« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #0-2 資料(マイフ97 1) | トップページ | 【模型】インド大統領関西視察列車 #0-3 資料 (マイフ97 1) »

2013年4月 2日 (火)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-12 マイフ97 1 

例年になく忙しい年度末を越えて、やっと落ち着いて工作できる時間が取れます。
今日は何日ぶりのまともな休みだったでしょうか(汗)
前回までに木製屋根を作っておいたので、朝から頑張って一気にカタチにしました。

今回は4面+屋根板の従来工法であり、最後のテストということで紙の組み合わせを大幅に変えています。
構体に0.11mmの孔雀ケントを、裾リベットレイヤーには初めてトレーシングペーパー60g/m2を使用。
窓枠レイヤーには0.12mmのスーパーファイン用紙使用、3層接着で0.35mmという今までで一番薄い側板です。

Srimg1924

トレーシングペーパーの接着テストをしていないので、今回はサフェーサー貼り付けではなく
リベットレイヤーの接着にはいつもの3Mスプレーのり77を使用。
窓裏からシアノンSWを含浸させたところ。
トレーシングペーパーは吸い込みがないので強度的にどうなるか・・・。

***********************************************************************************************

Srimg1927

窓枠レイヤーも貼って窓を抜きサフェーサーを吹いた。
トレーシングペーパーは堅く、貼り合わせ後の曲げ追従性が悪いので、瞬間接着剤が含浸していない
箇所は構体紙の収縮があると、内部が錆びて塗膜が膨らんだ放置車輌のようになってしまうようだ。
これはこれでそういう表現に使えることが判ったが、先が心配になる・・・。
2両を時間差並行製作して、問題点をフィードバックしながら進めたい。

***********************************************************************************************

Srimg1928

3mmのヒノキ角棒を上端と裾から2.5mmに貼り、ペーパールーフ試作のときに思いついた仮妻工法で
正確な幅をキープしつつ、飛び出した仮妻の側面をのりしろに別製作した展望妻板を貼る。

***********************************************************************************************

Srimg1930

上手い具合に接着できることが判ったが、角棒は仮妻を貼ってから展望扉まで通しておいた方が良かったか?
この後、仮妻部分を切り落とす。

***********************************************************************************************

Srimg1949

ガンガン進めて夕方には2両とも箱になった。
今回は丸屋根側の妻板にきちんと罫書き線を入れ、最初に切っておいてから貼り付けて屋根を削った。
罫書きは楕円を使ったが、曲線を分けて両肩をきつく中央部をもっと平坦にしてもいいくらいだ。

木製屋根は面倒かと思ったが、サンドペーパーの選択をきちんとすれば意外と簡単に形になるようだ。

***********************************************************************************************

Srimg1950

気分転換に手摺りを作ってみた。
0.3mmの真鍮線を使用。塗膜の厚さを考えてのことだが、見た目ちょっと頼りない感じ。

***********************************************************************************************

Srimg1952

せっかくなので黒染めしておこうと思う。
今回使うのは黒染めカラスA-502。
右端の楊枝が入っているのは最終洗浄用の水。

***********************************************************************************************

Srimg1956

ますは洗浄活性剤に放り込んだ。
細かい泡を出しながら、くすんだ真鍮が見る見るピカピカになっていく。

***********************************************************************************************

Srimg1957

そして黒染め液へ。
常温だがあっという間に黒くなっていく。

***********************************************************************************************

Srimg1960

みごとに真っ黒。
これでシールプライマーを塗らなくても大丈夫だろう。

***********************************************************************************************

Srimg1963

続いて雨どい縦管の製作へ。
あ!  今、これ書いてて気がついた・・・0.6mmじゃなくて0.8mm使ってるじゃん!

なんか太いような気がしたんだよなぁ、、、もう付けちゃったよーー(泣)

***********************************************************************************************

Srimg1967

やっぱり太い・・・(泣)
どうする、引っこ抜いてやり直すか、もう1両に乗り換えるか。。。
細かいパーツ接着してなくて良かったよ(汗)

よく見ると2段雨どいも太さが違うし、、、ま、こんな感じってことで。

***********************************************************************************************

とりあえずペーパールーフと木製屋根の車体製作テストが終わりました。

どっちか、っていうと木製屋根の方が扱いが楽な気がしますね。
ペーパールーフはどうしても両端と中央のカーブに差が出て歪む感じがして、それを直そうとすると
今度は車体幅に影響が出る。
それを直すのに幅方向の補強が必要になって、、、ってやってるとペーパー屋根のお手軽メリットが
無くなるような気がするんですよ。

ちょっと面倒でも屋根板作ったほうが強度も上がるし、補強も楽だし、今回の0.35mm側板でも
全然強度に問題が無いのでこれを標準工法にして編成作りを進めようと思います。

まだ塗装していないのでなんともいえませんが、今まで試した紙厚の中で今回のものが一番、
斜めから見たときに窓周りが本物っぽく見えるんじゃないかと思います。

これにてプロトタイプ作りは終わり。
次からは資料調査しながら本チャン製作に移りたいと思います。

Srimg1970

諸々のテストで作った8両ものマイフ97 1たち(笑)

どうすんのコレ?

***********************************************************************************************

|

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #0-2 資料(マイフ97 1) | トップページ | 【模型】インド大統領関西視察列車 #0-3 資料 (マイフ97 1) »

模型」カテゴリの記事

--マイフ97 1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-12 マイフ97 1 :

« 【模型】 インド大統領関西視察列車 #0-2 資料(マイフ97 1) | トップページ | 【模型】インド大統領関西視察列車 #0-3 資料 (マイフ97 1) »