« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-23 マイフ97 1 その11

裏返しに貼ってしまったウインドシルを新たに切り出して貼り、いよいよ車体塗装です。

***********************************************************************************************

Srimg2082

等級帯の部分をマスキングしてガイアノーツのぶどう色1号を吹いた。
マスキングを剥がす緊張の瞬間。

***********************************************************************************************

Srimg2083

まあ、いいんじゃないでしょうか。
帯の色がこれでいいのかはちょっと心配だが、黄色味が強いクリームということでこんな感じか。

***********************************************************************************************

Srimg2085

続いてキャンバス屋根表現のための下地を吹く準備。

***********************************************************************************************

Srimg2086

今回はコレを使う。
建築模型のモルタル壁表現に使用しているアサヒペンのストーン調スプレー。

スエード調を謳うジェイズの屋根スプレーよりも粗いのではないかと思う。

***********************************************************************************************

Srimg2088

塗りたての表情。
乾いたら少しペーパー掛けして粒を抑える予定。

***********************************************************************************************

Srimg2090

乾燥待ちの間に台車の製作をしておきたい。
こちら、改造元となる日光のTR53。オシ17に使われたシュリーレン台車だ。

***********************************************************************************************

Srimg2089

こちらはオロネ10のTR60。
空気バネが別パーツになっているのでドナーとして利用する。

***********************************************************************************************

Srimg2092_3

そして両者を組み合わせて出来上がった空気バネ仕様のシュリーレン台車、TR57。
上手く収まってくれたが、力ずくのヤスリ掛けで手が痛い。

***********************************************************************************************

Srimg2096

他からスポーク車輪も移植して真正TR57になった。
別パーツになっている制輪子を組み込めば台車は完成だ。

この感じだと扉下のステップ付けたら台車に当たるかな?
どちらにしても床下を早いところ終わらせないと・・・***********************************************************************************************

Srimg2094

またしてもエアブラシ分解中。こないだ分解清掃したのに調子が良くない。

これはニードルを通すところのゴムリングがツールウォッシュ液にヤラレてしまったのが原因っぽい。
たぶん、強い溶媒を直接流し込んだせいで表面が変性してベタベタになり、ニードルにくっついて戻りが
悪くなっているのではないかと予想した。

そこでレジン複製の離型剤として使ってるシリコンスプレーをティッシュに吹いてニードルを拭いてみた。
イッパツで改善した。やっぱりゴムリングの滑りが悪くなっていたのだ。

よく見たらツールウォッシュの説明書きにゴムはダメって書いてあるなぁ。
でも、簡単には外せないゴムのついたツールを洗うのはどうすればいいのだ?
ま、ゴムが変性したのは事実だが、この応急処置で当分もってくれると有り難い(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-22 マイフ97 1 その10

微速前進中です・・・。

床下あっさり系のハズが、なんか泥沼にハマってます。

***********************************************************************************************

Rimg2069

付属品箱。ホワイトメタル製の既製品は箱上のスカスカ感が無いのでそのへん重視でスクラッチ。

***********************************************************************************************

Rimg2071

こんな細かいことやってる場合じゃないのは判ってるけど、奥行きの薄さとKM-3型の金網部のサイズ、
排気口のダメダメ感などが気に入らなくてスクラッチ。
中身まで作ったけど、これじゃ全然わからないじゃん・・・。

***********************************************************************************************

Rimg2073

細かい作業に疲れたので、屋根上の処理を。

展開図から屋根部分を切り出して仮止め中。
ベンチレーターの足の中心位置に針で印をして穴を開ける。

***********************************************************************************************

Rimg2072

屋根上ステップにはフジモデルのNo.1008を持ってきた。
パーツといえばエコーモデルだが、フジモデルにもリーズナブルなパーツがたくさん有って助かる。

足を折り曲げて半田補強した後、網目の上板をシアノンで付けて黒染めへ。

***********************************************************************************************

Rimg2074

最初の方で付けた細かいパーツは黒染めしていないので、塗装に備えてマッハのメタル用シールプライマーを吹いておく。
かなり安かったから「つい買っちゃった部門」の商品だけど、これって効き目はどうなんだろう。

***********************************************************************************************

Rimg2075

端梁部のツナギ箱やエアホースにプライマーを吹いた後、クリーム色の1等帯部分を吹いてみた。
クリーム2号が無いのでガイアのクリーム1号に原色イエローを数滴たらして黄色味の強いクリームに。

あれ? まさか・・・。

***********************************************************************************************

Rimg2076

ガーン!! Σ( ̄ロ ̄lll)

やっぱり・・・・ウインドシル、裏返しに貼ってる・・・・。

***********************************************************************************************

Rimg2077

デザインナイフで端からつついて剥がしてやったぜ~。

***********************************************************************************************

Rimg2078

端だけシアノンで、あとはMr.セメントSだったからペリペリと気持ちよく剥がれてくれた。
完成後はこういう扱いはしないハズなので、接着の実用強度は十分だろう。

ちょっとペーパー掛けして新たに貼り直そう。

***********************************************************************************************

Rimg2080

エアブラシのボタンが引っかかる感じがしたので分解清掃中。
シールプライマーを吹いたのが原因だろうか。
ニードル拭いて戻したらまだ引っかかる。
貫通部分にツールウォッシュ液を滴下したら赤い廃液が出てきた(汗)

赤なんか吹いたの結構前なんだけど・・・。
いつもカップ側だけだから、たまにはここまで完全清掃しないとダメだな。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-21 マイフ97 1 その9

いろいろ忙しくて思うように進みませんが床板作成までやってあったので床下機器の造作に入りました。
どの程度まで再現するか悩みますが、このペースだとまずいのであっさり系で。

***********************************************************************************************

Srimg2058

まずは水タンクを大きくするために2個からこのように切り出して端面を整形。

***********************************************************************************************

Srimg2059

ゼリー状瞬接着剤で固定後、裏からエポキシ接着剤で補強。

***********************************************************************************************

Srimg2060

水揚弁装置箱はパイプの入口に穴あけしただけで使う予定。

***********************************************************************************************

Srimg2061

補助空気溜めと付加空気溜めは上を削って0.2mm厚の洋白帯板から作った下駄を履かせてみた。

***********************************************************************************************

Srimg2063

蓄電池箱は厚みが足りないので2x8のヒノキ材を3枚重ねたものにケンラン0.22mmを貼り込んで作成。
取っ手を0.2mm真鍮線で表現してみた。サフェーサーを吹いて軽く磨いてある。

***********************************************************************************************

Srimg2064

解放テコも付いてだいぶ妻面が賑やかになってきた。

***********************************************************************************************

Srimg2068

床下に収まった蓄電池箱、水タンク他。
あれ? 曲がってる?(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-20 マイフ97 1 その8

続けて妻面造作やってます。

***********************************************************************************************

Srimg2051

ハシゴの取付部に0.3mmの真鍮線を埋め込み黒染めしたところ。
左下の一ヶ所はピンバイスでの穴がうまく開けられない感じだったので省略。
下手に頑張ってまたポキってなっても嫌だし、3ヶ所付いてれば大丈夫でしょう。

***********************************************************************************************

Srimg2052

頑張ってるのはこちら、尾灯掛をスクラッチ中。
0.2mm厚、0.8mm幅の洋白帯板を使用し、基部は完成後にヤスって0.6mmほどに幅つめする予定。

***********************************************************************************************

Srimg2054

基本形が完成して黒染めしたところ。
この後、整形してシアノンSWで接着する。

***********************************************************************************************

Srimg2055

やっとここまで辿り着いた。
残るはホロ枠とホロ釣り、解放テコ受け、ブレーキホースと細かい配線だ。

今月中に2両目まで仕上げたいが・・・どうなるか。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-19 マイフ97 1 その7

床下機器のコストを計算中のため、まずは妻面造作の続きを。

***********************************************************************************************

Rimg2044

エコーのNo.748で妻ハシゴを準備する。
これは費用対効果が良いし、どうやったってペーパーと真鍮線ではスクラッチ無理。

***********************************************************************************************

Rimg2045

良く見たら曲げ方向が逆だった・・・(汗)
まぁ、パーツとしては問題ないからいいや。
これも取り付け部分に真鍮線打ち込んだほうがいいか。

***********************************************************************************************

Rimg2046

エコーのNo.2629尾灯掛を出してきた。
これ、コストパフォーマンス悪いなぁ。
ロストだからしょうがないかもしれないけど、切り取ってどっかに飛ばしたら目も当てられないや。
ペーパースクラッチできないかなぁ・・・。

ハシゴと尾灯掛けの前に銘板付けておかないとね。

***********************************************************************************************

Srimg2047

フジモデルからNo.1420車輌銘板①、No.1425工場銘板①、工房ひろからNo.0151製造所銘板セット。

スハフ34768からそのままならば「汽車製造会社」と「鉄道省→日本国有鉄道」に「大井工機部」の
3枚が付くのだが、改造後は2枚のみが付けられていたようだ。
標記ズバリを確認することは出来なかったが銘板は縦に2枚あるので、下から「大井工機部」と
「日本国有鉄道」になっていたものと予想する。

所有標記が無いわけないし、改造を行なった大井工機部の標記が無いとも思えない。
わざわざ2枚にしていることから、大井工機部で造って国鉄所有という具合に考えた。
要するに製造標記の「汽車製造会社」を「大井工機部」に変えたかたちだ。

***********************************************************************************************

Srimg2050

「大井工機部」は無いので「大井工場」と「日本国有鉄道」の2枚貼り。

縦樋も黒染めして付けてみた。0.6mmでもまだ若干太いような・・・。
歪んでた手摺りは引っこ抜いてしまったので新たに作る予定。
黒染めしてあると瞬間接着剤が良く効くようでなかなか抜けずに焦った。

次は尾灯掛けをどうするかだ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-18 マイフ97 1 その6

先日、立て続けにピンバイスの刃を折って、補充した0.3mmは2本で990円。
近くに使える模型屋が無いとこういうことになる。

気持ちも新たに、全ての手摺り穴を開け終わったところでピンバイスが机から転落!
開封30分にして1本目終了!
5年近く、一度も折ることなく穴あけ作業をやってくれたピンバイスが、どうした?体調悪い?
っていうか自分の体調が悪いのか?

とりあえず続行。

***********************************************************************************************

Rimg2028

車体の細かいパーツを付けてみる。
まずは号車札・急行札・修繕票差し類をフジモデルの「票差しセットA」からチョイス。

裏面(表裏あるのか?)にプラサフを吹いて必要なパーツを切り出す。

***********************************************************************************************

Rimg2038

位置決めしてMr.セメント流し込みタイプで接着するが、これ、本当にイライラする(笑)
何か上手い方法は無いものか。

昭和33年の段階ではまだここに小さい検査票差しがある。

***********************************************************************************************

Rimg2040

4位側には号車札・急行札差しも付く。
急行札差しと修繕札差しの間に換算標記、修繕札差しの下には検査標記が入るので、その分を
きっちり空けておかないと大変なことになる。

今回は標記類にくろま屋製インレタを使うので、現物からサイズを測って調整した。
ペーパーで磨いたが付け直した跡がはっきりと判る。塗装に響かなければいいが(汗)

***********************************************************************************************

Rimg2042

後位妻面のステップを作り直す際に、接着強度を上げるため根元に0.3mm真鍮線を付けた。

***********************************************************************************************

Rimg2043

黒染めまで終わり、出来上がったステップ。これで接着強度も上がるだろう。
ステップ本体の洋白もキレイに染まっている。

***********************************************************************************************

Rimg2049

ステップを付け直し、妻面の手摺りを埋め込んだが、左の2本目が歪んでるなぁ。
0.3mmの穴に0.3mmの真鍮黒染め線はキツイんだよね。
0.4mmじゃブカブカだし、0.35mmのドリル刃買わないとダメかな。

***********************************************************************************************

Rimg2041

いよいよ床下機器も準備。
冷房用配電箱とか、増設水タンクとか、特殊な形のものは自作かな。
蒸気トラップとか給水コックとか配管とか、どうしよう、、、(悩)
この辺の細かい既製品パーツは単価が張るんだよなぁ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-17 マイフ97 1 その5

そろそろ手摺りを付ける準備をしようと下穴あけを始めたところ、立て続けにピンバイスの刃を折って
0.3mmが無くなってしまった(泣)

気を取り直して床下と端梁のパーツ付けをしよう。

***********************************************************************************************

Srimg2008

ケンラン0.5mmに0.12mmの上質紙でプリントした床下梁の図を貼り付けて切り出したところ。
これを木工用瞬間接着剤で裏どうし接着して1枚にする。

***********************************************************************************************

Srimg2009

中梁には1x2のヒノキ材を、横梁には0.5x2のヒノキ材を使用した。
今回、大横梁と小横梁の違いは上に貼る紙帯で表現したい。

**********************************************************************************************

Srimg2010

中梁を台車間に貼った後、0.5x2のヒノキ材を梁の幅に合わせて切り、ちょうど対角線を切れる長さの
窓抜き用刃物で真っ二つにした。

***********************************************************************************************

Srimg2011

シール用紙を1mm幅に切り出し、小横梁の上に貼ってゆく。
大横梁には2.5mm幅を使用した。

***********************************************************************************************

Srimg2012

横梁が完成。横梁に合わせて中梁間に設置される梁は省略し、紙帯だけが跨いでいる。

***********************************************************************************************

Srimg2014

0.12mm上質紙に打ってあったシル・ヘッダー用リベットを切り出す。
グレーに筋が付いているところがシアノンSWを含浸させたリベット部分。

***********************************************************************************************

Srimg2015

シアノンとMr.セメントS流し込みタイプで貼り付けた。

***********************************************************************************************

Srimg2016

続いて2段雨どいの製作。
例によってケンラン0.4mmに雨どいをプリントし、シアノン含浸後、サンドブロックで下の段を斜めに削る。

***********************************************************************************************

Srimg2017

雨どいを貼り終わったら、後位妻面の雨どい縦管じょうご部分を作っておく。
材料はエバーグリーンの半丸プラ棒1.5mm。

***********************************************************************************************

Srimg2018

妻面に合わせてスパっと切った雨どいの横に、縦管の中心と半丸棒の中心を合わせて接着。
シアノン固着後、屋根カーブに合わせて切る。

***********************************************************************************************

Srimg2020

展望扉脇の雨どい縦管を作る。
ケンラン0.3mmの半端紙に縦管をプリントし切り出した後、シアノン含浸で補強しておく。

***********************************************************************************************

Srimg2023

ケンラン0.22mmで展望窓下のシルを貼り付け、縦管にも0.22mmで作った下駄を履かせて接着。
ついでに同じく0.22mmで独特の形状をした前位端梁と、連結器上の造作を表現してみた。

***********************************************************************************************

Srimg2027

端梁にツナギ箱とエアホースを接着。エポキシは時間がかかるのでシアノンで。
床板に台車を付けていよいよ車輌らしくなってきた。

***********************************************************************************************

Srimg2030

後位妻のステップを作っておこう。
0.8x0.2の洋白帯板を曲げて形を作り、2段目を半田付けの予定。

***********************************************************************************************

Srimg2031

ちょっと小さくて大変だが、まあこんな感じか。
良く見ると幅が違ってるなぁ。。。作り直すか。
2段目の小片を切り出すのが面倒なんだよなぁ。

***********************************************************************************************

Srimg2032

とりあえず諸々付けてみた図。
台車はストックの一番上に置いてあったTR47をとりあえず付けている。
・・・TR47なら軸受け周りが賑やかだからスポーク車輪じゃなくても判らないね・・・(汗)

***********************************************************************************************

Srimg2036

あとは細かい鎖釣りとか、尾灯用の12V栓、解放テコ受けか。
尾灯掛けはどうする・・・尾灯設置状態ならわざわざ付けなくても大丈夫だろう。
引っ掛け用の尾灯に、妻面から少し浮くような細工しておけばいいや。

連結器とスチーム管なんかは床板でいいんだよね?

そうか、車体側のエンド部分に板貼って、そこに付けるのもあるな。
どうしよう・・・。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-16 マイフ97 1 その4

画像が無いが、水性パテを塗った屋根板が乾いたのでスポンジ系のサンドブロックで削って整形した。
パテ削りはものすごく細かい粉が出るので、屋外でやるようにしている。

***********************************************************************************************

Rimg2003

ここからまずは後位の端絞りを、型紙を当てて書き写し、粗いペーパーで面を作る。

***********************************************************************************************

Rimg2004

だいたいの形に仕上げた屋根板を妻板に合わせて固定する。

タイトボンドを幕板部の角棒に塗布、屋根板を接着し歪まないように各部を押さえた。
固着したら裏からシアノン含浸。
本当ならば木工用瞬間接着剤を使う場面だが、買い置きを切らしていた・・・。
こういうところでシアノンSWを使うとほんの少しの隙間から表に漏れて手に付くから厄介なのだ。

***********************************************************************************************

Rimg2005

前位展望窓上の裏に補強の紙帯を入れるのを忘れていた(泣)

そのままAAセッターを塗って屋根との接合部にシアノンを流し込んだので、収縮でカーブが
歪んでしまった・・・(大泣)

見なかったことにして屋根の曲面出しをしてみたが、なんとなく違和感がある。
手前側の展望窓の上が直線状に屋根に固着しているような感じだ。
そのせいで向こう側のピラーに歪みが出ているのが判る。

さてどうするか。

***********************************************************************************************

Rimg2006

あーもー、凹んだから気分転換に床下作ろ。

0.5mmの特厚ケンランケント紙に0.12mm上質紙にプリントした床板を3Mスプレーのり77で貼り、
切り出した後、木工用瞬間接着剤で2枚を貼り合わせる。
隙間からシアノンSWを流し込めばプラスチック板顔負けの扱いやすい板になる。

ちょっとダイソー行ってこようっと。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-15 マイフ97 1 その3

予定通り4面組みまで来たので、屋根を作っておかないと先に進めない。

Rimg1971

テスト製作と同様に5mm厚のホウ材に2mm厚のヒノキ材を合わせて7mm強の屋根材を作る。
ホウ材の幅が45mmあるので、右のはみ出た10mmは後で切り落とす。

あ、ヒノキ材の並べ方を間違えてるなぁ・・・。
正確には左から15mm、8mm、5mmで、間隔は約3mmになる。

***********************************************************************************************

Rimg1976

ヒノキ材をタイトボンドで接着後、接着面にシアノンSWを流し込んである。
余分を切って厚みを確認してみる。
左の溝は廊下、右の溝は展望室、個室、厨房のライティング用。

***********************************************************************************************

Rimg1977

カンナ削り、ペーパーがけを経てだいたい形になったところ。
素材の異なる木材を使用しているので、境界線が磨くときの目印になる。
両端の溝埋めをしておかないと。

***********************************************************************************************

Rimg1979

「削って磨いて机の掃除」は、なるべく回数少なく行きたいので、手持ちのホウ材を全て加工に
回して一般丸屋根用3枚、マイネ40用1枚を一度に作った。

目止めを兼ねてMr.サフェーサー500を筆塗りで塗っておく。

***********************************************************************************************

Rimg1980

グレー一色になると削りの粗さが際立つ(泣)

この後、水性のパテを少しゆるくして塗り重ねることにした。
サフェーサーはそのための防水層といったところか。
カンナ削りと磨きが正確ならばパテは必要ないのだが・・・(汗)

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-14 マイフ97 1 その2

側板の窓抜きまで終えていたので、妻面を作って箱にしていきたい。

***********************************************************************************************

Rimg1988_2

展望室扉と展望妻面の幅決めを兼ねた仮妻を作る。

***********************************************************************************************

Rimg1989

扉の窓枠を裏に貼った後、直角を出しながら折り目にシアノンSWを含浸させる。

***********************************************************************************************

Rimg1990

構体の内幅に曲げ終わった展望室扉兼展望妻貼り付け糊しろ用仮妻。

***********************************************************************************************

Rimg1992

側板の扉開口部に合わせてタイトボンドで貼り付け後、裏の接合面にシアノンを流し込んだ。
試作で学んだ角棒の後貼りのため、事前に側板裏すそ2.5mmに待ち針で線を引いてある。

***********************************************************************************************

Rimg1993

即席で作った妻絞り角度固定用治具を使い、左右側板の折れ角度を正確に出せるようにした。

***********************************************************************************************

Rimg1995

4面組みが終わって一休み。
縦の補強が入っていないが、たわみやゆがみも無く、強度的には問題ないようだ。
内装や仕切り板を付けるための措置だが、仕切り板の位置決めには内装に1mmの角棒を貼る予定。

***********************************************************************************************

Rimg1996

後位妻板の貼り付け前に内板へ1mmのプラ角棒を貼る。
試作では1mmのヒノキ角棒を使ったが、各面の直角水平、寸法が良くないので均一なプラ棒に変更。

***********************************************************************************************

Rimg1998

内板の加工を終えた状態。
妻板の下に覗くツナギ箱から配電盤への導管を0.3mm真鍮線で表現したが、ちょっと細いかも。
プラサフ塗装したらちょうど良くなるだろうか。

***********************************************************************************************

Rimg1999

展望妻も作っておこう。
窓上下にカッターで切り込みを入れ、刃物の柄を転がしてカーブを付ける。

***********************************************************************************************

Rimg2000

角のカーブを折るためにカッターでスジを入れ、型に合わせて曲げた後、表からシアノン含浸。
窓枠を0.11mm孔雀ケントで抜いて、裏からタイトボンドとシアノンで貼り付けてある。

***********************************************************************************************

Rimg2001

窓下の裏に補強のために孔雀ケントを貼ってシアノンでコーティング後、所定の雨どい中央で
余分を切り離し、お面を仮妻の糊しろに固定した。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-13 マイフ97 1 その1

4月も1/3が過ぎたところで、やっと落ち着いて工作の時間が取れるようになった。
来月にはまた高校野球の撮影が待っている(泣)
今月中には2両仕上げたいところだが目論見どおり行くかどうか・・・。

とりあえず床下配置の変遷を文章にまとめてみたが、文字で説明しても全体像が掴みにくいので
いずれ図か模型パーツを使った画像で発表してみたいと思う。

改めて、今回からマイフ97 1の昭和33年10月時点のモデルを作っていこう。
あれだけ試作を重ねたので、手際はよくなっていると信じたい。

***********************************************************************************************

Srimg1981

構体には0.22mmのケンランを使用。
展望妻面と後位妻面、扉を含む仮妻も同時に罫書いた。
妻面など二つずつあるのは切り損じの予備として。

***********************************************************************************************

Srimg1982

側板の窓抜きが終わったところ。
今回は窓上下をカッターで切り込んでいる。

***********************************************************************************************

Srimg1983

リベットレイヤーを貼り付けるところ。

リベットレイヤーには0.11mmの孔雀ケントを使用。
厚さは上質紙と変わらないが、コシと平滑度が違う。

リベットはいつも通りクラフトロボに打ってもらい、裏からシアノンSWを含浸させてある。
孔雀ケントもシアノンが染み込むと半透明になって後ろの罫書き線が見えるので、リベットの
印刷に合わせて3Mのスプレーのり77で貼り合わせた。
この時、スプレーのりを吹くのは構体表面だ。

***********************************************************************************************

Srimg1984

構体に合わせて切り、開口部裏からシアノンSWを流し込んだ状態。

***********************************************************************************************

Srimg1985

裏から窓専用の刃物で抜いたところ。
シアノン含浸でプラのようになっているので、面白いようにパチパチと抜ける。

***********************************************************************************************

Srimg1986

窓枠レイヤーにも0.11mmの孔雀ケントを使用。
予め窓上下にカッターで切り込みを入れて、今回は窓3つくらいに分割して貼る。
ここでもスプレーのりを構体側に吹く。

***********************************************************************************************

Srimg1987

窓枠を抜き終わったところ。
上下の線は切れているので、縦幅の刃物1本で枠を残して切り込んでいった。

今日はここまで。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

【模型】インド大統領関西視察列車 #0-4 資料 (マイフ97 1) 訂正後

今までに判明したことを表にまとめてみた。
昨日アップした表・コメントに大きな間違いを発見したので、訂正して新しいものに差し替えた。

主要年月日 車  号 塗色 台車 通風器 便洗窓 記   事
1939(S14)年11月 スハフ34768 TR23 8個 ・汽車製造株式会社東京支店にて新造
1941(S16)年11月 ←鋼製客車称号改正
オハフ3349
・1946(S21)年6月18日 二宮追突事故で後部大破
1950(S25)年4月 ・二宮駅留置後、大井工機部取り込み
スヤ511 TR40 8個

1個
・大井工機部にて特別職用車として改造竣工
1950(S25)年6月 型ガラス
スヤ1 ・特別職用車番号スヤ1に改番
1952(S27)年8月 ←特別職用車解除
スヤ461
(スヤ46 1)
・形式番号と車輌番号の間に空白を設ける規定
1953(S28)年3月 ←外国人観光団用車輌に変更
スイ46 1
1953(S28)年6月1日 ←称号改正 夏季に冷房搭載する車輌は「マ」に
マイフ97 1
MD-1 ・1953(S28)年~1957(S32)年の間のいずれか
 冷房取付または撤去時に台車交換
TR57 8個
+
1個
すりガラス ・1958(S33)年4月 シャワー・更衣室工事、台車交換
・1958(S33)年9月 インド大統領関西視察列車
・1959(S34)年5月 塗色規定変更
4+1個 ・1960(S35)年3月 新御料車用TVアンテナ試験
1960(S35)年7月

6個
+
1個
(煙突
交換)

←2等級制実施 「イ」から「ロ」へ
マロフ97 1
1961(S36)年7月 ←1等車の帯色を変更
1963(S38)年2月6日 ・廃車
(マロフ97 1)
・1970年頃から中央鉄道学園にて研究用として保管
1974(S49)年 ・隅田川貨物駅構内にて解体

昨日のこの記事で「ここ何日かでMD台車への交換時期がつかめてきた」と書いたが、メモの字の
読み間違いで1951年を1957年と誤認していたことが発覚した。
マイフ97がMD台車を履いていた期間は従来の写真を元に予想されるものと変わりない。

まず、手元の資料でマイネ40 16がMD台車を履いた一番遅い写真は1951(S26)年1月23日(※1)
その翌年の年末でもTR40を履いたマイフ97の写真がある(※2)。
台車の交換は冷房装置の脱着時に行うと考えられるから、一番早くて1953(S28)年初夏の
冷房取付時から、一番遅くてTR57に履き替える前年(1957(S32)年)の秋の冷房撤去時に
MD台車へ交換したことになる。
また、1958(S33)年5月30日にMD台車を履くマイネ40 16の写真がある(※3)ので、マイフ97は
4月のシャワー工事と同時にMD台車からTR57に履き替え、MD台車は元のマイネ40に戻ったようだ。

これにより、マイフ97がMD台車を履いていたのは最長5年間、最も短いと1年に満たないという
かなりの幅を持った予想しか出来ない。
実際のところ、特別職用車を解除されてからはそう頻繁に運用されていたわけではないようで
MD台車を履いたマイフ97の写真はほとんど無いに等しく、調査を難しくしている。
逆にこの間のマイネ40 16の写真がもう少し見つかれば、その装着している台車により振り替えの
有無が確認できるのだが、それも難しい。

※1 鉄道ピクトリアル No.811(2011-11) 35頁
※2 RMライブラリーNo.95 「特別職用車」 8頁
※3 鉄道ピクトリアル No.746(2004-5) 57頁

***********************************************************************************************

たった1往復の特別列車の、その中の1両の模型を作るために随分時間をかけた調査に
なってしまった(汗)
ピンポイントでその運転時の車輌の状況だけを考えればいいものを、謎が多い車輌だけに
好奇心を刺激されてどんどん引き込まれていってしまったようだ。

これといった1次資料も無く、発表されている写真も限られるため、この辺が限界だろう。
あとは床下機器の変遷を追って一応の資料とした後、早いところ模型にしたい。

つづく

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

【模型】インド大統領関西視察列車 #0-3 資料 (マイフ97 1)

マイフ97 1の考察 その2

屋根上の変遷をまとめたいところだが、いかんせん資料が無さすぎる。
オハフ3349までは形式図通りだが、スヤ511からは形式図が全く役に立たないのだ。
RMライブラリーNo.95「特別職用車」(以下RML95と略)にもベンチレーターについて言及した部分があるが、
資料調査の結果これも間違いを含むことが判った。

RML95の10頁当該部分には”(1960(昭和35)年には)、1号御料車に使用される八木アンテナの
試験取り付けが行なわれ、この時通風器の移設が行なわれている”とあるが、移設自体はこれより前に
行なわれており、ここでは「撤去」とするのが適当と考える。

この根拠となるのが「サイドビューJNR PC 1(レイルロード)」の9頁にある公式側の真横写真である。
1959年4月29日の撮影で、後位から2個目と石炭レンジ煙突上部が入れ替わった位置に移設されている。
この後、件の試験により八木アンテナの台座になる最後位と最前位、並びに中央から四隅に向けて
張られたケーブルアンテナの邪魔になる中ほど2個で計4個のベンチレーターが撤去されたようだ。
試験終了後は最前位展望室上と前位から4個目が復旧され、6個+煙突1個に落ち着いたようだ。

なお、スヤ511改造当初からのラジオアンテナは八木アンテナ試験の際に撤去され、後の復旧はない。

では移設はいつされたのかという疑問が残るが、課題となる視察列車の時にはまだ移設されて
いないことを「国鉄鋼製客車 I(キャンブックス)」の21頁にある、わずかにマイフ97の後位部分が
見える写真で確認した。
このことから、移設は1958(昭和33)年秋以降、翌春までの間に行われていたということになる。

眼を床下に移すと、まず気になるのが台車だろう。
新製からのTR23はスヤ511への改造時にスハ4250のTR40と振り替えられ、特別職用車としての
改造竣工からTR40を履いている。これによりスハ4250はTR23を履いてオハ351308となった。
その後、新三菱重工の試作MD台車に変わるのだが、資料となる書籍はみな台車形式MD-1と
なっており、その他の形式を示唆するものは無い。
しかし、MD-1はサハ78-199が履いていた形式であり、軸バネが軸上ではなく外寄りにずれている。
僅かに残されたマイフ97の写真を見ると当該台車は軸バネが軸の真上にある。
これはMD-3~5の特徴であり、マイフ97が電車ではなく客車であることを考えると、唯一客車で
使用されたMD-4ではないのかという疑問が湧いてきた。

そして、このMD台車はマイネ4016が履いていたもので、1949(昭和24)年に大宮工機部での
冷房装置取り外し工事の際に火災事故に遭い、翌年復旧されたときに装着されて出場した。
どのタイミングでマイフ97との相互振り替えが行われたのかは定かではないが、1958(昭和33)年4月に
行われたマイフ97のシャワー・更衣室改造工事と同時に次のTR57への振り替えが行われており、
その後再びマイネ40 16がMD台車を履いた写真がある。

マイネ4016が履いた台車がMD-1なのかMD-4なのかを含めて、もう少し検証する必要がありそうだ。

つづく

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-12 マイフ97 1 

例年になく忙しい年度末を越えて、やっと落ち着いて工作できる時間が取れます。
今日は何日ぶりのまともな休みだったでしょうか(汗)
前回までに木製屋根を作っておいたので、朝から頑張って一気にカタチにしました。

今回は4面+屋根板の従来工法であり、最後のテストということで紙の組み合わせを大幅に変えています。
構体に0.11mmの孔雀ケントを、裾リベットレイヤーには初めてトレーシングペーパー60g/m2を使用。
窓枠レイヤーには0.12mmのスーパーファイン用紙使用、3層接着で0.35mmという今までで一番薄い側板です。

Srimg1924

トレーシングペーパーの接着テストをしていないので、今回はサフェーサー貼り付けではなく
リベットレイヤーの接着にはいつもの3Mスプレーのり77を使用。
窓裏からシアノンSWを含浸させたところ。
トレーシングペーパーは吸い込みがないので強度的にどうなるか・・・。

***********************************************************************************************

Srimg1927

窓枠レイヤーも貼って窓を抜きサフェーサーを吹いた。
トレーシングペーパーは堅く、貼り合わせ後の曲げ追従性が悪いので、瞬間接着剤が含浸していない
箇所は構体紙の収縮があると、内部が錆びて塗膜が膨らんだ放置車輌のようになってしまうようだ。
これはこれでそういう表現に使えることが判ったが、先が心配になる・・・。
2両を時間差並行製作して、問題点をフィードバックしながら進めたい。

***********************************************************************************************

Srimg1928

3mmのヒノキ角棒を上端と裾から2.5mmに貼り、ペーパールーフ試作のときに思いついた仮妻工法で
正確な幅をキープしつつ、飛び出した仮妻の側面をのりしろに別製作した展望妻板を貼る。

***********************************************************************************************

Srimg1930

上手い具合に接着できることが判ったが、角棒は仮妻を貼ってから展望扉まで通しておいた方が良かったか?
この後、仮妻部分を切り落とす。

***********************************************************************************************

Srimg1949

ガンガン進めて夕方には2両とも箱になった。
今回は丸屋根側の妻板にきちんと罫書き線を入れ、最初に切っておいてから貼り付けて屋根を削った。
罫書きは楕円を使ったが、曲線を分けて両肩をきつく中央部をもっと平坦にしてもいいくらいだ。

木製屋根は面倒かと思ったが、サンドペーパーの選択をきちんとすれば意外と簡単に形になるようだ。

***********************************************************************************************

Srimg1950

気分転換に手摺りを作ってみた。
0.3mmの真鍮線を使用。塗膜の厚さを考えてのことだが、見た目ちょっと頼りない感じ。

***********************************************************************************************

Srimg1952

せっかくなので黒染めしておこうと思う。
今回使うのは黒染めカラスA-502。
右端の楊枝が入っているのは最終洗浄用の水。

***********************************************************************************************

Srimg1956

ますは洗浄活性剤に放り込んだ。
細かい泡を出しながら、くすんだ真鍮が見る見るピカピカになっていく。

***********************************************************************************************

Srimg1957

そして黒染め液へ。
常温だがあっという間に黒くなっていく。

***********************************************************************************************

Srimg1960

みごとに真っ黒。
これでシールプライマーを塗らなくても大丈夫だろう。

***********************************************************************************************

Srimg1963

続いて雨どい縦管の製作へ。
あ!  今、これ書いてて気がついた・・・0.6mmじゃなくて0.8mm使ってるじゃん!

なんか太いような気がしたんだよなぁ、、、もう付けちゃったよーー(泣)

***********************************************************************************************

Srimg1967

やっぱり太い・・・(泣)
どうする、引っこ抜いてやり直すか、もう1両に乗り換えるか。。。
細かいパーツ接着してなくて良かったよ(汗)

よく見ると2段雨どいも太さが違うし、、、ま、こんな感じってことで。

***********************************************************************************************

とりあえずペーパールーフと木製屋根の車体製作テストが終わりました。

どっちか、っていうと木製屋根の方が扱いが楽な気がしますね。
ペーパールーフはどうしても両端と中央のカーブに差が出て歪む感じがして、それを直そうとすると
今度は車体幅に影響が出る。
それを直すのに幅方向の補強が必要になって、、、ってやってるとペーパー屋根のお手軽メリットが
無くなるような気がするんですよ。

ちょっと面倒でも屋根板作ったほうが強度も上がるし、補強も楽だし、今回の0.35mm側板でも
全然強度に問題が無いのでこれを標準工法にして編成作りを進めようと思います。

まだ塗装していないのでなんともいえませんが、今まで試した紙厚の中で今回のものが一番、
斜めから見たときに窓周りが本物っぽく見えるんじゃないかと思います。

これにてプロトタイプ作りは終わり。
次からは資料調査しながら本チャン製作に移りたいと思います。

Srimg1970

諸々のテストで作った8両ものマイフ97 1たち(笑)

どうすんのコレ?

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »