« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ブライダル2002 五月の花嫁 #3

***********************************************************************************************

6102052598131

2002.5.25 東海道貨物線 藤沢-大船 9813レ
EOS 5 + 300mmF4 1/1000 f.5.6 S-400

小田原から東京貨物ターミナルまで入線し、再び貨物線を下る。
旧湘南貨物駅の跡地にある住宅展示場脇から300mmで狙った。

わりと広かった構内もほとんど整理されてしまい、上下貨物線の間に見える
中線と大船寄りの山崎1・2番と呼ばれた発着線の残骸が残っているだけだ。

実家から一番近い貨物駅ということで、昔から好きな場所だった。
構内の藤沢寄りに掛かる跨線橋は交互通行用に自動車信号が付いていて
珍しかったが、現在はどうなのだろう。

駅は'85年12月1日に廃止されたが、線路が撤去される前に配線を記録しておこうと
弟と一緒に自転車でやってきた。
曇っていて寒かった覚えがあるが廃止直前だったか後だったか・・・。
武田薬品側のコンクリート壁にへばりついて構内を覗いているときにパトカーが来て
案の定「何やってんの?」のお言葉。
答えに困ったが、駅廃止のことを話して書き留めた配線を見せると解放された。
初めての職務質問。今ではいい思い出だ。

***********************************************************************************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

ブライダル2002 五月の花嫁 #2

***********************************************************************************************

6102052598111_2

2002.5.25 東海道貨物線 平塚 9811レ
EOS 5 + 300mmF4 1/1000 f.5.6 S-400

茅ヶ崎で客扱い後、貨物線を小田原まで下るブライダルトレイン。
トップライトでつぶれ気味だが、一発勝負の撮影では普段なかなかやらない平塚先端にて。

このときの「ゆとり」は山側が通路でこちら側は屋根上スッキリ、ちょっと残念。
ここから先は陽もまわり、山側からの撮影がメインとなる。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

ブライダル2002 五月の花嫁 #1

***********************************************************************************************

6102052598111

2002.5.25 東海道貨物 大船-戸塚 回9811レ
EOS 5 + 70-200mmF2.8 テレコン1.5X 1/500 f.5.6 S-400

大船のカーブを行くロクイチとレインボー色の1118号機プッシュプル編成。
茅ヶ崎のライナーホームから新郎新婦と親族、招待客を乗せて5月の東海道を2往復する列車だった。

梅雨前のいい気候に夏のような日差しも手伝い、気温はどんどん上昇。
マークも無く、下り方ロクイチという最高の光線状態に沿線も熱くなる。
いろいろと場所を変えて一日楽しませてもらった。

関連するロクイチの動き

2002.5.25 品川-9811-茅ヶ崎-9811-小田原-9812-東京貨タ-9813-国府津-後回9814-品川

       全区間プッシュプル機 EF65 1118(レインボー機)あり。全区間両パンタ上げ。
       回98119813レは貨物線、回9814レは客線経由。9813レは茅ヶ崎-国府津間回送。
       客車は東オク ゆとり。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

善知鳥峠号 #6

***********************************************************************************************

61971124t95561

1997.11.24 中央本線 辰野-信濃川島 単9556レ
EOS 5 + 50mmF1.8 1/90 f.19 G-400

SLの後を追って峠を降りてきた単9556レのロクイチを流し撮る。
まもなく辰野に到着だ。

単機だし「何か変わった撮り方は出来ないか」と思い、通過まで色々試したが
直前になって後ろから「入る!」と言われてしまい、しょうがないから寝そべって
流し撮りをすることにした。

しかしなんだこれ・・・。
別にここでやらなくてもいいような、どこだか分からない写真になってしまった。

***********************************************************************************************

61971124b95521

1997.11.24 中央本線 辰野 後9552レ
EOS 5 + 70-200mmF2.8 1/500 f.5.6 G-400

駅に戻るとちょうど入換が行われており、ロクイチが列車の最後尾に連結された。
ほどなく列車は終着岡谷に向けてゆっくりと辰野の駅を出発した。

ロクイチ、これが辰野での最後の姿となった。
そして翌日、EF64 42に牽かれて塩尻をあとにする。

関連するロクイチの動き

1997.11.25 塩尻大門-次無配9451-長野-次無配9351-長岡-次無配9756-高崎

    11.27 高崎-単9720-品川

        配9451~配9351レはEF64 42、配9756レはEF64 1001牽引。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

善知鳥峠号 #5

***********************************************************************************************

6197122495511

1997.11.24 中央本線 川岸-辰野 9551レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/750 f.8 XP2

こちらは本運転の最終日、岡谷から辰野経由で塩尻に戻る「EF58善知鳥峠号」のロクイチ。
最後尾にはD51がぶら下がっている。

この日も夜行アルプスで長野県入りしたのだが、高尾-相模湖間で先行貨物列車にカマ故障発生。
八王子からKMさんと一緒になるが最大3時間の遅延をもって運転されたため松本まで乗車した。
朝一番の下りを待ち、下諏訪では前日からやって投宿していたKT君と合流後、みどり湖から旧線の
オメガカーブへ向かった。

ロクイチ補機付きの「SL善知鳥峠1号」撮影し、みどり湖から岡谷経由で辰野へ。
駅から川岸駅方面に歩いてギリギリここにたどり着いた。
電話箱が目立ってしまうが、どうしようもない。
ここで久しぶりにYN先輩に会った、とノートに書いてある。

関連するロクイチの動き

1997.11.22 塩尻-後9550-岡谷-9551-塩尻
        塩尻大門-単9556-辰野-後9552-岡谷-回9555-塩尻大門
        塩尻-回9557-松本-回9558-塩尻

    11.23 塩尻-後9550-岡谷-9551-塩尻
         塩尻大門-単9556-辰野-後9552-岡谷-回9555-塩尻大門
         塩尻-回9557-松本-回9558-塩尻

    11.24 塩尻-後9550-岡谷-9551-塩尻
         塩尻大門-単9556-辰野-後9552-岡谷-回9555-塩尻大門
         塩尻-回9557-松本-回9558-塩尻

         9550-9551レ、9552-回9555レはプッシュプル機 D51 498あり。
         回9555レはみどり湖経由。全区間両パンタ上げ。
                   9551レ塩尻到着後入区、回9557レ松本到着後入出区あり。
                   客車は高タカ 旧型客車6両。
                   編成 : 岡谷← スハフ42 2061 + スハフ42 2071 + オハ47 2246 + オハ47 2261
                                                          + オハフ33 2555 + スハフ32 2357 →塩尻   
         

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

善知鳥峠号 #4

***********************************************************************************************

61971120k95551

1997.11.20 中央本線 岡谷 回9555レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1sec f.6.7 XP2

夕暮れ迫る岡谷駅で塩尻への回送を待つロクイチ先頭の回9555レ。
編成は塩尻大門へ直接入区しD51を解放、その後ロクイチと客車は松本まで足を伸ばし
松本運転所で翌日に向けた整備を受ける。

やはり夜行到着~早朝からの撮影行はキツくすでにクタクタ、、、この時は松本往復よりも帰宅を選んだ。
岡谷のホームで目の前に入線した東京方面行きの普通電車に乗り込んで寝る準備をした。
売店で売っていた「おやき」を持ち込んだが、疲れた体にとても美味しく感じた。

しかし今となってはロクイチ単独牽引の旧客6両、村井バルブをやっておけばよかったなどど後悔している次第。
疲労困憊状態での思考回路は、たいてい「帰宅」にショートカットされるように出来ているようだ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

善知鳥峠号 #3

***********************************************************************************************

61971120st95561

1997.11.20 中央本線 小野-塩尻 試単9556レ
EOS 5 + 80-200mmF2.8 1/350 f.2.8 G-400

旧東塩尻信号所のあった場所から、短いトンネルを抜けてくるロクイチを狙う。

この単機回送をここで撮ってしまうと辰野での入換に間に合わない。
本番は辰野駅の近辺で押さえて、すぐに駅に戻ると入換が撮れる算段だが・・・。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

善知鳥峠号 #2

***********************************************************************************************

61971120s95511

1997.11.20 中央本線 信濃川島-小野 試9551レ
EOS630 + 28-70mmF2.8 1/350 f.4 G-400

こちらは試運転2日目、かつての特急街道である単線区間を塩尻に向かう試9551レ。
紅葉にはちょっと遅かったが、オハニ36が入らない6両編成と単線片ポールがいい。

この時はKT君と前日の夜行アルプスで信濃大町まで入り、寒さしのぎのため更に南小谷まで往復。
みどり湖まで戻って朝の試運転を旧東塩尻信号所で撮影したが、予定ではSL列車の続行で
岡谷まで単機のはずのロクイチが列車の最後尾に連結されていて驚いた。

これは1日目の試運転で霜によるSLの空転が発生したため運用が変更されたということだが、
本番も午前の便はプッシュプルに。午後便では予定通り追っかけ単機で運転されている。

関連するロクイチの動き

1997.11.19 塩尻大門-試単9554-辰野-後試9550-岡谷-試9551-塩尻
                  塩尻大門-試単9556-辰野-後試9552-岡谷-回9555-塩尻大門

        11.20 塩尻-後試9550-岡谷-試9551-塩尻
                  塩尻大門-試単9556-辰野-後試9552-岡谷-回9555-塩尻大門
                  塩尻-回9557-松本-回9558-塩尻

                  試9550~試9551レ、試9552~回9555レはプッシュプル機 D51 498あり。
        回9555レはみどり湖経由。全区間両パンタ上げ。
                  試9551レ塩尻到着後入区、回9557レ松本到着後入出区あり。
                  客車は高タカ 旧型客車6両。
                  編成 : 岡谷← スハフ42 2061 + スハフ42 2071 + オハ47 2246 + オハ47 2261
                                                        + オハフ33 2555 + スハフ32 2357 →塩尻

***********************************************************************************************   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

善知鳥峠号 #1

***********************************************************************************************

61971117nmh97551

1997.11.17 上越線 高崎 次無配9755レ
EOS 5 + 50mmF1.8 1/15 f.8 IMPRESA

上越・信越線回りで塩尻まで回送される無動力のロクイチが、EF64 1001に牽かれ高崎中線で出発を待つ。
11月22日~24日まで運転される「SL善知鳥峠号」のプッシュプル相手としてロクイチが指名され、
ロクイチ先頭の下り列車には「EF58善知鳥峠号」という名前がつけられている。

1997年は碓氷峠の廃止、EF62の全廃という大きな節目の年であり、自身の学生生活最後の年でもあった。
そんな中でロクイチは新たな線区への進出もあり、運用の内容的にもかなり充実した年だったと思う。
この「EF58善知鳥峠号」は特に印象的なもので、回送ではあるが最初で最後の篠ノ井線走行も見られた。

D51 498との競演ということで本番同様の試運転が二日間あるため、早めに現地入りするのだ。

関連するロクイチの動き

1997.11.14 品川-単8741-高崎

    11.17 高崎-次無配9755-長岡-次無配9350-長野-次無配9450-塩尻大門

        配9755レはEF64 1001、配9350~配9450レはEF64 41牽引。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

忘年会の夜 '88 港ヨコスカ #3

***********************************************************************************************

6188121697361

1988.12.16 横須賀線 横須賀 9736レ
AE1-P + 37-70mmF3.5-4.5 5sec f.8 GX100

機回しを終えたロクイチの隣に横須賀線の上り電車が停まった。
構内の水銀灯に照らされた前面と113系のヘッドライトが照らす側面が、まるで模型のような質感だ。

この時は立会いの駅員さんもおらず、線路内に入ってのバルブ撮影は出来なかった。
今思えば、外に出て広い構内の向こう側から何枚か撮っておけばよかったが後の祭り。

ちょうどこの一週間後に、世紀の鉄道イベント 「オリエント急行 in JAPAN」 の最終運行でD51 498
との重連牽引が行われることとなる。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

忘年会の夜 '88 港ヨコスカ #2

***********************************************************************************************

61881216ysk1

1988.12.16 横須賀線 横須賀 入換
AE1-P + 75-200mmF4.5 6sec f.8 GX100

江戸から離れて機回し中のロクイチをホームから狙う。
入換信号機が変わり、まもなく東京方へと移動するところだ。

右のステップに乗っていたのでは指示が出来ないので、操車係二人での入換だろう。
機関士のところへ通達に行った係が左のステップに乗れば移動開始となる。

尾灯がどうのとか、黄ヘルがどうのとかいうことがあるが、なんだかんだ言っても入換風景は好きだ。
編成写真ばかり撮っていると、アルバムに写真を並べたときに変化が無いという理由もある。
現役で働くロクイチにかかわる人たちを無理なく取り込んで絵にできるのがいい。

この後、10年以上ロクイチの横須賀入線は行われなかった。
また、ジョイフルトレインを牽いての入線はこれが最後となっている。
そして21世紀を向かえ、2002、2003年に「よこすか開港祭」に合わせて旧客とともに展示されたが
側線が何本もあって広かった構内にはマンションが建ち、雰囲気は一変してしまっていた。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

忘年会の夜 '88 港ヨコスカ #1

***********************************************************************************************

6188121697351

1988.12.16 横須賀線 横須賀 9735レ
AE1-P + 75-200mmF4.5 1sec f.5.6 GX100

江戸を牽いて夜の横須賀までやってきたロクイチ。
この頃はまだプッシュプルでの運転が一般化しておらず、到着後には操車係による機回しが行われる。
停車位置が分からなかったのでホームで待ったが、どうにもならないところに停まってしまった。

久しぶりにコダックのネガフィルムを使用しているが若干アンダーのネガなのでスキャン後の状態が良くない。
AE-1プログラムにはモードラも無く、フィルムもケチっていたので到着時のカットはこれしかない。

この時は小学校の同級生であるKM君と一緒だった。
彼が「鉄」になっているとは夢にも思わなかったが、この後レインボー塗装のEF81、95号機にハマり
かなり直流・交流区間問わず広範囲の活動をしていたようだ。
今でもレインボー塗装で健在のパイチ95。 彼も現役で撮影しているだろうか。

関連するロクイチの動き

品川-9735-横須賀-9736-品川

客車は東シナ 江戸。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #7 【秩父デキ】

一週間続けた秩父デキもこれで最後です。

今年も甲種から、ぼちぼちデキ撮影をやっていきたいと思います。
桜の季節には何かいいことあるように願って・・・。

今回こうしてデキを並べてみて、やっぱりイイなと再確認しました。
また気分転換にでも、記事に登場してもらうことにします。

***********************************************************************************************

S301k80051

2008.3.3 秩父鉄道 熊谷タ-三ヶ尻 8005レ
Panasonic FZ-30 1/640 f4.5 ISO80

地下鉄副都心線の開業に合わせて誕生する「TJライナー」用50090系の第3編成を牽引する301号機。
両パン上げ期間の輸送ということで300番台も絵になる。

***********************************************************************************************

S301k80052

2008.3.3 秩父鉄道 三ヶ尻-武川 8005レ
Panasonic FZ-30 1/640 f4.5 ISO80

三ヶ尻を過ぎて、ファンにはおなじみのカーブを行く。
長年ここに築かれていた残土山も昨年整地されてしまい、ちょっとした俯瞰アングルも過去のものとなった。

***********************************************************************************************

S301k80053

2008.3.3 秩父鉄道 永田-小前田 8005レ
Panasonic FZ-30 1/640 f5.6 ISO80

武川と桜沢で対向電車の交換をしながら寄居まで行く8005レ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #6 【秩父デキ】

***********************************************************************************************

S10804071930015

2004.7.19 秩父鉄道 上長瀞-親鼻 5001レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/750 f6.7 S-400

デキ4重連に牽かれて荒川橋梁を渡る2004年度の「秩父川瀬祭り号」。

C58の不調によりデキ重連で運転された春の「芝桜号」に続いて、夏には4重連列車が登場。
「松尾兄弟追っかけ元年」だったこともあり、108号機が先頭を勤めたこの5001レは燃えた。

この日、朝の広瀬川原出区前に構内のポイント故障があり、回送は熊谷方への出発ができなくなった。
協議の結果、一度大麻生へ下ってから熊谷へ上るというスジが盛られ、極めて異例な
客車プッシュプル編成の大麻生側線折り返しが見られた。

***********************************************************************************************

S5030405123012

2004.5.12 秩父鉄道 黒谷-武州原谷 301レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/750 f5.6 S-400

箱庭のような景色の中を行くセメント返空301レ。
終着武州原谷はもうすぐだ。

寄居から秩父方面には俯瞰に適した山がいくつもあり、編成写真に飽きたときには
時々こうして気分転換に訪れた。

***********************************************************************************************

S5010405123021

2004.5.12 秩父鉄道 熊谷タ-三ヶ尻 302レ
EOS5 + 300mmF4 1/750 f6.7 S-400

こちらは最も熊谷タに近い俯瞰撮影場所、「熊谷文化創造館さくらめいと」の屋上。
三ヶ尻を出発した302レが巨大なサイロ群をバックにカーブを回ってきた。

ここからは熊谷タを出たところから三ヶ尻までの全線が見渡せるが、残念ながら甲種の時間には
僅差で建物自体が開館していない。

***********************************************************************************************

S1020812081

2008.12.8 秩父鉄道 影森
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 1/125 f6.7 ISO400

最後は、朝の影森での2列車並びを。
セメント列車が廃止された2006年3月改正以降、貨車を連ねて同方向に並ぶ列車が見られるのは
影森だけになってしまった。

8時15分、朝の第一便として102号機牽引のヲキ編成が三輪鉱業所へと上っていく。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #5 【秩父デキ】

***********************************************************************************************

S2010412073

2004.12.7 秩父鉄道 寄居
EOS 10D + 70-200mmF2.8 3sec f6.7 ISO100

2004年度のパレオエクスプレス運転最終日を無事に終え、その日のうちにC58は高崎へ回送された。
八高線への受け渡し線にC58を押し込み、帰り支度を整えた201号機。
時刻は21時半、まもなく帰投の時間だ。

***********************************************************************************************

S2010503143072

2005.3.14 秩父鉄道 小前田-桜沢 307レ
Panasonic FZ-10 1/500 f5.6 ISO80

試運転のヲキ2両とセメントホキを連ねて武州原谷を目指す201号機牽引の307レ。
ゴールドのラインが夕日に輝く。

従来C58が高崎から戻るまで一般機と一緒に貨物運用に投入されていたが、近年はセメント列車の廃止により
使用機関車数も減少し、広瀬川原で12系とともに冬眠していることが多い。

***********************************************************************************************

S2010503163025

2005.3.16 秩父鉄道 寄居-波久礼 302レ
Panasonic FZ-10 1/500 f5.6 ISO80

302レで検査上がりのホキ2両を熊谷タまで牽引する201号機。
上記307レで秩父に登り、36時間滞泊ののち302レで里に戻ってきた。

***********************************************************************************************

S2010601307006

2006.1.30 秩父鉄道 永田-小前田 7006レ
Panasonic FZ-20 1/500 f4.5 ISO100

里運用とセメント列車ばかりに充当されていた201号機が久しぶりにヲキ編成を牽く。

この頃はまだ冬季の両パン上げが実施されていないので、影森から三輪側線に入る運用のカマは
常時熊谷寄りのパンタを上げて運用に就いていた。

今後201号機がヲキを牽く姿は見られるのだろうか。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #4 【秩父デキ】

***********************************************************************************************

S1070812122

2008.12.12 秩父鉄道 三ヶ尻-武川 3001レ
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 1/750 f6.7 ISO400

東急電鉄からの譲渡車両8500系改、秩父7000系8連を牽いて通称石川カーブを行く107号機。
武川で折り返し広瀬川原の車両基地まで運転するため、後部には301号機が両パン上げで連結されている。
まだ低い太陽が107号機の前面を立体的に照らし出す。

元国鉄101系である1000系置き換えのため、今年も東急のステンレス車が投入される。
来る1月21日、東急8090系改め新形式となる秩父7500系が秩父鉄道内を輸送される予定だ。

***********************************************************************************************

S5010609172

2006.9.17 秩父鉄道 上長瀞-親鼻 
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/500 f4.5 S-400

501号機に牽かれ荒川橋梁を行く西武鉄道 新101系改め秩父鉄道6000系3連の回送。
急行秩父路号に使用している元JR165系改秩父鉄道3000系の置き換えのために3編成が導入された。

寄居以遠にデキ牽引の電車回送が走ることは大変珍しい。

***********************************************************************************************

S1040902167002

2009.2.16 秩父鉄道 大麻生-明戸 8006レ
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 1/500 f5.6 ISO400

107・108号機の松尾兄弟ではなくても、一灯ライトの100番台が充当されると気合が入る。
久喜でのJR-東武接続が終了した2003年以降、東武伊勢崎線への甲種輸送時にはカマ込み12連、
全長230m弱の列車が熊谷タ-武川-熊谷-羽生間で運転される。

通常3連の電車のみが走る区間にて、104号機を先頭に堂々の編成が行く。

***********************************************************************************************

S50209011370022

2009.1.13 秩父鉄道 新郷-武州荒木 8006レ
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 1/750 f5.6 ISO400

ちょっと宇宙人っぽいお顔(失礼・・・)の500番台前期型の502号機が牽く東武50050系の51061編成。
羽生での入換に従事するため最後尾には507号機が連結され、500番台同士のプッシュプルとなっている。

両パン上げの長編成甲種輸送ということで、ちょっと敬遠気味の500番台も実に絵になる。
一昔前までは国鉄・JRからの乗り入れが頻繁に行われており、「くつろぎ」や「やすらぎ」も団臨として入線し
主に500番台がその牽引を担当していた。

国鉄時代の「くつろぎ」を牽く501号機の画像が 臨A1さんのブログ 「機関車回想」 で紹介されている。
Click!⇒ 秩父鉄道デキ501 …くつろぎ 1
 <http://blog.goo.ne.jp/ef58-60/e/caa456d722e71cf55151c825e15a4cae>

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #3 【秩父デキ】

***********************************************************************************************

S108040719ku

2006.7.20 秩父鉄道 石原 回5003レ
EOS5 + 300mmF4 1/350 f4.5 S-400

2006年のハイライト 「デキ4重連 川瀬祭り号」 回送の先頭に立つ108号機。
復路の先頭を勤めた108号機が機回しで編成の逆エンドになった回5003レを石原で狙った。
後部に106・104・506号機の3重連を付けた変則4重連である。

***********************************************************************************************

S108

2005.4 秩父鉄道 三ヶ尻 入換
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/350 f4.5 S-400

太平洋セメント熊谷工場でごみコキの入換えに勤しむ108号機。
この後の全検入場し、綺麗な姿で2005年度の4重連列車にも充当された。

***********************************************************************************************

S108080330701

2009.3.30 秩父鉄道 三ヶ尻-武川 701レ
EOS KissDX + Nikon Ai-S 105mmF2.5 1/750 f5.6 ISO200

2008年の全検で白Hゴムに換装された108号機が牽く三ヶ尻行きの石炭輸送列車。
2007年の改正から三ヶ尻での入換え方法が変わり、ホキ10000は一旦武川まで行った後、
折り返して三ヶ尻へと入る運用になったためこの区間では往復2度見られるようになった。
ぱっと見、松尾兄弟107号機との区別が付けにくくなったが、ひさしの具合は変わらない。

この区間では例年、両パン上げと満開の菜の花の競演が見られる。

***********************************************************************************************

S1080904107

2009.4.10 秩父鉄道 三ヶ尻-武川 7006レ
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 1/90 f13 ISO100

2009年の春は気温が上がらず、桜も例年より長く観ることができたようだ。
小ぶりのデッキとひさしの具合が良くわかる角度で7006レを流し撮り。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #2 【秩父デキ】

***********************************************************************************************

S1070812121

2008.12.12 秩父鉄道 武川 入換
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 1/500 f6.7 ISO400

無動力の301号機を引き連れて入換中の107号機。
冬の朝日が両パン上げの車体を綺麗に映し出す。

これから重単で熊谷タまで甲種車両のお迎えに行く。
今日の甲種は東急から譲渡された元8500系8両だ。

***********************************************************************************************

S107

2007.5 秩父鉄道 熊谷タ-三ヶ尻 703レ
EOS10D + 70-200mmF2.8 1/750 f8 ISO400

熊谷工場名物 「ごみコキ」(セメント原料用焼却灰コンテナ) 1両を牽いて三ヶ尻に向かう107号機。
デキの色褪せ具合がいかにも現役っぽくてたまらない。

***********************************************************************************************

S107083

2008.3 秩父鉄道 野上-長瀞 303レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 1/500 f4.5 S-400

107号機が検査明けのヲキ1両を牽いて春満開のカーブを行く。
近年は3月末までが両パン上げの指定期間である。

303レで秩父に登ったカマはそこで2泊し、山方面の救援機として待機する。
明けて3日目、302レとして里へ降りてくるのが通常の運用だ。

***********************************************************************************************

S1070903194

2009.3.19 秩父鉄道 秩父 7007レ
EOS KissDX + 70-200mmF2.8 4sec f8 ISO400

影森を目指すヲキ車の返空7007レが秩父駅の側線で小休止。
ちょうど西武鉄道からの乗り入れ車が滞泊のためやってきた。

通常の7007レは武州原谷止まりだが、貨車運用の都合で翌朝の三輪鉱業所便の
車両として影森まで送り込まれることがある。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

【国鉄を求めて】 チチブの機関車たち #1 【秩父デキ】

おかげさまで見切り発車からロクイチだけで50件の記事をアップすることができました。

眼にとまった画像から記事を書いているため、あちこち年代も飛んでいますが年次別でいくと残るは1984年~87年、
1993年、2004年~08年になります。
今回自分のネガ・ポジを見直してみたところ、なんと1993年の記録が無いことが分かりました
ロクイチを撮影した回数・・・ゼロ?

'93年は回客ばかりに充当され組み合わせ的にはいろいろ楽しめた年ですが、どうにも撮りづらいんですよ、回客は。
学校からちょっと抜け出して行かれる距離じゃないし、終わってすぐ出ても品川着に間に合わない。
実験をサボる訳にはいかず、わかってて行かれない時は本当に辛かった~
無いものは無い、それはもうしょうがないのでお気楽にいきます。
でも1993年だけ抜けてるのはシャクなので、何かで埋めようっと

さて、50件の区切りということで今週はちょっと毛色の違うジャンルをアップしてみたいと思います。
こんなのもあるんだな~くらいで観ていただければ幸いです。

2003年以降、仕事の肩書きばかりが上がってしまい好きな日に休みが取りにくくなると同時にロクイチの稼動状況も
限られてきて、休みにくい日曜日の運用が多くなってしまいました。
そればかりか高崎区のEF65特急色も風前の灯し火で、休みにちょっと撮りに行くにはスポット過ぎて効率が悪い・・・。

そんなときにたまたま見かけたのが、秩父鉄道のデキでした。
籠原の直線に居ると、たまに横を走って来るんですよね。
そしてこれからご紹介する2機を見つけたとき、スイッチが入っちゃったのでした

***********************************************************************************************

1070409153061

2004.9.15 秩父鉄道 波久礼 306レ・単307レ
EOS 10D + 70-200mmF2.8 1/350 f.3.5 ISO400

単機で秩父に向かう108号機の横を、バラ積みセメントのホキ車を連ねて熊谷タに向かう
107号機牽引の306レが駆け抜ける。
乏しい公休日をほとんど全て費やし、この瞬間が訪れる日を待った。

総勢18両(2004年当時)のうちの2機が、こうして運用上並ぶこと自体は珍しいものではない。
しかし、交換駅、天気、貨車、片方が単機の条件に加え、秩父デキの最大の難関
「パンタの上げ位置」の条件がうまく揃うとなるとかなり難しい。
この写真も単機の108号機が進行方向「前パン」のため100点満点には遠い。

松尾鉱業から1973年に転入してきた107号機と108号機は、100番台8両のうちで「ひさし」を
付けた異端児。詳しくは他のサイトさんにお願いするが、出力も他の仲間とは異なる。
その風貌は国鉄旧型電機を髣髴とさせ、なんとも懐かしく暖かい感じがする。
私は彼らを見つけたとき、自分のカメラで記録できなかったEF15とダブった。
そして107号機は白Hゴムにゆがんだひさしという出で立ちから、米原区のゴハチ36号機を
強烈にイメージしてしまった。
車体側面などEF15がそのままショートになった感じで大変好ましいスタイルだ。
カマに対する思い入れが増すのと同時に、沿線のロケーションや貨車のバリエーション、
運用の多彩さにどんどんハマっていくのだった。

いつ行っても多くの貨物が走り、100番台、200番台、300番台、500番台のカマが区別なく
運用に入る様は在りし日の国鉄、ゴハチの末期、EF65特急色という自分が長年
追い求めたカマにそっくりの状況なのであった。
100番台(7両)が来れば当たり! 107・108号機ならお召機が来るようなものだ。
200番台(1両)はパレオエクスプレス塗装の色ガマ。
300番台(3両)はちょっとクソガマ(失礼・・・)、例えれば昔のPFか。
500番台(7両)は前期型は300番台とそっくり、後期型はED62を彷彿とさせるイケ面。
そして100番台は個々の外観仕様が細かく異なり、まるでゴハチそのもの。

こんなにバリエーションがあったらハマらないわけが無い。
しかし、松尾鉱業から来た2機に出会ったからこそ新しい被写体として秩父デキに進むことになったのだ。

***********************************************************************************************

50795091

2005.10.5 秩父鉄道 永田-小前田 チキ工臨(積車)
EOS10D + 70-200mmF2.8 1/750 f.6.7 ISO400

一年に何回か運転されるレール輸送列車が寄居から石原に向かう。
珍しく両パン上げでチキ車を牽引する507号機。
近年は冬季限定で全列車が両パン上げとなる規定が設けられている。

***********************************************************************************************

1050504t2051

2005.4 秩父鉄道 大麻生 単205レ
EOS5 + 70-200mmF2.8 S-400

桜堤の並木をバックに大麻生駅の側線に進入する105号機。
こんな光景を毎年、いつまでも見せて欲しい。

***********************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

サロンそよかぜ '88 #2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6188050290321

1988.5.4 横須賀線 北鎌倉-鎌倉 9032レ
AE1-P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR200

扇谷(おうぎがやつ)トンネルを抜けて、山に囲まれた古都鎌倉を後にする「サロンそよかぜ」。
9032レという列車番号が特急列車であることを主張している。

国鉄時代の1984年に季節運行を始めた臨時特急「サロンエクスプレス そよかぜ」だが、ゴハチが充当されたのは
'86年秋臨でのロクイチが初めてだった。
国鉄時代は大船-逗子間の乗務に茅ヶ崎機関区が指定されており、運転初日には区長も添乗したと聞く。
臨時列車の短区間とはいえ、栄光の特急列車への乗務は特別なことだったのだろう。
後日、茅ヶ崎運転区を訪れたときにその栄光のスタフをいただき、宝物となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

サロンそよかぜ '88 #1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

61880502k96211

1988.5.4 横須賀線 大船-北鎌倉 回9621レ
AE1-P + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HR200

前年9月に続き特急運用の「サロンエクスプレス そよかぜ」の先頭に立つロクイチ。
ゴールデンウイークの運転4日間すべてに充当され、逗子から高崎まで快走した。
こちらは最終日の朝、逗子までの回送である。

この日、自宅から自転車で1時間弱コースの鎌倉方面に出かけた。
江ノ電と絡めて撮影しようという魂胆だった。
しかし、入れていたフィルムがASA200・・・粒子の粗さとシャドーのノイズが最悪。
何で200なんか入れたんだろうか、画像の調整にも一苦労だ。

関連するロクイチの動き

1988.5.1 品川-回9621-逗子-9032-新宿-9041-高崎-9042-新宿-9031-逗子-回9622-品川

    5.2 品川-回9621-逗子-9032-新宿-9041-高崎-9042-新宿-9031-逗子-回9622-品川

    5.4 品川-回9621-逗子-9032-新宿-9041-高崎-9042-新宿-9031-逗子-回9622-品川

    5.5 品川-回9621-逗子-9032-新宿-9041-高崎-9042-新宿-9031-逗子-回9622-品川

      全区間マーク掲出。高崎入出区あり。
      客車は東シナ サロンエクスプレス東京。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

大崎 トワイライトタイム '92

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6192080697051

1992.8.6 山手貨物線 大崎 9705レ
AE1-P + 50mmF1.8 2sec f.5.6 RDP

綺麗に色づいた夏の夕暮れをバックに品鶴線の信号開通待ちのため停車中の9705レ。
今日はPFとプッシュプルで新宿-逗子往復の納涼列車牽引だ。

1992年はロクイチの運用自体が少なく、自身の大学進学もあり、ほとんど記録が無い。
大学生になったら思う存分ロクイチを追っかけまわすのが目標だったが、自宅から2時間
かけての通学と週半分の実験・レポートに追われ、ファインダーを覗く時間は少なかった。
それでもカバンには薄いAE-1Pと望遠ズームを忍ばせ、EF65 500番台などを追った。

残念ながら、自由になる夏休みの期間中の運用は、8月6・7・8日での納涼列車と、
9日の回客往復だけという結果に終わってしまった。

関連するロクイチの動き

1992.8.6 品川-後9447-新宿-9705-逗子-後9706-新宿-回9448-品川

              全区間PP機 EF65 1109?あり。全区間両パンタ上げ。
              客車は東シナ 江戸。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

ブライダルトレイン INOUE号 #2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

61911201k97301

1990.12.1 高崎線 北上尾-桶川 回9730レ
T90 + 50mmF1.8 1/350 f.4.0 TMXs

早朝の高崎線を宮原へと回送される旧客編成。
今回は順光となる朝の回送にもヘッドマークが付けられた。

1985年3月改正以降、ロクイチが高崎区の旧客を牽引するのは'86年10月14日の
東京-高島往復(旧客7両)と、このブライダルトレインの2週間前、11月17日に
89号機との重連で上野-高崎往復(同6両)を牽いたのに続き3回目のこと。

今回、暖房の必要な旧客を使用した団臨を企画・運転した関係者には頭が下がる。
さすがに復路は電気暖房(EG)を搭載した EF64 1001が使用され、ロクイチは翌日
単機で品川に戻っている。

この日は東海道上り初電で高崎線入りし、お手軽撮影地である北上尾で下車。
東海道沿線仲間のEB君に連れられて、初めてここを訪れた。
側面に陽が当たることを確認して同級生のOM君と「カブらない側」の田んぼに陣取る。
同じクラスになって半年近くOM君が「鉄」だとは知らなかったので、私が教室で写真の
データ書きをしているときに「お、くつろぎだ」なんて声を聞いて驚いた。

しかし、メインのポジは・・・どこいった?

望遠バリピンのカラー画像が 臨A1さんのブログ 「機関車回想」 で紹介されている。
Click!⇒ 
EF5861 …寿 INOUE号 <http://blog.goo.ne.jp/ef58-60/e/47b6f5499d7ad35825d809a53154ff92>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月 5日 (火)

ブライダルトレイン INOUE号 #1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

61911130nt97031

1991.11.30 東北本線 大宮 次単9703レ
Nikon F + 50mmF2 1/4 f.8 NP-F

翌日のブライダル臨牽引のため、尾久から高崎へ行くロクイチ。
同じく高崎に向かうPF 1022号機との重単となった。

夕暮れの大宮7番に佇む単9703レ。
さあ、いってらっしゃい。 明日また会おう。

関連するロクイチの動き

1991.11.30 尾久-前単9753-上野-次単9703-高崎

        全区間 EF65 1022と重連。単9703レは前位パンタ下げ。

        12.1 高崎-回9730-宮原-9331-高崎

        回9730レ、9331レ(倉賀野-高崎間は除く)マーク掲出。
                  客車は高タカ 旧型客車5両。
        編成: 宮原← オハフ33+オハ47+オハ47+スハフ32+オハニ36 →高崎

        12.2 高崎-単8738-品川

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

全検出場 '90

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

61901115h99911

1990.11.15 東海道本線 茅ヶ崎 配9991レ
T90 + 80-200mmF2.8 15sec f.8 SHR100

5年半ぶりの全般検査を受けてこの日無事に出場したロクイチが、同時出場となった相模線色の
キハ30 67を引き連れて茅ヶ崎までやってきた。貨物中線に到着し入換えの準備が進む。
途中、品川に寄っているにもかかわらず出場機がそのまま牽引機としてキハ配置先まで行ってしまう
のはJR化後の合理化が成せる業か、、、ファンには嬉しい限りだ。

当日は木曜日でキッチリ授業。それどころか出場回送日を16日だと思っていた。
帰宅後UD君からの電話で出場を知った時にはすでに品川で機回し中。
バルブの準備をして電車で一駅、茅ヶ崎のホームで配9991レの到着を待った。

日が暮れた頃から風が強くなり、バルブには最悪のコンディションに。
三脚にカメラバッグを提げて重し代わりにするものの、風はレンズ自体を揺らす。
数撃てば当たる作戦でかなりのコマ数切ったが、やはり使い物になるコマは少ない。
一番まともなのが、この入換標識灯がついてしまったカットである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

61901115t99941

1990.11.15 東海道本線 茅ヶ崎 単9994レ
T90 + 80-200mmF2.8 2sec f.8 HG200

入換えを終えて貨上2番線に佇むロクイチ。
足回りにはまだグリースが塗られておらず、磨き出された部分が美しい。
こちら側が補修で綺麗になった1エンド面だが光がなく、その状態を確認することはできなかった。

鳩のマークのイトーヨーカドーや右端に少し写るダイクマも今は昔。
'94年には貨物線にライナーホームも設置され、広かった構内の雰囲気も変わってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

61901115t99942

1990.11.15 東海道本線 茅ヶ崎 単9994レ
T90 + 80-200mmF2.8 3sec f.5.6 REALA

相模線ホームから尾灯を点けたロクイチを眺める。
東海道貨物線と相模線の列車受け渡しに使われる貨上2番線と相模線ホームの2番線は相模線・貨物線両方に
出られるよう、それぞれの出発信号機がつけられ、たくさんの赤色が画面に映える。

ここで眺めるゴハチは1984年8月1日の160号機以来だろうか。
その日、相模線から熱海方面に行く81系シナ座Eが茅ヶ崎でゴハチに機関車交換した。
朝、品川から単機で茅ヶ崎に来た160号機は昼前まで電留線で待機した後、2番線相模線ホームに到着した
81系の熱海方に連結され貨物中線まで入換運転した。
ハーフカメラ片手にホームを走り回った懐かしい思い出である。

関連するロクイチの動き

1990.11.15 大宮-配9945-東大宮操-配9548-品川-配9990-新鶴見信-配9991-茅ヶ崎-単9994-品川

                 大宮-茅ヶ崎間 キハ30 67(相模線色)を牽引。
                 単9994レは客線経由。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

マイティック・ルネッサンス元年号 #2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6189060494212

1989.6.4 中央本線 高円寺 9421レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.8 HG200

山手貨物線から中央快速線へ入り高円寺を通過する9421レ。
トップライトに近いものの、どうにか順光で撮影できた。

長者丸踏切で撮影後、先輩とともに目黒の駅までダッシュ。
山手~総武緩行の乗り換えを代々木?(なぜ?)で行い、ここ高円寺には通過5分前に着けた。

撮影後は9421レを追いかけて中央線を下ったが、1019号機先頭のレインボーを撮るべく
西国分寺から武蔵野線へと折れて先回り。
今思えばロクイチの中央線単回を押さえる方がよかった、などとは後の祭り。

全くの余談だが、左のビルにある「ルノアール」は喫茶店「銀座ルノアール」の本社である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

マイティック・ルネッサンス元年号 #1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6189060494211

1989.6.4 山手貨物線 目黒-恵比寿 9421レ
T90 + 75-200mmF4.5 1/500 f.5.6 HG200

武蔵工業大学60周年記念でレインボーを使用した首都圏周遊列車の先頭に立ったロクイチ。
列車は品川から新宿へ、中央線を八王子まで下り、折り返して武蔵野線へと抜けるものだった。
ロクイチは初めてレインボー機PFの1019号機とプッシュプルを組み、品川-八王子間を牽引している。

梅雨前の快晴に恵まれ、大変暑い日曜日だった。
ここ長者丸踏切にも沢山のファンが集まり、自分の三脚を動かすこともままならない状態。
山手線外回りの運転士からは丸見えのはずだ。
この頃はまだ貨物線の列車密度も高くなく、線路際の集団を黙認してくれていたのだろう。

Sjyamaru
早くからたくさん集まって、気温以上に「熱い」踏切り。

光線的に良いとは言えないが、新宿までどこも同じような状態なのでここに集まるのも必然か。
この時はYN先輩と一緒にここにいたという記憶が、この写真で確実なものになった。

関連するロクイチの動き

1989.6.4 品川-9421-八王子-単9440-品川

              9421レはPP機 EF65 1019(レインボー色)あり。全区間下り方マーク掲出。
              客車は東オク スーパーエクスプレスレインボー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

熱海初日の出号 '95

           謹 賀 新 年 

どうにか年を越すことができました。 本年も宜しくお願いいたします。

どこまで続くか分かりませんが、マイペースにやっていきたいと思います。

大変偏った内容ではありますが、当時の画像をネタに当時の個人的な思い出話などを並べてゆきます。
同じような体験をされてきた「鉄」の方々や、ちょっと懐かしいと思える世代の方など、末永くお付き合い
いただければ幸いです。

撮影データは当時のメモを基本にしております。
撮影場所などの間違いがありましたら、ご指摘いただけると助かります。
また、運用等に関しましても書籍や手持ちのデータの確認はしておりますが、間違いが出てくると思います。
些細なことでもご指摘いただければ幸いと存じます。

なお、運用は正式なものではなく回客単機などは”単1541”、重連本務機等の場合も”前”や”次”といった
機関車位置を表示しています。

では、新しい一年、みなさん良い年でありますように。

                                         平成22年1月1日   HP10SH

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6195010198241

1995.1.1 東海道本線 藤沢-大船 9824レ
EOS5 + 80-200mmF2.8 1/1000 f.4.5 NS160

元旦の東海道を上る「熱海 初日の出号」のロクイチ。
1992年、'95年、'96年と三回、江戸を使用して運転された。

純正望遠ズームの初運用としてやってきたのは弥勒寺踏み切り。
正月特有のまったりとした時間が流れる中、ブルトレや普電を撮りながらロクイチの登場を待った。
未明の根府川からやっているハズだがポジが見当たらない。
この弥勒寺も本命として NikonF + 105mm にポジが入っていたのだが・・・。

関連するロクイチの動き

1995.1.1 品川-回9521-新宿-9822-品川-9823-来宮-9824-品川

              東海道線基準で下り方「赤富士マーク」、上り方「鶴に寿マーク」掲出。
              客車は東オク 江戸。 9823、9824レ熱海-来宮間は回送。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »