« パックとPP ブライダル’97 #2 | トップページ | パックとPP ブライダル’97 #4 »

2010年10月27日 (水)

パックとPP ブライダル’97 #3

***********************************************************************************************

8997101098181_2

1997.10.10 東海道貨物線 鶴見 9818レ
EOS630 + 80-200mmF2.8 1sec f.5.6 G-400

最終折り返しの鶴見にて。
どうにか後ろのロクイチが見える位置に停まってくれた。

生麦で走行を撮った後、横浜のゲームセンターで時間をつぶしてからやってきた。
当時はセイブ開発の縦シューティング『ライデンファイターズ2』にハマっており、ちょっと時間が有れば
ゲーセンに行きたくてしょうがない時期だった。
と思ったら、それは別の日だったようでこの時は生麦から品川に戻って、京浜東北線で鶴見に来ている。

元々ゲームは大好きで、小学校低学年の頃から年上の遊び友達について行き、近所の駄菓子屋の
ゲームコーナーで「パックマン」、「クレージー・クライマー」を覚えた。
1983年に発売された「ゼビウス」の世界観やリアルさに感銘を受け、以降タテシューと呼ばれる縦画面型の
シューティングゲームを好んでプレーしている。
やはりゲーセンでやるのとファミコンでやるのでは違う。テレビは筐体には敵わないのだ。
1990年に「雷電」が発売されると、「ゼビウス」を彷彿とさせる世界観にまたハマる。
続編の「雷電II」では見事に再現された爆発や破片の飛び散り、水面に落下した破片の波紋などに
感動すら覚えた。
それから続く「雷電DX」、「ライデンファイターズ」、「ライデンファイターズ2」と、今でも一番好きなゲームである。
大幅に脱線してしまったが、今でもシューティングゲームは好きだ。

閑話休題。
パックにとってこれが最後のロクイチとのプッシュプル、最後の東海道運用となった。

***********************************************************************************************

|

« パックとPP ブライダル’97 #2 | トップページ | パックとPP ブライダル’97 #4 »

1997年」カテゴリの記事

サロン東京/ゆとり」カテゴリの記事

プッシュプル」カテゴリの記事

EF58」カテゴリの記事

61号機」カテゴリの記事

89号機」カテゴリの記事

マーク付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パックとPP ブライダル’97 #3:

« パックとPP ブライダル’97 #2 | トップページ | パックとPP ブライダル’97 #4 »