« テスト | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-12 マイフ97 1  »

2013年3月24日 (日)

【模型】 インド大統領関西視察列車 #0-2 資料(マイフ97 1)

今回この模型を作るに当たって、ここ何日か資料となる書籍を読み漁っています。

マイフ97の場合、車輌が車輌だけに記録が少なく、バイブルともいえるRMライブラリーNo.95
「特別職用車」(以下RML95と略)が唯一まとまった資料として存在するだけで、あとは各所に
散らばる情報の断片を寄せ集めていくしか無いのかもしれません(汗)

とりあえず、今の時点で判明していること、考えられることを覚え書きとして残しておこうと思います。

***********************************************************************************************

マイフ97 1の考察 その1

車歴については大方の資料で述べられているように、昭和14年(1939年)10月に汽車製造株式会社
東京支社でスハフ34678として落成しています。
昭和16年(1941年)10月に鋼製客車の番号改正があり、オハフ3349となりました。
そしてこの車輌の運命を大きく変えるのが昭和21年(1946年)6月18日夜に東海道本線二宮駅の
東方で起きた列車追突事故です。

この事故で後部を大破したオハフ3349は二宮駅に留置された後、大井工機部に取り込まれ、
特別職用車へと改造されて昭和25年4月にスヤ511として改造竣工しています。
また同年6月には職用車番号としてスヤ1を与えられ改番しました。
この改番についてはRML95にも記述されていますが、該当項目の見出しや特別職用車一覧表では
「マヤ1」となっており、実車標記や本文中の記述は「スヤ1」で、この「マヤ1」は誤記と思われます。

このスヤ1に関して、RML95の7頁上段に掲載された宮澤孝一氏撮影の写真は”1950.4 品川”
となっていますが、4月の撮影が確かならば1年後の1951.4であると考えます。

1年ズレの根拠は
・前頁の大井工機部の竣工写真と同じ4月の撮影なのに屋根上・車体・下回りが汚なすぎること。
・標記がスヤ1になっているが、改番は6月であったこと。
・トイレ・調理室の窓が全て白ガラスから半透明に変わっていること(入場の示唆)。
・検査標記が同じ26-7/25-4であること(15ヶ月以内)。

バイブルに対して間違い探しのようなことをしてしまい大変恐縮ですが、データマニアとしてはどうしても
気になってしょうがないのです。

ついでにもう一つ。
”改造と同時に空気調和装置KM4が取り付けられている”とありますが、これは”のちに取り付けられた”
が正しいのではないでしょうか。
根拠としては鉄道ジャーナル(以下RJと略)124号101頁の”冷房装置の取付けを配慮しこれらの窓は
他室のものも含めてすべて二重ガラスにした”との記述で、落成時は冷房取り付け準備工事のみ
行われていたのではないかと思われます。
件の竣工写真には2位側の冷凍機箱や4位側のブラインクーラーが写っていません。

また装置に関して、初期にKM4型が取り付けられたことが確かならば、同年の冷房使用期間中
(あるいは使用開始前)に早くもKM3型に換装されていると思われます。
これはRML95の4頁と7頁に掲載された同年9月の2-4位写真に4位のブラインクーラーが無いこと、
2位の冷凍機箱に縦型フィンが無い(KM3型)こと、台車との間に空気ダメが割り込んできている
(KM4型はもっと台車に近い)ことから間違いないでしょう。
最初からKM3型を設置したとの記述はどこにも見当たりませんが、KM4型を設置している実車の
写真が無いのは大変残念です。

もう一つ、行っちゃいますか(汗)
”1957(昭和32)年時点ではシュリーレン式のTR57に変わっている”とありますが、矛盾が生じています。
8頁のMD-1台車を履いた写真には”1957.12.31”とあり、検査標記がCとなっているので撮影年月日は
間違っていないと思われます。
このことから少なくとも1957(昭和32)年内に台車の振り替えは無かったと考えます。

また9頁には”(昭和28年3月に)スイ46 1に改造された。この時点で男子便所の一部とその隣の寝台室がそれぞれ
シャワー室と更衣室に改造されている模様である”となっていますが、上記のMD-1台車を履いた
1957(昭和32).12.31の写真でもまだ改造はされていないと思われます。
その根拠となるのが更衣室です。
もともとそこは寝台室であったため700mmの側窓には透明ガラスが入れられていました。
1957.12.31の写真でも透明のガラスが入っているのが確認できます。
後のマイフ97、最晩年のマロフ97の写真を見るとそこがスリガラスや白ガラスになっているのです。
すなわち、更衣室ですので外から見えないようになっていなくては困るからです。
よって、マイフ97になるまではシャワー室改造は行われていないと考えます。

では、これらの台車振り替え、シャワー室改造はいつなのか。
正確な1次資料は見つかりません・・・。

つづく

***********************************************************************************************

|

« テスト | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-12 マイフ97 1  »

模型」カテゴリの記事

--マイフ97 1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【模型】 インド大統領関西視察列車 #0-2 資料(マイフ97 1):

« テスト | トップページ | 【模型】 インド大統領関西視察列車 #1-12 マイフ97 1  »