--12系 サイエンストレイン エキスポ号

2014年1月13日 (月)

【模型】 湘南会の新年運転会でエキスポ号試運転

ついに12系サイエンストレインエキスポ号が走りました!
やっぱり走ってナンボでしょうか(カマは親父のEF66でしたが・・・)。
うちではKATOの直線しかなくパワーパックも無いので、つなげて手で往復させるだけしか
出来なかったのですが、ようやく長いエンドレスを走らせることが出来ました。

こうなると「インド~編成」も早く仕上げてエンドレスを周回させてあげたいですね。

お世話になった皆様、招待してくれた親父様、このたびはありがとうございました。

***********************************************************************************************

Sr0011174

親父のEF66 47に牽かれて発車準備の整ったサイエンストレインエキスポ号。
本物では実現しなかった組み合わせだが、これはこれでカッコイイかもしれない。
早くロクイチに牽かせてみたいが、いつになるのか。。。

ちなみに、駅での展示ではなく次の開催地に向けて運行中ということで、エキスポ’85や
コスモ星丸のレタリングは無し。まぁ、悪く言えば間に合わなかったとも言うんですが。

***********************************************************************************************

Sr0011183

とりあえず、分解・加工した12系を元通り組み直しただけなので走り自体は快調そのもの。
スハフのテールもちゃんと点灯していた。

今回わかったこと・・・・コレ、地味だ!
もっと派手なお座敷かなんかにすればよかったかな。
それに、お道具箱に6両しか収まらないから効率悪い。
収納・持ち運び方法も含めてこれからの課題だな。

あ、実家からパワーパック持ってくればよかった!

***********************************************************************************************

013/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その12

年末にIPA入浴させた車輌のことを書いてなかったので、今日はそれを。

結果的に、落ちが悪かったのは温度が低すぎたのが原因でした。
以前、KATOのEF58を剥離したときは2週間近かかったのですが、それも晩秋のころで
室温は20度なかったと思います。だから時間が掛かったんでしょう。
今回、5日目から居間の蓄熱暖房機の上にタッパーを乗せて、40度近くまで加温しました。
そしたら一発! 暖かいIPAに漬けたら20分で剥離が出来るまでになりましたよ。

***********************************************************************************************

Sr0010930

4日目、塗装には変化無しだがインレタがキレイに剥がれていた。
スポンジで無理に擦ればどうにか白帯が剥がれる程度、、、このとき室温・液温17度。

***********************************************************************************************

Sr0010947

5日目、温度を上げたIPAに入れたら筆で簡単に白帯が剥離できた。
この時の液温は指を入れると暖かい感じ、40度くらいか。

***********************************************************************************************

Sr0010948

筆だけで白帯は完全に無くなった。
この後、激落ち君のメラミンスポンジで擦ると青もだんだん剥がれ、30分ほどで丸裸に。
ただ、液温が下がってくると効率が落ちるようだ。

***********************************************************************************************

Sr0010950

と、なんだかんだでこれだけ剥離してしまった。

模型部屋に持っていかず、暖かい居間でやるのがいいようだ。
ただ、IPAが揮発して部屋は大変なことになっていた。
うちはオール電化で裸火は無いが、スイッチや静電気の火花なども含めて危険なので
換気だけはきちんとしておきたい。

***********************************************************************************************

R0010951

途中の事故画像。。。
手抜きして加温しながら2昼夜漬け込んだEF58は劣化が進んだとみえて、歯ブラシで擦った
だけで薄いパーツが崩壊した。

放置せずに、加温したIPAに漬けたら手早く剥離しないとダメだ。
いい勉強になった。補修しなきゃ。

***********************************************************************************************

008/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その11

さて、こちらも早いうちに仕上げに入りたいと思います。
足りないインレタを発注しないと!

***********************************************************************************************

Sr0011152

汚物処理タンクを切り飛ばしてエコーの便所流し管(新型)をエポキシで接着。
向こう側の洗面所流し管は1mmのプラ棒を立ててみた。

***********************************************************************************************

Sr0011153

ホワイトメタルの便所流し管と車輪にシールプライマーを吹いて、台車も一緒にウイノーブラックでひと吹き。
これだけでもずいぶんプラっぽさが消える。
下地にはつや消しの透明プラサフを吹いているので塗装剥がれは大丈夫だろう。

乾いたら組み立てて編成にしてみたい。

***********************************************************************************************

004/365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その10

IPA入浴3日経過の車体は全く変化無しです・・・こんなもんだったっけ?
それはおいといて、改造中の方をどんどんやらないと年明けちゃうよ~。

***********************************************************************************************

R0010931

ファーべのねずみ色はちょっとイメージに合わなかったので、ガイアのダークグレーと白を1:1で
混合したかなり明るいものを屋根上用に作った。

屋根板にはスエード調を下地に吹き、軽いざらつきを表現してある。

***********************************************************************************************

R0010936

続いて床下を加工したいところだが、ディーゼルエンジン一式は100番台仕様のまま汚物タンクのみ
撤去することで手を打ちたい。

竜華の12系は汚物処理を行う施設がないので、旧客同様垂れ流しだ。

***********************************************************************************************

R0010937

0.09mmの強光沢紙にこんな図面を刻んだ。

シールされた窓ガラスの表現に使いたい。

***********************************************************************************************

R0010938

車掌室窓をマスキングし、まずは扉窓と便洗窓に青を吹き、乾いたところでマスキング。
続いてユニット窓部分にアルミシルバーを吹いた。

そこにレーザーカットして青を吹いたものをMr.セメントで貼り付けていく。

***********************************************************************************************

R0010939

窓を入れてみた。
床下はエンジンユニットをグレーに、その他はブラックを塗りなおした。

KATO12系の窓は上下の段差も的確に表現されているのだが彫りが深すぎる。
今回は0.1mm程度の紙が入ることで見栄えも良くなった。

***********************************************************************************************

R0010944

残っていた中央の山の内側を青くして図柄のレタリング準備完了。
ちょっと山の枠の白が太い感じ?

そうか、走行中は文字も図柄も貼り出さないからこのままでもいいんだ!
って、それじゃあ手抜き過ぎるよなぁ。。。

***********************************************************************************************

R0010946

どうにもならんほど汚い車輪。さすがジャンク!
マイナスドライバーで出来るだけこそぎ落としてからマジックリンを吹きかけて漬けおき洗浄する。

***********************************************************************************************

R0010943

塗装した台車に洗浄した車輪を入れ、上下合体!
あぁー、当時のワクワク感がよみがえる~。

・・・たしか下回りは再塗装してなくて汚かったような・・・。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その9

今後のためにちょっとテストしておきたいのがKATO12系塗装のIPA剥離。
カミさんにパスタ保存用のタッパーを買ってきてもらい、早速実験開始です。

***********************************************************************************************

R0010926_2

ダイソー大好き。
何をするにも、とりあえず105円でどうにかならないか最初に見てみたいお店だ。

***********************************************************************************************

R0010927

ハダカにしたボディが2輌ちょうど入った。

***********************************************************************************************

R0010928

これまたダイソーのガソリン車用水抜き剤(5年前に買ったもので、今でもあるのかは?)が4本入った。

***********************************************************************************************

R0010929

2名さまご入浴となったところで、屋根の塗装準備をしよう。
ファーベの#017 ねずみ色を出してきた。
明るめの灰色だが、白色顔料の沈殿がひどく5分以上攪拌してやっと色が安定した。
うーん、12系の屋根・クーラー・ベンチレーターにはちょっとイエロー味が強いかな。

やめた。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その8

続けてまた同じスハフのマスキングするのが嫌だったので、気分転換に中央4号車の
オハ12 8をやっちゃいます。

***********************************************************************************************

R0010916

まずは車体中央に正三角形を。

あー、今見ると底辺がわずかに曲がってるのが判るなぁ。

***********************************************************************************************

R0010917

続いて太いほうのラインをマスキング。

***********************************************************************************************

R0010922

続けて下のライン、最後に若干細いラインを貼って片面完了。
両面やるのに1時間近くかかってるし。。。

***********************************************************************************************

R0010923

塗りあがり~。

***********************************************************************************************

R0010924

わりときれいに行ってるのに、三角形の底辺に段差が見える(泣)
ちょっとこれはどうにも出来ない・・・え? 塗りなおし? う~ん。。。

***********************************************************************************************

R0010925

反対側は吹込みがぁ~。

それに塗りわけラインがガタガタになってる(泣)
塗り終わったところでご飯呼ばれて、マスキング剥がさずに1時間近く放置しちゃったのが原因だろう。
やっぱり塗ったらすぐ剥がさないとダメだ。

あーあ、テンション下がるなぁ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その7

12月も半分過ぎてしまいました・・・。
サイエンストレイン7輌、下地処理に超てこずってます。
やっぱりIPAでさっぱりさせた方が格段に楽かもしれません(泣)

それでもなんとか1輌やっつけてみたんですが、白帯のマスキングから青吹いて完成まで
3時間とか、マジきついです。
で、ちょっと休んでブログ書き。。。

***********************************************************************************************

Sr0010907

地の青はファーべの#011 青20号にクリアブルーを5%ほど加えた。
自分の中のイメージとしてサイエンストレインの青は深みがあるような感じがするのだ。
本当ならばコンテナブルーのような淡い青の上にクリアブルーを吹いてみたいところだが、
今回は7輌もあるのでこれで簡単に済ませる。

***********************************************************************************************

Sr0010905

擦っても擦っても浮き出す帯の跡・・・。
次にやる改造はIPA必須だな。

***********************************************************************************************

Sr0010908

とりあえず窓埋め無しの中間車4輌の塗装完了。

***********************************************************************************************

Sr0010909

試しにマスキングを始めたら塗装がテープに付いてペリっと剥がれた(汗)
ちゃんと脱脂してないのが原因だ。

しょうがないので、もう一度そこだけサフェーサーを吹いて下地のやり直し。

***********************************************************************************************

Sr0010910

もう1輌のスハフをマスキング開始。

***********************************************************************************************

Sr0010911

1-3位はこんな感じ。

***********************************************************************************************

Sr0010912

2-4位もマスキング完了。
この車輌は形式番号のところが帯に食い込む7号車のスハフ12 16にしてみた。

いよいよ青塗装開始だ。

***********************************************************************************************

Sr0010913

どうだろコレ。
ちょっとホコリを巻き込んでるところがあるので、1500番で磨いてもう一度青を吹こう。

***********************************************************************************************

Sr0010914

緊張のマスキング外しを終えて図柄が出てきた。
何箇所か吹き込みが見られるが、概ね良好のようだ。

あ、上の帯一本剥がしてないや。。。

***********************************************************************************************

Sr0010915

こちら側は手前の帯の雨どい付近が脱脂不足で下地ごと剥がれた(泣)
タッチアップで誤魔化そう。

帯入れが終わると給油口の位置が高すぎることがわかる。
本来は白帯の中に収まる位置なのだ。

さて、タッチアップが先か次のスハフが先か・・・。
とりあえず作業に戻ろう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その6

軽加工といっても、7輌もまとまるとなかなか進みません。
本当ならば改造前にIPAプールに入れてスッキリさせたいところですが、そんな時間はありません。
だいたいIPAに入れてどのくらいで剥離できるかデータ取ってないですし、以前同じKATOのEF58を
IPAに漬けたときは1週間くらいかかった記憶がありますから怖くて・・・。
そんなんで今回はそのまま、白帯は出来るだけ削ってますがやっぱり浮いてきてます(泣)

***********************************************************************************************

Sr0010893

中間車共通の掴み棒設置のための点打ち中。

***********************************************************************************************

Sr0010895

すべてのオハ12に掴み棒を設置完了。
一度サフェーサーを吹いて軽く磨いてあるので、再度サフェーサー処理して最終下地としたい。

***********************************************************************************************

Sr0010901

スハフの3位、2個目の窓下にレーザー加工したルーバーを設置。
大きさを調整して0.09mmの強光沢紙にスジ彫り加工し、カッターで切り出したものを
Mr.セメントSで貼り付けてみた。

***********************************************************************************************

Sr0010902

うん、わりとイイ感じ。

***********************************************************************************************

Sr0010896

下塗り用としてクールホワイトにクリーム10号を数滴加えたものを吹いてみる。

***********************************************************************************************

Sr0010904

横着して白デザインがあるところ周辺のみを塗装・・・。
若干凹みが見える部分に塗料を筆塗りしてある。
これを処理して、全体を1500番のペーパースポンジで研げばいよいよ本塗りだ。

***********************************************************************************************

Sr0010903

塗りあがったルーバー部分はこんな感じ。
いや、これは予想以上にいい!
こんなことなら窓埋めもツライチ処理に紙の窓枠貼りで良かったのに・・・。

せっかくキレイに塗れた白、完全乾燥するように今夜はこれ以上触らずに寝よう。。。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その5

サイエンストレインを続けているところですが、同時に”インド~”関係のスクラッチパーツを
どうやって作るのが一番いいのか考え、試行錯誤しています。
パテの乾燥待ちなどに手元の中華レーザー加工機を活用できないかテストしていますが、
菊の御紋章など、あの曲線と曲面からなるカタチを2Dで再現しようとするとデータが膨大に・・・。
試しにシングルレイヤーで縁取り線だけレーザー処理したら、それだけで10分以上!
途中でじれったくなってレーザー強度を上げたらプラ板が溶け始めました↓(泣)

R0010892

やはりプラ板などの熱に弱い素材はレーザーが効くか効かないかの最低レベルで加工しないと
まったく予定外のカタチになってしまうようです。。。

あとは真鍮板エッチングとか、箔転写、シルクスクリーンプリントかな。
ま、それなりのものを作るには地道にテストするしかないようです。

ということでサイエンストレイン続けます。

***********************************************************************************************

R0010888

残りの中間車2両を選定し加工する。
箱はそれなりの中古だが、インレタを入れただけのようで車輪の汚れも無く大変きれいだ。

***********************************************************************************************

R0010887

オハ12の出入り口付近の共通加工。
掴み棒のスリット(車輌中央寄りのみ)と扉の手掛け穴を溶きパテで埋めている。
乾燥後に平刀で削ってもう一度パテ塗りし、二度目の削りを終えたらMr.サフェーサー500で整える。

***********************************************************************************************

R0010889

総勢7輌、種車が揃った。
しっかりと変身してもらおう。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

【模型】 12系 サイエンストレイン エキスポ号 その4

今週中にサイエンストレインを片付けたいところ。
車体の加工を続けます。

***********************************************************************************************

R0010873

機関吸気口の枠を作っているところ。

強粘着のシール用紙を使用し枠の内側をレーザーで切ってシアノン含浸。
外枠をカッターで切り出し、R部分を仕上げる。

***********************************************************************************************

R0010875

こんな感じに出来上がった。
枠は0.7mm程度だが、シアノン含浸してあるので形が崩れることはない。

***********************************************************************************************

R0010876

シール用紙で作ったルーバー枠を貼ってみた。
ルーバーの素材が透明プラ板に変わってるのは加工の都合。。。

実は途中でルーバー全体のサイズが大きすぎることがわかり、彫り込んだ穴を埋めるために
プラ板をはめたのだが、どうせならプラでルーバーが出来ないかと考えて加工してみたものだ。

上手くいくことは判ったがいかんせんサイズが大きいので、ここは予定通りシールを剥がして
溶きパテでツライチまで埋め戻すことにした。

***********************************************************************************************

R0010877

ボディを彫り込むのが面倒になりはじめ、極薄0.09mmの強光沢紙に枠まで含むルーバーを
レーザーで作ってみた。

これならサフェーサー仕上げしたボディに貼るだけでお手軽ルーバーが出来そう。
ただ彫りが浅いのでイメージ通りにいくのかどうか・・・。

***********************************************************************************************

R0010878

こちらはオハフ13(左)とスハフ12(右)の前位便洗妻面比較。
スハフのテールライトを削ったところだが、修繕票挿しと銘板位置に若干の差が見られる。

どうすんの?

***********************************************************************************************

R0010880

続いてスハフの給油口移設へ。

両サイドとも車掌室側から5個目の窓下に持ってくるべく加工中。
画鋲で点打ちし、0.3mm~0.8mm~2mmとピンバイスで拡大し、最後に丸ヤスリの直径
約2.5mmにした。

***********************************************************************************************

R0010882

裏をマスキングテープで塞ぎ、溶きパテを盛って半乾燥したところで楊枝のうしろで突いて整形した。

完全乾燥するとパテが引けて裏に隙間が出来るので、マスキングテープを剥がしてシアノンを流す。

***********************************************************************************************

R0010883

最後に1.4と0.8の丸キリくずをシアノンで貼ればなんとなく給油口の完成。
既存の給油口はずいぶん小さく控えめな造形だが、これくらいの方がイメージに近い。

***********************************************************************************************

R0010884

全体をアルコールで脱脂した後、Mr.サフェーサー1000を吹いて面のチェックをしている。

***********************************************************************************************

R0010885

12系の帯色はクリーム10号。
ファーベにそのものズバリがあるが、どうも黄色味が強いような気がする。
これでもかというほど攪拌しても、だ。
青地に細いラインで入ると白に近く見えるのだろうか?

***********************************************************************************************

R0010886

そのファーベ#027をちょっと吹いてみた。

やっぱり黄色い。。。カメラのホワイトバランスのせいだけではない。
これは白をベースに調色するしかなさそうだ。

***********************************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

特 集 --特集 冬がはじまるよ。 --特集 さよなら165系 急行東海 --特集 関東大震災 --特集 惜別 EF62 --特集 Blue Blue Stars☆ EF58 EF55 EF62 EF65 500 61号機 89号機 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 お召 旧型客車 12系 14系 14系(寝) 20系 24系 夢空間 81系 シナ座 サロン東京/ゆとり ナコ座 展望台付 白樺 ふれあいみちのく 81系 ミト座 なごやか くつろぎ やすらぎ 江戸 オリエントサルーン レインボー 浪漫 ばんえつ物語 気動車回送 その他客車・貨車 単機 重連 プッシュプル 入換 その他 マーク付 秩父鉄道 デキ --単機 --重連 --プッシュプル --入換 --その他 --鉱石 ヲキ車 --セメント ホキ車 --ゴミ輸送 コキ車 --レール チキ車 --12系客車 --電車・甲種輸送 --石炭 ホキ車 模型 --マイフ97 1 --マロネ29 114 --マロネ40 11 --スシ28 151 --御料車14号 --12系 サイエンストレイン エキスポ号 --ネコパブ マニ50 --EF62 1(現役末期仕様) --EF62 11(お召仕様) --EF62 54(現役末期仕様) --EF62 22(荷レ末期仕様) 地面系工作 インレタ実験室 激光生活 中華レーザー加工機 【あの一枚】 思い出の写真から 【この一冊】 工作室の本棚から その他  関東合運2016用モジュール