きました!
EMSで発送してくれたようですが遅すぎです(泣)

その他、調整用の材料も用意できたので、ここで加工台をいじっておきましょうかね。

***********************************************************************************************

Sr0010299

ガラス管だけあって、かなり厳重に梱包されています。
おかげで、たった太さ10センチ、長さ70センチばかりのものが縦横30センチ、
長さ1メートルにもふかされて大変嵩張ってます(汗)

ちょっと邪魔だけど、このまま保管しましょうか。

***********************************************************************************************

加工エリアの調整に入る前に、少しだけレーザー遊びしてみました。

レーザー描画の解像度は1000dpiで十分なものですが、紙やアクリルのカットとなると
カットされる幅が加工精度に影響してきます。
簡単な四角形を描き、寸法通りにカットして測ると実寸より0.2mm小さくなっていました。
両側0.1mmずつが削られた計算になります。
これは簡単にカットできるレーザーパワーで動かしたときのものですが、カット可能な
最小のパワーでゆっくりカットすればもう少し詰められるのかもしれません。

しかしこの0.1mmという誤差は1/80の模型世界では大きく、人間の目の「なんかおかしい」
と感じるギリギリのところでアウトでしょう。
この誤差を寸法に付加したものをデータとして作成しなければいけないということです。

習作としてこんなもの↓を出力してみました。

Sr0010300

1/80サイズのコンクリートブロック塀です。
縦横のラインがもう少し細い方がいいですね。
出力を絞って移動速度を落とせばもう少し細くなりそうです。

今までの手抜きやクラフトロボでは到底ムリなことを、いとも簡単にやってのけました(笑)
これで1/50以上の大きな建築模型はもちろん、1/80のジオラマにしても今まで省略
していた「透かしブロック」を本当に抜けた状態で表現できます。
調整前でカット面がかなり焦げていますが、十分な精度でしょう。

スジボリレイヤーとカットレイヤーに分けて処理しました。
左右の丸い穴が開いた糊しろのような部分は、裏表を貼り重ねて両面を表現する
ための位置合わせ用で画鋲の針の太さの穴を開けてあります。

***********************************************************************************************

Sr0010301

さて、また分解です。
この使えない加工台を撤去します。

**********************************************************************************************

Sr0010302

加工台枠自体はきちんと直角が出ているようです。

***********************************************************************************************

Sr0010305

こいつを使って新たに加工台を作りたいと思います。
いわゆるアルミメッシュですが、まずはこれで1段目を。

***********************************************************************************************

Sr0010306

大きさ的にはこんなものでしょうか。

***********************************************************************************************

Sr0010307

用意した小物類。
今回、加工台を手動で上下できるようにします。

アルミアングル買ってくるの忘れた・・・(泣)
すぐに行ってこよう。

***********************************************************************************************

Sr0010309

本日二度目のホームセンターで買ったアルミのアングルを切り出しました。

***********************************************************************************************

Sr0010310

こんな感じに入る予定です。

ボルト穴を新たに開けないとダメですね。

***********************************************************************************************

Sr0010311

超アクロバット(汗)
一人でやるのは結構キツい・・・。

万が一があったら、怪我&6万円がパー!
どうにかやりきりました。。。

***********************************************************************************************

Sr0010312

何もないところでボルトを入れてバネを入れて、フレームを入れて、蝶ネジで締めました。
うん、いいんじゃないですか?

***********************************************************************************************

Sr0010313

こんな感じになってます。

ちょっとバネレートが弱いなぁ、ボルトも80mmじゃ短いかも(汗)
暑い中、またまた近所のホームセンターまで買出しかぁ?

***********************************************************************************************

Sr0010314

アルミメッシュも設置。
らしくなってきましたね。

でも一回全部外さないと本体のフレームが入りませんから。。。

***********************************************************************************************

Sr0010316

一度バラして本体を戻した後、加工台フレームを再度組み上げました。

しかーし! やっぱりボルトが短くて加工面が下過ぎます!
ついでにバネももう少し硬いのにしますか。

とりあえず今日はここまで。
100mmのボルトと太目のバネを用意します。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6 | トップページ | 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8 »

激光生活 中華レーザー加工機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292480/52472255

この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 激光生活 #2-7  中華レーザー加工機の調整 その7:

« 【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6 | トップページ | 【模型】 激光生活 #2-8  中華レーザー加工機の調整 その8 »