« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年11月

2010年11月 6日 (土)

1号編成公式試運転 ’01 #6

***********************************************************************************************

61010216s95041

2001.2.16 山手貨物線 五反田-目黒 試9504レ
EOS5 + 300mmF4 1/500 f.4.5 S-400

最終行程は五反田のホームにて。
やっぱりPF側も撮っておこうということでここにやってきた。

もちろんメインはこちらにしているつもりだが、ホームで電車を待つ人々が1号編成を眺める様子を
画面に入れたくて左に振り気味にしたら危なく先頭のPFが切れるところだった。

大崎からはPF1104号機との重連で田端に戻り、一連の試運転が終了。
このあとロクイチは大宮工場に入場し、お召整備を受けることとなる。

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

1号編成公式試運転 ’01 #5

***********************************************************************************************

61010216s95031

2001.2.16 山手貨物線 五反田-目黒 試9503レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/750 f.6.7 S-400

品川で折り返し、試9503レとなってロクイチ先頭で新宿に向かう。

手持ちの1台で勝負。
まずは東京タワーを絡めたショット。

***********************************************************************************************

61010216s95032

2001.2.16 山手貨物線 五反田-目黒 試9503レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/750 f.6.7 S-400

そのままズームで引っ張り、定番位置で。
後ろにPFが付いてしまっているものの、何度も撮れるのはやっぱり嬉しい。

残すは新宿から大崎に戻る列車だ。
どうする、PF側も押さえておくべきなのか?

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

1号編成公式試運転 ’01 #4

***********************************************************************************************

61010216s97121

2001.2.16 東海道本線 川崎-品川 試9714レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/750 f.4.5 S-400

PFに牽かれて品川に戻る試運転編成。ロクイチはぶら下がりだ。
この後、往路の逆行程で一旦新宿まで行き、折り返して大崎へと向かう。

どこで撮るか結構迷った結果、品川での折り返し時間がほとんど無かったのと、ロクイチが
ケツ撃ちになることからメインを新宿行きの試9503レに定めて山手貨物線と東海道線上りが
撮れる八ツ山の跨線橋に陣取った。
曇ってしまいイマイチ色味が悪い。

新宿での折り返しの時間も僅かなため、徒歩で大崎に出られる場所としても最適だったが
今思うと山手通りが東海道線をくぐるところ、権現山バックのケツ撃ちでも良かったかも。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

1号編成公式試運転 ’01 #3

***********************************************************************************************

61010216s97131

2001.2.16 横須賀線 鎌倉-逗子 試9713レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/500 f.5.6 S-400

品川から東京へ回送された列車はPFを切り離し、ロクイチ+1号編成という正調編成で東海道を下った。
本番同様に戸塚のシーサスクロスを亘り横須賀線へ。
北鎌倉で機関車停車位置と御料車扉の位置確認をした後、列車番号を変えて逗子を目指す。

今回、富士山がバックに見える小坪トンネル手前の上下線が分かれる場所を選んだ。
太陽が上がるにつれ線路には樹木の影が落ち、肝心の富士山は薄くなり散々な結果だが、
本番ではこの区間も旗をたたまずに運転したため最初で最後の旗無し1号編成の記録となった。

続行で東京から追いかけてきたPF 1104号機が下り、逗子からプッシュプルで編成は品川へと戻る。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

1号編成公式試運転 ’01 #2

***********************************************************************************************

61010216s95021

2001.2.16 品鶴線 目黒川信-品川 試9502レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/350 f.2.8 S-400

大崎を出た編成は新宿で折り返しラッシュ前の品川へと到着、一旦入区して東京への回送に備える。
今回の公式試運転はロクイチのお召整備前に行なわれたため、本番の一ヵ月半も前の実施であった。

節分から約10日、まだまだ冬の朝といった感じの八ツ山付近を行く試9502レを俯瞰で狙ってみた。

この後は3時間ほど時間が空く。
本番のロケハンも兼ねて沿線を見ながら横須賀線区間へと進もう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

1号編成公式試運転 ’01 #1

***********************************************************************************************

61010216s95011

2001.2.16 山手貨物線 五反田-目黒 試9501レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 テレコン1.5X 1/180 f.2.8 S-400

2月、ノルウェーお召に向けた1号編成使用の公式試運転が行われ、本番と同じ行程で逗子まで往復した。
曇り空の7時はまだ露出が厳しく、カーブを使って見掛けの速度を落とさないと完全にブレるほどの暗さだった。

当日は大井工場での早朝の入換えを見ようと道路沿いに御料車庫の方へ歩いていったら、案の定
周辺警備の警官と、どこから来たのか私服警官に囲まれ職務質問を受けた。
三脚ケースが怪しいのか、風貌が怪しいのか、、、。
とにかく、どこからこの情報を知ったのかとしつこく聞いてくるので、毎日見に来てるんだと言っておいた。
逆に、今日はどうしたんですか? なんて余裕もかましたりして。
これだけ警備が厳しいってことは、今日あるんですね! 友達に連絡しなきゃ。

あまりにもしつこく、明け切らない空で露出も全然無かったため大人しく走行撮影のみに絞った。
山手線外回りと並走してきたが、上手いこと後ろのPFが隠れて良かったと思うようにしている。

関連するロクイチの動き

2001.2.16 田端操-前単9082-大崎-試9501-新宿-後試9502-品川/引上げ
       品川(札の辻)-後回9711-東京-試9711-北鎌倉-試9713-逗子-後試9714-品川
       -試9503-新宿-後試9504-大崎-前単9081-田端操

        試9711レ、試9714レは東京-戸塚、戸塚-品川間東海道本線経由。
        単9082レ、単9081レは全区間EF65 1104号機と重連。
        試9501レ~回9711レならびに試9714レ~試9504レはPP機EF65 1104号機あり。
        全区間両パンタ上げ。
        客車は新1号編成。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »