« 【模型】 激光生活 #2-4  中華レーザー加工機の調整 その4 | トップページ | 【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6 »

【模型】 激光生活 #2-5  中華レーザー加工機の調整 その5

☆ 祝 中華レーザー加工機 稼動! ☆

やっと原因を突き止め、これで晴れてレーザー加工機としての第一歩を踏み出せます!

X軸、Y軸のベルトテンションや加工台、各鏡の最終調整などはまだですが、初めてレーザーマーキングに
成功しました! いやー嬉しい、マジで嬉しい。
だって、6万ナニガシをドブに捨てるような結末だったら目も当てられない・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010252

完全にベルトが脱調してズレてますが、四角と丸の基本図形はキレイに描けてます。

***********************************************************************************************

さて、今回これだけ苦労してやっとここまで来たのには英語・中国語の読解力うんぬん以前に
中華製品のクオリティーが大いに関係しているようです。

結果としてレーザーが出なかった原因は

電源基板のレーザー管プロテクトスイッチ用端子が短絡していなかった

ことです。
要するに、上位機種では水冷管の流れをチェックしたり、エアーブロアの作動をチェックしたりする機能が
付いているものがあるようなんですが、このJK-K3020は最安価仕様のためそんなものはありません。

スイッチが無いのだからそこはジャンパー線なりなんなりで短絡していなければ、電源基板は
異常ありと判断しレーザー発振をしない、と。

まあ見てくださいよ↓(笑)

Sr0010178

デフォルトでこれです(笑)
G端子をP+端子に寄り添うように曲げてあります!
中華系電子工業ではこうして短絡させるのでしょうか?

普通は右のソケットと同じハーネスにケーブルを輪にして短絡させないかな・・・。
中華クオリティー恐るべし!!!!

***********************************************************************************************

手動スイッチでレーザーは出る。
レーザー発振のパイロットランプも点灯する。
PCからの信号でヘッドもちゃんと動く。

じゃあ何が悪いんだョ!

ということで電源の製造会社のホームページに行って、該当する機種の詳細を見て、、、、
と思ったら商品紹介しか無いし!
しょうがないので類似機種の詳細を探したら電源容量のデカいのが概念図付きでありました。

そこを見ると似たような配列の端子図があり、その中にWP(ウォーターポンプ?)というのがあって
「レーザー管の破損を防ぐために水流・通風管理や温度対策に使用する」みたいなことが書いてありました。

ほぉぅ、レーザーの発振ストップするんだ、、、これか、、、それなら話が通る。

やってみようじゃないの!

で、使ったのがコレ↓

Sr0010248

古いHDDなんかから引っこ抜いて溜めてあったジャンパーピンです。

***********************************************************************************************

Sr0010249

ピッタリ! こんなとこで役に立つとは思いませんでしたよ(笑)

***********************************************************************************************

ということでめでたく全ての機能が使えるようになりました。
これでやっと本当のスタートラインです。

この機械で快適なホビーライフを送れると信じて、さらなる勉強をしていきたいと思います。

ってゆーか、自分の感覚では考えられないようなことが平気で行われてることに唖然とし、
到底完成品とは呼べないような代物を平気で出荷することに驚いてしまいました。
中華パワーこえぇ~(笑)

スタートライン前の最後にこの画像↓を貼って締めたいと思います。

Sr0010256

工場の人、「S生産」のハンコの意味が判ってないで押してるようです(笑)

***********************************************************************************************

Sr0010254

これ以上は何も言いませんけど。。。

***********************************************************************************************

まだ代替レーザー管が届きません。
向こうを発った知らせは来てるんですが・・・。

今の壊れたレーザー管を補修して使って、新しく届くのを予備にしましょうかね。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 激光生活 #2-4  中華レーザー加工機の調整 その4 | トップページ | 【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6 »

激光生活 中華レーザー加工機」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、初めまして。

すみません、少し教えて頂きたいのですが回路図の様な物は御座いませんか?
メイン基板と昇圧BOXまで、レーザー管と昇圧BOXまでが解るとありがたいのですが・・・
当方、昇圧BOXのみで高圧を取り出したいのですが結線方法が分らず困っています。
お力をお貸し頂けると幸いです。

投稿: lasetalokin | 2013年12月18日 (水) 22時33分

書き込みありがとうございます!
返信が遅くなってすみません。

残念ながら結線図はありません。。。
中国のレーザー用トランス会社のサイトで見たような気もしますが・・・。

20000Vの昇圧BOX(無接点誘導コイル?)をお持ちならば高圧二次側の赤と青(黒)を
赤・プラス=レーザー出口じゃない方
青(黒)・マイナス=レーザー出口の方
につなげばレーザーを出すだけはできます。
トランスの一次側が110V入力仕様なら、100Vコンセントでレーザー強度ほぼ100%で出力されるはずです。
メインボードはレーザー出力と加工機のXY軸駆動の同調をしているだけです。

投稿: HP10SH | 2013年12月28日 (土) 00時34分

返信、ありがとう御座いました。
当方、制御ユニットが無い状態たったのでもしご存じだったらと思いコメントさせて戴きました。
少し頑張ってみます、また色々と教えてくださいませ。

投稿: lasetalokin | 2014年1月 1日 (水) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292480/52437447

この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 激光生活 #2-5  中華レーザー加工機の調整 その5:

« 【模型】 激光生活 #2-4  中華レーザー加工機の調整 その4 | トップページ | 【模型】 激光生活 #2-6  中華レーザー加工機の調整 その6 »