« レトロミステリートレイン 89&122 #4 | トップページ | レトロ越路号 ’98 #2 »

2012年8月30日 (木)

レトロ越路号 ’98 #1

ko-nomoさんのブログ 『やっぱりテツでした』 の記事に触発されて、当ブログでも未掲載だったネタ
1998年7月の「レトロ越路号」を引っ張り出してきました。
勝手にコラボです、スミマセン!

私が社会人になって始めての夏、どうにか2日間休みをもらって電車で出かけました。
もうあれから14年経ってしまうんですね。

Click!⇒ 『レトロトレイン越路号 ~その1』 <http://blogs.yahoo.co.jp/nh5861/31260512.html#31260512>

***********************************************************************************************

619807259720_2

1998.7.25 上越線 塩沢-六日町 9720レ
EOS5 + 50mmF1.8 1/1000 f8.0 G-400

緑のじゅうたんが美しい上越線をゆくロクイチ牽引のレトロ越路号。無粋なマークが無いのもイイ。
長岡駅の100周年を記念して企画された列車で、後ろに続く客車が3両と短いのが残念だが
最後尾のキレイ過ぎないスハフ42が現役時代の旧客のようで好きだ。
晴れると夏の光線で足回りがつぶれてしまうのは仕方ないところ。

この時は前日仕事あとに大宮まで出て、KMさん、KT君の乗る夜行快速「尾瀬ハイク」で合流。
新前橋区の165系6両で運転されたこの列車はテツのため?
本来のハイカーの利用は全然といった感じで、空いた車内は冷房が効き過ぎて寒いくらいだった。
終点越後湯沢5:26着のあと、下り一番電車の乗り継ぎに1時間以上あるものの、腹ごしらえする手段無し。
自動販売機のジュースとアイスでどうにかつないだのが苦い思い出だ。

この日のレトロ越路号復路、ロクイチのATS-SNに不具合があり、長岡区へ戻った同機は調整後に運転所から
長岡駅構内まで単機で試運転している。

関連するロクイチの動き

1998.7.24 品川-(ヨ)単9721-越後石山-上沼垂入区
    7.25 越後石山-回9720-長岡-9720-水上-9749-長岡
    7.26 長岡-9720-水上-9749-長岡
    7.28 南長岡-次々ム5770-五日町-次々ム単5660-高崎操
    7.30 高崎-次ム試6992-上野-前ム回6992-尾久

               25日9749レ長岡到着後、長岡区入区。ATS-SN調整後、単機試運転あり。
       5770~5660レは前ソEF64 1028、本務EF64 1034の総括重連による牽引。
       試6992レはEF65 1030牽引、控車マニ50あり。

       レトロ越路号 編成:
       水上← オハニ36 11 + スハフ42 2173 + スハフ42 2234 →長岡

***********************************************************************************************

|

« レトロミステリートレイン 89&122 #4 | トップページ | レトロ越路号 ’98 #2 »

1998年」カテゴリの記事

旧型客車」カテゴリの記事

EF58」カテゴリの記事

61号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロ越路号 ’98 #1:

« レトロミステリートレイン 89&122 #4 | トップページ | レトロ越路号 ’98 #2 »