« 【模型】 激光生活 #2-2  中華レーザー加工機の調整 その2 | トップページ | 【模型】 激光生活 #3-1  中華レーザーソフト実践 その1 »

2013年7月 9日 (火)

【模型】 激光生活 #2-3  中華レーザー加工機の調整 その3

代替品のレーザー管はまだ到着しません・・・。

それでは、壊れたレーザー管で試運転といきますか!

***********************************************************************************************

Sr0010207

日本でパソコンやプリンタなどに良く使われる電源コードを持ってきました。
これでOKのはずです。

***********************************************************************************************

Sr0010206

アース線には2mm径の単芯を使えと書かれていたので代わりになるものを探したところ、
ジャンク箱に1mm径くらいのベル線(インターホン配線とかに使うやつ)があったので
これを2本まとめてからクーラーコンセントのアース端子に割り込ませました。

***********************************************************************************************

Sr0010192

ウィ~ン・・・・電源投入するとヘッドが待機位置に自動で帰位しました!
電源BOXのPOWERランプも点灯!

壊れたガラス管からの水冷も順調にいっています。

***********************************************************************************************

Sr0010209

激光開関(レーザーON/OFF)のボタンで電流指示の数字がついたり消えたり。
AMPER EMETER? EMETERって何だ? まぁメーターだろうな。

さて、この値が何を表しているのか、、、激光調節のところが+-%になっているので
電流値そのものではなくて、こいつが持つ能力の何%出力するかを決めるようです。

じゃあアンペアメーターじゃないぢゃん! ま、いっか。

***********************************************************************************************

Sr0010208

テストスイッチがありますね。
激光測試(レーザーテスト)というんだからコレを押せばレーザーが出るんでしょう?

んじゃ失礼して、、、ポチっと!

***********************************************************************************************

Sr0010140_3

シーン・・・・。

なんで?

***********************************************************************************************

Sr0010193

テストボタンを押すと、ちゃんとPOWERの横の赤いLランプが点灯するんですよ。
コレたぶんレーザー出力のパイロットランプですよね?

なのに、どうして?

・・・ん!?

***********************************************************************************************

Sr0010176

オイ! ここ1本切れてるけどいいのか!?

で、すぐにメールで確認したらこれがデフォルトらしいです。。。

***********************************************************************************************

Sr0010179

じゃあオマエか!?

この怪しげな接続部分、、、どうせ代替品が来たら外すんだ。
今外したって同じだろう。

***********************************************************************************************

Sr0010186

チューブを取ってシリコンを剥がしていくと、、、何コレ?

ガラス管から生えた銅軸に高圧ラインの撚り線が巻きつけてあります。

***********************************************************************************************

Sr0010187

ハァ? どうなってんのよ?
ちょっと引っ張ったらすっぽ抜けたんですけど!

それに、出てる銅芯の部分がやけに黒くね?

***********************************************************************************************

Sr0010195

えぇーと、、、この銅芯の表面は全く通電しないんですけど(汗)

チェッカーに”1”が出てるから抵抗値∞!

***********************************************************************************************

Sr0010190

線は新たに剥き直して、銅芯はペーパーで磨きました。
今度は抵抗値がほぼゼロになったので通電しそうです。

***********************************************************************************************

Sr0010191

マイナス側も一度外して同じように処理しました。

***********************************************************************************************

Sr0010194

せっかくだから半田付けしようと思ったんですが、銅芯の熱容量が大きすぎるのか、
半田ごてが弱すぎるのか、はたまた銅芯の表面がいけないのか、全く半田が乗りません!
だからあんな固定方法だったんだなぁ?

しょうがないので元のように銅芯に巻き付けました。
いよいよテストです!

ポチっとな!

***********************************************************************************************

Sr0010140_4

シーン・・・・・・・。

なんなんだよオイ!
2万ボルト出てないんじゃないの?

***********************************************************************************************

Sr0010201

もう頭来て電源BOX分解しちゃいました!
このあと基板を外して裏の半田剥がれのチェックをしたんですが、大丈夫そうだし・・・。

なんなんだよもうっ!

ってゆーかさあ、テストボタン押して高電圧部分がブーンとか言わないのおかしいよね?

もしかして・・・・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010178

気になってたんだけど、Lランプの横の”TEXT”って何だよ?
もしかしてこれが”TEST”ボタンなんじゃねーの?

電源BOXを元に戻し、コンセントをつないで恐る恐るサインペンの先で押してみると・・・。

***********************************************************************************************

Sr0010202

一瞬 ”ジ”って音がして、作業スペースからわずかに煙が上がりました。
見てみると、置いておいた紙に穴が開いてるではありませんか!

やっぱり”TEXT”が”TEST”だったんだ・・・(泣)
っていうことは、レーザーテストのボタンはパソコンに繋がないと作用しないんだな!
(正常であれば操作盤のTest Swichでレーザー出ます)

いやぁ、これでなんとか前に進めそうだ(大汗)

***********************************************************************************************

Sr0010204

暗くして写真を撮ってみました。

見事にレーザーが出てますよ!
通水部のガラス管は破損してますが、使えないことは無いようです。

***********************************************************************************************

Sr0010205

2万ボルトは怖いので端子部分にチューブを被せて木工用ボンドを注入。
元のようにシールドしておきました。

これでいよいよ始動できますぜ、旦那!(誰?)
図らずも格安で予備のレーザー管を用意できたしネ、、、テヘペロ(笑)

次はちょっとソフトの方をいじってみたいと思います。

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 激光生活 #2-2  中華レーザー加工機の調整 その2 | トップページ | 【模型】 激光生活 #3-1  中華レーザーソフト実践 その1 »

激光生活 中華レーザー加工機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292480/52363990

この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 激光生活 #2-3  中華レーザー加工機の調整 その3:

« 【模型】 激光生活 #2-2  中華レーザー加工機の調整 その2 | トップページ | 【模型】 激光生活 #3-1  中華レーザーソフト実践 その1 »