« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

あたみ観梅号 ’97 #5

***********************************************************************************************

6197022398211

1997.2.23 東海道本線 茅ヶ崎-平塚 9821レ
EOS 5 + 85mmF1.8 1/750 f.4.5 RDPII

気持ちよく晴れ渡った空の下、馬入川を行く第3回目の「あたみ観梅号」。
みんなの陣取る堤防上を避け、思い切って水際まで前に出てみた。
なんとなく煙っぽいものが漂っているのは、直前に水上バイクが横切ったためだ。

マークが付いているとはいえ、こんな編成が月に2回も走ってくれたら楽しくてしょうがない。

関連するロクイチの動き

1997.2.23 品川-回9821-横浜-9821-熱海-回9823-来宮-後回9834-品川
              品川-後回9835-熱海-9826-横浜-回9830-品川

       回9834レ品川到着後入出区あり、機関車連結位置交換。
       全区間PP機EF65 1107あり。全区間両パンタ上げ、マーク掲出。
       客車は東オク 14系9両。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

あたみ観梅号 ’97 #4

***********************************************************************************************

6197020298261

1997.2.23 東海道本線 根府川-真鶴 9826レ
EOS 630 + 80-200mmF2.8 1/250 f.3.5 XP2

日も暮れかかった頃、復路の観梅号がやってきた。
露出もギリギリ、1/250でどうにかブレずに止められたようだ。
後ろのPFが上手い具合に隠れてくれていい感じだ。

送り込みの回送もここで撮ったが、縦アングルのケツ撃ちでピントを外した。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

あたみ観梅号 ’97 #3

***********************************************************************************************

61970202uk98341

1997.2.2 東海道本線 辻堂-藤沢 回9834レ
EOS 630 + 85mmF1.8 1/1000 f.5.6 XP2

第2回の一往復目復路、回送となって品川に戻る「あたみ観梅号」の編成。
往路下りが被られているのでリベンジの意味もあって同じ場所で狙ってみた。
ぶら下がりのロクイチも両パンタ上げで画になる。

お昼ご飯を済ませた後、復路回送を馬入川でケツ撃ちの予定。
上下線の間に入れるのか気がかりだったが、時間はあるから代替地に移動も可能だろう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

あたみ観梅号 ’97 #2

***********************************************************************************************

6197020298211

1997.2.2 東海道本線 辻堂-藤沢 9821レ
EOS 630 + 80-200mmF2.8 1/1000 f.4.5 XP2

第2回目の「あたみ観梅号」に充当されたロクイチの牽く9821レ。
危ないと思いながらもやって来た地元の直線区間で、案の定抜け切らなかった普電が被った。

一日2往復あり、一発目なら被ってもいいかという思いとちょうどいい曇り具合でここに決めたのが失敗だった。
ここは超望遠で狙うのがカッコイイのだが、もしもを考えてズーム装着しておいたのがせめてもの救いだ。
朝から一緒に居るKT君、ちゃんと撮れたんだろうか?

撮影メモによるとこの後は海側に移動し、貨物線を下ってくるジョイフルトレインを撮って折り返し列車を待った。
EF65 1020+ふれあいみちのく(モカ座)、EF65 1030+なごやか(オク座)、EF64 36+江戸(シナ座)の3本が
2時間のうちに下っている。
客車ジョイフルトレインが最後に輝いていた時代、13年前の話、今から考えると隔世の感がある。

関連するロクイチの動き

1997.2.2 品川-回9821-横浜-9821-熱海-回9823-来宮-後回9834-品川
              品川-後回9835-熱海-9826-横浜-回9830-品川

       回9834レ品川到着後入出区あり、機関車連結位置交換。
       全区間PP機EF65 1107あり。全区間両パンタ上げ、マーク掲出。
       客車は東オク 14系9両。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

あたみ観梅号 ’97 #1

***********************************************************************************************

6197011598261

1997.1.15 東海道本線 大船 9826レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 2sec f.5.6 SRS FL-W

久々に長い14系編成の「熱海市制60周年記念 あたみ観梅号」に充当されて初春の東海道を上下したロクイチ。
最後尾にPFが連結されたプッシュプルのカマ込み11両で、2月2日、23日にも同様に運転されている。
列車は横浜-熱海間往復の客扱いだったが、編成は一度品川まで回送された上で機関車位置を入れ替え、
往復とも客扱い時にロクイチが先頭に来るように組成された。

ロクイチは直前まで交検だったが、この運用に合わせるように回客で戻っており、ここで使用する14系の
送り込みと重なって一足先に久しぶりのロクイチ+14系9両が実現している。

観梅号の当日はKT君とEF62の江戸牽引を松井田の鉄橋まで撮影に行っており、セッティング後に余裕を
かまして二人で立ちションしながら
「来るぞ!」 「うそ!?」 「来た! うっそ~」
なんてやっていたら本当に来てしまって二人とも撮れなかった苦い思い出が蘇える。
あと何度EF62と江戸の組み合わせが撮れるだろうと思って、そのためだけに行ったのだが痛恨のポカ!
帰りの電車では意気消沈、自分たちの馬鹿さ加減に悔しくて笑い話にもならない。
今でも一緒に撮影に行くと「トイレ行っとく?」なんて会話から必ずこの時の話になる。

関連するロクイチの動き

1997.1.14 尾久-回4541-東大宮操-回1540-品川

       客車は東オク 14系9両。

    1.15 品川-回9821-横浜-9821-熱海-回9823-来宮-後回9834-品川
        品川-後回9835-熱海-9826-横浜-回9830-品川

       回9834レ品川到着後入出区あり、機関車連結位置交換。
       全区間PP機EF65 1107あり。全区間両パンタ上げ、マーク掲出。
       客車は東オク 14系9両。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

東海道 PP「江戸」牽引 #2

***********************************************************************************************

61880717u98241

1988.7.17 東海道本線 辻堂 9824レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/2 f.8.0 PX

熱海から帰ってきた乗客を降ろすため辻堂で停車する9824レ。

雨で露出も無いため、下りを撮ったら帰宅して返しまでゆっくりしてしまった。
夕方、ぶら下がりのロクイチを撮りに歩いて駅に向かう。
三脚に望遠ズームを付けたAE-1Pを載せて持って行ったが、直前の普電で確認すると
ちょっと微妙な位置になりそう。
たぶん停車目標は10・11両。
カマ込み8両だとちょうどグリーン車位置に最後部が来る計算。

しまった、、、安全な位置からだと75ミリでは全然編成が入らない。
家まで戻って広角を取って来る時間も無い。
せめて自転車で来てれば間に合っただろうに、大誤算だ。
自分が下がれるところまで下がって、少しでも江戸を入れたい。

そしてホームの接近案内が点灯し、9824レが入線してきた。
少しでも前まで行って停車してほしかったが、予定通りピッタリだ。
30秒よりずいぶん長く停車している。
何コマか切ったところでダメ元で道路沿いを少し動いてみたが時間切れ。
ゆっくりと発車していった

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

東海道 PP「江戸」牽引 #1

***********************************************************************************************

6188071798231

1988.7.17 東海道貨物線 辻堂-茅ヶ崎 9823レ
AE-1P + 75-200mmF4.5 1/250 f.4.5 PX

珍しくPFとプッシュプルで雨の東海道を下る江戸。
この頃はまだ全区間プッシュプル運転は一般的ではなく、折り返し駅で切り離される片道PPが時折運転される程度だった。

この時は地元辻堂から熱海の客扱いであったが、最初はPF牽引の上り列車に乗車。
東京まで行って下り方にロクイチを連結し貨物線を下り辻堂の中線に停車、熱海まで下って客扱い後、回送で来宮へ。
そのまま帰りまで留置すればいいのに、回送で根府川まで一往復させたのは留置線容量の問題か?
そして帰りも熱海から乗車し、辻堂で客扱いとなる面白い行程だった。

関連するロクイチの動き

1988.7.17 品川-単9823-東京-9823-来宮-後回9826-根府川-回9825-来宮-後9824-品川

        9823レ以降はPP機EF65PFあり。
        9823レは品鶴・貨物線経由。全区間両パンタ上げ。
        9823、9824レ熱海-来宮間、9824レ辻堂-品川間は回送。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

寿 ざり号 #6

***********************************************************************************************

6197071397382

1997.7.13 高崎線 行田 9738レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/350 f.2.8 XP2

厳しい露出の中、行田駅に進入する9738レ。

この後は続行の普電に乗り、鴻巣で後からくる快速アーバンに乗り換え。
9738レを上尾で追い抜いて大宮の停を撮影する。

なんとも天気に恵まれない一日だった。

***********************************************************************************************

6197071397383

1997.7.13 高崎線 大宮 9738レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/6 f.8.0 SRS

大宮に到着した「寿 ざり号」、乗務員交代が行われた。
夏場の19時はまだ明るい。光源の違いでカラーバランスが崩れてしまった。

この時期、カラーネガは全く使用せずポジ撮影にこだわったが優位性を見出せず、
後にネガオンリーのスタイルに落ち着いた。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

寿 ざり号 #5

***********************************************************************************************

61970713mnk1

1997.7.13 上越線 水上 旧水上機関区にて
EOS 5 + 50mmF1.8 1/250 f.4.0 SRS

バックに誰も居ない瞬間を狙って5分くらいここで構えた。
本当ならばもう少し右によって2・3歩前に出たいところだったが、50mmベストアングルには
デカい三脚とバケペンの方々が陣取っていて無理だった。

後ろパンタとマークの付け替えを待ちたかったが、一足先に返しの撮影地選びに行くことにした。

***********************************************************************************************

6197071397381

1997.7.13 上越線 渋川-敷島 9738レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/350 f.4.0 SRS

利根川第一橋梁を渡りまもなく渋川に到着の9738レ。

津久田や岩本、沼田-後閑を候補にしていたが、結局また大正橋に戻ってきた。
天気がどうにもならないので、少しでも速度が遅い場所にしたかった。
メモを見ると水上13:49発の上り電で直接渋川へ来ているので、ここで2時間以上
待っていたのか・・・。
それなら何故、水上で入換まで居なかったんだろうといまさらながら思う。

さあ、奥利根スジなので追っかけ開始だ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

寿 ざり号 #4

***********************************************************************************************

S61970713mkm2

1997.7.13 上越線 水上 旧水上機関区にて
EOS 5 + 50mmF1.8 1/250 f.4.5 SRS

構内で並んで休むロクイチとEF55。
渋川から普電で追っかけ、到着した時にはEF55の方転は終わっていたが、
ざりがにマークのエンド交換がまだ行われていない。

片パンではあるが、程よい曇り空で逆光になることは防ぐことができた。

***********************************************************************************************

S61970713mkm3

1997.7.13 上越線 水上 旧水上機関区にて
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/350 f.4.0 SRS

記念に一枚、正面から望遠で。
曇ってしまうとポジでは色が出ないのがつらいところ、この時はネガ撮影していないようだ。

このマークはすごい・・・。
ザリガニはエビ目(十脚目)だから鋏脚を入れて10本の脚があるはずなのだが・・・。
もちろん意味するところは良くわかるが、これをロクイチに装着してしまったのが何よりもすごい。
イエローサブマリン音頭の金沢明子やレトロ大船、後年の駒子をも凌ぐ「?」印満載のマークだろう。

しかしそれは外野の声でしかない。
関係者にとっては思い出深いものになったであろうし、ロクイチを充当していただけたこと、そしてそれを
こうして撮らせていただけただけでもありがたいと思う。

さて、返しはどこにしようか。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

寿 ざり号 #3

***********************************************************************************************

6197071397332

1997.7.13 上越線 渋川-敷島 9733レ
EOS 5 + 28-70mmF2.8 1/350 f.4.0 XP2

EF55を先頭に利根川第一橋梁を渡る「ざり号」こと「寿 IZAWA号」。

渋川で普通電車を降りるとタクシー乗り場に急行、荷物を車内に投げ入れて「大正橋を渡ってください!」と告げた。
車内でレンズ交換。望遠ズームから広角にして一台手持ちで行く。
ポジではどうにもならない天気だったのでここでもモノクロのXP2だ。

大正橋を渡ったところを左折してもらい、道は鉄橋をくぐる。
下り線を抜けたところで停まってもらった。
支払いを済ませて降りるともうすぐにでも来そうな雰囲気。
35mm程度でサイドが良く出るアングルを探してうろうろしていたら来た。

どうにかカマ2両を抜いてフレーミングしたが、今見ると架線柱もう一本奥でも良かったかもしれない。
現場ではそんなこと考えている暇は無かった。

撮影を終えて駅に戻るとき、橋の間の斜面からEB君たちが降りてきた。
鉄橋を渡るアングルを線路レベルで撮ったのだろう。

水上のターンテーブルを見に行こうか。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

寿 ざり号 #2

***********************************************************************************************

551970713tks1

1997.7.13 高崎線 高崎 入換
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/350 f.3.5 XP2

高崎からロクイチの前に連結されるEF55が中線を通って水上方の機待線に向かう。
EF55にもステーを介してヘッドマークが取り付けられている。
水色地のこのマークの方がいいなあ。

まもなく1番線に9733レが到着する。
理由は覚えていないが、高崎線は遅れての運転だった。

***********************************************************************************************

619707139733tks

1997.7.13 高崎線 高崎 9733レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/250 f.4.0 XP2

遅れて運転のロクイチ牽引9733レが到着。
1番線を長時間占拠することは出来ないので、すぐにEF55の連結作業が始まる。

***********************************************************************************************

619707139733tks2

1997.7.13 高崎線 高崎 9733レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/250 f.4.0 XP2

ゆっくりと近付き重連の9733レが組成される。
ここまで撮って下りの普電に飛び乗る!
上越線の下り電車も遅れておりどうなるか全く予想がつかないが、
とりあえず渋川まで行ってタクシーで大正橋を目指すつもりだ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

寿 ざり号 #1

***********************************************************************************************

6197071397331

1997.7.13 東北本線 浦和-大宮 9733レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/350 f.2.8 SRS

曇り空の下、特異なザリガニマークを掲げて浦和を抜けてきた9733レ。
この時は前日から与野の友人宅にお邪魔し、未明まで飲み食いした後の寝ぼけ頭でここにやってきた。
余裕をみて通過1時間前に到着するも、すでに何人か構えており、どうにか場所を確保。
一向に露出は上がらず、ギリギリの状態で本番を迎える。
ホームの向こうにロクイチのライトが見えたとき、上り接近灯の点滅も確認。
これはダメかと思われたが意外に早く普電は通過、編成に掛からず撮影できた。
しかし先頭を見て唖然・・・眠気も飛んでしまった。

追っかけるかどうか一瞬迷ったが、切符も用意してしまったためとりあえず行くことにする。

関連するロクイチの動き

1997.7.11 品川-単1541-東大宮操-単4540-尾久

    7.13 尾久-推回9733-上野-9733-高崎-次9733-水上-次9738-高崎-9738-上野-推回9738-尾久

        全区間マーク掲出。
        高崎-水上間は前機EF55 1あり、両パンタ上げ。
        客車は東オク ゆとり。

    7.14 尾久-回4541-東大宮操-回1540-品川

        客車は東オク ゆとり。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

鎌倉・禅の源流号 #6

***********************************************************************************************

S61030607k97163

2003.6.7 東海道本線 横浜 回9716レ
EOS 5 + 70-200mmF2.8 1/30 f.4.5 S-400

戸塚から東海道客線に入り、横浜8番で小休止する回9716レ。
バルブにはまだまだ早い時間だが、艶のある車体にホームの灯りが反射する。

横須賀線から武蔵野線に抜けるには戸塚のシーサスクロスを渡るか、ここ横浜駅手前の大クロスを渡って
スカ上りから客線上りに入り、鶴見手前の片渡りで客線上りから貨物上りにスイッチするしかない。
この鶴見でのスイッチには客線下りとの交差支障が生じるため、横浜で調整の停車を入れているのだろう。

横浜の大クロスではスカ下りとの交差が生じるので使われることはほとんど無いようだ。
近年では横須賀線武蔵小杉新駅工事に伴う横須賀線一部運休による東海道上下線の保土ヶ谷、
東戸塚臨時停車のためにこのクロスがフル活用され、一般営業列車が使用したのが記憶に新しい。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

鎌倉・禅の源流号 #5

***********************************************************************************************

S61030607zsi5

2003.6.7 横須賀線 逗子 回9716レ
EOS 5 + 300mmF4 1/500 f.6.7 S-400

機回しを終えて夕陽を受けながら佇むロクイチ。
このとき編成に連結後、待機位置を手前に20mほど移動している。
理由は「出発信号機が見にくいため」ということだが、おかげで影がかからず綺麗な写真が撮れた。

この後すぐ、独りで撮影場所の下見に行って撮れることを確認した。

***********************************************************************************************

S61030607k97161

2003.6.7 横須賀線 大船 回9716レ
EOS 5 + 70-200mmF2.8 1/350 f.3.5 S-400

回送が大船の立体交差を駆け下りる。
ちょうど大船まで延長運転の「あやめ」が入区するところだ。

183系の走る鎌倉総合車両所(2000年7月1日付けで大船電車区から変更)への入出庫線の右で築堤をくぐる線路は
旧くは東海道客線の下り本線であった。
築堤の向こう側には横須賀線から貨物側線の荷扱い所へ連絡線が敷かれ、これらの本線と5連続平面交差が
存在していたという。
1973年10月1日の根岸線全通による貨物列車の横須賀線~根岸線直通開始で平面交差は解消され、
いわゆるMS分離が行なわれた1978年には東海道ホームの移動により築堤をくぐる配線も無くなった。

物心がついてから何度も通っているはずの大船駅だが、一番古い記憶はたぶんMS分離直前の東海道線上りから
横須賀線下りへの乗り換えで、ホームでサンドイッチを買ってもらったこと、ホームの下に川が流れていることに
気がついて祖父に「川だ、川だ!」と言ったことを覚えている。
そして鉄道に関心が高まってからは、1982年冬の小田急LSEを使用した東海道線での高速試運転の大船到着を
父親と弟と一緒に見に行ったことで、上記の旧下り線を通ってスカ線ホームに入線してきたのを見ている。

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

鎌倉・禅の源流号 #4

***********************************************************************************************

S61030607zsi3

2003.6.7 横須賀線 逗子 入換
EOS 5 + 28-70mmF2.8 1/500 f.5.6 S-400

復路はカマ次が夢空間になり、マーク無しのロクイチと相まってなかなかの編成となる。
最後尾はマニ50改造の電源車マニ24 501だ。

***********************************************************************************************

S61030607zsi4

2003.6.7 横須賀線 逗子 入換
EOS 5 + 70-200mmF2.8 1/500 f.5.6 S-400

ホームのはずれで進路開通待ちのロクイチ。

この時まだ返しの撮影場所を決めていなかった。
駅間に出るか、戸塚のシーサスクロスを渡る姿を撮るか、保土ヶ谷のカーブにするか・・・。
横浜8番で停車があるので、それも見たい。
今日は飲み会があるので横浜でお別れ、北千住バルブは見られない。

機回しを終えてすぐ、一つ気になっている場所を独りで偵察に行ってくることをKT君に告げて
上りのスカ線に乗り込んだ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

鎌倉・禅の源流号 #3

***********************************************************************************************

S61030607zsi6

2003.6.7 横須賀線 逗子 9717レ
EOS 5 + 300mmF4 1/500 f.6.7 S-400

北鎌倉で客扱い後、機回しのため逗子まで回送された編成が宇都宮線直通のE-231系と並ぶ。

ホームも一段上の道路もファンでいっぱいだ。
しかしホームのその位置からどんな写真が撮れるんだろう。

***********************************************************************************************

S61030607zsi2

2003.6.7 横須賀線 逗子 入換
EOS 5 + 300mmF4 1/750 f.5.6 S-400

入換が始まり、一旦横須賀方へ引上げたロクイチが3番線を通って大船方へと回る。
傾き始めた太陽が半面を綺麗に照らした。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

鎌倉・禅の源流号 #2

***********************************************************************************************

S610306079717

2003.6.7 東海道本線 戸塚-横浜 9717レ
EOS 5 + 70-200mmF2.8 1/750 f.5.6 S-400

緑に囲まれた掘割区間を清水谷戸トンネルに向かう9717レ。
武蔵野線から新鶴見を通り、鶴見を抜けたところで客線へと転線して戸塚まで下る。
首都圏をぐるっと周る設定で、往路の撮影地はみなさんバラけたようだ。

KT君と井堀で推回を撮影後、常磐線内を狙ってから東海道に先回りする行程を取ったが、三河島-南千住間の
撮影地選びに手こずり失敗、ロクイチのナンバーに太いケーブルと架線釣りの碍子をもろにかけてしまった。

気を取り直してここへ。KT君は新子安先端に向かった。
東戸塚の駅を降りてトンネルに向かうところでKMさんに会ったが、山越えのため先を急ぐ。
何年ぶりかにトンネル脇の山道を登ると頂上の風景は一変しており、4車線道路が横切っていた。
以前ののんびりとした畑が広がる山頂の面影は無く、見覚えのある高圧鉄塔だけが行き先を教えてくれる。

渋滞する道路をどうにか横断して線路が見下ろせるところまでくると、そこには以前と変わらない景色が
広がっていて安堵した。
誰も居ないだろうと思った撮影地に一人居る、、、近づいたらTM君じゃないですか。
久しぶり会うのがこことは思わなかったが、並んで撮影後一緒に駅まで戻り逗子へと向かう。
帰りの道は4車線道路経由。マンションもたくさん建ち、完全な都市風情となっていた。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

鎌倉・禅の源流号 #1

***********************************************************************************************

S61030607k9465

2003.6.7 東北本線 上野-井堀(信) 推回9465レ
EOS 5 + 70-200mmF2.8 1/750 f.5.6 S-400

ロクイチが充当された「鎌倉・禅の源流号」の回送が推進運転で上野に向かう。
カーブに見切れてしまったが、編成最後部は24系夢空間車両の寝台車を除いた2両が連結されている。

上野駅開業120周年と建長寺創建750周年を記念したコラボ企画列車で、一般募集された乗客は
国立博物館で開催されていた「鎌倉・禅の源流展」を鑑賞後、この列車で建長寺を参拝するという
なんとも贅沢なものであった。

2003.6.7 尾久-推回9465-上野-9465-新鶴見(信)-9717-逗子-回9716-新鶴見(信)-回9416-上野-推回9466-尾久

       9465レは常磐・武蔵野線経由。
       9717レは鶴見-戸塚間客線、戸塚から横須賀線、北鎌倉-逗子間回送。
       往路はマーク掲出。
       復路は逆行路。
       客車は東オク 24系5両+夢空間2両。

       編成:上野← オシ25901+オハフ25901+オハネ24+オハネ24+オハネ24+オハネフ24+マニ24501 →逗子

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »